普段着のパリ、カルティエ

FotoJet (737)
パリも夕暮れが早くなって、
サン=ヴァンサン墓地でのんびり過ごしていたら
いつのまにか空が暗くなり始めていました。
FotoJet (738)
そう言えばノエルの時期の夜のモンマルトル歩いたことないかも、
いや、覚えてないだけかもだけど。
と思って、ちょっとぷらぷら歩き開始。
FotoJet (739)
冬は夜フォトが早くに始められるのがいい点です。
夏は夏至だと夜11時近くまで明るめですからね。
FotoJet (740)
12月の夜のテアトル広場はどんな感じかしら。
行ってみましょう。
FotoJet (741)
思ったよりは派手じゃないキラキラ加減です。
絵描きさんたちの半分くらいは家に帰ったもよう。
寒いのでスタバの隣のビストロの店先で、
2ユーロのヴァン・ショー(ホット赤ワイン)を買って、
飲んで温まりながらまた好きに歩きます。
この辺のお店は入って席についてヴァン・ショーいただくと5、6ユーロするし、
歩き飲み、いいです。お店の人はちょっとそっけないけど2ユーロには勝てない。
しかも果汁&スパイス&甘さ加減も程よくて結構美味しかったし。
FotoJet (742)
危険イメージもある下町モンマルトルだけど
小さな斜めがけバッグだし小さなキャメラだし現金もたいしてもっていないので
1人で夜だけど裏通りもちょこちょこっと。
FotoJet (744)
モンマルトルのシンボルで昔はダンスホールとして賑わい、
現在はレストランの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」は夜こんな感じ。
有名地レストランですが意外に手頃なお値段だしそのわりにはお味も悪くないのです。
HP→「Moulin de la Galette
FotoJet (745)
アパルトマンが並ぶ裏通りはひっそり静まりかえっています。
ここでの暮らしはどんなんでしょう。
チワワ坊やと2人で暮らした7区&19区での暮らしが過ります。
先はまったくわからなくて不安と背中合わせだったけど
周りはまったく気にせず自分の好きなように生きるのが当たり前のフランスで、
人生観がびっくりするくらい変わりました。
FotoJet (746)
商店街もキラキライルミネーション。
シャンゼリゼやオペラあたりの豪華なイルミネーションも素敵だけど、
12月のパリのこんな街角のキラキラも温かみがあってよいものです。
ということで、真冬の夜のモンマルトルもとても気に入ったので、
サン=ヴァンサン墓地もですがここもまたちょくちょく寄ろうと思いました。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (716)
昨日は用事でパリ市内へ行ってまいりました。
ついでに以前てくてく歩いてて見つけた4区裏通りのお魚屋さんへ。
ここはオイスターバーも併設していてその場で生牡蠣がいただけるのです。
FotoJet (715)
ということでここのお魚屋さんムッシューが開けてくれた、
生牡蠣がやってまいりました~。
生牡蠣6個に。
FotoJet (717)
白のグラスワインと。
FotoJet (719)
パンとバターと赤ワインヴィネガーのソースがついて12ユーロ。
パンは生牡蠣につく定番のセーブルではなかったけれど、
我が街マルシェでは生牡蠣6個と白のグラスワインで9ユーロですから、
パリ市内でこのセットで座っていただけることを考えると
かなりのお手頃価格。
FotoJet (720)
さてさてお味は?
大好きな赤ワインヴィネガーソースをかけて…もう最高です♪
昨日は他にもタパスつきの超ジモティな下町バーを見つけたり、
気になるビストロを見つけたりとたまたまでしたが収穫多し。
やっぱりパリは楽しいな、と思った日でした♡
フォトもちょこっとしてきたので近々ご紹介させていただきます!
ではでは。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (446)
11月に入り、いよいよグレイのパリがはじまりました。
FotoJet (448)
パリに移り住む前、日本にいて冬にパリに旅で来た時は、
このお天気と重厚感のある建物と、
そして7区や16区の高級住宅街の公園で子供を遊ばせているマダムたちの
仕立てのよさそうなモノクロの服がモノクロームなこの風景と似合い過ぎていて。
明るくて軽くて爽やかで光がいっぱいの場所が基本的には好きだったけど、
これがパリの魅力なんだなぁ、渋いなぁ、としみじみ思ったものです。
が、時は流れ、しかもその時は思いものしなかったまさかの住人になっていて。
住んで3年めくらいから徐々にとにかく春と夏が恋しくて恋しくて。
多くのパリジャン、パリジェンヌと同じように、
パリの秋冬が苦手になっちゃいました~。
FotoJet (447)
いや、でも楽しいんですよ、素敵なんですよ。パリの秋冬も。
焼き栗売りも街角のあちこちで見かけるようになり、
ビストロではキノコをたっぷり使った1品やジビエ料理もメニューに並びはじめました。
ちなみにジビエ料理が美味しかったのはこのビストロ。
記事→「ルルシーヌ (L’Ourcine )13区
HP→「L’Ourcine
お手頃なお値段で量もたっぷりでシェフさんも感じよくて良心的なお店です。
FotoJet (445)
さて、でも苦手苦手ばかりも言っていられませんので、
11月も楽しく過ごしたいと考えております。
「パリから行く小さな旅」もちょっとしたいし、
万が一雨が降り降り週末がありましたら家シネマです。
旦那は日本の古い時代劇のDVDをたくさん持っていて、
それがどれもこれも日本人のあたしの方が知らない映画ばかりなんですが、
これが意外に面白い。
坂東妻三郎とか三船敏郎とか勝新とか。
特に勝新がまたすごいスペシャル存在感なんですよねぇ。
旦那も勝新すげぇなぁ、って。フランス人にもカリスマなようです!

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (177)
この続きとなりまして。
最初に住んだパリ7区カルティエ散歩①とフランス郵便事情
最初に住んだパリ7区カルティエ散歩②馴染みのサン=ドミニク通り
サン=ドミニク通りからすぐのクレール通りにたたずんでみております。
クレール通りもサン=ドミニク通りと並ぶ人気食べ物屋さんが並ぶ7区の有名通り。
FotoJet (178)
この八百屋さんは私もよく買いに来ていたお店で、
すぐ向いにはBIO野菜の専門コーナーもあるのです。
ここで珍しい色のインゲンやトマト、パプリカを初お試し買いしたりしていました。
あ、今度そんな珍しいお野菜たちをご紹介するのも楽しいですね♪やりましょう!
以前も書いたことがありますが、辻仁成さんもこの八百屋さんによく買いに来ると、
なんかの日本の番組でやっていたんですよ。
でも私は一度もお見かけしたことがありませんでした。
ここのお野菜でおうちで美味しいお料理作っていらっしゃるんでしょうかねぇ~
FotoJet (175)
プラリネたっぷりのブリオッシュとマダガスカル産のカカオを使ったチョコが人気の
「François Pralus(フランソワ・プラリュ)」もあって、
プラリネのカリカリしたのが何とも美味しいです。
あ、プラリネを買っておいたのを思い出しました。
近々お菓子を焼きましょう。
旦那がほぼ1人で食べちゃうので最近お菓子は作ってないのですが、たまにはね。
FotoJet (176)
ここはドーヴィルに本店があるアイスクリーム屋さんの
「Martine lambert(マーティン・ランベ-ル)」。
一度お試ししたのですがサーティーワンで十分かなぁ、と思っちゃいました。
FotoJet (173)
クレール通りとサン=ドミニク通りは食べ物系屋さん以外にも、
洋服屋さんも結構あって私もソルドの最終期の時だけたま~に見ておりました。
70%引きやほんとの売れ残りはそれ以上値引されていたりして、
そんな中から見つけるのがまた楽しかったりするのです。
FotoJet (174)
さて、このへんで一息しましょ、ということで、
FotoJet (170)
サン=ドミニク通りにあるハンバーガーが人気のカフェに。
そうは言ってもここのハンバーガー食べたことないんですけどね。
一度サンマルタン運河近くの人気ハンバーガー専門店で食べたら、
高いわりにびっくりするぐらい美味しくなくて。
Blend(ブレンド)  ~パリのハンバーガーショップ10区~
以来、ハンバーガーは敬遠気味です。
パリでわざわざハンバーガー食べなくてもいいかなとも思いますし。
FotoJet (171)
で、ビールで、ほっ。
ちょっと写っているのは雑誌フィガロで
7区の美味しいバゲッドとして選ばれたというバゲッド。
たまたまお店の張り紙を見たので試しに買ってみたのですが、
これがまったく美味しくなくてねぇ。
賞とか雑誌とかのとにかくそういうのの、美味しいって、ホントあてにならんわ~
FotoJet (172)
ということでこの日のお散歩終了で、
最寄りメトロ駅「エコール・ミリテール」に向かったのですが、
ここでまた出会っちゃったんですよ、この日のスリ③に。
ちなみにこの日のスリ①とスリ②の記事はコチラ。
賑わいマレ地区とスリ①
ご一緒気分で夏のエッフェル塔&スリ②
ちょうどホームに滑り込んできた電車に乗ったのですが、
動き出してちょっとしてから1つ隣のドア口で怒鳴り声がしまして、
乗客皆そっちを見たのですが、
男性がロマ系の女の子に怒鳴っていて、どうやら男性にスリを試みたもようで、
でもすぐ見つかっっちゃった~、みたいな。
で、次の駅に着いた途端、男性にドアから突き飛ばされ電車から出されまして。
女スリはホームでわめく~、みたいな。
そしてドアは閉まり、乗客は皆何もなかったように淡々と
新聞読んだり窓の外見たり携帯見る、みたいなみたいな…
見慣れた光景なんですね。
でも1日に3組出会うはちょっと珍しいかもです。
ほんとにパリはスリがいっぱいです!気をつけましょう!

                終わり

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (98)
この続き→最初に住んだパリ7区カルティエ散歩①とフランス郵便事情
となりまして。
FotoJet (88)
馴染みの郵便局の1本隣りも私が毎日歩いていたところで、
FotoJet (89)
サン=ドミニク通り。
ここは人気レストランやグルメなお店、ブティックが建ち並ぶ、
パリでも有名な魅力ある通り。
FotoJet (99)
でも私にとっては生活の場だったのでそんな華やか通りの意識はなかったし、
実際に暮らすと、庶民的なめんもたくさんありました。
たとえばその1つはよく来ていたこのスーパーマーケット。
来たてでボンジュールとメルシーくらいしか言葉がすぐ出てこなかった自分ですが、
レジによくいらっしゃったヴェトナム系のマダムや、
フランスの昔の俳優風イケメンムッシューや、お肉屋さんの陽気なムッシューや
みなさんによく声をかけていただきました。
お肉屋さんのムッシューには一杯誘われたこともあるのですが、
他にお客さんがいて待ってるのに堂々と誘ってきて。
私は恥ずかしくてあやふやにしながら後ずさりで逃げる…
それを他の店員さんがクスクス笑いながらひやかす…みたいな。
困ったけど大らかな人たちだ思って可笑しかった~。
今はみなさん、いらっしゃらないのですが、でも、
ヴェトナム系マダムは、数年後パリ郊外北西の街で、
買い物袋を持ってバスに乗り込むのを一度お見かけしたことがあって。
イケメンムッシューも2年くらい前、パリのターミナル駅のRER線乗り換え通路で
お子さんらしき小さなちびっ子2人と3人で歩いているのをお見かけしたことがあって。
みなさん、きっとパリ7区のこの通り店に通勤してて、
働く店舗が変わったりするのかな、と思ったのですよね。
FotoJet (90)
日本でもよく紹介されていて日本人のお客さまもと~っても多いこのお店は、
有名シェフ、クリスチャン・コンスタンの「カフェ・コンスタン」。
ちょうどお店の方がテラス席で休憩中でしたが、
ここは日本人料理人さんも働いている確率がかなり高くて、
私の知り合いも一時期働いていました。
それから私が住んでいたこのすぐそばのアパルトマンの部屋を出ることになった際、
部屋探しをしている何人かの日本人が部屋を見に来たのですが、
その中にこのお店で働くことになったという料理人さんと
日本からついてきた奥様のカップルもいらっしゃいました。
私が出た後どなたが住んだのかはわかりませんが、
パリに料理修行に来る方はほんと多いのです。
FotoJet (92)
カフェ・コンスタンの脇の小さな通りに入っていくと、このお店もあります。
CAFE DE MARS(カフェ・ド・マルス) ~パリのカフェ 7区
こちらは逆に日本人のお客さまはまったくお見かけしません。
FotoJet (93)
そして、ここが私が住んでいたアパルトマンで、
こんなハイソな場所ですが、そんな中に地味にある超小さなひと部屋。
でも、ドアの向こうには小さな小さな中庭もあって。
立地も含めお気に入り住まいでした。
あ、でもでも、中庭の奥にゴミ置き場があるのですが、
ほとんど分別を無視して無造作にゴミ袋が入れられていることが多くて、
パリに分別ゴミはほぼ存在しないのか?とびっくりだったのです。
でも今、我が家もご近所さんもしっかり分別しているので、
アパルトマンにもよるだろうけどパリ市内の方が、
ちょっと適当なのかなぁ…
これはパリの悪いめんですね。
たばこのポイ捨てもわんこのカカ(うんち)の始末もしない人まだまだ多いですし。
これは郊外も同じですけど。
FotoJet (96)
一休みするために入ったカフェは、
サン・ドミニク通りなのでお値段もちょっとお高め。
でも、ま、たまには。いつもマルシェのポルトガルバーばかりですしね。ぷぷ。
FotoJet (95)
私はお見かけしたことはないのですが、
中山美穂さんもよく歩いていらっしゃったそうで、
まったくお化粧していなくてもやはりとても美しいそう。
でも今は日本に戻られたそうで。人生いろいろですね…
FotoJet (97)
いつ来ても楽しく懐かしく素敵なサン=ドミニク通り。
パリ1年めの住まいがこのカルティエだったことは、
とても恵まれていたなぁ、と思います。

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ