べべたち

RIMG43610 - Copie

あたしはミュミュ
フランスかベルギー国境あたりの生まれ 4歳よ あ 今年5歳だわ
でも確かなことはわからないの
あたしはミュミュ
いいの昔のことは忘れたわ
あたしはミュミュ
後輩との関係もやっと落ち着いてきたとこよ
え?ジョアンナ?あの子気が強くて負けず嫌いでやきもち焼きで困ったお子ちゃまよ~
しょっちゅうママとパパに怒られてるわ 
ジェンカ?あの子はおとなしくて悪かないわね   
でも…
姉妹っていいな ってときどき思うのは否めないわ
正直なところね…
あたしにもどこかにいるのかなぁ な~んてね
ん?ミルクさん?あの人は相変わらず1人の世界よ 
あたしたちのこと犬だって思ってて壁を作ってるの よく考えたらお互いさまなのにね
でも ま 新しい子たちにも慣れたわ 一応先輩だしね
は~ 昔が懐かしいわ
ポーさんいい人だったなぁ
でもやっとパパさんとママさんが落ち着いたらからあたしからは何も言わないの
もう5歳だもの 少しは空気読めるわよん
あたしはミュミュ
もうすぐ予防注射よ
行きたくないな~
でも行かなくちゃな~


あたしはミュミュ
あたしはミュミュ2
あたしはミュミュ3
あたしはミュミュ4
あたしはミュミュ5


…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2726942[1]

コメをくださったvolvicさんが、チワワ坊やのミルクも元気?と心配してくださったので(volvicさんもパリでわんちゃんと暮らしわんちゃん10歳の時に一緒に日本へ帰国されたそう)、早速フォトで元気な姿のご紹介です。かわりなく孤高の犬タイプで他の子たちとは一線を引いておりますが、これが坊やの性格。無理に仲良くはさせないし、自然でいいと思っております。人もたくさんの人たちに囲まれたい人、蛭子さんみたいに1人がラクな人、いろいろ。一緒です。蛭子さんは本当~に興味深過ぎます。
左から、ジェンカ、ミルク坊や、ミュミュ。

2727055[1]
ミュミュ&ジョアンア。
今一番やきもち焼きであたしあたしタイプダントツ1位はジョアンナ。
3歳上のミュミュがときどき遠慮するようになって少しお姉ちゃんぽくなったのがまた愛しくて。だからまず先に抱っこするようにしたり、お散歩もママと2人きりで行っています。
RIMG47201
そして穏やかジェンカにミュミュがポーちゃんにもよくしていたように、こうしてよくもたれています。
姉妹でくっついてミュミュが孤独を感じたらとちょっと心配もあったのですが、不思議なもので、ちゃ~んとそれなりにうまくいくようになっているようです。ジェンちゃんありがとう♡
RIMG47276 - Copie

ここに私がチワワ坊やを連れてお嫁に来た時は、先にいたねこちゃんカシュンやわんこトュトュンの中で坊やは新参者だったのですが(あ、私も)、今は坊やが一番の古株(日本生まれの12歳)。bébéの頃から身体が弱いのでいつもどこかで不安と覚悟があって、でもこうして今も元気でいてくれることが(心臓のお薬は毎日2種飲まなきゃですが)もちろん嬉しいし、そして不思議です。これがそれぞれのla vie。この子たちも、そして私たちもです。でも、でも、この子たちをしっかり守りたいので、わたくしたちの健康大事。だから自分(たち)に飲み過ぎ注意報でございます~。エへへへへへ…うひょひょひょひょ…


…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

RIMG43651 - Copie

我が家の新しい家族、ジョアンナ&ジェンカ。2歳になったばかりの姉妹です。
ポーちゃんが空に行って入口の見えないトンネルの中のような心でした。
でも、それでもまた新しい子を引き取ることは心に決めておりました。
それは身勝手な人間たちに振り回されセンターで新しいパパとママを待ってる子たちがたくさんいることがわかっていたから。
ポーちゃんに出会ってわかるようになったことです。
フランスの海外地域圏、インド洋にあるレユニヨン島から救出された子たちです。
レユニヨン島では恐ろしいことに、小さな犬を餌として海に放り込んで魚を獲ることが当たり前に行われてきたそう。今では禁止になっていますが、今も隠れてやっている人間がいるのだそう。
新しい家族を探している時は耳を半分切られた子も見ました。犬の登録番号が入れ墨されているため、飼い主がバレないように耳を切りとってから捨てるんだそう。
人間のやること恐ろし過ぎです。許せません。
そんな身勝手人間のもとから奇跡的に助けられた、ポーの顔だちと重なるところがある子たちです。
はじめはどちらか1匹、と話しをしていたのですが、
生まれた時から一緒で救出も一緒でフランスにやって来たのも一緒で。
やっぱり離れ離れには出来ないね、と。で、2匹揃って家族として迎えました。

RIMG43629 - Copie

ジョアンナはキャラメル色の目。
来てすぐにママっ子になって眠る時もママの腕枕です。
どんどん焼きもちっ子になっていて今じゃダントツ1番!
しかも超おてんばでいたずらっ子で何でも口に入れちゃうのでいつも気をつけていないとです。
性格は3年前に空に行ったトュトュンと重なるところがあって不思議な感じがしています。
でもやっぱりまったく違う子。

RIMG44597 - Copie

そしてジェンカは優しい顔立ちと同じで性格も穏やかで控えめな子。
はじめから思いっきり甘えるジョアンナとは違って、甘えるけど様子も感じ取ろうとする慎重な面のある子。
でも今は本当の甘えっ子になって朝方ベッドでママに撫でられるのが大好き。
甘い甘い甘い子です。
ジェンカの方は性格が今度はポルカと重なるとこがあってこれもまた不思議に感じます。
でもやっぱり違う子。

RIMG43606 - Copie

姉妹だけど性格が正反対で面白い。
穏やかジェンカもやっぱり姉妹だからジョアンアとはたまに小ケンカするのも面白い。
はじめてお散歩に出た時は、ジョアンナは360°ただやみくもに走りまくり(今もですが)、ジェンカは恐くて震えて歩こうとしませんでした。
2匹ともお散歩なんて知らなかったのです。
でも今はお散歩がだ~い好き。飛び跳ねながら、きゅ~んきゅ~ん行こう行こう!って毎日大騒ぎです。
本当に可愛いです。可愛過ぎて抱き締めた時、ママはしょっちゅう歯ぎしりしてしまうくらいです。
姉妹で引き取って本当によかったと心から思っています。
ポーが空に行かなければこの子たちに会っていなかったと思うととてもせつないです。
そしてこの子たちが来ていなかったらたぶんまだ辛かったとも思います。
でも、だからこういう出会いだったのだと。
この子たちのための愛情がまたどんどん湧いてきて、愛は増えるばかりです。
ポーがいなくなった時、ポーの夢ばかり見て、そして覚めて、眠れなくなって、夜中にペットロスのコミュニティーを見ていた時、やはりわんこを見送った方の言葉があったのですが。
空に行った子はとても素敵な子。そして次に来る子はまた別の素敵な子です、って。
それがしみじみわかる今です。
優しいポーちゃんは絶対空から見守ってくれていると思います。
また言っちゃいますが。

いろんなことたくさん教えてくれてありがとうポーちゃん
愛してるよ

…………………………………………………………………………


今回こうして伝えられて本当によかったと思っています。
起こった出来事をブログに全部書く必要はないけど、それでも胸につかえるものがありました。
ほっとしました。
これからも1人でも多くの方が少しでも楽しい気持ちになっていただけるようなブログを目指し、
そして愛するべべたちのこともマイペースで綴っていきたいと思っております。
いつも本当にありがとうです。心から感謝いたします。

…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG8389 - Copie

去年の秋、ポーちゃんが突然空に行きました。
様子がおかしくなって病院に着いた時は手遅れであっという間で。
心臓のどこかが突然壊れたようだと先生に言われました。12歳でした。
その夜はどこにぶつけていいかわからない怒りと悲しみで旦那と泣き明かしました。
8歳の時に里親探しのイベントで出会った女の子。
恐がりで優しくていつだって控えめな子。
来たばかりの頃はしょっちゅうビクビクしていて長い棒を持っている人がいるとぷるぷる震えて歩けなくなった子。
頬のところに叩かれた傷跡が残っていました。
でもだんだん新しいパパとママに甘えっ子になって、夜はママのそばでママを見つめながら眠るようになりました。
たった4年しか幸せ(そう信じています)じゃなかったことに怒りがありました。
8年も幸せじゃなかったことに怒りがありました。
ズルい人や卑怯な人が目にもつきました。
神さまはいないと旦那と言い合いました。
もしいたら私たちにしても、あんな心優しいポーにこんな残酷なことしない、と。
私たちの知らないポーの8年間を知りたくて、引き取った愛護センターにも行きました。
前の飼い主のことは話せないと言われたけど、1つだけ知ることが出来たのは、
ポーとあともう1匹のわんちゃんとである家から救出されて三ヶ月間センターにいてうちに来たこと。
たったそれだけでも知ることが出来て少しだけ嬉しかった。
でももし前の飼い主のことを知ったら…その足で向かって怒りをぶつけていたと思う。あの時の自分だったら。
もう1匹の子が今幸せに暮らしていることを願います。幸せになる権利があると思う。
今は思い出して、悲しむことより、かわいかったなぁ、って思うことが多くなりました。
ポーは空に行ったと思えるようになりました。
誰かが悲しんで泣いている間は空に行けない、と言う人もいるけど、
泣いてる間ポーは行こうとはせずそばにいてくれたと私は感じました。
そしてパパママの悲しみが癒えた頃、ポーのことだからそっと空に行ったと思います。

RIMG36587 - Copie

お庭でもたくさんの時間を一緒に過ごしました。
お散歩が大好きで大好きで。
亡くなる前の日は降ったり止んだりの小雨だったので行かなかったのが今も少し心残り。
ごめんねポー

RIMG37985 - Copie (2)

去年の夏のはじめ、カニキュールの時は知らない間にお庭に穴を掘ってこんな風に気持ちよさそうにちゃっかりネンネしてました。
ときどきおかしなことやるのがまた愛らしくて。
きっと今頃は旦那の亡くなった奥さんが見守る中で、ねこちゃんカシュンとわんちゃんトュトュンと一緒にいるかな、って思っています。
わんこやねこちゃんと暮らせることの幸せを知ること出来て私は本当に幸せ者です。
そしていつも思っています。

パパママんとこに来てくれて出会ってくれて本当にありがとう
ず~~っと愛してるよポー

って。


…………………………………………………………………………


いつもこのブログを見てくださり、応援してくださっている皆さま、
ポーちゃんのこと、ご報告が遅れたこと申しわけなく思います。
あまりにも突然で信じられなくて時間が必要でした。
そして本当に落ち着いた時にお伝えしようと決めました。
感じたこと、書きたいこと、忘れたくないこと、それからポーの夢もたくさん見て、
たくさん書き留めてもいたのですが、
今はそれらをここで全部書かなくてもいいと思うようになりました。
自分の心に留めておけばそれでいいのだと。
そう思えるようになってこうしてお伝えできる今が不思議です。
やはり時間、ですね。
そして次回は新しいご報告があります。
新しい家族のことです。
ポーも空から喜んでくれていると思います。
      
…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG33854

あたしはミュミュ…
フランスかベル…4歳…
いいの忘れ…
あたしはミュミュ…
負けへん…誰にも…

RIMG33860

あたしは…




ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ