週末ごはん

RIMG8324
ここ数日どうしてもしっかりイタリアンが食べたくて、
昨日は大皿っぽいのも入れたイタリアンのコースごはん。
まずはシャルキョトリー(ハムなどの加工肉)の盛り合わせで、
イタリアの生ハムやコッパ、フランスのサラミやテリーヌです。
RIMG8331
そしてピッツァで、旦那にお庭にバジルあったよね?
と確認したらあるよ、ということだったので、
そのお庭バジルを使って王道マルゲリータにする予定だったのですが、
バジルなかったのですよ~。旦那の勘違い~。
ということで急きょサラダ仕立てのピッツァに。
生地はスーパー「LIDL」で買ってきたBIOのもの。
お店のモチモチ生地にはま~ったく美味しさは及ばないけど、
手軽さを考えればまあよいかな、という感じ。
とにかくピッツァが食べたかったんです。
RIMG8332
お次はパスタで魚介とトマトの唐辛子風味のタリアテッレで~す。
のつもりだったのですが、なんと魚介を入れ忘れるという超おおボケぶり!
しか~し、これが魚介入れなくても美味しくて、あれ?これもありじゃないの?と。
なので近々レシピにしてご紹介させていただけたらと思っております♪
(解凍しておいた魚介は仕方ないので本日使う予定)
パスタもですね、食べたかったんですよ。
RIMG8336
そして、イタリアンの王道料理の1つ、インボルティーニです。
イタリア語で包む、巻くという意味があるインボルティー二、
今回はモッツアレラチーズを鶏むね肉と生ハムで巻いて揚げ焼きにしました。
これにハーブのセージの素揚げを添えるととても美味でして、
これも旦那に、お庭にセージあったよね?と確認したら、あるよ、と。
だから買わなかったのですが、セージもなかったのです~。
も~、自分は作らないものだから適当なんだから。
なものだからちょっとがっくりして盛り付けも適当になってしまいました。
だめですね、これ。
でもお味は大丈夫、美味しかったです。
淡泊な鶏胸肉と生ハムの塩気とトロリモッツアレラの三重奏がいいんです。
でもやはり揚げ焼きよりちゃんと揚げた方が見た目が美しいので、
次回はちゃんと揚げようと思います。
……………………………………………………………………
あ~んど。
今日はいよいよフランス大統領選の決戦投票日。
RIMG7770
エマニュエル・マクロンになるのか、
RIMG7769
マリーヌ・ル・ペンになるのか。
この二週間、ニュースやテレビは当たり前ですが毎日このことが多くて、
討論番組もあったけど、まあ、正直うんざりでした。
先週の5月1日のメーデーの日の各都市で開かれた集まりでは、
どちらも入れないと答えていた人もとても多かったです。
アメリカのトランプとクリントンの時と一緒で、
どっちもどっちと感じてる人も多いよう。
でもやっぱり極右の国民戦線のマリーヌ・ル・ペンは…。
国民戦線の創始者の父親であるジャン=マリー・ル・ペンは、
ナチスの虐殺は戦争の中の些細な出来事に過ぎない、
なんていう恐ろしいことを言っちゃう人で。
マリーヌの姪の同じく国民戦線の議員、マリオン・マルシャル・ル・ペンも、
なんかもう雰囲気からして恐いんですよねぇ。
ということで今、旦那がそんな投票に行っておりまして、
帰って来たらお気軽マルシェに行こうと思っております。
お天気がちょ~っと微妙な小雨で降ったり止んだりなのですが、
決戦日のマルシェというのもちょいと面白いかもですし。

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!

RIMG8293
アベちゃんの映画来るぞ、と思いながらマルシェから帰ってきてのごはんでございます。
まずは前菜盛り合わせで土曜日のごはんと同じ2種は、
ギリシャの葡萄の葉のファルシー、ドルマダキア、
ギリシャの小さい赤ピーマンのシェーブルチーズ詰め。
そしてスーパー「LIDL」のブリーチーズのパンです。
お皿は人気ブロカント食器「ディゴワンサルグミンヌ」の1枚。
RIMG8295
2皿めはこれも「LIDL」で買ってきたチルドのヴェトナムの揚げ春巻きのネムで、
本場のいただき方で、たっぷりのレタスと生ミントとソースを添えて。
揚げたてをレタスにのせて、その上にミントをのせていただくとこれが美味しいんです♪
和食惣菜やフランス惣菜にもぜんぜん負けてないな、といつも思います。
それぞれの国にその国にしかない美味しさというものがあるんですねぇ。
お皿は裏の刻印はないのですがアーモンドの花柄を思わせる状態のよいタルト皿。
RIMG8299
メインはブロカント市で見つけた年季の入った小さめのストウブ鍋で作った1品を、
珍しいブロカントの鍋敷にのせてそのままターブルへ。
前日にさっと準備してじっくり煮込んでおいたものです。
RIMG8302
中はフランスの煮込み家庭料理の王道中の王道、
ブフ・オ・キャロット、牛肉と人参の煮込みです。
でもこの日はヴェトナムのネムを本場スタイルでいただこうと決めていたので、
このブフ・オ・キャロットもちょっとエキゾチック風味にしてみたら、ら、
ものすご~く美味しくてお肉もトロトロで嬉しびっくり!
超適当にやったので、入れたものはあれとあれと…と思い出しながら完食。
これは近々もう一度分量を量りながら作ってレシピをご紹介出来たらと思っております!
鍋敷は柄が見えておりませんが一応ご説明させていただいておきまして、
パリ郊外「ショワジー・ル・ロワ」の「H・B・C・M」という窯のもの。
1920年に出来た窯ですが1955年に閉じているので、
作られてから少なくとも62年以上は経っているものです。
ということで週末ごはんご紹介は以上となります。
さてさて今日も晴天のパリ。
今日は家事と掃除をちゃちゃっとすませたら、
早速チャリンコ走らせてアベちゃん映画を観に行こうと思っております。
樹木希林さんとの共演ということで、私は希林さんのもの言いの潔さ、
すごい人なのに普通感覚を持ち続けられる強靭なブレなさを、
昔から超カッコイイと思っているので、こうして新作が来るのもまた嬉しい。
ほんとにほんとにすごい人って、自分はすごいのよ、俺たちはすんごいだぞ、
感というものが(傲り?)逆にみじんも出ないのか、なんて思ったりします。
それにしても新作日本映画が日本から遠いヨーロッパのフランスのこの、
パリじゃなくてパリ郊外ですぐ観れることが嬉しく不思議。
ジャポンもフランスもなかなかやりますね!

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!

RIMG8262
そうは言いましてもフランスはGWがございませんで、
でも明日1日はメーデー(Fête du Travail)、
来週8日の月曜も第2次大戦戦勝記念日(Victoire 1945)で祝日となっております。
なので明日はブロカント巡りでも行こうかね、なんて話しております。
今日明日とパリ郊外ではブロカントが目白押しなのですよ。
ということで週末ごはんのご紹介です。
まずは我が家のお気に入りおつまみ、マカダミアンナッツと赤身のサラミです。
我が家はナッツ類はお料理にもよく使うのですが、
このマカデミアンナッツはちょっとお高くてもったいないのでそのままを楽しみます。
マカデミアナッツのちょっとスペシャルな歯応えがたまりません。
RIMG8267
前菜盛り合わせはすべて市販の買ってきたもので、
フロマージュ・フレのペーストのカナッペ、
手作りのテリーヌのカナッペ、
ギリシャの赤ピーマンのシェーブルチーズ詰め、
ギリシャの葡萄の葉のファルシー「ドルマダキア」、
となっております。
去年缶詰で買って意外に美味しくてびっくりしたヴィネガー漬けドルマダキア、
今回のはパック詰めのチルドのオリーブオイル漬けだったのですが、
ちょっとオイリーではあるけれど葡萄の葉の香りが移ったオイルがスペシャル。
ヴィネガー漬けとオイル漬けではこんなに味が違うんだとびっくりしました。
ちなみにヴィネガー漬けのはレシピに挑戦しておりましてコチラ。
ギリシャ料理「ドルマダキア(ぶどう葉のごはん包み)」
お皿は北フランスの「サンタマン」です。
RIMG8270
3皿めはトリュフ風味の白ブーダン(白身のお肉、卵、ミルクなどで作る腸詰)
のさつまいものピュレ添え。
豚の内臓、血などで作る黒ブーダンは好みが分かれますが、
この白ブーダンは子供でも好きな優しい味わい。
あっさりで美味しいのです。
お皿は裏の刻印がないのですが控えめで気に入ってるいる1枚。
RIMG8275
そしてメインはニジマスのムニエル、アーモンドソースに、
キューブじゃがいもの小さなグラタンの付け合わせです。
はじめてこれを食べたのは日本で働いていた時で、
溜池山王にあった、確か「セゾン」という老舗洋食屋さんのランチでした。
ニジマスにアーモンドが新鮮でそして美味しくて。
他にもたくさん美味しいものがいただけたんですよねぇ。
でも閉店してしまいました。かれこれ15年くらい前でしょうか。
あの頃は今のようにはお料理していなくて、
ただただ美味しい♡ってがっつくだけのあたしだったのがとても残念。
今だったら一生懸命味を覚えて再現がんばったかもしれません。
お皿も今はなきチェコスロバキア製の1枚となっております。
RIMG8261
そしてマカデミアンナッツはコチラ。
カルフールで3ユーロ50サンチームくらいでしょうか。
かなり小さい袋なんですが高めなんです。
でもこれが美味しいんです~。
……………………………………………………………………
あ~んど。
RIMG8279
今朝6時25分くらいの朝焼けです。
今日も昨日も快晴のパリ。気温は今日は18度の予想。
今旅行でパリに来ていらっしゃる方はお天気に恵まれてよかったですね♡
明日は少し下がって16度の予想。少しあったかめな服がよいようです。
それではタムちゃんの大好物のパセリとパクチーを買いに行ってまいりま~す。

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!

RIMG8199
マルシェから帰ってきての週末ごはんでございます。
じゃ、とっととまいらせていただいて、まずはアペロの盛り合わせで、
赤身100%のサラミ2種とベトナムの揚げ春巻きのネム
(日本ではチャーゾーと呼ばれています)となっております。
ネムは今回のはスーパー「LIDL」で買ってきたチルドのものだったのですが、
マルシェのアジアン惣菜屋さんには負けるけど普通に美味しいです~。
そしてお皿は北東フランスの「ロンシャン」のもの。
RIMG8203
2皿めはコーンポタージュスープです。
でもフランスにはクリームスタイルのコーン缶がないのでミキサーでガーしました。
粒粒がちょっと残ってて甘くてやはり美味しいです♪
子供の頃、週末学校のない日の朝食は我が家は厚切りトーストとコーンポタージュ。
こんがり焼けたパンにマーガリンが80%くらい溶けたのを先ずは半分くらい食べて、
その後コーンポタージュにひたして食べるのが大好きでした。
でもその後マーガリンがあまり身体によくないと母が一切やめてバターになりました。
が、マーガリンがよかったですねぇ。
お皿は「サラン」で状態のいいものをセットでエマウスで見つけました。
RIMG8210
3皿めは「LIDL」で賞味期限の近いスモークサーモンが、
30%引きになっていたので1つカゴに入れ、ついでだから2つめも入れ、冷凍すればいいだけのことだから3つめも思わずとり、我が家はサーモン好きだから消費するなぁ、ということで4つめもカゴに入れた、そんなサーモン①で作ったカルパッチョでござま~す。
Cpicon 美味です♪スモークサーモンのカルパッチョ by milketmoi
いつものようにお皿ににんにくの香りをたっぷりこすりつけて、
あとはサーモンとベビーリーフなどをどんどこのせてレモン汁をぎゅっとかけ、EXVオリーブオイルをさっと回しかければ出来上がり。簡単ですがさっぱり美味しいです!
あ、またまた2色プチトマトも合わせてみました。手軽に彩りよくなっておすすめです。
お皿は北東フランスの「リュネヴィル」の1枚。
RIMG8215
メインは記事タイトルにもありますハンバーグステーキです。
豚ひき肉がちょっと残っていて使っちゃわなくちゃだったので牛ひき肉と合わせ合いびきにし、今回は玉ねぎは炒めずそのまま入れちゃって、ナツメグはちょっと多めで、よ~く練練り。そして真ん中にはこれまた食べちゃわなくちゃな残りカマンベールチーズを入れ、ソースは我が家の定番の赤ワインと醤油のソースに、これまた残っていた生クリームも足したら色が微妙なローズ色になってしまったのですが、味は大丈夫。
今回は輪切りにしてみた付け合わせにんじんステーキもいつも通りの美味しさ。
Cpicon超シンプル美味*にんじんのステーキ by milketmoi

旦那はバゲッドで食べていましたが、
私はハンバーグはごはん派なので白いごはんと一緒にいただきました。
でも美味しくてついついがっついてしまい、その後お腹が苦しかったんです~。
お皿は北東フランスの「サンタマン」のタルト皿。
ご婦人&紳士の素敵な絵柄があるのですがすっかり隠れちゃっております…
ということで日本の洋食チックだった日曜日ごはん。
やはり王道美味しいです!
さすが外国の人も日本洋食を好きになる確率高いのわかるな、って。
知り合いのフランス人旦那さまは日本のファミリーレストランが大好きで、
日本食というとファミレスメニューが思い浮かぶそうです!
……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG7970 - Copie
復活祭ごはん続けさせていただきまして、昨日編です。
1皿めは前菜盛り合わせで前回メニューと重なるのですが、
上から時計回りにスペインの生ハムのシェーブルチーズ巻き、
カルフールで買ってきた手作りテリーヌ、
そして前回と同じ海老とパネのムース(4個入り)となっております。
RIMG7975 - Copie
2皿めはスープで白アスパラ。
旦那が一口飲んですぐ白アスパラだとわかって美味しいなぁ~、と。
RIMG7981 - Copie
そして3皿めは茹で白アスパラに残りを冷凍しておいた市販のべアルネーズソース
(卵黄、澄ましバターなどで作るフランスの伝統的ソース)と半熟卵、
そして、な、なんと、復活祭用に奮発して買ったキャビアを添えた1品です。
自分でキャビアを料理に使ったのははじめてだったのですが、
あっさりな白アスパラとトロリ半熟卵に合うだろうな、と。
やはりと~っても美味しかったです!
卵は前回と同じレンジとアルミホイル使いのコチラを。
Cpicon 科学のレンジゆでたまご by mcc5646
今回は5分レンチンですぐ水に放置してみました。
あと30秒くらいレンチンでもいいかなぁ。
それと実はスープはこの茹でアスパラのゆで汁と白アスパラを使って作りました。
なので白アスパラの風味たっぷりのスープになったのです。
RIMG7977 - Copie
4皿めはスモークサーモンのタルタルのガトー仕立て。
ドレッサージュには2色のプチトマトの半分ずつを合わせて飾りました。
これは気に入ってよくやる方法。宝石チックになってかわいいのです。
このガトー仕立てタルタルはばっちり美味しかったので
近々レシピをご紹介出来たらと思っております。忘れないようにしなくちゃ…
RIMG7986 - Copie

そして5皿めは帆立のポワレのブルグルのリゾット添えにまたキャビアをのせました。
→「ブルグルのリゾット
あっさりでブルグルの粒粒食感が何とも言えずこれもとても美味しかったです。
やはり魚介はいいなぁ、と思いましたねぇ。
またすぐにでも魚介コースごはんやっちゃいたいです!
……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


↑このページのトップヘ