普段着のパリのカルティエ

RIMG6623 - Copie
文豪ヴィクトル・ユゴー(1802-1885)が1832年から1848年までの16年間住んだのは、ヴォージュ広場(当時はロワイヤル広場)に面したこの赤レンガのアパルトマンの2階部分(日本でいう3階)で、広さは280㎡。
RIMG6624 - Copie
1902年に「Maisons de Victor Hugo」、ヴィクトル・ユゴーの家という美術館として開館し、現在は0階(日本でいう1階)から美術館関係の敷地となっています。
RIMG6628 - Copie
当時30歳だったヴィクトル・ユゴーはすでに「ノートル・ダム・ド・パリ」などで成功を収めていて、妻のアデルと4人の子供とでこの邸宅に移ってきたそう。
RIMG6639 - Copie
で、まずは控えの間でユゴーと家族の肖像画などが飾られています。
RIMG6646 - Copie
次はこの赤いサロンがあって、ここにはテオフィル・ゴーティエやアレクサンドル・デュマも集まり、論議を交わしていたとか。かなり広かったですよ。
ここで当時の文化人たちは何を飲んで何を召し上がっていたのでしょうか。
今だとリッチなフランス人宅だと、アペリティフのおつまみにお鮨を注文する、
な~んて話も聞いたこともあるけど…
RIMG6641 - Copie
ユゴー自身の彫像も当時のまま同じ場所に置かれていました。
欧米人の家にはよく家族や自分の写真がところせましと飾られていますが、
それもちょっと同じ流れなのでしょうか。
そういえば我が家も旦那の家族の写真が結構あちこちに。
RIMG6680 - Copie
ここは、ユゴーがナポレオン3世の帝政に反対し1851年以降、ベルギーのブリュッセルを経てブルターニュ近くの英国の島「Guernesey」に亡命していた時に住んでいた家の再現の中国風サロン。
RIMG6654 - Copie
スペシャルで印象的なお部屋でございます。
RIMG6679 - Copie
1848年にユゴーがこの家を引き払った後はまた別の人たちが住んで、間取りは当時のままではないそうですが、それでもこうしてユゴーの趣味が伝わってきて興味深いのです。
RIMG6660 - Copie
ここは中世のネオゴシック様式の食堂。
RIMG6659 - Copie
当時使われていた鏡が当時の写真と共に展示されていました。
RIMG6663 - Copie
これも実際に使われていた引き出し。
この奥にはユゴーの最後の住まいとなった16区のアパルトマンの寝室も再現されておりましたが、ユゴーの亡くなった時と思われる写真がありましたので撮影は控えさせていただきました。
RIMG6684 - Copie
戻る際、赤いサロンを再び通ると、学校の課外授業でしょうか、
美術館の人に説明を受けるティーンエイジャーたちが。
みんなとても真面目に真剣に聞いてましたよ~。
私のティーンエイジャーの時と大違い…
RIMG6687 - Copie
この家の16年間の間にあの「レ・ミゼラブル」の執筆も始まったそう。
そしてこの16年の間に妻アデルが文芸評論家のサント・ブーヴとアマンの関係になり、ショックを受けたユゴーですが、その後長く連れ添うことになる女優のジュリエット・ドゥルーエとの出会いがあり、でもでもその他にも何人かの女性との恋愛遍歴もあったようです。
RIMG6631 - Copie
議員として政治活動もし、そして83歳で亡くなりパンテオンへと埋葬されています。
RIMG6671 - Copie
アパルトマンの一部が美術館になっているのでこじんまりとしておりますが、
ヴォージュ広場に来た際に寄ってみるのになかなかよいところ。
それと、受付の女性の方がと~っても優しくて感じがよかったのです。
素敵な対応ってなんて素敵なんだろう、って思いました!

住所…6 place des Vosges 4区
TEL…01 42 72 10 16
開館時間…10時~18時
休み…月曜日、祝日
入館料…常設展は無料
HP…「Maisons de Victor Hugo

さてさて、ここヴォージュ広場近くにはもう1つ、やはり常設展示が無料の
「カルナヴァレ美術館」があるのですが、今回はまずこのヴィクトル・ユゴーの家を。
大きめカルナヴァレはまた近々じっくりレポさせていただきたいと思っております。
あとですね。今日からフランスは夏時間となりました~。
昨日までフランスとジャポンは8時間の時差でしたが今日から7時間。
これからどんどこ日が長くなってきて嬉しいです~

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6620 - Copie
ちょっとした近道の途中では太陽の光をめいっぱい満喫しながら絵を書く人たちの姿も。
パリの女性たちは太陽をめいっぱい楽しむ人が多かったり暑ければすぐ薄着になります。
役所の人だって真夏はタンクトップ姿もあるし中にはタトゥーが入ってる人も。
日本で渡仏前に派遣で短期で働いた銀行ではノースリーブもだめだったので、
フランスと日本は本当に違うなぁ、と来た当初つくづく思ったものです。
RIMG6695 - Copie
さてさてここを抜ければ、
RIMG6692 - Copie
パリで最も古い広場の1つである「ヴォージュ広場」へ。
正方形の広場を36の赤レンガの建物が取り囲むここは、
1612年に出来た当初は「ロワイヤル広場」と呼ばれましたが、
その後5度ほど名前が変わり、革命により1800年に「ヴォージュ広場」に。
ヴォージュとはロレーヌ地方の県の名前からきていて、
革命後、一番最初に税金を支払ったのがヴォージュ県だったため付けられたそう。
RIMG6694 - Copie
当時は貴族たちが住み、現在も高級住宅である建物の下は美しいアーチ型の回廊になっていて、レストランやサロン・ド・テ、ブティック、ギャラリーなどが並んでいます。
RIMG6693 - Copie
そんな中でわたしもときどき寄るお店がこの「ダマン・フレール」ヴォージュ広場店。
日本ではフランスの紅茶というとマリアージュフレールが有名ですが、
こちらの方が古くしかもちょっと安くそしてこっちも美味しいのです。
→「ほっと一息。DAMMANN FRERE(ダマン・フレール)でちょっとテー・タイム
でもこの日はダマン・フレールではなく、
RIMG6688 - Copie
赤レンガ建物の一角にある常設展示が無料のこの美術館、
RIMG6622 - Copie
文豪ヴィクトル・ユゴーが16年間住んでいた「Maisons de Victor Hugo」
ヴィクトル・ユゴーの家です
無料で素晴らしい美術館といえば「ブールデル美術館」がすぐ思い浮かぶのですが。
夏編→「ブールデル美術館(Musée Bourdelle )~15区~
秋編→「再訪、秋色のブールデル美術館
ここでパリの無料美術館のすごさに感動したのでちょいと他のとこも行ってみよう、と。
ということで次回はヴィクトル・ユゴーの家をご案内させていただきます。

                    つづく

………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6539 - Copie
20度以上になったこの日はセールでゲットしたダンガリーのシャツワンピに、
よくブログにお邪魔させていただいてるビー玉さん
→「おっちょこ主婦の家計救出ブログ
が、赤い靴もきっとかわいい、とすすめてくれたので、
ちょっと前に郊外の大型シューズ店で買ったイタリア製のモカシンを合わせて、
素足の足取りも軽やかなスタートです♪
(赤い靴なんて超久しぶりに履いたのでなんだか赤がちょいちょい目に入る~。)
RIMG6613 - Copie
そして降り立ったのはメトロ①号線の「サン=ポール駅」。
観光客にも、そしてパリジャン、パリジェンヌにも人気のマレ地区があって、
おしゃれなショップやカフェが並び、いつでも賑わっているカルティエです。
RIMG6616 - Copie
前回来たのは10月のこの時以来なので、
→「マレ地区サン・ポール・サン・ルイ教会の路地裏散歩 ~4区
冬を超えて半年ぶりとなります。冬を超えてとさらっと書いたけど、
今年も暗い曇りの日が続くパリの冬を超えられてホント嬉しいです~。
(でも毎週の楽しいマルシェのおかげで意外と大丈夫だったかしら…)
RIMG6615 - Copie
パリ(&郊外)の人たちも皆この季節を待ち望んでいました。
あ、皆は大袈裟か。冬が好きな方もいらっしゃいますもんね。あと曇りが好きな方も。
松田聖子さんは曇りが落ち着くと昔何かで読んだことがありますが、
あの方は実年齢より老けて見える欧米人からしたらきっと奇跡だと思います。
こちらの方々は30代後半に入ったくらいから実年齢より10歳くらい上に見えることが日本人からしたら多いと思うのですが、逆にこちらの方々からすると、日本人、アジア人が実年齢より下に見える、ということらしいのです。
ま、子供っぽく見える、っていうのもあるようですが。
RIMG6699 - Copie
ここはユダヤ人街でもあるのでこのような黒い帽子と黒いコートの方もたくさんいて。
この服装はユダヤ教の聖書の律法を厳格に守る超正統派(ハレーディー)の方々。
RIMG6700 - Copie
ゲイエリアとしてもよく知られるこのマレは、
こんな風に流行と文化と人種と古さと新しさが常にぎゅっと詰まったカルティエ。
RIMG6617 - Copie
それもまた魅力なのです。
RIMG6689 - Copie
そしてマレの通りたちを抜けて向かったのは、サン=ポール駅から歩いて5、6分の、
パリで最も古い広場、ヴォージュ広場です。
 
                    つづく

………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6609 - Copie
メトロの通路で見つけたフランスの国鉄「RATP」のキュートな大ポスターは、
メトロで歌っていた人気ミュージシャンたちを描いたもの。
RATPの紹介ページはコチラ→「MUSICIENS DU METRO
RIMG6610 - Copie
パリのメトロは国から許可をもらって歌えるミュージシャンと許可を持たないで歌うミュージシャン(中には聴くと到底ミュージシャンとは思えないお金目的だけのなんちゃってな人も…)がいて、許可をもらえる人は毎年2000人のオーディションの中から受かった300人程度。かなり難関なのです。

私も大好きなトゥール出身のザーズ(ZAZ)も、
パリではナイトクラブとメトロで歌うことからはじめたそう。
RIMG6611 - Copie
最初に行った語学学校のテキストに彼の物語が出てきたことがあって私も知った
セネガル出身のテテ(Tété)もメトロから。



ナイジェリア出身で世界的にも知られるキザイア・ジョーンズ(KEZIAH JONES)
もメトロから。

この演奏、歌声、しびれます!!
RIMG6612 - Copie
パリのメトロで素敵な音楽に出会ったら、ちょっと立ち止まって耳をかたむけてみるのも、またパリらしいワンシーンなのです。そしてそれが素敵な演奏だったらぜひミニライブのチップもチャリーンとね♪

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6692 - Copie
暖かくなった昨日は(20度前後)ジャケットなしでのんびりパリ散歩。
RIMG6700 - Copie
私のように薄着の人もいれば、まだまだ分厚い冬のコートの人もいて。
でもこれは今の時期だけじゃなく真夏でも肌寒ければ冬のジャケットを着こむ人多し。
パリの人は結構おしゃれに力入れてないのです。
これ、パリにやってきた日本人がよく気づくパリあるある。
RIMG6601 - Copie
静かな裏通りで見つけたビストロもとても居心地がよくて。
RIMG6605 - Copie
再現したくなる1品にも出会って、これはあれ使ってるなぁ、
とか思いながらお味を頭にインプット。
RIMG6621 - Copie
RIMG6640 - Copie
小さな美術館やパッサージュ(屋根付きのアーケード街)にも立ち寄って。
RIMG6718 - Copie
そんな春散歩の風景たち、ちょっとずつフォト整理してまたご紹介させていただけたらと思います。

追記…昨日はフランス全土で気温が20度を超え25度近くまで上がったところも多かったようですが、今日は13度くらい。今の時期は温度差が激しいです…

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


↑このページのトップヘ