普段着のパリ、カルティエ


映画好きだった父の影響で子供の頃からアメリカ映画はもちろん、
フランス映画もたくさん観ていたのですが、
このルイ・マル監督の1960年の映画「地下鉄のザジ」は(これは予告編ですが)ヴィデオも持っていたくらい。
でもその頃は自分がかなり大人になってからフランスに住むことになるとは思ってもいなかったのです。
人生はほんとわからないしそれが面白いとも言えるのでしょう。
ま、山超え谷超えではありますが、それはほとんどの人がそうですし。
ということでそんなビラケム橋に久しぶりに行ってみました。
RIMG0390 - Copie
予告編の中だけでも何度も出てきているこの橋はこの「地下鉄のザジ」以外の映画やCF、雑誌、それから結婚写真なんかにも使われているのはよく知られていること。
つい最近も香水のCFや人気フランス人女性シンガー「ジェニファー(Jenifer)」のヴィデオクリップにも登場してました。
RIMG0397 - Copie
15区と16区の間にちょうどつながっているこの橋はこの一階部分は歩行者と自動車、
そして二階部分は⑥番のメトロが走っていて、エッフェル塔がよく見える場所。
⑥番メトロに乗っていると、ちょうどこの橋を通過する時、車窓にエッフェル塔が突如的に現れ、
旅行のお人などは、思わず、おお~!となるし、住んでいても、あっ、と思うのです。
やっぱりエッフェル塔を見ると(特に真近で)パリにいるんだなぁ、と感じます。
さてさてこの時もこのように何か撮影が行われておりました。
ここに来て10分もいればなんかどこからか撮影しに人がやってくる感じなのです。
RIMG0419 - Copie
橋の両脇は片一方はエッフェル塔、もう片一方はパリの高層ビル群の光景が広がっています。
RIMG0402 - Copie
この橋からのこんなエッフェル塔の光景を、本物でもフォトでも見たことがある方も結構いらっしゃるかと思います。
136858792372313117407_PDVD_000_20130515121843[1]
やはりここが撮影場所の1つとして使われた1972年の映画「ラストタンゴ・イン・パリ」の1枚。
私は結局未だに観たことがないのですがセンセーショナルな内容だということはよく知られていますね。
でも撮影当時19歳だったマリア・シュナイダーはこの後波乱の人生を送り、
2011年に58歳で亡くなっていますが、この映画に出たことをずっと後悔していたそう。
作品を評価する人もいるようだし、監督のベルナルド・ベルトリッチ(暗殺の森やラスト・エンペラーなどの作品でも有名)もゴールデングローブ賞にノミネートされたり、主演俳優のマーロン・ブランドも全米映画批評家協会賞の主演男優賞などを取ったそうですが、その映画に関わった1人がその後ずっと後悔していたというのは何だかせつないのです。
RIMG0424 - Copie
するとさきほどの撮影の方々が「ラストタンゴ・イン・パリ」と同じ場所でまた撮影を始めていました。
RIMG0426 - Copie
いろいろポーズしておりまして。
RIMG0427 - Copie
いったんお休みしましょう~、みたいな。
RIMG0411 - Copie
そして15区側から橋を抜けて16区側へ。
RIMG0416 - Copie
高級住宅街としてよく知られたパッシー地区に入ります。
RIMG0418 - Copie
メトロ⑥番のパッシー駅もあの階段を上がればすぐそこ。
そしてこの駅の向こうがお店が建ち並び日本の雑誌などでもよく紹介されてるパッシーお買い物界隈。
でも庶民派?の私はなんか、な~んかピタッとこない界隈で~す。ぷぷ。

 …………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

RIMG0518 - Copie
昨日は朝から超気持ちのよい青空が広がったパリ。
RIMG0453 - Copie
こんな日が来たらすぐキャメラを持ってお散歩に行こう!
RIMG0542 - Copie (2) - Copie
と決めていたのでバッチリ家事も作り置きも月曜からやっておいての、
秋分の日の1日前の秋のはじまりパリへ。
RIMG0551 - Copie
久しぶりに履いた秋の靴がまだ慣れなくて途中からつま先が痛くなってきたけど、
それでもお天気に恵まれた楽しい楽しい時間でした。
RIMG0574 - Copie (2)
そんな感じで歩いて撮ったパリのカルティエフォトたち、
なるべく早めにご紹介出来ればと思っております。
今日もいいお天気のパリ。
皆さま、どうぞ引き続き素敵な秋タイムを♪

…………………………………………………………………………


今日はとても短め(さっぱりめ?)となっておりますが見ていただいてありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


RIMG51379
今日のタイトル通り、7月、そして8月のフランスの長いヴァカンス期がこの週末で終わります。
8月がヴァカンスな方々も来週月曜からお仕事開始が多いよう。
RIMG51378
そんな最終週にいきなりの猛暑日がやってきました。
フランスの43の県にカニキュール(3日以上の猛暑日と熱帯夜が続くこと)到来。
木曜日の午後3時過ぎたあたりからがきつかったです~。
そして雨の予報だった今日も晴れて35°まで上がるとのこと。
しかし明日には28°に下がり涼しくなっていくとのこと。ほんとかいな?
RIMG51380
我が家はべべっ子事情により旅行や遠出もしない夏でしたが、
でも家でゆっくり過ごせて、旦那はやっと物置きを(正確には物置きになっていた部屋なのですが)片づけてくれて、自分の趣味部屋に改装終了。
そして好きな50年代や60年代のアメリカ~ンなブロカント雑貨たちを全部そこに詰め込んで(くれて)、
これから自分時間をそこで楽しむとのこと。
私的にもいろんなとこにに溢れていたものが少しすっきりしてよかった!
でもやっぱり家族(人間2人わんこ4ぴきうさちゃん1ぴき)で元気に過ごせたのが何よりかな。
RIMG51382
RIMG51383
RIMG51386
そんな中、私たちのささやかなお出掛けで印象に残ったのは、
久し振りだった「Chemin du Montparnasse(シュマン・ドュ・モンパルナス)」や
今まで行ったパリの美術館で一番感激した「Musée Bourdelle(ミュゼ・ブールデル)」。
2つが通りをはさんで3分もかからない場所同士なのも◎
RIMG51387
RIMG51385
RIMG51396
そんな夏が終わっていくのは寂しいけど、
秋になったらお散歩したい場所もたくさんあるので、秋そして冬は苦手な季節ではありますが、
またささやかに楽しむ予定でございますので、私的にいいな、と思うパリをまたご紹介出来たら、と思っております♪
RIMG51388
RIMG51393
RIMG51391
RIMG51392
とは言うものの、
仕事が忙しくて8月の2週目からヴァカンス休みだった旦那、
あと1週間お休みなんですけどね。

…………………………………………………………………


見ていただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


RIMG50006 - Copie
たまたま乗り換えたメトロ駅のホームで大きな写真が目について、
見渡してみれば構内中にパリのフォトがいっぱいで。
RIMG50014 - Copie
それぞれ2枚か3枚組で展示されているのですが、
フォトも素敵だし組み合わせを見るのも楽しくて、
何本も電車が行き過ぎるのを見送りながら結構時間をかけて見てきました。
RIMG50009 - Copie
RIMG50016 - Copie
帰ってきてこの展示について調べてみたら、
4月13日から5月14日にかけてパリをテーマにしたコンクールが行われ
そこに出展された写真たち。
で、審査員の1人であった映画「アメリ」の監督、ジャン=ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)がこの駅構内の展示のための組み合わせを手がけているのです。
RIMG50018 - Copie
写真というのはそれ1枚で素晴らしいもの、力があるもの、
伝わってくるものがありますが、
組み合わせの面白さというのも、写真以外でもですが、あるなぁ、と思います。
たとえば北斎作品でも独特な組み合わせがたくさんありますが、
その感覚のわたくしずっと大ファン。
RIMG50020 - Copie
この写真展「LA VILLE BOUGE.VOS PHOTOS S’EXPOSENT.」は、
パリの駅構内20ヵ所で2016年9月30日まで展示が行われておりまして、
下記の写真展HPに入っていただくと賞を取った作品たちが見られます。
また、すぐ出てくる(数字はメトロの番号)~(アルファベットはRER線)までをそれぞれクリックしていただくと、どこの駅で展示が行われているかが確認出来ます。
そして最初ページの一番下の「http;//www.ratp.fr/fr/ratp/v_148977~」のところをクリックしていただくと、ジャン=ピエール・ジュネ監督が写真を選んでいる姿も見れます。
HP→「LA VILLE BOUGE.VOS PHOTOS S’EXPOSEN.
写真がお好きだったり、たまたま通る駅だったりしたら、
見てみるの、もちろん無料ですしおすすめです。
ま、しゅっちゅう電車が乗り入れてくるので
そのたびにちょっと鑑賞が中断するのですが、
まあそれはね、しかたありませんです~。

…………………………………………………………………


見ていただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG50884
「Musée Bourdelle」でアトリエの空気を十分吸って素晴らしい作品を満喫したあとは、
ちょいとモンパルナス歩き。
RIMG50885
閑散気味ではあるけど爽やかな夏のパリです。
RIMG50887
そして私たちもビール休憩。
このあたりは「rue de la gaité(リュ・ドュ・ラ・ゲテ)」=ゲテ通りと言いまして。
1804年のモンルージュ(パリ南西に隣接する都市)の町台帳に建立されていますが、
1863年5月23日法令でパリの通りとして記載されパリの仲間入り。
RIMG50888
古くからの劇場街でカフェやレストランもたくさん建ち並んでいます。
昔は危険な通りでもあったようですが、
今はそんな雰囲気はあまり感じられません。
RIMG50889
きっとブールデルもマリーさんも歩き、モジリアニはデッサンをうんと安い値段で売り歩いたんじゃないかな、と想像します。
みな今のモンパルナス(タワーとか)を見たらびっくりしちゃうかもしれませんね。
さ、今日も晴天で気持ちのいいお天気。
こりゃ一杯しに行かなくちゃです~♪
皆さまもどうぞ素敵な1日&夕暮れを。


                 土曜日パリ散歩おわり

…………………………………………………………………………

モンパルナス界隈散歩に最後までおつきあいいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


↑このページのトップヘ