週末ごはん

hsy1xU2NuAPw3111518871966_1518872075[1]
週末ごはんのご紹介でございます。
まずはおつまみちょこちょこの盛り合わせで、
左から、茹でチンゲンサイのそぼろがけと半熟たまご(前日の残り物)、
買ってきたケークサレ(塩味のケーキ)、
そして生のカリフラワーとなっております。
フランスではカリフラワーをカリカリっと生でいただくのはポピュラーで、
マヨネーズをちょっとつけていただくと美味しいのです。
お試ししたことがない方はぜひ一度ちょっとそのまま生でかじってみてください。
ちょっと新鮮びっくりですよ♪
rV8HAZz1P2ZtEM31518872203_1518872324[1]
お次はサヴォワ地方の郷土料理で、
サヴォワのソーセージにサヴォワのチーズが挟んであって
オーブンで焼くだけの市販の1品。
はじめていただいのですが、これが美味しかったんです~。
で、これフランクフルトでやっても美味しいだろうな、と思ったので、
今度ちょっとお試ししてみたいです。
ipr5nsBAt80q8Qn1518872453_1518872636[1]
お魚は冷凍のムール貝と耳たぶ型のパスタ、オレキエッテを使ったパスタ。
冷凍ムールってはじめて試してみたのですが結構美味しいし何と言っても便利!
なので、我が家の常備品に決定です。
2KP2B6DVGVJd26O1518872846_1518872985[1]
そして豚ステーキで、白ワインやハーブ、醤油、ハチミツなどで一晩マリネしたもの。
やはりマリネしておくと柔らかくて味がしみて美味しいです。
これは白いごはんが欲しくなりましたねぇ。
ということで昨日のごはんは以上となっております。
今朝は霧が出ているパリ。でもどこか明るさがあって、
真冬は過ぎたように感じます。もう2月も後半ですものねぇ。
春の足音がもうちょっとしたら聞こえてくるかな…。
んじゃ、マルシェに行ってまいります。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

jKOtpEnGMbJWVKy1518444377_1518444529[1]
マルシェから帰ってきての週末ごはんのご紹介でございます。
まずはちょっと並んだイタリア惣菜屋さんで買った、トリュフ入りのサラミです。
お気に入りはトリュフ入りロースハムとパルメザンとトリュフ入りのハムで、
これは今回が初お試し。さてさてお味は?
美味しいけど、いつもの2種の方がいいかもです。
サラミの脂っぽさにトリュフが入るとちょ~と風味的にくどいかな、と。
なので今度買う時はまた2種に戻ります。
L5qky1qyhs7kdU01518444807_1518444953[1]
お次もイタリア惣菜屋さんで買ってきた1品で、ちょっとわかりづらいのですが、
アーティーチョークのトマトと野菜詰めファルシーで、
前日の残りの魚介とフェンネルのブルグルのリゾットも添えました。
これも美味しいけど、2個で8ユーロで、しかも自分で作れるな、
と思ったのでリピはないかなぁ、と。
これを考えると、マルシェの人気フランス惣菜屋さん、お値段も安いんですよねぇ。
とっても美味しい卵のゼリー寄せも1個2ユーロぜんぜんいかないし、
殻付きホタテのグラタンも2ユーロくらいだったような。
あそこは美味しくて安いから大人気で行列なんですねぇ。
GH0J5JhPUh4IAVr1518445093_1518445250[1]
3品めはよくお邪魔させていただいてるイタリア在住プーパさんのブログ
→「Le forchette-レ フォルケッテー
で見たリガトー二のカルボナーラを初お試しです。
今まで食べたカルボナーラで一番印象的だったのは、
昔イタリアを旅した時、ジェノヴァに向かう途中
一泊だけした街の地元レストランでいただいたカルボナーラ。
めっちゃ濃厚でとにかく卵の存在感がすごかったのです。
それを思い出して飛びつきました~。
で、お味は?と~っても美味しかったです♡
全卵を使うのであっさりめですが、今の自分にはこれくらいがいいし、
またリガトーニがよい~。歯応えがたまりません。これはリピ決定です!
ちなみにパンチェッタもイタリア惣菜屋さんで買ってきたものです。
A2Nkf_DXKwCwSVS1518445404_1518445569[1]
そしてメインはシンプルな鶏のローストです。
前日も鶏の煮込みでまた鶏ちゃんです。と言いますのも、
丸鶏2羽が特売で9ユーロでまとめてパックになっていたものを買い、
そのまま旦那が冷凍しちゃったものだから、
2つの鶏ちゃんを離して解凍が出来ず、しかたない、2羽、別の料理だ、と。
でもぜんぜん違う調理にしましたし、
また丸鶏のローストっていつでも美味しいから大丈夫です~。
でもどちらもかなり残っていて昨日はローストチキンのサンドイッチとサラダを作り、
今日は土曜日のプール・オ・ポに煮汁で炊いたライスを添えて出そうかな、
と思っております。
残っても週前半の食事の支度がラクチンなので
ぜんぜん問題なしなしちゃん♪
ということでご紹介は以上となります。
ところで明日はヴァレンタインデーだということに昨日気づきました。
ということで、ヴァレンタインメニューによさげな1皿を急いで
次回ご紹介させていただこうと思います。
もう少し早い方がよかったのですが気づくのが遅かったです…。
なので次回は早め時間に更新をさせていただきます。
そしてプランタンの8階記事もがんばります。
ではでは。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

プランタン記事は書き上げるのに気合いと時間が必要なので、
休憩?もかねて週末ごはんのご紹介をさせてください。
7qSaVBtPjKFUNlY1518301704_1518301838[1]
去年は結局一度もいただかなかったちょっと特別感のあるチーズ、
モンドール(Mont d’Or)を買っておいてありました。
フランスとスイスの国境近くのジュラ山付近で作られ、
柔らかくクリーミィーなので暑い時期には作られず、
9月半ばから3月半ばまでの期間限定で出回る、
金の山と名付けられたこのチーズ。
そのままもいいけどフォンデュにしても美味しい♡
72s77BiqClOapA41518301945_1518302030[1]
ということで、十字に切れ目を入れて、ニンニクのスライスと白ワインと、
我が家ではちょっとタイムもプラスして入れてオーブンで焼き上げました。
上の部分は切り取って中のトロトロ~にパンや茹でじゃがいもをつけていただきます。
いや~、たまりません!
9TwCaGW4YtiH37o1518302124_1518302201[1]
お次はこの後のメインとの兼ね合いもあるので、
あっさりとしたブルグルのリゾット、魚介とフェンネル入りで。
このフェンネルはお庭でもさもさ育ってくれたものを
すぐ使えるようにと少し切って冷蔵庫に入れておいたものですが、
何と大雪でお庭のはみんなダメになっちゃったです~。
その前に全部刈っとくんだったです。残念。
sX29oFNsoEjnTHY1518302278_1518302350[1]
メインはブロカント市で買ったこのお気に入りの古いシチュー鍋に入った1品。
s5bpUZUg1JpM9zZ1518302455_1518302544[1]
ジャ~ン!というほど豪華な感じではないのですが、
中身はフランスの超伝統的料理、
「プール・オ・ポ(Poule au pot)」で丸鶏と野菜の煮込みでございます。
この料理が誕生したきっかけは南仏に生まれたブルボン朝の王様、ヘンリ4世が、
日曜日には自分の国の耕作をする人々すべてに鍋で煮た鶏を食べて欲しい、
と、1600年に呼びかけたのがきっかけ。
前々から、本場の作り方で作ってみたいな、と思いレシピを探して初挑戦です。
RePL1EIStB3CmB21518302641_1518302881[1]
ということで、切り分けまして実食です!って作ったの自分ですが。はは。
これがですねぇ、鶏の中にひき肉を詰め、野菜と煮込んで、
簡単なソースをかけるだけなのですが、
あっさりでとても美味しかったのですよ!
ひと昔前のフランス料理というと、くどいイメージがあるけど、
もっと昔々だといろいろ使い過ぎないでシンプルで
くどいの苦手な日本人の自分のようなものでもぜんぜん大丈夫なのかも、
と思いました。面白いです~。
でですね、これは丸鶏を使わずもっと手軽な鶏で近いものが出来そうなので、
レシピを考えてみたいなぁと思っております。
1600年に誕生したフランスの伝統料理が日本でもお手軽に
召し上がっていただくことが出来たら、なんかちょっと素敵ですもんね。
JGamCrRNB3kGvqA1518302976_1518303066[1]
そしてデザートも昨日はありまして、
旦那が近所で一番美味しいバゲッドを置いてるパン屋さんで
バゲッド買うついでに買ってきたチョコレートケーキです。
お味はですね、凝ってなくて素朴系。もう少し甘くない方がいいけど、
でも悪くなかったです。
たまにはこういうのも雰囲気も含めよいものです。
子供の頃は100円ケーキだってとっても嬉しかったですもんね。
さて、パリの雪も消えはじめ、今日は冬晴れです。
もう降らないで欲しいなぁ、と願っているのですが、どうでしょうかねぇ…。

※コメントの返信が遅れてごめんなさい。
マルシェから帰ってきたらさせていただきますね!

……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ThDAZoaFY9EhNtu1517852052_1517852184[1]
寒くなってきた中をマルシェから自転車で帰ってきての週末ごはんのご紹介です。
まずはマルシェのポルトガル惣菜屋さんで買ってきたおつまみで、
時計回りに生ハム、オリーブ2種、そして煮豆「ルパン」となっております。
オリーブはお気に入りの大粒ジューシィーなのと、一番辛いのをください、
とお願いしました。が、もっと辛くていいですねぇ。
フランス人たちは辛いの苦手なので、辛いのっていってもそんなに辛くないです。
もっと唐辛子入れて頂戴~。
2SuobWke32ncClY1517852305_1517852397[1]
お次はずっとやりたかった「みーなのキラキラ日和」ブログさんで見た、
→「結婚記念日ランチデート
お野菜の1皿をちょびっとマネっ子してみました。
お野菜の種類がぜんぜん足らないのですが、
グリルと茹でたのを合わせてオリジナルドレッシングをかけました。
シンプルですがこれとっても美味しかったのです♪
なのでレシピでご紹介を考え中です!
ま、でもあんまたいしたことやってないのだけど…。
I6s2w6qHYDRdguA1517852533_1517852627[1]
私にはもう1皿。前日に続き「マレンヌ・オレロン」の緑の生牡蠣です。
これで24個完食。全部わたくしのお腹の中へ…。
大丈夫。当たってませんよ。生牡蠣開け名人?の旦那が確認してくれましたから。
ああ、また近々いただきたいです~。
ごはんがんばって作りますから♡
(翻訳ツールでこれを読む旦那へのメッセージ)
42QSNwDFaMtKgIj1517852736_1517852831[1]
お魚はサーモンとフェンネルとじゃがいものクリーム煮です。
見かけがちょ~っといまいちですがフェンネルとサーモン合います!
フェンネルはお庭に生えたのをとってきたので無料です♪
OanxmWO1SurN3rf1517852940_1517853036[1]
お肉は前日に炊飯器の保温で低温調理しておいた豚さんに、
ブルグルのリゾットを添えました。
でもですね、豚ちゃん、火が入り過ぎました~。
ちょっとパサついちゃったですよ。
ギャラリーラファイエットのセルフサービスカフェのこと言えんです。あは。
お湯の温度がちょっと高かったかなぁ。
しかたないので残りはほぐして昨日は簡単ちらし寿司に。
でもこれは結構美味しかったです♪失敗しても工夫で何とかなりますね。
さて、昨日は2018年のミシュランが発表されましたが、
何とまた日本人シェフさんのお店が新しく星をとって
ニュースの中心になっておりましたよ!
日本&マレーシアのカップルのお店でコチラ。
→「Restaurant Pertinence
「Pertinence」とは「適切さ、正当さ」という意味。
星の知らせを聞いて涙を浮かべていた日本人シェフさんの姿が印象的でした。
で、平日のランチは38ユーロから、ってニュースの説明が流れて、
え、そんなには高くない♡と思ってすぐ旦那を見たら、
何かを感じたらしくすぐパソコンの陰に顔を隠しましたよ~。
しか~し、なおも熱視線で、連れて行っておくれ!!
と、訴え続ける妻。
さあ、行けるのでしょうか、どうなんでしょうか!

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

C7cgMryInxwSovQ1517733864_1517734116[1] - Copie
さてさて昨日の週末ごはんのご紹介でございます。
まずはこれこれ。金曜日の週末まとめ買い日にカルフールで買ってきた、
大西洋にある島「イル・ドレロン(Ile d’Oléron)」の緑の牡蠣、
「マレンヌ・オレロン(Marennes oléron)」でラベル・ルージュです。
ラベル・ルージュとはフランス政府公認の優良品質のもの。
お値段は24個入りで18ユーロ50サンチーム。
そんなにバカ高くはないですよね。
KVRX4hW830YcN131517734256_1517734342[1] - Copie
これを生牡蠣苦手旦那が開けてくれまして全部私のもの。
なんだかすみませんありがとう♡みたいなみたいな。えへ。
あ、でも全部はいっぺんには食べておりませんですよ。
この後夜もいただいて、また今日もの予定です♡
uhD9idYCpVu7jLT1517734485_1517734578[1] - Copie
で、ご覧ください。やっぱり緑です~。
ここに大好きな赤ワインヴィネガーソースをたっぷりかけていただきます。
もうですね。最高です!
h7qfg6L3fBiceW41517734711_1517734810[1] - Copie
旦那には生牡蠣の代わりに牛肉のカルパッチョを。
今回はくるみオイルのドレッシングがついていたので、
ナッツ類もトッピングしました。
vI8X91i36DPWuCJ1517734934_1517735040[1] - Copie
お次はバスク地方のシェフさんが料理番組で紹介なさっていたレシピをお試ししまして、
サーモンのローストのじゃがいもとニンニクのロースト添えです。
サーモンはオーブンの低温でさっと焼いて、
ほぼ半生仕上げのミ・キュイ(mi-cuit)状態なのですが、
これがですね、赤ワインヴィネガーを使ったソースもさっぱりで合うし、
めっちゃ美味しかったんです~。
旦那も美味しいなぁ~と大満足。
これはわたくしのレシピじゃありませんが
シェフさんのレシピとしてご紹介したいです。
でもですね、シェフさんの名前忘れちゃったですよ~。
どうしよっかなぁ…。
CGRBNDy1KVeYTvI1517735174_1517735337[1] - Copie
お肉はノエル&新年用に買って冷凍してあった
野性牛「ビゾン(Bison)」のステーキに、
ジロール茸のソテーを添えたんですが、ドレッサージュが失敗しました~。
散らかっちゃってますよね。だめです、これ。まったくイケてません!!やっちゃった♡
でもお味は美味しくて我が家の肉食星人、
肉→魚→肉コースで大満足だったようです。
ただしお肉はほどほどにしましょう。健康のためにもですね。
ということで、また今日も微妙なお天気ですが行ってまいります!

※コメントの返信が遅れていてごめんなさい。
マルシェから帰ってきてごはん作ったらすぐいたしますね!

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ