週末ごはん

FotoJet (981)
ということでまずはマルシェで買ってきたパルメザンとトリュフ入りのハムです。
ハム部分がトリュフ風味で周りに巻かれた白いところがパルメザン。
トリュフ風味はほんのりではなくかなりしっかりと感じられますが
パルメザンと喧嘩していなくて美味でございます♪
FotoJet (979)
2皿めはサクサクな生地で出来たカップごといただけるエスカルゴです。
これは近い感じのものが家でも作れそうかな、と思っているので、
これからちょっとレシピを考えてみたいです。
でもエスカルゴはお手軽じゃないし好き嫌いがあるので、
別のもので代用するつもりです。何がいいかなぁ…。
FotoJet (980)
3皿めは買ってきた酢漬けのお魚の「コダラ(Aiglepin)」、英語では「Haddock」に、
サラダと質が高いノルマディーのディジニー村の生ウリームを添えました。
「酢漬けコダラ&生クリーム」は以前あるビストロでいただいた組み合わせで、
酸味が生クリームでやわらいでまろやかになって美味しいのです。
FotoJet (982)
お肉はビストロ定番でフランスの国民食ステーク・フリット、
ステーキ&フライドポテトです。
お店によってはフライドポテトの代わりにインゲンの煮たものになることもありますが、
インゲンもいいんです。でも今回はコロンと丸型で揚げたフリット。
お肉はブルゴーニュのシャロレー牛のアントルコット(サーロイン)で
ソースは生の黒粒胡椒入りのソースです。
フランスは、最近でこそ神戸牛のようなサシが入ったお肉も人気上昇中ですが、
まだまだ赤身のお肉がポピュラーで主流。
旦那も基本的には赤身のフィレ肉が好きで、たまにならこうしてサーロイン。
我が家の食卓にときどき登場する脂がジュワ~っと出る
イベリコ豚も実はたくさんは食べないので
旦那が食べ切れなかったのは私が翌日、わさびを添えていただいたりしています。
わさびがこれまた合うんです~。
ということで週末ごはんは以上となります。
少しでも皆さまの食卓の参考にしていただけると嬉しいです。
またレシピの方もがんばります♡でも簡単なのです。

……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (965)
昨日はクリスマス&年末用に買って冷凍しておいた残り市販品使っちゃおうごはん。
でもまだ冷凍庫に結構あるんですよねぇ。食っちゃるぞ!
さて、まずシャリュキュトリー(肉類の加工品)の盛り合わせで、
左から、我が家のお気に入りコンテチーズ入りの赤身のサラミ、
真ん中が超薄切りでひらひらが美味しい生ハム、
そして右のはスイスの「グリゾン」という地方のスペシャルな1品で
「ヴィアンド・デ・グリゾン(Viande des Grisons)」。
スパイスやハーブに漬けこんで乾燥させた牛肉の薄切りで、
これはシャリュキュトリーには入らないのですが、ま、近い感じです。
FotoJet (966)
お次は市販の焼いていただく用ニョッキで、
オリーブオイルとバターでカリッと焼いて、いつもはパルメザンをかけますが、
今回はチェダーチーズをかけてみました。チェダーもいけますねぇ。
ニョッキは定番の茹でていただくスタイルも美味しいけど、
焼くのがまたカリッとモチッとと~っても美味しいのです♪
私的には焼きニョッキの方が好きかもしれません。
あ、でも茹でてクリームソースのもたまらないけど…。
FotoJet (967)
メインは我が家の大好物のアルザス地方の郷土料理シュークルートで~す。
でも出来てたやつで温めただけで~す。
ドイツのザウワークラウトのキャベツを想像していただければわかりやすいのですが、
あの発酵キャベツとアルザスの特産品のソーセージやベーコン、
ハムなどの豚の加工肉とじゃがいもを煮込んだもの。
これをマスタードを添えていただきます。
程よい酸味であっさりで、わたしなんぞぁ、週に1度食べてもいいくらい好き。
なんだったらキャベツだけでもいいくらいです♡
ということで週末ごはんは以上です。
さて、長雨の影響のパリの洪水のニュースが日本でも伝えられているようですが、
セーヌ川もマルヌ川もちょっと大変なことになっております。
マルヌ川沿いのいくつかのカルティエも水浸し被害が出ていてホテルに避難する方々も。
我が家はマルヌ川のすぐそばというわけではないので今のところ大丈夫なのですが、
一昨年の春にも長雨による被害が出ての今回。
川沿いにお住まいがある方々の中には引っ越しを考えている方もいらっしゃるよう。
以前は冬のパリはほんと~に寒く雪もよく降っていて
外にたっていられないくらいだったのですが、
ここ数年であのすんごい寒さはどっか行っちゃいました。
寒いけど耐えられる寒さ。雪もほとんど降りません。
地球の天候の変化がほんと、来てるな、と思います。
……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (957)
続きましては(前回からの)昨日の日曜日のごはんのご紹介でございます。
まずは前菜3種で前日の残りのパネのポタージュにシブレットを足したもの。
バイヨンヌの生ハムも残りで、グリーンオリーブだけパカッと缶詰開けました~。
FotoJet (958)
お次は何ともやしです!
と言いますのジャポンではももやしは価格が安定してるということなので、
よっしゃ。もやしで何かレシピ考えてみよう、と買っておいたのです。
で、昨日試しに作ってみたのがこのちょっとフレンチなもやしのソテーでして
これがめっちゃ美味しく出来たのですよ♪
なのでまだもやしあるので今日か明日分量を量りながら作って
レシピをご紹介させていただきます。もやしって早く使わないとですしね。
FotoJet (959)
お魚はスモークサーモンのサラダ仕立てでして、
添えたのが初お試しの「Barbucine」という野性のチコリから出来たというお野菜。
これが苦味が何とも言えずよくてパリっとしててサーモンにも合っててよいよい。
チコリ好きの旦那はチコリより美味しい!ととても気に入っておりました。
我が家の定番野菜になりそうです。
FotoJet (960)
そしてお肉は記事タイトルにもつけておりますが、
オランダ、ベルギー、北フランスが発祥の「Fricadelle」という、
ひき肉を使ったちょっとハンバーグチックなものを買い置きしていたので、
トマトやグリーンオリーブ、残っていたパクチーの茎もたっぷり使って、
フランス味の煮込みハンバーグ風にしてみました。
これがまたとっても美味しく出来て旦那が大喜び。
市販「Fricadelle」自体もふわっと柔らかくて(パン粉が結構入ってるもよう)
これは便利や~、思ったのでまた買い置きしておこうと思います。
それに煮込んだのがまだ残っているので今日はパスタを添えて、
旦那のお昼ごはんにする予定。ああ、ラクチン嬉すぃ。
よっしゃ。雨降りだし、じゃ、もやしソテー今日作っちまいましょう。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (952)
昨日土曜日の週末ごはんのご紹介です。
まずはバスク地方バイヨンヌの生ハムとブロッコリーのマリネです。
生ハムはカルフールの地方の味オリジナル商品シリーズの1つで、
特にこのバイヨンヌのはマイルドで食べやすくてお気に入り。
生ハムも地方によってそれぞれ味がほんとまったく違います。
ってか、あれ?右上になんか写ってますね。今気が付きました。
スーパーのチラシっぽいな…。
FotoJet (953)
お次はフランスでは定番の野菜「パネ(Panais)」のポタージュです。
英語ではバースニップと言いまして、私もフランスに来て知ったお野菜。
FotoJet (956)
そんなパネちゃんがコチラ。
色は違うけど人参と形が似ていて風味も少し近いです。
でも甘みはパネの方が強くてスープの他に揚げても美味。
FotoJet (954)
お魚は小さなサバのムニエルでタルタルソースと合わせ、
ミルフィーユ仕立てにしてみました。
火の通り加減がうまくいったのでとても美味しかったです。
やっぱりお魚料理って火の通り加減が一番大事と思いますねぇ。
以前はフランス人の料理人さんのビストロなんかでお魚料理をいただくと、
火が通り過ぎのところが結構あったので日本人シェフさんのお店でしか
お魚はたべませんでしたが、最近はフランス人料理人さんでも
お魚もばっちり美味しいお店がとても増えました♪
なので、お店の様子と料理の雰囲気とを見て、あと勘で、
大丈夫そうかもと感じたらお願いしております。
だいたい大丈夫です~。
FotoJet (955)
そしてお肉はイベリコ豚のステーキとじゃがいものローストです。
イベちゃんはほどよい脂身が入っててジュースィーで美味しかったのですが、
料理の本を見て家にあるものでアレンジして作ってみたじゃがいものローストが
またとっても美味しく出来てびっくり。
これは近々レシピをご紹介させていただこうと思います!
今週中に何とかがんばります!
ではでは。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (893)
いつもならマルシェ記事なのですが
わたくしがちょっと風邪気味なので今週はお休み。
で、旦那に1人で行ってきてもらって
べべうさっちたちのパクチーなんかを買ってきてもらいました。
でもポルトガルバーで2時間近く飲んできて
知り合いに「ラ・トラヴェルセ」のことを話まくったようで…。
旦那はお酒が入って話し出すと止まらない男。
私がいたら途中で止めるのですが、
ああ、気の毒な知り合いさんです。すみませんm(__)m
ということでまず1品めはポルトガルの缶詰でタコのマリネ。
パプリカ系のマリネ液につかってて我が家のお気に入りです。
FotoJet (895)
2品めはマルシェで買ってきてもらった、
お気に入りトリュフ風味のロースハムともう1つは
お買い得になっていたなんかだそうで~す。
もうですね。いい気分で帰ってきてあまりよく覚えてないみたい。
旦那はお酒が入って話し出すと一方的な男。
私がいたら、はい、おしまい!と一声言うのですが、
ああ、気の毒過ぎる知り合いさんです。デゾレm(__)m
FotoJet (897)
3品めは大好物エスカルゴです。
ノエル&新年用に40個くらい入り1箱を買っておいたんですよ。
エスカルゴ40個ですよ!!うちらどんだけ好きやねんって話です~。
FotoJet (896)
そうしてメインは牛ロースステーキと付け合わせは、
サヴォワ地方の郷土料理のタルティフレットです。
タルティフレットとはじゃがいも、ベーコン、玉ねぎ、そして
サヴォワのルブロションチーズを使った料理なのですが、
日本でも作っていただけるようルブロションを使わず作ってみたら
これがとっても美味しくできてルブロション使ったのにも負けてないかも。
でも旦那がやっとさ帰ってきた時にオーブンで焼き直したので
ご覧の通りちょっと焦げちゃいました~。
が、焦げる前に綺麗な焼き色のをちゃんとフォトしておいたので、
レシピをご紹介させていただこうと思っております。
今ジャポン、葉物中心にお野菜がめっちゃ高いみたいなので、
じゃがいもならまだ大丈夫かなと思って使ってみたんです。
ということで昨日の日曜日のごはんご紹介は以上となります。
じゃ、皆さま、よい週はじまりを~。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ