普段着のパリ、カルティエ

FotoJet (98)
この続き→最初に住んだパリ7区カルティエ散歩①とフランス郵便事情
となりまして。
FotoJet (88)
馴染みの郵便局の1本隣りも私が毎日歩いていたところで、
FotoJet (89)
サン=ドミニク通り。
ここは人気レストランやグルメなお店、ブティックが建ち並ぶ、
パリでも有名な魅力ある通り。
FotoJet (99)
でも私にとっては生活の場だったのでそんな華やか通りの意識はなかったし、
実際に暮らすと、庶民的なめんもたくさんありました。
たとえばその1つはよく来ていたこのスーパーマーケット。
来たてでボンジュールとメルシーくらいしか言葉がすぐ出てこなかった自分ですが、
レジによくいらっしゃったヴェトナム系のマダムや、
フランスの昔の俳優風イケメンムッシューや、お肉屋さんの陽気なムッシューや
みなさんによく声をかけていただきました。
お肉屋さんのムッシューには一杯誘われたこともあるのですが、
他にお客さんがいて待ってるのに堂々と誘ってきて。
私は恥ずかしくてあやふやにしながら後ずさりで逃げる…
それを他の店員さんがクスクス笑いながらひやかす…みたいな。
困ったけど大らかな人たちだ思って可笑しかった~。
今はみなさん、いらっしゃらないのですが、でも、
ヴェトナム系マダムは、数年後パリ郊外北西の街で、
買い物袋を持ってバスに乗り込むのを一度お見かけしたことがあって。
イケメンムッシューも2年くらい前、パリのターミナル駅のRER線乗り換え通路で
お子さんらしき小さなちびっ子2人と3人で歩いているのをお見かけしたことがあって。
みなさん、きっとパリ7区のこの通り店に通勤してて、
働く店舗が変わったりするのかな、と思ったのですよね。
FotoJet (90)
日本でもよく紹介されていて日本人のお客さまもと~っても多いこのお店は、
有名シェフ、クリスチャン・コンスタンの「カフェ・コンスタン」。
ちょうどお店の方がテラス席で休憩中でしたが、
ここは日本人料理人さんも働いている確率がかなり高くて、
私の知り合いも一時期働いていました。
それから私が住んでいたこのすぐそばのアパルトマンの部屋を出ることになった際、
部屋探しをしている何人かの日本人が部屋を見に来たのですが、
その中にこのお店で働くことになったという料理人さんと
日本からついてきた奥様のカップルもいらっしゃいました。
私が出た後どなたが住んだのかはわかりませんが、
パリに料理修行に来る方はほんと多いのです。
FotoJet (92)
カフェ・コンスタンの脇の小さな通りに入っていくと、このお店もあります。
CAFE DE MARS(カフェ・ド・マルス) ~パリのカフェ 7区
こちらは逆に日本人のお客さまはまったくお見かけしません。
FotoJet (93)
そして、ここが私が住んでいたアパルトマンで、
こんなハイソな場所ですが、そんな中に地味にある超小さなひと部屋。
でも、ドアの向こうには小さな小さな中庭もあって。
立地も含めお気に入り住まいでした。
あ、でもでも、中庭の奥にゴミ置き場があるのですが、
ほとんど分別を無視して無造作にゴミ袋が入れられていることが多くて、
パリに分別ゴミはほぼ存在しないのか?とびっくりだったのです。
でも今、我が家もご近所さんもしっかり分別しているので、
アパルトマンにもよるだろうけどパリ市内の方が、
ちょっと適当なのかなぁ…
これはパリの悪いめんですね。
たばこのポイ捨てもわんこのカカ(うんち)の始末もしない人まだまだ多いですし。
これは郊外も同じですけど。
FotoJet (96)
一休みするために入ったカフェは、
サン・ドミニク通りなのでお値段もちょっとお高め。
でも、ま、たまには。いつもマルシェのポルトガルバーばかりですしね。ぷぷ。
FotoJet (95)
私はお見かけしたことはないのですが、
中山美穂さんもよく歩いていらっしゃったそうで、
まったくお化粧していなくてもやはりとても美しいそう。
でも今は日本に戻られたそうで。人生いろいろですね…
FotoJet (97)
いつ来ても楽しく懐かしく素敵なサン=ドミニク通り。
パリ1年めの住まいがこのカルティエだったことは、
とても恵まれていたなぁ、と思います。

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (54) - Copie
欧米人パパと南方系アジア人ママを持つ、超~美形スレンダー足長姉妹のいた
ご一緒気分で夏のエッフェル塔&スリ②
横断歩道を渡ると、そこはわたくしがパリ1年目に暮らしたカルティエ。
(アパルトマンの後ろにちょっと見えているのはエッフェル塔です)
どこに何があるかほぼわかっておりますが、
やはり新しいお店も行くたびに出来ています。
FotoJet (53) - Copie
このすぐそばには私がいつも利用していた郵便局もあります。
ちょうど去年の夏にも散歩していてその時記事でも書いているのですが、
ラップ通りの集合住宅とフランスの郵便局の不在票について。
フランスの郵便局は集合住宅の場合ポストに入らない荷物は持ってきてはくれず、
荷物届いてます票のみが入れられ、自分で取りにいかなくてはなりません。
そして一軒家の場合はそこがすぐその家の玄関なので持ってきてくれます。
で、パリは一軒家がとても少なく、ほとんどがアパルトマンなので、
たとえばネットで検索すると、フランスに(パリに?)住んだ日本人が経験した
フランスの郵便事情の悪さなんかがたくさん出てくるけど、
たぶんアパルトマンだからじゃないかしら、と。
日本の郵便局がどこのお宅でも玄関まで持ってきてくれるし、
ほんとにいない時だけ届いてます票(不在票)が入れられるので、
それに慣れてるわたしたちはフランス郵便局の届いてます票の意味を、
日本の郵便局感覚でとらえてしまっているのかな、と。私も最初そうでしたし。
それと9年住んで、日本からの荷物も日本へ送った荷物も届かなかったことは
今まで一度もなく、びっくりするくらい速く届くこともあります
フランスの郵便局は紛失が多いと、フランスに来る前に聞いていて恐かったけど、
きっとたまにあるのだろうけど、でも
それも日本でちょっと大袈裟気味な話になっているな、と思います。
ネタになるからかもしれないけど…。
FotoJet (47) - Copie
さてこの郵便局の目と鼻の先には、
貼り付け前記事でもご紹介させていただいておりますが、
アール・ヌーヴォー建築家としてよく知られているというジュール・ラヴィロットが1901年に作った「ラップ通りの集合住宅」もあります。
FotoJet (48) - Copie
今でも普通に住民さんが暮らしていらっしゃってて現役なのがパリらすぃ。
FotoJet (49) - Copie
美しく存在感が際立っております。
FotoJet (51) - Copie
そしてこの集合住宅と郵便局の間のラップ広場には1912年~1915年の間に出来
今も続く「テアトル・ドュ・ラ・トゥール・エッフェル」もあるんですよ。
HP→Théatre de la Tour Eiffel
ここじゃないけど私も行ってみたいテアトルがあるんですよね。
でも旦那がぜんぜん興味ないようで…でも行きたい…
FotoJet (52) - Copie
この広場には同じくジュール・ラヴィロットの作品で彼自身も住んでいた
1900年に建てられた「ラップ広場の集合住宅」もあります。
「ラップ通りの集合住宅」よりデザインは抑えめで
奥まった場所にあることもあり地味に感じますがこちらも美しい。
会員制のサロンもあるようで。
きっととびきりリッチな方が利用されるのでしょうね~。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (56) - Copie
マレを軽く歩いてから、
賑わいマレ地区とスリ①
やって来たのは久しぶりのエッフェル塔です。
ということで、せっかくなのでちょっと大きめ画像でご一緒気分で楽しんでください♪
FotoJet - Copie
エッフェル塔には二か所の眺望スポットがありまして、
今立っているいるのは16区トロカデロ側のシャイヨー宮広場。
FotoJet (1) - Copie
ここから眺める真正面のエッフェル塔は視界を遮るものがなくクリア。
空の色合いや時間によっても変化があってフォトするのにも最適。
FotoJet (2) - Copie
こうしてたくさんの方々も記念写真を撮っております。
お年頃に入ったばかりこの娘ちゃんはしかたなく弟くんとのツーショット、
的な雰囲気が無きにしも非ず。2人の表情がおかしい…
FotoJet (3) - Copie
かわいらしいおチビちゃんはママと中国語でお話し。
中国からの観光の方もとても多くて、専用ツアーバスもよ~く見かけます。
昔は中国と言うとなかなか国外には出れないイメージだったけど、
いつの間にか時代は変わりました。
FotoJet (4) - Copie
それではシャイヨー宮広場を降りてエッフェル塔へ向かいましょう。
FotoJet (7) - Copie
観光客を乗せたクルーズ船が行き交うセーヌを渡り、
FotoJet (5) - Copie
エッフェル塔のふもとに到着です。
左奥にちょうど写っているのはパリであちこち見かけるロマ系人力車で、
絶対に乗らない方がいいもの。
FotoJet (6) - Copie
道路沿いにはこうして何台も停まっていて、
中にはロマ系じゃない人力車もあるのですが、
慣れていないと見分けがつかないのでとにかくやめておいた方がいいのです。
以前シャンゼリゼでも、1人分の値段を2人分のように言って乗せ、
高い料金をとっていたロマ系人力車を見ました。
FotoJet (8) - Copie
この向こうはシャン・ド・マルス公園側となりますが
エッフェル塔の真下は相変らずの人出でちょっと避けまして、
FotoJet (9) - Copie
回り込んで公園側へ。
すると、そのすぐのところにあるベンチに座っていたマダムが突然叫んで、
この3人に猛烈に突っかかっておりまして、
どうやら1人が署名ボードに署名させようと話かけている間に、
別の2人がマダムの荷物に手を入れスリを試みたもよう。
しかしマダムに気づかれ騒がれ、すぐにさ~っと退散。
この日2度めのロマ系女スリで今度は3人組。その後ろ姿でございます。
このようにパリはどこにでもスリがうろちょろしております。
カバンはチャック付きのものを前で抱えて、
署名なんて言ってきても完全無視をいたしましょう。
FotoJet (10) - Copie
そんなスリもうようよなここは、しかし7区の超高級住宅f街でして、
公園を取り囲むように建つこのアパルトマンの中には富裕層たちの暮らしがあります。
でも外ではこうして毎日のようにスリのひと騒ぎが起きていて。
きっとアパルトマンの住人さんには見慣れた窓辺の光景なんでしょうねぇ。
FotoJet (11) - Copie
さて、園内です。
今の時期は芝生で寛ぐ人々もたくさんで、ピクニックも気持ちがいい。
私もパリ1年目はこのすぐそばのカルティエの小さな部屋に住んでいたので、
チワワ坊やと毎日ここをお散歩して、たまにピクニックもして、
楽しい日々を過ごしました。
怪しい人も結構すぐわかるようになるので
ここで危険な目に遭ったことはありませんでした。
今でも最初のカルティエがここでよかったな、と思っております。
FotoJet (12) - Copie
この後は住んでいたそのカルティエへ。
半年に1度くらい歩きたくなっちゃうんです~。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (21) - Copie
この続きになりまして、
レ・フィロゾフとイケメンさん ~パリのブラッスリー 4区~
この後は軽くマレ散歩。
この界隈はさりげなく雰囲気があるカフェが並んでいて、
お客さんの中には常連さんらしき人も多いのです。
FotoJet (22) - Copie
飲み物一杯でゆっくりおしゃべりしたり新聞を読んだり。
よっぽど混んでいない限りはいたいだけいれる感じ。
でも以前行った日系の食べ物屋さんでは、
遠まわしに時間制限があるように言われ、食べ物がどんどこ出てきて、
さっさと食べてお会計して出なくちゃいけない雰囲気。
しかも日本人スタッフの対応もお客さんを値踏みしているように見受けられて、
よくありませんでした。
合理的なやり方なのかどうかは知らんが、
せめてここパリではもう少しのびのびとした対応してほしいと思いました。
ぜんっぜん楽しめませんでしたもの。
私も以前接客が主な仕事だったので思うのですが、
誰に対しても変わらない気持ちのよい応対が次につながるんですよね。
フランスでは接客業の方はもっとラフでリラックスしているけど、
そんな中でも見ていて、この人は誰に対しても素敵な対応をしていて、
この仕事に向いているなぁ、な~んて、心の中で思うことがたびたびあります。
その逆もたびたびありますけど…
レ・フィロゾフのイケメンさんは顔だけじゃなく対応も素敵でしたよん♡
FotoJet (23) - Copie
さてヴァカンス期なので閉まっているお店もたくさんなのですが、
FotoJet (24) - Copie
イスラエル系のお店が並ぶこのロジエ通りは観光客でいつも大賑わい。
FotoJet (25) - Copie
ここはイスラエル名物ファラフェルの激戦地区なのであります。
FotoJet (26) - Copie
その中でもこの「ラス・デュ・ファラフェル」が一番人気。
呼び込みの方の引きも結構強めで、
ファラフェルどお?と何度も声をかけられます。
一度食べたことがあるのですが、まあまあでした。
15区にもっと美味しいところがあるのでそれを食べちゃうと…
FotoJet (27) - Copie
ロジエ通りから1本入った小さな通りには丼とお弁当の日系のお店もあります。
お弁当はパリでも少しずつ浸透してきていて、
買えるお店が結構増えてきました。
旦那や旦那の家族もですが、
唐揚げとかトンカツとかフランス人も一度食べると大好きになります。
あと何と言っても餃子とラーメンですね!
FotoJet (28) - Copie
ちょうど通りかかったところでは、ラブラブカップルがいちゃいちゃ。
するだろうな、と思ったら、
FotoJet (29) - Copie
やっぱりしました~。
ビズが挨拶でアムールの国ですからね、あちこちでよく見られます。
でも、アジア人はなんか似合わないんですよねぇ…
FotoJet (30) - Copie
ポルトガルのお菓子「パスティス・デ・ナタ」が美味しいお気に入りのお店
COMME A LISBONNE(コム・ア・リスボンヌ)」と
お隣りの系列カフェ「TASCA(タスカ) パリのカフェ4区~
の人気2店舗はヴァカンス期も営業中。
でも、それこそ誰にでも対応がいつも同じで優しいポルトガル系のご主人は
いらっしゃいませんでした。里帰りかしら?
FotoJet (31) - Copie
この後、マレの駅であるメトロ①号線の「サン=ポール」へ向かったのですが、
ホームでいましたよ~、ロマ系女スリが。
顔つきと電車を待つ乗客を見定めているのと、めぼしいカモがいないと
電車を何本でも見送るのですぐわかりまして、しばらく観察していたのですが、
この時のスリはスカーフを首元にふわりしていて、よく見ると、
スカーフの真ん中に穴を開けたものを頭からすぽっとかぶってまして、
スカーフで手元などが隠れるようになっておりました。
これは私ははじめて見ましたよ。
で、電車を1本見送った後、人気のなくなったホームのベンチにいったん座り、
スカーフをとっておりました。どうやら暑かったみたいです。
そんな光景を私は動き出した電車の中から眺めておりまして。
怪しいな、と思った時は電車に乗り込んできた時はもちろん、
乗らないで扉が閉まった後の行動でもすぐわかります。
この日はあともう2組スリを見たのですが、
その話はまた次回にいたしますね。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (37)
今週のとある水曜日、
ランチも兼ねてお昼からパリへお散歩に行ってまいりました。
ちょっと久しぶりだったエッフェル塔は8月の観光客でにぎやか楽しげで、
たまに来るだけの私も気分はルンルンにわかツーリスト♪
でもパリ1年目はエッフェル塔そば住まいだったので、
毎日当たり前に見ていた風景で思い出がいっぱい。
なんもかんもが新鮮で楽しい日々でした。
あ、そんな日々と感じたこともいつか書いておきたいな…
FotoJet (39)
街角で遭遇した左に写っているスレンダーで足長で超美形な姉妹は、
パパはフォト中央の黒いスーツの背の高い西洋人で、
ママはちょっと見えてないけどパパの前にいる小柄な南方系アジア人。
見事に2人のいいとこどりでみんな振り返ってましたよ~。
FotoJet (36)
懐かしいカルティエも歩いて、
FotoJet (38)
それから何とたった半日なのに3組のスリも見て。
これはそのうちの1組の、3人スリグループの後姿。
相手の女性に気づかれすんごい怒鳴られ、未遂に終わっておりました。
FotoJet (41)
途中ではこんなオサレなカフェでビールの一息休憩もしてみたりして。
でもグラスビール一杯が郊外の我が家近辺のカフェより結構お高くて、
やっぱりパリだな、今度はお値段を見てから入ろう、って思いました。へへ。
FotoJet (40)
そんな様子たちもまたちょこちょこご紹介してまいりますね。

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ