ガイドブックに載らない片隅パリ

IMG_3140 - コピー
渡仏してきた時、パリのスーパーマーケットやショップは、
日曜日は定休日で、しばらくはそれに慣れずに、
うっかり土曜日に買い物をし忘れ、
食べ物が足らない日曜日を過ごしたことが何度もありました。
日曜日にオープンしていない理由は、カトリック色の強いフランスでは、
日曜は働くことをよしとしていないから。あれから11年。
パリ市内のデパートはギャラリーラファイエットもボンマルシェもプランタンも、
規制緩和があってここ数年で日曜日もオープンするようになり、
スーパーマーケットも日曜の午前中はオープンのところが、
とても多くなりました。
クリスマスもなのですがこれだけ多民族多宗教無宗教の人が増えると、
そんな人たちにはカトリック関係ないし、国としては収益のためにも、
規制緩和はプラスになるのでしょう。
2018年にはパリ1区と16区にスーパー「フランプリ(franprix)」の
24時間オープンのコンビニが誕生しております。
franprix
ということもあって、フランスでも時代の流れを感じております。
そして。パリ郊外我が街にもとうとうコンビニがオープンしました!
と言っても朝7時30分から夜の10時までですが、
休みなしの毎日オープン。
カトリック関係ないアラブ系食品屋さんは
日曜や深夜も開いてるお店がありますが、
そこはイメージするコンビニとはぜんぜん違うもので、
ここなら開いてる、ここしか開いていない的な時に利用するお店。
そういったお店ではなく、毎日営業で、
朝早くから夜遅くまでオープンというのは、
たとえパリに24時間コンビニオープンでも、
パリ郊外じゃまだまだ考えられなかったことなのです。
私はフランスにまだそう長い期間住んでいないですが、
このパリ郊外の日曜のお店の開いてる開いてないは、
かなり大きな変化を感じます。
昔旅でヨーロッパに来ていた頃は、
どこも日曜は買い物もお土産探しも不可能!
というのが恐いくらいにず~っとあって、
それが旅の間、ずっと頭のすみから離れなかったのですが、
(日本はたとえバラマキでもお土産大事大国ですから)
日本のセブンイレブンが1974年に江東区の豊洲に出来ていますが、
それから46年、とうとうこのパリ郊外我が街にも、
セブン・サーティー・テンがオープンした的な感じな感じ。
日本からしたら驚かないことかもだけど、
ここフランスではかなりの変化を感じます。
ただドイツ在住の方が、
ドイツは今だに日曜はほとんどのお店が休みと言っていたので、
ヨーロッパでも国によってかなり違いがありそうです。
ということで。便利になるのはやはりとても嬉しいです。が、その反面、
あの便利じゃなかったフランス時代が懐かしくもあります。
えっ、結局、便利がいいんかい?それともいやなんかい?
と突っ込まれたらアレですが…。
アレです。あまり便利過ぎても、人間には結局よくない気もするな、と。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

※ライブドアブログのトップページの画像表示に不具合があるようです。
復旧作業をしてくださっていると思うので、
しばらく見づらい場合があるかもしれませんが、
更新はいたしますのでのぞいてみてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ちなみに前ページの画像は大丈夫なようです。
IMG_3063 - コピー
25日のクリスマス当日は、マルシェ開催日だったのでマルシェへ。
でもさすがにクリスマスなのでほとんどのお店がお休みでした。
で、街のセントラルに行ってみたけど、
よく行くカフェバーもお休み。
1つだけ開いていたのが、ここもときどき来るバー。
IMG_3064 - コピー
そしたらマルシェバーで会うムッシューたちがたくさんいました。
唯一開いてるこのお店に皆さん来た模様。
IMG_3068 - コピー
この帰り道で気が付いたのですが、
ほとんどお休みの中で開いていたのが
モロッコ料理やレバノン料理などのアラブ系レストラン。
ほとんどの方がイスラム教徒なので
クリスマスは関係ないんですね。
もしクリスマス時期にフランスに来てレストランが見つからなかったら、
ちょっと雰囲気はクリスマスと違うけど、
美味しいクスクスやレバノン料理でもいいですね。
どちらもフレンチに負けない美味しさで私も大好きです。
そしていよいよ年末年始。
これまた開いてるレストランが少なくなるし、
値段設定の高い特別コースのみ、なんてお店もたくさんあります。
困ったらトリップアドバイザー系列のtheforkで探すのもありかな。
クリスマスでも年末年始でも開いてるお店、だいたいのお値段、
場所もわかるのでやっぱり便利。
thefork
フランス全土でメトロや電車を含めストが続行中なので、
まず行ける場所かどうかが大事になってきますね。
今パリに来てる観光の方々は毎日かなりの距離を歩いていて、
昨日は25㎞歩いたけど今日はもっとになると思う、
なんてインタビューで仰ってる方もいらっしゃいました。
25㎞は歩くとだいたい6時間くらいになるようです。
なのでパリ歩きは歩きやすい靴、必須です。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009174 - コピー
ここは知ってる人だけやって来るような、
地味おしゃれ通りヴィレット(Rue de la Villette)。
R0009173 - コピー
19区自体がガイドブックにほとんど載らない地区ですからね。
R0009178 - コピー
以前住んでいた時に、
ここから近いベルヴィルで買い物したり、
やはり近くのメニルモンタンを散歩したりしていたので、
毎日のようにここを通ってアパルトマンに帰っていたのです。
R0009176 - コピー
その頃からすでにおしゃれな雰囲気ではあったので、
あと数年したらもっと賑やかになって、
もっとお店も出来て観光客も増えているかも。
な~んて思っていたのですが、増えていません。
さすが19区。あは。
R0009183 - コピー
残念だったことが1つ。
お気に入りだった洋服と雑貨のセレクトショップが閉店しておりました。
このまま可愛いカフェとかになるといいのだけど。
R0009180 - コピー
こちらはモノプリ、じゃなくて、モモプリ。
小さな食品屋さんです。
私が住んでいた頃はモモプリなんて名前ついていなかったのだけど。
R0009185 - コピー
途中にはゴージャスチックで美しいアパルトマンもあるけれど。
R0009187 - コピー
基本的には超庶民派地区。
でも緑が多くてゆったりとした時間が流れております。
通りから1本入るここも、この先にスーパーがあるので毎日のように歩いたところ。
昔この近辺にはテレビスタジオもあったそうですが、
今はアパルトマンになっております。
R0009189 - コピー
ヴィレット通りをそのまま下れば19区住民の憩いの場、
ビュットショーモン公園に到着。
つい最近担当サイトでもご紹介させていただきました。
夏のパリハネムーンで楽しみたい穴場!
ガイドブックには載らない19区おすすめスポット

ただし。他のパリのカルティエでも言えることですが、
人通りのない夜中に1人で通るのは危険と言われております。
行くなら日中。またはビュットショーモン公園のカフェで夜を楽しみたい場合は、
公園の最寄駅メトロ⑦bisの「ビュットショーモン駅」か
「ボザリ駅」から行ってください。
どちらも公園のすぐ目の前で人通りが多いです!

ヴィレット通り最寄り駅「ジュールダン(Jourdain)」⑪号線、
または「プラス・デ・フェット(Place des fêtes)」⑪号線、⑦bis

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0010421 - コピー
たまたま見つけた超裏通りカフェ。
R0010422 - コピー
通りからじゃ見えないパリらしい中庭も素敵ポイント。
R0010427 - コピー
おしゃれ地区とかじゃなくてもこんなお店にときどき出会うのが、
パリらしい素敵なところ。
R0010426 - コピー
わんこも普通にうろちょろしてます。
で、触って触ってっておちりぷりぷり。
R0010429 - コピー
また1つお気に入りを見つけて嬉し楽しパリ歩き。
カニキュールも去ったことですし、またまたプチ探検しましょう。
(もう40度以上来ないで欲しい…)

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

パリのディズニーランドに行く際に利用する
RER A線についての大事なお知らせです。
すでにご存知の方もいらっしゃると思うのですが、
この夏、7月13日から9月1日までRER A線が工事を行っていて、
オペラの最寄駅「オベール(Auber)」から「ヴァンセンヌ(Vincennes)」間が、
時間帯、または日によって運休となっております。具体的には、

・7月16日から8月2日までの平日の夜22時から終電までが運休
・8月5日から8月30日までの平日の夜21時から終電までが運休
・週末土日は9月1日まで終日運休
・8月10日から18日までが終日運休
サイトで確認→RATP

オベールとヴァンセンヌの間のA線の駅は、
「シャトレー・レ・アール駅(Châtelet-les Halles)」
「リヨン駅(Gare de Lyon)」
そして「ナシオン駅(Nation)」
ですのでオベールとヴァンセンヌを含めた5つの駅が、
上記の期間と時間は利用できません。


5つともメトロが通っていてそちらは利用出来ます。
この期間の運休時にパリ市内からディズニーランドに行かれる場合、
またはディズニーランドからパリ市内へ戻る場合は、
ヴァンセンヌで乗り換えになるかと思います。
また、A線はそのヴァンセンヌで
分岐A2の「ボワシー=サン=レジェ(Boissy-Saint-Léger)」と
A4の「マルヌ・ラ・ヴァレ・シェシ-(Marne La Vallée Chessy)」に分かれますが、
ディズニーランドはA4の「マルヌ・ラ・ヴァレ・シェシ-」行きになります。
「マルヌ・ラ・ヴァレ・シェシ-」がディズニーランドの駅となっております。
ただし途中までしか行かないA4もあるので
ホームの電子表示板で行先を確認してくださいね。
ディズニーランドに行く方法は他にも
パリ市内からのシャトルバスもありますので、
どの方法にするか十分ご検討ください。

R0011471 - コピー
ということでここはそんなヴァンセンヌ駅のRER A線ホーム。
RER線はどの駅もだいたいこのような電車の電子表示板があります。
ちょうど表示でA4の「マルヌ・ラ・ヴァレ・シェシ-」
(ミッキーのマークが目印)
A2の「ボワシー=サン=レジェ」が順に並んで表示されていますね。
横の「à l’approche」は電車が近づいています、ということ。
数字はあと何分で来ます、ということ。
R0011479 - コピー
そしてホームにあるもう1つの電子表示板には、
近づいてる電車の停車する駅にこうしてランプが点きます。
この写真ではA2の「ボワシー=サン=レジェ」行きが近づいていて、
全部のA2駅にランプが点いております。
もしランプが点いていない駅があれば、そこは停車しないということ。
RER線を利用する際は、とにかくこの電子表示板を見てください。
R0011475 - コピー
ところでヴァンセンヌのRER A線のホームは只今大工事中。
なのでちょっと暗くて雰囲気がよくないように感じるのですが、
ヴァンセンヌは高級住宅街で治安がかなりいい街。
危険もスリも少ない方だと思います。
R0011474 - コピー
ヴァンセンヌの街もパリ市内とかなり雰囲気が違っていて、
ゆったりとしております。
お城もありますし、下車してちょっと散歩も楽しいです。
ま、お時間がありましたら~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ