週末ごはん

FotoJet (348)
9月ももう終わり。早いですねぇ。
でもパリは秋が深まるとますます美しいので
それを楽しみに過ごしたいと思います。
さて、週末ごはんのご紹介です。
まずは魚介の盛り合わせで、
茹で海老、茹でエゾバイ貝、灰色の小エビ
「クラヴェット・グリーズ(crevttes grises)」です。
灰色小エビちゃんは生きてる時はグレイなので、グレー=grisと言うんだそう。
海老とエゾバイ、毎日でもいいくらい大好きなので飽きません。
FotoJet (349)
お次は茹でアーティーチョークのヴィネガー添えです。
圧力鍋でシュシュシュが始まったら7分煮て火を止めます。
あとは蓋が自然に開けられるまで放置。
今回はドレッシングをいつものと変えてみたのですが、
これがアーティーチョークにと~っても合っていて大成功。
旦那は「デリシュー」だと絶賛で1人でほとんど食べてしまいました。
「デリシュー」はなかなか出ない最大級お言葉なので嬉しいのですが、
ま、ま、まさか全部食べちゃうとは思ってもみませんでした。
もう1個茹でておいてよかった…。それは夜にいただきました。
FotoJet (350)
そしてお魚はサーモンのポワレ、ほうれん草と人参のソテー添えです。
ポワレが自分で美味しく焼けるようになったので、
嬉しくてついまたサーモンを解凍。
今回もさらにコツがわかってきて皮がパリッパリ!
旦那は皮が好きじゃないのですが、これはパリっとしてて美味しい、
と全部食べてくれました。
ポワレ家作りはもう大丈夫かもしれません。
FotoJet (351)
お肉もありまして、シャロレー牛のステーキに王道フリットと王道インゲンソテー添え。
ソースは作らずいつものお気に入りのゲランドの燻製塩で。
お塩が美味しくて手軽過ぎてソースはたま~にでいいかな、と思っています。
インゲンソテーもやはりステーキに合います。
でも何気にごはんにも合うので近々レシピを作りたいと思っております。
ちなみに全部2人で半分こずついただきました。
あ、アーティーチョークはほとんど食べられちゃいましたが…。

あ~んど。この日のプティット・メメリリットです。
FotoJet (352)
相変わらずの恐がりちゃんでパパママがごはんの時は、
茂みやカヌーの後ろや庭の端っこの方でこっちを見ています。
メメリリおいで~、と言うとすんごい速さで逃げていきます。
でも食いしん坊なので、何かくれそうな時はさっと来て食べてさっと逃げます。
そして皆で眠る時は躊躇せずぴょこんとママの脇に入ってきてストンと寝ます。
お布団の中で撫でて欲しくてお手てツンツンもしてくるのです。
メメたん、その落差はいったいなーぜ?
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (310)
マルシェから帰ってきての週末ごはんのご紹介です。
まずはクレオール店で買ってきた揚げたてのタラのフライ。
実はマルシェで通りかかった雑貨屋さんのムッシューが
つまんでいて美味しそうだったので、それ何ですか?って聞いたら、
食べさせてくださって、あそこのだよ、って教えてくださったんです。
で、お店に行ったらちょうど揚げているところだったので、
作り方を眺めながら材料もだいたい教えてもらって。
難しくないしおつまみにいいので
近々自分でも作ってみようと思っております。
FotoJet (311)
お次は人気フランス総菜屋さんで買ってきたシャルキュトリー(豚加工肉)で、
品質がよいと言われているブルターニュのゲネム産のアンドゥイユです。
アンドゥイユとは豚の腸をぐるぐる巻いて燻製にしたソーセージ。
歯ごたえがあっておつまみにグッド。
ちょっとモツの歯ごたえと似てるかな。
FotoJet (313)
野菜も食べなくちゃということであるもので簡単に作った麦のサラダ。
子供の頃は麦とか玄米とか噛んでも噛んでも飲み込めなくて嫌いだったけど、
今は大好きになりました。
毎日のごはんは黒米たっぷりのものをいただいております。
FotoJet (314)
これもフランス総菜屋さんで買ってきてシャルキュトリーで豚タンのテリーヌです。
コリコリ歯ごたえがいいんですよねぇ。
お店特製のさっぱりドレッシングもよく合います。
FotoJet (316)
メインは丸鶏のスモークローストで、
週末まとめ買いの時にドイツ系スーパーマーケット「リドル」で買っておいたもの。
何と5ユーロしなかったんですよ。フランスは丸鶏、安いです。
しかもいただいた後の鶏ガラはシャトルシェフに入れて一晩煮て鶏ガラだしに。
昨日も作ってすぐ冷凍しておいたのですが、
これで作った醤油ラーメンは旦那の大好物。
オペラ地区の日本のラーメン屋さんはどこも結構なお値段なので、
我が家はこの残り鶏ガラで十分かな、と思っております。
でも日本でだったらちゃんとラーメン屋さん行きたいな~。
美味しい東京風ラーメンとピリッとした味噌ラーメンが食べたい!
日本のラーメンは最高です♪

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (268)
週末ごはんのご紹介です。
まずはもやしを洋風で作った1品。
レンジで簡単なわりになかなか美味しかったので、
これは近々レシピをご紹介させていただきます。
ちゃんとフォトもしておいたんです。よかった~。
FotoJet (269)
久しぶりにズッキーニの花の天ぷらです。
今年は旦那が家庭菜園をほとんどしなかったので、
この花は最近お気に入りのスーパーで買ってきたもの。
そこがとにかく種類が豊富で新鮮。
マルシェにもないような世界中の珍しい野菜や果物があったりするし、
お魚も新鮮なものが真空パックになって売られているんです。
今はフランスでも生でお魚を食べる場合は
ほとんどが一度冷凍した方がいいと言われているので、
そのまま冷凍庫に入れられるのも便利。
先週末もお買い得になっていた鯛をお刺身用に買っておきました。
食べるのが楽しみで~す。
FotoJet (271)
そしてこれは私だけの1品で、
生牡蠣とエゾバイ貝の盛り合わせです。
これもそのスーパーで買ったもの。
ちなみに牡蠣はブルターニュのもの、と言いたいところですが、
ブルターニュよりもう少し下がったマレンヌ=オレロン産の牡蠣。
全部1人で美味しくいただきました。
FotoJet (270)
生牡蠣を食べない旦那には、
ムール貝のエスカルゴ風を。
喜んでくれていたのでよかったです。
FotoJet (272)
メインはソーセージをひき肉がわりにしたトマトのファルシーです。
とは言ってもファルシー用に売っていたひき肉チックなものに
パン粉を混ぜて少し塩胡椒で味付けして詰めてオーブンで焼いただけ。
フランスのファルシーはよくソーセージが使われるのですが、
うまみが出てこれがなかなか美味しのです。
お肉大好き旦那は2個、私は1個いただきました。
ということで、だんだん肌寒くなってきたここパリ郊外。
あと何回お庭ごはんが出来るかな、なんて思っています。
秋よ、ゆっくり静かに来ておくれ…。
ってかこのフォトじゃお庭だか中だかわかりませんね。
今気が付きました。はは。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (197)
週末ごはんのご紹介です。
まずはマルシェで買ってきた大好物のトリュフ風味のロースハム。
しっかり1品になるよう少し厚切りにしてもらいました。
トリュフが香るだけでなぜこんなに美味しくなるのでしょう。
魅惑の香り~。
FotoJet (194)
お次は卵が残っていたので使わなくちゃと、
今年の夏、我が家でよく作っていたオムレツにしました。
あるものが入っているのですが、これが美味なんです。
これは簡単なので近々レシピをご紹介させていただきたいと思います。
FotoJet (195)
メインはちょ~っと見辛いのですが、
市販の魚のスープに千切りサボイキャベツとエゾバイ貝を合わせたもの。
このレストランでいただいたものをちょっとだけマネしてみました。
超パリっぽい庶民派マルシェ&日本人シェフのレストランでランチコース
ドレッサージュがいまいちなのですがお味は大丈夫。イケました♪
簡単なので我が家のエゾバイ貝の定番になりそうです。
でも次回はもうちょっとドレッサージュを美しくしたいです。
………………………………………………………………………
あ~んど。
日暮れが暖かめだったので、お庭でバータイム。
FotoJet (198)
これは8時半くらいかな。
もうほんとどんどん日が短くなっています。
とは言っても日本に比べたらずっと遅いんですよね。
もし今日本に帰ったら、この日が暮れる時間とか朝明けていく時間の感覚が
とても不思議に感じると思います。
日本に住んでいてヨーロッパに旅で来ていた時は逆だったんですけどねぇ。
FotoJet (200)
季節も暮らしもいつのまにかこっちスタイルになりました。考え方もかな。
でも、一番好きな食べ物はやはり、お鮨です。これは変わりませんねぇ。うんうん。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


FotoJet (90)
週末ごはんのご紹介でございます。
まずは旦那用おつまみでしてシャルキュトリー類の盛り合わせです。
左が「ジュ・ド・ポー(joue de porc)」でピクルス入りの豚のほほ肉のテリーヌで、
右はスペインのちょっとお高め生ハムサラミ類。
このハムたち、私も味見したのですが美味しかった~。
よいハム系はしょっぱくないな、といつも思います。
やっぱり安いのは塩で誤魔化してるのかな。
FotoJet (92)
それではお食事のはじまりでして、
丸ごと茹でたアーティーショー・ヴィオレ(artichaut violet)、
紫のアーティチョークです。
我が家は圧力鍋に水とレモンと一緒に入れて圧力がかかったら
7分くらいで火を止め、重しが外せるまで置いておきます。
あとは引き上げてドレッシングを添えて出来上がり。
フランスで一番ポピュラーで簡単なアーティーチョークのいただき方です。
FotoJet (95)
このアーティーチョークの外のガクをむいていって、
そのガクの根本にドレッシングをつけて、
葉でしごきながらいただくのですが、
ホクっとしていてちょっとゆり根のような食感がいいんです。
今回の紫のがまたとても美味しかった~。
FotoJet (93)
ドレッシングは我が家はバルサミコ酢ベースにマスタードをプラス。
ちなみにこのドレッシングの器は昔のカフェやバーで支払い用に使われていたもの。
上に数字がついておりますが、これは支払い額が12フランということ。
お店の人がお客さんの前に置いて、お客さんがここにその額を置いたんだそう。
FotoJet (91)
お次は私の大好物のエゾバイ貝のマヨネーズ添え。
旦那は2個くらいしか食べないので私用と言ってもいいのでしょう。
ブルターニュでもお魚屋さんに行くと必ず買っておりました。
FotoJet (94)
エゾバイ貝を少ししか食べない旦那には買ってきたカニと小エビのサラダを。
下に結構な量のお野菜がしいてあります。
お手軽さを考えれば大丈夫。結構美味しいです。
FotoJet (96)
メインはシャロレー牛の赤身のステーキとフライドポテトで、
フランスの国民食「ステークフリット(steak frites)」。
最近はソースは作らずいいお塩を少しつけていただくのが我が家スタイル。
しょっちゅうご紹介しておりますがコチラのお塩です。
超おすすめのゲランドの燻製の塩
FotoJet (98)
そしてデザートは旦那が珍しいといって買ってきた果物、
「ウフ・ド・ブロントゾー(oeuf de brontosaure)」です。
これ、実は桃なんですよ。桃っぽくないでしょう?
私もはじめてで桃好きだし興味津々。
カブっと皮ごといってみたのですが、これが美味しいんですよ♪
なんか、ネクタリンとすももと洋ナシを合わせたような感じ。
歯触りがよくて大好きになっちゃいました。
少しだけお高いようですが果物は身体にいいですし、
旬の時だけですのでまた買ってきて欲しいです~。
ということでご紹介は以上となります。
パリは今週はお天気に恵まれて気温も結構上がるようです。
わ~い!

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ