べべたち

R1135790 - Copie
ときどき早朝からベッドで女子プロレスしますが
なんやかんや仲が悪くない2人です。いや、2ぴきです。
R1135791 - Copie
アンちゃんは(ジョアンナ)はくちゃくちゃですね。ブラッシング後でしなくちゃ。
ところで今週は旦那のお誕生日があったのですが、
わたくしすっかり忘れておりまして…。
でも今年だけじゃなく毎年でして…。
実は結婚記念日も自分の誕生日も毎年忘れるという…。
で、毎年なのですが、全部旦那に教えてもらうという…。
それはほんとに申し訳ないです…。
まるで気の利かない男のようなあたしです…。
専業主婦で日にちの感覚があまりないせいもあると思うのですが…
いやそれは言い訳ですが…。
で、で、でも皆さん、自分のはあれとしてもそんな毎年全部覚えてるのかしら?
いや、やっぱりいろいろ気をつけてる方はちゃんとしてるのかな…

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


FotoJet (612)
冬でもあったかなシャンブルで、我が家の癒し系娘たちはひだまり中。
ひかえめジェンカは最近ママのお迎えがお気に入り。
あれ、ジェンちゃんいないと思って、ジェン~ジェン~!と探すと、
決まって1階のリビングのソファでママが抱っこで迎えに来るのを待っています。
ま、どこにいるか知ってるママちゃんは演技してるんですけどね♡
FotoJet (613)
我が家一お転婆娘ジョアンナは食いしん坊なとこは皆に負けないのに、
食べるのが一番遅くて大好きヨーグルトも顔が必死なわりにちょっとずつ。
どんだけおちょぼ口やねん、って。とにかくいつも笑わせてくれてます♡
FotoJet (614)
ジェンちゃんアンちゃん姉妹より3つ上の6才ミュミュは今一番の知性派。
パパママがどんなしぐさや行動をすればお散歩かごはんかおやつか、
時間も含めしっかり頭に入っておりまして、言葉もたくさんわかってる。
やっぱりお姉ちゃんで大人になったんだねぇ、とよく話しております♡
ジェンとアンはですね、ま~だめちゃくちゃ大騒ぎでおこちゃまで~す。
ということで今日は癒し系の音楽もご紹介。
日本でも「エール!」という主演映画が公開されている
フランス人女性シンガー「ルアンヌ(LOUANE)」の新曲は、
人気フランス人シンガーソングライターたち「バンジャマン・ビオレ(Banjamin Biolay)」、「ヴィアネイ(Vianney)」、「ジュリアン・ドレ(Julien Doré)」
らが制作に関わり、そしてヴィデオクリップは、
宮崎駿作品へのオマージュとして作られた内容となっているのです。
で、舞台は日本。だから街の看板なんかも日本語。
ちょっと不自然な日本語もあってそこがフランス風で不思議。
でもそれがまた曲と合っていていいんですよねぇ
たぶん制作した方はそれもちゃんと意図して作ったと感じました。
ただ出たばかりのPVなので日本で視聴可能かどうかだけが心配。
日本の方も観れるといいのですけど…
そんなことも願いつつ、それではどうぞご覧ください。


……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


FotoJet (184)
我が家のチワワ坊や14歳と2ヶ月さん。
ママの心と人生の旅期に付き合わせてしまった小さくて健気な子。
の小さな背中。
で、そ~っと、
FotoJet (182)
回り込んでみる。
すやすやネンネで午後のミルクタイム中。
ここ2、3年で目がどんどん悪くなって耳もどんどん遠くなって、
この期間でのわんこの老いからくる変化というものに、
儚さと、だから余計に愛おしさを感じる今日この頃。
でも動物病院の先生は、
耳が遠いのはぐっすり眠れてそんなに悪いことじゃないよ、
それにまだ14歳でしょ、
ってお気軽ポジティヴご意見。
いいものは受け入れましょう!
で、一応そ~っと近づいて
カシャ。
FotoJet (183)
そうしたら、気配感じてお目目覚ましちゃいました~。
うう~くそ~。
やっぱりなんて甘くてかわいいあたしの坊やなんでございましょう♡

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

RIMG0130 - Copie
待ってる甘えっ子ジェン(ジェンカ)ちゃんは、
いつもみんなの後ろでママが自分のとこに来てくれるのを待っています。
そんな控えめなとこに胸がぎゅっとなるわけです。
で、待ってるわりにはどこからでもいつもこうしてママを見つめておるんです。
すると、すると、また、ジェン~♡♡♡ってなっちまうんです~。
RIMG0142 - Copie
全面甘えっ子だしのこの子たちは、
左ががむしゃら甘えっ子ミュー(ミュミュ)ちゃんで、
右がべったり甘えっ子のアン(ジョアンナ)ちゃん。
どーも、お互い結構競争心があるようなんですが、
でも、人間のそれとはだいぶ違ってて計算はなしなしちゃんのストレート。
そのわりによくくっついておるんです。
それがまたいとおかし。え?この使い方あってないよって?
ああ~、古文苦手やったから…
RIMG0663 - Copie
日本生まれ男児のミルク坊やは気分屋さんな甘えっ子で赤ちゃんの頃から孤高の犬。
ママと2人(ぴき)だった頃よりさらにそれが強くなったのです。
いろいろ坊やなりに受け入れ、我慢しているのでしょう。
でもとにかく虚弱で2、1キロのプチで今年14歳なので
ママとパパはいつも特に注意を怠りません。
それを他の3ぴきベベっ子はわかっていて一目置いておるんです。
そんな愛おしい我が子たちを脅かす出来事が!
RIMG0361 - Copie
ジャ~ン!
ボールペンと並べてみましたがこれ何だと思いますか。
実はハリネズミのハリさんなんです。
フランスは野性のハリネズミがいるのですが、
我が家の庭にもしょっちゅうやって来るんです。
で、夜行性なのでいつも夜になってからなのですが、
夜、ピピ(おしっこ)のために庭にベベたちを出すとかなり危ない。
特に若い3ベベは一目散にハリネズミちゃんのとこに走っていって、
昂奮して触って悲鳴をあげまくるのです。
で、旦那がそのたびにハリネズミちゃんを籠に入れて近くの森に運ぶのですが、
ときどき家の中にもこんなハリが落ちていて、それまた危険。
一度なんか寝室のベッドの上にも!
RIMG0360 - Copie
固くて鋭くてまるで太い縫い針のようで、これが刺さるのですからそりゃ悲鳴も出ます。
ハリネズミちゃん、見てる分にはかわいいんですけどねぇ。
やはり我が家の庭に住まわせることは出来かねます~。
なので旦那に毎回せっせこ運んでいただくしかないんですよね。
ごめんよごめんよ、ハリネズミちゃん

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

R1132475 - Copie
新しい家族が増えました。
2歳の女の子うさちゃんで名前は「レオンティンヌ(Léontine)」。
引っ越しをするので飼えなくなったというマダムの元から我が家へ来ました。
ゲージは別ですが手術済みなので手術してないうさ坊やタムタムとも大丈夫。
さてさて。まだ来たばかりですが性格がもう少しわかってきまして、
と~っても大人しくてまったく噛まない子。
抱っこしてるといい子でじっとしています。
しか~し、実はやってきた日の翌朝、
ゲージから1人で出て部屋の中を走っているのを発見!
なんと自分でゲージの上の扉を飛んで頭で突いて力で開けて出ていたのです!
しかもそれだけじゃあない。
横にある扉もきっちり閉めていないと鼻を上手に使って開けて出てくる!
すんごい頭がよくてびっくり!
そんな感じで初日から笑かせてくれちゃっております。
ちなみに「レオンティンヌ」とは18世紀、19世紀くらいに流行った
今は使われなくなった古い女性の名前でだそうで、
他にも「ウジェニー(Eugénie)」「エミリエンヌ(Emilienne)」
「ジェルメイン(Germaine)」などがそんな名前だそう。
で、仲間が増えたタム坊やですがティティン(レオンティンヌのあだ名)をかまっていると、僕は僕は!と隣りでゲージをガリガリしたり動き回って自分アプローチ。
焼きもち焼いているんです~。
今までうさちゃん1っぴきっ子でしたからねぇ。
なのでまずはタムをかまってからティティンをかまう、という順番になっております。
男の子で活発なタムとぜんぜん違ってて、2ぴきを見てると面白いんです。
さて、7月8月はフランスはヴァカンス期。
1か月間のお休みなのでみなさんウキウキなのでしょうが、
実は毎年100,000匹の動物が捨てられるうちの、
60,000匹がこのヴァカンス期に捨てられています。
理由のほとんどがヴァカンスでどこかに行くのに邪魔だから、ということ。
どうしょうもない理由のどうしょうもない人間たちが、
残念ですがフランスもとてもとても多いのです。
で、毎年今の時期になると放送されるのが、
大きな動物愛護団体「トラント・ミリオン・ダミ(30 Millions d’Amis)」のCF。
今年のはじまりは森の中、男性が犬を保護するように見えますが
その後時間がさかのぼっていって…
それではどうぞご覧ください。


出てくるわんちゃんがうちのミュミュにちょっと似ていて
ミュミュの経験と重なるところがあります。
ミュミュもフランスとベルギーの国境沿いで保護されたわんこ。
見つかった時の写真は痩せこけて怯えた表情でした。
でも今は常にダイエット中なくらいで元気で甘えん坊の私たちの大事な家族で、
いなくてはならない愛しい存在です。
動物を飼う時は、最後まで見る、
いざという時は旅行もお出かけも出来ないこともあり得る、
それをある程度想像出来て覚悟できる人が迎えてほしいなと、
なんだかえらそであれなのですがほんとそう思います。
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ