ガイドブックに載らない片隅パリ


旦那「今日ピクニック行くか?」
moi「OK!じゃ急いでちょっと何か軽く作るね」
そうしてなんやかんやお昼前になって。



(今回の曲は少し迷ったのだがコレ。)

はい、しゅっぱ~つ。


2594047[1]

moi「あ~お腹減った~」
旦那「ちょっと待ってよ。まだ乗ったばかりでしょ」
moi「うんうん、わかってるわかってる」

2594042[1]

moi「あ~喉乾いた~」
旦那「だからちょっと待ってって。場所探すから」
moi「うんうん、わかってるわかってる」

2594044[1]

moi「あ、今朝お薬飲んだ?」
旦那「うん、飲んだよ」
moi「その前に何かちゃんと食べた?」
旦那「パン食べた」
moi「うんうん」

2594049[1]

moiの心の呟き「あたしももう結構慣れてきたかなぁ。よし。」

2594116[1]

moi「私も漕ぐのやってみる!えっと…」
旦那「すぐ後ろにあるやつ。小さいの」
moi「コレ?」
旦那「ソレ」

2594056[1]

車の運転のように難しいものと想像していたが案外漕ぐのは簡単で拍子抜けするのであった。
moi「な~んだ。簡単だね~」
旦那「うまいよ。進んでるよ。ほらオレ今漕いでないよ」
moi「えっ、ほんと?(と振り返る)」
moi「ほんとだ!」
うひゃうひゃうひゃうひゃ笑う旦那。

2594052[2]

旦那&moi「ボンジュール!」
皆さん「ボンジュール!」

2594244[1]

旦那「あそこでいっか」
moi「うんうん」

2594077[1]

moi「お待ちかねランチタイムで~す♪」と(自分に)言う妻。
moi「チョリソーといつものと、この巻き巻きのは
Cpicon蜜レモンdeプルーンの生ハム巻き** by megmicky 
だよ。どおどお?」
旦那「美味しい~」
moi「ほんと?どれどれ…うわっ、美味しい!ビックリ!」
何人かの人が後ろを通り過ぎ、その際、
皆さん「ボナペティ!」
旦那&moi「メルシー!」

2594082[1]

moi「それからコロッケと
Cpicon ポテトサラダ。 by RINAmatin
だよ。どれどれ…美味しい~さっぱり~♪」
moi「サンドイッチはステーキサンドとオムレツサンドだよ。どっち先食べる?」
旦那「歯がちょっと痛いからオムレツにする」
moi「あ~そうだったそうだった。あたしは今ここが痛いのよ」と自分の鼻の真ん中を指さす妻。
moi「小さいおできが出来てるみたい」
旦那「出来てないよ」
moi「見た感じじゃわからないんだけど、でも痛いのよ。頭もちょっと痛いんだよね」
旦那「ふ~ん」
moi「ねぇねぇ、顔の真ん中にできるのって痛くな~い?」
旦那「うん、痛いね」
moi「あ、やっぱり~♪」
と、うひゃうひゃ笑いながらやっぱりフランス人も顔の真ん中にできると痛いのか、と思ったのであった。

※その後2、3日でおできの痛みはすっかりなくなりました。

2594065[1]

そして再びしゅっぱ~つ。
すると、前方から何やらバシャバシャが近づいて来るのであった。
moi「ええっ?!もしかして…」

2594089[1]

moi「ひ、ひ、ひと(男性っぽい)?」
旦那「だねぇ」
moi「ええっ?!…(唖然)」

2594093[1]

moiの心の呟き「しかもめっちゃ本気で泳いどるし…」

2594094[1]

moiの心の呟き「何が彼を駆り立てるのだろうか…すごいわぁ…」

2594097[1]

さて、カヌーを続けよう。
前に散歩した時見つけた小さくて素敵なアールヌーヴォーのメゾン発見。
moi「ほらほらあの家!やっぱり素敵だねぇ♡」
旦那「うんうん」
moi「ねぇねぇ買って♡」
旦那「…はい?」

2594102[1]

川べりティーンエイジャー娘たち「ボンジュ~ル!」
旦那&moi「ボンジュ~ル!」
moiの心の呟き「向うから元気に言ってくれてかわいいなぁいいなぁ」

2594107[1]

moiの心の呟き「はぁ~気持ちいいなぁ。自分のカヌーちょっと欲しくなってきたなぁ。でもやっぱりいらない。チャリンコみたいにど~せ旦那自分のペースでどんどん先行っちゃって絶対私置いてけぼりだもん。やっぱいらない。何も言わないでおこう」

2594112[1]

moi「ここ最初通ったとこだね」
旦那「どうする?向うの小川行ってみる?」

2594115[1]

moi「ううん、いい。もうそろそろ帰らないとべべたちお腹減らして待ってるし、あたしもそろそろピピ行きたくなってきたし」
旦那「OK~」

2594119[1]

旦那「じゃ岸辺につけるから動かないでね」
moi「うん、大丈夫~」


ご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加中です。応援していただけるととても嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ありがとうございます





旦那プチヴァカンスの今週は、

川へせっせこ通ってカヌーでゆらゆらする毎日なのであった。





2590900[1]

moi「ねぇねぇ私も漕ごうか?」
旦那「いいよ大丈夫。ここは流れがゆっくりだから」
moi「そう?じゃ流れがすごいとこは私も手伝ってみるからね」
旦那「うん、そうね」

2590901[1]

moi「それにしてもゆったりで気持ちいいねぇ…」
するとここで名曲「川の流れのように」が自然と頭の中に流れ出し、心の中で口ずさんだのだが。
どうしても、ど~しても途中からなぜかやはり名曲の「時の流れに身をまかせ」になってしまうのであった。
これは失礼だ、と、何度も何度も思い出そうとするのだが。

2590908[1]

旦那「あ、ほら魚が跳ねた!」
旦那「あ、また白鳥だよ」
旦那「あ、上の葉っぱ気をつけてね~」
旦那「あ、葡萄がなってるよ。食べてみる?」
とかいろいろ言うので、
とにかく、帰ったらちゃんとそれぞれの歌の確認をしよう、と、思うのであった。
すると、

2590902[1]

旦那「う~ん、葡萄甘いよ~」
moi「え?食べたの?甘いの?」
旦那「うん。小粒だけど美味しい♪」
moi「ちょっとちょっと私も食べた~い」
そして葡萄の木にカヌーをよせて葡萄をつまんだ。
何房かとって袋にもしまった。

2590906[1]

moi「ええ!ちょっとあの家すごくない?ほぼ自分の小川状態だよ。素敵過ぎだよ~」
旦那「うんうん。家も大きいねぇ」
moi「ねぇねぇいつか住むとしたら、川がすぐそばの家か、海がすぐそばの家か、どっちがいい?」
旦那「川がすぐそばで海からも近いとこ」
moi「そりゃそうがいいに決まってるじゃないの~」

2590907[1]


この日はマルヌではないまた違う静かで美しい川を見つけ、只今ちょいと川にはまっている2人組。
そして家に帰って来て、それぞれの歌確認をし、それからテレサ・テンが1989年からパリに移り住んでいた事を知り、そうなんだ~と、感慨深い気持ちになったのでした。
でも今週末は雨で~す。


ブログランキングに参加中です。
応援していただけるととてもありがたいです!

人気ブログランキングへ

旦那「明日はカヌーね!」
moi「はいはいわかったわかった。じゃあその前に棚の色だけ塗って頂戴宜しく~」
そして翌日再びマルヌへレッツゴー!



RIMG40149 - Copie


moi「いやいや今日はまたいい天気だねぇ」
旦那「来てよかったでしょねぇねぇ」
moi「う、うん、そうだね」

RIMG40112 - Copie

moi「ってか今日はパリのあっち側行く、って言ってなかったっけ?」
旦那「今日はヴァカンス最終日で道が渋滞するかもだからやめた」
moi「渋滞?やだ!やだやだ!ノルマンディーでこりごりよ~ん」
旦那「でしょ~」

RIMG40121 - Copie

moi「ちょ、ちょっとフォトするから、ゆ、揺らさないで」
旦那「大丈夫だよ~」
moi「ジェームズ・アイヴォリーっぽくね。なかったけか、こんなシーン?…」

RIMG40128 - Copie

3人さん「ボンジュール!」
旦那&moi「ボンジュール!」
moi「ええっ?あんな浅いの?」
旦那「へへへそうだよ」
moi「なんだ~。私でも溺れないね」
旦那「でもこっちはもっと深いよ」
moi「げっ!恐い~」

RIMG40130 - Copie

moi「やんわんちゃんかわいい~♡泳ぐの上手い~」
旦那「だからうちの子たちも連れて来ようよ」
moi「それはダメ!あの子たちは慣れてないからパ二くって危ないから!」(鼻ふがる)

RIMG40136 - Copie

mo「きゃっ。ちょっとちょっと、は、葉っぱが痛いわ~」
旦那「(漕ぐのに夢中で無言)」
moi「いつか私も漕げるようにするからね」
旦那「ん?期待しないで待ってるよ」
moi「めっちゃへたっぴだと思うけどさ…」

RIMG40139 - Copie

moi「何々あれ?」
旦那「春夏の時期限定のNavette Fluviales(船のシャトル便)だよ」
moi「へぇ~。そんなのあるんだ。知らなかった~」
旦那「でももう少ししたら今年は終わるはずだよ」

※今年は9月13日日曜日まで。

RIMG40142 - Copie

moi「白鳥さんの親子だ。かわいい~。親子だよね?」
旦那「だろうね」
moi「仲いいのいいねぇ。人間もいつもああなれたらいいのにねぇ…」

RIMG40111 - Copie

旦那「前見て見て!トンボ止まってるよ」
moi「あ、ほんとだ。え?これトンボ?」
旦那「そうだよ」
moi「なんか日本のとちょっと違うなぁ…。ねぇねぇトンボってフランス語でな~に?」
旦那「Libellule」
moi「え?な、なんだって?」
旦那「Libellule」
moi「リベリュル?ふ~ん」

RIMG40151 - Copie

旦那「ボンジュール!」
男の子たち「ボンジュール!」

RIMG40152 - Copie

moi「静かだなぁ…」

RIMG40153 - Copie

moi「あ。この人のはカヤック?」
旦那「うん」

RIMG40154 - Copie

男性「おぅ。ボンジュール!」
旦那&moi「ボンジュール!」
この後すぐこの男性と旦那はまあよくしゃべるのであった。

RIMG40156 - Copie

よく見るとこの方結構イケメンですがほんとよくしゃべる~。

RIMG40176 - Copie

moi「この人たちは船で旅してるの?」
旦那「そうだよ。セーヌからマルヌ、マルヌからまたどこか行くんじゃないかな」

RIMG40165 - Copie

旦那「ヴァカンス最終日でこんな晴天だから人が結構いるねぇ」
moi「今ヴァカンス中の人は明日からだいたい皆お仕事?」
旦那「そうだと思うよ」

RIMG40172 - Copie

旦那&moi「ボンジュール!」
jeune(ジュヌ)たち「ボンジュ~ル!」

RIMG40161 - Copie

moiの呟き「あ。またあのよくしゃべる人だ…あ、こっち見た」

RIMG40163 - Copie

moiの呟き「あの人みんなに超~ラフに話しかけてる。ちょっと変わってるいい人かも。あ、またこっち見た」

RIMG40164 - Copie

moiの呟き「めっちゃマイペース過ぎる。面白い人だ」

RIMG40167 - Copie

moiの呟き「マルヌの自由人やな」

RIMG40180 - Copie

旦那「ちょっと気をつけて。この後揺れるよ」
moi「え?何何~」
すると大きめ船が通ったあと本当に水面がもわんもわん揺れてカヌーも大きくもわんもわんする~!
moi「ひゃ~おお~!こんな揺れるものなのね~」


RIMG40182 - Copie

moi「今日ほんとカヌー来てよかった♪」
旦那「楽しいでしょ~」
moi「めっちゃ楽しい~」
旦那「自分のカヌー欲しい?欲しいなら探すよ」
moi「ううん、それはいい。いりません」

RIMG40188 - Copie

moi「また白鳥さん。綺麗ねぇ」

RIMG40189 - Copie

moiの呟き「白鳥さんもヴァカンス客に慣れっこやな。一体化しとるわ」

RIMG40190 - Copie

moi「ふぅ~気持ちいい~。ねぇねぇ大丈夫?疲れたでしょ?」
旦那「ちょっとね」

RIMG40191 - Copie

moi「私も練習するからね。少しは手伝いできるように」
旦那「うん。上流に行く時だけでも手伝ってもらえるといいかもね」

RIMG40192 - Copie

moi「この船は人が住んでるんだよね」
旦那「そうだよ」
moi「住所はここ?」
旦那「そうだよ」
moi「動いてどこかに移動することもあるの?」
旦那「ほとんどないんじゃない」
moi「どうして船に住んでるの?」
旦那「自由だから、かな」
moi「ふ~ん、自由ねぇ。ってかめっちゃデカくない?」
旦那「そうだよ。中すご~く広いんだよ」
moi「へぇ~。船ホテルみたいねぇ」
旦那「そうだ。今度はピクニックもいいね」
moi「うんうん。私お弁当作るよ。はぁ~、秋の紅葉の時もめっちゃ綺麗だろうなぁ…」

そしてこの船ホテルを通り過ぎると、

RIMG40194 - Copie

私たちのカヌータイムも終了~。
この日最後のカヌーフォトを私がすると、旦那またご機嫌になり、この後よいしょっ!とカヌーを車に乗せて、夕暮れを帰って来たのでした~。

ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととてもありがたいです!

人気ブログランキングへ





おそるおそるそ~っと乗って、さあ、出発で~す!



2575188[1]


旦那「大丈夫だから。動かないで」
moi「は、は、はい~(日本語)」
旦那「曲がるよ~。動かないで」
moi「は、は、はい~(日本語)」

2575190[1]

旦那「ほら、こっち綺麗でしょ」
moi「ほ、ほ、本当だね~ぎゃっ!」
旦那「じっとしてれば大丈夫だから~」

2575191[1]

旦那「ボンジュール!」
彼らたち「ボンジュール!」
moi「ボ、ボんジュール…」←小声で届かない

2575285[1]

moi「あ、カモちゃん。かわいい~」←少し心ほぐれる

2575288[1]

moi「あ、ネコちゃん。クックー♪」←だいぶほぐれる。ま、フォトはしっかりしてるけどね。

2575294[1]

旦那「トンネル抜けるよ~」
moi「ワオ!楽しい~。トンネル好き~♪」

2576869[1]

moi「あ、今度はアヒルちゃんかい?」
旦那「白いカモだよ」
moi「なぬ?白いカモちゃん?ええ?」←後で調べたら白いカモ=アヒルであった。知らなかった…

2575296[1]

moi「イェイ!またトンネル~。好き~♪」

2575300[1]

moi「どんどん開けていくのがたまんない~」

2575302[1]

moi「イェ~イ」

2575308[1]

旦那「赤いカヌーも悪くないね」
moi「うんうん、かわいいねぇ」

2575315[1]

moi「この川岸に住んでる人、素敵だねぇ~」
旦那「うんうん、そうだねぇ」
moi「高いんだろうねぇ~」
旦那「めちゃ高いよ」

2576870[1]

moi「あれ、なんかおしりちょっと濡れてる…だ、だ、大丈夫?」
旦那「漕いでる時の水しぶきが入ってくるんだよ」←旦那が一人で漕いでいる

2576871[1]

旦那「それか少しはどこかから浸水してるのかもね」
moi「げっ!だ、だ、大丈夫?」
旦那「少しくらい大丈夫大丈夫ふっふっふ」
moi「そうなの?…」←と不安が過る

2575327[1]

moi「あ、白鳥。そ~っと通ってね」
旦那「うんうんわかってるわかってる」

2575328[1]

moi「結構デカい、白鳥さんて」

2575340[1]

moi「でも綺麗だねぇ…」
そしてしばし水の漕ぐ音やさわさわ風の音や…
moi「ねぇねぇ、私のおしり本格的に濡れてるんですけど」
旦那「そんなに?」
moi「うん。それにちょっと痛くなってきた」
旦那「じゃ、そろそろ戻る?」
moi「うん、そうして頂戴」
旦那「OK!」


こうして何とか無事初カヌー乗りの小さな旅を終えたのでした。



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ


2576786[1]
車の上にカヌーのっけてやって来ましたマルヌのほとり。
私は恐いので旦那に、最初はあなた1人でお願いします、私はあそこで待機しますね、って。
2576790[1]
で、無事浮かんで無事動き出して、マルヌをゆったり行くコバルトブルーの旦那カヌー。
2576795[1]
大丈夫かいねぇ、と若干やっぱり心配気味の私、しばらく見守る。
2576799[1]
そして橋の下をスイスイくぐり抜け小川の方へ行っちまったので、私はとっととお気に入り店に1人待機隊気分で向かいました。
RIMG39725 - Copie
マルヌ川のほとりJoinville le Pont(ジョワンヴィル・ル・ポン)とChez Gégène(シェ・ジェジェンヌ)

RIMG39724 - Copie
この日も軽く一杯に立ち寄ってる方々がたくさん。
RIMG39723 - Copie
お若い方から年配の方々まで様々です。
RIMG39711 - Copie
そして私も冷たいロゼワインを一人で一杯。味は普通。
RIMG39714 - Copie
しか~し、店内をのぞいてみたら社交ダンスを踊る年配の方々ばかりでスペシャルな雰囲気。とてもとてもいい感じで古臭くて、夏の風が吹き抜ける爽やかテラス席とでは雰囲気がまったく違って超不思議~。
RIMG39715 - Copie
この日は日曜日だったのですが、日曜日の昼間は(と言うか週末?)こういった雰囲気なのか、と。
RIMG39717 - Copie
そんな店内とテラス席の間の舗道はジモティたちが行き交っています。私もときどきチャリで通っていますが。
RIMG39726 - Copie
お店の方々もだいたい同じ方々。あ、でも女の子が少し増えていたかな。
で、自分の席に戻ってみると旦那も来ていて、
バッチリだよ、乗ってみる?って。



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ