べべたち

RIMG48700 - Copie
やっと新しいお家でリラックスするようになったタムタムです。
あ、我が家の新しい家族、タムタム、男の子、10か月です。あ、うさちゃんです。
この子も身勝手な人間(フランス人)に、きみ要らないよ、ってネットで出されうちの子になりました。
で、我が家にはもう4ぴきわんこがいるので、ま、たいして変わらないし、ってことで。
RIMG48705 - Copie
でも最初は私、うさちゃん人生ではじめてだったからどうしていいかわからず、抱っこもはじめて赤ちゃんを抱っこするみたいにおそるおそるで。で、その時は反応薄いからやっぱりわんことは少し違うかな、なんて思ったのだけど。
RIMG48719 - Copie
慣れてきたらいやいや、一緒です。ちゃんと心情があって意志があって甘えて怒って。
朝は私たちが起きてくるとゲージの中で走り回ってごはんの大催促。
でも好みの味じゃないと器をわざとひっくり返します。
自分もわんこたちみたいに外で自由にしたくて、出して出して!って、ふがふがって一生懸命話します。
だからゲージを開けると、それ行け~、って飛びはねてしょっちゅうコケながら出てきます。
タム~♡って呼ぶと耳がこっちに向いてぴょんぴょんやって来ます。
抱きしめると小さくておとなしくてあったか~いです。
今は愛おしくてしっかり5人目のべべっ子となりました。
うさぎもめっちゃかわいいぞ~、ってまた人生で出会った新しい楽しい出来事です。


…………………………………………………………………………


7月に入り、フランスではヴァカンス期に入りました。
1ヵ月も休みがあって、ワクワク楽しみなヴァカンスですが、一方で、毎年捨てられる10万匹という膨大な動物たちの6万匹がこのヴァカンス期だといいます。
一見動物天国なイメージのフランスですが、たかがヴァカンスごときで、家族である動物を邪魔だからと捨てる、身勝手で卑怯なフランス人が多いのもここフランスの事実。でも日本と一緒です。
そんなヴァカンス期に入る頃から盛んに始まる動物愛護団体「Fandation 30 Milions d’Amis」のペット遺棄防止キャンペーンの今年のCFはこちら。

ストーリーは過去に遡っていきます。


 

こんな風に身勝手な人間どもに捨てられたり、金の亡者たちに無理に繁殖させられ作られた子たちが、今の我が家のタムタムとわんこ3ぴき、そして日本のペットショップで出会ったチワワ坊や1ぴきです。
チワワ坊やと2人だけの時には気付かなかったことが、この子たち皆と暮らすようになって考えられようになりました。
さて最後に里親でおすすめな点を3つほど。
もう性格がほとんどわかっているので、たとえば穏やかな子がよければそんな子を探せるし、人懐っこい子がよければそんな子を見つけられます。
ほとんど子が去勢手術または避妊手術済みなのでまた増える心配、そして病気のリスクも少なくなっています。
赤ちゃんのかわいさというのは確かにたまらないけど、悲しい経験をした子が自分に心を開き、信じ、甘えてくれる喜びは何ものにも代えがたいし、人間にひどいことされたのにそれでもこんなにすぐ素直に甘えてくれるの?な子もたまらなく愛おしいです♡
以上で~す。

…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

  

RIMG48298 - Copie
毎年季節の変わりめの、特に4月か5月に体調を崩す12歳のうちのチワワのミルク坊や。よ~く気をつけていたけどやっぱり今年もお腹をこわし、そのせいで2、3㎏の体重が1、8㎏にまで落ちてしまい、それがやっとよくなったと思ったら、今度は白内障が始まっている目がちゃんと開かなくなりまた病院へ。老化のせいで涙が出にくくなりドライアイで目が傷ついてしまっていて、いつもの心臓のお薬とまだ飲んでいたお腹のお薬と、そして今度は目のお薬も開始。これはその時の一枚で、この時はまったく目が開けられなくなって、歩くのもよろけてピピ(おしっこ)もカカ(う〇ち)もささえながら何とかでした。もしかしたらもうこのまま見えなくなってしまうのでは、と不安が過った時期です。
RIMG48665
そして毎朝毎晩つけたお薬がこの眼軟膏である「オプティミューン(Optimmune)」。
ノルウェーの土壌に含まれた真菌(カビ)から発見されたシクロスポリンというものが使われているそうで、要冷蔵で50ユーロ近いお値段。でも調べてみたらジェネリック薬品(期限切れになった先発医薬品の特許コピーで作られる後発薬品)の「Opticare(オプティケア)」などがフランスでも日本でもずっと安いお値段で買えるよう。ドライアイを発症した犬の90%は一生涯治療が必要なようなのでまたお薬が増えてしまったし出来ればジェネリックの方に変えよう!
RIMG48728 - Copie
そして今ではすっかり良くなって体重も2、15㎏まで戻りうさちゃんみたいにピョンピョン走り回われるまでに回復しました。
そして一番ちびっちゃいくせに一番のえばりん坊ぶりも復活!
他の御三方、大先輩に気を遣っておられます~。
でもその様子をまた見れるのが嬉しくてうっすら涙目になってしまいます~。
RIMG48733 - Copie
空に行ったポーちゃんもトュトュンも12歳だったので、12歳っていうのはなんだかうちのわんこたちの人生の大きな節目のようにも感じていて。だからべべちゃんの時から身体が弱いこの子が12歳の今でもこのフランスで生きてることが私にはすんばらしい奇跡。そして8月になったら13歳。無事迎えたいです。
RIMG48723 - Copie
かわいいオメメはだいぶ白くなってきて、近いものがかなり見えなくなってきているけど、甘ったれクンクン声で演技?して、やれごはんくれ~おやつくれ~と言ってきて、それを見つめる時の目のまあ大きなこと。よく見えないから一生懸命いっぱい開くんだよ、って旦那。
もうすぐ13歳のこれからは神さまからこの子への贈り物時間。
1つごとの季節を無理せずありがたく皆でゆっくり過ごそうと思っています。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG48404 - Copie

最近ジェンカのお気に入りはこのふわふわマフラー

RIMG48408 - Copie

だいたいいつも傍ら

んだけど

RIMG48523 - Copie

ミュミュもお気に入り

RIMG48524 - Copie

しょっちゅう傍ら

んでもって

RIMG48659 - Copie

ジョアンナもこれまたお気に入り

んだから

たびたび取り合い勃発~

特に姉妹2人が

…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

RIMG43610 - Copie

あたしはミュミュ
フランスかベルギー国境あたりの生まれ 4歳よ あ 今年5歳だわ
でも確かなことはわからないの
あたしはミュミュ
いいの昔のことは忘れたわ
あたしはミュミュ
後輩との関係もやっと落ち着いてきたとこよ
え?ジョアンナ?あの子気が強くて負けず嫌いでやきもち焼きで困ったお子ちゃまよ~
しょっちゅうママとパパに怒られてるわ 
ジェンカ?あの子はおとなしくて悪かないわね   
でも…
姉妹っていいな ってときどき思うのは否めないわ
正直なところね…
あたしにもどこかにいるのかなぁ な~んてね
ん?ミルクさん?あの人は相変わらず1人の世界よ 
あたしたちのこと犬だって思ってて壁を作ってるの よく考えたらお互いさまなのにね
でも ま 新しい子たちにも慣れたわ 一応先輩だしね
は~ 昔が懐かしいわ
ポーさんいい人だったなぁ
でもやっとパパさんとママさんが落ち着いたらからあたしからは何も言わないの
もう5歳だもの 少しは空気読めるわよん
あたしはミュミュ
もうすぐ予防注射よ
行きたくないな~
でも行かなくちゃな~


あたしはミュミュ
あたしはミュミュ2
あたしはミュミュ3
あたしはミュミュ4
あたしはミュミュ5


…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2726942[1]

コメをくださったvolvicさんが、チワワ坊やのミルクも元気?と心配してくださったので(volvicさんもパリでわんちゃんと暮らしわんちゃん10歳の時に一緒に日本へ帰国されたそう)、早速フォトで元気な姿のご紹介です。かわりなく孤高の犬タイプで他の子たちとは一線を引いておりますが、これが坊やの性格。無理に仲良くはさせないし、自然でいいと思っております。人もたくさんの人たちに囲まれたい人、蛭子さんみたいに1人がラクな人、いろいろ。一緒です。蛭子さんは本当~に興味深過ぎます。
左から、ジェンカ、ミルク坊や、ミュミュ。

2727055[1]
ミュミュ&ジョアンア。
今一番やきもち焼きであたしあたしタイプダントツ1位はジョアンナ。
3歳上のミュミュがときどき遠慮するようになって少しお姉ちゃんぽくなったのがまた愛しくて。だからまず先に抱っこするようにしたり、お散歩もママと2人きりで行っています。
RIMG47201
そして穏やかジェンカにミュミュがポーちゃんにもよくしていたように、こうしてよくもたれています。
姉妹でくっついてミュミュが孤独を感じたらとちょっと心配もあったのですが、不思議なもので、ちゃ~んとそれなりにうまくいくようになっているようです。ジェンちゃんありがとう♡
RIMG47276 - Copie

ここに私がチワワ坊やを連れてお嫁に来た時は、先にいたねこちゃんカシュンやわんこトュトュンの中で坊やは新参者だったのですが(あ、私も)、今は坊やが一番の古株(日本生まれの12歳)。bébéの頃から身体が弱いのでいつもどこかで不安と覚悟があって、でもこうして今も元気でいてくれることが(心臓のお薬は毎日2種飲まなきゃですが)もちろん嬉しいし、そして不思議です。これがそれぞれのla vie。この子たちも、そして私たちもです。でも、でも、この子たちをしっかり守りたいので、わたくしたちの健康大事。だから自分(たち)に飲み過ぎ注意報でございます~。エへへへへへ…うひょひょひょひょ…


…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

↑このページのトップヘ