週末ごはん

4月27日土曜日、ジレジョーヌの24週目になるデモが行われました。
政府発表でフランス全土で23,600人、パリでは2,600人の動員数でした。
ゴールデンウィークにパリにいらっしゃっている方々で、
今週土曜日5月4日の25週目デモの予定日に
お出掛けする場合はどうぞ十分ご注意なさってください。
…………………………………………………………………
Foto (890)
パリはなかなかのお天気に恵まれていて、
今ご旅行中の方はよかったですね♪
やっぱりお天気って大事ですもん。うん。
ということで週末パリ郊外我が家ごはんのご紹介です。
まずはフランスのビストロの定番、焼きシェーブルチーズのサラダです。
残っていた冷凍のムール貝ファルシーも添えてちょっとリッチボリューミィー。
シェーブルは焼いてもとても美味。むしろ焼いた方が自分は好きかしら。
Foto (891)
2品めは、お庭でいつのまにか大きくなっていた
ハーブのオゼイユ(日本名はスイバ)の葉でポタージュです。
自然な酸味がオゼイユの持ち味。これがいいんですよね。
旦那が、美味しい美味しい、とすごい勢いで早飲みしておりました。
もう少しゆっくり味わっておくれよ~。ま、いいけどね。
Foto (892)
3品めは創作で作ってみたアスパラガスとスモークサーモンの料理。
これがなかなか美味しかったのです。
が、レシピでご紹介はちょ~っと手間がかかるなぁ、と。
なので、材料は同じでもっと簡単なレシピを考え中でして、
上手くいきましたらご紹介させていただきたいと思います。
Foto (893)
4皿めはフランスの定番、ステーキとフライドポテトのステークフリットです。
先々週ステーキをいただいた時に上手く焼けたものだから、
そのコツをまた確認しておきたかったのです。
で、今回もめちゃくちゃ上手くいきました♪
いいフィレ肉だったのでソースは作らずお気に入りのお塩を添えて。
超おすすめ!ゲランドのグラン・クリュ・ド・バッツの燻製の塩
美味しい赤身ステーキはいいお塩が一番。いやぁ、美味しかった~。
いつも私は半分くらい食べたら後は旦那にあげるのですが、
今回は1人で完食。でも一週間分のお肉を食べた感。
なので平日に野菜と果物と海藻などでバランスをとろうと思います。
ということで週末ごはんは以上となります。
皆さま、引き続き素敵な春の日をお過ごしください♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (869)
マルシェ帰りの我が家の復活祭のごはんのご紹介です。
まずはお庭で咲いたリラを飾って。
前菜盛り合わせはすべて買ってきたもので(あは)、
スーパー「LIDL」の海老、ホタテ、サーモンのヴェリーヌ3種、タコのカルパチョ、
そしてマルシェのフランス惣菜屋さんのタッブーレとなっております。
ヴェリーヌとは前菜かデザートをガラスの器に入れた1品。
タッブーレとは中東の料理で本来はブルグルというひきわり小麦を使いますが、
フランスではフランス風に変化してクスクスに添えられるスムールを使います。
マルシェの惣菜屋さんのタッブーレは本当に美味しくて
お店の看板商品と言ってもいいくらい大人気。
私はタッブーレは中東の本場スタイルが好きだったのですが、
惣菜屋さんのタッブーレでフランス風も好きになりました。
Foto (847)
2品めは旬がはじまった白アスパラガスのポタージュです。
実はこのポタージュ、白アスパラを茹でた煮汁を使ったもの。
白アスパラは煮汁もいい風味が出るので捨てるのはもったいないのですよね。
Foto (848)
3品めはこれもマルシェの惣菜屋さんで買ってきたニシンのマリネ。
わたくしの大好物で、生のニシンがとろ~っとしてて何とも言えない美味しさ。
これは炊き立てごはんにワサビと合わせてもイケそうだな、
と思うのですが、まだお試ししたことがないのですよね。
今度絶対やってみたい♪
Foto (849)
4品めは先にポタージュをご紹介いたしましたが、
茹で白アスパラのオランデーズソースです。
今回は生ハムを少し散らしてみたのですが、
塩気がアクセントになって優しい味わいの白アスパラと
クリーミィーなソースによく合いました。
このスタイルは我が家の定番になりそうです。
Foto (850)
5品めは豚肉のローストと冷凍のポテトグラタン添え。
何とこの豚肉、70度のお湯で12時間低温調理して、
そのあとさっと表面だけ焼いております。
12時間て大変そう、と思いますでしょ?
でも何かやりながら時々お湯の温度を確認すればいいので、
意外と大変でも難しくもありません。
そして仕上がりはびっくりするくらい柔らかとろ~。
半分残ったのでラーメンのチャーシューにしようとすぐ冷凍。
楽しみ過ぎます~ワクワク♪
ということで我が家復活祭ごはんは以上となります。
おしまい。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかりお伝えするのを忘れてしまったのですが、
4月13日土曜日、ジレジョーヌによる22週目のデモが行われました。
政府発表ではフランス全土で31,000人、パリでは5,000人の動員数でした。
5か月目と長いこともあり、ノートルダムの火災のこともあり、
ジレジョーヌの影が薄くなっておりますが、続いております。
…………………………………………………………………
Foto (787)
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずは自家製のシェーブルチーズのテリーヌです。
前の夜にささっと作ったのでお味もそれなりの味になってしまいました。
次回はちゃんと気合を入れて作りたいと思います。
Foto (788)
お次は冷凍のムール貝のファルシーにコチラを添えました。
Cpicon シンプル美味*我が家のアスパラステーキ by ルロワ・モワ
アスパラが美味しい季節ですね♪
茹でずにフライパンで焼くだけですが、
シンプルで美味しい1品で、付け合わせにも重宝します。
Foto (789)
そしてメインはシャロレー牛のフィレステーキとフライドポテトの
フランスの王道ビストロメニュー「ステーク・フリット」です。
今回はお店に負けないくらいお肉が上手に焼けて自分でびっくりしちゃいました。
ステーキをうまく焼くのって難しいんですよねぇ。
でも今回のでコツがちょっとつかめたので、また練習したいな、と。
なのでまたこの週末もステーキ焼いちゃおうかな。
でもな、今フランスでもよく言われているけれど、
牛肉(と豚肉)は身体のためにはほどほどにしないとなんですよね。
迷っちゃいます~。
ちなみにフランスで食べられているお肉は順番に、
①豚肉 ②鶏肉 ③牛肉 だそう。
豚か、とちょっと意外だけどフランスの豚は美味しくて安いですからね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

第21週目になるジレジョーヌのデモが4月6日に行われ、
フランス全土で’22,300人、パリでは3,500人の動員数でした。
エマニュエル・マクロン大統領の全国を回っての討論会は、
先週の金曜日にコルシカ島で開かれ、これで終了となりました。
でも、ジレジョーヌの運動はこれからも続きそうです。
どうなるんでしょうねぇ…。
…………………………………………………………………
Foto (744)
さて、週末ごはんのご紹介です。
まずはフランスでポピュラーな黒大根を使って自分レシピのコチラ。
黒大根とタラマのカナッペ
日本ではまだあまり馴染みのない黒大根ですが、
フランスでは大きめスーパーやBIOショップに行けばだいたい売っていて、
良いものに当たると、パリパリみずみずしくてとても美味しいのです。
でも良くないものに当たると中がスカスカでまずくて食べれません。
私は形がまっすぐで触ってみて固くてずっしりしたものを選ぶようにしていて、
それだと9割がた良いものに当たります。
今回も良いものに当たって、それをスライサーで薄切りにして
市販のギリシャのタラマディップをのせただけ。
簡単だけど美味しいんです。
フランス在住の方におすすめのアペロのおつまみでございます。
Foto (745)
2品めは今年初の白アスパラガスで自分レシピのコチラ。
Cpicon 美味*白アスパラと生ハムの苺ソース添え by ルロワ・モワ
柔らかく煮た白アスパラに生ハムとドレッシング仕立ての苺ソースを合わせてあります。
生ハムの塩気と苺のほんのりとした甘さがよく合うんです。
白アスパラというとドイツスタイルの
オランデーズソースを合わせた1品がよく知られておりますが、
果物を合わせても美味です♪
Foto (746)
3品めはブルゴーニュの郷土料理「ウフモレ」。
ブルゴーニュの赤ワインを使ったソースに
半熟の卵(ウフ)を合わせたもの。
昔はパリのビストロの定番の1つだったようですが、
今は、アレンジしたおしゃれなウフモレはときどき出会うのですが、
この本当の定番はまったくと言っていいほど出会いません。
今回はブルゴーニュの赤ではなく料理用に買っておいたもので作ったのですが
十分美味しくて、旦那がかなり気に入ったよう。
日本でも手軽な材料で作れるので、分量を量って
改めてレシピをご紹介させていただこうと思ってあります。
検索してみたら日本ではウフモレのレシピはないようなんですよね。
パリのビストロでも消えつつあるものだから、そりゃそうかな。
Foto (747)
4品めは豚フィレのマスタードローストで、
カルフールのお肉屋さんでお買い得になっていた
焼くだけのものを買ってきました。
お店で買うものは味が濃くてしょっぱいものが多いので、
どうかな、と思っていたのですが、
これはマスタードソースに工夫があってマイルドで美味しかった♪
ちょっと自分でもこのソースにチャレンジしたくなりました。
そのうちやってみて美味しく出来たらレシピをご紹介出来たらと思います。
ということで、旦那にもたくさん手伝ってもらったので
品数的にちょっと豪華チックな週末ごはんでした。

明日からは4月も2週目。
日本では新鮮なことが多い時期で歓迎会なんかもありますね。
自分も思い出すといろいろ懐かすぃです。
こんな私にもOL時代があったんですよね。
今の季節だとよく赤坂のアークヒルズの広場で、
手作りか評判のお店で買ったお弁当で同僚とランチしておりました。
その時の一番の仲良しさんは去年旦那さまとパリに来てくれた子。
今が一番幸せだけど、あの頃もあの頃にしかない楽しさがありました。
はぁ~時の流れが不思議です…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (703)
とうとう本当に春が来たな、と感じさせる、暖かくて爽やかだったこの週末。
なので今年初のお庭ごはんとなりました。
まずは最近思いつきで作ってとても気に入ってる
チーズのタルティーヌ(チーズのトースト)。
上の粒々したのがポイント①なのですが、
これはもうレシピを書いているので近々ご紹介させていただきます。
簡単ですが美味しくてワインに合います♪
Foto (704)
お次はマルシェのフランス惣菜屋さんで買ってきたにしんのマリネと、
カルフールで買っておいたレバノンスタイルのタブレ(ブルグルとパセリのサラダ)。
にしんはとろ~っとした柔らかい身が何とも言えません。
スーパーでも市販のものが売っておりますが、
お惣菜屋さんやレストランの手作りのものは美味しさがぜんぜん違います。
でもタブレはこれが結構イケまして、ときどきカルフールで買っております。
家でも簡単に作れそうなのでそのうちレシピにしてみたいです。
Foto (705)
これもマルシェのフランス惣菜屋さんで買ってきた冷製のサーモン。
手作りのマヨネーズと下にたっぷりあるお野菜も美味。
そうそう、この日は久しぶりにマルシェに行ったんです。
八百屋さんのイタリア系ムッシューはもういないけど、
久しぶりでとても楽しかったです。
Foto (706)
お肉は仔牛のステーキのチーズソースに冷凍の揚げジャガイモ添え。
ささっと作ってみたチーズソースがとても美味しかったのです。
これは他のお肉でもお魚でも合いそうなので、
もう少し見た目も美しくなるよう改めて作って、
レシピをご紹介出来たらと思います。
ということで週末ごはんは以上となります。
今日は春の雨のパリ。
やっぱりなんだか柔らかチックな雨ですねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ