ガイドブックに載らない片隅パリ

少し前の週末、
マルヌ川へカヌーツアーに行ってまいりました~。
ここ数日でぐぐんと寒くなったパリなので、
おそらくこの時が今年最後のカヌーだったかな、思ってるのですが、
でも一方で、いやわかんないぞ。もう1回くらい無理すれば行けるかもよ。
とも思っておるんです。


それではニューヨーク出身のモロッコ系アメリカン、
フレンチ・モンタナの心地よい曲に合わせてお付き合いください♪

FotoJet (360)
この日は半袖でもいいくらいのぽかぽか陽気。
力持ちの旦那がせっせこカヌーをマルヌ川に運んでいる間に、
妻は得意の写真小僧!
そしたら呼ばれたので出発で~す。
FotoJet (361)
すっかり枯葉の絨毯になった岸辺をゆっくり進みます。
秋の光がいっぱいの風景もなかなか素敵。
照りつけない柔らかな光です。
FotoJet (362)
釣りキチ三平なムッシューたちもいらっしゃいますよ。
あ、でもどちらかと言うとハマちゃんとスーさんって感じですかねぇ。
「釣りバカ日誌」大好きなんですよね。
あのフランス版DVDあるのかなぁ。旦那に見せたいなぁ…
FotoJet (363)
こっちでも釣りバカ日誌なムッシュー軍団が。
野郎どもばかりでそれも楽しそうです♪
FotoJet (364)
日本ほど鮮やかな紅葉とはいかないけれど、これがフランス的な秋色。
FotoJet (367)
岸辺沿いの邸宅にお住まいのお嬢ちゃま方はお気軽に自家用ボートでお遊び中。
私がこのお嬢ちゃまたちくらいの時は、
厳しい母のもと、姉のお古ばかり着せられ、おまけに姉にしょっちゅう使いっぱにされ、
スーパーにグリコや北日本食品のお菓子を買いに行かされておりました~。
ま、仲は結構よかったんですけどね。
FotoJet (368)
お気に入りの小川に入りま~す。
FotoJet (369)
色とりどりの秋の葉を撮ってみたけど、
水辺に映る木々に焦点合わさっちゃいました~。
そんな時でも旦那はせっせこ漕いでおります~。
あたしも漕ぐ?って一応(形だけでも)いつも聞くのだけど、
大丈夫だよ、って言うんですぅ。
FotoJet (370)
この大きな橋の下はいつも少しにおうところ。
FotoJet (374)
乗ってるだけの妻は鼻と口を手で抑えて息もなるべく吸わないようにして通り過ぎます。
でも通り抜けちゃえば、
FotoJet (375)
もう臭くない♡
で、旦那の前で大袈裟に空気を大きく吸ってみたりして、
いかに臭かったか、そして耐えたか、を表現します、それも毎回。
フランス人向けのお笑いです~。
え?旦那ですか?一応ちょっと笑ってくれますよ。
FotoJet (376)
でもあの橋以外は全部素敵で気持ちがいいんです!
スイ~スイ~ときどきポチョンタプンみたいな感じな感じ。
FotoJet (377)
白鳥さんのカップルもスイ~スイ~っとスイスイ中~。
こちらはお邪魔させていただいてる側なので、そ~っとそ~っと通ります。
旦那にも、「Doucement!Doucement!(ドゥースモン!ドゥースモン!)」
「そっとね!そっとね!」と小声でいつも言うのですが、すると旦那も
「Je sais! Je sais!(ジュ・セ!ジュ・セ!)」
「わかってるよ!わかってるよ!」って小声でいつも言うんです~。
FotoJet (378)
と言うことで今年のカヌーツアーはこれにて終了です!
でも出来ればあともう1回くらい乗れたら素敵なのだけど…

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (318)
1人でチャリンコでマルヌを走った9月のこの時は、
秋がはじまったマルヌ川で
平日で、ランチタイムをだいぶ過ぎた中途半端な時間だったこともあって、
人気が少なく静かだったのですが、
この日は週末の素晴らしい夕暮れだったので賑やかシェ・ジェジェンヌ。
※お店についての歴史はこちらの記事となります。
古き良き時代を行くマルヌ川クルーズ~シェ・ジェジェンヌ編~
FotoJet (319)
ご近所の方々がお散歩のついでに気軽に立ち寄ったり、
歴史ある※ガンゲット店なのでパリ市内から来る方もいらっしゃったりと、
やはり週末が活気があって楽しい雰囲気。
※19世紀にパリ郊外のセーヌやマルヌの川沿いに出来ていった大衆的なキャバレー
FotoJet (320)
そして、ノスタルジックな店内では、
ダンスを楽しむ人たちのこれまた味のあるノスタルジックな光景が。
FotoJet (321)
ほとんどが年配の方々なのですが、おめかしてして来ている方もいて、
なんだか微笑ますぃんです。
FotoJet (322)
で、私たちは外のテラス席で休憩です。
かなり混んでいたので注文に取りに来てくれるのを待っていたら、
私たちのテーブルにドンと他のお客様の注文した飲み物が置かれ、
置いたサービスのムッシューが、このテーブル中心に各テーブルに運んでまして。
旦那、首ひねる~、みたいな。
でも私はこれが可笑しくてすぐキャメラ取り出してパシャ!みたいな。
慣れない感じのサービスのムッシューだったのでテンパってたんですね。
FotoJet (323)
家族で来ていらっしゃる方もたくさんで、
ちびっ子の姿もよく見かけます。
だいたいみんなクリームたっぷりのアイス食べてますね。
FotoJet (324)
やっと来たビールを飲みながら席から下を見れば私たちのカヌーと白鳥さん。
旦那が古いのをタダでもらって修理したカヌーです。
少~し浸水してきてたまにおしりが冷たいこともあるのですが、
ま、問題ないくらいです~。
FotoJet (325)
すると、お店の顔的でいつもいらっしゃるサービスのムッシューが、
大きな声で歌を歌い出しました。
どうやらお客様のどなたかがお誕生日のようでハッピーバースデーの曲です。
なので私も小声で参加~。
FotoJet (326)
こうしていつも変わらないノスタルジック店「シェ・ジェジェンヌ」
での夕暮れをひととき楽しんで帰ったのでありました。
HP…「Chez Gégène

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

ちょっと前になるのですが、
秋のはじめ、久しぶりにマルヌ川へ行ってきていました~。
紅葉はどれくらいはじまっていたのでしょうか。

そうしましたらフランスの子供たちシンガー
「KIDS UNITED」ののびやかな歌声を聴きながら
カヌーツアーに出発で~す!

FotoJet (315)
moi「ふぁ~、やっぱし気持ちいい~。めっちゃ久しぶりだよね」
旦那「今年の夏は天気よくなかったからねぇ」
moi「夏1回だけじゃなかった?」
旦那「うん」
moi「あとチャリンコのことばっかりだったのもあるよね」
旦那「んなことないよ。天気だよ」
moi「そ~お~?」
FotoJet (308)
お互い「ボンジュール!」
カヤックカップルのムッシュー「いいカヌーだねぇ」
旦那「ありがとう!」
FotoJet (309)
(moiの心のつぶやき)
やっぱりマルヌ最高や~。
マルヌのそばに住めてよかった♡
やっぱりここ離れたくないなぁ…
でもパリは冬がなぁ、暗くて長いんだよなぁ…
どうにかなんないかなぁ、あのパリの冬…
FotoJet (310)
旦那「小川に入るよ~」
moi「うんうん大好きここ」
FotoJet (311)
お互い「ボンジュール!」
(moiの心のつぶやき)
テーンエイジャーやな。
いいねぇ。キラキラな時代や。
これから恋に人生にいろいろあるんやろな。
FotoJet (312)
するとマルヌ川沿いの住民さんが太陽浴びて優雅に読書中のそば通りかかる~。
moi「(旦那にこそっと」リッチやなぁ。こんなん素敵過ぎやん」
むふふと笑う旦那。
FotoJet (313)
お互い「ボンジュール!」
FotoJet (314)
今度は川沿いで賑やかパーチィーの人たち。
皆さん、手を振ってくれて、
ちょっと寄ってけば?ですって。
お気軽親切なお言葉だけありがたく頂いて進みま~す。
FotoJet (307)
moi「わ、紅葉だねぇ。綺麗♡」
FotoJet (316)
そしてまたテーンエイジャーくんたちに遭遇。
そこそこ遊びも少し覚えたお年頃かな。
でもみなさんとっても感じよくボンジュール!って。
フランスの子たちは道ですれ違っただけでも、
ぜんぜん知らない子でも、ボンジュール!
って言ってくれることがよくあるのです。
これめっちゃ素敵なことだと思うな♡
FotoJet (317)

そして白鳥さんの向こうに見えてきたのは
古き良き時代店「シェ・ジェジェンヌ」です~。
旦那「寄ってく?」
moi「あったりきのコンコンチキヨ!」

              つづく
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (219)
待ち合わせ場所に向かう途中は日系&アジア系のお店が建ち並ぶ1区オペラ。
ラーメン屋さん、お寿司屋さん、中華屋さん、韓国料理屋さんなどがひしめいて、
ブックオフもあって、日本人には何かと助かる場所。
FotoJet (220)
パリは小さな街で、その中のカルティエですからまたうんと小さな一角。
私もパリに来た年はしょっちゅう来て、日系食品屋さんで、
日本の割高食材を買っていたけど、
今は郊外のアジア食品屋さんで、日本食材が結構買えるようになったので、
わざわざここに来なくても何とか大丈夫になりました。
FotoJet (221)
こちらは3年前にオープンした「どさん子ラーメン」。長蛇の列です。
ブログでよく書いておりますが、
フランス人も一度日本のラーメン(と餃子)を食べると大好きになる人がたくさん。
この美味しさは世界共通なんですね~。
FotoJet (222)
さて、ここに来て思い出しましたよ。
かつお節と梅干と納豆が切れていて欲しかったことに。
これらはさすがにまだ近所のアジア食品屋さんでは売っていないのです。
で、パリの代表的日本食品屋さん「京子食品」で途中下車~。
旦那に外で待ってもらって、お金だけもらって私はささっとこの3つだけお買い物。
全部で22ユーロくらい。やっぱり割高だけど致し方ない…。
でも嬉しくてそそくさとあの籠にしまって、さ、また出発。
ここから5分も走らせれば…
FotoJet (224)
8区マドレーヌ寺院。
1842年に出来た、古代ギリシア、古代ローマを模したカトリック教会です。
そしてここが待ち合わせ場所。
FotoJet (223)
到着するとすでに旦那の仲間たち2人が先に来ておりました~。
実は自転車同好会?の仲間と言ってもずっとネットでやり取りしてて、
旦那も(もちろん私も)会うのはこの時が初めて。
たてかけてある自転車ですぐわかって、顔を見るなりうひょうひょウケ合って、
そしてがっちり握手。moiちゃんとはビズ(頬と頬をつけてチュッの挨拶)。
男性同士は握手で、女性にはビズの挨拶ってパターンも(女性同士も)多いのです。
ビズについて記事はコチラ。
ビズあるあるが楽しいフランスのスナック菓子CF
で、この後もう2人もやってきて計6人で出発です!
FotoJet (197)
とは言うものの、どこへ行くのかも何するのかもわたし聞いてなくて、
でもそれがなんか可笑しくて、1人首をひねりながら、笑っちゃいながら、
ただついて行くだけ~。
FotoJet (225)
で、パリの道にやけに詳しい2人が、
あっちに行こうか、こっちの方が便利だよ、などと言いながら皆でスイスイ進みます。
3人がパリ市内で働いていて、その中の2人は郊外からパリ市内に電車で来て、
市内でヴェリブ(パリの貸し自転車)に乗りかえて職場に通っているいうことで、
パリの道を自転車で走るのは慣れたもの。
FotoJet (226)
ここはちょうどシャンゼリゼ大通りに入るあたり。
向こうの方に見えているのは凱旋門です。
で、この時くらいにはもうわかってきたのですが、
今回の目的は、ただほんっとに自転車でパリを走るだけ。ほんとそんだけ。
真の自転車同好会だったのです~。密かにウケたわ~。
FotoJet (227)
で、エッフェル塔で。
FotoJet (228)
ナポレオンが眠るアンヴァリッドで。
FotoJet (229)
映画「ポンヌフの恋人」のポンヌフ橋で。
(でも映画ではセットが使われたそうな)
FotoJet (230)
そして1225年に出来たシテ島のかの有名なノートルダム大聖堂で。
ここでいったん一休みしてからまた走る走る~。
FotoJet (231)
走りながらもみなさんの職場カルティエも通ってお気に入りビストロ教えてもらって、
それをチェックしたいしフォトもしたいあたしがしょっちゅう止まるもんだから、
そのたびに皆さん、待ってくれて。
FotoJet (198)
結局4時間近くのプチパリ自転車ツアー。
最後に皆でスムージー店入ってやっとこさ座って各人ビタミン補給。
そして会話はほとんど古い自転車関係中心。
(moiちゃんぜんぜん興味なし)
で、また次回ね♡な~んて話して解散したのでありました~。
めっちゃ可笑しなおとぼけ健全ツアーだったです~。

                  おわり

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (203)
10月1日にパリ市内全域で実施された11時から18時までの
「Journée suns ma voiture」、パリ市内車抜き日は、
パリ郊外住まいのわたくしたちはまずヴァンセンヌまで車でGO!
でも途中、すでに小雨が…ウララ…
FotoJet (204)
が、とにかくヴァンセンヌの森で駐車して、
旦那が意気揚々と?自転車をセット~。この時の嬉しそうな顔を言ったら…
ということで出発です~
FotoJet (205)
少し走れば道路を挟んでそこはパリ郊外ヴァンセンヌとパリ市内の境目。
FotoJet (207)
右がヴァンセンヌの街で車が走行中。
FotoJet (206)
そして左はパリ市内となってポリスが
「Journée suns ma voiture」のための通行チェック中。
タクシー、公共交通機関の車両など、それから自転車も通れますが、
一般車両はパリ市内は走行禁止。ですが、何台もの一般車両が、
なんなの今日は?なんで通れないの?とか言ってて引き返していてびっくり!
数日前からTVやラジオのニュースでこの
「Journée suns ma voiture」のことはさんざん話題になっていたのですが、
こんなに知らない人がいるとは…さすがざっぱなフランス人…
FotoJet (208)
で、わたしたちは自転車なので問題なく簡単にパリ市内へ。
すると、いつもなら車の往来が多いところも、あんらスッキリ!
FotoJet (194)
フランスは大きめの街だと基本こんな自転車専用通路がだいたいあるので、
そこを私たちも走ります。
でもパリ市内は交通渋滞が多いので結構自転車も大変。
でもこの日はそれがなくてほんとスイスイ。
で、意外に小さい街パリをどんどこ進み(め)ます~。


FotoJet (209)
まずはパリの端っこ11区と12区にまたがる「ナシオン」に到着~。
高級住宅街と言われるヴァンセンヌのお隣りですが、こちらは超庶民的地区。
メトロのホームでは顔面一発ぶん殴り強盗も発生する地区でもあります。
でも私もよく通るカルティエですが、
ふつ~に歩いてるぶんには基本それほど危険なわけでもありません。
でも夜とかはかなり注意が必要ですかねぇ。
FotoJet (210)
お次に12~3分くらいで到着は4区、11区、12区にまたがるバスティーユで、
左奥に見えているのが目印の7月革命の記念の柱。
活気のあるかなりわさわさした繁華街で、日本で言うところの、
ちょっと新宿アルタ伊勢丹周辺あたりな感じでしょうか。
で、このバスティーユのわさわさを通り抜け、5、6分自転車を走らせると、
FotoJet (211)
私もしょっちゅう来る場所でパリで最も古い広場の1つに到着。
この方の家もある→ヴィクトル・ユゴーの家にて
FotoJet (195)
秋色にほんのり染まったマレ地区のヴォージュ広場です。
パリのちびっ子たちもよく遊んでいて、ほんまのパリジャン、パリジェンヌたちですね。
で、この時ちょうど12時過ぎでお腹ペコペコ~。
そろそろごはん食べておかなくちゃね~、と話して、
賑わいのカルティエ、マレの裏通りを自転車で走っていると。
FotoJet (213)
目に入ったこの赤い外観、パリの人気ビストロ「カフェ・デ・ミュゼ」です。
日本の雑誌やガイドブック等でもよく紹介されているお店で、シェフは日本人さん。
でも私は入ったことがなくて、ちょうどテラス席のそばに自転車も停められそう。
FotoJet (212)
ということでここでランチに決定です。
FotoJet (216)
店内にはフランス人はもちろんですが、日本人のお客さまもチラホラ。
さてさてお味はどうでしょうか。
FotoJet (215)
私が前菜に頼んだのは魚のスープ。
少~しだけ生臭さがあったけど、気にならない程度で、
バゲッドも浸して最後まで美味しくいただきました。
FotoJet (214)
旦那はテリーヌのパテ・ド・カンパーニュをチョイス。
まずすごいボリュームです!
で、お味は手作り感いっぱいで超肉々しく、肉食星人には大満足な1品。
添えられた玉ねぎのコンフィチュールが私は特に気に入りました。
前菜どちらも7ユーロ50サンチームくらいだったでしょうか。
FotoJet (234)
いただきながら見ているとマレは通り過ぎる人たちもまた特に様々。
仏&アジアのおしゃれ男性カップルが超かわいいチワワを連れて
仲良くお散歩していたりも微笑ましかったり。おしゃれな人、やはり多めです。
そんな中であのピンクのブーツの女性のコーディネートが気に入りました。
ブーツ以外はダーク系でさりげなくまとめていて、髪も無造作にきゅっとまとめていて。
ピンクのブーツなんて考えたこともなかったけど、こんな風に着るといいんだ、と。
ちょっと欲しくなったのですが、でも汚れ目立つかな…
FotoJet (196)
そしてメインは豚のすね肉「Jarret」のココット煮込み(19ユーロ)で、
小雨が降ったり止んだりで肌寒かったのでちょうどぴったり。
さてさてお味は?
これが一番美味しかった~。
お肉は焼いてちょっとお砂糖でキャラメリゼしているのかな。
ほんのり甘みのあるスープに八角などのスパイスがほんのりきいて、
また塩分少なめがお味を引き立てております~。
19ユーロはちょっと高いなぁ、と思ったのは正直否めないけど、
このお店はココットがスペシャリテということで納得です。
でも自分でも近い味が作れそうな気がするのでいつか挑戦してみたいとも思いました。
FotoJet (217)
お店の方もみなさん、とても感じがよくて人気店なのうんうんわかります。
私たちがメインを食べてる頃はお店の外に行列も出来ていましたよ。
日曜日は閉まっているお店も多い中、
こうして日曜に開いているのも嬉しいし平日はお手頃なランチセットもあるよう。
なかなかよいなと思いました。
住所…49 rue de Turenne 3区
TEL…01 42 72 96 17
HP…「Café des Musées

FotoJet (218)
ということで、お腹が満足した後は、
旦那の自転車愛好会?仲間との待ち合わせ場所へとスイスイ向かいました~。

            つづく

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ