普段着のパリ、カルティエ

RIMG50027 - Copie
EURO2016の準決勝フランス×ドイツ戦の大画面モニター観戦中継がエッフェル塔前のシャン・ド・マルス公園であるので試合前まで公園の方は立ち入り禁止~。
RIMG50024 - Copie
やっぱり盛り上がってるんだ~、って今更気付くにわかEURO2016観戦者のわたくしです。
RIMG50023
この時試合まであと6,7時間あってヴァカンス期に入ったこともあって嵐?の前の静けさ。
RIMG50036 - Copie
ここから向こうが観戦スペース(無料)で奥に見えてる場所に映像が映し出され、そして歓声が上がったり、ため息が漏れたりするのです。いや、ものすごい歓声が上がったのでしょう、ともう過去形にしちゃいましょう。でも終わった後は結構大変だと、一年このすぐそばに住んだ1人として想像がつきます。神宮外苑の花火大会みたいになかなか前へ進まない、メトロが大混雑なので少し先のメトロなどに向かう等。でも昨夜は大盛り上がりだったろうから帰りの混雑もOKさ気分な方々が多かったかしら?

※追記…先ほどお昼のニュースでエッフェル塔側に大画面モニターが設置され(私が通った時点では何もなかったのですが)観戦はそちら側のようでした。間違ったことを書いてしまい申し訳ございません。
RIMG50043 - Copie
近辺では夜の試合に備えてフランス国旗をすでにこうして広げている人、フランス国旗を体に巻き付け、あと数時間だぜ、的に時間をつぶしている人、顔にフランス国旗ペイントをし、腹ごしらえのサンドイッチを立ったままむしゃむしゃ食べてる人などがいて、こちらまで楽しい気分になりました。
RIMG50040 - Copie
で、私も今日はあまり遅くなれないわ、早めに帰っておつまみとごはん作って
早めにお風呂に入らなきゃ、って思って。なのでこの後も少しお散歩をしてからわりととっとと家路に向かったのでありました。

…………………………………………………………………………

そして、
RIMG50085
旦那とおうち観戦。そして2人してまたまたフランスじゃなくてドイツ応援。
フランスはもうなんだか強いのがわかっているし、いやドイツも固い守備で強いのはわかっているけど、なんかどうしても派手じゃない方を応援したくなっちまう気質夫婦っぽいです~。で、やっぱりドイツ負けちまった~。でも互角のいい試合だったとド素人にわかの私ですが思いました。そして日曜日21時からフランス×ポルトガルの決勝戦。面白くなりそうです~。我が家のご近所にポルトガル系の方が多いのもなんだかちょっと興味深い。やっぱポルトガルを応援なんでしょうかねぇ。


…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG47676
今回は前回のサン・ドミニク通りから一本大きなBosquet(ボスケ通り)を渡った側のサン・ドミニク通りをご紹介。私の住んでいたアパートもこっち側からすぐのところなので、ここはもう毎日必ず通っていました。いつも行っていたスーパーもパン屋さんもこっちのサン・ドミ二ク通り沿いでした。
さて写っているカフェはここも私が住んでいた頃は、昼間からのん兵衛さんムッシューやロト買いのムッシューたちでわさわさしていたおしゃれ気のまったくない7区の中の下町的なTABAC(タバ、カフェが併設されてることが多い煙草屋さん)&カフェだったのですが、やっぱり雰囲気重視のTABAC&カフェレストランに改装になってしまいました。でも相変わらずムッシューたちはカウンターにいるようにお見受けしました。よかったふふ。で、ここを通り過ぎて進むと、
RIMG47678
なかなか素敵な噴水のある小さな広場が見えてまいります。
この広場に面して左にあるのが2009年6月にオバマ大統領ご家族訪れた(私は2009年3月末までこのカルティエに住んでいたのでその後でした)老舗ビストロ「La Fontaine de Mars(ラ・フォンテーヌ・ド・マルス)」、そして右にあるのが有名シェフ、クリスチャン・コンスタンさんの魚介専門レストラン「Les Fables de la Fontaine(レ・ファブルス・ドゥ・ラ・フォンテーヌ)」。私の知り合い2人も働いていたところ。シェフさんをはじめ料理人さんたちは皆20代前半で、早いうちから料理の世界に入ってて若いのにすでにプロフェッショナルだ、って1人の子が話していたのを覚えております。でもわたくしは結局一度も行っていないのです。と言うのも、食事に行った子から、かなりいいお値段なのだけどほとんどただ茹でただけの海老が出てきて新鮮でも少しは料理されたものを食べたかった、という話を聞いてしまっていたから。その子は北海道出身の子で新鮮な魚介で育った子だったものだから余計そう思ったもよう。手頃だったらシンプルな魚介素敵だけれど、お高くてそれは節約生活だった私もさすがにやめておこう思ったのです…。さてアーチの向こうは「rue de L’Exposition(エクスポジション通り」で以前ご紹介した日本食レストランの→「WAKABA」やバスク料理の→「POTTOKA」があります。けれどなかなか味わいのあるひなびた?小道なのです。ちなみに「POTTOKA」のシェフさんは以前「Les Fables de la Fontaine」で働いていて、そしてこのすぐそばにお店を開かれたようです。時期的に考えると、もしかして私の知り合いの子たちが働いていた時の同僚さんかもかもしれません。でもわかりましぇん。
RIMG47681
そしてここもときどき果物を買っていたお店。ここを過ぎると、
RIMG47682
ちょっとこのフォトじゃわかりにくいのですが、またまたクリスチャン・コンスタンさんお店「Le Violon(ル・ヴィオロン)」「Les cocottes(レ・ココット)」「Café Constant(カフェ・コンスタン)」の三軒があります。パリに来たことがある方ならたぶんほとんどの方が知ってるかな。
RIMG47683
そして「Café Constant」の脇の道を入れば、ブログで何度かご紹介している→「CAFE DE MARS」があります。
ちなみに右に写っているフランス全土にチェーン展開しているワインショップ「Nicolas(二コラ)」があるところも以前は小柄なムッシューのお花屋さんでした。そしてこのままサン・ドミニク通りを抜ければ、
RIMG47684
パリの観光客が必ず行くであろう場所に近づきます。
RIMG47685
見えてきましたきました~。
RIMG47689
エッフェル塔でございま~す。
RIMG47691
今日もなのですが今年の春はなんだか未だに肌寒くて、私もですが皆さんも厚手のコートをきっちり着こんでいたり、ボア付きジャケットやブーツの人もたくさんいて。もう5月後半だというのに。
RIMG47693
この時気付いたのですが、冬にこのエッフェル塔の麓にかなりの数いたロマ人の人力車がものすごく減っていて、春夏の観光シーズンに入ったせいなのかなんなのか、ポリスさんの見回りもさらに強化されているように感じました。見ていたらポリスさんたち、結構ちょこちょこと職務質問をしておりましたよ。ま、ここはほんと、怪しい人力車や物売りや、そしてそしてスリもものすご~く多いので、いたしかたありません。私ももし職務質問された場合は素直にお答えしようと思っております。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG47673
クレール通りに来ればす~ぐそばのサン・ドミニク通りもこりゃもうほぼ一緒的通りなので必ず歩きます。サン・ドミニク通り(も)LOVEでございます。
っていうことで先ずはこのお店からご紹介。
自分が住んでいた頃はここは洋服屋さんで、まあまあかわいい服があったのですが、いつのまにかリールの人気メレンゲ菓子店「Aux merveilleux de Fred」になっておりました。
でもこのお店はこの通りの雰囲気と合っていて、私的には残念というよりもかわいいな、って思う気持ちがあるんです。服屋さんはパリ中ありますからね。
RIMG47674 - Copie
でもこのお菓子、私まだ未経験なので食べてみたいな、って思ったのですが、この後、このお菓子持ちながらお散歩を続けるのは結構荷物になるぞ、と、この時はただ見るだけに。でもほんと一度試したいので近々と思っています、その際はまたご紹介と感想をお伝えしたいと思います。

Aux merveilleux de Fred

RIMG47661
サン・ドミニク通りはクレール通り同様、グルメさんに知られたお店もたくさんあれば、子供服も含め洋服屋さんも結構あるのです。
RIMG47659 - Copie
私も住んでいた頃、セールの最後の最後の時に見て、何着か買ったことがあって、今も着れる感じです。ここパリに来るとそれほど流行に振り回されずにいられるので、そこのところラクチン。日本の雑誌やマスコミが長年パリパリ、言ってるけど、実際のパリっ子はそれほど流行にはとらわれないな、というのが住んでみてわかったこと。日本でのおしゃれスナップパリはちょいと作られた感?かな。東京の方がよっぽど流行にものすごいです。でもそれも作られたものなんだなぁ、な~んて今はちょっと思っています。ちなみに有名なパリコレも、日本ではパリコレパリコレ言うけどここパリでは関係者以外はほとんど興味を持っていないことに驚いた、とファッション関係のバイトをした子が言っていましたっけ。
RIMG47662
角にあるこのカフェも改装してすっかり雰囲気重視カフェに変わりました。以前はほんと、おしゃれ気のまったくない、それがよかったカフェだったのですが、しかたありません。ま、カフェオレはいつもぬるかったのですが。
RIMG47672
ここは日本の今昔の数々のガイドブックでも紹介されまくっているカヌレのお店「LEMOINE」。お店のスタッフさんは日本の方もいつも必ずいて親切です。でも、味はたいして美味しくないかな、というのが正直な感想です。
RIMG47663
サンドミニク通りにつながるいくつかの小さな通りにもよく知られたお店がいっぱい。パン屋さんの「SECCO」や以前お友達が働いていて一度行ったらたくさんサービスしていただいちゃった「L’AMI JEAN」、私的には量が足らなかった「L’affriole」、がっつりギリシャ料理の「APOLLON」、名前は忘れちゃったけどまあまあだったトリュフ専門店、そしてついに閉店した名物のブイヤベースがとてもまずかった「Le Petit Nicois」等…。
RIMG47665
ここ「Jean Millet(ジャン・ミエ)」もサダハルアオキが買い取ってすっかり落ち着いた雰囲気のお店になりましたが、以前は街のお菓子屋さん的雰囲気で私はそちらの雰囲気の方が好きでした。お菓子も結構素朴な味だったのが印象に残っています。
RIMG47666
クレール通りにある「CAFE CENTRAL」と同じ系列らしいこちらは「BAR DU CENTRAL」。
イケメン店員さんが多いとお友達のジュリーママ(沢田研二の大ファン)がお気に入りだったお店です。
RIMG47669 - Copie
ここは19区に移った後もセールの時期の後半に立ち寄っていた、手頃でなかなかかわいいのがある洋服屋さん。でも最近は見ていません。セールも見なくなってきました。だって買ってもそんなに着ないんだもの。
RIMG47670
そしてわたくしの大好き料理人さんのコンペティション番組「TOP CHEF」の審査員さんでもあるジャン=フランソワ・ピエージュさんのホテルの地上階にあるブラッスリー「Thoumieux」もあります。「TOP CHEF」ではいつも一番厳しいジャンさんですが、果たしてどんなお料理を出すのでしょうか。あれだけ厳しいので確かめてみたい気もしますが、なんせブラッスリーなわりに高級レストラン並みのお値段なので、もしたいしたことなかったら、という不安が過って(恐怖?)簡単に来れません。宝くじにでも当たったら来てみたいです。でも宝くじ買わないからなぁ。あ、でも旦那がときどき買っているので旦那が当たったら、って感じでしょうか…

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG47640
久し振りにクレール通りをお散歩してきました。
ここはパリにやって来てすぐ住んだアパートからすぐの通り。
その時は、ここが7区の中でも特に人気商店街であることは知らなくて、活気があって、でもどこか落ち着いていていい商店街だな、な~んてただ思いながらチワワ坊やのお散歩でもほぼ毎日歩いていたし、ちょっと珍しい野菜が欲しい時はスーパーじゃなくこの商店街にある八百屋さんに来ていたし、お花もこで買っておりました。
そんなここでのいくつかのお店たちを今回はご紹介。
RIMG47642
ここは私が住んでいた頃にはまだなかったプラリネをまぶしたブリオッシュとマダガスカル産のカカオを使ったチョコレートが人気の「François Pralus(フランソワ・プラリュ)」。チョコは食べたことがないのですが、ブリオッシュはついつい食べちゃう美味しさ。それとお店の方がとても感じよいのが印象的。ここの他に4区にもお店があって、どちらも日曜日もオープンしているそう。
RIMG47645
ここはいつも賑わっている「CAFE CENTRAL(カフェ・セントラル)」。このすぐ近くにある同じ系列店らしい「BAR CENTRAL(バー・セントラル)」もですが、両店ともハンバーガーが人気メニューのようでよく食べてるお客さんの姿を見かけます。でも私はハンバーガーをわざわざパリで食べようと思わないので、ここではカフェを飲んだことしかありません。
RIMG47646
ここは私が住んでいた頃はお惣菜屋さんだったのが今はパティスリー&パン屋さんになってしまったところ。メガネがよく似合う感じのよい女性店員さんがいて、近くの別の通りで会ってもいつもニコニコして声をかけてくれたのですが、どこに行ってしまったかな、と、ちょっとせつない。でもしかたない…。アパートにはオーブンがなかったのでそこではときどきキッシュを買っていました。

RIMG47650
こちらは1913年創業の超有名イタリア食品屋さんの「DAVOLI(ダヴォリ)」。でも住んでいた頃はそんなこと知らなくて、でもいつもリッチな雰囲気のお客さんで賑わってるし、かなりの老舗なんだろうな、と。で、せっかくだからと私も勇気を出してお惣菜やハム類を試しに買ったことがあるのですが、その時は何も知らなかったこともあるかもだけど、ハムは美味しかったけどお惣菜はまあまあだったような印象でした。そして私には何より高いな、という印象が残ってます。ハム類は納得だったけど、お惣菜ってやっぱ家で作った方が新鮮だし、自分の味加減にも出来るので買うよりおうちで作った方が美味しいかな、いいかな、って思っちゃう。これは貧乏性のせいもあるかもです。でも雰囲気ほんと老舗感いっぱいで素敵なので、入ってそれを楽しむ面白さがあると思います。お店の方もテキパキ気持ちがよいのです。

お店のホームページは日本語もありますよ→「 ■DAVOLI■ 」

RIMG47651
ここは私もよく野菜や果物を買っていた八百屋さん。そしたら日本のTV番組で辻仁成さんもこのクレール通りを紹介なさっていて、この八百屋さんにお買い物に来ている様子が紹介されておりました。でも私はお見かけしたことはありません。ってかその頃はあまりよく知らなかったので気がつけなかったかな。今は(今のが?)とっても有名ですものね。
RIMG47652
このお向かいは同じ八百屋さんのBIO野菜部門コーナー。私もたま~に買っていました。日本にいた時は農家から有機野菜を直接買っていたのですが、ここパリでは節約学生生活だったので、BIOは贅沢品でした。
RIMG47649
そしてここは私が住んでいた頃は、このクレール通りではなく、このすぐ近くのグルネル通りにあったドーヴィルに本店があるアイスクリーム屋さんの「Martine lambert(マーティン・ランベ-ル)」。でも私も結局一度も試したことがありません。
RIMG47656 - Copie
なのでこの時、初お試し。さて何を選びましょう。
RIMG47657
あれにしましょう。「QUIBERON」っての。塩味のキャラメルバターってやつ。
RIMG47658
さてさてお味は?



めっちゃふつうで~す。




なんでこれが3、3ユーロ?量も少ないし高過ぎます~。
高くつけても2、5ユーロぐらいが妥当と私は思っちゃいました。
一度でもう十分。

RIMG47655
この他にも1937年創業のシャルキュトリー(肉加工食品お総菜なでも置いている)「Jeusslin(ジュスラン)」や最近出来たクレームシャンティーのお店「MAISON DE LA CHANTILLY(メゾン・デュ・ラ・シャンティイ)」などもあって、旅行でパリに来るならこの商店街は雰囲気もいいし、楽しいと思います。今更ながら、パリに来てすぐの時にこの素敵なカルティエに住めてよかったな、ってつくづく思っています。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG47848 - Copie
ヴィレット通りが終わり目の前の通りを右にしばらく行き、マクドナルドの左右にある通りの、左へ進むとそのすぐ先はパリの中華街Belleville。
RIMG47850 - Copie
19区に住むまでは中華街と言えば13区ばかり行っていたのだけど、19区に住んでからはこのさらに雑多で中国(ヴェトナムも)+アラブの雰囲気もいっぱいのBellevilleが断然好きになりました。
RIMG47852 - Copie
ここも夜は危険と言われることもあるようだけど、住んでいた時しょっちゅう夕方に買い物に来たり、夜ごはんを食べてヴィレット通りを通ってアパートまでとことこ帰っておりました。
RIMG47854 - Copie
パリは日本よりは危険がず~っと多いけれど、普通の庶民生活の中では、パリの暮らしを知らずに想像していたよりはそう頻繁なわけではない、というのがパリの端っこ下町のパリ一お金持ちじゃない19区に住んでみての感想です。ま、ここではないけど一度ひったくりには遭っているのでえらそなことは言えないのですが。
RIMG47858 - Copie
でも気をつけなくちゃですけどね。
RIMG47846
さてBellevilleで有名な(特に日本人によく知られた)お店をさっとご紹介。
先ずは「阿国餃子館」。皮から手作りで美味しいと評判ですが、実は私ははじめて食べた時は期待が大き過ぎたのか思ったほどではないかな、というのが印象でした。皮はぷりっと美味しいのだけど具が少なめで皮の印象の方が強かったのです。でも1皿15個くらい入って5ユーロだったか6ユーロだったかでそれにごはん(1ユーロくらい)をつければ手軽な1食になるので、この外食の高いパリではそれは嬉しいです。

住所…47 rue de Belleville 19区
TEL…01 42 38 17 53

RIMG47859

ここは何と言っても焼き豚まん(0、90ユーロ)が人気の「WEN ZHOU(温州正宗点心)」。
私もしょっちゅう買っていましたし、たまに食事もしておりました。炒めものなんかも美味しいのですが、一度定番の焼き餃子を頼んだら、すでに焼かれていたののチンして温めたものが出てきてそれは美味しくなかったです。やっぱり餃子は焼きたてじゃないと。
で、ここを通った時は私はまとめて焼き豚まんを買って家に帰って冷凍しちゃいます。あ、それと夕方だと焼き豚まんがすでに売り切れて、蒸し豚まんだけの時もあるのですが、やはり焼き豚まんがおすすめ。もし蒸し豚まんしかなかったら、お住まいがパリの方でしたら家でフライパンでカリッと焼くといいかと思います。私もそうしてます。

住所…24 rue de Belleville 20区
TEL…01 46 36 56 33


RIMG47863
RIMG47865
ここはヴェトナムサンドイッチで人気の「PANDA」。
自家製パンはすご~~く美味しいけど具材はまあまあかな、というのが自分の印象です。パンだけ買って自分でヴェトナムサンドイッチ作りたい感じです。

住所…16 rue Louis Bonnet 11区
TEL…03 43 38 25


RIMG47871
メトロBelleville駅の周辺は中国系のムッシュ-たち中心によくこうしてたむろしています。
RIMG47873 - Copie
時々アラブ系のムッシューも混じっています。暇してる、って感じです。
RIMG47874 - Copie
それにしても世界中の多くの都市で中華街があるのってすごい。
中国人のパワーを感じます。それに今まで出会った中国の子たちを見て、気質も大陸的だなぁ、としょっちゅう感じます。さっぱりしてて後でグズグズ言うことが少ない。ま、そんな人もいるかもだけど。中国人は家族や親類や横のつながりを大事にし、ちゃっかりうまく利用もするのだと、中国系の彼氏がいた子や中国に留学していた子が言ってましたっけ。
RIMG47879
さてさて今度はお豆腐屋さんです。同じ通りrue Rampalに2軒ありますが、日本人たちが美味しいと言っているのは、
RIMG47881
少し先にある方のコチラ。
RIMG47878
「新佳美豆腐公司」。
大きな木綿豆腐も人気のようですが、絹豆腐(0、80ユーロ)も冷奴にすると美味しい。

住所…10 rue Rampal 19区

…………………………………………………………………………

さてこれからごはん作り。ここのお豆腐があるので冷奴食べたいかもかも。
きゃ、でももう12時です!
ということで今回はLa Grande Sophieさんの曲と共に終わります。
皆さま、素敵な週末を♪



…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

↑このページのトップヘ