週末ごはん

IMG_3287 - コピー
週末のフランス王道ビストロメニューに合わせて、
ブロカント食器も合うものをチョイスしてみました。
まずはシャルキュトリーの盛り合わせで、
生ハム、テリーヌ、赤身のサラミ、
そしてブルターニュのゲメネ産のアンデュイユです。
アンデュイユとは豚の腸の中に腸を何層にも詰めたもの。
好き嫌いが分かれるけど、独特な歯ごたえがあって、
私は大好きなんです。
器ボードはブロカント市で買ったものです。
IMG_3289 - コピー
2品めはローラン家パーティーでもいただいた、
天然のスモークサーモンでローランの奥さまのクリステル流に、
生クリームとたっぷりのシブレットを添えました。
生クリームはノルマンディーのイジニー村のもの。
イジニーはあのウォルト・ディズニーのご先祖さまの出身地。
ディズニーという名字はイジニー村が由来となっております。
このイジニー村の乳製品は質が良いことでよく知られているんです。
チーズもバターもクリームもとても美味しいんです。
お皿はフランスの非営利団体団体エマウスのリサイクルショップで
1ユーロもしないで見つけたもの。
とても気に入ってるので普段はガラス棚の中に飾っています。
IMG_3293 - コピー
3品めはエスカルゴです。
我が家の定番スーパー「リドル」で3ユーロくらいで買えるので、
冷凍庫に常備しております。
残ったニンニクパセリバターもパンでぬぐってしっかりいただきます。
旦那に、太るよ!と言われますが、このバターはしかたありません。
お皿はこれもエマウスで見つけたもの。
IMG_3295 - コピー
メインはやはりリドルで買っておいた鶏のパプリカマリネをソテーして、
野菜のクリームシチューをパイのカップに入れて添えました。
お皿はエマウスです。
このパイの1品はフランスの王道メニュー。
ブーシュ・ア・ラ・レーヌと言って、王妃の一口パイという名前。
ルイ15世のお妃が好きだったもので、
魚介を入れたり、リー・ド・ヴォーを入れたりといろんなパターンがあります。
総菜屋さんやスーパーでも売っているんですよ。
IMG_3301 - コピー
このパイカップは市販のものでコチラ。
ブーシュ・ア・ラ・レーヌにもお菓子にも使えます。
クリスマス&新年用に買っておいたのですが、
すっかり忘れていたので使いました。
お値段はスーパー「ルクレール」で確か1ユーロもしなかったはず。
でもカルフールではこの同じメーカーのものが
1、50ユーロだか2ユーロだか。とにかくカルフール高いんです。
なので我が家はカルフールでは必要最低限のもののみ買っております。
いつもリドルがおすすめとお伝えしてますが、
ルクレールもかなり安いです♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2500 - コピー
久しぶりに週末ごはんのご紹介です。
まずはスモークサーモンのサラダでたっぷりのパルメザンをかけました。
いつでも安定の美味しさです。
サーモンを下に並べて上に野菜をのせればカルパッチョとも言います。
IMG_2477 - コピー
お次はお魚のハンバーグで市販のクリームソースをかけました。
添えたのは大好評いただいているコチラ。
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by ルロワ・モワ
お肉ハンバーグも美味しいけどお魚もあっさり美味。
旦那のお気に入りの1品です。
IMG_2478 - コピー
そして、北フランスのアルデンヌ県の特産のブーダン・ブランです。
白身のお肉や牛乳を使ったソーセージで、
12月フランスのクリスマスの定番の逸品。
我が家は焼くことが多いですが、
そのまま輪切りにしておつまみにしてもOK。
クリスマス期以外にもありますが、
今の時期はトリュフ入りやセップ茸入り、
ホタテ入りなどスペシャル味が出てくるのでそれも楽しいんです。
で、今回のはホタテ入り。
ちなみにブーダン・ノワール(黒)もあるのですが、
それは豚の血を使っててかなりスペシャル。
でも白ブーダンは黒ブーダンとは違って誰でも食べやすい優しいお味。
今の時期はスーパーやお肉屋さんでたくさん並ぶので、
12月にパリに旅行に来る方はお試ししてみるのもよいかな、と思います。
ところで今回はドレッサージュがかなり微妙になってしまいました。
パネ(バースニップ)のピュレとホタテのプチグラタン、野菜を添えたのですが
それらが散らかっていて綺麗ではありません。
もっとシンプルにすればよかったです~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2412 - コピー
久しぶりの日本滞在を終え帰ってきた翌日、
時差ボケでいつもにも増して頭も手も回らない私のために
旦那がごはんを作ってくれました。
まずは私の大好物茹でバイ貝と小エビ&海老。
マヨネーズでつけていただきます。
日本でもほぼ毎日お刺身を食べていたのですが、
フランスでも魚介、飽きません♪
IMG_2414 - コピー
アンディーブ、きゅうり、ラディッシュ、松の実のサラダ。
ドレッシングも手作りで大丈夫。美味しいです。
それぞれもう少し薄く切るとドレッシングがもっと馴染むと思うのですが、
ま、男らしくていいか。あは。
IMG_2417 - コピー
そしてメインはかわいいブロカントのスープ用鍋に入っております。
でもこれは私が、これに入れて、と出しました。
そうしないと料理とまったく合わないそのへんの食器に入れちまうんです。
IMG_2419 - コピー
で、旦那の唯一の得意料理「ポトフ」で~す。
今回はお肉は牛タンでして圧力鍋を使っております。
旦那的には右に写ってる金色のカブ
「ナヴェ・ブール・ドール(nave boule d’or)」の切り方を頑張ったようで、
これを見せたかったらしく、これ綺麗でしょ?って。
で、はじめはド真ん中に盛り付けられていたのです。
でもちょっと微妙?!なんか浮いてるし、かぼちゃちゃん?みたいな。
ということで、真ん中じゃない方がさりげないから、
とだけ言って妻はちょちょいと移動。
え、なんで?…でも、ま、いっか!的な表情の旦那でした。ぷぷ。
お味は安定の美味しさです。
ブーケガルニ、クローブの他にいろんなスパイスを少しずつ使ったそう。
牛タンも柔らかで美味しいけど、白&金色のカブがとろ~っとして美味しい。
ジャポンから帰ってきてフランスの定番のポトフというのも良いものです。
料理が好きじゃない旦那が作ってくれて、その気持ちがありがたい。
真冬に突入しましたし、またポトフ宜しくと思っております!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1640
久しぶりですが週末ごはんのご紹介です。
まずはアペリティフのおつまみで、
イタリアの生ハムとオーストリアの燻製シャルキュトリー(加工肉類)
「ジャンダルム・フュメ(Gendarme Fumé)」の盛り合わせ。
オーストリアのシャルキュトリー?と思う方もいらっしゃると思いますが、
独特のスモーク感があってなかなか美味しいんです。
マリー・アントワネットの出身国ですので
王妃もオーストリアで食べていたかもしれませんが、
フランスのシャルキュトリーよりずっと素朴でこれはこれでグッド。
IMG_1647
次は牛肉のカルパッチョです。
我が家はベビーリーフ、玉ねぎ、ケッパー、パルメザン。
いついただいても美味しくて飽きないお味。
フランスはスーパーで真空パックのものが手軽に買えるし、
十分満足できて、そして安心。
以前あるお店で生の牛肉のタルタルを食べてあたったことがあるので、
生の牛肉の処理に注意が足らないお店より、
工場で真空パックの方がかえっていいな、と思ってるところがあるのです。
IMG_1649
マルシェのフランス総菜屋さんで買ってきた、
ホタテのグラタン・ノルマンディー風と、じゃがいものガレット。
バターとクリームはノルマンディ-の名産。
ノルマンディー風とついてると、よくこの2つが使われております。
あとはノルマンディー風と言えば、
リンゴやシードル、カマンベールがよく使われておりますね。
IMG_1644
そしてメインはこのドイツのじゃがいものパスタ、
「Schuptnuden」。読み方は私はもちろん旦那も何だろうなぁ、と。
お気に入りドイツ系スーパー→「リドル(LIDL)」で買った初お試し品。
IMG_1652
これを茹でてからバターでソテーして軽く焼きめをつけて、
魚介のクリームソースと合わせてみたのですが、
このドイツのじゃがいもパスタ、意外!すごく美味しいんです♪
じゃがいもが入っているので独特な食感。
ちょっとニョッキに似てるかなぁ。
でももうちょっとほろほろっとしてて今までに食べたことない感じ。
少し前に行ったお呼ばれパーティーで、
ドイツと接してしるアルザス地方のパスタ
「スパッゾル(spätzles)」の美味しさがびっくり新鮮だったのですが。
→「秋の夜のパーティーはジャルダン・ディヴェールで
やはりちょっと重なるところがありますねぇ。
日本ではま~ったく紹介されていないのでは、と思うのですが、
アルザス&ドイツのパスタ、ちょっと要チェックです!
これからどしどし試していこうと思いま~す。
ということで週末ごはんは以上となります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1227 - コピー
久しぶりに週末ごはんのご紹介です。
まずは玉ねぎのタルト。
我が家の定番の1品ですがブログでは初ご紹介かもしれません。
玉ねぎだけですがと~っても美味しいんです。
IMG_1234 - コピー
お次はかぼちゃのポタージュです。
今回は簡単にしようとミキサーは使わず、
柔らかく煮たのをマッシャーでつぶしたのですが。
かぼちゃは繊維が多いのでマッシャーだとそれが口に残ってしまう。
やはりかぼちゃのポタージュはミキサーで滑らかにしないとだめだな、
と思いました。じゃがいもは大丈夫なんですけどね。
IMG_1236 - コピー
メインは鴨のロースト、じゃがいものサラダ添え。
鴨は中をロゼ色に仕上げるのが大事。
でもこの焼き加減が少し難しいんですよね。
フライパンで焼く時は焼き汁をつねにかけながらが基本。
でもこれ結構時間がかかってしまいます。
我が家の場合は両面しっかり焼き目をつけてから、
オーブンで軽く焼きます。
これで簡単に中はロゼ色のちょうどいい焼き加減になるんです。
この時もバッチリ成功してとっても美味しかった♪
以前は鴨が好きじゃなかった旦那も、
今は大好物!まではいかないけどかなり好き。
スーパーでお得だと自らカートに入れております。
…………………………………………………………………
昨日は久しぶりにyoutubeで日本のドラマを観ました。
「グランメゾン東京」です。
パリのよく行くカルティエがたくさん出てきて、
あ、あそこだ、ここだ、なんて思いながら楽しみました。
アリーグルのマルシェ、ビル・アケム橋、モントルグイユ通り…。
でもすぐ東京が舞台になってしまったけど。
知ってる俳優さんは木村さん、沢村さん、鈴木京香さん、
あと歌舞伎俳優さんだけ。
でも料理がいろいろと出てくるのでそれが面白い。
これはまた来週も観ようと思います。
あ、あと孤独のグルメも♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ