週末ごはん

5月18日土曜日、ジレジョーヌによる27週目になるデモが行われました。
政府発表によるとフランス全土で18,600人の動員数とのことですが、
ジレジョーヌの発表では45,000人とのことです。
本当の動員数はその真ん中くらいかも?!いや、わかんないですけど。
…………………………………………………………………
R0007547
今週末は曇りがちのパリでございます。
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずはシャルキュトリー(加工肉類)の盛り合わせで、
スペインの生ハム、サラミ、ブルターニュのテリーヌ。
すべて旦那の大好物でございます。
R0007554
2皿目は2014年6月にご紹介したコチラのレシピ。
Cpicon ラディッシュとクリームチーズタルティーヌ by ルロワ・モワ
意外な組み合わせかもですが、これが美味しいんです。
で、これと類似した料理研究家とおっしゃられてる方々のレシピを、
結構だいぶ前に気づいておりましたので今回併せてご紹介させていただきます。
FJII LABELというレシピ紹介や食材の販売をしているというを藤井綾さんという人の
アスパラガスとラディッシュのタルティーヌ
そしてビール女子と名乗られるNao Mikamiさんという人の
ラディッシュとブルーチーズのタルティーヌ
R0007559
3皿目も自分レシピのコチラ。
Cpicon イカとアスパラのイタリア風ソテー by ルロワ・モワ
でもアスパラがなかったので何とブロッコリー茎で代用。
でも大丈夫。まったく問題なし。美味しかったです。
あ、ブロッコリー茎の我が家流超簡単ちょちょちょいレシピを
ご紹介するのを忘れておりました~。30秒で出来ますので近々必ず。
R0007562
4皿目は我が家のお気に入りの市販パスタ。
パルメザンが練りこんであるので茹でたら後は、
お好みでバターかオリーブオイルをさっと混ぜるだけ。
のわりにはイケます♪
R0007570
5皿目はフランス風イカのファルシー。
中は何とひき肉です。でもこれが合うんですよ。
魚介とお肉の組み合わせはスペインやポルトガル料理に多いですね。
これもスペインに近い地域のレシピになります。
美味しいトマト味スープが残るので、この後はパスタソースに。
これがまた美味しいんです。
リゾットか炊き込みごはんにしてもよさげですね。
今度やってみましょう!
ということで週末ごはんは以上となります。
こちらフランスは花粉が増えてまいりました。
そろそろわたくしはお薬を飲まないときつくなってまいります~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

5月4日土曜日、ジレジョーヌによる25週目になるデモが行われました。
政府発表によるとフランス全土で18,900人、パリでは1,460人の動員数でした。
…………………………………………………………………
Foto (927)
週末ごはんのご紹介です。
まずはアペリティフのおつまみ盛り合わせで、
時計まわりに超薄切りパンチェッタ、
さつまいものサラダのカナッペ、
買ってきたタコのマリネとなっております。
さつまいもサラダは前日に作って残ったもので、
バスクの唐辛子ピーマンデスプレッドを振りかけてみました。
Foto (928)
お次はアスパラガスのパン粉焼きでコチラのアレンジ版。
フレンチ風おつまみ。アスパラガスの黒ゴマパン粉焼き
今回はハムを巻いてみたのですが、
これはシンプルにアスパラだけの方が
素材の味が感じられて美味しかったです。
やってみないとわかりませんねぇ。
Foto (929)
スープは前日茹でておいたブロッコリーを使ってポタージュに。
今回は豆乳やミルクは使わず
玉ねぎとブロッコリー、じゃがいもで野菜だけにしてみましたが、
十分美味しい♪よくかまない旦那にも良いです~。
Foto (930)
メインはお庭でぐんぐん育っているオゼイユ(日本名スイバ)を
身体にもいいし食べなくちゃ、と思い、
フランスの名店トロワグロを代表する料理の
サーモンのソテー、オゼイユソースにしてみました。
付け合わせはつい最近レシピをご紹介させていただいたコチラ。
じゃがいもとマッシュルームのプチグラタン
をレンジでチンしました
家作りなのでささっと簡単に作ったソースですが、
オゼイユの酸味がサーモンによく合います。
んが、プチグラタンはビジュアル的に要りませんでした。
トロワグロではサーモンとオゼイユのソースだけでシンプル美しいのですよね。
余計なことをしてしまったな、と1つ勉強になりました。
プチグラタンはプチグラタンで美味しいんですけどね。
それはそれ、これはこれ。次回はシンプル仕上げにしたいと思います。
ということで週末ごはんは以上となります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

4月27日土曜日、ジレジョーヌの24週目になるデモが行われました。
政府発表でフランス全土で23,600人、パリでは2,600人の動員数でした。
ゴールデンウィークにパリにいらっしゃっている方々で、
今週土曜日5月4日の25週目デモの予定日に
お出掛けする場合はどうぞ十分ご注意なさってください。
…………………………………………………………………
Foto (890)
パリはなかなかのお天気に恵まれていて、
今ご旅行中の方はよかったですね♪
やっぱりお天気って大事ですもん。うん。
ということで週末パリ郊外我が家ごはんのご紹介です。
まずはフランスのビストロの定番、焼きシェーブルチーズのサラダです。
残っていた冷凍のムール貝ファルシーも添えてちょっとリッチボリューミィー。
シェーブルは焼いてもとても美味。むしろ焼いた方が自分は好きかしら。
Foto (891)
2品めは、お庭でいつのまにか大きくなっていた
ハーブのオゼイユ(日本名はスイバ)の葉でポタージュです。
自然な酸味がオゼイユの持ち味。これがいいんですよね。
旦那が、美味しい美味しい、とすごい勢いで早飲みしておりました。
もう少しゆっくり味わっておくれよ~。ま、いいけどね。
Foto (892)
3品めは創作で作ってみたアスパラガスとスモークサーモンの料理。
これがなかなか美味しかったのです。
が、レシピでご紹介はちょ~っと手間がかかるなぁ、と。
なので、材料は同じでもっと簡単なレシピを考え中でして、
上手くいきましたらご紹介させていただきたいと思います。
Foto (893)
4皿めはフランスの定番、ステーキとフライドポテトのステークフリットです。
先々週ステーキをいただいた時に上手く焼けたものだから、
そのコツをまた確認しておきたかったのです。
で、今回もめちゃくちゃ上手くいきました♪
いいフィレ肉だったのでソースは作らずお気に入りのお塩を添えて。
超おすすめ!ゲランドのグラン・クリュ・ド・バッツの燻製の塩
美味しい赤身ステーキはいいお塩が一番。いやぁ、美味しかった~。
いつも私は半分くらい食べたら後は旦那にあげるのですが、
今回は1人で完食。でも一週間分のお肉を食べた感。
なので平日に野菜と果物と海藻などでバランスをとろうと思います。
ということで週末ごはんは以上となります。
皆さま、引き続き素敵な春の日をお過ごしください♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (869)
マルシェ帰りの我が家の復活祭のごはんのご紹介です。
まずはお庭で咲いたリラを飾って。
前菜盛り合わせはすべて買ってきたもので(あは)、
スーパー「LIDL」の海老、ホタテ、サーモンのヴェリーヌ3種、タコのカルパチョ、
そしてマルシェのフランス惣菜屋さんのタッブーレとなっております。
ヴェリーヌとは前菜かデザートをガラスの器に入れた1品。
タッブーレとは中東の料理で本来はブルグルというひきわり小麦を使いますが、
フランスではフランス風に変化してクスクスに添えられるスムールを使います。
マルシェの惣菜屋さんのタッブーレは本当に美味しくて
お店の看板商品と言ってもいいくらい大人気。
私はタッブーレは中東の本場スタイルが好きだったのですが、
惣菜屋さんのタッブーレでフランス風も好きになりました。
Foto (847)
2品めは旬がはじまった白アスパラガスのポタージュです。
実はこのポタージュ、白アスパラを茹でた煮汁を使ったもの。
白アスパラは煮汁もいい風味が出るので捨てるのはもったいないのですよね。
Foto (848)
3品めはこれもマルシェの惣菜屋さんで買ってきたニシンのマリネ。
わたくしの大好物で、生のニシンがとろ~っとしてて何とも言えない美味しさ。
これは炊き立てごはんにワサビと合わせてもイケそうだな、
と思うのですが、まだお試ししたことがないのですよね。
今度絶対やってみたい♪
Foto (849)
4品めは先にポタージュをご紹介いたしましたが、
茹で白アスパラのオランデーズソースです。
今回は生ハムを少し散らしてみたのですが、
塩気がアクセントになって優しい味わいの白アスパラと
クリーミィーなソースによく合いました。
このスタイルは我が家の定番になりそうです。
Foto (850)
5品めは豚肉のローストと冷凍のポテトグラタン添え。
何とこの豚肉、70度のお湯で12時間低温調理して、
そのあとさっと表面だけ焼いております。
12時間て大変そう、と思いますでしょ?
でも何かやりながら時々お湯の温度を確認すればいいので、
意外と大変でも難しくもありません。
そして仕上がりはびっくりするくらい柔らかとろ~。
半分残ったのでラーメンのチャーシューにしようとすぐ冷凍。
楽しみ過ぎます~ワクワク♪
ということで我が家復活祭ごはんは以上となります。
おしまい。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

すっかりお伝えするのを忘れてしまったのですが、
4月13日土曜日、ジレジョーヌによる22週目のデモが行われました。
政府発表ではフランス全土で31,000人、パリでは5,000人の動員数でした。
5か月目と長いこともあり、ノートルダムの火災のこともあり、
ジレジョーヌの影が薄くなっておりますが、続いております。
…………………………………………………………………
Foto (787)
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずは自家製のシェーブルチーズのテリーヌです。
前の夜にささっと作ったのでお味もそれなりの味になってしまいました。
次回はちゃんと気合を入れて作りたいと思います。
Foto (788)
お次は冷凍のムール貝のファルシーにコチラを添えました。
Cpicon シンプル美味*我が家のアスパラステーキ by ルロワ・モワ
アスパラが美味しい季節ですね♪
茹でずにフライパンで焼くだけですが、
シンプルで美味しい1品で、付け合わせにも重宝します。
Foto (789)
そしてメインはシャロレー牛のフィレステーキとフライドポテトの
フランスの王道ビストロメニュー「ステーク・フリット」です。
今回はお店に負けないくらいお肉が上手に焼けて自分でびっくりしちゃいました。
ステーキをうまく焼くのって難しいんですよねぇ。
でも今回のでコツがちょっとつかめたので、また練習したいな、と。
なのでまたこの週末もステーキ焼いちゃおうかな。
でもな、今フランスでもよく言われているけれど、
牛肉(と豚肉)は身体のためにはほどほどにしないとなんですよね。
迷っちゃいます~。
ちなみにフランスで食べられているお肉は順番に、
①豚肉 ②鶏肉 ③牛肉 だそう。
豚か、とちょっと意外だけどフランスの豚は美味しくて安いですからね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ