普段着のパリ、カルティエ

Foto (859)
メトロ、サン=ポール駅からすぐの久しぶりのマレ地区です。
このカルティエと言えば、このカフェ「レ・フィロゾフ」の
この優しい気取りのないイケメンスタッフさん♪
パリ4区ビストロ レ・フィロゾフとイケメンさん 
もしいたらお店に入って、またいいよ、って言ってくださったら
そのイケメンぶりをフォトしたいな、と思ったのですが、
この時はいらっしゃらなかったのです。残念。また今度ですね。

住所…28 Rue Vielle du Temple 4区 
TEL…01 48 87 49 64
営業日…年中無休、9時~翌日2時
HP→Les Philosophes

Foto (861)
「レ・フィロゾフ」のすぐ近くには、
小さいけれど緑に囲まれたテラス席が気持ちいいビストロ「ジャジャ」もあります。
ここもオープン当初に話題になってから今もマレ地区で支持を得ているお店。
Foto (860)
素材にこだわっているお店ですがランチは2品で19ユーロ、3品で23ユーロ。
しかも土曜日もランチをやっていて2品で21ユーロ、3品で25ユーロ。
お味は悪くないと思うし、便利なマレの真ん中とは思えない
テラスの雰囲気とを考えると、私はですがぜんぜん良いと思います。
ゴールデンウィーク中、パリのお天気がちょ~っと微妙なようなのですが、
曇りでもここは雰囲気が良いのでそれも嬉しいポイントです。

住所・・・3 rue Ste Croix de la Bretonnerie 4区
TEL・・・01 42 74 71 52
HP・・・jaja

Foto (863)
甘いものならマレではここは外せません。
ポルトガルのお菓子パステル・デ・ナタの大人気店「コム・ア・リスボンヌ」。
2011年にたまたま通りかかって見つけた時は開店してまだ5カ月。
その時の記事はコチラ→冬の始まりのマレ散歩・番外編
日本はもちろんパリの媒体でも一切紹介されていませんでしたが、
その後大人気店になり、TVでも紹介されるとうになってびっくり。
そして9区のギャラリー・ラファイエットの裏にも2号店が出来て
去年のはじめにご紹介した時の記事がコチラ。
ギャラリーラファイエットの裏にマレの人気店の2号店
このお店のパステル・デ・ナタは、
卵たっぷりのカスタードクリームの口触りと薄~い繊細な層のパイ生地、
どちらもが他にない美味しさなんです。
Foto (864)
そしてこの本店のお隣りには系列店のカフェ「タスカ」もオープン。
TASCA(タスカ) ~パリのカフェ 4区~
タスカは金曜日と土曜日の18時から22時まではワインバーになるよう。
予約は不可なのでアペロで早めに寄ってみるとよいかもしれませんね。
お店のポルトガルのご主人も優しい雰囲気でチャーミングです♡
今お店が増えたのでいらっしゃるかどうかはわからないけど…。

住所・・・37 RUE DU SICLE 4区
TEL・・・07 61 23 42 30
HP→COMME A LISBONNE
※タスカも同じ住所となります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (851)
何なんでしょうこの落差は!
いや、だから素晴らしいんだな、と、長年住んで、
と言っても十年ちょっとの超甘ちゃんですがわかるようになった
このパリのスペシャルな春夏の光と秋冬のモノクロームな対比感。
Foto (854) - Copie
とにかく、これからの季節が最高なんです。
全部キラッキラするんです。
その中には多数のスリもいるんですが。あは。それでも素敵なんです。
なので後は自分で気をつけよう!しかないのですが。
Foto (853) - Copie
女の子も肌だしが増えて。そりゃ男性たちが目を奪われるのは仕方ない。
いいじゃないっすか。それが若さっていうやつです。
Foto (852)
外国は恐いなぁ、って。うん、それはあるかもしれません。でも。
恐いなぁ、と、それだけで、
違う国の歴史や文化やその他新鮮なもろもろのことを知るチャンスを
やめちゃうのは、もったいないっぽい。
世界各国を女一人でリュック1つで旅して、
ぼったくられもあり~の、タクシーでやばかったもあり~の、
この人やばいかな、と思ったらめちゃいい人やん、ってのもあり~の。
そんでもってパリ暮らしに行きついたものとしては、思っちゃいます。
Foto (855)
ティーンエイジャーがいたので、写真撮らせて、と言ったら、
俺はノン。とか、うひひ、とそこまで言わない子とか。なので。
ノンな子はいいよ。OKな子はこっち見てくれると嬉しいな、と。
するとこんな感じ。面白い。さすがティーンエイジャー。
Foto (856)
このすぐ近くの、あのノートルダムでは大火災があったのだけど。
moiちゃんを含めおばちゃんやおじちゃんや大人な年代の人たちは、
は~、悲しい、とショック受けてるわけだけど。
若い子は青い分、余計な知ったかぶりもないのでさっぱり。世代ですね。
Foto (857)
やっぱりパリは楽しい。いつでもぜんっぜん飽きない。
Foto (858)
知らない街角もまた新鮮。
Foto (862)
なのでこれからもどんどこパリの素敵をご紹介します~。
併せて「危険」もです。それは外せませんね!んぎゃ!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (765)
以前は最寄り駅である「ポルト・ドュ・クリニャンクール」を出ると、
様々な人種の怪しげな人がうろうろしていて物売りも多くて
危険な雰囲気が漂っていたパリ18区の端っこクリニャンクール。
でもこのお店が出来ておしゃれなパリっ子たちが集まるようになって、
雰囲気が結構変わったように感じます。
それが駅のすぐ目の前にあるカフェ「ラ・ルシクルリー(La REcyclerie)」。
以前記事→パリ18区ラ・ルシクルリーは人気リサイクルカフェ
Foto (768)
1930年代まで使われていた鉄道と駅舎を再利用したこのお店は、
中古品をリサイクルした家具や雑貨がセンスよく使われ、無造作おしゃれ。
Foto (766)
こんなお店がおしゃれマレ地区や学生が多いカルチエ・ラタンとかではなく、
危険なことは否めない庶民カルティエ、
クリニャンクールにいきなり出来るって斬新です。
Foto (767)
ネガティヴなイメージの街でもこんな手法で変わるんだな、と。
そんなことを感じるお店です。
私的には線路沿いなところがお茶の水とかそばの神保町と重なります。
お茶の水も神保町もあのままがいいと思うけど、そうもいかないようで。
だったら特色のないチェーン店が軒を連ねるよりはいっそ、
がらっとこんなお店にしてしまうのもいいかも。いやわかんないけど。
Foto (763)
店内もかわいいけど線路に沿ったテラス席も気持ちが良い♪
Foto (764)
ビールが3、5ユーロ、イタリアのスパークリングワイン
「ブロセッコ」もグラスで4ユーロと。
シャンゼリゼあたりだと倍近いお値段になるけど、そのてんでも良心的。
若いパリっ子が集まるのも納得です。
Foto (2)
今からの季節に超~気持ちいい、楽しいカフェ。
クリニャンクールに来たら一杯でもいいから寄りたいお店です♪
住所…83 boulevard Ornano 18区
TEL…01 42 57 58 49
メトロ…④号線「Porte de Clignancourt」
HP…La REcyclerie

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (815)
昨日は仕事でパリに行ったので、
ノートルダムの姿を自分の目で確かめてまいりました。
Foto (816)
ノートルダムに向かう道はすべて封鎖され、
その前でたくさんの人たちがノートルダムを見つめております。
Foto (817)
各国のTV局もニュースレポート中。
こちらはスペインからのクルー。
Foto (818)
こちらはドイツだそう。
Foto (819)
そしてこれが今のノートルダムの姿です。
TVで上空からの燃え盛る画像を見た時は、正直、
もうダメだ、全部なくなってしまう…と本当に悲しかったのですが。
Foto (820)
覚悟して緊張しながら近づき、視界に入った時は、
想像よりもずっと形がしっかり残っていて、目印の高い尖塔はないけれど、
上部は黒いすすにおおわれ痛々しいのは否めないけど、
それでも大丈夫、今も美しい、とこみ上げるものがありました。
Foto (821)
こんなに残念なことはない、というのはみんながわかっていること。
大切なものが消失したのは事実です。
でも、起こってしまったのです。決して元には戻れないのですよね。
Foto (822)
なので、今は再建の完成を願うだけです。
Foto (823)
まだ若干の混乱はあるけれど、パリの街の元気も確認しました。
Foto (825)
パリは今日も美しいです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (809)
いつも観ている夜7時40分からのニュースで知ったノートルダムの火災。
夕飯の仕度をしながらだったので、半分聞きながら観ながら、
という感じだったのですが。
沈痛な面持ちでキャスターが「ノートルダム」という言葉を発し、んっ?と。
でもフランスにはノートルダムとつく建物がたくさんあるので何だろうと観ると、
パリのあのノートルダムが燃えていました。
夕方18時50分頃からとのこと。
荘厳な寺院がオレンジ色に燃え盛り、夕暮れのパリの空に、
ノートルダムの歴史がそのまま灰色の煙に形を変えたかのように、
大きく重く立ち上がっていました。
その光景はTV画面で見ても衝撃的で悲しい圧巻さでした。
800年以上の歴史があり、フランス革命では半ば朽ち果て、
その後の修復などを経て、この混沌とした21世紀も、
パリの真ん中のシテ島でいつだって見守ってくれていたノートルダム。
ずっしりと構えるその存在は、フランスの宝と歴史を背負いつつ、
パリの人々にとっては当たり前のようにそこにあり、
パリの街の大黒柱であったと思います。
そして、世界中の人々にとっては本物を見てみたい、感じてみたい、
という憧れだったと思います。
そのノートルダムにこのようなことが起こったのが本当に残念でなりません。
でも。今日はもうフランスは再建に向けて動き出しております。
Foto (811)
Foto (812)
主要な骨組みと大聖堂の象徴的な2つの塔、シンボルの鐘楼は消失を免れ,
最悪の事態だけは避けられました。
宗教を越えたみんなの祈りが通じたと思います。
イエス・キリストが十字架刑に処せられる際にかぶっていたとされる、
いばらの冠、13世紀にルイ9世が着用したチュニックなど、
重要な美術品や宗教的物品は救援隊員さんによって無事に回収されました。
正面、北、南にあった3つのバラ窓のステンドグラスは3つとも無事だと、
フランスの主要サイトニュースが伝えております。
巨大なパイプオルガンと他に2つあるパイプオルガンも無事。
火の広がりが急速だった屋根を支えていた12世紀と13世紀の木の梁は完全に消失。
再建のための同じ大きさの木を見つけるのが大変だとのことですが、
すでにブルゴーニュなどの600年以上経つ木が候補に挙がっているようです。
修復期間ですが、20世紀に入ってから起こったこのような大規模な火災は
再建にそれぞれ10年~13年くらいかかっているとのこと。
このノートルダムがどれくらいの期間で可能かは
もう少し先にならないとわかりませんが、
自分が生きてる間にはもう美しいノートルダムは見れないだろうな、
と思っていたので、もし見れたら嬉しいです。
21世紀のチカラが生かされるといいですね。
でも見れなくても、未来のために残ればそれでいいんです。
最後に、勇敢な400人の消防士さんたちに感謝です。
とてもリスクが高い中、立ち向かう姿に
ありがとうという言葉しか思い浮かびません。
お1人の方が重症とのことで1日も早い回復を心から願っております。

※追記。17日のお昼のニュースでは
再建に5年くらい?という話が伝えられております。
世界中の素晴らしい人の知識と力で実現するといいですね!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ