ガイドブックに載らない片隅パリ


RIMG5114 - Copie
マイナーなメトロ7bisに乗って以前住んでいたパリ19区の「ボザリス」駅にやって来ました。
RIMG5109 - Copie
パリ20区の中で19区は財政的に一番厳しい区と言われておりますが、
ここは超庶民的で、観光客はほとんどいなくて、実は住むにはかなり味ないいやつカルティエ、
と暮らしてみて私は感じております。
RIMG5111 - Copie
ここは以前アパルトマン。
デジコード(ドアの暗証番号)を押さないと入れないので今は外から見だけですが。
RIMG5113 - Copie
上から二番目の階の真ん中の窓が私の部屋でした。
→「2010年3月の終わり、19区のアパートにて
今も素敵な日々ばかりが思い出されます。
窓がたくさんで日当たりのいい小さな部屋やキッチン、
隣りのもう一部屋に住むのは、とてもいい子でいつも程よい距離を保っていてくれた
大好きなシェアパートナーのAちゃん(今もパリ在住で数少ない信頼できるお友達)、
まだ6歳だったチワワっ子坊やと私とそしてAちゃんとの穏やかな暮らしでした。
毎朝5時に家を出てベビーシッターのバイトに行って、決していい人とは言えなかった日本人ママさんのお宅で働いていて、それだけはちょっと残念思い出だけど、それ以外は楽しいことばかり。
RIMG5107 - Copie
その頃とほとんど変わらないでいてくれるのも嬉しいのです。
RIMG5108
ここはあと数年してもあまり変わらないかなぁ、なんて思っております、願っております。
RIMG5130 - Copie
そして坊やと毎日お散歩したビュット・ショーモン公園も夏と違って今は人も少なくてひっそりめ。
この公園があるからこのカルティエがまたいいところとも言えるのです。


                       つづく

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG4010 - Copie
アリーグルのマルシェと「ル・バロン・ルージュ」に行った時は
すぐ近くのここも通り抜けておきます
「RUE CREMIEUX(リュ・クレミュー)」。
今年の夏編→「夏のRUE CREMIEUX
RIMG3987 - Copie
冬のパリは長く寒く暗めだけど、
ここに来るといつもパステルなので気持ちに彩りがさします。
RIMG3991 - Copie
でも、営業してるのかしてないのか外から見たらあやふやだった小さなホテルは、
とうとう本格的に閉鎖の準備がはじまっておりました。
少しの変化ですがなんだか寂すぃ。
RIMG3994 - Copie
RIMG4013 - Copie
話は少し変わるのですが今朝旦那が、
ピエール・バルーが亡くなったよ、と教えてくれました。
映画「男と女」でアヌーク・エメの夫役を演じ、実際にアヌーク・エメと結婚し、
そしてあの有名な、ダバダ、ダバダバダダバダバダ…
の詩を書いて歌も歌ったというピエール・バルーさん。
アヌークさんと離婚後に日本人女性と結婚して
長年パリと東京に半分ずつくらいで住んでいたのだそう。
この12月はなんだかあちこちでこんなニュースが多くて残念ですが、
人生は長く短く儚いことをしみじみ感じつつ、
今生きてることを感謝して元気にまいりたいと思います!
RIMG3995 - Copie
さてさて「RUE CREMIEUX」
RIMG3998 - Copie
真冬も少しシック入ってまたよいものです。
RIMG4016 - Copie
RIMG4018 - Copie
RIMG4008 - Copie
あ、でもそう言えばいつも猫ちゃんがいるのですが、
この日は見かけませんでしたねぇ。
RIMG4011 - Copie
やっぱり寒いから暖かいお部屋でゆっくりしたいのかな。
RIMG4004 - Copie
でもお散歩のこのわんこちゃんは元気でしたよ~。
通りの端に流れる水が気になって気になって…
RIMG4007 - Copie
気になって気になって、しかたないみたいでした。
可笑し可愛かったなぁ。
ピエール・バルーさんのことで映画「男と女」のこともちょこっと書いたので、
「男と女」の舞台になった以前のドーヴィルの記事もご紹介させておいていただきますね。
→「ドーヴィル・男と女とアヌークエメ
→「ドーヴィル・男と女とアヌーク・エメ2
→「ドーヴィル・男と女とアヌーク・エメ3
ではではまた明日。

………………………………………………………………………


師走のお忙しい中、読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG4047
パリ散歩の途中でちょっと寄って来ました、
アリーグルのマルシェにあるお気に入りバーの「ル・バロン・ルージュ」
→「一杯ひっかけるのがいいのよLe Baron Rouge ~パリのビストロ 12区~
RIMG4050 - Copie
ここでは私はいつもミュスカデ一杯2ユーロ50サンチーム。
このお値段ですからこのお値段なりのお味ですが、ここで高級なお味は必要ありません。
まったく気取らない下町の雰囲気も一緒に楽しむバーなのです。
RIMG4052 - Copie
近所の方々は並んだ樽ワインの中からお好みのものを買って空き瓶に詰めてもらって持ち帰っています。
前に隣り合わせになったほろ酔い気味のおっちゃんが、〇〇も近所に住んでてよく買いに来るよ、
って教えてくれましたっけ。でも誰だかわからなかった~。どうやら有名人のようでしたが。
RIMG4055 - Copie
赤のグラスワインは一杯1ユーロ50サンチームから。白は一杯2ユーロからあります。
RIMG4053
そりゃおしゃれなカフェも美味な1皿を出すレストランも素敵ですが、こんな味味店もいいものです。
日本で好きだった昭和なにおいの今はなきお茶の水のバー「まいまいつぶろ」や今も大盛況らしい門前仲町(通称もんなか)の魚三酒場ともどこか通じるものがあると私は感じています。
魚三の、安い熱燗、好きでしたねぇ。魚三でのわたくしのおすすめは、ブリカマ、中とろ刺、うに、かき揚げ、焼きハマ、白子豆腐などでしょうか。くさやもあるけどあれはすごいにおいで今だに未経験。
でも食べてみると意外に味はそれほど強くなく美味しいよ、って言いますね。
RIMG4054 - Copie
平日の昼間から真冬の立ち飲みテラスカウンター?で生牡蠣と白ワインの渋めムッシューがたもおられます。あ、でも生牡蠣は何度もブログで書いておりますがおすすめできません。
RIMG4046 - Copie
シャンゼリゼやエッフェル塔も素敵ですが、パリの下町でジモティにまぎれての一杯も楽しいものです。
カードを使いまくってしまった方も、ここなら小銭で安心して飲めますよ~。

店名・・・「Le Baron Rouge」
住所・・・1、rue Theophile Roussel 75012 Paris
Tel・・・01 43 43 14 32  
営業時間・・・火~金曜日(10時~15時、17時~22時)
土曜日(10時~22時)
日曜日(10時~16時)
月曜日は定休  

                じゃ、つづく

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG4129
さて「Jaurès」駅のマクドナルド前の大通りを少し行くと右にヴィレット貯水池が見えてくるのですが、その反対側の左はと言うと、
RIMG4130
こちらもまたわたしのお気に入り店がございまして。
緩やかな坂を下って川べりに降りますと、
RIMG4131
アーティステックな雰囲気のカフェ&バー&イベント会場でもある
「POINT EPHEMERE」が右手にあるのです。ちなみに以前記事はコチラ。
冬編記事→「POINT EPHEMERE
夏編記事→「POINT EPHEMERE
ちなみに数分かかるかかからないくらいの距離ですが、
こっち側は10区、そしてヴィレット貯水池の方は19区となっております。
RIMG4132
この日は奥では写真展が開かれていましたが、展示もその時々でいろいろ。
RIMG4133
ブランドショップはもちろん大型店やスーパーマーケットでもそうですが、テロ事件が発生して以来ここでも警備の方がいつも入口にいるようになりました。
RIMG4134
ここは春夏の川べりで風に吹かれながら一杯飲むのが楽しいのですが、
趣向を凝らしたイベントもHPをのぞくとなかなか面白そうなのです。
HP→「POINT EPHEMERE
入っていただいて左の「AGENDA」をクリックするとイベントのスケジュールのページで、
右の「BILLETERIE」をクリックするとイベント料金とチケット予約のページになります。
で、毎年年末のカウントダウンパーティーも行われているのですが、
今年は「Kiblind Magazine」というアーティスト達のチームによる「Soirée(ソワレ)」=パーティーが一晩中開かれるようで、DJも何人かいらっしゃるので音楽を聴きながら飲みながら大いに盛り上がるのかなぁ?な~んて想像しております。踊るのが好きな方とかみんなで盛り上がりたい方にはいいかもかも。
ま、自分も音楽聴きながら料理しながら1人で変な踊り踊るのは好きですけどねぇ。ぷぷ。
RIMG4136


                  じゃ、 別の場所編につづく

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG4075
「Jaurès」駅構内から右手にマクドナルドが見える通りの出口を出て、
その通りをそのまま少し先に行くと、
RIMG4086
以前19区に住んでいたときから好きな場所「ヴィレット貯水池」に到着です。
RIMG4095
夏は毎年パリ・プラージュも開かれて、セーヌ川沿いのパリ・プラージュより、
広々として、地元の人で賑わって、子供の遊び場もとても多くて家族で楽しめて、
セーヌのプラージュよりずっとおすすめと何度もお伝えしているのですが、
今は真冬。人気は少なくとても静かです。
RIMG4097
でもこんな夏と冬の対比も心地よい。
たくさんの人たちといるのも楽しい。でも1人も楽しい。
たくさんの人たちといても寂しい。でも1人も寂しい。
それと似た感じ対比。いや、ちょっとちゃうか。
RIMG4098
池の左奥にはフランスのフュミレス的な魚介のチェーンレストランの「La criée」もあります。
私も以前一度行ったことがありますが、それほど悪くないです。天然の鯛のグリルなんか結構美味しかったです。ただし、前菜のまぐろのたたきはたった3切れでした~。
RIMG4099
そしてやって来たのは私のお気に入りで、今年の5月にご紹介させていただいているこのカフェ。
→「エマウスのブロカント雑貨や家具がいっぱいのカフェ「PAVILLON DES CANAUX(パヴィヨン・デ・カノー)」~パリ 19区~
RIMG4101
さすがに真冬で川沿いなのでテラス席には人がいません。
RIMG4105
店内も春や夏よりず~っと静か。
RIMG4123
RIMG4104
ここは以前記事のタイトル通り、エマウスで調達したというブロカントの家具や雑貨でいっぱいで、
古い一軒家全部をそのまま生かしたカフェとなっています。
RIMG4121
この階段の色とりどりがとても可愛くて、旦那に、うちのこれ出来ない?
って聞いてみたら、うちのは素材的に無理だよ、って言われてしまいました。
いつか田舎に引っ越した時のために、参考にしたいと思っております。
RIMG4115
バスルームもそのまま残しながらテーブル席もちゃんとあるんです。
RIMG4114
大人も子供もワクワクしちゃうカフェ、というこのお店記事を見たことがありますが、
この日は時間的なこともあるかもですが子供っちはいなくてパリジェンヌやパリジャンばかり。
RIMG4116
ネットももちろん出来ますし、学生さんらしき人もたくさんで、
そんな方々はまるで図書館にいるように勉強に集中していらっしゃいます。
RIMG4117
パリの冬のひととき、雑誌に出てくるようなフランスのおうち雰囲気で、
少し時間を忘れてゆっくりするのにとてもおすすめです。
RIMG4108
お店ではイベント的なものも行っていて、お子さんのためのものもあるようです。
HPはコチラ→「PAVILLON DES CANAUX
RIMG4124
さてカフェを後にして、また別のところに寄ってみましょう。
RIMG4128
するとこの夏に遭遇した事件の現場の前を通りかかりました。
→「夕暮れパリ・プラージュ、そしてひったくり事件に遭遇
この時から4か月。
スペインに帰ったマダムの、この事件の恐怖が少しでも薄れていたらいいなと思います。
RIMG4129

                      つづく

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


↑このページのトップヘ