週末ごはん

Foto (658)
旦那が近所のアジア食品店でライムの大袋を買ってきた(きちゃった)ので、
まだモヒートの時期でもないしどうしよう、
ライムと言えばメキシコとかあっち方面料理かな、と思いつき、
ちょうど冷凍しておいたソフトタコスもあったので、
カリフォルニア風のメキシカン+アラビアンのコースごはんに決定。
カリフォルニア風というのは、今回は長年大ファンのブログ、
カリフェルニアのばあさんブログ
のレシピを参考にさせていただいたから。
で、まずはメキシコの定番のコチラ。
アボガドディップの作り方
ワカモレですね。ミキサーに材料入れて一発で超簡単。
あっさりディップで私にはちょっと塩が強い市販のタコスチップにちょうどよいです。
Foto (660)
お次はちょっと影になってしまって残念フォトですがタコス。
レシピはコチラ→メキシコ料理の穴場はこんな所
このタコス、実はお魚のフライを使ったもの。
メインはお肉と決めていたのでお肉ではないこちらをチョイス。
温めたタコスの上にお魚のフライ、レタス、トマト、アボガド、
クリームはフランスではサワークリームがポピュラーじゃないので
代わりにクリームエペセという酸味のある濃い生クリーム、
市販のサルサソース、チーズラペをのせたもの。
これもあっさりで美味しい♪
皮が薄くて野菜たっぷりなのもサラダ感覚でよいです。
タコスはレバノンのファラフェルサンドと同じで定期的に食べたくなります。
パリにタコスもファラフェルもお気に入り店があるのですが、
家で作るとやっぱり断然安上がりだしお味も大満足。
Foto (661)
そしてメインは我が家の大お気に入りレシピのコチラ。
カリフォルニア風チキンケバブ
これも定期的に食べたくなる1品。
私も旦那もフランスの肉肉しいケバブよりこのあっさりケバブ派で、
レシピは我が家の永久保存もの。とにかく美味しいんです♪
材料も特別なアラブのスパイスは使っていなくて
お手軽なものばかりなので海外在住の方はもちろん、
日本在住の方にもおすすめです。
クセになりますよ~。
ということで週末ごはんは以上となります。
ってかもう3月も後半なのですね。早いなぁ。もうすぐ桜ですね。素敵~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ジレジョーヌの第17週目デモが3月9日土曜日も行われ、
政府発表でフランス全土では28,600人。
パリではシャンゼリゼなどの市内の他に
今回はシャルルドゴール空港でも行われました。
政府発表がどこまであってるかはわかりませんが、
やはり毎週減っているのは確かだと感じます。17週目ですからね。
ブリジット・マクロンさんもちょっとずつ姿を出すようになっております。
…………………………………………………………………
Foto (581)
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずはアぺリティフのおつまみで、
右は美味しさで定評のあるブルターニュのゲメネ産の腸詰アンドゥイユ。
豚の腸をぐるぐる巻いて燻製にしたソーセージです。
独特の歯ごたえと風味で好きな人は好き、嫌いな人は嫌いな1品。
左は自分レシピのコチラ。
わさびクリームチーズをはさんだ生ハムとラディッシュの一口アペリティフ
巻くだけで簡単。何と言ってもわさびがミソ。
旦那が食べるたびに美味しい!と喜びます。
Foto (583)
前回ご紹介したばかりのモンサンミッシェル風オムレツ。
味がないと評判のモンサンミッシェルのオムレツを
味のある美味しいモンサンミッシェル風オムレツに

レシピではブルーチーズですがカマンベールでやってみました。
カマンでも美味しいです。作りたてが一番ふわっとしているのでおすすめ。
Foto (584)
お次は大好きエスカルゴ。
いつもは1人分を2人で分けますが今回は久しぶりだったので1人1皿。
フランスでは超お手頃に食べれるエスカルゴ。
フランスでいただく場合はレストランでは割高になるので
ホテル宿泊だったら庶民的な食堂で、
アパルトマン滞在だったら市販品をオーブンで焼くのがおすすめ。
味と値段との満足度を考えれば十分だと思います。
Foto (585)
メインは牛肉の赤身ステーキを我が家のお気に入りのこのお塩で。
超おすすめ!ゲランドのグラン・クリュ・ド・バッツの燻製の塩
付け合わせは芽キャベツのブイヨン煮と大好評いただいているレシピでコチラ。
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by ルロワ・モワ
今日気が付いたのですが毎日新聞のデジタル毎日さんでも紹介されててびっくり。
焼くだけなのに超絶甘い!簡単副菜「にんじんステーキ」がホクホク甘~い
ただ人参をフライパンでじっくり焼くだけなのですが、
びっくりするくらい人参が甘くなります。
これ作っちゃうとグラッセで砂糖を使う必要ないな、と思っちゃうかもです。
グラッセもグラッセで美味しいんですけどね。
砂糖をなるべく減らしたい場合はこのにんじんステーキがおすすめです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ジレジョーヌの16週目デモが3月2日土曜日も行われ、
フランス全土の動員数は政府発表では39,300人。
しかしジレジョーヌはそれは違ってもっと多いと発表しております。
数日前の政府による国民アンケートでは
今は55%がデモをやめることを支持していると発表。
しかしそれもまた政府の発表なのでどこまで信用していいのか、といったところ。
とにかくこの後も引き続きデモが行われるようです。
…………………………………………………………………
Foto (553)
ということで、もう3月、早いですね。
我が家の近所の桜もほころび始めたのがあって。
毎年思うけど、今年も桜を見れるっていうのは幸せだな、と思います。
この後もいろんな花がそれぞれにちゃんと季節を感じて
自分たちの順番で咲いてくれるのでしょう。
はぁ~、春ってすんばらすぃ。
それでは週末ごはんのご紹介です。
まずはシャルキュトリーの盛り合わせで、
左からスペインのチョリソー、フランスの豚肉のリエット、イタリアのコッパです。
あ、さくらんぼちゃんみたいのは大粒ケッパーで、
美味しいし彩りにもなるので重宝しているものです。
たまにご近所スーパーで出ていると3瓶くらい買っておきます。
いつもあるというわけではないのですよね。
しかも同じものが左岸の有閑マダムご用達のボン・マルシェで、
倍近くのお値段で売られているのです。
結構そういうもの多いんですが、知らないとわからないですよね。
ボン・マルシェやギャラリーラファイエット、
そこでしか買えないものも確かにあるけど、
そうじゃないものも意外にたくさん?!
Foto (552)
お次は卵がいっぱい残ってて食べちゃわなくちゃ、と作った、
フランスの王道の1皿、ウフ(卵)マヨネーズのアレンジ版。
作り置きしておいた人参のサラダとゆで卵を合わせてみました。
ほんとはもう少し合わせ方の工夫をしたかったのですがこれがせいいっぱいでした。
でも味は美味しかったのでまた改めて作ってみようと思っております。
Foto (554)
そしてメインはスペインのBIOのムール貝でベルギーの郷土料理ムールマリネ。
たっぷりのエシャロットと仕上げに生クリームを使う、
我が家の定番ノルマンディー風です。
少し前にいただいたカンカル産の小さめBIOのムールがとても美味しかったのですが、
こちらはちょっと大きめ。お味はどうかな?大丈夫。美味しいです♪
あっさり軽い風味はカンカル産ですが、大きさもあるだろうけど、濃厚なのはこちら。
これはエスカルゴ風にしたりパン粉焼きにしても食べやすくてよいかも。
そのうちやってみましょう。
ということで週末ごはんは以上となります。
皆さまの春もどうぞ素敵でありますように。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (431)
暖かさが続いているパリ郊外。我が家の週末ごはんのご紹介です。
まずはアペロのおつまみでマカデミアナッツ、ピーカンナッツ、クルミの3種ナッツ。
中でもカルフールのマカデミアナッツはちょっとお高めなのですが美味しくて、
買うとあっという間に食べてしまいます。
でも日本でもやっぱりマカデミアナッツは高いんですね。
フランスと同じくらいのお値段のようです。
Foto (432)
で、1品めはお野菜の生ハムフライでイタリアのハムを使いました。
ちょっとこじつけイタリアンですし旦那が巻いてくれたので
げんこつ揚げみたいなのですが、お味はイケます♪
これはもう少し見栄えを考えながらレシピに出来たらと思っております。
Foto (433)
2皿めは市販のリコッタチーズとバジルのラビオリを茹でて、
おろしチーズをかけました。
フランスでもラビオリはポピュラーで、
いろんな種類のが買えるし結構美味しいんです。
中にはイタリア系星シェフの生ラビオリなんかもスーパーで売っております。
Foto (434)
そしてメインは塩釜に覆われておりますコチラで中は。
Foto (435)
お魚のスズキで~す。拝見させていただいているブログ「 Le Forchette」で見た
スズキの岩塩焼き - Branzino al sale -
ずっと食べたくてやっとお試しすることが出来ました。
レモンの皮とハーブを自然塩に混ぜてその塩でスズキを包んで
オーブンで焼いただけですがあっさりで美味しい。しかも超簡単。
美味しいソースがかかったのも好きだけど、
こういうシンプルなのはいつでもいただけます。
旦那も美味しい、と喜んでいました。でも、骨は超苦手。
フランス人は本当に魚の骨がだめなんですよね。
大きな息子くんの魚の骨をママンがとってあげてるのを見たことがありますし、
魚の骨が残ってたわ!とレストランで怒ってるマダムも見たことがあります。
それらもどうかな、と思うのですが、
考えたら小さな骨はナイフとフォークじゃ取りづらいけど、
お箸だと取りやすいんですよね。
だから日本人は魚を食べるのが上手なのかな。
ということで週末ごはんは以上となります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (410)
週末ごはんのご紹介です。
まずはサラダで自分レシピのコチラ。
Cpicon 【家ビストロごはん】カリカリパンのサラダ by ルロワ・モワ
これはリヨンのサラダ、サラダリヨネーズを、
自分流で作ったものなのですが、大好評いただいておりまして、
今までで一番好きなサラダ、なんていう超嬉しくなっちゃうような
コメントもいただいたことがあるんです。
で、今回久しぶりに作ったら旦那が大絶賛。
でも何度も作っているのに初めて食べたみたいに言っておりまして、
前に食べたこと、すっかり忘れてる模様~。
Foto (411)
お次もリヨンの郷土料理クネルです。
クネルとは魚をすりつぶして小麦粉やバター、卵を加えたもの。
スフレのようなちょっとフランス風のはんぺんのような感じで、
これにエビで作ったソースをかけオーブンで焼きます。
でもクネルもソースも買ってきたものなので、す~ぐ出来ました。
これを作る予定だったのでサラダリヨネーズ風のパンサラダも作ったんです。
Foto (412)
メインはフランスの家庭料理の定番、鶏のマスタードソースを七面鳥で。
日本ではまったくポピュラーじゃない七面鳥ですが、
低カロリーでビタミンBや鉄分が多く鶏よりもヘルシーなお肉。
フランスではいつでも手軽に買えるしわんこごはんにもいいので、
我が家はわりといただくことが多いです。
今回は火の通りもうまくいってしっとりとした焼き上がり。
火が入り過ぎるとパサパサになっちゃってググンと美味しくなくなります。
パスタの茹で加減と一緒ですね。料理は火加減、とても大事です。
ということで週末ごはんは以上です。
今日も春めいたお天気のパリ。
今パリ旅行の方はとっても恵まれているかも♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ