普段着のパリ、カルティエ

IMG_3307
現在パリは「グラン・パリ・エクスプレス」計画が進められていて、
全体的な完成は2030年をめどに、
パリオリンピックがある2024年までには、
施設までのアクセスが便利になるよう工事が行われています。
(ただしフランスらしく?!2024年までに間に合わなさそうですが)
で、何と言っても1~14号線まであるメトロが
18号線まで増えるのが大きなところ。
パリ郊外を含め68の新駅が出来るとのこと。
その68のうちの1つが我が家から徒歩10分くらいのところ。
今はRER線だけなので、メトロが出来たらすごく便利になるはず。
それはとても嬉しいのですが、でも残念なこともあって、
あちこちで開発が進んでいて、
たとえば19世紀の歴史ある公衆浴場の建物が
表のファサードだけ残して新しい建物になったり、
昔ながらの商店街の一帯が壊され、
アパルトマンが建設中になったりで、
趣のあった風景が急激に変わってきているのです。
写真は我が家から近い場所に建築中のアパルトマン。
モダンな低層アパルトマンでなかなか素敵なんです。
この奥にもデザインが少しずつ違うものがいくつも建築中。
日本のマンションと変わらないですよねぇ。
IMG_3308
やはり新駅が出来る場所の目の前に住んでるお宅は、
土地を買い上げたいという業者が来て、
はじめ言われた値段を断ったらどんどん値が上がって、
簡単に二倍になったそう。で、売ることに決めたとのこと。
その一帯が全部買われていて大規模アパルトマンが作られるんだそう。
パリを囲む郊外のあちこちで、アパルトマンの他にも、
総合施設建設などの大規模プロジェクトが進められているので、
2024年、2030年には郊外も大きく変わっているかもしれません。
時代の流れなのでしかたないけれど、
せめてフランスの歴史あるものは古いものを大事にするフランスらしく
保存して欲しいな、と思います。公衆浴場はほんと残念でした。
日本も昔ながらの銭湯がなくなってきて寂しいですよねぇ。
なんつって私もそんなに行ったことはないので、
今はもっと行っときゃよかった思ってるんです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_3157 - コピー - コピー

去年の年末からフランス恒例?!のガストロが流行りだしたことは
お伝えいたしました。
要注意!パリでガストロが流行りだしての牡蠣フライ
ガストロとはウィルス性胃腸炎のことで、
正式名は「ガストロ=アンテリ(Gastro-entérite)」。
下痢、嘔吐、発熱が2、3日続くというもの。
家で誰か1人がガストロにかかってしまうと
家族全員にうつってしまうという超強力ウィルス。
普段からのまめな手洗いとうがいがとにかく大事なのですが、
外に出たら難しい場合の方が多いですね。
ということで私は絶対かかりたくないので、
「イドロアルコリック・プー・マン(Hydroalcolique pour mains)」
=携帯用除菌ジェルを買ってまいりました。
ドイツ系スーパーリドルで1ユーロくらいだったかしら。
外では電車でも街中でもなるべく手袋をつけて、
おトイレがあれば手洗いをして、うがいもしておく、
そしておトイレから出た時もこのジェルを使う、
(なぜならおトイレの出入り口の取っ手も危険だから)など
徹底しようと思っております。
それから日本の方だとマスクも外せないのでは、
と思う方が多いと思います。
日本に帰った時、たくさんの方が普段からマスクをしていて、
旅行者ではなく日本在住らしい外国の方もマスクをしていて
日本に住んだら外国の人にもマスクはなじむんだな、と
ちょっと興味深かったのですが。
ここフランスではマスクをしているのはアジア人観光客だけ。
花粉症の時期にわたくしマスクをしていたら、
通り過がりの人やちびっ子に穴が開くほど見つめられ、
目立って恥ずかしいてしかたなかったのです。
なのでマスク装着はなかなか勇気がいるのですが、
今考えているのはマフラーで鼻から下を、
ぐるぐる巻きにして電車に乗ろうかな、と。
たいしたアイディアじゃないので、対策それかい?!
と突っ込まれたらその通りなのですけど…。
でもマスクの凝視、注目のされ方がほんと困っちゃうのですよ。
特にパリ郊外我が街では。
あ、マスクしてその上にマフラーぐるぐるすれば目立たないかな?
うん、それいいかも。そうしましょ。
で、万が一ガストロになってしまったら、
コーラかブラックコーヒーがいいと言われております。
これはフランスで昔からある習慣。
何とお医者さんも推奨しているそうな。
カフェインや化学物質的なものが毒素を流してくれるとか何とか。
私はまだガストロにかかったことがないので、効きます!
とは言えないのですが、いざという時は試すつもりです。
ガストロは強力だけど3日くらいでおさまってくるようなので、
コーラかコーヒーを飲んでとにかく流して3日くらい耐える、
というのが多くの方の治し方のよう。
これからはフランスもインフルエンザが流行ってくるはず。
同じ対策でインフルエンザも防止しようと思っております。
今年もガストロ&インフルエンザにかからないぞ~。うぉ~!!
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_2763 - コピー
ピガール駅前の人気食堂でごはんをいただいた後は。
久しぶりパリの大人気食堂はメニューが変わっていた!
少し界隈を夜のお散歩。
IMG_2766 - コピー
ピガールはパリ一の歓楽街。
日本で言うところの新宿歌舞伎町チックなところでしょうか。
IMG_2769 - コピー
夜にはネオンがチカチカで原色煌びやかです。
IMG_2768 - コピー
ただ表通りを歩くだけならすごい危険というわけではありません。
観光客もものすご~く多いですしね。
気をつける点は男性だったら客引きに気をつけるとか、
裏通りの人気ないところを歩いたりしないということ。
IMG_2771 - コピー
どうしてもお店に入りたい場合は、
それなりの支払いを覚悟した方がいいかもしれません。
IMG_2772 - コピー
この大歓楽街にひと際赤く目立つ建物があります。
IMG_2775 - コピー2
1889年誕生のキャバレー「ムーラン・ルージュ」です。
フレンチカンカンと言えばここ。
ロートレックが通ってたくさんのポスターを描いたことでも有名ですね。
ランチ&ショー、ディナー&ショー、ドリンク&ショーなどのコースがありますが、
予約したコースによって席の割り振りがかなり変わってきます。
それも考慮した上で選ぶのがよいかと思います。
ちなみにダンサーの美しさでは「クレージーホース」と言われております。
フランスのドキュメンタリーでもよくクレイジーホースが特集されるのですが、
バツグンの美しさとスタイルはお人形のよう。そして高い芸術性の舞台。
ダンサーとして合格するのは超難関なようです。
IMG_2778 - コピー
この時は夜がはじまったばかりですが、すでに大勢の観光客の姿。
IMG_2779 - コピー
これが夜中まで続きます。
むしろ帰りの人気少ないメトロや構内の方が危険かもしれません。
IMG_2781 - コピー
ということでこのピガールにぴったりな曲が、
またほんとこのフォトをブログに張り付けてる時にかかって、
あら、これいいわ、って。
今やフランスを代表するDJとなった若き才能クングス(Kungs)の、
80sな雰囲気たっぷりのPVです。
夜のピガールでは、
こんなめに遭わないようどうぞご注意を!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_2789 - コピー
シャンゼリゼのクリスマスイルミネーションも綺麗だけど、
パリは観光地じゃない何気ない街角も今の時期とっても綺麗なんです。
IMG_2796 - コピー
ここはパリに来てはじめて住んだ7区のカルティエ。
この時のクリスマスは確か私のアパルトマンでの持ち寄りで、
お友達とミルク坊やと4人(匹)で過ごしたクリスマス。
皆これからどうなるのかまったくわからないパリ生活だったけど、
とても楽しかったのです。
IMG_2815 - コピー
フランスのクリスマスは日本のお正月のように家族で過ごすのが一般的。
なので外国から来た私のようなものや、
家族がいない人は寂しいクリスマスになってしまうことがあるんです。
しかも24日と25日は多くのお店が閉まって街は閑散。
私も一度寂しいクリスマスを送ったことがあります。
でも、今はそれも懐かしい思い出。
IMG_2817 - コピー
やっぱりパリのクリスマスはよいよい。
地上のパリは、日本から戻ってくる上空で見た眩い光でいっぱいの
パリそのままです。
IMG_2822 - コピー
すごく寒いけど、旅行で来るのでも最高かな、と思います。
でもでも、ご存知の方も多いかと思いますが12月5日木曜日から、
フランスは全土で、マクロン大統領の年金制度見直し法案に反対して、
RATP(パリ交通公団)とSNCF(フランス国鉄)の労働組合を中心に、
警察官や弁護士の組合も参加しての、
無期限の大規模ストが行われる予定なんですよね。
メトロやRER線は運休又は朝と夕方のみの運行がほとんどになるよう。
いったいどうなってしまうのか…。
旅行の方はどうぞ十分ご注意なさってください。
外務省情報→パリ大規模ストライキ及びデモに関する注意喚起
IMG_2825
ここではパーティーが開催されておりました。
皆さん飲んで食べて大盛り上がり。
IMG_2824 - コピー
途中では秋田犬ちゃんに遭遇。
Tokyoという名前のまだ6か月のべべちゃんです。
IMG_2823 - コピー
すごい甘ったれでめちゃくちゃ可愛かった♪
パリでは柴犬ちゃんも大人気ですが、
最近は秋田犬ちゃんにもよく出会います。
このおしゃれなパリの風景の中での日本犬ちゃんていうのが、
なんだかおとぼけチックで超可愛いんですよねぇ~。
く~、この前足もくるりんしっぽも日本顔もたまんない!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_1448 - コピー
パリ11区の裏通りを歩いていたら、
おしゃれカフェの前に何やら撮影機材が。しかもかなり大掛かり。
通りかかった人たちが立ち止まってスマホでフォトしていたので、
私もカメラ小僧になってカシャカシャ。
スタッフさんに、映画の撮影ですか?と尋ねると、そうだよ、と。
IMG_1449 - コピー
窓から見ると、俳優さんと女優さんがテーブルに座ってスタンバイ。
その周りでたくさんのスタッフさんが撮影の準備をしております。
女優さんはどなたかわからなかったのですが、スレンダーな美しい方。
映画のタイトルだけ知りたいな、と、
またスタッフさんに、映画の名前教えてください、と聞いたら、
えっと何だっけなぁ…あ、そうだ「ル・ディスコ」だよ、と。
IMG_1451 - コピー
スタッフさんが映画の名前を忘れていたのがちょっと可笑しかったけど
「ル・ディスコ」ですって。
きっと一か月か二か月くらいしたら、
街中に看板が出て、監督さんや俳優さんが番宣のためにTVに出てくることでしょう。
それにしても、よくこんな裏通りにある素敵カフェを見つけてくるな、と。
ロケハン(ロケーション・ハンティング)ちゃんとやってるんでしょうねぇ。
で、映画の名前を知れてとりあえずよかったので、
お邪魔虫は退散したのでした~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ