普段着のパリ、カルティエ

FotoJet (937)
ギャラリーラファイエット本館はグルメ・メゾン館のはす向かい。
地下一階から7階まであって、婦人服、デザイナーズ、宝飾品、時計などのショップと、
カフェやレストランなどのイートインが入っております。
FotoJet (917)
ギャラリーラファイエットと言えばこの美しいバルコニーと。
FotoJet (918)
そして、ここ2階にあるカフェ「ヴュー・シュール・クーポール」の
名前にもなっておりますが。
FotoJet (916)
1912年作られたドーム型のステンドグラスが美しい
天井の「クーポール」が何と言っても印象的。
この2つを見渡す吹き抜けの空間はゴージャスで圧巻なのです。
「ヴュー・シュール・クーポール」でしばし休憩がてら眺めるもよし。
FotoJet (919)
3階にはスターバックスもあって。
FotoJet (920)
やはりを空間を楽しみながら一息つけます。
FotoJet (921)
しっかりめに何か食べたいと思ったら6階へ。
パナジアはお寿司もいただけるアジアンレストラン。
何とお弁当もあってお値段は12ユーロ90サンチーム。
中身はと言いますと枝豆にキュウリの海苔巻きにカレー風味の焼きそばという、
やっぱり異国ならではの組み合わせです~。
FotoJet (922)
こちらは同じく6階にあるセルフ式の「ラファイエットカフェ」。
サラダバーにお肉にお魚にパスタにピザにデザートにと
気軽に楽しめそうないろんなものが揃っておりますが、
さてお味はどうなのでしょうか。
FotoJet (924)
ということで、ものは試し。期待感一切なしで初挑戦です!
選んだのはチキンのタイム風味のローストと、
ライスとほうれん草の付け合わせと白ワインのミニボトルで、
計12ユーロ70サンチーム。お弁当とほぼ同じくらいですね。
それでは実食です。鶏がパッサパサです!
半分も食べ切れず残しました!
他のテーブルにもほとんど手が付けられていない
焼いたお肉とインゲン煮のお皿なんかが残されていました…。
FotoJet (925)
でも予想出来ていたので、やっぱり、と。
これだったらグルメ館の有名お肉屋さん
「イヴ=マリ・ル=ブルドネック」のイートインで
2倍のお値段でもハンバーガーを試した方がよいかもしれません。
FotoJet (923)

ここは窓からの眺めはいいんです。
なので飲み物だけか、あとはあつまみくらいにしておく方がいいかもしれません。
カラフェのワインが4ユーロちょっとでしたし、ビールも種類が揃っていたし、
私も大好きな貝、茹でエゾバイや、フライドポテトもありました。
それからほんとに休憩でエッフェル塔を眺めながらコーヒーだけでも。
とにかく食事としての利用は避けておいた方がいいと私は感じました。
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (936)
ギャラリーラファイエットのグルメ館は地上階と地下一階で、
ここは地上階から見下ろした地下一階。
ちょうど野菜売り場の「マルシェ(Marché)」が写っておりますが、
その向こうにはイートイン併設のお魚屋さんもあるのです。
FotoJet (911)
それがここ「フィッシュ・ポワン」。
ショーケースには新鮮なお魚と、そして生牡蠣など貝類も並んでいて、
その場で海の幸の1皿がいただけます。
で、生牡蠣ときたら最近初めて食べて気に入った、
大西洋にある島「イル・ドレロン(Ile d’Oléron)」の緑の牡蠣、
「マレンヌ・オレロン(Marennes oléron)」が
あるか気になりましてメニューを見てみたら、ありましたよ~。
フランスの生牡蠣は大きさがナンバーで分類されていますが、
2種の大きさがあって6個で13ユーロ、12個で25ユーロと、
6個で18ユーロ、12個で35ユーロがありました。
これ、生牡蠣好きでパリに来る際にフランスの生牡蠣を
出来る限り安心してお試しになりたい方にはよいのではないでしょうか。
もちろんワインやシャンパンも注文出来ます。
ちなみにわたくしが家でいただいた
「マレンヌ・オレロン」の緑の生牡蠣さんはコチラ↓
FotoJet (837)
緑色のわけは海藻類を混ぜた泥の塩田で牡蠣を育てるからだそうで、
この牡蠣の呼び名もあって「フィン・ド・クレール・ヴェルト(Fin de claire verte)」。
緑のかき養殖場仕上げ、という意味で、そのまんまです~。
プリプリでほんと美味だったので私もまた食べたい♡
お店ではあるかどうか確認しただけでしたので…。でへ。
FotoJet (934)
そしてお魚屋さんのお隣は以前のお肉屋さんコーナーがだいぶ変わっておりまして、
何とリッチな住宅街16区のヴィクトル・ユゴーにある有名熟成肉屋さんの、
「イヴ=マリ・ル=ブルドネック」のイートインが出来ていたのです!
しかも去年の12月にオープンしたばかり!
オーナーのイヴさんはお肉を熟成させることにこだわっていて、
そのお肉をその場でいただけるのはパリの中でもこのお店だけ。
メニューを見てみたら180gのステーキが19ユーロ、
ハンバーガーは16ユーロと、これだけの有名お肉店にしては高過ぎはしない。
外食の高いパリではたいした美味しくないハンバーガーでも
おしゃれ店なんかだと16ユーロって結構あるんですよね。
ということでここは超気になったので近いうちのお試しを決めました。
その際はご報告させていただきますね!
で、こうしてデパート探検してみたらちょっと面白かったので、
プランタン&ボン・マルシェも順に探検しようかなと思っております。
あ、でもこの後はギャラリーラファイエット本館のご紹介もありますので、
まだ終わりません。宜しくです♡
HP→「ギャラリーラファイエット

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (912)
パリのデパートと言えば
右岸のギャラリーラファイエットとすぐお隣に建つプランタン、
そして左岸のセレブご用達のボン・マルシェが有名ですが、
この間の雨パリの時に雨宿りのついでに右岸ギャラリーラファイエットを
久しぶりにちょっと探検しましたのでさっとご紹介です。
ということでこちらはギャラリーラファイエットのメゾン・グルメ館。
本館もですがオスマン様式の重厚な建物となっております。
ボン・マルシェもですが世界中の逸品が集まっているので特に人気が高いよう。
以前はグルメ部門は別館の紳士館に入っていたのですが、
3年くらい前にこのメゾン館の方にすべて移りました。
FotoJet (933)
ということでグルメ館は建物に入ってすぐの地上階と地下一階。
入口近くにはグルメ館に入っているお店の職人たちのフォトが11枚並んでおります。
パリの、世界のスター職人さんたちです。
左から2番目はサダハル・アオキさん。日本でもよく知られていますね。
FotoJet (938)
イートインコーナーを併設しているお店も多く、
こちら地上階のキャビアとスモークサーモンの高級店「ペトロシアン」も店内で、
いただくことが出来ます。
FotoJet (939)
特別な日には、えいっ!っと買って、
家やホテルの部屋でシャンパンと一緒にいただくのも素敵です♡
でもその、えいっ!の時はいつなのかって話ですけどね。FotoJet (932)
そして、こちらも地上階でカウンダー式のイートインがあるのは、
我が家のお気に入りの「トリュフ塩」も買える「メゾン・ドュ・ラ・トリュフ」。
カウンダーの中に小さなキッチンもあって
料理人さんが小さなコンロでお料理を作っております。
FotoJet (935)
結構なお値段なのですが満席で、待っている人もいらっしゃいました。
ちなみにメニューはトリュフ入りのチーズの盛り合わせやトリュフ風味のオムレツ、
タリアテッレなどで、1皿がほとんど20ユーロ前後から。
お客さまは旅行で来られてる方がほとんどのように見えましたが、
中にはビシッとしたスーツのビジネスマンの姿も。
あ、で、1ついいな、と思ったのが、
皆さん、料理を待ちながらワインを飲みながら、
バゲッドをトリュフオイルにつけて召し上がっていらっしゃいました。
これは我が家でもマネしようと思います!

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (910)
週末は少し晴れ間が見えたのですが、
ここのところほとんど曇りか雨のパリ。
昨日は歩いているうちに雨が降り出して、
傘がなかったけどフード付きのコートだったので何とか大丈夫でした。
パリに来た当初は傘を持ってなくてこんなのしょっちゅうだったですし。
FotoJet (909)
でも、雨のパリをちょっと撮りたいな、
と思っていたのでちょうどよかったのです。
FotoJet (898)
わけは最後にご説明します♪
FotoJet (900)
さてさて、昨日は用事があってのついで散歩。
でもこんな時に新鮮発見があったりするのです。
FotoJet (901)
ちょっと面白い裏通りやお店を見つけたり、
お気に入りのお店の2号店がこれまた裏通りに出来ているのを見つけたり。
パリはそんな風に小さいけど思いがけない発見がたくさんある街。
FotoJet (908)
そんなとこが私的にちょっと神田神保街チック。
古いのと新しいのの中を心地よく歩けるのですよね。
神保町も面白いお店がたくさんあってだ~い好きでした。
でも結構変わっちゃったかなぁ。東京は何でも変化が激しいから…。
FotoJet (951)
あ、でも昨日、途中からかなりの激しい降りになって、
デパートでしばし雨宿り。
FotoJet (903)
そのおかげで久しぶりにデパート探検してしまった♡
セールですよ!セール!何も買ってないけど~。
FotoJet (904)
そんなデパート情報も近々ちょびっとご紹介させていただきま~す。
FotoJet (905)
ということで、最後になりましたので雨パリを撮りたかったわけでして、
「Paris in the rain」という綺麗な曲を聴いたからで、
冬はテンション下がりっぱなしなのですがプチプチ創作欲がわきました。
でも曲に合うような素敵なフォトはぜんぜん撮れていないです。
ただ雰囲気だけでも素敵な曲と一緒に伝えられればいいな、と思いました。
それではどうぞお聴きください。

いかがでしょうか。
で、この曲を知ったきっかけなのですがこの「ななか」さんのブログでした。
エレクトロ・ダンスミュージック和訳ブログ
詩の内容をお知りになりたい方はぜひご覧になってみてくださいね♡
ではでは。
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (875)
ここはお昼1時半近くのヴァンセンヌのお城前。
コンコルドまで何とかついていったとこまでお伝えしましたが、
その後、1区と4区両方に属するシテ島あたりは順位がちょっと下がり、
11区12区にまたがるナシオンはちょっと上り坂があって苦しくて。
コンコルドまでフォトは十分撮ったしいいや、と思い、
唐突ですが自転車ツアーから戻ってきちゃった直後フォトとなります。
真っ暗で雨降りで、参加しない側になればよかった…と
5時間半前くらいに思っていたのが嘘のよう。
自転車に乗っちゃえば、ま、何とかなりました~。

FotoJet (876)
出発地&到着地のここからは古いバスでのバスツアーも出ていたんですよ。
それも楽しそうだな、なんて思いました。何て言ったってラクチンだし…。
FotoJet (877)
そしてこの後はお城の前で皆で立ったまま持ち寄った食べ物の昼食ピクニック。
我が家は私が海老、ツナ、アボガドの海苔巻きを作って持っていったのですが、
皆さんにおすそ分けしたら「sushi maison(スシ・メゾン)」=自家製だと大人気。
お寿司はハンバーガーやピザに負けないくらいフランスで浸透しておりますが、
手作りは周りに日本人とかいないとまだちょっと珍しいよう。
私に、あなたは先頭に行ってがんばってね、とクールに言ったキャプテンも、
もう1個sushi頂戴、と何度も来てくれたましたし、
この後月曜も火曜もいろんな方から「sushiありがとう♪」
メールが何通も来て旦那はご機嫌さん。
でも実は旦那は私にお寿司じゃなくフランスの新年を祝う焼き菓子
「ガレット・デ・ロワ」を作って欲しかったのです。
日本でも今の時期に置くケーキ屋さんが増えたようなので、
ご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが、
パイ生地にアーモンドクリームを詰めて焼いたもので、私のちょっびっと得意菓子。
それにこの日、7日はちょうどガレット・デ・ロワを食べる日。
(公現祭を祝って元日の後の最初の日曜日に食べる)
「ラ・トラ」に初参加で張り切っていた旦那が一か月前くらいから、
ガレット・デ・ロワをいくつか作って、と何度も言っていて。
でも数日前からお天気が怪しいことはわかっていたし、
どんな感じで皆で食べるのかもわからなかったので、
気軽につまめるお寿司の方がいいと私言って、渋々旦那承諾。
そんな渋々の後の大人気お寿司でご機嫌というわけなのです。
どんだけ張り切ってるんだと、ま、わたくし少々引いていたんですけどねぇ。
FotoJet (879)
それにしてもピクニックってことは旦那から聞いていたけど
まさかの立ち食いピクニックとは思いませんでしたよ~。
しかも朝集合して、戻ってきたほんとその場所で
皆が適当に話ながらカバンをごそごそしだすという。
どこかに座って落ち着きましょう感がまったくない、
なんだこの超ラフ過ぎな感じは…と。
でも決して嫌いじゃない。いやむしろ好き。可笑しい。
で、こんなのを1時間ちょっとくらい楽しんで、
1人、また1人(2人も)…と帰っていって、私たちもそろそろ帰ろうか、
と片づけを始めたら、旦那が車の鍵が見つからないと言い出して、
終わってほっとした後の見つからないで1人焦りまくってて。
どっかに入ってるから落ち着いて考えてみなよ~、って言ったのですが、
ないない~!ってあちこちウロウロ。
そして気がつけば。
FotoJet (880)
誰もいなくなった…。
旦那が焦って探してる間にいつの間にか、
古い自転車も立ち食いアールデコ調ピクニック人たちも見事に去り、
私たちの荷物だけが悲しく残されていたのでした。
暗い朝の雨の出発からの、5時間半近くのパリ自転車ツアーからの、
戻ってきていきなり立ち食いピクニックからの、これ。
面白いな~、と1人なんだか感心。
あ、で、この後鍵すぐ見つかりました。
ポケットでしたよ。だいたいポケットよねぇ。
ということで初参加の
「ラ・トラヴェルセ・ド・パリ・アン・アンシエンヌ」はこんな感じで
なかなか地味にいろいろと面白いことがありました~。

               おしまい

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ