週末ごはん

RIMG38385
さてさてまたまた週末来てますんで先週末ごはんやっちまいま~す。
先ずはコチラ。
Cpicon ビーツ&クリームのピンク・ヴェリーヌ by milketmoi
旦那の地元ピカルディ―の、ある小さ街のパティスリー兼ビストロでいただいた前菜が美味しかったので再現した1品。
久し振りにいただきましたがやっぱりとても美味しかった♪
あそこまた行きたいなぁ。
RIMG38386
お次は野菜の盛り合わせで上のがコチラ。
Cpicon *焼き茄子と生ハムの前菜* by ついてるさとちゃん
リピですがやっぱり美味しい。焼きナスってのはいつも美味しいです。それに生ハム巻いちまう、って言うんだからもう。
下のはお隣りパトリスさんからいただいたズッキーニで簡単グリル。
ズッキは生も美味しけど火を通したのもやはり何とも言えません。
RIMG38391
魚介の1皿はイカのソテー。
ちょいと味つけに工夫してみたのですがこれがとっても美味しく出来ました。
イカ、海老、ホタテはわたくし生も含め大好物でございます。
お刺し身でもこの3種類+マグロかしら。あ、あと秋の秋刀魚刺しもたまりません。
日本を離れる時、もちろん夢だった海外に出てみることにはもう期待がもんのすごかったのだけど、同時に2つの自分の中の諦め事もあって、それは生の新鮮なお魚がもう簡単に食べれなくなるだろうことと、そして日本のお笑いから遠くなってしまうこと。
でもですね、これが慣れるものなのです、諦めた味覚がとでも言いましょうか。
それにお刺身はマルシェに行けば新鮮なお魚が買えるし、お笑いもちょっと遅れてyoutubeで観れますし。
そして今じゃあーた、フレンチかなんか作っちゃったりなんかしちゃって。
ルバーブが何じゃらとかお庭のフランボワーズが何じゃらとか言っちゃったりして。スカしてますねぇ。
今度からショクヨウダイオウ&キイチゴって言おうかしらん。
RIMG38395
お肉はステーキでソースはリピのコチラ。
Cpicon ル・ルレ・ド・ヴニース風のステーキソース by トクライ
お庭のエストラゴンが(あ、またスカしてしまった)今元気に育ってきているのでたっぷり使いました。ソースが違うとステーキ飽きないものです。
私もいつのまにか肉食星人化しているような気がしなくもありません。
でも平日は野菜野菜野菜です!
RIMG38397
デザートはスイスのヨーグルトです(またですが)。
これはお気に入り品として近々紹介させていただこうと思ってます。
そしてお庭でカフェを飲んだり本を読んだりしてその6時間後くらいー
RIMG38399
簡単夕食で~す。ソーメンがとても食べたくなりました。
ソーメンは夏なら毎日でもいいくらい大好き♪
日本にいた時はいつも薬味を死ぬほど入れていただいておりました。
えっとね、ソーメン30%薬味70%くらいの割合でしょうか。
いやちょっと大袈裟かなぁ。でも大袈裟でもないかなぁ…
RIMG38401
しかしこの時はずっと食べたかったコチラをお試し。
Cpicon トマト&ツナのぶっかけそうめん by tommy 0304
麺つゆにお酢とオリーブオイルを足すだけなのだけどさっぱり美味しかった~。
私は冷やし中華が苦手なのですがこのすっぱタイプ味の方は甘くないので好みでした。
そう言えばヴェトナム版冷やし中華のようだったボブンも苦手でボブンとフォーが人気のココでもフォーが断然好み。
フォーを食べにSONG HENG ~パリのレストラン 3区~

けれどいつかボブンを自分の好き味で作ることに挑戦してみたいな、と思っております。
RIMG38402
あとは白生玉ねぎお浸しと。
RIMG38404
そしてもう写っておりましたがスイカです。旦那が丸ごと一個買ってきてくれました。
丸ごとを久しぶりに見た時はちょっと感動しました。子供の頃を思い出して。
スイカのことをちょっと前にこのブログで書いたので旦那たぶん買ってきてくれたのだと思います。感謝でございます。美味しいものまたがんばって作りますね。でも挑戦も必要だからときどき何じゃこれ?みたいのもあることでしょう。許して頂戴。
で、旦那が切ったのでちょっと変な切り方になっていますが甘くて美味しいスイカでした。
考えたらフランスに来てはじめてスイカいただいたような気もします、ちょっと忘れちゃってるのかもですけど。
それにまた違うことも考えたら、
子供の頃は喉が渇いて暑い中、スイカを頬張っていたようにも思うのだけど、
いつしかのん兵衛の私にはそのスイカがビールになってしまったのではないか、と。
そして気持ちよく冷房がきいた部屋でビールをガーッ飲んで、はぁ~~。言うようになったのではなかろうか、と。
RIMG38406
大事な何かをいつの間にか失った女でございます…




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ



RIMG38363
2日続けてフレンチだったのでこの日はお腹が和&アジアを求めました。
でも最近はテーブルに全部並べるとそれでお腹がいっぱいになっちゃうので1品ずつちょっとずつお出しスタイル。旦那もそうみたいで一度に並べるといきなり、大丈夫?お腹痛い?くらい小食になります。
で、先ずはコチラ。
Cpicon お豆のトスカーナ風マリネ by 〜みみ〜
トスカーナ風となっておりますがさっぱりで和&アジアにも馴染むお味。
私はお豆のレシピがまだ少ないので身体にもいいしこれからもっと考えたいです。
ってなんかお豆の時いつも同じこと書いてる気がします。
と思って残った白インゲン豆で作ってみたのがコチラ。
Cpicon 白インゲン豆とチョリソーのポタージュ by milketmoi
茹でたのがあれば5分かもしかしたら3分で出来るかもかもです。
RIMG38368
お次は自分レシピのコチラ。
Cpicon じゃがいもとピーマンの甘辛バター醤油炒め by milketmoi
超地味でありあわせで作った感は否めませんが、実際そうだったのですが、これが意外にいけるのです。食堂の小鉢コーナーで並んでたら結構悪くないと思います。
RIMG38369
お次も自分レシピでコチラ。
Cpicon オクラと生ハムの天ぷら by milketmoi
これまた結構イケます!おすそ分けしたご近所さんにもとても好評でした。
天ぷらは今まで100%こちらの方々に喜ばれます。それから日本のカレーととんかつと(ソースが人気高し)ラーメンと餃子と。
これらは外国人の胃をぎゅっと掴むようです。
でもお寿司は生のお魚に対して拒否反応がある人がまだまだたくさん。特に地方かな。
旦那弟さんご家族も最初に食べた生の魚のお寿司がとてもまずかったらしく、もう生魚は苦手と言っておりました。
以前も一度書いたことがあるけど、ニースのお友達新宿ど真ん中生まれYちゃんは、カンヌのフランス人経営お寿司屋さんで酢のまったく入ってないお寿司を出されたそうで、
これは寿司じゃない、とお店の人に言ったら、
これは寿司だ!僕はパリの寿司屋で修業した!と猛反撃されたそう。
そういうなんちゃってお寿司を最初に食べちゃうと、=美味しくない、になっちゃうのでしょうかねぇ。
RIMG38371
お次はコチラ。
Cpicon 鱈と茸のオイスターバターソテー by megmicky
これまたとっても美味しかった!
オイスターソースはそれ自体うまみがとてもあってそれなりにびしっと中華味が決まるけど、でも頼っちゃうと結構味が同じになっちゃうような気が私はしているのですが、これはバターと合わさってオイスターソース味がかなりまろやかになっているのです。スイートチリソースもそうだけど、なんか他の調味料と合わせた方が私的には好きかな、と。
ま、でもたまにがっつりオイスターソースきいた中華炒め物やっぱり美味しいんですけどね。
あ、で、旦那もこれうまい!と言っておりました。
RIMG38375
これも自分レシピでコチラ。
Cpicon パクチーたっぷし♪豆腐のアジアンサラダ by milketmoi
ノンオイルで超さっぱり。ナンプラー&パクチー&豆腐好きさんに喜んでいただけると思います。美味しいッス!
RIMG38377
お肉の1品はコチラ。
Cpicon 手羽元のバルサミコ酢&ハニー醤油グリル☆ by SIVKO
これめっちゃ簡単!マリネ液に20分漬け込んであとはオーブンで焼くだけ。
とは思えないくらい美味しい!&手羽でもさっぱり!
簡単美味しいそして安上がり。あ、しかもノンオイル!人気レシピさんなの納得。
RIMG38378
シメはこの日いただきたかった麺系でコチラ。
Cpicon ✲上海の味✲ 雪菜肉絲麺(高菜そば)✲ by PGTips
これもすごく美味しかった!
いけないいけない思いながらあっさりスープなものだから汁も全部飲み干してしまいました~。
旦那ももう食べれないよ~、言いながら結局うまいと完食。
飲んだあとのシメは私はやっぱり麺が好きですねぇ。
女子が飲んだあとカフェでケーキ食べたりするのは本当にどうしてかわかりませんでした今も。自分の場合、甘いのを食べるとその後しょっぱいので口直ししなきゃなりません。



さてこの日はこのようにちょっと居酒屋風にヴァラエティな和&アジアメニューだったのですが、パリでは手頃でそのわりに美味しくて気軽に寄れて一杯出来そうな居酒屋さんまたは和食屋さんをまだ私は見つけられておりません。
ま、でもそれもしかたないこと。だってここは日本ではなくフランスですからね。
なので無理せずお金持ちでも何でもないことですし家で日本人の自分が作ればいいことだな、と。
それと日本のレシピサイトと日本人の味覚の全体的な高さはやはり素晴らしいな、とも改めて思います。こんな世界中の料理レシピ&アレンジレシピがす~ぐ出てくることもすごいことです!
以前旦那がフランスのレシピサイトで梅干しを作ったことがあるのだけど、それはとてもじゃないけど梅干しと呼べるものではありませんでした。カンヌのお寿司屋さんと一緒ですね。
ま、もちろん日本のアレンジ外国料理もその料理国の方からしたら同じように、
これは違う!って思うのかもですが。
ちなみに行ってみた日本系のお店のいくつかの記事はコチラ。どこも主にフランス人のお客さんでにぎわっていました。そりゃそうですよねぇ。ここフランスですもの。
居酒屋れんげ ~パリの居酒屋 5区~

MARU(まる)~パリのレストラン 10区~

WAKABA(ワカバ) ~パリのレストラン 7区~





ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!



RIMG38338
日曜日はちょ~っと薄曇り。でもカニキュールが来るくらいなら薄曇りでOKです~。
な~んて、冬が毎日どんよりの時は太陽の光がめっちゃ恋しかったのですが勝手なものです。
でもね、また近々カニキュールが来るかもしれないらしい、と、恐ろしいことを旦那が言っていますよ。
いやだ!断然受け入れ拒否!もう十分!どうぞ外れますように…。
じゃ、ごはんご紹介です。
先ずはおつまみにイワシ缶のオーブン焼きと超薄切りサラミです。
まったく手がかかっていませんのでさらっといきます~。
RIMG38343
そして1皿めはまたまたお隣り家パトリスさんからいただいたズッキーニを使ってコチラ。
Cpicon ズッキーニのカルパッチョ  by milketmoi
ズッキーニを生でいただくのはこのレシピの(と言えないくらいのものですが)、
Cpicon 10秒調理止まらないカリフラワーディップ by milketmoi
カリフラワー同様フランスに来て知ったのですが、
歯触りが何とも言えず美味しいのです。
でも後で気づきました。マヨネーズ忘れました。
マヨやっぱりちょっとかけるとコクが出てさらに美味しくなります。
RIMG38344
お次は先々週温かいサラダにしていただいたギリシャのシェーブルの半分冷凍しておいたのをまたまた温サラダに。
う~ん、やっぱり美味しい。ちょっとお豆腐みたいなのです。
旦那も、うんうんそうだね、お豆腐みたいで美味しいね、って。
お豆腐はじめて食べた時は、苦手~、とか言ってたくせに今じゃわしわし食べる男…。
ま、いいけどね。
RIMG38350
メインは4日前から仕込んでおいた鴨のコンフィです。
塩とハーブに2日間漬けてオイルで低音で火を通して2日間そのオイルに漬けておきました。
時間はかかるけど作り方はとっても簡単なのです。
今回はココで、
→「2回めDomaine de Lintillac(ドメーヌ・ド・ランティヤック) ~パリのビストロ 2区~
いただいたののように皮をパリッパリにしたくてそれをとても気をつけてみました。
で、かなりパリッパリに出来て、85点くらいの出来でしょうか。
RIMG38353
そしてデザートは買ってきた初お試しのスイスのヨーグルトにお庭で今年2個だけなったアプリコットを入れたのですが、
このヨーグルトがとっても美味しかったのです!
ちょっとこれは我が家の定番ヨーグルトになりそうなのです。
それにしてもスイスのヨーグルトだなんて、スイスだなんて素敵。
子供の頃はハイジの遠い遠い遠い国って感じだっけれど今はそんなには遠くないなんてのがまた不思議です。
でも日本のCFでおじいさんがラップしてるの見た時はあらら~、と思いました。
RIMG38356
そして最後ご紹介は、
前日久し振りに行ってきたエマウス
→「エマウス(emmaus)楽し大好き♪
で買った古いシュガーポット&お庭で咲いたお花です。
優しい色合いの地味柄だけどこうしてお花を飾ってみたらとてもかわいくて嬉しくなってしまいました。
この日使ったお皿たちも実はほぼエマウスで買った子たち。
そんなエマウスから来た他の新入りちゃんたちもまた近々ご紹介させていただきたいと思います。
またすごくかわいいのめっけたのですよ♪


さ、今日はQuatorze Juillet(キャトールズ・ジュリエ=フランス革命記念日)で祝日のフランスです。
あともう少ししたら例年通り空の上を軍隊の飛行機が通過するかと思います。
ポーちゃんが恐がってプルプルしちまうのでとっとと去って欲しいです~。



ブログランキングに参加はじめました。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しくありがたいです!


RIMG38295
週末から7月14日(Quatorze Juillet)フランス革命記念日まで、
旦那も含め多くの人が連休となっているフランスです。
が、だから私も4日間、御馳走作りせっせこせっせこで~す。
で、先ずは昨日土曜日編で、1皿め。
RIMG38300
お野菜料理3種盛り合わせで、1種め上のがコチラ。
Cpicon ブロッコリーのハーブピカタ by まんまるらあて
ブロッコリーのピカタなんてもちろんはじめて。さてさてお味は?
これが想像以上に美味しくてビックリ!味見が止まりませんでした。ま、止めたけど。
これはまんまるらあてさんのアイディアに拍手!
お次は右の2種めでコチラ。 
Cpicon じゃがいものミモレット焼き by しじみごはん
これはもう思った通りの食べたかったおつまみじゃがさん。
溶けたミモレットもよいよい♪ ビールにもいいな、きっと。
でもミモレットってとこがオサレねぇ、うんうん。

左3種めは、お隣り家パトリスさんが奥様実家のブルターニュへヴァカンスに旅立つ前に、
食べ切れない食材をたくさんくださいまして、
その中のズッキーニとクスクスサラダ惣菜 をダブルで使ってみた1品。
とにかく食べ切ろう思って無い知恵絞ってみたのですが、
これが意外によかったのです。
これはちゃんともう一度オリジナルでレシピアップ出来るようにしたいな、と思っております。
RIMG38301
お次もパトリスさんからいただいたスモークのマスで自分レシピのコチラをちょいとアレンジ。
Cpicon 美味です♪スモークサーモンのカルパッチョ by milketmoi
味つけはお皿にこすりつけたにんにくの香りとEXVオリーブオイルとレモン汁。
マスもじぇんじぇん美味しいです。ってかサーモンとの違いがちょっとあまりよくわからないわたくしです。きっと海原雄山 は見ただけですぐわかるのだろう。うむ。
RIMG38304
お肉は我が家の肉食星人が大好きな王道ステーキでソースも我が家の、
と言うよりはフランスで王道的なコチラ。
Cpicon ロックフォールチーズのステーキソース by milketmoi
牛肉の風味にロックフォールの風味が負けておらず、
どちらもひきたって美味しいです。
お肉もcharolais牛でうまみがしっかりありました。
肉食星人大大満足。
RIMG38309
チーズはこの日は3種で上から時計回りに、
・Murbier ・Dziugas ・Bleu です。
Murbierは真ん中に炭がシュッと入ってるのがミソの食べ易いチーズ。
Dziugasは何とリトアニアのチーズで、いろんな国チーズを試すのが好きな旦那チョイス。ハード系で意外に美味しかったのです。最近はやはり旦那が好きでよく買ってくるイギリスのチーズも美味しいのが結構あるし、いろいろ試してみるのは楽しいものなのです。
Bleuは定番タイプでお手頃なわりに美味しいので旦那がよく買って来るものの1つ。
RIMG38312
デザートは数日前に作っておいたお庭さくらんぼのシロップ煮とレーズンとノワゼットを使ったパウンドケーキです。ラム酒もたっぷり入れました。
ラム酒いいお仕事。ガレット・デ・ロワにもいつも結構たっぷり使います。
この後は気持ちのよいお天気だったこともあり、お出掛けしまして。
RIMG38330
そして帰って来てちゃちゃちゃっとアペロ兼夜ごはん。
お昼がフレンチだったので夜はあっさりめで野菜のみメニュー。
お昼の残りのブロッコリーピカタとズッキーニのクスクスのせも出して。
RIMG38332
さっぱり酢の物系がいただきたくてコチラ。
Cpicon カニとレタス・わかめのぽん酢あえ♪ by SP♪
カニカマで代用ですが、レシピ名通りカニカマとレタスとわかめだけ。
そして味付けはぽん酢とみりんだけ。なのですが、美味しい~!
これだけなのになぜだなぜだ。
で、ぽん酢はもちろんなんだけどみりんがぽん酢をまろやかにしてくれて、
い~いお仕事なんだなぁ、と思ったのです。
さっぱりおかずと言うとSP♪さんレシピが思い浮かぶのだけど、
うん、今回もちゃんと食べたいお味でした。
私もなんかこういう簡単でさっぱりで毎日でも食べれるレシピも考えてみましょ。
RIMG38334
たっぷりあった白玉ねぎはオニオントマトサラダにしてドレッシングがコチラ。
Cpicon 美味し—♡ヘルシー☆胡麻ドレッシング by choco千代子
これもいただきたかったお味。
生玉ねぎと和風ドレッシングはめっちゃ合います!白炒りゴマの香ばしさもよいよい。
1人で全部いただきたいくらいでした~。


さて今日もこれからごはん作り。
でもな~んにも決めていない。どうしよどうしよ。
でも気分は麺なのです~。麺て毎日でもいいわ~。
よし、スイッチ入れましょ。私のお腹もグーグー言ってることですし。




ブログランキングに参加はじめました。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しくありがたいです!


RIMG38113
かなり過ごしやすくなった日曜日です。
先週までは毎週日曜午前はブロカント巡りだったのですが、
7月そして8月はヴァカンス期のためブロカントはぐぐんと減るためお休み。
ま、片付けが終わらない状態だったのでひとまずいかったかな?
でもそうすると今度はエマウス→「エマウス(emmaus)楽し大好き♪

やマルヌ川をふらふらしてしまう思います。
またそれも楽し。
さ、ごはんご紹介です。
先ずは1皿めは旦那がスペシャルなギリシャのシェーブルチーズを買ってきてくれたので、
ビストロの焼きシェーブルのサラダに。
これがめちゃめちゃ美味しかった!
このチーズが程よい酸味と臭み?で焼くと美味。
実はこの1皿の前に旦那が生のを味見をしてみたら、
なんか首ひねってて、
じゃあ火を通した方がいいのかも、思ってやってみたらバッチシ!
これは今まで食べた焼きシェーブルのサラダの中で一番美味しかったかもしれません。
RIMG38115
お次はココ、
Youpi&Voilà(ユッピ&ウァラ) パリのビストロ 10区~

の前菜の再現で再現レシピもアップさせていただいてコチラ。
Cpicon 小イカのソテーYoupi&Voilàs風 by milketmoi
お店ではマテ貝だったのですが、
マテ貝は魚屋さんでさえも置いてる時と置いてない時がありまして。
でも置いてない時の方が多いかな。
なのでちょっと食感が似ていてうまみも負けてないイカで作っているのですが、
大丈夫とっても美味しいです~。
お店でマテ貝にフランボワーズのってきた時はビックリだったけど、
今はマテ貝と言うとフランボワーズを思い出すくらいです。
魚介とフルーツの組み合わせはいやいやフレッシュ&深い。
RIMG38119
そしてお肉の1皿はリピのコチラ。
Cpicon 我が家のステーキ⁑香草焼き by melmarilyn
に、お庭お野菜&ズッキーニの花フリットも添えました。
お肉はもともとレシピは骨付き仔牛さんなんですが、
仔牛のフィレ肉があったので肉叩きでしっかりしかし優しく?(矛盾?)叩いてお試し。
これがリピだけどやっぱりとっても美味しかった~。
パン粉ハーブレモンミックスのうまみとお肉も柔らかで。
それにしても大人牛と仔牛ってじぇんじぇん味が違います。
このレシピは仔牛が映えますね。
さっすが我が家と同じ肉食星人旦那さまをお持ちのmelmarilynちゃんふふ。
RIMG38123
シメはチーズの盛り合わせです。
上から時計回りに、
・Morbier(モルビエ) ・tomme des Pyrénées(トム・デ・ピレネー) ・Camembert D’isigny (カマンべ―ル・ディズニー)  ・Bleu d’Auvergne(ブルー・ド―ヴェルニュ)
です。
カマンベール・ディズニーはコチラ。
またまたディズニーのフロマージュ、なんだけど

と同じメーカーのものなのですが、なんか今度赤色パッケージのも出たらしく、
これはその赤い方。
近々その赤のディズニーのチーズさんもご紹介させていただこうと思いま~す。
あ、で、チーズですが、
「Morbier」はまだフランスに来て間もないときに知ってすぐ好きになったチーズ。
弾力が特徴の食べやすい味だけど真ん中に炭で作られた黒い層がシュッと入っているのがミソ。スミだけど。
「tomme des Pyrénées」はクセがなくまろやかでわりと誰でも親しみやすいお味かと思います。
「Camembert D’isigny」は熟成した時のうまみが何とも言えないのです。
熟成したのを食べちゃうと熟成がまだなのはあっさりし過ぎて物足りなくなっちゃう。
でもお料理などには問題ないようです。
「Bleu d’Auvergne」はブルーの中でも食べやすい感じのブルー。
今回の盛り合わせはクセのあるのがなく全部食べやすいお味です。
今の時期は夏休みでフランス旅行の方も多いかと思うので参考にしていただけると嬉しいです。



さて、今日も過しやすい一日だったここパリ地方。
カニキュールな時はとてもじゃないけどチャリでどこかへ行ける感じではなかったのですが、
やっとちょっとスイスイ出来そうです。
でも、ま、ゆっくりで。
夏も緑もマルヌもそばにいてくれますから。

↑このページのトップヘ