普段着のパリ、カルティエ

Foto (707)
こちらパリは毎日晴天に恵まれ春真っ盛りとなっております。
そして3月31日からは夏時間に変わり、
日本との時差が8時間から7時間に。
ということでこの日はジレジョーヌのデモ日でしたが、
TVの天気予報士さんが、お出かけしなくちゃもったいないわよ~、
って言っていたので、影響されて、
今日は料理はお休みしてどこかでランチしたいな、
と旦那にお願いして、パリ散歩となりました。
Foto (708)
ジレジョーヌいるかな、と思っていたのですが、
まったく出くわさず。
Foto (709)
パリジャンもパリジェンヌも、
うららかな週末を各自のびのび満喫です。
このムッシューは、かっちょいい~!フォトしてもいいですか?
とお願いしたら、気取らず、いいよ~、ってポーズを決めてくださいました。
Foto (710)
かわいいワンコにもたくさん出会いました。
Foto (712)
旦那も私もうちの4ぴきっ子のにおいがあるので好かれて、
ついてくる子もいます。
するとかわいくて連れて帰りたくなっちゃう。
Foto (711)
ついこの間は1人の時メトロでスリ未遂に遭いましたが、今回は安心。
プロレスラー並みに力持ちの旦那がいますからね。
Foto (713)
とても仲良しのご夫婦。
素敵なのでフォトしてもいいですか?
と聞いたら、え?私たち?って。で、快く撮らせてくださいました。
旦那さまはちょっと俳優さんみたい。
奥さまを見つめる淡いブルーの瞳がとても優しかったのが印象的でした。
Foto (714)
天気予報士さんのいう通り、お出かけしてほんとよかった♪
と思う1日となりました。しかも、ずっと会っていなかったお友達の
ジュリー(沢田研二さん)好きママと娘ちゃんにも偶然会ってびっくり!
顔の小さいかわいらしいアジア人の女の子にめっちゃ見られたので、
視線を避けて通り過ぎようとしたら「moiちゃんや!」と。
で、えっ?と、よくよく見たら2人や~。
娘ちゃんはパリで大学院に進んだそう。
日本から来てパリの高校に入学して
フランス語で勉強するのがとても大変そうだったけど、
がんばったんですねぇ。
はじめて旦那も紹介して、相変わらずのテンポのいい関西弁につられて
私もすっかり関西弁でおしゃべり。ちょっとの時間だったけど楽しかった♪
私が人づきあいがマメじゃないのですっかり間があいてしまったけど、
また近々ゆっくりごはんでもしたいです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (592)
久しぶりに1人でパリ散歩。
たいしたことじゃないけどちょびっとケガをしているので
狙われないように慎重にです。
Foto (594)
まだまだ寒いけれど、空気も気持ちもやっぱり春。
Foto (593)
Foto (596)
また来てくれてありがとう春。
Foto (597)
偶然通りかかった元ホテル。
Foto (598)
今はアパルトマンだそう。
ちょっと修道院のようでパリの真ん中とは思えないほどの静寂。
Foto (599)
こんなとこあるんだな、
今日もまた新しい発見がいろいろあったな、
と素敵な気分で帰りのメトロへ。
そしたらそしたら、ついに私もパリではじめてのスリ遭遇体験!
1人、人気の少ない構内を歩いていたら、
すっとバッグのジッパーが開くのを感じ、はっと見ると、
真横でロマ系のティーンエイジャーが私のバッグに手を入れようとしている瞬間。
びっくり!足音も何もしていなかったのに。
で、とにかくすんごい大きな悲鳴をあげながら、
ホームへ降りる階段の方に走っていきました。
振り返るとロマ系も追いかけてきたけど、
ホームに人が見えたので、助けて!泥棒!ととにかく叫びまくりました。
するとロマ系、私のケガしているところとホームの人とを見て一瞬
力づくでとるか迷いました。
その時、離れたところにいた、たぶん見張り役のもう1人の仲間が、
行こうぜ!と呼びかけたので、諦めて去っていったのです。
同時にホームにいた人が走ってきて、大丈夫?とられた?と。
バッグの中を確認したら全部無事。大丈夫、ありがとう、と伝えました。
ほんっとに危機一髪でした。
バッグが斜めがけのものじゃなかったら完全にひったくられていました。
ケガをしているところはコートで見えないけど
かばっているのがわかったんだと思います。
今回は未遂で済んだけどやはりパリを甘く見てはいけません。
完全にケガが治らないと行ってはいけないな、と思いました、
で、家に帰って旦那に話したら、やっぱり、と。
旦那はパリのメトロで何度もスリ現場を見てきているので、
moiはアジア人で小柄なうえ、ケガしてるからいいカモだよ、と。
治るまで1人でパリに行くの、やめなさい、って実は言っていたんですよね。
今回ばかりは私の甘さです。
で、改めて大事なこと。

・バッグはジッパー付きで斜めがけのもの。
・そのバッグをいつでも前にして手で押さえている。
・人気のないところはなるべく避ける。
・もし狙われたらとにかくそこら中に響き渡るような悲鳴をあげ騒ぎまくる!
・ケガをしている時は1人ではパリを歩かない。

今日も、ジッパーがすっと開いた時のあの感覚が思い出されて、
ぞっとしているわたくしです。
あれは気が付かない人はまったく気が付かないはず。
改めて、スリに注意して街を歩こうと思いました。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (387)
遠い昔、いつも買っていた雑誌はオリーブで、
原宿や青山の古着屋さんで買ったよれっとした服を着て満足していたわたくしです。
あ、オリーブ、若い方はご存知ないですよね。
1980年代から1990年代にかけて大人気だったファッション雑誌で、
栗尾美恵子さん(現在は花田美恵子さん)や観月ありささん、
ハリウッド女優のナオミ・ワッツも無名時代モデルを務めていたんです。
みんな、かわいくて憧れだったんです。
社会人になってからは古着娘は卒業しOLっぽい服を着るようになりましたが。
今も昔の服はディテールが凝っていて丁寧な作りでかわいいな、と思います。
なのでパリでも素敵な古着屋さんがあると、やっぱり入ってしまいます。
Foto (385)
ここは近くを通ったら寄るお店。
状態の良い服や靴、バッグ、小物がいつも豊富に揃っております。
Foto (386)
この日はとても美しくて古着を完璧にオサレに着こなしたパリジェンヌが、
ショーウィンドーに飾ってあった、たぶんですが40年代のニットのスカートを
気に入ったと言って、試着をしておりました。
背が高くて顔もちっさかったのでマヌカンさんだと思います。
女優さんで言うと、グレース・ケリータイプで正統派な雰囲気。
フランスもですが、欧米ってとにかくすぐセクシーセクシーばかり言うけど、
このパリジェンヌはそれとは真逆で、
透明感があって自然な品があって気取ってなくて。
moiちゃんずっと眺めていたかった…。
でも旦那が、ほら、行くよ。ってせかせるので、
ちっ、と思いながら仕方なくお店を後にしました。
Foto (388)
リサイクルショップやブロカントで見つけるのが、
今は一番自分の気分に合っててラクで楽しいのですが、
たまには元オリーブ少女チックに、こんな古着屋さんも楽しいものです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (376)
ここのところ青空の日が続いているパリ。
久しぶりに旦那とパリ散歩してきました。
土曜日なのでどこかでジレジョーヌの14週目デモが
行われているはずなのだけどぜんぜん出くわしません。
どこでやってるのかしら…。
Foto (378)
薄手のセーターにコートでも寒くなくて、日差しも明るくて。
やっぱり春が少しずつ近づいているなと感じます。
Foto (379)
今、自分のドジでちょっとケガをしていて予定も全部狂って
気分が少しブルーだったのですが、
(このことは人生初体験事もあってその点は興味深かったので後日書きます)
こんな春めいたパリを歩いたらがぜん元気が出てきちゃったです。
連れ出してくれた旦那さまに感謝感謝。
Foto (377)
テラス席も賑やかです。
パリっ子は直射日光ラブですからねぇ。
Foto (381)
ついこの間秋で、冬を気合で超えるぞ、と思っていたのですが、
秋も冬もなんだかあっという間。でも春も夏もなのですよね。
Foto (383)
Foto (382)
アンティーク屋さんや古着屋さんにも寄りました。
エマウスで50サンチームで売られているものや、
我が家にあるものがパリ市内では結構なお値段で売られておりまして。
それを見て旦那がむふふと嬉しそうにするんです~。
Foto (380)
で、結局ぜんぜんジレジョーヌは見なかったのです。
そして翌日日曜日の朝、ニュースチャンネルを観たら、
なんと今回のデモは初めて日曜日に行われていたのです!
どうりでこの日、土曜日見ないと思った~。
Foto (384)
ジレジョーヌはこれから何をすべきか、
なんてテーマも出ていたけど、エマニュエルマクロン大統領が踏ん張って、
もう辞任はなさそうなので、ほんと、どうするのかな、と思います。
ジレジョーヌの政党を作るなんて話も結構前から出ているけど。
それにしてもムッシューマクロン、上手く立ち回りましたねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (285)
バスティーユの裏通りを歩いていたら素敵な一角があったので入ってみました。
Foto (284)
カフェかレストランでもあるのかな、と思ったのですが、
お店はなく、古い建物と緑に囲まれた中庭のある静かな空間。
奥にはジャルダン・ディヴェール=冬の庭という意味で、
天井がガラス張りになったサロンもあります。
Foto (315)
パリが舞台の映画にでも登場しそうな素敵な場所です。
Foto (279)
パリという街はこんな場所にふと出会うんですよね。
Foto (280)
Foto (307)
Foto (281)
ジャルダン・ディヴェールは何になっているんだろう、と思ったら、
どうやら仕事場のよう。
なんて素敵な場所にある職場なんでしょう!
Foto (283)
後で調べてみたら建築デザイン関係の会社でした。
きっとそういったアーティスティック系だと思いましたよ~。
春夏にはあのテーブルでランチしたり、
たまにみんなでアペロなんかもするんでしょうねぇ。素敵~。
Foto (309)
そして。
ああ、素敵な場所だった、と思って通りへ出ると、
ちょうど同時に入って来たムッシューと目が合って、
ムッシューにっこりしながら、ドアを閉めたのです。
そうなんです。たまたま開いていたところに図図しく入ちゃって、
でもぜんぜん怒られなかったというわけなのです。
こんな風に閉まっていたら外からじゃ見えなかった素敵空間。
たまたま開いててムッシューも優しくてラッキーでした。
春や夏はどんな色になるのでしょう。
また通って開いてたら、また入っちゃいそうです…。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ