ガイドブックに載らない片隅パリ

RIMG1347 - Copie
超~晴天だった先週日曜日は、こんな日に行かなくてどうする!
とカヌー(タダで譲り受け旦那が修理したもの)をせっせこ運んでマルヌ川へ。
RIMG1350 - Copie
で、お先に到着していたお2人さんが出発するのを
「Bonne balade(よい舟散歩を)!」
と見送って。



13歳で曲作りをはじめたという今注目のフランス人ラッパー「Boostee」のこの曲と共に
さ、うちらも出発で~す!よっこらしょっと!

RIMG1355 - Copie
moi「おお!先のお2人さん、もう釣り始めたよ!」
旦那「なんか今日、釣りのコンペやってるみたいだねぇ」
moi「あ、そうなんだ」
すると後ろでガサゴソやる音。釣り竿出してる模様。
moi「え!もう始めちゃうここで?」
他の釣り人に刺激され、早速始めずにはいられない男。
RIMG1362 - Copie
旦那「どんな感じ?」
お2人さん「微妙かなぁ。ちょっと移動してみるよ」
すると旦那もさっさと移動しはじめる。
あ、よかった。ここで漂流しなくて…とほっとする妻。
RIMG1369 - Copie
ということでやっとこさ、本格的しゅっぱ~つ!
RIMG1371 - Copie
と思ったら、参加者の姿を次々に見かけ、再び釣り竿を出す男。
moi「ちょっとちょっともういいから~。先行こうよ~」
しかし釣り人(仲間?)が気になるらしい。
どうやらにわかコンペ参加者になりたいようである。
もういいからそういうの~、と苦笑せずにはいられない妻。
RIMG1375 - Copie
旦那「あ、AKITA INU!」
moi「え、あ、ほんとだ!かわいい~♡日本犬ちゃんもかわいいなぁ」
RIMG1376 - Copie
旦那「AKITA INUだね?」
わんちゃん連れムッシュー「そうだよ」
旦那「綺麗ですねぇ」
わんちゃん連れムッシュー「そうでしょそうでしょ」
最近はほんと、日本のわんちゃんもよく見かけるようになりました。日本人としてとても嬉しいです!
さてさて進みましょう。
moi「もうほんといいから先行こう!ねっ!」
旦那「わかったよん…」
RIMG1391 - Copie
moi「おお~綺麗~!でもま~だ緑だねぇ。でも少~し色づいてるのかなぁ」
旦那「うん、少しだねぇ、マルヌは色づくのちょっと遅いんだよ」
moi「そうなんだ?ふ~ん」
RIMG1380 - Copie
10月でもまだまだこんなに光溢れてほんっと嬉しいなぁ。
やっぱり秋も素敵だなぁ。
11月来ちゃうかなぁ。
パリの11月やばいんだよなぁ。
このまま季節が止まってくれればいいのになぁ。
と素晴らし過ぎるからこそどうしても10月と11月が心の中で交差する妻…。
RIMG1396 - Copie
川沿い住民さんもどうやらコンペに参加しているらしい。
moi「すぐ参加出来て便利だね!」
旦那「そだね」
RIMG1401 - Copie
moi「お!ここはちょっと秋色だ♪」
すると旦那がまたガサゴソ後ろでやりだして。
RIMG1406 - Copie
パドル(漕ぐやつ)に白ワインのグラスをのせて炉端焼きのように渡してくれた。
moi「メルシー♡」
すかさずすぐキャメラを向け、ワインをこぼさないように慎重気味にパチパチカシャカシャ。
そして一口。
moi「冷えてて美味すぃ♡」
RIMG1413 - Copie
そしてまた風景が開けて変わったので、
すかさずすぐキャメラを向け、ワインをこぼさないように慎重気味にパチパチカシャカシャ。
そしてまた一口。
moi「冷えてて美味すぃ♡」
RIMG1416 - Copie
カヌーにまだ慣れてない去年は開けたところは恐怖におののいてすぐ戻りたがった妻だが、
今はぜんぜんへっちゃらで。
こんなに気持ちいいのにねぇ、とあの頃の自分がしみじみ懐かしい。
そして旦那はえっさほいさ、舟を漕ぐ。
RIMG1427 - Copie
ここも結構秋。
RIMG1430 - Copie
やっぱりマルヌにも秋は来ている…
RIMG1433 - Copie
大きなお宅のわんちゃん「う~怪しい2人めあっち行け!ワンワン!」
旦那・moi「わたしらはあの怪しい2人とはちゃいますよ~。行きますよ行きますよ~」
RIMG1439 - Copie
今度は別の大きなお宅で一休み中の白鳥さんたちご夫婦。
住民さんも見守っていて微笑ましいお姿。
RIMG1436 - Copie
優しい住民さんでよかったねぇ。ずっとお幸せに。
RIMG1440 - Copie
旦那「ここちょっと臭うねぇ」
moi「あ、ほんと?」
と、思いがけないことを言われ、
あれ、なんで私臭わないんだろう、何気に鼻詰まってるのかな、何気に風邪か?…
と思ったが、ま、いいや臭わない方がいいし、と流して。
RIMG1441 - Copie
光に見とれた。
RIMG1449 - Copie
そしてここも秋。
RIMG1454 - Copie
RIMG1455 - Copie
もうすぐ冬が来ちまうけど楽しい素晴らしい秋色マルヌ。
RIMG1459 - Copie
冬までにあともう1回か2回くらいカヌーに乗れたらいいな、と思った午後なのでした。


         おわり


…………………………………………………………………………


長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


今フランスのラジオでしょっちゅうかかってるのは、
なにげSUSHI TOKYOフレーズもナイスなこの曲。
ヴィデオクリップもまたかわいい。


ということで久しぶりですが今日は白クマくんと一緒にマルヌへGO♪


RIMG0768 - Copie - Copie
去年カヌー初乗りの時は超ビビってライフベストのボタンを上から下まできっちり留めた妻だったが。
moi「あ!ライフベスト着るの忘れた!どうしよう~」
旦那「大丈夫だよ」
moi「え?そお?そうね」
慣れとは恐ろしいものである。
こんな時がやばいのよ~ん。
RIMG0770 - Copie - Copie
moi「まだまだ緑だねぇ。ああよかった~。あれが茶色になるとねぇ…ねぇ?」
旦那「うん」
moi「いやでしょ?茶色になるのいやでしょ?」
旦那「うん」
moi「冬やでしょ?パリの暗~い冬やでしょ?」
旦那「うん」
moi「だよねぇ」
と、毎年必ず(ほんとに必ず)フランス男に同じ質問をし同じ答えを確認する妻であった?なぜに?
それは冬パリみんな嫌いさ、を確認するためである。
RIMG0771 - Copie - Copie
あ、でも前々回のこのブログで、
夕暮れや夜パリのキラキラリュミエールをフォトするのが楽しみ♪ 的な調子のいいこと書いちまったんであった。
ああ、パリはわたくしを惑わせます~。なんちって。
RIMG0758 - Copie - Copie
白い鴨ちゃん、すなわちアヒルちゃん親子も寛いでおられます。
かわいいわぁちっこいわぁ♡
RIMG0754 - Copie - Copie
カラフルカヤックさんたち「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
こんな時はだいたいどっちが先にとかはなく気持ちよくボンジュールです~。
RIMG0756 - Copie - Copie
お仲間たちで楽しそう。
旦那も今度ご近所のカヌー仲間(マルヌ近くなので持ってる人少しいるのです)
とニジマス釣りに行くと言っております。
ニジマス大好きイェイ!塩焼きにアーモンドソースがけに…
その際は張り切ってお弁当作ってあげよう。ニジマスのために。あ、ちゃう、旦那のために。
日本風のハムとキュウリと卵のサンドイッチに唐揚げ卵焼きウィンナーにポテサラなんかいいかな…
RIMG0790 - Copie - Copie
すると旦那が古いかわいいカヌーがつながれたほとりに留まってガサゴソやって、
冷えた白ワインのグラスをパドル(カヌーを漕ぐやつ)の上にのせてそ~っと(炉端焼きみたいに)
こちらに差し出してくれました。
RIMG0791 - Copie - Copie
妻は漕ぎもせずただただ乗船して、飲んで、キャメラパチパチして。
真に呑気な午後でございます。
でも旦那が、漕がなくていいよ、っていうものだから。
ほんとにカヌーが(あと釣り)大好きみたいなんです。
RIMG0777 - Copie - Copie
マダム&わんちゃん「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
moi「いやん、あの子いっちょ前にライフベスト着てる~超かわい過ぎ~!」
旦那「うちの子たちもいつか乗せようぜ」
moi「それはダメ。あの子たちめちゃくちゃだし恐がるから無理はさせたくありません」
こんな時は絶対びしっと言う妻。鼻をふがっとさせながら。
RIMG0751 - Copie - Copie
お若いファミリー「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
しあわせそう。いいねぇ。素直にほんとそう思います。
RIMG0802 - Copie - Copie
渋いムッシューご家族「ボンジュール!」
※奥様も娘ちゃんも笑顔で言ってくださいました。このフォトはその雰囲気がありませんが。
旦那・moi「ボンジュール!」
渋いムッシュー「このへんは雰囲気が素晴らしいねぇ」
旦那「ほんとそうだねぇ」
渋いムッシュー「このへんに家が欲しいねぇ。やっぱ宝くじかな?」
旦那「それしかないね。ははは」
RIMG0810 - Copie - Copie
そして見えてまいりました、私たちの小さなヴァカンス、ノスタルジックな太陽さんが。
RIMG0811 - Copie - Copie
「Chez Gégène(シェ・ジェジェンヌ)」に上陸で~す。
RIMG0812 - Copie - Copie
平日の午後4時にチャリで通った時はすっかり静かでしたが、
青空土曜日はまだまだお客さまたくさん。
RIMG0820 - Copie - Copie
こんなかわいらしい坊やのお客さまも。
RIMG0823 - Copie - Copie
いつもと変わらない時間が流れております。
どうぞず~っとここがあってくれますように、と願わずにはいられません。
RIMG0830 - Copie - Copie
以前ご説明させていただきましたが、
お客さまが食べ残しをあげたりするのでこのへんにはお魚さんがたくさんいるのです。
でもこの時は姿が見えませんでした。
オイラたちを釣ろうとしてる奴らがいるぜ、と仲間内で話して警戒しているのでしょう。
RIMG0842 - Copie - Copie
さてさて、でも店内はこのようにガンゲットなムッシュー&マダムのお姿がほとんどありませんでした。
やはり今年の「Chez Gégène」もそろそろ終わりに近づいているようです。

…………………………………………………………………

でもね、ヴィデオクリップの白クマくんのことなんですが、
最後まで脱がない方がよかったんじゃないかな、って私はちょっと思ったのです。
昔観たイラン映画の秀作「少女の髪どめ」の中でとうとう最後までそれなかったか、
というのが何ともいえない余韻だったのがあったけど。
脱がない方が観てる方の想像力がほんのりわいてそして最後までほのぼのだったかなぁ、なんて。
ま、勝手に私がそう思っただけなのですが。
皆さまはどうお感じになられますでしょうか。

…………………………………………………………………………


とても長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG0384 - Copie
パリ散歩の時に偶然見つけたお店は青い外観に白い食器が店内中にいっぱい。
RIMG0378 - Copie
見てみると超シンプルな食器からちょっとかわいいデザインの食器や花瓶までとにかく全部白で種類がめちゃくちゃ豊富。
RIMG0380 - Copie
そしてお値段もお手軽価格なのです。
この何気に花柄が入ったカフェオレボールは3ユーロちょっとだったか3ユーロ50サンチームだったか。
RIMG0382 - Copie
持ち手の形が凝ったかわいいカップも2ユーロ前後から。
エマウスのブロカント食器たちの1つ30~40サンチームに比べるとそりゃ違いますが、
イケアよりたぶん安いしこういっちゃあれですがイケアのよりずっと繊細気味。
で、こんなお店はじめて見るな、と思いながら店内へ。
RIMG0383 - Copie
すると店内も見事にいろ~んな種類の白い食器でいっぱいでして、
もし白で探したい形があったらここだったらきっと見つかるんじゃないかな、と。
で、帰ってきて早速調べてみたら、
2014年に出来たばかりの会社でリモージュ磁器を工場生産していて、現在フランスに9店舗あり、
10店舗めが近くトゥールーズに出来るそう。そしてパリは今のところここ14区の1店舗のみ。
RIMG0377 - Copie
ブロカント食器が何と言っても大好きな私ですが、
お料理のドレッサージュが考えやすく普通に盛り付けるのも簡単に綺麗に仕上がるのも一番はやはりシンプルな白い食器だと思っておりまして。
レシピや盛り付けご紹介の時用の白い食器を何枚か欲しいとずっと思っていたけど、
そのへんの食器屋さんだとただ~の何てことない食器でも結構なお値段なので未だに探していなかったのですが、ここは1つ知っておくと絶対重宝するなと思いました。
それに何気ない普段使いにも気兼ねなく使えそうなのです。
14区の大通りに面してはいるものの地味な場所にあるし、たぶん日本にはまだ紹介されていないかとも思いまして、いいお店めっけたなと、ちょっと嬉しくなったのでした♪


住所…45.av.du Général Leclerc 14区
TEL…01 40 47 59 21
営業時間…月曜日~土曜日の10:30~19:30
HP…「PORCELAINS M.P. SAMIE
・HPに入っていただき中ほどにある青色の「Nos magasins」をクリックしていただくと、
フランスの店舗がすべて確認できます。

※カテゴリのどこに入れるか迷って最初は「お気に入りちょこちょこ」に入れましたが、
→「ガイドブックに載らない片隅パリ」の方に変更させていただきました。
フランスで白いお手頃食器が欲しくなったらこのカテゴリを思い出してくださいませ。

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


RIMG0696 - Copie
久しぶりに1人チャリンコでマルヌ川へ。
少し色づいてきた風景は夏の色とは違っていて。
RIMG0676 - Copie
やっぱり確実に秋は来てるんだな、と。
RIMG0692 - Copie
「CHAMPIGNY SUR MARNE(シャンピニ・シュル・マルヌ)」を抜ければそこはすぐ、
RIMG0693 - Copie
「JOINVILLE LE PONT(ジョワンヴィル・ル・ポン)」。
RIMG0680 - Copie
そしてすぐ「Chez Gégène(シェ・ジェジェンヌ)」。
→「古き良き時代を行くマルヌ川クルーズ ~Chez Gégène(シェ・ジェジェンヌ)編~
RIMG0678 - Copie
でも夏の賑わいはすっかり去っていて。
ここもあと少ししたら冬季閉店です。
RIMG0688 - Copie - Copie
ま、そうは言っても平日の午後4時頃だったこともあるので、
週末で青空の今日はきっと賑わうはずはず。
RIMG0697 - Copie
とにかく眩しい夏は過ぎ去りまして。
RIMG0702 - Copie
RIMG0709 - Copie
少しだけ寂しい秋のはじまりマルヌです。
でもまた素晴らしいひと夏を過ごし、そして秋を迎えられることを幸せに思う時間でもあります。



………………………………………………………………………


今回は短め&ちょっと寂しめですが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG51900 - Copie
「Chez Gégène(シェ・ジェジェンヌ)」はこの夏もご近所さんやプチヴァカンス感覚の方々で相変わらずの賑わいで、冬期は休業になって閑散として誰もいないのが嘘のよう…。
RIMG51898
この「Chez Gégène」は「Eugéne Favreux(ウジェンヌ・ファヴルー)」
という男性がキャラバンでマルヌのこの地にやって来たのがはじまり。
そこに川船もやってきて係留するようになると、小さなダンスホールのようなものが出来、人が集まり、マフィアも絡んでいたようでしょっちゅう警察もやって来ていて。
けれど1914年にその船で火事が起こり、すべてが燃えてなくなり、
「Guinguette(ガンゲット)」が全盛期に入っていた1918年に最初にキャラバンでやって来た
「Eugéne Favreux」の名前からとって「Chez Gégène」が誕生したのだそう。
RIMG51965
そんな昔々のマルヌ川の風景。
あちこちに小さなプラージュがあり、夏にはこんな風に水遊びを楽しむ人がたくさん。
でも遊泳が禁止になってプラージュはなくなり、今はプラージュの跡形だけが残っています。
RIMG51967
これはヴァカンスでマルヌを訪れた方々フォト(すべて家にあったポストカードから)。
この時代の人々にとって避暑地だったんですねぇ。
RIMG51905 - Copie
そしてたくさんの「Guinguette(ガンゲット)」のお店がなくなり、でも数少ない残っているお店の1つである「Chez Gégène」は今もここにあって、そこには古き良き時代と今のマルヌの夏時間とが心地よく混ざって流れる何とも言えない空気感があって。
ここはいつまでも、ほんといつまでも残っていて欲しいと思うお店なのです。
RIMG51902 - Copie
で、そんなノスタルジックな「Chez Gégène」のほとりにカヌーを留めて、
ちょうど空いていた川に面したテーブル席で私たちも小さな小さなヴァカンス夏時間です。
RIMG51912 - Copie
そうしたら、そのカヌーのそばにたくさんの大きい川魚~。
お客さんがパンやフライドポテトを投げたりするので魚さんたち知っていていつもいるのだそう。
ちなみに「Chevesne」というお魚で日本名は「ウグイ」。食べられるよ、って旦那。
で、ここで釣りしたらすぐ釣れちゃうねぇ、な~んて話したりして。
RIMG51913 - Copie
のどかなで爽やかな時が流れていきます。
けれどここには止まったような時もあって…。
RIMG51920 - Copie
お店の外のテラス席は子供から若い人たちから大人さんまで幅広い客層なのですが、店内に一歩入ると、
RIMG51914 - Copie
ダンスホールでダンスを楽しむ大人なマダムとムッシューたちばかり。
この、お店の外と中のとたんに違う差がまた面白くて。
特にこの日は日曜日だったのでそれが際立つのです。
RIMG51918
でも皆さんが楽しむ姿が生き生きとしていて見ていてこれまた楽しんです♪
ちゃんと素敵におめかしもしてね。


さて最後は、
このマルヌやセーヌの「Guinguette(ガンゲット)」で出されていた白ワインを楽しく歌った1964年のLina Margyの曲「Ah! le petit vin blanc」でお別れです。
それではまた来年、お会いしましょう~。なんちって。



住所・・・162 bis allée des guinguetta quai de polangis 93340 Joinville-le-pont
TEL・・・01 48 83 29 43
HP…「Chez Gégène
※春夏の営業で冬期は10月中旬から休業になります

          おわり

…………………………………………………………………………


長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ