週末ごはん

IMG_2412 - コピー
久しぶりの日本滞在を終え帰ってきた翌日、
時差ボケでいつもにも増して頭も手も回らない私のために
旦那がごはんを作ってくれました。
まずは私の大好物茹でバイ貝と小エビ&海老。
マヨネーズでつけていただきます。
日本でもほぼ毎日お刺身を食べていたのですが、
フランスでも魚介、飽きません♪
IMG_2414 - コピー
アンディーブ、きゅうり、ラディッシュ、松の実のサラダ。
ドレッシングも手作りで大丈夫。美味しいです。
それぞれもう少し薄く切るとドレッシングがもっと馴染むと思うのですが、
ま、男らしくていいか。あは。
IMG_2417 - コピー
そしてメインはかわいいブロカントのスープ用鍋に入っております。
でもこれは私が、これに入れて、と出しました。
そうしないと料理とまったく合わないそのへんの食器に入れちまうんです。
IMG_2419 - コピー
で、旦那の唯一の得意料理「ポトフ」で~す。
今回はお肉は牛タンでして圧力鍋を使っております。
旦那的には右に写ってる金色のカブ
「ナヴェ・ブール・ドール(nave boule d’or)」の切り方を頑張ったようで、
これを見せたかったらしく、これ綺麗でしょ?って。
で、はじめはド真ん中に盛り付けられていたのです。
でもちょっと微妙?!なんか浮いてるし、かぼちゃちゃん?みたいな。
ということで、真ん中じゃない方がさりげないから、
とだけ言って妻はちょちょいと移動。
え、なんで?…でも、ま、いっか!的な表情の旦那でした。ぷぷ。
お味は安定の美味しさです。
ブーケガルニ、クローブの他にいろんなスパイスを少しずつ使ったそう。
牛タンも柔らかで美味しいけど、白&金色のカブがとろ~っとして美味しい。
ジャポンから帰ってきてフランスの定番のポトフというのも良いものです。
料理が好きじゃない旦那が作ってくれて、その気持ちがありがたい。
真冬に突入しましたし、またポトフ宜しくと思っております!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1640
久しぶりですが週末ごはんのご紹介です。
まずはアペリティフのおつまみで、
イタリアの生ハムとオーストリアの燻製シャルキュトリー(加工肉類)
「ジャンダルム・フュメ(Gendarme Fumé)」の盛り合わせ。
オーストリアのシャルキュトリー?と思う方もいらっしゃると思いますが、
独特のスモーク感があってなかなか美味しいんです。
マリー・アントワネットの出身国ですので
王妃もオーストリアで食べていたかもしれませんが、
フランスのシャルキュトリーよりずっと素朴でこれはこれでグッド。
IMG_1647
次は牛肉のカルパッチョです。
我が家はベビーリーフ、玉ねぎ、ケッパー、パルメザン。
いついただいても美味しくて飽きないお味。
フランスはスーパーで真空パックのものが手軽に買えるし、
十分満足できて、そして安心。
以前あるお店で生の牛肉のタルタルを食べてあたったことがあるので、
生の牛肉の処理に注意が足らないお店より、
工場で真空パックの方がかえっていいな、と思ってるところがあるのです。
IMG_1649
マルシェのフランス総菜屋さんで買ってきた、
ホタテのグラタン・ノルマンディー風と、じゃがいものガレット。
バターとクリームはノルマンディ-の名産。
ノルマンディー風とついてると、よくこの2つが使われております。
あとはノルマンディー風と言えば、
リンゴやシードル、カマンベールがよく使われておりますね。
IMG_1644
そしてメインはこのドイツのじゃがいものパスタ、
「Schuptnuden」。読み方は私はもちろん旦那も何だろうなぁ、と。
お気に入りドイツ系スーパー→「リドル(LIDL)」で買った初お試し品。
IMG_1652
これを茹でてからバターでソテーして軽く焼きめをつけて、
魚介のクリームソースと合わせてみたのですが、
このドイツのじゃがいもパスタ、意外!すごく美味しいんです♪
じゃがいもが入っているので独特な食感。
ちょっとニョッキに似てるかなぁ。
でももうちょっとほろほろっとしてて今までに食べたことない感じ。
少し前に行ったお呼ばれパーティーで、
ドイツと接してしるアルザス地方のパスタ
「スパッゾル(spätzles)」の美味しさがびっくり新鮮だったのですが。
→「秋の夜のパーティーはジャルダン・ディヴェールで
やはりちょっと重なるところがありますねぇ。
日本ではま~ったく紹介されていないのでは、と思うのですが、
アルザス&ドイツのパスタ、ちょっと要チェックです!
これからどしどし試していこうと思いま~す。
ということで週末ごはんは以上となります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1227 - コピー
久しぶりに週末ごはんのご紹介です。
まずは玉ねぎのタルト。
我が家の定番の1品ですがブログでは初ご紹介かもしれません。
玉ねぎだけですがと~っても美味しいんです。
IMG_1234 - コピー
お次はかぼちゃのポタージュです。
今回は簡単にしようとミキサーは使わず、
柔らかく煮たのをマッシャーでつぶしたのですが。
かぼちゃは繊維が多いのでマッシャーだとそれが口に残ってしまう。
やはりかぼちゃのポタージュはミキサーで滑らかにしないとだめだな、
と思いました。じゃがいもは大丈夫なんですけどね。
IMG_1236 - コピー
メインは鴨のロースト、じゃがいものサラダ添え。
鴨は中をロゼ色に仕上げるのが大事。
でもこの焼き加減が少し難しいんですよね。
フライパンで焼く時は焼き汁をつねにかけながらが基本。
でもこれ結構時間がかかってしまいます。
我が家の場合は両面しっかり焼き目をつけてから、
オーブンで軽く焼きます。
これで簡単に中はロゼ色のちょうどいい焼き加減になるんです。
この時もバッチリ成功してとっても美味しかった♪
以前は鴨が好きじゃなかった旦那も、
今は大好物!まではいかないけどかなり好き。
スーパーでお得だと自らカートに入れております。
…………………………………………………………………
昨日は久しぶりにyoutubeで日本のドラマを観ました。
「グランメゾン東京」です。
パリのよく行くカルティエがたくさん出てきて、
あ、あそこだ、ここだ、なんて思いながら楽しみました。
アリーグルのマルシェ、ビル・アケム橋、モントルグイユ通り…。
でもすぐ東京が舞台になってしまったけど。
知ってる俳優さんは木村さん、沢村さん、鈴木京香さん、
あと歌舞伎俳優さんだけ。
でも料理がいろいろと出てくるのでそれが面白い。
これはまた来週も観ようと思います。
あ、あと孤独のグルメも♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0010972
バラが終わって今はマーガレットとラベンダーが咲いている、
我が家のジャルダンのそんなお花たちを飾って週末ごはんのご紹介です。
まずはTVの料理番組で紹介していたレシピで、
新玉ねぎとチョリソーのタルティーヌ。
このレシピのためにチョリソーを買ってきたのだけど、
あれ?普通?みたいな感じだったかなぁ。
でもいつもざざっと覚えるので、
なんか私のレシピ覚え忘れがあるかもしれません。
あともう一味何か、と思いました。
R0010983
お次はつい最近ご紹介させていただいたレシピ。
海老とアボカドとフルーツのご馳走サラダ
この週末に分量を量りながら作ったものを、
ご紹介させていただいたんです。
こうして分量を量りながら新レシピ作りがある時は、
他はなるべく超簡単なもの、作りなれてるものになります。
R0010987
で、メインは作りなれてる魚介のハンバーグ。
これは日本でオフィスレディだった時、
よく行っていた赤坂見附のビストロで大好きだった1品の再現。
でもいただいていた時はそれほど料理はしてなかったので、
どうやって作ってるかなんて考えもしなかったんです。
ただすご~く美味しいのだけは覚えていて。
で、フランスに来て、フレンチもちょっとずつ作るようになったある日、
あの料理って、もしかしたらああだったかも、って浮かんだんです。
そして作ってみたら、まさしくそれ。
で、いろいろと合点がいきました。
ビストロではお魚料理を作る時、切り落としが出るんですよね。
その切り落としを生かしたのがこの1品。
料理をたくさんするようになったこんな十数年後にここパリでわかって、
でもそれが面白いなぁ、と思っているんです。
そんなビストロも今はありません。
でも家庭的な美味しいフレンチのお味はそのお店で知ったように思います。
感謝感謝。日本のフレンチも素晴らしいです♪
ということで週末ごはんは以上となりま~す。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0010318
毎日毎日いいお天気が続いてるここパリ郊外。
でも花粉がものすごくて目が痛くて苦しい時もあったのですが、
ここ数日でやっと減ってきたよう。花粉さえ終われば、です~。
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずはアペロのおつまみでイタリアの大粒オリーブとサラミ、
そして奥の揚げた1品は買ってきた「リヨン(Rillons)」。
豚の脂身を揚げたものです。
普段、牛でも豚でも脂いやいや、言うてる旦那ですが、
自ら選んで買っていました~。ほんとは好きなのか?
R0010325
お次もおつまみチックな1品で、
冷凍の魚介のフリットとしし唐に近い赤唐辛子のスペイン風素揚げ。
この素揚げ、最近のわたくしのお気に入り。
でも旦那は辛過ぎるって言って少ししか食べません。
後でおちりが痛くなるんですって。
R0010330
スープはこのビストロの前菜の再現をしてみました。
12区の隠れ家ワインビストロ「レ・カーヴ・ド・プラグ」
グリンピースの冷たいポタージュです。
かなり近いお味に出来て、旦那が美味~♪とちょび絶賛。
やっぱりお店の、プロの料理は勉強になります。
ちなみにプロというのは、内容とそれに見合った金額を提示、
または金額以上の内容を提供。が、わたしはですがプロだと思っています。
ひと様からお金をいただくってそういうことではないでしょうか。
プロと名乗ってても、内容があっちゃ~、だったら、
それはただの自称〇〇。だと思います。
R0010322
メインはお隣家パトリスさんからいただいた、
お庭採れのこのグロゼイユ(groseille)を使います。
グロゼイユと言うと日本名は赤スグリと出てきますが、これは緑のスグリ。
で、このグロゼイユを使って。
R0010333
フレンチな1品、サバとグロゼイユの白ワイン煮です。
とは言うものの、私も初めて作ったんです。
日本じゃまったくポピュラーじゃないグロゼイユだし、
フランスでも今の短い季節しか出てきませんのでね。
で、旦那にグロゼイユってどんな料理があるの?
と聞いたら、サバとグロゼイユの組み合わせが知られてるよ、って。
ということで初挑戦。でもこれが美味しかった!
サバとグロゼイユの酸味とほのかな甘みが合うんです。
また1つ新発見なお味です。
ということで週末ごはんは以上となります。
皆さま、引き続き好い週末を~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ