普段着のパリ、カルティエ

2564535[1]

パリ市民の憩いの場、そして観光の方々も多く訪れる、6区のリュクサンブール公園に到着です。

2564544[1]

公園内には合計100以上の彫像、記念碑、噴水があって、彫像はドラクロワやジョルジュ・サンド、ショパンなどがあるそう。いつもどれがどなたなのか気づかないが…

2564547[1]

と、続きを何か書こうとしたら今お庭でカヌー修理してる旦那が、
moi早く来い!早く早く!言うから急いで行ったのですが、
真上に雲がないのに、ほら、小雨が降って来たよ、って、めっちゃ楽しそうに。
こっちもめっちゃ急いだんですけどねぇ…。ま、いんですけど。
公園に話を戻します。すみません。

2564550[1]

この時期は外国のかわいこちゃんたちをしょっちゅう見かけます。
やっぱり肌出しはなんかいいねぇ、見とれますねぇ。
またこの子、スタイルもよくてかわいかったですよ。細すぎないのもいいです。
って完全に男目線だわ。失礼失礼!

2564553[1]

パリ市内にいくつかの大きな公園(又は庭園とも言う)がありますが、
ここリュクサンブール公園はやっぱりなんだか左岸な感じ。オーガニック食品を愛用してる人がたくさん散歩してそうです。←あくまでも勝手なイメージ。
ルーブル美術館とコンコルド広場の間チュイルリー公園は観光客も非常~に多くて。
そして私が以前住んでいた大好きな19区のビュット・ショーモン公園はほんと下町の中にあって、
観光客もほとんどいなくて、ほんと近辺の住民たちの公園といった雰囲気。
ちなみにしょっちゅうご紹介してた記事の1つがコチラ。
ヴィレット通り&ビュット・ショーモン公園をちょびお散歩 ~パリ19区~


2564557[1]

この公園はイタリアのメディチ家からフランスに来たマリー・ド・メディシスさんが、彼女が暮らしたフィレンツェのピッティ宮殿をモチーフに1615年から建設が始まったというところ。
宮殿は現在はフランス元老院(上院)の議事堂になっていて、庭園がこのように市民に公園として公開されてるそうな。

2564565[1]

フィレンツェを旅した時、その夜景が素晴らしかったのは今も印象的です。
夜中、泊まってた古い教会を改造したホテルの塔に上って街を見渡してみたら、
中世の頃とそれほど変わっていないんじゃないだろうか、と思うようなオレンジの光に包まれた素晴らしい町並みが360°度広がって。
あの街からここフランスにマリーさんはお嫁に来て、そりゃまたぜんぜん違うから、イタリア風なのが欲しかったのでしょうか。
お隣り同士の国だけど風景も気質も感覚もまったく違いますし。
しかしほんとすぐお隣りなのになんでアルデンテがフランスにこんなにまで浸透していないんだろう。おかしい。あれは絶対おかしいよ…
イタリアンレストランだってたくさんあるけれどアルデンテの美味しいパスタをいただけたのは2、3回だけで、ほんと茹で過ぎ星人さんたちでございます。

2564568[1]
2564569[1]
2564570[1]

2564571[1]

ここの公園も(エッフェル塔も)すぐ近くにはメトロの駅はなくて、
RERのB線のリュクサンブール駅が公園出口を出てすぐ。

2564573[1]

RERのB線は北駅方面に近づくにつれて、そして北駅を過ぎパリ北東の郊外に向かうにつれて危険度が高くなると言われている線ですが、リュクサンブール駅あたりでは危険な雰囲気はないと、ときどき乗ってみて私は思います。
ただ、つい最近シャルルドゴール空港の行き来に昼間のB線に乗って北駅を通り、その危険だと言われる郊外方面を通過しましたが、時間帯的に、そして私が小さなバッグ1つで身軽だったこともあり、特に危ないことはなかったのですが、夜間だったり、大きな荷物を持っていたりすると狙われることもありそうだな、とは感じました。
何かあった後では遅いので十分注意していただきたいです。怪我する場合もありますからね。
私も一度ひったくりに遭って一ヶ月わき腹が痛くてくしゃみを出来るだけそっとした経験があります。

2564578[1]

2564580[1]

さてさて今の時期、パリはどこからか聞こえてくる会話も様々。
英語、スペイン語、ドイツ語、中国語、日本語エクセテラ…
中国の方は本当に増えました。日本人よりもしかしたら今多いのではないかしら。
今、アメリカに次ぐ経済大国なのをそんなとこでもちょっと実感したりします。

2564584[1]

2564587[1]

この子は甘えっ子わんちゃんで、くんくんすぐ懐いてくれました。
そしたらご主人さまが、adopter(引き取る)出来るよ、って。
明るく感じのいい方でしたが、ちょっとなんだか微妙な冗談だと思いました。

2564592[1]

広場のガポゼではオーケストラによる無料のコンサートが開かれていました。
サックス留学で来ていて知り合ったCちゃんを思い出します。
郊外に住んでいたお友達の家から帰るのに終電が行ってしまい、2人で真夜中のパリの街をヴェリブ(パリのレンタサイクル)で帰ったことがあります。
人も車もほとんどいなくて、まるで夜のパリが自分たちだけのものみたいで楽しかった~。
今考えれば危険ですが。

2564596[1]

なんて感じで夏のリュクサンブール公園。やはり気持ちがいいものです。
秋も似合いますけどね、ここ。




ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ
 


RIMG38897 - Copie
恋人たちが一緒に橋の欄干に南京錠を取り付けると愛が永遠に続く、と言われ人気観光スポットだったポンデザール(芸術橋)の、その欄干が南京錠の重みで危険だと言うことで撤去されたというTVニュースを見たのは二ケ月近く前。
で、数日前、ちょっくら寄ってみました。
RIMG38902 - Copie
ほんとです。スッキリして観光客もめっちゃ少なくなっていました。
RIMG38909 - Copie
代わりに?フランスやポルトガル、チュニジアのアーティストたちによって描かれた作品が展示されていました。
でもこれはこの橋に合っているのかしら?ちょっと疑問です。
RIMG38904 - Copie
絵描きさんはのびのびと大きな作品を作成していらっしゃいました。
RIMG38905 - Copie
自由に颯爽と橋をあっち行ったりこっち来たりして、いろんな角度からフランス学士院(フランス政府も不介入を守っているという、フランスの国立芸術団体)を眺めてみては描いておりました。描きたくても描けなかったのかもしれませんねぇ。
RIMG38906 - Copie
南京錠がけが始まったのは2008年頃からで(ちょうど自分がパリに来た年ですが)、古くからある習慣ではなく、観光客をカモにしようと怪しい人もとても多かったから、私個人はスッキリこちらの方がいいのではないかしら、と思いました。
ま、私がティーンエイジャーかなんかだったら、残念、な~んて思ったかもだけど。いや、でもそりゃないか。
RIMG38900 - Copie
橋の下はこんな感じ。
かなり年季が入っているので(この一帯はユネスコの世界遺産にも登録されている)確かに危険ですねぇ。
RIMG38912 - Copie
橋の両脇、欄干部分じゃない場所にはまだ南京錠が残っていました。
でももう付けられる場所はなかったかな。
RIMG38913 - Copie
欄干に南京錠がないのがもうすっかり馴染んでいて、怪しい人も別の場所に移ったのでしょう。まったく見かけませんでした。
どこに移動したかなぁ。アレクサンドル3世橋かなぁ、ノートルダム寺院かなぁ、エッフェル塔かなぁ、メトロかなぁ、サクレクール寺院かなぁ、蚤の市かなぁ、それともヴェルサイユ宮殿まで行ったかなぁ…



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ
 

2559568[1]

タルティーヌとカフェの朝食をいただいたら、
午前中は街を歩きましょう。
ちなみにこっちの人は朝食にしょっぱいものはほとんど食べません。
ヌテラやジャムを塗ったタルティーヌやシリアルの人も多いかな。
朝からしょっぱいのなんて邪道みたい。
でもでも、わたくしは朝から甘いのが邪道で~す。
ま、とっきどきはいいですけどね。
ホテルの朝食とかね。
あ、そう言えば旅館の朝食ってのはあれは美味しいですねぇ。
おひつのごはん全部食べちゃいますよ~。
あれ、家でどんなにそれっぽく準備してもな~んか違うんですよねぇ。
やっぱ自分で作らないで出てくる、ってのもいいのかなぁ。
白いごはんに焼鮭に納豆に卵焼きに味付け海苔に御新香にお味噌汁。
そんな時はやっぱり畳がいいですねぇ。うんうん。
そうか、畳というのも大事雰囲気ですねぇ。
あ、ちゃうちゃう。

ここはパリ。
そして夏の朝なのです…

2559559[1]

セーヌ沿い本屋さんも開店したばかり。

2559565[1]

気まま開店時間な感じかな。
こっちの人は時間にそれほどきちきちしてないですしね。
ってかわりとルーズかな。
でもイタリア人の方がもっとルーズだよ、って、
イタリア人が言ってましたっけ。めっちゃ明るくね。
あんまりルーズも困るし、かと言ってあんまりキッチリもちょっとプレッシャーかなぁ。

2559586[2]

わたしもこうしてパリの街を午前中歩くのは久しぶりですがなかなかいいものです。

2559574[1]

賑やかになる前のどこか爽やかな静寂と言うか。

2559578[1]

賑やかさが去った後の、どこか寂しい静寂もまたいいですけどねぇ。

2559607[1]

さ、活気がやって来ましたね。

2559589[1]

街も人も一緒に大きく動き出した感じですねぇ。

2559593[1]

でもお昼まではまだまだ時間十分。

2559596[1]

もう少し歩きましょうか。




ブログランキングに参加しております。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

2557081[1]


さあ皆さん、やって来ました~!あれに見えますのが、
かの有名な、パリのシンボル、エッフェル塔でございます~!
さぁ、さささぁ、わたくしたちも参りましょう~。


2557082[1]


ええええ、もちろん皆さんもお写真の方、どうぞどうぞお撮りになられてくださいね。
あれでしたらわたくし、パチリいたしますので遠慮なくおっしゃってください。ええええ。


2557083[1]

あそこまではまだもうちょっと歩きますけどね。
そうなんですよ~。
駅はどこもちょ~っと微妙に近くない。
かと言って遠くもない。
わたくしもはじめて来た時は、ただただ皆がぞろぞろ向かう方へついて行ってみました~。ははははは。

2557085[1]

あの時はまさかここパリに住むとは思ってもいませんでした。
わたくしも観光客の一人だったのですよ。
っつっても、ま、今パリ郊外ですけどね。花粉多いですけどね。
あれにはほんとまいってますわ。いやいやいやいや。

2557086[1]

さ、セーヌを渡って。
2557087[1]

それにしても今年の夏パリはほんといいお天気に恵まれておりますねぇ。
去年は6月はお天気よかったのですけど7月に入った途端曇りばかりで肌寒い日がず~っと続いて結局冷夏でした。
はぁ~やっぱりこうがいい…

2557088[1]

ってことでエッフェル塔のふもとに到着です~。
あ、物売りさんは、ま、あれとしても、スリがまたとても多いので鞄、気をつけてくださいね。
チャックしっかりしてますか?
ポケットに携帯とか入ってないですか?
今だけちょっと、ってポケットに入れちゃったらすぐとられちゃいますからね。
2557089[1]

鉄の女とも呼ばれるエッフェル塔ですが、
1889年パリでの第4回万国博覧会のため建設されまして、設計者はギュスターヴ・エッフェルさん、ステファン・ソーヴェストルさん、モーリス・ケクランさん。建設期間は1887年から1889年で2年2か月と5日間の速さだったそうです~。
あ、ご存知ですか。そうですよねぇ。
はい、ってことであっち側の、シャン・ド・マルス公園側へちょっと行ってみましょうか。

2557090[1]

今の時期はやっぱり外国からの観光の方が多いですねぇ。
この方々は…ドイツ語かな?
まさか自転車で来たのでしょうか?
数日かけてなら来れなくもないかもですけど…
でもお尻痛くなりそうだなぁ。
わたしは4時間が限度ですねぇ。うんうん。

2554272[1]

おお、こっち側、こんな風になりましたか。
いや、私が住んでいた時はこんな風にたくさんお店は開いてなかったのですよ。
売店がいくつかあるだけでねぇ。
たぶん夏限定でしょうねぇ。でも観光の方には便利ですねぇ。
パリのシンボルなわりには駅はそんな近くないし、
近くのサン・ドミニク通りあたりのレストランやビストロはだいたいエッフェル塔値段込みな感じですし。

2557093[1]

せっかくのパリ、エッフェル塔、いいお天気。
最高じゃないですか~。
どうでしょう。私たちもちょっとビールで休憩しましょうか。
くぴっと一杯ね。
じゃ、ちょっくら下行って冷蔵庫からキーン冷えたのとってきますね~♪




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

RIMG38733
美味しかったけど微妙な気持ちランチ後は久しぶりに一番最初に住んだこの近辺を少しだけ歩きました。
毎日通っていたサン・ドミニク通りにて ~パリ7区~
雨パリ一週間だった頃、サン・ドミニク通り&クレール通りにて ~パリ 7区~
RIMG38730
一度来たことがあるこのお店はカフェ・ド・マルスのある通りの1本隣りの通り。ほんとすぐ近くです。
POTTOKA(ポトカ) ~パリのレストラン 7区~
RIMG38731
ここも同じ通りにあります。
WAKABA(ワカバ) ~パリのレストラン 7区~

この通りはルーマニア大使館に面しているのですが、
私が住んでいた時はあまり見かけなかったロマ人たちが結構いて通行人に小銭を頂戴言っていました。
あ、でも一度このすぐ近くで、突然ロマ人女性が木のそばで長いスカートをたくし上げて、立ったままおしっこじゃ~、して、まだパリに来たばかりだった私ビックリしたんでした。パンツはいてなかったことにもビックリしたんでした。
RIMG38736
この通りはその頃住んでいたアパートのすぐそばで、
ほぼ毎日通っていました。
で、右に写っているのが、
RIMG38735
しょっちゅうお総菜を買っていた中華惣菜屋さん。
ここのガーリックポテトが特にお気に入りで。
で、再現したのがコチラです。
Cpicon パリの中華総菜屋さん再現ガーリックポテト by milketmoi
この日は外から見てみたけど一番馴染みだったマダムがいらっしゃいませんでした。
よく話かけていただき、旦那のお嫁になった後も旦那と一緒に一度寄って、ガーリックポテト買ったこともあります。
同じ通りにあるお肉屋さんの方たちやカフェのマダムにもいつも声をかけていただき優しくしていただきました。
そのアパート仲介の日系不動産屋さんの担当の人とフランス人大家さん以外にここでは悪い思い出がないです。




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ