週末ごはん

R0010972
バラが終わって今はマーガレットとラベンダーが咲いている、
我が家のジャルダンのそんなお花たちを飾って週末ごはんのご紹介です。
まずはTVの料理番組で紹介していたレシピで、
新玉ねぎとチョリソーのタルティーヌ。
このレシピのためにチョリソーを買ってきたのだけど、
あれ?普通?みたいな感じだったかなぁ。
でもいつもざざっと覚えるので、
なんか私のレシピ覚え忘れがあるかもしれません。
あともう一味何か、と思いました。
R0010983
お次はつい最近ご紹介させていただいたレシピ。
海老とアボカドとフルーツのご馳走サラダ
この週末に分量を量りながら作ったものを、
ご紹介させていただいたんです。
こうして分量を量りながら新レシピ作りがある時は、
他はなるべく超簡単なもの、作りなれてるものになります。
R0010987
で、メインは作りなれてる魚介のハンバーグ。
これは日本でオフィスレディだった時、
よく行っていた赤坂見附のビストロで大好きだった1品の再現。
でもいただいていた時はそれほど料理はしてなかったので、
どうやって作ってるかなんて考えもしなかったんです。
ただすご~く美味しいのだけは覚えていて。
で、フランスに来て、フレンチもちょっとずつ作るようになったある日、
あの料理って、もしかしたらああだったかも、って浮かんだんです。
そして作ってみたら、まさしくそれ。
で、いろいろと合点がいきました。
ビストロではお魚料理を作る時、切り落としが出るんですよね。
その切り落としを生かしたのがこの1品。
料理をたくさんするようになったこんな十数年後にここパリでわかって、
でもそれが面白いなぁ、と思っているんです。
そんなビストロも今はありません。
でも家庭的な美味しいフレンチのお味はそのお店で知ったように思います。
感謝感謝。日本のフレンチも素晴らしいです♪
ということで週末ごはんは以上となりま~す。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0010318
毎日毎日いいお天気が続いてるここパリ郊外。
でも花粉がものすごくて目が痛くて苦しい時もあったのですが、
ここ数日でやっと減ってきたよう。花粉さえ終われば、です~。
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずはアペロのおつまみでイタリアの大粒オリーブとサラミ、
そして奥の揚げた1品は買ってきた「リヨン(Rillons)」。
豚の脂身を揚げたものです。
普段、牛でも豚でも脂いやいや、言うてる旦那ですが、
自ら選んで買っていました~。ほんとは好きなのか?
R0010325
お次もおつまみチックな1品で、
冷凍の魚介のフリットとしし唐に近い赤唐辛子のスペイン風素揚げ。
この素揚げ、最近のわたくしのお気に入り。
でも旦那は辛過ぎるって言って少ししか食べません。
後でおちりが痛くなるんですって。
R0010330
スープはこのビストロの前菜の再現をしてみました。
12区の隠れ家ワインビストロ「レ・カーヴ・ド・プラグ」
グリンピースの冷たいポタージュです。
かなり近いお味に出来て、旦那が美味~♪とちょび絶賛。
やっぱりお店の、プロの料理は勉強になります。
ちなみにプロというのは、内容とそれに見合った金額を提示、
または金額以上の内容を提供。が、わたしはですがプロだと思っています。
ひと様からお金をいただくってそういうことではないでしょうか。
プロと名乗ってても、内容があっちゃ~、だったら、
それはただの自称〇〇。だと思います。
R0010322
メインはお隣家パトリスさんからいただいた、
お庭採れのこのグロゼイユ(groseille)を使います。
グロゼイユと言うと日本名は赤スグリと出てきますが、これは緑のスグリ。
で、このグロゼイユを使って。
R0010333
フレンチな1品、サバとグロゼイユの白ワイン煮です。
とは言うものの、私も初めて作ったんです。
日本じゃまったくポピュラーじゃないグロゼイユだし、
フランスでも今の短い季節しか出てきませんのでね。
で、旦那にグロゼイユってどんな料理があるの?
と聞いたら、サバとグロゼイユの組み合わせが知られてるよ、って。
ということで初挑戦。でもこれが美味しかった!
サバとグロゼイユの酸味とほのかな甘みが合うんです。
また1つ新発見なお味です。
ということで週末ごはんは以上となります。
皆さま、引き続き好い週末を~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009491
3年前に植えた我が家のぶどうが今年はものすんごいふさふさ、
いや、もさもさになっております。
夏のぶどうってすごい元気なのですねぇ。また1つ勉強になりました。
週末ごはんのご紹介です。
R0009475
まずはアペリティフで、
スーパー「リドル」で買ったイタリアのオリーブとサラミ類です。
このオリーブが塩気が少なめで美味しかった♪
またあったら買ってこようと思います。
R0009479
そして1皿めはアボカドの冷たいポタージュです。
旦那が、美味しい♪と喜んだ後、
でも何のスープ?って。
言わなきゃアボカドってわからないみたい。
美味しくても何かわからないのは私的にはちょびっと引っかかります。
苦手なものなら成功かもだけど、
食べて食材がわかるのは素材を生かしているということですからね。
R0009484
お次はスモークサーモンとマンゴーのカルパッチョです。
この自分レシピのキーウィをマンゴ-に変えました。
ビストロチックで超美味。スモークサーモンとキーウィのカルパッチョ
マンゴーでもとても美味しい♪
魚介とフルーツはよく合います~。
R0009488
メインは久しぶりにイタリア在住のプーパさんのこのお気に入りレシピ。
チキンのオーブン焼き
材料はチキン、1キロの粗塩、レモン、ローズマリーの4つだけ。
これでただオーブンで焼くだけなのですが、
シンプルで本当に美味しいんです。
でもこれを作る時はラベルルージュ(フランス政府公認の高品質食品)の
丸鶏を使うようにしております。
プーパさんのお料理はシンプルで素材を生かしてて、
そしてちゃんと美味しい、といつも感じます。
これは味覚のためにも身体のためにもいいんじゃないかな。
もちろん手の込んだ美味なものも感激するけれど、
それは特別ごはんでお店でプロの方におまかせして
食べさせていただくということで十分。
ということで週末ごはんは以上となります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0008837
こちらパリ郊外も眩しい緑の季節となっております。
R0008841
これからはお天気の良い週末は、
旦那が作った、エッフェル塔そばにあった大木のターブルで
必ず?お庭ごはん。
パリの長い秋冬分の太陽をしっかり満喫です!
R0008816
ということでまずはアペリティフ。
マルセイユの食前酒パスティスとソーシッソン(ソーセージやサラミ類)です。
お花は庭咲きの白い芍薬。
毎日お水を変えていたら何と2週間元気でいてくれました。
昔はピンク色だったそうですが今は白になったんですって。
その名残りが花の芯なんかにちょっと残っております。
R0008819
サラミは「サンタゴン」の日本にはない赤身のサラミ。4ユーロちょっと。
あっさり味で薄~く切っていただくとおつまみにグッド。
コンテチーズ入りやチョリソータイプもあってそちらも美味しいです。
どこのスーパーでもだいたい置いてるかな。
でもお土産で日本に持ち帰れないのが残念。
R0008822
そして前菜は3種のサラダのヴェリーヌ仕立て。
と言っても残り物をちょっとずつ盛っただけ。
でもこうして小さなガラスの器に入れると
ちょびっとおしゃれになるのでおすすめです。
R0008829
お次は買っておいた冷凍イタリアン総菜の魚介のフリット。
衣がめちゃくちゃサックサクで美味しかった♪
このサックサク、自分でちょっと挑戦したいです。
R0008827
バイ貝とブロッコリーのソテーはこのビストロの前菜の再現。
お値打ち過ぎる?!美味しくてコスパ最高のル・シス・ポール・ベール
いつも茹でたのをマヨネーズでいただくのですが、
ソテーも美味しいです!ブロッコリー合います。
これは簡単なので改めて作ってレシピをご紹介できればと思います。
R0008834
お肉は牛肉のインボルティー二。
お肉などでチーズや野菜を巻くイタリア料理です。
今回は作って冷凍しておいた野菜たっぷりトマトソースと
イタリアの何とかっていうチーズ(名前を忘れてしまいました)を巻いて、
薄くパン粉をつけて揚げました。
そこにサラダと焼きニョッキを添えてあります。
本当はセージの揚げたものをトッピングするとさらに美味しいのだけど、
セージ摘んでておいて揚げるのをすっかり忘れました。
夕方気が付いたらしなしな。セージに申し訳ないことをしました。
R0008848
つい最近、マルヌ川ツアーをご紹介させていただきましたが、
右のが旦那が冬中放っておいて水がかなり漏れ出したカナダのカヌーです。
左もカヌーであれも放っておいたので一度試してみなきゃなりません。
去年の夏に、カヌー用の小屋みたいのを作る、
と言っていた旦那ですが、結局作らずじまい。
今年も同じこと言っておりますが、かなり怪すぃです。
かわいそうなカヌーちゃん…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


R0008521
週末ごはんのご紹介です。
パリも少し夏めいてきたので今回はちょびっと夏っぽく。
まずは前菜盛り合わせで、上から時計回りに、
イタリアの生ハム、コッパ、
市販のムール貝のマリネ、市販のブルゴーニュのパセリのテリーヌ、
フランス定番の1品を白ワインヴィネガーのあっさり味にした自分レシピのコチラ。
Cpicon 【家ビストロごはん】ウフ・ミモザ by ルロワ・モワ
茹で卵を作っておけば、思い立った時にすぐ出来て、しかも美味です。
そして市販のアーティーチョークのマリネとなっております。
市販のものは盛るだけだし、いろんなものがちょこちょこあると、
どれから食べようかな、とワクワクします。
R0008530
2品めはつい最近レシピをご紹介させていただいたコチラ。
ワインビストロ再現料理。キュウリの冷製クリームスープ
この時にテーブルに出す前にカメラ持って、
お庭のテーブルでいそいそ撮影~。
結構忙しいのです。
生クリームを使ったスープですがあっさりで、
夏にぴったりです。
R0008534
メインは赤ヒメジのソテー、夏野菜添え。
TVの料理番組でどこかのレストランのシェフさんが
紹介なさっていたレシピを参考に作ってみたのですが、
これがすご~く美味しかったのです♪
赤ヒメジが夏野菜とめちゃめちゃ合う!
旦那は若干うなっておりましたねぇ。
で、これは手軽なタラとかで、
そして手順をもっと簡単にして出来ないかな、
と只今思案中。
もし挑戦してうまくいきましたらご紹介させていただきますね。
ということで週末ごはんは以上となります。
皆さま、よい週末を!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ