オリジナルレシピ

FotoJet (17) - Copie

水曜ですが昨日に引き続き今日もレシピコーナーでして、
そして今日もレンチンレシピでして、
「レンジで簡単!ズッキーニと海苔のゴマ塩和え」のご紹介です。
前回ご紹介のレンチンのナスタルタルの生ハム巻きでやっぱりレンジ便利だな、
と思ったので、今度はたくさんあったズッキーニで昨日ちゃちゃっと作ってみたら、
レンジで1分30秒加熱であとは混ぜるだけで
全部で5分もかからず作れちゃうのだけど、
そのわりにあっさり美味しくてズッキーニも簡単に消費できていいかも、と。
で、ズッキー二が旬のうちにとにかく早めご紹介しちゃいましょ、と思いました。
さてさて、ゴマ塩というのが料理名についておりますが、ゴマ塩は、
味付けにゴマ油、具材も兼ねて白炒りゴマ、塩なので合わせてゴマ塩。
それに+隠し味的にちょっとの和風だしが入ります。
これでなんとなくあっさり感が出るので私はよく使う手。
作り置き副菜として冷蔵庫で保存しておいてもいいので、
そんなことでも便利な1品です。
それでは材料と作り方です。超~簡単です♪
……………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・ズッキーニを包丁で出来るだけ薄く輪切りにしたもの150g ★ゴマ油大1 ★和風だし小1/2 ★塩適量 ・焼き海苔1枚 ・白炒りゴマ小2

作り方
ズッキーニを耐熱容器に均等に入れ、ラップをふわっとかけ、レンジで1分20秒~30秒くらい加熱する。熱いので注意しながら取り出し、ラップを外し、水分が出て来るのでキッチンペーパーで包み、優しく水分をとって耐熱容器に戻し、味を見ながら★を混ぜ、
白炒りゴマと海苔もちぎりながら混ぜ、出来上がりです。

あ~んど。
夏野菜を使った簡単おかずも併せてご紹介させておいていただきますね。
どちらもあっさりとした美味しさです♪
ゴーヤとハムの和風だしナンプラー炒め
鶏胸肉とオクラの酒炒め、ライムの香り
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (15) - Copie
ここ数日曇天で、今年の8月はお天気に恵まれなかったねぇ、
なんて話していたのですが、今日はすっきり気持ちのよい青空。
なんかやっぱり秋の気配です…早っ…
さて火曜日ですがレシピコーナーで~す。
と言いますのも先週末は旦那が風邪っぴきでしたので簡単ごはんでしたし、
日曜マルシェも行けなかったので、
思いついててやってみたかったのを昨日作ってみたら、
あら、超簡単なわりに結構美味しいかも♡
となったので、じゃあ早速ご紹介しちゃおう、と。
ということで「レンジ蒸しナスのタルタル、生ハムロール仕立て」です。
これ、ナスはレンチンしてタルタルにして後は生ハムで巻くだけで、
15分くらいで出来ちゃうのですが、生ハム以外は結構お手軽材料で、
そうですねぇ…
料理が苦手な方でもラクに楽しくなる楽うまフレンチオリジナル。
ああがいいかな、こうしてみようかな、とマネっ子なしで、
またはアレンジなんかの場合はそれも相手の方に失礼のないように、
そして自分の中でもクリアになるよう説明を忘れないようにしながら
一生懸命考えてるので、そこのところこれからは宜しくです。
すみません、話がそれましたが、さて、調理ポイントですが、
レンチンナスタルタルがとってもとろ~っとしたタルタルなので生ハムで巻く時に、
ラップで海苔巻きのようにくるっと巻いていただくこと。
ラップなしだと巻きにくいですがラップを使えば大丈夫です。
それから生ハムは、その薄さとタルタルの食感バランス、
そして塩気のバランスがちょうどいいので、一重巻きがベスト。
薄~い生ハムからとろっとタルタルが出るのがいい感じです。
なので塩気も、生ハムとタルタルに入れるアンチョビの塩気を考え、
タルタル自体の塩気はちょっと足らないかな?くらいがちょうどよいと思います。
あとでマヨソースも添えますのでね。このソースも大事です。
あ、それと、レンチン時間ですが、
ナスの大きさやお使いのレンジで加熱時間も変わってくると思うので、
それぞれで調節なさってくださいませ。
ちなみにフランスのナスは大きめなので、今回1つが350gで4分加熱でした。
ということでここまで書いたのですが、ふと、
生ハムのナスタルタル巻きレシピ、あるかしら、と思い今検索してみたら、
目白のイタリアンのシェフさんのレシピでありました~。ガ~ン。
でもほんとまったく見てなかったですし、作り方も味付けもまったく違うので、
そこのところは大丈夫自信を持ってです。
でもシェフさんはグリル焼きナスで丁寧に作ってらっしゃいますねぇ。さすがです~
ま、ま、レンチン簡単よん、ってことで。へへ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………
材料(6個分)
・ナス350g ・EXVオリーブオイル大1 ・アンチョビのみじん切り小1くらい ・完熟プチトマトの粗みじん切り8個分 ・塩胡椒適量 ・あればイタリアンパセリなどのフレッシュハーブのみじん切り小1 ・生ハム3枚(60gくらいだと思います)を真ん中半分に切って6枚にしたもの ・マヨネーズソース適量(マヨネーズを白バルサミコ酢でのばしたもの、または白ワインヴィネガーと少しのハチミツでのばしたもの) ・ルッコラやベビーリーフ、レタスなど軽くひとつかみ ・白バルサミコ酢または白ワインヴィネガー少々 ・あればパルメザンチーズか粉チーズ少々

作り方
ナス以外の材料を切る、マヨネーズソースを作る、など準備をしておく。
ナスの皮をスライサーでむき、ラップで包んで4分くらい加熱し、取り出して(熱いのでやけどに気をつけてください)粗熱がとれたらラップから出して、へたを取って包丁で粗みじんにする。水分が結構出るので、ザルに移し、水分をしっかりめに切る。タッパーに移し、EXVオリーブオイルとアンチョビ、プチトマト、あればハーブみじん、味を見ながら塩胡椒を軽くして混ぜる。※冷めたら冷蔵庫で冷やしてもOKです。
まな板にラップをしき、その上に生ハムをおき、②のナスのタルタルを1/6量くらい、生ハムの上、手前にのせ、海苔巻きを巻くようにラップでくるりと巻き、そっと盛り皿にのせる。これをあと5個作り、同じように皿にのせていく。
空いたところに、ルッコラかベビーリーフを白バルサミコ酢でさっと和えたものを添え、あればパルメザンを散らし、マヨネーズソースも添えて出来上がりです。

FotoJet (16) - Copie
彩りでピンクペッパーなど散らしてみましたが、
これはもうぜんぜんなしなしでOK。
でも持っていると色がなんか足らない時、便利ですよ!

あ~んど。
ナスを使ったレシピ2つも併せてご紹介させておいていただきますね。
あ、今気がつきましたけど、コチラはどちらも野菜だけでヘルすぃです。
ナスのポタージュ・ヴルーテ、クミンの香り
夏野菜の重ね焼き、タイムの香り

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (22) - Copie

昨日ご紹介させていただいた
トマトとレタスのカッペリーニ、ほんのりバター醤油風味
が洋なので、これをちょっと和の風味&素麺のお手軽材料で
やってみようと思い、出来たレシピを金曜日ですがまたご紹介コーナーでして、
「豚トマトレタスのぶっかけ素麺、あっさりうまみレモン醤油風味」です。
ということで早速お料理の説明を。
トマトとレタスはまた使いました。でもまったく同じ材料じゃちょっとあれなので、
トマトと豚肉の組み合わせが好きで合うのもわかっていたので今回は豚肉もプラス。
味付けも昨日の白ワインバターはなしで、パルメザンもなしで、
そのかわり日本酒と和風だしとレモン汁、そしてお醤油だけはかぶってます。
お醤油、ほんと使えるヤツです♡
フランスの料理人さんたちもよ~くお醤油を隠し味的に使ってるんですよ。
で、美味しいだろうな、とは思っていたけどやっぱり美味しく出来ました!
旦那も美味しい美味しいとお箸でつるつるあっちゅう間に完食。
噛んでないのが気になりましたけどね…
ま、だからこんな説明いろいろさせていただいましたが、
カッペリーニと素麺ってかなり近いので昨日のレシピでも今回レシピでも、
お好きな方でお試しいただけたらと思います。
あと豚肉を入れなくても美味しいだろうな、と思うので、
お肉避けたい方は抜いていただいてもいいですし、
ああ、ツナやサバ缶にしてもいいかも。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。
………………………………………………………
材料(2人分)
 ・完熟トマトのざく切り350g ・豚コマ又は薄切り100g ・レタス100g ・包丁の背でつぶしたにんにく1片分 ・オリーブ油大2と1/2 ・日本酒25ml ★醤油大1と1/2 
★レモン汁大2~3 ★和風だし小1/2 ★塩胡椒適量 ★きび砂糖2つまみ ・素麺2束 ・お好みで白炒りごま少々 

作り方
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ中火よりやや強めの火で炒め、香りがたったらトマトを入れ、さっと炒め、日本酒を入れ、軽く煮たら、豚肉も入れ、8分通り火が通ったらレタスを加えさっと混ぜ、味を見ながら★を入れ、すぐ火を止める。
素麺を茹で、ザルに上げしっかり湯を切って、器に盛り、①の豚トマトレタスたれをたっぷりかけ、お好みで白炒りごまを振って出来上がりです。
………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


FotoJet (20) - Copie
今日はかなりのぐずぐずお天気なパリ。
でも日本の関東がなんか16日間続けての雨で肌寒かったそうで、
そしてまた今暑さが戻っていているとか。
パリも6月の一時期の暑さがら一転。7月8月は寒い日もあって。
うちのチワワっ子坊やがその度に少し食欲が落ちては戻る、を繰り返しております。
みなさまも激しい気温差などでどうぞ体調など崩されませんように。
さて、木曜レシピコーナーは夏に美味しい極細パスタのカッペリーニを使って、
「トマトとレタスのカッペリーニ、ほんのりバター醤油風味」のご紹介です。
トマトはまあ定番として、レタスを使ったのはただたんにたくさんあって、
サラダだけじゃ食べきれそうになかったからでして、
そして入れてみたらシャキシャキとなかなかよくて。
で、かさも減るし繊維もたくさんとれていいかもいいかも、と。
でもそういった栄養面だけじゃありませんよ。
味も自分で言うのはずずしいと思うのですがかなり美味しいです!
ほんのりバター醤油、とつけておりますが、ほんと隠し味的存在でして、
トマトの酸味、甘み、白ワインのうまみと混ざって奥の方でなんとなく感じるくらい。
がっつりトマトソースとは違う何とも言えない優しいうまみのトマト系。
+最後にかけるパルメザンもいいお仕事です。
でもパルメザンないわ、でしたら粉チーズでもちろんOKですし、
レタスを青梗菜やほうれん草なんかにしていただいてもいいですし、
あとカッペリーニをスパゲティーにしていただいても美味しいと思います。
あるものをどうぞ利用なさってくださいませ。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。
………………………………………………………
材料(2人分)
・完熟トマトのざく切り汁ごと350g ・レタスのざく切り100g ・包丁の背でつぶしたにんにく1片 ・オリーブオイル大2と1/2 ・辛口白ワイン25ml ・醤油大2/3~大1くらい ・塩胡椒適量 ・バター20g ・パルメザンチーズ適量 ・カッペリーニ180g

作り方
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、中火よりやや強めの火にかけ炒め、香りがたったら、トマトを入れ、炒め、白ワインを入れ、トマトが崩れるくらい煮る。
レタスを加え、さっと火を通したらいったん火を止めておく。
カッペリーニをアルデンテに茹でよく湯を切り、①に入れ、再び火にかけ、味を見ながら醤油と塩と胡椒をし、火を止め、最後にバターを入れ、さっと混ぜ、バターを溶かす。
皿に盛り、パルメザンを散らして、出来上がりです。

FotoJet (21) - Copie
夏の美味しい完熟トマトでリコピンもたくさんとってくださいね~。

あ~んど。
今の季節におすすめのパスタと家にある材料で出来るパスタも
合わせてご紹介させておいていただきますね。
大好評いただいております→Cpicon オクラとベーコンのバター醤油スパゲティー by milketmoi
超~お手軽材料です→Cpicon 玉ねぎとベーコンの鰹だし風味スパゲティー by milketmoi
梅とバター、合うんですよ♪→Cpicon 鶏肉と葱のあっさり梅バタースパゲティー by milketmoi
冷凍魚介でお手軽に→魚介のスパゲティー、オイスターレモン風味

………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


FotoJet (77) - Copie

少しの前の週末ごはんの時に作って美味しかったので近々レシピを、
とお伝えしてありましたスープのレシピご紹介でして、金曜日ですが、
「キュウリとレモンの冷製クリームスープ」でございます。
何のスープでしょう?なんて少し前のその時書いてみちゃっていたのですが、
キュウリだったのです~。
キュウリ?しかもクリーム?って思われる方が
ジャポンだと結構いらっしゃるかと思うのですが、
この2つ、ここフランスでは定番の組み合わせ的でして、
キュウリと生クリームのシンプルなサラダ、
「コンコンブル・ア・ラ・クレーム(Comcombre à la crème)」
というのはお惣菜屋さんには必ずといっていいほどおいてある1品。
なのでこのスープ、フランスじゃそれほどにはびっくりじゃあないはず。
ま、かといってスープとなるとちょっと珍しいかもですが。
で、今回はレモンもたっぷりめに加えてそこんとこmoiちゃんオリジナルチック。
レモン好きなのでね、なんかす~ぐレモンぎゅっと絞りたくなっちまうんですよね。
そして絞ると、やっぱり美味しくなった!が多いのです。
さて調理ポイントですが、これも簡単すぎてありません。
火は使わずただ材料をミキサーにかけて冷やして、
レモンの皮とあればハーブをトッピングするだけ。
キュウリの食べ物って言うと先ず、キュウリの浅漬けとか古漬けとか、
冷やしたぬきにのった千切りとか、キュウリとワカメの酢の物とか
(タコが入ってるとなお嬉しいわ♡)
を、思い浮かべる思いっきりジャポンなあたしですが、
たまにはこんな「お」フランスなスープもなかなかです。
これは「ど」じゃないですね。雰囲気的に「お」。
さすがにごはんや麻婆豆腐や(好きだけど)
茶色い煮物なんかだと(好きだけど)合わないので、
パンやパスタなんかに合せていただけたらと思います。
それでは材料と作り方で~す。
………………………………………………………
材料(2人分)
・皮ごと輪切りにしたキュウリ70g ・生クリーム(リキッドタイプ)170ml ・中レモン1/2個分のレモン汁 ・中レモン1/2個分のレモンの皮のすりおろし(2/3量はスープに1/3量はトッピング用) ・EXVオリーブオイル15ml ・塩胡椒少々 ・あればハーブのみじん切り(バジル、ミント、ディル、シブレット、パセリ、青ネギなど)

作り方
ミキサーにキュウリと生クリームを入れ、ガ~ッと攪拌してなめらかになったら、レモン汁とEXVオリーブオイルを入れ、軽く攪拌して、レモンの皮2/3量と味を見ながら塩胡椒をし、スープをタッパーに移して冷蔵庫で冷やす。
いただく時はまずよく混ぜて(水分が下に沈んでいるので)器に入れ、
残りのレモンの皮とハーブを散らし、出来上がりです。
………………………………………………………
あ~んど。
冷製ではないのですが我が家の定番ポタージュも
併せてご紹介させておいていただきますね。
干し椎茸ポタージュは我が家の大がつく定番でかな~りうまうまです!
人参ピーマンの方はピーマン特有のクセがなくなって
苦手な方でもいただきやすく、お子さんにもよいかな、と思います。
Cpicon 干し椎茸のポタージュ by milketmoi
Cpicon 人参とピーマンの優すぃ味ポタージュ by milketmoi
………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


↑このページのトップヘ