水曜はパリでランチしましょ

FotoJet (127)
少し前の雨パリだった日、再びピガールにある
「ブイヨン・ピガール」へ行ってまいりました。
以前記事→超パリっぽいビストロ「ブイヨン・ピガール」
実はですね、ほんとは別のお店でランチ予定だったんです。
でも行ってみたらそのお店のオーブンが壊れたとのことで急遽お店がお休みに。
で、しゃーないと気を取り直して
ちょっと肌寒かったので温かいスープとか煮込み系もいいな、
と思って浮かんだのがここ。
FotoJet (132)
そんなわけで開店前から行列が出来るのに、
少し出遅れまして12時開店から20分くらい過ぎた頃に到着。
で、すでにテーブル席はお客様でいっぱいだったのですが、
窓際の席はまだ少し空いていたのですぐ座れました。
さてさて、何にしようかな、と迷ったのですが
まずは体が温まるものと思って。
FotoJet (128)
牛肉のブイヨンで何と1、80ユーロ。
こんなお安いブイヨン、外食の高いパリではそう出会えないと思います~。
FotoJet (130)
中には小さな角切りの人参やズッキーニなどと一緒に
ちょっとラーメンの細麺を思わせるものも入っておりました。
で、お味は?
これがですね~、想像以上に美味しくてびっくり!
優しいお味で臭みクセが一切なく牛肉のうまみだけがよ~く出ているんです。
日本に牛肉のだしを使ったラーメン屋さんがあるかどうか知らないのですが、
もしあったら、しかも美味しいお店だったら、そこにも負けてないかも。
麺も入っているのでそんなことを思いました。
これは次回来た時も、たとえ暑い日でも頼みたいかもです。
FotoJet (131)
パンはプージョラン。酸味があって香りがあって安定の美味しさです。
FotoJet (133)
メインを待っている頃には店内は窓際も含め満席になっていて、
入口で待っている人がたくさんになっておりました。
でも広いお店なのでそれほど待たなくていいんですよね。
FotoJet (135)
そしてメインがやってきました~。
王道ステーク&フリット、牛肉のステーキとフライドポテトです。
大きくてポテトもたっぷり!
これで10、50ユーロ!やっぱりお安い。
焼き方はセニョン(saignant)=レアをお願いしました。
さてさてお味は?
ちょ~っとセニョンというよりアポワン(à point)=ミディアムレアだったのですが、
お味は悪くないです。フランスのお肉らしいしっかりとした肉質で、
ソースではなくいいお塩がかかっております。
このお塩はもしかしたらこれの燻製の方ではなく、
超おすすめのゲランドの燻製の塩
ナチュラル版の方かも、と思いました。自信はありませんが。
赤身のお肉に美味しいお塩がよく合います!満足です♪
でも次回もしステーキをお願いする時は、
ブルー(bleu)=セニョンよりもさらに生に近い、にしてみようかしら、って。
今、生の牛肉バリバリ食べれるし…。
FotoJet (137)
お味も雰囲気もよくてお値段も良心的。
大満足でお店を出るとまだ小雨のパリ、ピガール。
でも足取り軽く素敵な気分でお店を後にしたのでした。

住所…22 boulevard de Clichy  18区
Tel…01 42 59 69 31
営業時間…月~日、12時~24時、ノンストップで予約不可
HP→Bouillon Pigalle

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

sOOnWX83LZIHXHI1524837356_1524837503[1]
クリニャンクールに行ったついでに駅のすぐ近くにある人気カフェ
「ラ・ルシクルリー(La REcyclerie)」にも寄ってまいりました。
ここは1930年代まで使われ、その後放置されていた鉄道駅を利用したお店。
74Qbx_QtRojYzpo1524837089_1524837225[1]
駅舎だったという店内は天井が高く光がいっぱい入る広々とした空間。
家具や雑貨はすべて中古品をリサイクルしたものが使われていて、
バラバラなのをセンスよくリフォームして寄せ集めるとかわいくなる、
っていうスタイルのお手本になります。
店内には中古品の修理をするアトリエなんかもあって、
実際、職人さんが作業しておりましたよ。
gXm_Qvbwm_fMiIK1524836614_1524836725[1]
日本の学校で使っていたような古い机なんかもかわいく色を塗って、
ラフに置くとこんな感じになりますよね。そんなお店、東京にもありそうだけど。
qVXJopWqPzadlHR1524836835_1524836959[1]
厨房もリサイクル家具&雑貨。色合いが微妙色×微妙色でかわいいです。
VhAwCJ7ToKJi3jb1524836151_1524836265[1]
建物だけじゃなく、外の長い線路脇もそのまま利用されています。
rKMHUYZsONRicTL1524835556_1524835634[1]
店内もかわいいけど、お天気がよい日はやっぱり外が気持ちよい♪
EZq8QbDwpo8KXbh1524836374_1524836492[1]
このそばではニワトリさんも飼われているし、小さなオーガニック農園もあって
そこでとれた野菜やハーブたちがメニューに使われております。
pgEnWxUA0hr7_em1524835910_1524836030[1]
クリニャンクールというと雑然としたちょっと注意も必要なところで、
蚤の市のために行く場所、といった感じだったけど、
このお店があるから行くっていう人も今は結構多いかもしれません。
8hqsqyRrvBQyWTz1524835715_1524835819[1]
線路の反対側は公園。ジモティの憩いの場となっております。
bOG4L2mxI9t3cWa1524835298_1524835374[1]
カフェは1ユーロから、ビールとグラスワインは3、5ユーロから。
平日のランチもデザートとコーヒーがついて13ユーロとお手頃。
週末の22ユーロ(ベジタリアンメニューは20ユーロ)のブランチも大人気のよう。
まずは蚤の市のついでに立ち寄って気軽に一杯からいかがでしょうか♪
住所…83 boulevard Ornano 18区
TEL…01 42 57 58 49
メトロ…④号線「Porte de Clignancourt」
HP…La REcyclerie
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

R1139783 - Copie
久しぶりにちゃんと水曜日に持ってくることができました、
「水曜はパリでランチしましょ」カテゴリのコーナーでして、
今回は左岸の老舗デパート「ボン・マルシェ」から5分もかからないところにある
ピッツァリア「PIZZA DI GIO」のご紹介です。
ボン・マルシェの情報を検索するとこのお店の名前がときどき出てきまして、
一度行ってみたいな、と以前から思っていたのです。
パリでイタリアン、特にパスタは期待できないと思っている日本人は多いですが、
ここはちょっと期待して初来店。
R1139778 - Copie
人気店らしいので12時に予約してやってきましたが、
到着した時はまだお客さまはいらっしゃらなくて私が一番。
でもすぐに次々と席が埋まっていきしたよ。
お店の方は皆イタリア系。しかもイタリア系フランス人ではなく、
アクセントからしてイタリア生まれのイタリア人かな、と感じました。
お昼のランチセットはないので前菜、ピッツア、パスタから選ぶアラカルト。
お値段は超お手頃というわけでななく前菜はブルスケッタが12ユーロから、
ピッツアはマルゲリータが14ユーロから、
パスタはナスとトマトのタリアテッレが15ユーロから。
ピッツアもそそられたけど食べたいパスタがあったので今回はパスタをチョイス。
そしてまずは辛口白ワイン7ユーロをお願いすると、バゲットと一緒に、
シンプルなピッツアもついてきたのですがこれが美味しかったのですよん♪
ワインのおつまみに最高♡
で、何を使っているか教えてもらいましたのでそのうち再現に挑戦したいです。
R1139780 - Copie
そして食べたかったパスタもやってまいりました。
カラスミのスパゲティー「SPAGHETII BOTTARGA」19ユーロです。
パスタに19ユーロって結構なお値段ですよね。
R1139781 - Copie
ということで、さてさてお味は?
これがまたですねぇ、めちゃくちゃ美味しかった♡
1、5人前があったらそちらを頼んじゃいたいくらい。
19ユーロに納得です。でもやっぱりちょいと高いような気も。
んが、やっぱり美味しいなぁ、カラスミだしなぁと。
ソースを残すのももったいないくらいで最後までバゲットでぬぐっていただきました。
キッチンでもイタリア語が飛び交っていたのですが、
いやいや、本場イタリアの美味パスタを久しぶりにいただいた感です。
すごい繊細に、ではなく大ざっぱに陽気に作ってるんだと思うのですが、
ソースの酸味、塩気、パスタの茹で具合、
それら具材のからみ具合全部の調和がやっぱりなんか違う。
ニースにいた時イタリア人の知り合いのパスタやリゾットを
何度か食べたことがあるけどやっぱり美味しいんですよねぇ。
作ってるの見るとそんなすごいことやってないんですけどねぇ。
で、完食して満足していたら、お隣のお馴染みさんらしい
ママとティーンエイジャーの息子くんのところに
何やら見たことがない料理が運ばれてきまして、
なんかロールケーキみたいに大きいやつで、な、なんだろう、と思い、
お店の方に聞いたらピッツア生地で作った「TRONCHETTO」だよと。
「TRONCHETTO」とはイタリア語で「木の幹」という意味で
主にデザートスタイルのようなのですが、ここのはピッツアスタイル。
ママと息子くんは大好物のようでモリモリ食べていましたよ。
今度は私もあれ食べたいと思いました。
しか~し、このカラスミパスタもまた食べたい!
う~ん、次回までに決めておかなくては。
R1139784 - Copie
お店は「ボン・マルシェ」と同じ「セーブル=バビロヌ(Sèves Babylone」駅からほど近い小さな通りにあって、お隣はかわいらしいお花屋さん。
R1139786 - Copie
こんな風にアパルトマンの窓辺の前、歩道の脇にもめいっぱいお花が並べられて。
こんなとこがまたパリらしい雰囲気。に、はさまれた美味しいピッツァリアです。

住所…48 rue du Cherche Midi 6区
TEL…01 45 48 10 08
HP→「PIZZA DI GIO


…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

vgnry4plsuVmGlh1521104170_1521104283[1]
月曜日なのですが「水曜はパリでランチしましょ」を久しぶりに更新で~す。
今はビストロやレストラン、あえてネットで情報を探さず、
自分の足で見つけたところに行ってみる、が失敗もあるけど、
新鮮びっくり発見もあるので、なるべくそうしているのですが、
今回のお店は、パリに来た日本人たちの心の灯、フリーペーパーの
「オヴニー」を久しぶりに日本食品屋さんでゲットしたら、
ちょうどその時の記事で紹介されていたお店。
大衆食堂チックなにおいがぷんぷんして、こりゃ好きかも、
と思い、久しぶりに人様情報を参考にさせていただいてのお店。
パリに来たての頃は右も左もわからず毎号ゲットして参考にさせていただいたのですが
今はほとんど読まなくなって、でも久しぶりに読むとやっぱり参考になります♪
ということでもう先に言っちまいますが超気にいってしまったのです♡
yuBfAxhzPFk348K1521492024_1521492099[1]
さて、場所はパリの歓楽街ピガール。
ピガール自体にあまり来ないものだからそれも逆に新鮮。
でも昼間ということもありあまり怪しい雰囲気はありません。
怪しい雰囲気も決して嫌いじゃないんですけどね。
で、ご覧ください。12時開店の少し前に行列が出来ておりましたよ~。
ということで1人旅気分moiちゃんも並びました~。
yRuI4PikZmBFpvp1521492397_1521492490[1]
そして開店。
店内はきちんとしていてとっても気持ちがよいです。
想像する通りの昔ながらのパリのビストロの雰囲気です。
でも実はこういうビストロはそう多くはないので逆に嬉しい。
ICDwHZ9Ws6U6MfA1521492223_1521492306[1]
しかもびっくりしたのが、パンが伝説?のプージョラン。
以前はお店があったけど現在は閉めていて、
パリの有名レストランやビストロに卸している
有名パン職人ジャン・リュック・プージョランのパンだったのです。
パリでごはん食べていて、あ、この酸味のあるパン、美味しい、
と思うとプージョランだったりします。
そして、何とプージョランさん、再びお店を開店するとか何とか。
嬉しびっくり!それもまたチェックしますね!
R1139022 - Copie
で、私の前の人たちのほとんどが「テラス」を指定していたので、
そしたら私だってテラスです~。
テラスは1階で日本で言うと2階にあたります。
R1139023 - Copie
ピガールのほんと大通りに面していて、
ピガールにこんな気持ちのよい解放的なテラスがあることにちょっと新鮮びっくり。
R1139044 - Copie
これだけでも結構テンション上がっちゃいます!
4t4NvUNIVkk8L_O1521494267_1521494389[1]
またメニューを見たら、オヴニーにも書いてあったけど、安い。
このソーヴィニヨンは500mlで6ユーロ40サンチーム。
ぜんぜん大丈夫。普通に美味しく飲めます。
前菜やメインも外食の高いパリで破格とも言えるお値段。
たとえば、きのこのマリネは2ユーロ90サンチーム。
ウフ・マヨ(ゆで卵のマヨネーズ添え)は1ユーロ90サンチーム。
牛肉のブイヨンスープは1ユーロ80サンチーム。
メインになりますとカリフラワーのグラタンが8ユーロ50サンチーム。
干しダラのブランダードが9ユーロ20サンチーム。
ブフ・ブルギニヨンが9ユーロ80サンチーム。
牛肉のタルタルステーキが10ユーロ50サンチーム、などなど。
いやぁ~、パリ郊外の我が家近所のビストロよりもしかしたら安いかもです~。
jzT_MkEf1HFQxEH1521493638_1521493726[1]
そんなお安く嬉しいメニューの中で迷いに迷って選んだのは、
ポワロー・ヴィネグレット、ポロネギのヴィネガーマリネです。
オヴニーでも筆者の方が召し上がっていて、
ノワゼット(ヘーゼルナッツ)が使われていて工夫がある、と書いてあったので、
再現レシピに出来たらってことも頭に入れつつお試しです。
うん、普通に安定の美味しさです。マネっ子も出来そうかな♪
7PtTRstAtwbSXRS1521493919_1521494118[1]
パンはもちろんプージョランの味。
食事が美味しいのにパンがいまいち、ってところもあるので、
こうやっていいパンを出してくれるのはなんか素敵なことですね。
お店の姿勢が感じられます。
FJV9Q6E1L1ScDjh1521493181_1521493314[1]
テラス席は12時半近くになるとほぼ満席になっておりました。
12時前に来てよかった~。
h5kUXH_JEWtQYBL1521493393_1521493505[1]
外というだけで気持ちがよくなるのはなぜでしょう。
3o0LQRdLIVaVz_E1521494847_1521494972[1]
そしてメインに選んだのは「アニョ―・ド・セットゥ-ル」、
7時間煮込んだラム肉に白インゲン豆がたっぷり添えられた1品。
うちは旦那がラム肉が食べれないので家ではいただけないので選んでみました。
ビジュアルは繊細さは欠けますが食堂チック。
こういうのもすかしてなくていいんです♡
さてさてお味は?
ラムはほろほろ柔らかくて濃い味付けではなく
フランスのお母さんの素朴な味っぽい。
これまた普通に安定の美味しさです。
グラタンもブフ・ブルギニヨンもきっとこんな感じなんだろうなぁ。
1w4SXuCWnIGgRNE1521494544_1521494658[1]
お店の方たちがまた皆さん、気持ちのよい対応なんです。
lwJtEkyNE8EIga61521495376_1521495538[1]
この方は私の担当をしてくれた方。
すご~く優しかったんですよ♡
bBnTAiF9QUvv2LX1521495922_1521496157[1]
このギャルソンくんは目が合うと毎回ニッコリ。
だけどお仕事テキパキ。
hLqErIGgEuI1fwf1521496323_1521496443[1]
彼もめっちゃ感じがよかったのです。
制服がなんか似合ってますよねぇ。カッチョイイ!
W6klA_Go5IA2qcS1521495670_1521495798[1]
そして、私の席のすぐ近くの席で、楽しそうにランチを楽しんでいた女性お2人。
快くフォトさせてくださいました。
Fjym9MRaxIRVSM81521496578_1521496715[1]
食事を終えお店を出る頃には店内も大賑わい。
テラス席も素敵だけど中もパリらしい雰囲気に溢れていてこちらも素敵です。
今度はあれ食べてみたいなぁ、などとすでに思い浮かべつつ、
楽しい気分でお店を後にしたのでした。

住所…22 boulevard de Clichy  18区
Tel…01 42 59 69 31
営業時間…月~日、12時~24時、ノンストップで予約不可
HP→Bouillon Pigalle
このお店が紹介されている「madame FIGARO」さんの記事もありましたので、
併せてご紹介させておいていただきますね。
何と去年の11月にオープンしたばかりのビストロだそう!
参考になりますので宜しければご覧になってみてください。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1138027 - Copie
なぜか写真加工ツールの保存が出来なくなってしまい文字入れが出来ておりません。
この後またちょっとあれこれやってみなくては。
ああ、パソコンってこういうのが面倒です…。
さて、この時に
ギャラリーラファイエットの魚屋さんと超有名肉屋さんのイートイン
近々試したいと書いたギャラリーラファイエットのお肉屋さんに行ってまいりました。
前方に見えております、あのグルメ・メゾン館でございます。
R1138029 - Copie
12時ぴったりの時間だったので0階(日本でいう1階)の
「メゾン・ドュ・ラ・トリュフ」の人気イートインは
まだお客さまはいらっしゃいません。
ここを通り過ぎまして地下1階へ向かいます。
R1138030 - Copie
目的はここ、16区の有名熟成肉屋さんの
「イヴ=マリ・ル=ブルドネック」のイートインです!
去年の12月にオープンしたばかりです!
R1138031 - Copie
と思ったら何とイヴ=マリ・ル=ブルドネックさんご本人がいらっしゃって、
お肉を丁寧に処理していらっしゃいました!ちょっとびっくり!
R1138035 - Copie
こちらもイートインの方にはまだお客さまがいらっしゃらなくて私が1人め。
お店の方は皆さん、とっても感じがよかったですよ♪
R1138036 - Copie
ということでお願いしたのはその名も「Steak Yves-Marie Le Bourdonnec 180g」、
イヴ=マリ・ル=ブルドネックのステーキ(19ユーロ)で焼き方はセニョン(レア)。
さてさて、お味は?
これがですねぇ~めちゃめちゃ美味しかったんです!!
赤身の熟成肉でお肉そのもののうまみが何とも言えません。
ソースもついておりましたが、ソースにつけるのがもったいないくらいで、
テーブルに置いてある天然塩を少しつけていただくのが最高です!
大きく切るとすぐなくなってしまうので小さく切りながらいただきました。はは。
切り口のお肉フォトも撮ったのですが、地下でちょ~っと暗めなのでブレてなし。
残念。わたくしの腕のなさのせいです~。
シャンゼリゼあたりのチェーン店でステーキが
19ユーロ90サンチームっていうのも見かけましたが、
景色はそちらの方がいいと思いますが、たぶんたいして美味しくないだろうし、
ここはお値段的にも良心的だし、とにかく美味しいステーキを食べたいなら
おすすめだなぁ、とホント思いましたねぇ。
私が食べ終わる頃には店内も結構お客様で混みあってきていましたよ。
R1138044 - Copie
大満足で帰りにはちょっとお肉も拝見。
R1138045 - Copie
思ったほどはお高くないので、買っていって家で焼いてもいいな、と思いました。
これは我が家の肉食星人も唸るに違いありません。
なので今度はお肉買いま~す♪なんかそれちょっとおしゃれだわ♡

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ