週末ごはん

RIMG49749
さてさてブロナントをはさんでの2週間ぶりの週末ごはんご紹介です。
2週空くだけでかなりラクしちゃった気分&だけど腕がかな~り鈍ったような(それほどの腕じゃないがぷぷっ)気分です。だからどうやって盛り付けよかな、って前日から少し過っちゃいました。
じゃ、先ずはお皿からで1枚めはコチラ。これまだ確かご紹介してないかもですが少し前エマウスでめっけたもので北フランスの「St-Amand」のもの。控えめな愛らしさがとても気に入っています。
RIMG49750
これには前菜盛り合わせで上から時計回りにこちらたち。
ブルーチーズ好きにたまりません→Cpicon ブルーチーズ・ゴルゴンゾーラポテトサラダ by さくぽこ
らっきょうも美味しいけどもっと食べやすい→Cpicon ベルギー エシャロットの甘酢漬け by Cookie13
ほんとは日本酒の方が合うのですが→Cpicon 人参とパクチーの山葵ポン酢和え by milketmoi
そして、自分レシピのディップを使った簡単ブルスケッタ。美味しいので近々ご紹介の予定です。
RIMG49754
2皿めはコチラの愛らしくエレガントなバラ柄ですが窯の刻印はありませんでした。
※追記…後でこれも「St-Amand」のものとわかりました。
RIMG49756
これには大好き海老を使ったコチラ。
Cpicon パーティーに✾前菜✾ガーリックシュリンプ by ✱ゆっこ✱
に色とりどりのショートパスタも+しました。海老とガーリックは最強です。殻ごとなので海老の風味が白ワインの煮汁に出まくってパスタにからんでうまし!
でもお皿の雰囲気とはちょ~っと合ってないのは否めません。でも見えないし使ってあげた方がいいからいいかないいかな。
RIMG49762
そして3枚めはこれも「St-Amand」の大きめ皿。少し前にこれと同じ柄の丸皿が雑誌で素敵に使われているのを見かけたので使ってみることにしました。
これには、
RIMG49763
メインの豚のソテーに、茸と我が家の定番のコチラを添えて。
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by milketmoi
これは盛り付けを迷いました。なのでどうにも中途半端。失敗です~。
でもこの豚さん、ちょっといい豚でして和牛のようにさしが入っていて柔らかくてすご~く美味しかったのです。フランスに来てからは赤身肉が多いのでだんだん赤身が好きになりましたが、久しぶりのこんなお肉もたまにやっぱり美味しいです~。それとそれとちょうど人参も4色色とりどりがあったので全色使ってみたら、それぞれ食感も甘みも微妙に違ってこれまたすごく美味しくてビックリ!この色とりどり人参使いは、人参だけでもリッチ感出るし何と言っても味わいが楽しいので今後もいろいろなスタイルレシピで挑戦してみようと思っています。

…………………………………………………………………………

今夜のEURO2016はいよいよフランス×アイスランド戦(しかしアイルランドと思い込んでいた私…)。ドイツが勝った昨夜のドイツ×イタリア戦もおとついのウェールズが勝ったウェールズ×ベルギー戦もポルトガルが勝ったポーランド×ポルトガル戦も全部いい試合だったので今夜も楽しみで~す。でも延長延長PKPKだと夜中の12時を過ぎるのですよねぇ。でもPK戦ってこれまた面白くて観ちゃいます~。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

RIMG49551
昨日はブロカントから帰って来て急いでごはんの準備。
晴れたり曇ったりの何とも微妙お天気だったのですが暖かかったし、私の花粉症もほぼ終わったので(今年は結局症状はとても軽く終了)久しぶりにお庭ごはんとなりました。
前日ごはんにも飾ったチェコスロバキアのミルク入れ&お花をそのままテーブルに移して、
RIMG49539
先ずはアペリティフからで作り置きで前日もいただいた「ペペロニのさわやかマリネ」と「キヌアと麦とクランベリーのサラダ」をそれぞれ小さな器とグラスに盛り付け、そしてもう1品がコチラ。
Cpicon アンチョビとブラックオリーブのトースト by 簡単手抜きママ
少し残っていたバゲットで簡単作成。アンチョビーがいいお仕事です♪
お皿はエマウスで買ったお気に入りですがお皿だけフォトを撮り忘れました。
とても素敵なお皿なので次回はきちんとご紹介させていただけたらと思っております。
RIMG49542
2皿めはブロカントでめっけたばかりのこの1枚でまだご紹介出来ていないのですが、アンティークの品だったのです。しかも状態もとてもよくそしてそしてとても安かったのです♪
これも近々ちゃんと詳しくご紹介させていただこうと思っております。
RIMG49543
これにはすぐ出来るものと思い、10分で茹で上がる麦を使ってジロール茸入りのリゾットを。
味付けにはトリュフ塩とトリュフオイルを使いました。麦の歯ごたえがたまりません。美味しかったです。
RIMG49545
3皿めはエマウスでめっけたこの1枚。紫陽花チックなのでチョイスしてみましたが、ヒヤシンスかしら?いや、ヒヤシンスの葉っぱじゃないですねぇ…
RIMG49546
これにはメインで前日に作っておいたこのローストポークを。
Cpicon 低温調理ローストポーク by まーぶる
マリネしておいたお肉を75度のお湯に1時間放置しておいて後は軽く焼き付けるだけと超簡単ですが、低温調理のお肉はやはりと~っても柔らか。&ソースは自分で考えてみたヨーグルト入りの少し甘いものにしてみたのですが、豚ちゃんとよく合ってなかなか美味しかったです。それと手作り厚切りチップスも添えました。


…………………………………………………………………………


そして夕方は、
RIMG49553 - Copie
たまたま家の前でご近所さんジャン・ミッシェルさんの奥様と息子ラファエルっちとジャンさんのお友達のエリックくんがいて、ちょっと出掛けているジャンさん抜きで我が家でアペロすることとなりました。
エリックくんと会うのは2度めなのですが、実は彼、仕事で日本に1年住んだことがあって、日本大好きっ子。日本語もかなり話せるので私と日本語でお話ししました。
好きな食べ物はお寿司とたこ焼きと辛いカレーと、あともんじゃとたこわさですって。これにはちょっと笑っちゃいました。居酒屋が大好きなんだそう。今彼女がいないみたいで、日本の女の子もOKですか?って聞いたら、嬉しそうに、はい好きです♡って。来年また日本に2か月間くらい行く予定でお友達のいる東京と大阪と、そして沖縄にも行ってみたいそう。すご~く穏やかで優すぃ~い雰囲気で好感度大のアラブ系の若者くんです。で、この後ジャンさんも帰って来て合流。今度は鉄板焼きしようなどと盛り上がって、結局ワインを2本開けちゃいましたが、とても楽しいひと時なのでした。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

RIMG49506
ほんとにお天気が変なパリでございます。
ここ数日午前は晴れていたと思ったら、午後からどんどん怪しくなり、そしてザーザー降り~。
で、雨の前はちょっとだけ蒸したりもあるのでたまに涼しい空気を入れてみたり。けれで夜中はちょっと寒くて暖房を弱~く入れてみたり。一日中青空ってのがここ数週間ないんじゃなかろうか。
ということで週末ごはんのご紹介です。
この日は前日に冷蔵庫に入れておける前菜たち数品とメインを作っておいたのでわりとちゃっちゃか出来上がりました。やっぱり冷蔵庫にすぐ出せるものがあると便利です~。
そんな作り置き前菜盛り合わせたちは上から時計回りに真ん中のまででコチラたち。

白玉ねぎでお試し甘い!→Cpicon シンプルだけど旨っ♪新玉ねぎのソテー by こはねみ
超簡単ナンプラーの風味ほんのり→Cpicon ニンジンのきんぴら(ナンプラー♪が美味) by kまみお
レンジでこれまた簡単さっぱり→Cpicon ペペロニのさわやかマリネ! by Yokchina
砂糖なしでこんだけ甘いよ甘いよ!→Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by milketmoi
お総菜屋さんの再現→Cpicon キヌアと麦とクランベリーのサラダ by milketmoi

そして大皿はエマウスではないんですが、1つ1つの小さな小皿たちの方がつい最近ブロカントでそれぞれ4個ずつセットでまとめて1ユーロで買ったもの。これがと~っても便利なのです。
そのままお皿に直接のせるよりメリハリが出て、実際には簡単なものばかりなのになぜか少し手をかけたもののように見えると言うか。これだとたとえほんの少し残ったような常備菜ばかりでも形になるのでこれからどんどん使おうと思っています。しかし1ユーロってのが嬉すぃ。
RIMG49510
2皿めは日帰りブロカント旅でめっけてご紹介したばかりの1枚。
RIMG49513
これには買ってきた市販のジェノベーゼとリコッタ入りのラビオリにたっぷりのパルメザンをかけて。これがなかなか美味しくてラビオリを作る手間を考えたら結構満足です。パルメザンってのがまた素晴らしく風味をぐぐんとアップしてくれるのです。
RIMG49514
3皿めはエマウスでめっけたイギリス製の1枚。
でもこれは裏に食洗器OKマーク入り。当たり前ですが食洗器OK対応食器は古いものではありません。でもいい意味で古臭い柄もフランス製とはやっぱり違うな、と思い、ほぼ新品状態だったしエマウスなので20サンチームか30サンチームくらいなのでお買い上げしたもの。
ちなみにフランスでの食洗器の浸透具合ですが、一軒家でもアパルトマンでも夢のマイホームな感じのお宅は結構入ってる確率高しだと思います。フランスは電化製品が遅れているとよく言われていたし、私もそう思っていましたが、うちの節約家旦那のこの家の食洗器も、今年買い換えましたが、それまで使って壊れたのは15、6年間使ったものとのこと(引っ越しと同時に取り付けたそう)。他のご近所のお宅も私の知ってる限りではだいたい入っていて、共働きのご家庭が多いので家事の負担がなるべく少なくなるようにもあると思うし、あとは自分がパリに来て住んだ賃貸の小さなアパルトマンは家具や電化製品付きでも最低限のものしかないことが多く(パリの部屋ではTVはなく自分でネットで安く購入し、ニースのアパルトマンでは洗濯機もなく全部手洗い)、しかもそれらがめっちゃ古いものばかりだったので、電化製品が遅れている、というイメージを私も持ってしまったけど、留学などで一時的に住むのとは別になってくると、それほど日本と変わらないことがわかりました。ま、性能は日本製の方がず~~っと良いと思いますが。あ、でも冷房を入れてるお宅はかなり少ないです。この近辺じゃ聞いたこと(見たこと、かしら)ありません。でも南仏などの暑い地域になると入れてるお宅も結構ちらほら。結構暑いですからねぇ。
RIMG49520
さてさてこれには、前日にココット鍋で仕込んでおいた鶏とグリーンオリーブの白ワイン煮を。
実はこれ、情報番組でノルマンディーのシェフさんが紹介していたレシピを作ってみたものなのですが、が、美味しいは美味しいけど、すんごく美味しい!まではいかなかったかな、と私的には。あともう1つ何かが欲しいかもかもな感じと言いますか。う~ん、何だろうか…。
RIMG49525
そしてデザートはクレームブリュレで~す。でもスーパーで買って来たもので~す。RIMG49526
なのですが意外に美味しくてビックリ。
これは近々スーパーで買った美味しいものシリーズ?でご紹介させていただこうと思っております。ぜんぜん高くないです~。

…………………………………………………………………………

そして今朝は雨上がりのパリ。
これからブロカントにまた行こうと思っているのですが、お天気がやっぱり怪し続きなので、振り出す前に急いで行ってまいります!皆さまも良い1日&夕べを♪

…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

RIMG49382
まだまだ雨が降ったり止んだりのぐずついたお天気で肌寒い日もあるくらいのパリ。
こんな時は今年の夏に13歳になるチワワ坊やにとても気を遣います。とにかく温度差に弱くてすぐ体調を崩すので、夜中でも朝方でも薄手パジャマの私が寒気を感じたら、起きてす~ぐ坊やに温かい服を着せたり、毛布をかけたり。そして朝のカカ(う〇ち)が緩くなければほっとする、みたいな。それが毎年4月5月と続くのですが、今年のこのパリの不安定なお天気で6月も続いております。でも食欲も旺盛でお庭をうさちゃんみたいにぴょんぴょん走ってるので、それを見るだけでもう超~~幸せ♡ってか生きててくれてるだけで幸せです!
それでは週末ごはんのご紹介です。
1枚めはこのお皿さんでサルグミンヌ窯のもの。ちょいとオーソドックス絵柄な感じで、このサルグミンヌタイプはエマウスやブロカントでもちょいちょい見つけることが出来ます。、
RIMG49384
これにはポルトガル系マーケットで買ってきたポルトガルのチョリソー&前日もいただいたハモン・セラーノに、やはりこれもポルトガルスーパーで買ってきたポルトガルの発泡ワイン、ヴィーニョ・ヴェルデにカシスリキュールを入れた、いつも日曜マルシェで飲んでるアペリティフを。
ポルトガルのチョリソーは旦那は脂が多くてコリコリも多くてあまりお好みじゃなかったよう。でも脂身が嫌いな方ではない私は結構好きでした。なので気に入らな顔の旦那のそばで涼しい顔で何切れもいただきました~。
RIMG49385
お次はこのかわいいミントグリーンのカップで。
RIMG49387
海老の殻を使ったビスクスープです。ちょっと向きが前フォトと反対になって若干違和感なのはお許しくださいませ。
殻だけを使ったとは思えない濃厚さと甘さで美味しいです。我が家はほんと海老好きです。
RIMG49388
3皿めはこの1枚。確かエマウスで旦那が見つけたもので5枚くらい揃っているかな。超お気に入りです。
RIMG49390
これには自分レシピであれですがコチラを。
Cpicon 麦と海老とりんごの爽やかなサラダ by milketmoi
自分レシピと言っても元々は旦那弟さん奥さんが作ってくれたのを少しアレンジしたもの。
久し振りにいただきましたがやっぱりとっても美味しい!麦大好きです。子供の頃は嫌いでしたが。
RIMG49393
4皿めはこれはディゴワン・サルグミンヌの大きめ1枚。フレンチはもちろんイタリアンやスペイン料理やアフリカンやアジアンもいけそうでこれもお気に入りです。
RIMG49396
これには大好きブログ「カリフォルニアのばあさんブログ」のレシピの中から我が家の大定番のコチラ。
→「カリフォルニア風チキン・ケバブ
何度作っているだろうと言うくらいのお気に入りレシピです。フランスでもケバブは超ポピュラー料理で私もたまにがっつり気分な時いただきますが、このカリフォルニアケバブはもっとずっとあっさりで、実はフランスの通常ケバブより私たちは好きなのです。これに焼きトマトとサフランライス(ターメリックライスでも十分美味しい)の組み合わせが何とも言えません♪ 今回も大満足!
RIMG49398
5皿めは縁の模様も愛らしいデイゴワンの小さめ1枚。
RIMG49400
これにはデザートでやっぱりポルトガルスーパーで買って来た出来立てパスティス・デ・ナタを。
パスティス・デ・ナタの我が家のお気に入りはブログでも何度もご紹介させていただいているマレにある「COMME A LISBONNE」ですが。
(はじめてこのお店を見つけた時記事→「冬の始まりのマレ散歩・番外編」)
ポルトガルスーパーのでも十分美味しいです。ただ一番はやはり「COMME A LISBONNE」。
そんな「COMME A LISBONNE」のご主人がオープンしたカフェも素敵で、いつも変わらない対応のご主人も大好感なのです。
→「TASCA(タスカ) ~パリのカフェ 4区~



…………………………………………………………………………



さてさてこの雨続きのお天気のせいで庭のエスカルゴがものすごい。昨日の雨上がりの朝なんかどこもかしこもに近かったです~。
でも今朝は落ち着いて、
RIMG49401
こんくらい。
私がエスカルゴ好きなので、旦那は食べちゃえばへッへッへッ、と言いますが、いやあやっぱ食べれません。それに野生のはよくないと聞いたこともありますし。でもそう言えば知り合いの子がエスカルゴが大粒で絶品だと言っていたパリのビストロの、そのエスカルゴはお店のご主人が山に行って捕ったものを綺麗?な殻に詰め直して出してる、って言ってましたっけ(その子がお店のご主人と知り合いだったのでこっそり教えてくれたらしい)。知らないうちにみんなそうやって野生エスカルゴ食べてるんでしょうねぇ。しかも絶品…。
ちなみにこのエスカルゴくんたちは庭の端っこの方に移動していただきました~。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG49350
昨夜はご近所でフェット(fête)、日本で言うところのパーチィーがあったらしく夜中まで賑やかでわたしも何だか目が冴えてしかたなかったのですが。あ、でも今はフェットとはあまり言わず、特に若い子たちの間ではソワレ(soirée)って言うんだよ、と、知り合いのティーンエイジャーの男の子に言われたことがありましたっけ。
そんなわけで今朝は曇ってはいるけど静かな日曜日の朝を迎えております。
それでは週末ごはんのご紹介です。
先ずはお皿さんからで結構合わせやすく最近たびたび使っているコチラ。
RIMG49354
これには前菜の盛り合わせで左から
フェタチーズがあったので思い付きで作った黄色のトマトカップのサラダ、
そして真ん中はコチラ。
Cpicon ズッキーニ&パセリのクスクス(アメリカ) by principito
これにんにくがきいてるのが美味しくてとても気に入ってしまいました。
そして右はサラミ&ハモン・セラーノで、このハモン・セラーノがまた美味しかったのです。いい生ハムは塩気が強過ぎずうまみがじゅわっと広がる感じがします。いいスモークサーモンもいいスモークにしんもそうなんですよね。
RIMG49361
お次は我が家の定番スープでコチラ。
Cpicon ヴィジソワーズ*ローズマリー風味 by しじみごはん
玉ねぎのかわりに消費をかねてポロネギの緑のところを使ったので色がグリーンになってしまいましたが、ローズマリーの風味がたまりません。
※器フォトは撮り忘れました。
RIMG49358
そしてずっと食べてみたかったコールラビを使ったコチラ。
Cpicon ∞スイス・マミーのコールラビグラタン∞ by melmarilyn
シンプルにコールラビだけを使った簡単グラタンですが、これまたと~っても美味。コールラビ、私はフランスに来てから知ったお野菜ですが、甘みがあって、歯触りはカブのような大根のような冬瓜のような…でもやっぱりコールラビ独特のもので美味しいのです。あ、この間浅漬けにしても美味しかったんだった。あれまた作ってレシピをご紹介したいです。すっかり忘れておりました~。
※器はブロカント食器ではなかったので器だけフォトはなしです。
RIMG49365
メインにはこのちょっと大きめなお皿さんで、つい最近ブロカントでめっけた子。初お披露目?です。裏に窯の刻印はなかったのですが、なかなか古くなかなかかわいいと思うのですがいかがでしょうか。
RIMG49368
これにはバジル風味の思いつき簡単アクアパッツア風を。フレッシュな白身魚もちゃんと使ったのですがまったく見えてませんね。お買い得で美味しかったのに残念です(自分に)。これは今度は分量を量りながら作ってレシピご紹介出来たら、と思っております。

…………………………………………………………………………


ところでフェットと言えば、日本からパリに来て初めて住んだアパルトマンのお隣りさんは(男性)、私の部屋に知り合いが数人来て話していると、壁をどんどんすぐにするわりには(壁どんどんはうるさいですという意味で結構普通に皆やります)自分の部屋でフェットをする時は夜中の2時3時まで大騒ぎする人で。あ、TV点けてても何度かどんどんされましたっけ。で、はじめはどんどんは日本ではよっぽどじゃないとないだろうし、びびって気にしたのですが、だんだんちょ~っと勝手な人だなぁ、と感じるようになり、フランス人にも慣れてきたこともあり、そこに住んでいた期間後半くらいからは彼が自分の部屋でフェットを開き、夜中まで騒いでる時は私も壁どんどんするようになった、と、まあ、こういうわけなんです。今でも覚えてますが、私の方がはじめて壁どんどんした時(向こうは何度もしていたが)、彼の部屋がはじめは気付かず大騒ぎが続いたのですが、もう一度、今度は強めにどんどんしたら、数秒でし~んとなって。びっくりしてる雰囲気が壁の向こうから伝わってきて…こっちもびっくりした~、みたいな。その後いそいそ退散する雰囲気も伝わって来て。こっちも若干の緊張とちょびっとだけ申し訳ない気持ちもなんだかあったけど、でもやっぱりすっきりしたのは否めません。でもそれで部屋の前で会った時とかに特にツンツンした態度とかもなくいつもとほとんど変わらなくて。フランス人全般的にそうだと思いますが、後後まで引きずらずさっぱりしてます。そこが面白いって言うか、いいところでもあるな、と思います。私も旦那とちょっとしたケンカをした時なんか、旦那は翌日引きずらないことが多く、どちらかと言えば私が翌日引きずることが多いかもです。でもそれには理由もありまして。ケンカした理由のそれと同じこと旦那が何度もやるからです~。自分にとってどうでもいいことはす~ぐ忘れるんですよねぇ。日本人に比べかなり大ざっぱでもありますしね。そこがよくもあり、時には悪くもあり、かしら。あ、1つまた思い出してしまった。そのお隣りさん、一度朝方にすんごい泥酔して帰って来て。階段を上がって来ながらあちこちでよたよたよろけてごっつんごっつんぶつかる音がして危なかしくて。目が覚めた私もさすがに大丈夫かしら、って思って様子を見ていたのですが(と言うか感じとっていたと言うか)。そうしたら突然彼、〇〇~!!って女性の名前を叫んだとですよ!しかも若干せつなそうに。あれにはびっくりしたわ~。で、その後、何とか自分の部屋の鍵をガチャガチャ手間どりながらも開け、そして入れたようだったので、私も一応ほっとしてまた寝た、ということもありました。あれちょっと面白かったわ。


…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ