普段着のパリ、カルティエ

 RIMG4205 - Copie
エッフェル塔のよく見える夕暮れのビラケム橋にやって来ました。
→「地下鉄の「ザジ」も歩いたビラケム(Bir-Hakeim)橋からの秋のはじまりパリ散歩
するとちょうど結婚記念の写真を撮っている
カップルとカメラマンさんがいらっしゃって。
おおラッキー!
RIMG4204 - Copie
でもここ、しょっちゅうこうして撮影が行われているので珍しくはないのです。
で~も嬉すぃ。
RIMG4207 - Copie
通りがかりのファミリーも、綺麗だねぇ、って眺めていきます。
RIMG4210 - Copie
夕暮れは人通りもさらに多くないので(ここは日中もそれほどには多くない)、
後ろに人が写っちゃうとやはりあまり美しくないので
カメラマンさんも撮りやすくていいですね。
で、わたくしもカメラマンさんの後方で邪魔しないように、
ちょっとだけ撮らせていただいて。
でも、花嫁さんに近づけなくてそれが残念。
エキゾチックな顔立ちのと~っても綺麗お嫁さんだったんですよ。
RIMG4214 - Copie
幸せいっぱいのお2人さん、どうぞこれからも末永くお幸せでありますように♡
RIMG4218 - Copie
さてさて夜が本気でせまってまいりましたので。
RIMG4219 - Copie
パリの大キラキラ地帯へと向かいましょう。
RIMG4223 - Copie
美しいノエルのシャンゼリゼです。
                  

 …………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

RIMG3669
パンテオン前の大通りを真っすぐ行くと正面にリュクサンブール公園。
そこにまた戻りまして今度はこの公園沿いの大通りをパンテオンを正面にして左方向にしばらく行くと、
RIMG3715
ソルボンヌ大学の最寄りであるクリュニー=ラ・ソルボンヌ駅周辺に到着です。
ソルボンヌ以外にもいくつかの大学があって学生街のここは本屋さんも結構並んでいて、
いつ来ても人通りが多く活気にあふれています。
私的には日本で言うところの御茶ノ水&神保町チックかしら。
って御茶ノ水&神保町好きなもんだからつい浮かんじゃうんです~。
RIMG3716
パンテオンから歩いてきた大通りを振り返ってみましたよん。すると、
青い看板の本屋さんの脇に2本の裏通り。実はそのうちの特にフォトではちょっと切れて写っている手前通りはわたくしのちょいとお気に入り小さ通り。
じゃ、ご紹介もかねて行っておきましょ。
RIMG3706
と言っても何てことないと言えば何てことない裏通りなのですが、
ちょいとスペシャルなお店が一軒、ここにあるのです。それが、
RIMG3709
ここ「PATISSERLE VIENNOISE」。
4年前の2012年にこの味わいのある年季の入ったスペシャルな雰囲気のお店を見つけた時は、
なんだかパリの中でや~っと本当に好みなとこに出会えた感で。
その時の記事はこちらです。
→「CLUNY LA SORBONNE を歩く③ ~味わい喫茶店にて~
そして今回またブログでこのお店をご紹介するにあたってネットで見てみたら、
2008年にすでにこちらの記事で紹介されておりました。
→「ハヤクー
もう1つ今度は日本のパリ情報フリーペーパーでも2014年に紹介があったようです。
→「Ovni
参考になることが書かれておりますのでご興味のある方はご覧になっていただければと思います。
RIMG3712
でもカフェインをとるにはちょっと遅過ぎ時間なので一杯はまた今度で。
moiっぺ、夕方以降にコーヒーを飲むと朝まで寝むれない方ですのでね。
RIMG3717
さて「PATISSERLE VIENNOISE」のある裏通りから戻るとちょうど右斜め前に建っているのは、
パリ市内に住んでいた時ときどき観に来ていた1938年に出来た名画座映画館の「LE CHAMPO」。
上映時間前になるといつも映画好きさんたちが行列を作っております。
HP→「LE CHAMPO
RIMG3719
その「LE CHAMPO」の一軒隣り向こうにあるのが老舗ブラッセリーの「BALZAR」。
お手頃ビストロに比べるとお値段は少々お高めですがお店の方々の対応が気持ちよくて、
なかなか素敵な時間が過ごせるお店でございます。
以前来た時の記事はコチラ。
→「老舗ブラッセリー・バルザール(BALZAR) ~パリのブラッセリー 5区~
このカルティエには実はもう1つちょっと面白い「クリュ二ー中世美術館」もあるのですが、
ちょっと夕暮れてまいりましたのでまた近々来て時間をかけてご紹介させていただければと思います。
RIMG3722
ということで「クリュニー=ラ・ソルボンヌ駅」でメトロに乗って、
たくさん歩いたカルチェ・ラタンを後にしたのでした。


                                           つづく

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!



RIMG3658 - Copie
さ、パリ散歩の続きをまとめてまいります!
まずは5区パンテオンを背に正面大通りをそのままま~っ直ぐ行きましょう。
RIMG3669
そうするとあ~ら簡単。6区リュクサンブール公園に到着です。
パンテオンからそうですねぇ。歩いて5~6分てとこでしょうか。目と耳の先くらいかしら。
パリは小さいのでいろいろカルティエが思ったよりそれぞれ近めなのです。
RIMG3671
夕暮れがちょうどはじまったところ。カメラ小僧には美味しい時間でございます。
RIMG3674
しかしほんと晴天に恵まれている今年の冬パリ。今朝も真っ赤朝焼け見れましたよん。
RIMG3675
キャメラを持ってうろうろしているのでしょっちゅう観光客に思われ、
おかげで結構皆さんに、いいよいいよ、撮りな。思い出だもんね。って言ってもらえちゃう。
ありがたいです。いやごめんなさいかな。でもやっぱりありがたいです!
RIMG3680
仕事帰りの方っぽい人も学生さんも、
RIMG3684
パリの冬の光を少しでも浴びようとやって来ます。
RIMG3688
RIMG3694
RIMG3696
まだ日本に住んでてパリに住むなんて想像もしていなかった頃、
雑誌なんかで、パリの人は真冬でも太陽が出ていれば公園やカフェのテラス席で過ごす、
な~んて記事を読んでいたけど。
はじめて旅でパリに来た冬、そんな光景を見て、本当だ~!って思ったものでした。
が、が、盛り過ぎやなぁ、だったことも結構たくさんあった気が…。
RIMG3697
老いも若きもの~んびり冬パリ三昧。
RIMG3701
夏のヴァカンスもたとえば海辺のそばの家を借りてひたすらのんびり過ごす人が多い。
あちこち移動移動はしないんですよねぇ。
RIMG3705
でも景色はやはり冬色寒色系。
夏編記事も貼り付けさせていただいておきますのでお時間があればご覧になってみてください。
→「パリ観光。夏リュクサンブール公園編
ということでパリの左岸市民たちの憩いの場、リュクサンブール公園を後にし、
今度はまたここから目と耳の先くらいのカルティエへ歩いて向かいたいと思いま~す。

                      つづく

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG3636 - Copie
正面右手にパンテオン。まで戻ってきてからの続きでございます。
RIMG3656 - Copie
ということで聖ジュヌヴィエヴの丘にそびえたちます幅110メートル、奥行き84メートルのパンテオン。
1758年着工で1792年に竣工された新古典主義建築だそうです。
RIMG3657 - Copie
フランスの偉人たちが眠る墓所でありまして、キュリーご夫妻、ヴィクトル・ユゴー、ジャン=ジャック・ルソー、エミール・ゾラなどが眠っていらっしゃいます。
学生さんたちがこの入ったすぐの階段に座って気軽におしゃべりを楽しむ場所でもあります。
ここと夜のサン・ド二門は迫力がありますねぇ。
サン・ド二門記事はコチラ→「サン・ド二門付近を歩く
RIMG3650 - Copie
このパンテオンのすぐ右側には、
RIMG3652 - Copie
またまた学生さんたちが今度は長蛇の列を作っておりまして。
午後の開館がもうすぐ始まりそうなここは、
RIMG3654 - Copie
「サント・ジュヌヴィエヴ図書館」。ここも1851年に建てられた歴史ある建物図書館。
学生街カルティエなので図書館も混み混みなんですね。
18歳以上でパスポートなどの身分証を提示すれば誰でも会員になれるようです。
RIMG3658 - Copie
そしてパンテオンの前の大通りの向こうに見えるのは冬のはじまりのリュクサンブール公園と、
その向こうにはエッフェル塔。
あの公園に行く前に手前左の通りにちょっと行っておきましょう。
RIMG3664 - Copie
ここもわたくしが結構よく歩く通りなのですが、今回ちょっとショックだったことがありまして。
RIMG3659 - Copie
旅でパリに来ている時から好きだった年季の入った古本屋さんが閉店していて空になっていたのです。
いつかなくなるような予感はしていたのですが、ついにか、と。とても残念です。
でもこれも時の流れ。しかたありません。
大好きだった御茶ノ水のトリスバー「まいまいつぶろ」もなくなってからかなり月日がたちました。
パリでも「まいまいつぶろ」のようなお店を探してみたこともありましたが、
今はマルシェのポルトガルバーが私の心の灯、いや朝日でございます。
ちなみに「まいまいつぶろ」とは、
RIMG3662 - Copie
「かたつむり」のことだそうです。わたくし結構長い間知りませんでした。
あ、そう言えば今かたつむり食べまくっとる。あちゃ~…
RIMG3667 - Copie
さてと。それでは元のパンテオン前の大通りに戻りましょうか。

RIMG3668 - Copie
するとその大通りにロケ隊がいて、味のあるムッシューが(右の方)、
「わしの思い出カルティエ」的な感じでインタビューを受けながらの撮影がちょうど行われていました。
誰だろう?と野次馬的にキョロキョロ見てみたのですが、どなたかさっぱりわかりません。
で、帰ってきて旦那にこのフォトを見せてみたのですが、旦那もさっぱりわからんと。
でも、きっと有名なお方なのでしょうね。
RIMG3649 - Copie
ということでパンテオン周辺編はこのへんまで。
じゃ、リュクサンブール公園へ行ってみましょう。
あ、でもその前にわたくしちょっとシュワシュワに…

                
                 つづく


…………………………………………………………………………



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG3623 - Copie
メトロ⑩号のモーベル・ミュテュアリテ駅の右の脇の通りを入っていっての続きをしますね。
フォトの右奥に写っているのは、
RIMG3633
ここ、1460年に創立されたパリで一番古い中学校の「サント・バルブ中学校」。
皆さん、本物パリジャン&パリジェンヌさんたちですね。
わたくしのようななんちゃってではございません。
RIMG3634 - Copie
パリの中坊はやはりちょっと大人っぽい気がするのは私だけでしょうか。
RIMG3635 - Copie
パリの貸し自電車「ヴェリブ」で帰宅する?パリジェンヌさんの姿も。
RIMG3636 - Copie
そして正面右に現れてくるのはパンテオンさん。う~ん、やはり迫力がございます。
RIMG3638
同じ立ち位置から左を見ると美しいサンテティエンヌ・デュ・モン教会さんも建ってらっしゃいます。
じゃ、パンテオンさん周辺はひとまず置いておいて、教会の右脇の通りをちょっと行きましょう。
RIMG3648 - Copie
あちゃ~、ちょ~っとフォトが斜めになってますね。ヘタクソだな…。でもこれ1枚しか撮らなかったからしかたありません。わかりやすくご説明させていただくために出さなくては。
ここは今度はアンリ4世高等学校。でも中坊と高校生の見分けがmoiちゃんにはさっぱりつきません。
そしてこの高校の前を通り過ぎ左へ行くと、
※バスも通り結構交通量の多いところなので気をつけなくてはです。
RIMG3646 - Copie
右側にパリのガイドブックには必ずと言っていいほど紹介されているムフタール通りがございます。
RIMG3645 - Copie
人気観光スポットではございますが学生街でもあるので庶民的な雰囲気。
東京でいうところの神保町的な感じもありますかねぇ。
コンサートのポスターを貼っているマドモアゼルもおります。
RIMG3639 - Copie
学生向けの安い食堂やサンドイッチ屋さんもたくさんあって。
わたくしも旅でパリにはじめて来た時にこのすぐ近くのホテルに泊まってこの通りのビストロで夕食を食べたり、朝のこの通り常設マルシェを散歩したりがすごく楽しくて。ここがパリを好きになるきっかけとも言える場所なのです。
RIMG3644 - Copie
この近くには今年の夏にご紹介したこのガロ・ローマ時代の円形闘技場もあるのです。
→「アレーヌ・ドュ・リュテス(Arènes de Lutèce)~パリ5区~
ということでまた元の道に戻ってパンテオンの方へ行ってみましょう。
この子は大きいですが甘えっ子の大人しい子でクンクンしてくれて可愛かったです♡


                つづく

…………………………………………………………………………




最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ