ガイドブックに載らない片隅パリ

FotoJet (583)
毎日素晴らしい夏の日が続いている今年の7月パリです。
FotoJet (573)
それにバカンスの今の時期はちょっと特別な雰囲気。
FotoJet (574)
わが街マルシェと一緒で、
観光客の少ないカルティエは少しずつ静かになっていって…。
そんな人の少なめカルティエに眩しく透明感のある夏の光がいっぱい降り注ぎます。
FotoJet (575)
散歩途中通りかかったアパルトマンの静かな一角も、
光と花の何気コラボレーション。
初めてパリを訪れた真冬は、重厚なアパルトマンの街並みが
灰色のパリの冬と何て合っているんだ、としみじみ思ったものですが。
このアパルトマンたち、夏もまた合うんですねぇ。
FotoJet (577)
何気なく建つ古い小さな教会のお庭も光と花とのコラボレーション。
FotoJet (578)
こんな時改めて、ああ、パリは何て美しいんだ、パリが大好きだ、と思うんです。
FotoJet (579)
有名観光地ももちろん楽しいですが、こんな通りやカルティエも、
旅でいらした方々にもたくさん歩いてほしいな、と思います。
FotoJet (580)
ビストロやカフェでごはんを食べたら、ちょっとその裏通りも歩いてみる。
それだけでも思いがけず素敵な場所があったりするんですよね。
私もしょっちゅうそれしておりま~す。
FotoJet (582)
でももう7月も後半。
パリの今の季節が最高に好きだけど、
半分過ぎてしまった感。
なおさら儚くキラキラ眩し過ぎるよ~。
FotoJet (584)
久しぶりに通ったカルティエではいつの間にかマリアージュフレールがオープン。
と思ったのですが、聞いてみたらオープンして3年ですよ、って。
気づかんだった~。いや、あったかも。
最近忘れっぽいから。ぷぷ。
FotoJet (568)
こちらはパリの中心で有名観光地のオペラ地区。
FotoJet (569)
かわいいちびっ子たちが記念写真撮影中。
お洋服もピンクに黄色にペールグリーンに水色に紺に色とりどり。
愛らしい明るい太陽がいっぱい感です。
FotoJet (572)
しか~し、そのすぐそばでは、
観光客に近づき署名ボードにサインをさせ、
金銭を要求するぼったくりロマ系女性グループがお仕事の準備中。
右の白いTシャツの人が持ってる白いのが署名ボード。
英語話せますか?とか何とか言ってきて、
この署名ボードを差し出し、サインさせた途端カンパしろと言ってきます。
署名だなんだと言ってくるだけじゃなく、
立ち止まらせたら、仲間たちで囲んでスリやひったくりもします。
なのでとにかく無視してさっさと通り過ぎるのが一番。
それでもしつこい時は私はにらみをきかして「Non!」と強く言います。
汚い言葉を浴びせてくることもありますが、相手にせずとっとと通り過ぎます。
バッグは必ずチャック付きを前で抱える、も大事です。
こういうやからにうんと気をつけなきゃだけど、パリは今日も美しいです。

……………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (399)
今週は6月のパリらしくキラキラ眩しい毎日が続いております。
冬のモノクロのパリとの落差激し過ぎ!でもこれがパリなんですよねぇ。
FotoJet (411)
梅雨もなく日も一番長いので、日本から旅行で来る時期としても
梅雨からも脱出できるしおすすめです。
ソルド(セール)も6月最終水曜の今日から始まりました。
ギャラリーラファイエットとかプランタンとか
朝から人が並んで開店と当時に皆走っておりました~。
ニュースで見ただけですけど。
FotoJet (401)
バカンス気分ももう始まっておりまして、
一足先にバカンス旅行に出発する方もちらほら。
FotoJet (413)
これからのパリは8月末までジモティが少なくなってツーリストがさらに増えて、
ジモティとツーリストの割合が逆転的な雰囲気に。
なので、カルティエによってさらに賑わったり、
逆に人気が少なくなって寂しくなったり。
でもそんなパリも嫌いじゃなかったりします。
日本でも職場のあったオフィス街が8月に閑散とするの好きでした。
FotoJet (404)
で、爽やか気分でシャンゼリゼを歩いていたら女スリたち発見。
長いスカートをはいた2人で、カモを探してウロウロしておりました。
この服装は典型的なロマ人スタイル。
小銭頂戴とか署名ボードを持って寄ってきたら気をつけなければです。
ちょっとした隙にすられます。
でもこの服装だとわかりやすいからまだいいんです。
私たちと変わらない服装グループもたくさんいるし、フランス人スリだっています。
割合的には圧倒的にロマ系スリが多いですが。
とにかく観光シーズンの今は狙い目なので
メトロも含めパリ中いっぱいなので気をつけなければです。
FotoJet (403)
そして夜10時過ぎからは美しい日暮れショーもここのところ毎日。
週末は何と33度まで上がるとの予報が。
扇風機しかないけど大丈夫かなぁ…。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

xjGGE7QZSfq3PxI1525449250_1525449322[1]
木曜日からパリは春っ晴れが続いております♪
PdEzlp6anBLZOzG1525448652_1525448795[1]
今ご旅行でパリにいらっしゃってる方はほんと恵まれたと思います!
WNGlc5ySkBS9aAw1525469616_1525469735[1]
でも昨日、乗り換えのサンラザール駅のホームのベンチで
不機嫌そうにしてるカップルがおりまして。
その2人のそばにあるメトロマップを見たかったものだから、
そちらへ行ったら、何と日本語が聞こえまして。
女性が、おまえ、その指輪似合ってねぇんだよ!と男性に言うと、
男性は、エルメス買うなよ。ってか買えねぇけどな!
もういいよ。日本に帰ろうぜ、と。
で、あたし、いやいやもったいないから仲直りしてパリ楽しんで、
と心の中で思いながらも言うわけもいかず、
マップ確認してその場を後にしたのですが。
ま、あの後日本に帰ってないとは思いますが。
ItifCYjkXpSarIX1525449097_1525449159[1]
とにかくこんなお天気で青空で清々しいんだもの、
ほんと仲良くしてほすぃ。
でも旅行ってこういうことありますねぇ。
私も昔、トスカーナの美しい田園の中で
一緒に旅してた友達とケンカしたことありますし、
夏のバカンスでブルターニュに滞在した時は、
旦那が自分のしたい釣りばかり優先しようとするものだから
もうブルターニュ来ない!って切れたこともあります。
毎日獲ってきてくれた生牡蠣めちゃくちゃ美味しかったんですけどね。
JXOFhKCCRLVGb8y1525468953_1525469062[1]
でも後で、ブルターニュでは8月は一般の人は
牡蠣獲っちゃいけない時期だと知ってびっくり!
今度行ったらもう買わなくちゃ…。
erP23djseZxH_9L1525469136_1525469247[1]
と、話が生牡蠣にいっちまったけど、
今、新緑のパリがとにかく美しいので住民もたくさん楽しまなきゃです♡
rDgW8ENO0GL8lfs1525469842_1525469951[1]
あ、今回はパリに来る予定のない方も楽しんでいただこうと思って、
ちょびっとフォトを大きめにしてみましたけど、
ど、ど、どうでしょうか。
いつもとそんなに変わらないかなぁ。
もう少し大きくしてもよかったかなぁ。

……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

ZSwHDihl0u99A5v1519726452_1519726524[1]
今回のフォトは2月前半にパリに大雪が降った時のもの。
すっかりご紹介を忘れておりましたがせっかくなのでさっとご紹介コーナーです。
場所はパリの端っこ12区で、パステルのアパルトマンが並ぶ
小さなかわいい通り「リュ・クレミュー」。
我が家からもわりかし近めなのでしょっちゅう立ち寄るところです。
季節ごとの記事も貼り付けさせておいていただきますね。
→「4月のRUE CREMIEUX(リュ・クレミュー) ~パリ12区~
→「12月のRUE CREMIEUX(リュ・クレミュー) ~パリ12区~
r9NsQTd2z_rU7xa1519738606_1519738746[1]
さて、この日は大雪が止んだ翌日で電車もバスも通常通り運行になった青空日。
IFek9F4G081Nmfv1519726139_1519726219[1]
パリ郊外我が家はまだ結構雪が積もっていたのですが、
パリ市内はさすがに溶けてきていて期待した白く眩しい風景にはちょっと遅かった~。
ここの住人さんだったらキャメラ持ってトントントントンと
階段降りればいいだけだからいいですね。
sGDf7MArsgqbU8Y1519737725_1519737913[1]
lC5M16IuexiwHZr1519738059_1519738194[1]
0HJLS5JXVRl651Z1519738343_1519738472[1]
この通りは、フランス人ミュージシャンのヴィデオクリップにもよく出てきて、
やはり撮影で有名な場所の1つにビラケム橋がありますが、
最近はここも負けない頻度なのです。
音楽チャンネルを見ていると、
あ、またリュ・クレミューだ、と気づくこともしばしば。
ちなみにビラケム橋はコチラです→「夕暮れエッフェル塔の花嫁さん
6R_liIkl56x55Bd1519738893_1519739036[1]
かわいい猫ちゃんも窓辺で雪を不思議そうに眺めていて、
お部屋の中のマダムに、寒くないの?って言われておりました。

fRUePfMZcOgpx8h1519737481_1519737583[1]
お気に入りの場所に季節ごとや天候に合せて来てみるのも小さく楽しいこと。
パリはそんな場所があちこちにあるのが素敵なのです。
で、話を今日のことにちょっとさせていただきまして。
c8ozqI9xuPY1WgZ1519891437_1519891514[1]
今朝起きたら雪が積もっておりました~。
寒波到来でここ数日の間、ちらっと雪が降ったりしていて、
昨日の天気予報でも、夜中から雪マークだったのですが予報当たりました。
今日リュ・クレミューに行ったら綺麗かもです~。
で、でも、さ、寒いな…。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

少し前の週末、
マルヌ川へカヌーツアーに行ってまいりました~。
ここ数日でぐぐんと寒くなったパリなので、
おそらくこの時が今年最後のカヌーだったかな、思ってるのですが、
でも一方で、いやわかんないぞ。もう1回くらい無理すれば行けるかもよ。
とも思っておるんです。


それではニューヨーク出身のモロッコ系アメリカン、
フレンチ・モンタナの心地よい曲に合わせてお付き合いください♪

FotoJet (360)
この日は半袖でもいいくらいのぽかぽか陽気。
力持ちの旦那がせっせこカヌーをマルヌ川に運んでいる間に、
妻は得意の写真小僧!
そしたら呼ばれたので出発で~す。
FotoJet (361)
すっかり枯葉の絨毯になった岸辺をゆっくり進みます。
秋の光がいっぱいの風景もなかなか素敵。
照りつけない柔らかな光です。
FotoJet (362)
釣りキチ三平なムッシューたちもいらっしゃいますよ。
あ、でもどちらかと言うとハマちゃんとスーさんって感じですかねぇ。
「釣りバカ日誌」大好きなんですよね。
あのフランス版DVDあるのかなぁ。旦那に見せたいなぁ…
FotoJet (363)
こっちでも釣りバカ日誌なムッシュー軍団が。
野郎どもばかりでそれも楽しそうです♪
FotoJet (364)
日本ほど鮮やかな紅葉とはいかないけれど、これがフランス的な秋色。
FotoJet (367)
岸辺沿いの邸宅にお住まいのお嬢ちゃま方はお気軽に自家用ボートでお遊び中。
私がこのお嬢ちゃまたちくらいの時は、
厳しい母のもと、姉のお古ばかり着せられ、おまけに姉にしょっちゅう使いっぱにされ、
スーパーにグリコや北日本食品のお菓子を買いに行かされておりました~。
ま、仲は結構よかったんですけどね。
FotoJet (368)
お気に入りの小川に入りま~す。
FotoJet (369)
色とりどりの秋の葉を撮ってみたけど、
水辺に映る木々に焦点合わさっちゃいました~。
そんな時でも旦那はせっせこ漕いでおります~。
あたしも漕ぐ?って一応(形だけでも)いつも聞くのだけど、
大丈夫だよ、って言うんですぅ。
FotoJet (370)
この大きな橋の下はいつも少しにおうところ。
FotoJet (374)
乗ってるだけの妻は鼻と口を手で抑えて息もなるべく吸わないようにして通り過ぎます。
でも通り抜けちゃえば、
FotoJet (375)
もう臭くない♡
で、旦那の前で大袈裟に空気を大きく吸ってみたりして、
いかに臭かったか、そして耐えたか、を表現します、それも毎回。
フランス人向けのお笑いです~。
え?旦那ですか?一応ちょっと笑ってくれますよ。
FotoJet (376)
でもあの橋以外は全部素敵で気持ちがいいんです!
スイ~スイ~ときどきポチョンタプンみたいな感じな感じ。
FotoJet (377)
白鳥さんのカップルもスイ~スイ~っとスイスイ中~。
こちらはお邪魔させていただいてる側なので、そ~っとそ~っと通ります。
旦那にも、「Doucement!Doucement!(ドゥースモン!ドゥースモン!)」
「そっとね!そっとね!」と小声でいつも言うのですが、すると旦那も
「Je sais! Je sais!(ジュ・セ!ジュ・セ!)」
「わかってるよ!わかってるよ!」って小声でいつも言うんです~。
FotoJet (378)
と言うことで今年のカヌーツアーはこれにて終了です!
でも出来ればあともう1回くらい乗れたら素敵なのだけど…

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ