週末ごはん

RIMG7590
お昼をだいぶ過ぎてしまいこの日はマルシェに行けずそのまま帰って来てのごはん。
まずは前菜の盛り合わせで、上から時計回りに、
スカルモッツアチーズのスモークのトースト、
・紹介記事→「イタリアのお気に入りチーズ2種ご紹介
・スーパーで買ってきたブルターニュのテリーヌ、
・黒大根とTARAMA(たらこ系魚介卵のペースト)のカナッペ、
・冷凍のエスカルゴクリーム入りのプチパイ、となっております。
全部美味しかったのですが特に今回思い付きでやって見て美味しかったのが、
黒大根とTARAMAのカナッペでこれ結構ヒットでした♪
我が家のオリジナル定番黒大根カナッペになりそうな予感です。
RIMG7594
2皿めは週末まとめ買いで行ったスーパー「LIDL」でまためっけた、
水牛モッツアレラチーズのブーファラ&イタリアのちょっとお高め生ハム。
ブーファラによく似たブッラータが生ハムとととても合ったので、
当然ブーファラも合うだろうと思って週末に一緒に買っておきました。
やはりミルクを固めたようなブーファラと生ハムの塩気がボンマリアージュ。
散らしたピンクペッパーもアクセントになっていました。
RIMG6802
ちなみにブーファラはコチラ。
もう1つ買ってあるので今度は何合わせようかな、と思案中でございます。
RIMG7599
メインはフランス料理の大定番「プティ・サレ」、塩漬け豚とレンズ豆の煮込みです。
本当は「プティ・サレ・オ・ランティーユ」なのですが短くして「プティ・サレ」。
昔は冷蔵庫がなかったので豚を塩漬けにして日持ちさせたことから生まれた料理で、
今でもフランス家庭でよく食べられているものです。
私はいつもささっと準備したらあとはシャトル・シェフにセット。
一晩置くと塩漬け豚の何とほろほろと柔らかいこと。
ビストロでも出すところがありますが塩気が強過ぎることが何度かあって、
このお料理は簡単だし家ビストロで十分だな、と思います。
旦那も奥さんプティ・サレが一番美味しい、言ってくれます。
RIMG7604
そしてお皿は前菜盛り合わせにはお気に入りで集めている「バドンヴィエ」の、
バラ柄シリーズのタルト皿を。
RIMG7607
ブーファラには「サンタマン」のタルト皿を。
RIMG7610
プティ・サレには日本でも人気のブロカント食器「ディゴワンサルグミンヌ」。
エマウスでとても状態のよいもの2枚セットで5ユーロか6ユーロだったでしょうか。
お気に入りでございます。
次回はレンジで2分で出来る簡単美味しい1品のレシピと、
月曜日に見た小さな変な夢のお話などを。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG7537
4月最初の月曜日、日本では今日から新しいことがはじまった方も多いかと思います。
電車や街中では紺のスーツ姿の新人さんもたくさん見かける時期ですね。
慣れるまで大変な事もあると思いますがどうぞ楽しい事がいっぱいありますように。
そう言えば昔日本で働いていた時、入社の決まった学生くんがある時やって来て、
「人事に呼び出しくらったんスけどー」と普通に言ってきたことがあって。
笑いそうになったことがありましたっけ。
さて、週末ごはんのご紹介でございます。
今回は久しぶりにカレーコース。
というのも私もレシピもご紹介させていただいているクックパッドで、
カレー部というのが出来たらしくそれがいつも美味しそうで美味しそうで。
やはり日本は料理&レシピのレベルとバラエティさがすごいな、とつくづく感じます。
フランスもアジアンやお寿司やカレーや…レシピは紹介されていますが
それを実際に家で作ってる人は日本に比べぐぐんと少ないと思います。
ということでまずはカレーに合わせた前菜の盛り合わせで上から時計回りに、
Cpicon インド風アボカド by ブランディ
これをディップするトルティーヤチップスとスライスの黒大根、
そしてクミン風味にした簡単人参サラダとなっております。
我が家はワカモレが大好きなのですがこのディップもあっさりで美味しかった!
パリパリの黒大根もヘルシーチップスがわりになってよいのです。
RIMG7540
お次はコチラ。
Cpicon グランマのフレンチフライ~インド田舎風 by gingamom
南インド風のフレンチフライということなのですが、
揚げた青唐辛子とパクチーがかなり新鮮!
そのままだととても辛い青唐辛子が揚げると辛味がうんとやわらぐし、
パクチーも揚げるってはじめてだったのですがこれまたよいよい。
あまり辛いのはだめな旦那も(フランス人は辛いのが苦手な人が多い)
まったく問題なく美味しい、と食べておりましたよ。
RIMG7543
そしてアジア食品屋さんでお試しに一度買ってみたらなかなか美味しかったので、
また買っておいたシンガポールの冷凍輸入品の玉ねぎのロティ。
これ、自分でも作れそうなのでそのうち作りたいなと思います。
RIMG7544
そしてメインははじめて食べた時その美味しさに唸った、
銀座のナイルレストランのムルギーランチの再現だというこのカレー。
Cpicon ムルギーランチ風チキンカレー by ethnic0229
にこれも何度も作っているカレーに合うこのピラフを添えました。
Cpicon 混ぜるだけ☆簡単ピラフ風ご飯 by ブランディ
前日に準備してあとはシゃトル・シェフに入れて一晩置いておいたのですが、
カシューナッツやレーズン、揚げ玉ねぎを混ぜたごはんもよく合ってめちゃくちゃ美味。
ここから銀座はちょ~っと遠いけど行かなくても大満足。
旦那と、美味しいねぇ~~、と言いながらいただきました~。
これ毎週食べても飽きないかも…
…………………………………………………………………

あーんど。
RIMG7533
フランスでは定番だけど日本ではまだ珍しいだろう黒大根もご紹介。
日本定番の白い大根もスーパーで手軽に買えるのですが、
歯触りも味わいもまったく違うこの黒大根も我が家は大好きなので、
しょっちゅう買っているのです。
RIMG7536
中はこんな感じでbioじゃないと中がスカスカのことが多かったので、
今は必ずbioを買うようにしております。
何しろシャキシャキパリパリで辛味もほどよくスライサーで薄切りにすると、
この歯触りが十分楽しめて味わえて何ともいいのです。
前菜でもしましたがこれでディップつけるもよし、
上に何かのせてカナッペにするもよし、
サラダに薄切りをのせていただいても美味しいです。
さてさて最後にクックパッドのカレー部さんもご紹介させておいていただきますね。
ムルギーカレー風の作者ethnic0229さんの関東カレー食べ歩き(すんごい数!)や
カレー部の皆さんの食べ歩き&家カレーごはんも見れて家で作ってみたくなります。
以前も書いたことありますが、フランスもインドカレー屋さん結構あるのですが、
辛いのが苦手なフランス人に合わせて辛くないカレーが多いし、
結構なお値段出すより家で美味しいの作れるならそれでいいな、とも。
ethnic0229さんのムルギー風カレーでさらにそう思うようになりました。
私たち日本人、カレー好きさん多いですしね♡
カレー部部長さんのブログ→「gingamom’s cooking カレー部部活通信2号

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG7477
マルシェから帰ってきてせっかくのポカポカ陽気だったので、
お庭ごはんにしましょ、ということでお花を移動してお皿を選んで。
RIMG7464
先ずは冷蔵庫にあったものたちをちょこちょこ盛り付けて、
5種の前菜の盛り合わせで、
上から時計回りに
ウフ・ミモザ(ゆで卵があったのでこれだけ作りました)
平日の残りの人参入りパスタ、
市販のツナペーストのカナッペ、
買ってきたサーモンのケークサレ、
パルマの生ハムとなっております。
ウフ・ミモザのレシピはコチラ→Cpicon 【家ビストロごはん】ウフ・ミモザ by milketmoi
買ってきたサーモンのケークサレは自分で作った方が美味しいかな、と思いました。
私のレシピではクリームチーズとそしてケッパーも入れるのがポイント。
ケッパーの酸味がアクセントになってこれでぐぐんと美味しくなります。
Cpicon スモークサーモンとクリチのケークサレ by milketmoi
RIMG7465
2皿めは冷凍しておいた買い置きの牛肉のカルパッチョで、
いつも通りお皿ににんにくの香りをキュッキュッっとこすりつけて、
牛肉を置いたら、あとは粗みじんにした野菜とドレッシングをかければOK。
ほんとはパルメザンもかけるとさらに美味しいのですが忘れてしまいました~。
RIMG7469
そしてメインは我が家の大定番のコチラ。
Cpicon 美味!サーモンポテト by oyukidesu
サーモンに少しの塩胡椒、醤油をもみこんでじゃがいもとローズマリーとソテー。
超~簡単なのですがこれがいついただいてもほんっと美味しいんです~。
RIMG7473
お皿さんは前菜盛り合わせは人気ブロカント食器の「サルグミンヌ」。
RIMG7475
牛肉のカルパッチョには「リモージュ」の1枚を。
エマウスで状態がほぼ完ぺきなのを5枚ゲットで1枚あたり30サンチームくらい。
RIMG7478
サーモンソテーにはロレーヌ地方の「ロンウィ」の1枚を。
RIMG7481
そしてほんとに春が始まったパリでして我が家のお庭のマグノリアも今満開。
マグノリアの花は映画「マグノリア」や「マグノリアの花たち」
でしか聞いたことがなかったのだけど、旦那の家にお嫁に来て、
これが「マグノリア」か~、と知ったお花。意外にデカいのです。
RIMG7479 - Copie
サクランボの花も我が家のもお隣りパトリスさん宅&パトリックさん宅のも真っ盛り。
日本生まれで今年14歳のミルク坊やも今年も春を迎えられて母ちゃん超幸せ。
奇跡だな、と去年も今年も思って神様に感謝感謝なのです。
RIMG7488
若い3ぴきっ子たちは(6歳1ぴき&3歳2ぴき)は噛み噛みするのをめっけて夢中大絶賛。
この時は小枝で、呼んでもま~ったく聞こえてませんでこれじゃ顔が見えないので、
三つ子ちゃん状態ですね。顔も毛質も体型も性格もま~ったく違うのですけど。
こうしていつものマルシェ&おうちごはんのコースですが、
パリ郊外の我が家での何より一番の家族時間でございます♡

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG6861
今年初の白アスパラを買ってきたので早速新鮮なのをいただこうということで、
白アスパラガスからはじまる週末土曜日ごはんのご紹介でございます。
まずはむいた皮とバターと少しの塩と砂糖、レモン汁でゆっくり煮たアスパラに、
タルタルソースをたっぷりかけた1品を。
ドイツ風に溶かしバターと卵で作るオランデーズソースも美味しいですが、
今回は2品めと3品めにクリームを使う料理だったので、
1品めのこれはサラダ感覚にしました。
とても美味しくて、旦那と、美味しいね~♡といただきました。
RIMG6865
2品めは、カルフールのCFで白身魚とココナッツクリームを使ったグラタンを紹介していて、簡単だしどんなお味だろうと興味があったのでお試ししてみました。
で、美味しかったのだけどアクセントの何かが足らなかったのです。
でも何かちょっと+してみたらググンと素敵になりそうな気がするので、
そのうちトライしてみたいな、と思いました。
RIMG6870
3品めはお肉で、ご近所さんに野生の豚肉をいただきまして、
その際、赤ワインと野菜とハーブで3、4日マリネしてね、ということだったので、
数日間マリネし、そのまま煮込んだのですが、やはり野性なのでクセがあるんです。
で、若干食べにくかったのでコロッケにしマリネ液はクリームを少し混ぜてソースに。
そしたらクセも感じられなくなって、旦那がデリシューだ♪と大喜び。
豚足なんかもそうですがクセのあるお肉はコロッケにしちゃうのはいいです~。
RIMG6858
そしてお皿さんは白アスパラには裏の印はないのですが、
控えめ柄と色合いなのが気に入っているこのタルト皿を。
RIMG6859
コロッケにはイギリス製のブロカントのお皿にしてみました。

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG7493 - Copie
この週末はめちゃくちゃお天気がよくて昨日の夕暮れはこんな空模様。
で、ちょいとカシャカシャしていたらどこからかい~いにおいがしてきて、
どこかな、と思って見てみたら、
RIMG7494 - Copie
お隣りアパルトマンの方々がお庭でバーベキュー中。
旦那が窓から、いいにおいだからどこかな、と思ったんだよ、って言ったら、
一杯飲みにおいでよ、って言ってくださったのでこの後お邪魔させていただきました。
旦那は顔見知りで二度くらいアペロに行ったことがあったのですが私ははじめて。
皆さん、ルーマニアから働きに来た方でバーベキューもルーマニアスタイル。
パプリカパウダーを使っていてとても美味しかった!←しっかり食べてるし。
それとルーマニアのマスタードがフランスのより優しい味わいで美味しくてびっくり!
これは買いに行こう!と決めましたよ。
1人の方はかなり飲んでて口が回ってなかったけど皆さん、親切で、
バーベキューの焼き焼き担当の方は、お寿司とワサビが大好きだそうで、
首都のブカレストにもお寿司屋さんたくさんあるよ、中国人がすごく多いよ、って。
ブカレストに中国の人多いのがちょっと意外だったので、へぇ~、ってわたくし。
そんなこんなで、東欧は行ったことがないのだけどいつか行ってみたいなぁ、
なんて思いながら、とても楽しいひと時交流なのでありました。
今度お菓子でも作ってお礼の差し入れしたいと思います。
……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG6808
花曇りマルシェ帰りの週末日曜ごはんのご紹介でございます。
じゃ、とっととまいりますね。
まずは前菜で、スーパー「LIDL」のイタリア祭りで買ってきたブーファラというモッツアレラチーズを3色の彩りトマトと合わせたシンプルカプレーゼです。
水牛乳100%の本物モッツアレラのブーファラをはじめていただいたのですが、
まるで自然の甘さのミルクを丸く固めたようでトロッと柔らかで美味しい~♪
水牛か牛乳で作られるブッラータとかなり近い味わいですが製法が違うのかな。
これは今週末もまだ売っていたらまた買っておくつもりでおります。
RIMG6812
お次はお魚の1皿で3種の簡単サーモン料理の盛り合わせで、
左からカルフールで買ってきたサーモンのテリーヌ、
スモークサーモンのサラダ、
そして我が家の定番のサーモンのタルタルとなっております。
Cpicon 2種サーモンのタルタル*薄切りパン添え by milketmoi
買ってきたテリーヌはまあまあ悪くなかったしこうして3種類あると、
サーモン好きお魚好きにはヴァラエティで嬉しい1皿かなぁ、と思います。
RIMG6819
そしてお肉の1皿は、前日に焼いておいたローストチキンと一緒に焼いたポテトと
小さいレタスのような野菜「スークリンヌ」を
白ワインヴィネガーだけで和えたものを添えました。
これは以前行った日本人シェフさんのコチラのビストロ
→「Le Sot l’y Laisse(ル・ソリレス) ~パリのビストロ 11区~
のいただき方で、チキンの脂をヴィネガーだけのシンプル味付けのスークリンヌが
さっぱりさせてくれてよく合うのですよねぇ。
今はローストチキンというと我が家ではこの合わせ方が定番となりました。
RIMG6805
お皿さんはカプレーゼにはアルザスの「ストラスブール」の1枚を。
RIMG6803
サーモンの盛り合わせには先週末ごはんにも使ったお気に入りの
北東フランス「リュネヴィル」の100年以上前のアンティークの1枚を。
100年以内の古いものはブロカント、100年以上経ったものはアンティークとなります。
RIMG6807
そしてローストチキンには裏の刻印はないのですが、
たぶんアーモンドの花だろうと思われる花柄のタルト皿を。
我が家にアーモンドの木があって毎年花が咲くのでそれと似てるのですよね。
花の後はもちろん実も出来まして生のアーモンドのそりゃ美味しいこと!
……………………………………………………………………

さて、前々回の週末ごはんの際に「フランスの花粉症の話」について書いたのですが、
日本人の私の場合だけでなく他のフランス人たちの花粉症についても
書かせておいていただこうと思います。
フランスでも花粉症に苦しんでる方々が結構いらっしゃいまして、
4月くらいになると毎年、花粉が飛び始めましたよ~、というニュースが流れ、
病院に通う人たちのインタビューなども出てきたりします。
ただし、日本でひどいスギ花粉症の経験をしフランスでも経験をした私が感じるのは、
断然日本よりは重症の人が少なめだということ。
くしゃみを何度もしていたり鼻をかんでる人は見かけるけど。
私のようにいつも鼻水が詰まっていたり流れてきたり涙が止まらない、
という人はほとんど見かけないし、もともとマスクを装着する習慣がない国ですが、
(マスクをしているとすんごい見られますが花粉の時期私はします)
花粉症でマスクなしでいけるわけですからやはり軽度の人が多いのかな、と。
そしてもう1つ気が付いたことがありまして、それはアトピーの人を見かけないこと。
日本にいた時に知り合いでも苦しんでる人が何人かいましたが、
フランスではたぶん今まで一度も会ったことがないです。
旦那にも聞いてみたらアトピーという言葉さえ知りませんでした。
で、思うことはこれは日本がとても清潔なことがかかわっているのではないかな、と。
それでかえって免疫力が低いのではないかな、と。
少し前にフランス人はお手洗いに入った後、手を洗わない人も結構いると書きましたが、
それはもちろんいやだけど、そのこと1つとっても衛生的な習慣が大きく違います。
それにフランスではお腹に虫がいてお薬を飲む子供も今もごく普通(あとシラミも)。
長年シンガポールに住んでいた知り合いの子供も同じような状況だったそうです。
私が子供の頃はまだたまにひっかかる子がいて先生に呼ばれていたけど、
(あれもどうかと思います。呼ばれた子は恥ずかしくて悲しかったはず)
今は日本ではいることがほぼなくなって学校検査もなくなったんだそうですね。
だから思うんですが、少し野性的なくらいの環境が免疫力にはいいのかなぁ、と。
ま、そうは言っても素手で触るパン屋さんには手を洗って欲しいですけどねぇ…

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!




↑このページのトップヘ