ガイドブックに載らない片隅パリ

RIMG6702 - Copie
バスティーユのあたりにあるパッサージュをいくつか歩いて来ました。
パッサージュとは18世紀末から作られたガラス屋根のついたアーケード街で、
人気パッサージュと言えば2区の「ギャラリー・ヴィヴィエンヌ」や
「パッサージュ・デュ・グランセール」9区「パッサージュ・ジョフロワ」などですが、
ここバスティーユにも派手ではないけど小さなパッサージュがいくつもあるのです。
ということでここは「パッサージュ・デュ・シャンティエ」。
RIMG6704 - Copie
作業場の抜け道、通り道、という意味で、家具職人街。
RIMG6705 - Copie
味わいのある石畳の路地に年季のはいったお店やモダンなお店が並んでいます。
ここは映画「猫が行方不明」でも登場したそうですが、私は覚えていないんですよね。
でも1996年の映画で観たのは日本にいてまだパリに来たことがなかった頃。
今だったら場所がだいたいわかるかな、と思って機会があったらまた観たいのです。
で、コチラ がその映画の予告編。

原題は「Chacun cherche son chat(それぞれが猫を探してる)」。
パリをイメージするおしゃれでなんだかかわいい映画と言うと、
「アメリ」とこの映画が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
でも主役を演じたギャランス・クラヴェルって女優さん見ないなぁ、と思ったら、
この1本の後は女優としてはなかなか難しかったようで、
現在は地方のラジオの朗読などをやっているそう。
なんだかちょっと切ない…と一瞬思ったけど、でもそれは違いますね。
いろいろ経験しながら年齢を重ねると自分にとっての幸せが変わるし気づくから。
今自分らしい幸せを見つけいらっしゃるかも。
RIMG6706 - Copie
さて、3~4分もあれば通り抜けられてしまうこのパッサージュの出入り口に戻って、
RIMG6697 - Copie
向かったのは、
RIMG6711 - Copie
「パッサージュ・デュ・シャンティエ」のすぐ近くの「クール・デ・シャドック」。
ここは入口付近に小さなガラス屋根がある静かなパッサージュ。
シャドックって何かなと思ったら60年代のアニメーションの
「レ・シャドック」からついた名前だそう。
それがコチラ

この時代にとても人気があったんだそうです。
RIMG6715 - Copie
この日はここのアパルトマンに住んでるご家族の引っ越しがあったようで、
小さなお嬢さんやわんこも後をついてみんなで荷物をトラックに運んでいました。
RIMG6716 - Copie
次はどんなカルティエに住むのかな。それとも郊外かな…
RIMG6718 - Copie
いろいろなところに住むって、新しい風景や人やお店や…
いろんな新鮮な事に出会えるので楽しいんですよねぇ。
ま、引っ越しの作業はと~っても大変ですが。

                        つづく

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6584 - Copie
⑫号線「アベス」の次は歓楽街の「ピガール」駅。
日本でいうところの歌舞伎町的なカルティエでここで②号線に乗り換えてみます。
RIMG6589 - Copie
モンマルトルのサクレ・クール寺院の最寄り駅「アンヴェール」を過ぎ、
次の駅の付近ではたむろす男たちと見回りする警察官の姿が。
RIMG6588 - Copie
ここは④号線ともつながっている「バルベス=ロシュシュアール」駅。
前回④号線編でも通っていますが②号線は地上を走っているので気持ちがよいんです。
が、
RIMG6590 - Copie
先ほども光景をお見せしましたが、
昼間からただ駅前でたむろす男たちが結構おりまして。
RIMG6591 - Copie
改札へ行ってみますと向こう側の窓口&自動切符売り場の前にもたむろす男たちが。
私は買ったことはないのですがどうやら怪しい切符を売ってる模様。
パリに来た際、メトロの改札の前でダフ屋さんみたいに切符を売ってる人がいたら、
その人から切符は買わないでくださいね。
たとえ駅の窓口の人の前で堂々と売っていても怪しい切符売りです。
窓口の人はな~んにも言いません。全て自分の責任で、と言えばまだよくて、
それを買って使った人が駅構内のコントローラー(改札員)にチェックを受けて、
高い罰金を払わせられるが行われている、と感じている人も少なくないと思います。
観光客のとても多い凱旋門のあるシャルル・ド・ドゴール=エトワール駅では、
しょっちゅうコントローラーがいてチェックしよく観光客たちも止められて、
たどたどしい説明をしても有無も言わさず罰金を払わされているように見受けられます。
ということで2017年4月現在の罰金額ですが、

・子供用切符で大人が乗っていたり2ゾーン用で5ゾーン区間を乗り降りしているような
乗り降りする区間に合わない切符で乗車していた場合50ユーロ(以前は33ユーロ)
・切符を持っていても改札を通してない場合50ユーロ(以前は33ユーロ)
・切符をもっていない場合50ユーロ(以前も50ユーロ)
・自分のではないメトロの定期券のナヴィゴ(navigo)を使った場合50ユーロ
&自分のではないメトロ&トランの定期券(navigo)を使った場合70ユーロ

となっております。
ひどいのは、フランスの自動改札、性能が悪いのかよく切符が通らない場合があり、
しかも改札付近に駅の人がまったく見当たらないこともしょっちゅうなのです。
まさかこれも?…
RIMG6592 - Copie
びっくりなパリ、いやフランスなのでございます…
RIMG6593 - Copie
次は「ラ・シャペル」駅。
ここらあたりから若干わさわさ感がやわらいできて脱した感。
RIMG6594 - Copie
でもこうやっていろいろ書いておりますが慣れるものなのです。
ジャポンが特別きちんとしてるのだな、と外国に住んでみてつくづく思います。
そして変は話ですがそんな違いを興味深く感じている自分もいるのです。
RIMG6595 - Copie
さてさて次の「スターリングラード」駅を過ぎて向こうに見えてきたのは
「ヴィレット貯水池」。
RIMG6596 - Copie
ここは私の好きなカルティエがある「ジュレス」駅で~す。
去年の夏も記憶に残る出来事がありました。
→「夕暮れパリ・プラージュ、そしてひったくり事件に遭遇
ということで危険がいっぱい?シリーズは以上になります。
今度はまた楽しいパリ散歩編をご紹介させていただきますね。

                   つづく
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6561 - Copie
北駅をちょっと見てから④号線でまた先に行ってみましたのでご紹介です。
この後は「バルベス=ロシュシュアール」、「シャトー・ルージュ」
とこれまた移民の多いわさわさカルティエたちの駅が続きまして、
RIMG6562 - Copie
ここは「マルカデ=ポワソニエ」。
実は危険な雰囲気④号線とそしてやはり危険な雰囲気がある⑫号線の交差駅。
少し前に見たパリのメトロのドキュメンタリーでは、
警察はこの駅を要チェックしていて、薬の売買や実際にここで薬をやる人もいて、
ドキュメンタリーの中では椅子の下に色とりどりの包み紙が映っていて、
これが薬を飲んだ後捨てられたものですよ、と。
でもこの日は色とりどりの紙はまったくありませんでした。
夜中に集まってやって、紙は翌日掃除されるのでしょうかねぇ。
それとも要チェックされてるから別の場所に移ったとか。
じゃ、何もないのでまたメトロに乗って先に行ってみます。
この後は「サンブロン」が続きまして、そこはわたくし降りたことはないのですが、
おそらくやはりわさわさカルティエかと思います。
そして、
RIMG6569 - Copie
最終駅で下車して改札を抜け階段を上がると、
RIMG6567 - Copie
日本でもよく知られたパリの蚤の市「クリニャンクール」がある、
「ポルト・ド・クリニャンクール」駅となっております。
RIMG6568 - Copie
ケンタッキー・フライド・チキン(左奥)もあるこの大通りを右方向へ行くと、
→「クリニャンクールへ②
クリニャンクールもこのわさわさカルティエ地帯にあるのです。
スリもとてもとても多いので注意を怠らないようにしなくてはなりません。
RIMG6570 - Copie
じゃ、地下ホームに戻りまして移動しましょう。
RIMG6572 - Copie
そして再び下車したのは例の④号と⑫号が交差する「マルカデ=ポワソニエ」。
RIMG6574 - Copie
色とりどりの包み紙の確認もあって⑫号線のホームに行ってみようと考えたのです。
でも実はこのレポに来る前は電車の中でわりとドキドキしていたし、
なんだか自分でもやけに目に入る赤い靴も履いていたので、
怪しい人が結構いたらどうしよう、とか、
その中でフォトなんかできるかな、とか、
なんか赤い靴の怪しいアジア女が撮ってるぜ、とか、
あいつに撮らせるな!とかとかなったらどうしよう…
な~んてことも過っていたのですが、人気も包み紙もなくて、あれ?みたいな。
なんだビビり過ぎちゃったよ、みたいな。
もしかしてあのドキュメンタリーやらせかい?みたいな。
とにかく昼間は危険な雰囲気はほとんどなかったのです。
RIMG6576 - Copie
さてこちらは⑫号線の方の「マルカデ=ポワソニエ」のホーム。
RIMG6577 - Copie
やはり色とりどりの包み紙などまったく落ちてなくて綺麗です。
こりゃまめにお掃除されておりますね。
RIMG6578 - Copie
じゃ、今度は⑫号線に乗ってみましょう。
RIMG6579 - Copie
「ジュール・ジョフラン」駅は語学学校の時のお友達が一時期住んでいたところ。
わさわさカルティエですがなかなか雰囲気があって魅力的なところです。
その後は「ラマルク=コランクール」と続きまして、
RIMG6583 - Copie

そしてここは「アベス」駅。
階段を上がると目の前には有名観光地のモンマルトルが広がります。
映画「アメリ」のロケに使われたカフェや八百屋さんもあって
日本の方もたくさん訪れるカルティエ。
平日も賑わっていますが週末はミュージシャンがあちこちで演奏していたり、
いつもにも増して楽しい雰囲気になるのです。

                     つづく
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6542 - Copie
日本の情報でしか知らなくて、パリに来た当初はだいたいどこも危険がいっぱい、
と思いながら暮らし始めたのですが、住むとあのメトロは雰囲気がちょっと違う、とか、
あのカルティエは何じゃら、とかを聞くし、自分でも実際にわかってきます。
そんな中で日本でも危険っぽいイメージの④号線を今日はご案内いたします。
で、ここはパリの真ん中へんで4本のメトロが乗り入れているシャトレー駅の4号線。
北方面の蚤の市で有名な「クリニャンクール」
南方面の「モントルージュ」となっております。
RIMG6546 - Copie
今回乗るのは北の「クリニャンクール」方面。
RIMG6547 - Copie
この線は朝晩以外も結構いつも混んでいます。
パリは北東に向かうと移民がとても多く住む地区になりますが、
この線もそちらに向かうので人種も一層様々。
が、実際に危険な目に遭ったことがあるかというと私はここではないです。
スリがと~っても多いパリのメトロ、特にロマ系はグループでうろちょろ。
二手、三手くらいに分かれて別々の出口から観光客のあとについて乗り込むことが多い。
なのでそんなロマ系たちスリをよく見かけるのは観光客が多く乗り降りする、
凱旋門やコンコルドなどのメトロのホームが多いのです。
ただし住んでいる私たちも気を抜いてちょっとの間だけと思って、
ポケットにスマホを入れたまま乗ったりすると取られちゃいます。
私の知り合いも買ったばかりのスマホを、でもその時は、
ロマ系でも何でもないごく普通のフランス人男性スリに取られたっぽい、
と話しておりました。
あと乗り換え口がまた危険です。
発車間際にひったくられてドアが閉まって犯人は走り去るパターン。
旦那が何度かこの場面を見たことがあるそうです。
RIMG6548 - Copie
さて、④号線が「ストラスブール=サン=ドニ」駅に到着。
娼婦街として有名ですが、市民もごく普通にいますし、
昼間ただ歩く分には特に大きな危険はないけれど、観光客は気をつけた方がよい場所。
RIMG6549 - Copie
「シャトー・ドー」駅は歩かない方がいいこの小さい通りがある場所。
でもちょっと気をつけよう!この小さ通り ~パリ 10区~
ここはパリに住んでる人でも入らない方がいいです。
RIMG6550 - Copie
「ガール・ドゥ・レスト(東駅)」はメトロの他にTER(地域圏内を走るフランス国鉄の鉄道)も通っていて、パリのターミナル駅の1つ。治安は決してよくありません。
RIMG6551 - Copie
そしてさらに治安が悪いやはりターミナル駅の1つ
「ガール・ドュ・ノール(北駅」に到着。
このようにホームは暗く古く薄汚れた感で治安の悪さがすぐ感じられますが、
RIMG6552 - Copie
ホームを上がると意外に明るく綺麗で印象が変わります。
RIMG6553 - Copie
さらに上がると、あれ、こんなに綺麗だったっけ?と思うくらいなのですが。
RIMG6557 - Copie
そのわけは去年11月に出来た星シェフであるティエリー・マークスが開いた
このブラッセリーの存在。「L’ETOILE DU NORD」です。
久しぶりに来た「ガール・ドュ・ノール」ですが
この一角は気持ちのよい空間となっていました。
RIMG6555 - Copie
前菜+主菜、又は主菜+デザートで24ユーロ。3品だと29ユーロとなっています。
ちょうどランチタイムが始める時間で少しそそられましたが今回は下見的な?!
HP…「L’ETOILE DU NORD
駅に星シェフのお店は新鮮な感じなのでありますが、実はすでに先に、
やはりターミナル駅の1つ「サンラザール」に星シェフのエリック・フレションが、
LAZARE」を開いているのです。そちらも星レストランに比べればお手頃お値段。
どちら店も早朝から夜までノンストップなのも嬉しいところ。
古く暗い雰囲気だった「サンラザール」と危険で悪いイメージだった
「ガール・ドュ・ノール」に星シェフによる新しいお店を作ることは、
良くないイメージを変える目的もあるのでしょうね。
RIMG6560 - Copie
奥の構内は以前とほとんど変わってはいませんが、
このブラッセリーが出来たことで少しは変化があるのかなぁ、と。
ここは特に夜中が危くて怪しい人がそりゃもういっぱい。今はどうなのかなぁ…
RIMG6561 - Copie
ということで、じゃ、またちょっと④号メトロに乗り込みま~す。

                   つづく
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG5115 - Copie
真冬のビュット・ショーモン公園は夏の賑わいが嘘のよう。
静かでゆったりとした時間が流れています。
RIMG5119 - Copie
そして公園内カフェバー「ロザ・ボヌール」は水曜日はお休みで静まり返り、
春夏は立ち飲みの人たちで賑わっているテラス席も冬季は休業です。
→「夏の夜遊びRosa Bonheur(ロザ・ボヌール)編 ~19区~
RIMG5124
住んでいた頃はここを毎日チワワっ子坊やとお散歩しておりました。
今の旦那ともしょっちゅうワインとおつまみのピクニックして。
あの時は海苔巻きとか作って持ってきてくれたりしたんですけどねぇ。あれ、今は?…
RIMG5123 - Copie
ブログで何度も書いているけど、もしまたパリ市内に住むとしたら、
最初に住んだ7区エッフェル塔そばもと~っても素敵だったのですが、が、
RIMG5121 - Copie
このビュット・ショーモン周辺が絶対いいな、と思ってるのです。
RIMG5125 - Copie
それくらい愛してやまない19区のこのカルティエ。
RIMG5126
大寒波なのでベンチも霜がついてます。
のわりには楽しくて寒さをあまり感じていませんで。
RIMG5129
お1人さまパリ散歩はまだまだ続くのであります。
このカルティエでのアパートを見つけた時の経験を書いております。
ご興味のある方はどうぞご覧になっていただければと思います。
→「パリでアパートを探す、私の経験と感想②

                             つづく

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


↑このページのトップヘ