水曜はパリでランチしましょ

Foto (731)
TVの天気予報士さんが、お出かけに最適よ♪
と言っていたので久しぶりに行ったクリニャンクール。
そこでランチした当たりビストロのご紹介です。
Foto (728)
それがここ「ル・ルレ・デ・ブロック(Le Relais des Broc’s)」。
Foto (729)
クリニャンクールの奥まった場所にあって、
知らないと通り過ぎてしまうようなこのお店は、
観光客の姿がほとんどなくジモティっぽい方ばかり。
Foto (730)
で、せっかくの晴天なのでテラス席に座って太陽の下ランチ。
まずはわたしたちが前菜に選んだのは鴨のテリーヌ。
実は鴨のテリーヌは独特な風味が苦手で好きではないのですが、
美味しいものなら食べれるかも、とあえてチョイスしてみたんです。
そしたら大丈夫。臭みがまったくなくて美味しかったのです。
このテリーヌで、このお店は大丈夫かも、と予感。
Foto (733)
そして私がメインに選んだ「エイのケッパーソース」です。
これはフランスでとてもポピュラーなエイの料理。
でも今までなかなかいただくチャンスがなくてこれがはじめて。
さてさてお味は?
エイにまったく臭みがなく身がとろんとしててコラーゲンいっぱい。
酸味のあるあっさりとしたソースがよく合って美味しいです。
で、やっと、そっか、こういう料理なのね、と新鮮満足。
Foto (734)
こちらは旦那が選んだ「コート・ド・ブフ」=骨付きあばら肉のステークフリット。
で、旦那が一口食べて、むむむ、っとした顔をし、
ちょっと食べてみな、と一口切って食べさせてくれたのですが、
その美味しさにびっくり!とにかくお肉自体がものすごく美味しいんです。
ソースを付けたらもったいないくらい。
エイも美味しいけど、このお肉は有名精肉店のお肉にも負けていないかも。
肉食星人の旦那の満足そうな顔といったら…。
Foto (732)
ジモティのお客様ばかりと書きましたが、
様子を見ていると、このクリニャンクールの蚤の市で働いてる方が多いようなのです。
このビストロの前の骨董店のご主人も、
ここでお仲間さんと食べながら店番をしておりました。
そして実は、店内に日本人女性お2人のお客様がいるのを、
旦那がおトイレに行った時に気がつき「ニホンジンデスカ?」と話しかけ、
(後で聞いたら、変なフランス人と思ったらしい。ぷぷ)
戻ってきて私に「ニホンジンダヨ。話してきなよ」と。
で、4人でちょっとお話。お2人ともパリ在住で、お1人の方は、何と旦那さまが、
ここクリニャンクールで古本屋さんを営んでいるそう。
このビストロはお気に入りだそうで、
いい食材を使っているので何を食べても美味しいのだそう。
いただいたものが美味しかったので、それを聞いて納得。
お値段もお手頃で、前菜とメイン2品で22、3ユーロくらいだったと思います。
他のメニューは、わたくしも大好きなにしんのマリネやエスカルゴ、
牛肉のタルタルステーキ、ムール・フリットなどがあって、
ほんとフランスの庶民的なビストロの王道が並んでいます。
凝った料理ではないけれど、いい素材のフランスらしいものがいただけます。
そして嬉しいのが何と日本語メニューもあるのだそう。
クリニャンクールにいらっしゃる日本の方は
旅行の方が多いのでこれは嬉しいポイントですね。
でも旅行じゃないわたくしも、次回はにしんのマリネとあのステーキがいいかな、
なんてすでに考えちゃっております♪
ここはまたクリニャンクールに行ったら再訪したいお店です!

住所・・・24 rue Jules Valles 93400 Saint Ouen
TEL・・・01 40 10 14 66
メトロ駅・・・④号線「ポルト・ドュ・クリニャンクール」

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (688)
旦那が古い自転車サークルの皆でパリを走ってくるというので、
わたくしは1人ウキウキでお気に入りの
我が街のアジアンレストランへランチに行ってまいりました。
フランスではランチは1時頃から混み出すので、
その前、12時過ぎに到着したけど、すでに結構お客様が入っております。
Foto (689)
年配のマダム&ムッシューのお姿もあちこちに。
ほんと、ジモティに愛され店なのです。我が街一の人気レストランかもしれません。
で、皆さん、まずはアペリティフで乾杯して楽しそう。
Foto (690)
なので、わたくしも久しぶりのアペリティフでキールを一杯だけ。
おつまみは揚げ海老せんべい。美味すぃ。
Foto (692)
そして前菜がやってまいりました。
豚肉と海老のシューマイと蒸しワンタンの点心4種盛りです。
あっさり美味。もう1皿食べれそうでした…。
今度平日に来た時、前菜とメインのランチセットにこの点心+しちゃおうかな…。
Foto (693)
窓の外をママンとギャルソンくんが通り過ぎます。
ずっとお店を見ていると思ったら入店していらっしゃいました。
こんな美味しいアジアン食べてたら、あのギャルソンくん、
口が肥えちゃうだろうなぁ。
Foto (694)
メインは一度食べて唸ったラベルルージュ(フランス公認の良い品質)の揚げ鶏肉。
衣が薄くて軽くてカリカリサクサク。しかも揚げ方が絶妙なんです。
テーブルに来た時に中心に火がほどよく入った状態。
ラベルルージュの鶏肉の良さをしっかり生かしているんです。
結構な量だけど食べるのを止めることは出来ません。
Foto (695)
メインがお米系や麺類じゃない時は、チャーハンか焼きそばが選べるので、
わたくしは大好きな中国醤油味の焼きそばをチョイス。
何度も食べているので最近、この焼きそばは作れるようになりました。
は~、今回も大満足。メニュー全制覇したい!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (426)
パリらしいビストロと言えばすぐに名前が挙がるポール・ベール。
その姉妹店であり同じポール・ベール通りにあるのが
ここル・シス・ポール・ベールです。
お店の脇に置かれている自転車も目印。雰囲気にぴったりですね。
Foto (420)
この日はちょうど時間が少し空いたので予約なしで来てみましたが大丈夫。
早め時間だったのでまだまだ席がたくさんありました。ほっ。
Foto (421)
ポール・ベールは伝統的ビストロの雰囲気ですが、
こちらはカジュアルでちょっとおしゃれ。
オープンキッチンでお2人の料理人さんがラフな感じでお料理を作っております。
たぶんお1人の方は日本人さんとお見受けしたのですがどうかな。
そのオープンキッチンにはプランチャ(鉄板)があって、
そこでいろいろ焼き焼きするようです。
ランチは前菜とメインとデザートで22ユーロ。
外食の高いパリで人気ビストロで3品で22ユーロってかなりのお値打ちです。
しかもプランチャがあるのでどんなお料理が出てくるのか。楽しみ♪
Foto (423)
ということで私が選んだ前菜がやってまいりました。
大好きなバイ貝のハーブソテーにブロッコリーのロースト添えです。
さてさてお味は?美味しいです♪
このお店は料理にバターやクリームは使わないとのことですが、
さっとオリーブオイル?でソテーしたバイ貝は
青じそなどのハーブ入りの貝のうまみが出たソースをまとい、
しつこくないけどコクのある美味しさ。
プランチャで焼いた香ばしいブロッコリーもよく合います。
貝好きにたまらない1皿!
Foto (424)
メインは鯛のソテーにやはり香ばしい焼きロマネスコ添え。
写真ではかなり野菜が焦げた感がありますが、
いただくとそんなでもないんですよね。
とは言うものの、手前の黒いのだけは外しました。
でもこれも美味しかったです。量もちょうどよいです。
Foto (425)
そしてデザートは抹茶のチョコレートケーキで、
これがまためちゃくちゃ美味しかった~!
ほとんど粉を使っていないと思われまして超しっとりなめらかで甘さも程よくて。
よく書いておりますが、自分は甘いものは必要ではない方なのですが、
これはまたいただきたいくらいです。
もしこれがメニューにあったらチョイスしておいた方がよいですよ。美味。
でも他のデザートも全部美味しいかも。
ってか、やっぱりシェフさん、日本人さんですかね。青じそに抹茶だもんね。
Foto (422)
いただいている間、担当してくださったお店のサービスの方も優しくて、
食べ終わった前菜のお皿を下げてくださる時に、
セテボン(美味しかったです)とお伝えしたら、
メインをいただいている時に今度は通りかかりながら、あちらから、
口の形だけで「セボン?」って友達みたいに聞くので、
私もラフにうんうんとうなずいて答えました。
そして帰り際、オープンキッチンにいらっしゃる日本人さんぽいシェフさんに、
「セテトレボン♪メルシーボークゥ」とお伝えしたら、
淡々としていた表情が優すぃ笑顔になって「メルシー」って答えてくださいました。
やっぱり日本人さんだと思います。私の発音でシェフさんもわかったかも。
ここはほんとコスパ最高でおすすめです。
私も近くに行ったらまた気軽に寄ってランチしようと思います。
抹茶のチョコレートケーキまた食べたいです♡

住所・・・6,rue Paul Bert 11区
TEL・・・01 43 79 14 32
営業時間・・・火曜~金曜:12~14時、19時半~23時、土曜:19時半~23時
HP・・・Le 6 Paul Bert

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (519)
パリ11区の老舗有名ベトナムレストラン
パリ 11区老舗パリハノイの大人気ボブンを初お試し」が、
期待外れに終わり、ちゃんと美味しいアジアンが食べたくなりました。
で、我が街アジアンレストランへ1人ランチに。
今回はかなり早めの11時半に到着。まだお客様は数人だけ。
いつもの、密かにわたくしファンの、対応もサービスもすべてが程よく感じよい
アジア人のギャルソンくんが担当です。
でもお店の前を自転車で通ると、気がついた時手を振ってくれたりするんです。
そこがまたニクいのよねぇ~♡
Foto (520)
さて。お昼のランチセットは前菜とメインで13、50ユーロ。
そして私がこの日選んだ前菜がこの海老ワンタンスープです。
ということでいただきまーす!
うん。美味しいです!
だしがほどよく塩はほんとに少し。
化学調味料はまったく使っていないと思います。
すごく薄味なのだけど、上に散らした海苔がい~いお仕事。
薄味のおかげで磯の風味が引き立っております。
この海苔使いは身体のためにもとてもいいですねぇ。
これはぜひマネさせていただいて、レシピに挑戦いたします。
Foto (521)
メインはスズキの蒸したのに、シェフオリジナルのソースをかけたもの。
前にこれの鯛バージョンをいただきましてとても美味しくて大気にいったもの。
で、スズキちゃんですが、これも美味しい~♪
でも美味しいばかり言っていられません。
今回はこのソースの調味料と配合を知りたくて、
前回よりずっと入念にいただきました。
少しわかったような気がしております。
でもこればかりはやってみないとわかりません。
とにかく美味。蒸し加減も絶妙です。
Foto (522)
メインに麺かお米が入っていない場合は焼きそばかチャーハンが選べまして、
私は大好きな焼きそばをチョイス。
色が濃いのは中国醤油を使っているからで味は濃くありません。
なにげにこれ、ついつい食べちゃう味なんです。
Foto (523)
食事が終わるとおしぼりを出してくださいます。
このサービスはパリのレストランではほとんどないと思います。
いや~、今回も大満足でした。
料理の美味しさと繊細さは今まで行ったパリのアジアンレストランの比になりません。
Foto (524)
すぐ近くには中国人経営のお寿司屋さんもあります。
期待せず一度旦那と入ったことがありますが、
シャリが小さめでネタとのバランスが結構悪くなかったんです。
聞いてみると、職人さんは日本人の師匠のもとでお寿司を学んだそう。
で、なるほど~と思ったのです。
中国人経営のお寿司屋さんはニセモノ、と言う日本人も多いけど、
パリの日本人経営の日本食屋さんもフランス人経営のビストロも
料理を作っているのは外国人、というのが人件費のために結構あるのも事実。
超老舗有名アイスクリーム屋さんだって作ってるのは外国人。
なので私はですが、日本人経営でも日本人経営以外でも
美味しきゃいいかな、と今は思っております。
Foto (525)
駅にも日本食レストランがあります。
でも前はこの「うなぎ蒲焼」ののれんはなかったぞ、と思い、
メニューを見ると、うなぎはありませんでした~。
さっすが。こんななんちゃってもありますね。だって外国だもの。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

詳しく言いますと、2017年の12月なので1年2ヵ月前なのですが、
旦那と週末のランチで行った7区のレストラン「トミー&コー(Tomy&Co)」が
今年ミシュランで一つ星を獲得しました。びっくり!
星をとる前に行っておいてよかったです~。
vignette1[1]
※お店の外観写真が見つからなかったのでホームページからお借りしました。
場所は人気レストランが集まる7区の有名なサン・ドミニク通りのすぐ近く。
私も以前住んでいたカルティエで思い出いっぱいの素敵な場所。
ということで、その時のことをお料理と併せてご紹介させていただきますね。
Foto (515)
とは言うものの、最初のこのタルタルが
美味しかったのは美味しかったのだけど、
何のタルタルだったかが思い出せないんです~。
すんごいがんばって思い出そうとしたのですけどだめです。すみません。
でも上にかかってるのはたっぷりのパルメザンとハーブですねぇ。う~ん。
Foto (516)
メインは大丈夫。覚えております!
鯛のポワレにオレンジを合わせたもので、たっぷりのレンズ豆が下にしいてあって、
上にはコリアンダーが散らしてあります。
この組み合わせ、不思議そうですがあっさりで美味しかったんですよ。
お料理はバターやクリームをほとんど使っていないので重くなく、
新鮮な組み合わせでオリジナルな1皿を作り出す、という印象でした。
で、この日はこの後、別のお店でデザートをいただく予定だったので、
2品コースだけにしておいたのですが。
Foto (517)
そしたらお店のかわいらしい女性スタッフさんがサービスです、って、
バスク地方の私も大好きなチーズ、オッソー・イラティの
黒サクランボのコンフィチュールと
バスクの唐辛子ピーマン・デスプレット添えを出してくださったのです。
デザートをお願いしなかったので出してくれたのかもですが、
こういうのって、この1品はもちろんその心遣いがとても嬉しい♪
そしてまたこの組み合わせが合うんです。
オッソー・イラティ&黒サクランボのコンフィチュールは王道ですが、
ここにピリッとしたピーマン・デスプレットのアクセント。
家でも出来るね、って旦那とニンマリしながら話したんです。
このお店のシェフさんはパリ郊外出身のベトナム系フランス人ということで、
同じアジア人で美味しくてこんなサービスもしてくれて。
なんだか嬉しくて素敵な気分でお店を後にしたんですよね。
そしたら今年ミシュラン。で、思ったんです。
お料理もですが、お店のお客様への対応もあっての星かもしれないな、と。
お値段は全部でいくらだったかちょっと忘れてしまったのですが、
でもそんな高くなかったと思います。
エッフェル塔も近く立地もとても良いのでおすすめです♪

住所・・・22,rue Surcouf 7区
TEL・・・01 45 51 46 93
HP・・・Tomy&Co

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ