週末ごはん

RIMG1052
早速ですが昨日のお魚メインごはんのご紹介です。
先ずはお皿さんからでこれはブロカントでめっけたとても気に入っているイギリス製のスープ皿セット。
やっぱりなんかフランスのとは違っていて花柄でも大人っぽいクラシカルさ。
な~んてたまたまかもしれませんが。ふふ。
RIMG1066
これにはちょうどクレソンとカリフラワーがあったものだから自分レシピのコチラ。
Cpicon カリフラワーとクレソンのポタージュ by milketmoi
レシピの方ではカリフラワーポタージュの方が主となっておりますが、
今回はクレソンがたくさんあったのでクレソンさんが主。
自分で言うのもあれですがこれ美味しいです!
RIMG1055
2皿めはこの2つのガラスの器セットを合わせて。
RIMG1063
思いついて作ってみたクレソンと青りんごの小さなサラダを。
思いついただけあってこれはあともう少し追及が必要なようです。何かが足らない…。
RIMG1058
3皿めはサルグミンヌの1枚。
これもエマウスでめっけたものですがまったく同じものがヴァンヴの蚤の市で売られていました。
なので旦那にそ~っと、エマウス調達かな?と言ったら、そうかもね、って苦笑い。
RIMG1069
これには買ってきたドレッシング付きの牛肉のカルパッチョにベビーリーフ、トマト、エシャロットなどをトッピングしました。
フランスのスーパーでこうしたカルパッチョなんかについてくるドレッシングは化学調味料なども含めいろいろ入り過ぎず(使ってはいるでしょうが)シンプル味なので私には食べやすく、とてもとても美味しかったです。
それにしても日本にいた頃は生のお肉は一切食べなかったのですが今は大好きになりました。
はじまりはタルタルステーキですかねぇ。あ、久しく食べていません。
超簡単なので近々スーパーでタルタル用のを買ってきて自分で作りましょう。
その際はレシピもぜひご紹介させていただきたいです!
RIMG1059
4皿めは裏の刻印は薄くなっていて読めないのですが秋っぽい雰囲気のタルト皿。
これには、
RIMG1072
TV番組でバスク地方のシェフが紹介していたサーモンのソテーにバスクの調味料のピーマン・デスプレットを使ったお野菜とタルタルソースを添えた1品を作ってみました。
先ずはご覧の通りドレッサージュに迷い大失敗をし、しかも味もハーモニーがな~んか合っていなくて、しかもちょっとくどい。パリのバスク料理店もメインがちょっとくどかったり濃かったりが多いな、
と私は感じることが結構あったのですが、やっぱり全体的に料理が濃いのかなぁ、と。
で、実は我が家の大お気に入りのサーモンの1品であるコチラと迷いに迷ってバスク挑戦したのですが。
Cpicon 美味!サーモンポテト by oyukidesu
私たちにはサーモンポテトの方がず~~っと美味しかったのです~。
私の盛り付けも含めめっちゃ残念でした…。

…………………………………………………………………………


ちなみに。
RIMG1079

EUが定めた原産地保護のAOP認証も受けている、
バスクのエスプレット(Espelette)村の名産であるピーマン・デスプレットがコチラ。
ピーマンはフランスでは唐辛子。なのでエスプレット唐辛子ということになります。
でも味見してみるとほんのりな辛味以外にほのかにいろんな味わいがある唐辛子でうまみがあると言いましょうか。料理番組なんかを観ていると、バスク以外のシェフさんも隠し味にちょっと使う方も結構いらっしゃいます。
なので上手に使いこなせたらきっと素敵なはず。
今回はうまくいきませんでしたががんばってこのエスプレット唐辛子を使ったなんか美味しいレシピ作れたらいいな、と思います。
それではシュワシュワ行ってまいります。

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。


RIMG0995
お腹が減り過ぎて減り過ぎてチャリこいで帰ってきてやっとこさ、ごはんで~す。
先ずは中国系(+ヴェトナム)ローストチキン屋さんで買ってきたお惣菜たちで揚げ物はさっと揚げ直して盛り合わせまして。
エビの衣揚げ(beignet de crevette)、生春巻き(Rouleau de printemps)、そしてヴェトナム風揚げ春巻きのネム(Nem)とソースです。
ネムはフランスでは例えばだいたいどこのスーパーでも出来合いのものが売っているくらいと~ってもポピュラーなので今までネムネムと何も説明せずに書いておりましたが(失礼いたしました)、
日本ではチャーゾーと言われていますね。
日本ではヴェトナム料理というと生春巻きとフォーがまず浮かぶかなぁと思うのですが、
フランスではまずネムが浮かぶ感じなくらいのお馴染みさん。
で、やはり揚げなおすとカリカリで美味しいし、ソースもやはり美味。
お店によってはこのソースも有料のところも多いし、しかもスイートチリソースにちょこっとニョクマムとか混ぜたくらいの簡単なものだったりですが、ここのは自家製で無料。ひと手間で美味しさがまたぐぐんとアップです。
でもお腹が減り過ぎていてネムを巻いていただくと美味しいレタスとミントをすっかり忘れてしまいました~。次回は絶対忘れたくないです!
RIMG0998
お次は前日に作っておいた緑とオレンジ色の2色のポタージュ。何と何かわかりますでしょうか。
これは美味しかったので近々分量を量りながらもう一度作ってご紹介出来たらと思っております。
その際はもっとかわいく盛り付けたいです。
RIMG1002
メインは先週末に引き続き、旦那の、そしてフランス人の大好物で国民食のステーキで、
付け合わせはくたくたインゲンとそしてコチラ。
地元イタリアンレストランの再現1品「フェンネルのグラタン」
前日に焼くだけにしておいたフェンネル、簡単ですがとろっと美味しいです。
くたくたインゲンは先週も作りましたが今週の方がお店のに近かった気がします。
これは近々レシピをご紹介出来そうです。って言ってもめっちゃ簡単なのですが。
RIMG0987
そしてお皿さんもささっとご紹介。
お惣菜盛り合わせはこのフランスの北東「Badonviller(バドンヴィレ)」の大きな1枚。
実はこの日のブロカントでめっけたばかりのものでお値段は1ユーロ50サンチーム!
RIMG0988
ポタージュはこの北フランス「St-Amand(サン=アマン)」の1枚。
RIMG1000
メインは裏に刻印はないけれどブロカント食器でもほぼ新品状態のこのタルト皿で、
重宝している1枚。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG0985
お肉は今回はアメリカ産の黒アンガス牛だったのですが、これと~っても美味しかったのです!
で、ちょっと調べてみたら、アンガス牛は牛肉の世界の三大品種の1つと言われているそうで、
(他にヘルフォード牛、そしてショートホーン牛)
もともとの原産はスコットランドのアンガス州なんだそう。
クセがなくて適度に柔らかく適度に歯ごたえもあって気に入りました。
そしたら去年日本のデニーズでアンガス牛のビーフフェアがあったよう。
さすがだわ~遅れてるわ、わたし。行きたかったですねぇ…

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。


RIMG0934
昨日はちょっと肌寒く、そして太陽が顔を出したりひっこめたりのお天気だったのですが、
それでもせっかくなのでお庭ごはんにいたしました。
でもやっぱりちょ~っと無理したようで今日は若干鼻声気味~。
じゃ、早速ご紹介の方にまいります。
先ずは新鮮カリフラワーを買ってきたのでおつまみにコチラ。
Cpicon 10秒調理止まらないカリフラワーディップ by milketmoi
我が家の大定番、生カリフラワーのマヨネーズ添えで、ブログでも何度もご紹介しているものです。
生ってカリカリで何とも言えない食感でこれが美味しいのです。
RIMG0937
2皿めはこのサラダ。
Cpicon ひよこ豆のトマトミントサラダ by Hoink
ドレッシングは何とケチャップとレモン汁なのですが、ケチャップだけはわたくしあまり得意なほうではないのですが、レモン汁で甘さが抑えられ酸味も加わってさっぱり美味でちょっと新鮮びっくり!
RIMG0940
3皿めは買ってきた生ラビオリに買ってきた缶詰ビスクソースと茹でエビを足した1品。
即席ではありますが結構美味しく出来ました。
ラビオリはイタリアとたぶん多くの方が思っていらっしゃるかと思うのですが(私も)、
一昨日TV番組を観ていたら、フランス南東部のドフィネ地方でも長年食べられていると紹介されておりまして、ラビオリ作りの名人マダムも出ていらっしゃったのですが、
そのマダムが、ラビオリの歴史はとても古く、一番最初に作られたのはアラブの地域で、
その時は野菜だけで作られていたそう。
それからイタリアやフランスにも伝わってチーズが使われるようになったのだそう。
そしてマダムが、ラビオリの茹で時間は1分。それ以上はダメよ、と。
なので私も1分茹でを守らせていただきました。
RIMG0941
4皿めはこの再現レシピのビストロでいただいたお魚メインの2度めの挑戦です。
ビストロの再現「麦と桃とチョリソーのサラダ」
今回は結構近い味わいになって美味しくいただきました。
でもまだ70%くらいの出来なのでもう少しがんばって90%くらいまで近づきたいです。
RIMG0945
そしてデザートは前日作っておいたコチラ。
Cpicon HMで しっとり~な★りんごケーキ★ by ♪こみき♪
炊飯器で作るケーキ、私は初めてだったのですがしっとりふっくらで甘さもとても抑えめなので、
素朴だけどついつい食べちゃう美味しさ。
ラムレーズンを入れても絶対美味しいだろうな、と思いました。
いつかやってみましょ♪
RIMG0926
そしてお皿さんたちもささっとご紹介。
ちょうどこの時、太陽が出ていなかったのでお庭は諦めて中だな、と思い、
屋内で先に撮ったものです。
先ずは生カリフラワーにはこの1枚。
裏の刻印はめっちゃ薄くなっていて読めないのですが、形もかわいくてお気に入り。
RIMG0928
ひよこ豆サラダには左の「Limoges(リモージュ)」の小皿にミントグリーンのカップ(刻印なし)を合わせました。
RIMG0930
3枚めはこの八角形のお皿さんでこれも刻印が薄くて読めないのです。
でも愛らしいです。
RIMG0931
4皿めのお魚メインにはこの北フランス「St-Amand(サン=アマン)」の1枚。
でもこうして見たらちょっと冬っぽいかな?!あちゃ~。
RIMG0933
そしてデザートには「Sarreguemines(サルグミンヌ)」の1枚で今回はじめて使いました。
鹿ちゃんで色合いが秋っぽい雰囲気ですね。秋ですもんね。
ということで、旦那は今朝早くから大規模ブロカントに1人で行っているのですが、
帰ってきたらシュワシュワに行ってまいります。
今日は曇ってはいますが雨は大丈夫そうで~す。

…………………………………………………………………………



また長めになっちゃいましたが最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。


RIMG0712
晴天だった昨日は朝早くから旦那はせっせこ準備してカヌーでマルヌに釣りに行き、
私はせっせこごはん作って12時には準備OK。
でも午後1時になっても帰って来ず、お腹が減ったよ~、と泣きそうになっていたら、や~っとご帰宅。
結構遠くまで漕いで行ってしまったらしい。
ということでとにかくあたしゃごはんだごはんだ、と。出来てるのに待つのって結構根気要ります~。
さて、まずはお皿さんからで北フランスの「St-Amand」のもの。
これには、
RIMG0727 - Copie
リピのコチラ。
Cpicon 最初は驚いたサーディン・オープンサンド by トクライ
なんとマーマレードとサーディンとチップスの組み合わせ。
でもこれが意外や意外、いけるんです!
RIMG0718
2皿めはフランス北東部「badonviller」の「BB」という窯のお皿とスープの器のセットで1963年以前のもの(その年に窯が統合し別の名前になったので)。
でもセットと言っても別々(エマウスとブロカントだったか2点ともエマウスだったかは忘れてしまったのですが)でめっけたものなのです。
これには、
RIMG0729 - Copie
炒め物にしようと戻しておいたけどそのままにしちゃってた干し椎茸で自分レシピなのですがコチラを。
Cpicon 干し椎茸のポタージュ by milketmoi
これは旦那の弟さんとお知り合いが家に来た時にもお出ししたら大好評で、何々この風味は?って。
なので日本のきのこですよ、って。フランス人も一度試すと椎茸美味しい♪っていう人多いです。
そんな椎茸さんですが、マルシェなどでもちょくちょく見かけるようになりました。
先週はある情報番組を観ていたらお料理コーナーで干し椎茸も出てきまして、
炒め物が紹介されてて、美味しそうだな、これ作ってみよう、思ってそれで戻しておいたのですが、
チャリンコでマルヌとか行っちゃったから後回しになりました~。
なので近々作ってみて美味しかったらご紹介できればと思っております。
RIMG0720
3皿めはブロカントではなくアンティークのお皿さんで「Sarreguemines(サルグミンヌ)U&C」の1枚。
この「Sarreguemines U&C」というのは1880年~1910年の間にだけ作られたサルグミンヌでも特に古いもの。
で、100年以上前のものはブロカントではなくアンティークになるのでこれはアンティークというわけなのです。
でもでもエマウスの山積み食器たちの中から掘り出した?もので、しかも2枚あったのです♪
もちろん2枚ゲットで、そして1ユーロもしないお値段。ラッキーでした!
で、これには、
RIMG0733 - Copie
ビストロの再現のコチラ。
Cpicon 小イカのソテーYoupi&Voilàs風 by milketmoi
お庭のフランボワーズが微妙量あったので使っちまおうということで、
久しぶりに作りました。
お店ではマテ貝だったのですが、安い小イカでも大丈夫美味しいです。
でも気を抜いたらお醤油がちょっと多めに入っちゃったので色が濃くなりました~。
RIMG0722
4皿めはこれも北フランスの「St-Amand」のものでこれには、
RIMG0737 - Copie
フォアグラソテーをのせたステーキに定番のフライドポテト(今回は乱切り)とそして例の?くたくたインゲンと、そしてついでなのでこれも、
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by milketmoi
今回は輪切りにしてソテーして添えました。
挑戦したくたくたインゲンですが、まあまあ美味しかったけど、まだなんかお店の美味しいくたくたではなかったので、再度挑戦と思っております。へへへ。
ということで旦那は今日は1人で朝からブロカントへ行き、私はこれからごはん作り。
で、旦那が早めに帰ってきたらバラ色のシュワシュワを一杯しに行きたいな、と思っているのですが、
どうかなぁ、12時くらいまでに帰ってきてくれるかなぁ…
と思ったら今(11時06分)帰ってきました~イェイ!

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。



RIMG0269
お腹がペコペコでとにかくとにかく早く食べたい!
と思いながら準備したブロカント帰りのごはんおご紹介です。
だって帰って来たら2時近くだったのですよ。
ということで先ずはお皿さんからでエマウスでめっけたこの横長な1枚。
これはそれほど古いものではないのですが、意外に使いやすくお気に入り。
RIMG0274
これには前菜7種の盛り合わせで左上から
このレシピをベースにカレー味にしてみた→「ギリシャ料理「ドルマダキア(ぶどう葉のごはん包み)
その下は作り置きしておいた→Cpicon 人参と白ゴマの甘酢サラダ by milketmoi
そのすぐお隣りは→お庭採れの生のアーモンド(生は身体によいみたいですね)
その上は買ってきた→ブルゴーニュのパセリたっぷりテリーヌ
その右隣りのパリパリ簡単美味すぃ♪→Cpicon *エビと大葉のぺったんこ揚げ* by みっくママ
そのまたまたお隣りは上が→ジャーマンポテト
下が買ってきた→にんにく入りグリーンオリーブ
この前菜でこの時作ったのはエビと大葉のぺったんこ揚げのみ。
あとは前日に作っておいたものと作り置きと買ってきたものを合わせました。
こうして前菜盛り合わせをしょっちゅう作っていくうちにあるもの、作り置きできるもの、
あとはささっとできるものとを合わせればいいんだな、と慣れてきました。
いろいろがちょこちょこあると楽しくて大満足♪
RIMG0273
2皿めはこの小さなお皿とカップの組み合わせで、
小さなお皿さんはディゴワン・サルグミンヌで、これには、
RIMG0281
お家採れトマトとそのトマトで作っておいたトマトジュースを使ってコチラ。
Cpicon *冷やしWトマト* by ついてるさとちゃん
これも前日に作っておいたものですが、
トマトを湯剥きするだけであとはちょちょっとオイスターソースと鶏ガラだしと砂糖で味付け。
シンプルでさっぱりでトマトの美味しさ堪能です~。
RIMG0271
3皿めはこのお気に入りロレーヌ地方の「VILLEROY&BOCH」のラブリーな1枚。
これには、
RIMG0288
市販の焼き用ニョッキをシンプルにバターとオリーブオイルで焼いてパルメザンをたっぷりかけました。
カリッと焼くと何とも言えず美味しいです。
RIMG0291
4皿めはいきなりかわいいお子様チックなこの1枚。
これは実は家にあったもので夏の片づけでめっけたもの。
東フランス「SALINS」のブロカント食器です。
これには、
RIMG0292
この日の午前中のブロカントでめっけたばかりのストウブ鍋を合わせて。
RIMG0294
前日に準備しておいた豚ひき肉のクレピネット(豚の網脂)包みの煮込みです。
すでに包まれたものを買っておいたので小麦粉を薄くつけて焼きめをつけ、
濃縮トマトピュレやワイン、お野菜と白インゲン豆などと一緒にシャトルシェフで煮込んでおいたのでふっくら柔らか。フランス風煮込みハンバーグ的な感じですが、私はくどくないようさっぱり味付け工夫をして、後は一晩シャトルさんにおまかせ。
シャトルシェフは日本にいた時から私の必需品で他のいろいろな調理器具は処分したのですがシャトルシェフだけは船便で日本からフランスに運んだくらいなのです。
ローストチキンの骨なんかもお水と一緒に煮てあとは専用容器に入れておけば鶏だしが出きているし骨もほろほろ柔らかくなっているので、そんな部分は(小骨は危ないので抜く)べべっ子たちにもあげられて。ほんと手放せません。
なのでストウヴ鍋はただちょっと入れ物として使ってみただけなのですが、
次回はちゃんと調理して、そしてそのまま出せたらいいな、と思っております。
ということで今日は少し晴れ間が出ていますが、いよいよ本格的な秋のはじまりでして、
枯葉がかな~り増えてまいりました。
パリと枯葉、すご~く似合うんですけどねぇ。
パリに来た1年目の時は、ああ秋のパリ素敵だわ♡
な~んて思ってたんですけどねぇ。
今はすっかり気持ちも目も慣れちゃったです~。

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。



↑このページのトップヘ