水曜はパリでランチしましょ

R0009077 - コピー
本日ご紹介はこのワインビストロ
「レ・カーヴ・ド・プラグ(Les caves de Prague)」。
たぶん日本初ご紹介になるかと思います。
最寄駅はおしゃれ地区シャロンヌ通りに行く時にも最寄駅になる
8号線の「ルドリュ=ロラン(Ledru-Rollins)」。
R0009081 - コピー
お店の名前に「カーヴ(cave)」=酒蔵とついてるくらいなので
ものすごい数のワインが揃っていて、夜はタパスワインバーになります。
R0009084 - コピー
でも今回はランチでお邪魔。
2品で16ユーロ、3品で19ユーロと、
外食の高いパリではなかなかのお手頃値段。
ということで店内も素敵なのですが。
R0009091 - コピー
お天気が良くて、緑が気持ちよい通りなので、
テラス席にいたしました。
結構大きめの通りですが人通りはそれほど多くないので、
ゆったりして気持ちよいです♪
R0009089 - コピー
2種類ある前菜から選んだのは、
グリンピースとミントの冷たいスープ。
ノワゼットの食感がアクセント。あっさり美味しいです。
グリンピース&ミントの組み合わせは、
日本では珍しいと思うのですがフランスでは定番チック。
私もはじめてこの組み合わせが出てきた時は新鮮びっくりでしたが、
今は慣れて料理のアレンジの勉強になっております。
で、これは自分でもできそうかな、と思ったので近々挑戦したいと思います。
R0009093 - コピー
メインは鶏肉のソテー、パルメザンクリームソース。
すごく凝った料理、ではないですが、
お肉もいいお塩がほどよく効いたじゃがいものソテーも美味しい♪
イメージはフランスのおしゃれな定食屋さん風かな。
本当はデザートのファンダンショコラもいただこうと思っていたのだけど、
お腹がいっぱいになってしまって無理でした~。
R0009079 - コピー
肩肘はらず気軽なランチにぴったりのこのお店。
ただし、ワインにこだわっているので、おまかせした白のグラスワインは
美味しかったけど7ユーロと、ちゅっとお高め。
それも覚えておいていただいて
お手頃ランチしていただくのがよいと思います。
夜もきっとワイワイ人が集まって楽しいかも。

住所・・・8 rue de Prague 12区
TEL・・・01 72 68 07 36
HP→Les caves de Prague
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009055 - コピー
しょっちゅう立ち寄るアリーグルのマルシェ。
ワインを飲みたければ、ここ数年で日本のサイトにもたくさん出るようになった
大好きな「ル・バロン・ルージュ」に行きますが。
2013年記事→一杯ひっかけるのがいいのよLe Baron Rouge
美味しいミントティーが飲みたければ、
私はカフェ「ル・ペンティー(Le Penty)」にまいります。
たぶんこのブログが日本初ご紹介になるかと思います。
R0009039 - コピー
アリーグルのマルシェはアラブ系のお店も多いのですが、ここもその1つ。
で、ここのミントティーが地元のパリジェン、パリジェンヌに大人気。
でも、実はここ、軽食もお安くて。
たとえば、クロックムッシューは3ユーロ。
シンプルなオムレツも3ユーロ。
サンドイッチのハム&バターは2、80ユーロ。
チーズ&ハムは3、50ユーロ。
フォンダン・ショコラは2、50ユーロ。などなど。
外食の高いパリで、カフェとしては破格のお値段。
完全に地元密着型庶民派カフェなんです。
さすが庶民派マルシェ、アリーグル。
R0009043 - コピー
ということでお店の半分以上のお客さんが頼む人気のミントティー2、50ユーロ。
たっぷりのミントで程よい甘さ。そして松の実がアクセント。
猫舌なフランス人に合わせ?熱くはないですが、
今の季節にほんのりあったかくてグッド&すっきり。
R0009049 - コピー
お店は超ジモティな下町の雰囲気。
ル・バロン・ルージュのカフェ版といった感じ。
観光客はまったくいませんが、
こんなお店にジモティチックに寄ってみるのもオツ。
お酒を飲まない方にもおすすめです♪

住所・・・11 rue de Cotte 12区
TEL・・・01 43 40 90 72
HP→Le Penty
メトロ・・・「ルドリュ・ロラン(Ledru-Rollin)」⑧号線、
または「ガール・ド・リヨン(Gare de Lyon)」①⑭号線

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0007845 - コピー
以前住んでいた7区のエッフェル塔近くのカルティエは
古いお店も新しいお店もだいたいはわかるのですが、
本日ご紹介は少し前に出来たまだ新しめのここ、
「ケイジョリア・ノシオノル(Queijaria Nacional)」。
ポルトガル料理のプチカフェレストランです。
寄ってみようとずっと思っていたけど、
なかなかタイミングがなくて入店していなかったのです。
R0007848 - コピー
本当に小さなかわいらしいお店。
ポルトガルのタイル、アズレージョが印象的です。
R0007850 - コピー
お店はパリの中でもグルメが集まる人気の
サンドミニク通り(Rue Saint-Dominique)ど真ん中。
目の前のレストランはオバマ前大統領が訪れたこともある老舗レストラン
「ラ・フォンテーヌ・ド・マルス(La Fontaine de Mars)」です。
R0007852 - コピー
で、ここでいただいてみたかったのがポルトガル菓子のパスティス・デ・ナタ。
カフェとセットで3ユーロです。
このサンドミニク通りの立地でセット3ユーロはとてもお得。
近くの人気カフェではカフェだけで2ユーロくらいしますからね。
さてさてお味です。
パイ生地は薄くて繊細でサックサク~。美味しいです。
中のカスタードクリームは卵黄が多めで家庭的。
好みもあると思いますが、クリームはこのマレ散歩記事内でご紹介している
お気に入り「コム・ア・リスボンヌ」のパスティス・デ・ナタの方が
クリーム感が強くて私は好きです。
老舗カフェのイケメンさんはいるかな?マレ地区お馴染み店歩き
でもカフェとセットでこのお値段と思うとぜんぜん納得。
人気サンドミニク通りのカフェでちょっと休憩したら、
サクサクの美味しいお菓子がついてきた♪っていう感じ。
お店のスタッフさんもとても感じよくて、ちょっとの時間でプチお得気分です。
しかもパリなのにポルトガル~♪

住所・・・108 rue Saint-Dominique 7区
TEL・・・09 53 59 16 43

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0007747 - コピー
水曜はパリでランチしましょ、のコーナーです。
本日ご紹介は13区の静かなカルティエにある、
ここ「ラ・ディレッタント(La Dilettante)」。
芸術愛好家という名前のビストロです。
このお店を知ったのはこちらの方のブログで。
マダムペロンの生活記
他に日本のサイトやブログでは紹介が一切なかったこともあり
興味を持ちました~。
R0007724 - コピー
小さなお店で、おしゃれなパリジャンのアパルトマンに行ったような
アットホームな雰囲気。
R0007725 - コピー
このお店の食材は季節の新鮮なものを使い、
ワインにもこだわりを持っていて、有名な会社のワインということではなく、
小さくても質がよく環境に優しい生産をしているワイナリーのもの。
R0007738 - コピー
ウィスキーや年季の入ったラム酒もカーヴに揃っているようです。
R0007728 - コピー
ということで平日のランチセットはその日で内容が変わって、
前菜とメインで16ユーロ。かなりお手頃設定です。
R0007729 - コピー
はじめに出てまいりましたのはフランスの定番おつまみ、
ラディッシュのバター添え。バターが写ってないですが。
パリに来て間もない頃は、このいただき方を知らなくて、
はて?という感じだったし、知っても、これは合うのか?
と思ったのですが、慣れるとイケます。
ちなみに塩麹を混ぜたバター版レシピをご紹介させていただいております。
Cpicon フランス風ラディッシュの塩麹バター添え by ルロワ・モワ
日本の方のお口には塩麹版の方がなじみやすいかもしれません。
アペロのおつまみに簡単グッドです♪
R0007736 - コピー
前菜は野菜のポタージュです。
何の野菜かは今はシミツにしておきたいと思います。
と言いますのも、再現に挑戦しようと思っているから。
あっさりで新鮮風味で美味しいです。
これに合わせてグラスの辛口白ワインもお願いしたのですが、
やはりワインも美味しい。
R0007744
メインはチキンソテーでたっぷりの付け合わせ野菜添え。
凝った盛り付けではないですが、これも美味しかった!
ちょっと醤油を使ってるのかなぁ。
あとまたこの野菜がものすご~く美味しかったんです。
主なのはズッキーニなのですが、どうやって作ってるのかな、
と考えながら、それにしても美味しい~、と完食しました。
これも再現に挑戦したいです。
それとお皿がブロカントの古いものだったんです。
なのでお客さんそれぞれのメインのお皿が別なんですよね。
ブロカント&アンティーク好きとしてはこれも楽しい♪
R0007749 - コピー
ということでシェフさんとスタッフさんで~す。
ブログで日本の方にご紹介したい、とお伝えしたら、
とっても喜んでくださいました。
ここのお料理はくどさがまったくなくあっさりで塩も控えめ。
なんかごはんにも合いそうでちょっと食べたくなっちゃいました。
そして食事はもちろんワインもいろいろと楽しめるので、
食べながら大いに飲みたい方にもおすすめ。
テラス席もありますし、日の長くなったパリの夜でもいいかも♪

住所・・・14 Rue du Jura 13区
TEL・・・01 43 31 29 19
HP・・・La Dilettante Paris

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (731)
TVの天気予報士さんが、お出かけに最適よ♪
と言っていたので久しぶりに行ったクリニャンクール。
そこでランチした当たりビストロのご紹介です。
Foto (728)
それがここ「ル・ルレ・デ・ブロック(Le Relais des Broc’s)」。
Foto (729)
クリニャンクールの奥まった場所にあって、
知らないと通り過ぎてしまうようなこのお店は、
観光客の姿がほとんどなくジモティっぽい方ばかり。
Foto (730)
で、せっかくの晴天なのでテラス席に座って太陽の下ランチ。
まずはわたしたちが前菜に選んだのは鴨のテリーヌ。
実は鴨のテリーヌは独特な風味が苦手で好きではないのですが、
美味しいものなら食べれるかも、とあえてチョイスしてみたんです。
そしたら大丈夫。臭みがまったくなくて美味しかったのです。
このテリーヌで、このお店は大丈夫かも、と予感。
Foto (733)
そして私がメインに選んだ「エイのケッパーソース」です。
これはフランスでとてもポピュラーなエイの料理。
でも今までなかなかいただくチャンスがなくてこれがはじめて。
さてさてお味は?
エイにまったく臭みがなく身がとろんとしててコラーゲンいっぱい。
酸味のあるあっさりとしたソースがよく合って美味しいです。
で、やっと、そっか、こういう料理なのね、と新鮮満足。
Foto (734)
こちらは旦那が選んだ「コート・ド・ブフ」=骨付きあばら肉のステークフリット。
で、旦那が一口食べて、むむむ、っとした顔をし、
ちょっと食べてみな、と一口切って食べさせてくれたのですが、
その美味しさにびっくり!とにかくお肉自体がものすごく美味しいんです。
ソースを付けたらもったいないくらい。
エイも美味しいけど、このお肉は有名精肉店のお肉にも負けていないかも。
肉食星人の旦那の満足そうな顔といったら…。
Foto (732)
ジモティのお客様ばかりと書きましたが、
様子を見ていると、このクリニャンクールの蚤の市で働いてる方が多いようなのです。
このビストロの前の骨董店のご主人も、
ここでお仲間さんと食べながら店番をしておりました。
そして実は、店内に日本人女性お2人のお客様がいるのを、
旦那がおトイレに行った時に気がつき「ニホンジンデスカ?」と話しかけ、
(後で聞いたら、変なフランス人と思ったらしい。ぷぷ)
戻ってきて私に「ニホンジンダヨ。話してきなよ」と。
で、4人でちょっとお話。お2人ともパリ在住で、お1人の方は、何と旦那さまが、
ここクリニャンクールで古本屋さんを営んでいるそう。
このビストロはお気に入りだそうで、
いい食材を使っているので何を食べても美味しいのだそう。
いただいたものが美味しかったので、それを聞いて納得。
お値段もお手頃で、前菜とメイン2品で22、3ユーロくらいだったと思います。
他のメニューは、わたくしも大好きなにしんのマリネやエスカルゴ、
牛肉のタルタルステーキ、ムール・フリットなどがあって、
ほんとフランスの庶民的なビストロの王道が並んでいます。
凝った料理ではないけれど、いい素材のフランスらしいものがいただけます。
そして嬉しいのが何と日本語メニューもあるのだそう。
クリニャンクールにいらっしゃる日本の方は
旅行の方が多いのでこれは嬉しいポイントですね。
でも旅行じゃないわたくしも、次回はにしんのマリネとあのステーキがいいかな、
なんてすでに考えちゃっております♪
ここはまたクリニャンクールに行ったら再訪したいお店です!

住所・・・24 rue Jules Valles 93400 Saint Ouen
TEL・・・01 40 10 14 66
メトロ駅・・・④号線「ポルト・ドュ・クリニャンクール」

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ