オリジナルレシピ

R0011027
3年くらい前に植えた我が家のぶどうが毎年元気に育って、
今年は実が豊作。
R0011029
数えたら14房、育っています。
果物の中で特にぶどうと桃が大好きなので
安心無農薬だし嬉しい♪
R0011030
柔らかい葉ももっさもさ!
これはあれを作るしかない!
と旦那が圧力?をかけるので作りましたよ~。
R0011022 - コピー
ギリシャの料理、ぶどうの葉のファルシー「ドルマダキア」。
中にはごはんが入っております。
毎回作る時にちょっとずつ味付けや混ぜるものを変えているのだけど、
今回はシンプルにごはんには玉ねぎとイタリアンパセリだけ。
そして煮汁はBIOの野菜ブイヨンと一緒に
たっぷりの白ワインを使ってみました。
そして時間をかけてじっくり煮。
そしたらこれがお店のみたいに美味しく出来たんです♪
がんばって2時間くらいかけて50個くらい巻いたので、
失敗したらショックだったのだけど成功で、ほっ。
ご近所さんにもおすそ分けして、
何?日本料理?とか聞かれたので、いえ、ギリシャ料理です、って。
そして大好評だったんです~。
なので、まだまだ葉っぱがたくさんあるので、
あともう1回だけがんばって作ろうかな、と思っております。
ギリシャ総菜屋さんで買うと1個3ユーロとかなんですもん。
家で出来るものはなるべく家家!
しか~し、来週はとてもじゃないけど作れないと思います。
なぜなら、何とパリはまたカニキュール(3日以上続く猛暑日)が来て
気温41度の日があるとの予想が!
びっくり!パリで41度ですよ!ありえな~い!
やはりもう地球は人間動物のせいでおかしいです。
とにかく覚悟。そして心と身体の準備。
母ちゃんはべべっ子たちを水風呂に入れようと思っております。
がんばろう。でも恐ろしい…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009580 - コピー
本日2つめのレシピ
「蒸し鶏と生姜と塩もみキュウリのゴマ油レモン醤油和え」のご紹介です。
最近、キュウリを買うと、こればかり作っているくらいのお気に入り。
作るきっかけはカニキュールのきっつい時、ああ、塩もみキュウリ食べたい!
と思ったから。でもちょっと工夫してオリジナルな塩もみキュウリな1品を、と。
で、地味レシピに出来上がりましたがあっさりで美味しいんですよ~。
調理ポイントは鶏肉をレンジで加熱する際、
お酒も使うので端っこが少し開いてる感じでラップをすること。
お酒の煮切りと蒸し鶏を一緒にやっております。
あとは一緒に加熱したたっぷりの生姜と塩もみキュウリと調味料を混ぜるだけ。
薄味仕上げですが生姜の風味とキュウリのしゃきしゃき食感がよいんです。
超和食副菜ですが旦那も美味しい♪と大喜び。生姜好きですからねぇ。
あ、欧米の水分の多いキュウリの場合でしたら、
中の水っぽいところを取りぬいてから薄切りにしてください。
日本のキュウリでしたらそのままで大丈夫。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・火が通りやすいよう薄くした鶏むね肉60g(塩少々、薄力粉小さじ1) ・生姜の千切り35g 酒大さじ2 ・キュウリ200g ★ゴマ油大さじ1 ★レモン汁大さじ1 ★醤油大さじ1

作り方
キュウリは薄い輪切りにして塩を振って15~20分くらいおく。
水分が出たらぎゅっとしっかりしぼっておく。
キュウリを置いている間に、鶏肉に()のものをまぶす。
耐熱容器に生姜の千切り、鶏肉、酒を順に入れ、
端っこが少しだけ開くようふわっとラップして1分20秒くらい加熱する。
※薄さとそれぞれのレンジで加熱時間は調節してください。
ラップをしたまま置いて冷ます。
冷めた鶏肉をほぐし、煮汁ごとの生姜と塩もみキュウリを混ぜ、
★を味を見ながらお好みに混ぜる。
すぐ食べると生姜の辛みがぴりっとしっかりめ。
タッパーに入れ冷蔵庫に入れてからいただくと、
生姜の辛みがかなり抑えめになります。
とにかくあっさりで食欲がない時でも美味しくいただけます!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0010976 - コピー
本日のレシピパート①のご紹介で、
「海老とアボカドとフルーツのご馳走サラダ」です。
先週パリのパラスホテル(5つ星の最高級ホテル)に行っ…いや、行ってないのですが、
ある方のブログで、パリの某パラスホテルのサラダの写真を見たら、
めちゃくちゃ綺麗で美味しそうだったんです。
しかも、わたくしの大好きな海老入り。
で、これ食べたい!と思い、家で作ってみたのです。
なので再現は実は見ためだけなんですよねぇ~。
あちゃ~、思った方、申し訳ないっス。でもでも美味しく出来ました!
具材は写真で見たらだいたいわかるのだけどドレッシングが分からなかったので、
ここはmoiちゃんオリジナルの、ヨーグルトレモンハチミツドレッシングを。
これが海老の風味やまったりとしたアボカド、桃やキーウィの甘さに合います。
調理ポイントは切って盛り付けてドレッシングをかけるだけなのでありません。
海老をスモークサーモンやお刺身用の鯛、生ハムなんかにしても美味しいと思います。
それと桃とキーウィをメロンやオレンジ、苺に変えていただいてもOK。
(実はお店のはメロンだったのですがメロンが苦手なので変更しました)
おしゃれで華やかなのでおもてなしにもよいかと思います。
仕上げに彩りを兼ねてお店ではかかっていないピンクペッパーをかけましたが、
なくてもぜんぜんOK。でももしあったら少しかけると風味のアクセントになります。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・レタスのざく切り2つかみ ・完熟アボカド1個(レモン汁大さじ1) ・完熟の桃1個 ・完熟キーウィ1個 ・プチトマト6個くらい ・ラディッシュ2個 ・殻をむいて背ワタをとった茹で海老7~8尾 ★EXVオリーブオイル大さじ4 ★白ワインヴィネガー大さじ1と1/2 ★レモン汁大さじ1 ★プレーンヨーグルト大さじ1 ★玉ねぎのすりおろし小さじ1 ★ハチミツ小さじ1/2 ★塩と胡椒適量 ・もしあればピンクペッパー少々

作り方
アボカドは皮と種をとり、くし形に切り、レモン汁を振りかけておく。
桃は皮が気になる場合はむき、種をとり、一口大に切る。
(皮と実の間が一番甘いので気にならない方はそのまま使ってください)
キーウィは皮をむき、薄切りにする。
プチトマトは半分に切る。ラディッシュは薄切りにする。
★をよく混ぜ合わせておく。
大きめの皿にレタスをこんもりと盛る。
その上にアボカド、桃、キーウィ、プチトマト、ラディッシュ、海老を綺麗に散らす。
もしあればピンクペッパーをつぶしながらかける。
いただく直前にヨーグルトレモンハチミツドレッシングをかけて召し上がれ~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0010292 - コピー
レンジで超簡単に出来る「トマト味噌バターソース」のご紹介です。
カニキュール(3日以上続く猛暑日)が来ていた時、
家が暑くなる火を使うのがいやで、
なるべくレンジで簡単にということばかり考えていたんです。
そんな時に思いついたもの。
レンジで作るトマトソースレシピはたくさんあるのですが、
味噌とバターが入るものがなかったので作ってみました。
そしたら全部で6分加熱するだけなのだけど、
味噌でコクが出てバターで酸味がまろやかになって、
玉ねぎの甘さとあいまってなかなか美味しい♪
6分で出来るなら満足なお味かと思います。
味噌とバターと言っても隠し味的なのでくどくありません。
調理ポイントはですので味噌とバターを入れること。それのみです。
今回は具材にサバ缶を使いましたが、
ベーコンやハム、ツナ、お肉にしていただいても美味しいと思います。
その際は素材によって火の通りだけご注意ください。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(ソースは4人分、パスタは2人分)
・にんにくのすろおろし1個分 ・玉ねぎのみじん切り60g ・オリーブオイル大さじ3 ・トマト缶1缶 ★味噌大さじ2 ★醤油大1/2 ★酒か白ワイン大さじ2 ★お好みで赤唐辛子適量 ・バター15g ・サバ缶100g ・お好みのパスタ140g

作り方
①トマト味噌バターソース編
耐熱容器ににんにくと玉ねぎ、オリーブオイルを入れ、さっと混ぜ、
ふわっとラップしてレンジで3分加熱する。
ラップを外し、トマト缶をつぶしながら入れ、★も混ぜ、ラップなしで3分加熱する。
ここにバターをちぎって混ぜ、溶けたらOK。トマト味噌バターソースの出来上がり。
ただし具材を入れる場合はこのバターは、具材を入れて加熱した後、
最後に混ぜてください。

②具材を入れる編
今回は具材にサバ缶を入れます。
①のトマト味噌バターソースが出来たら、
サバをほぐしながらソースにさっと混ぜる。
ラップなしで1分加熱して、最後にバターを混ぜて出来上がり。

③パスタに使う編
パスタをアルデンテに茹で、よく湯を切り、
トマト味噌ソースと和えて出来上がり。
R0010302 - コピー
しっかり味のソースなので混ぜる量は味見しながらお好みに加減してください。
おろしチーズをかけてもグット。
仕上げにEXVオリーブオイルを少しかけるのもおすすめ。
R0010300 - コピー
混ぜないでかけてもOK。
で、このソース、実は半分くらい残ります。
パート②で別アレンジレシピをご紹介させていただきます。
それも超簡単なわりにイケます♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009520 - コピー
本日のレシピパート②でございます。
少し前に火を使わずすぐ出来るこのレシピをご紹介させていただきました。
1分で美味肴!アボガドとクリームチーズとネギのわさび和え、海苔添え
そのちょっとだけアレンジ版のご紹介で、
「ラディッシュとクリームチーズとネギのわさび和え、海苔添え」です。
実は、アボガドで美味しかったので、その時にもう、
クリームチーズと合うラデッシュでも大丈夫だろう、と思っていたのです。
いくつかこの組み合わせレシピを作っていたものですから。
それらがコチラです。
Cpicon ラディッシュとクリームチーズタルティーヌ by ルロワ・モワ
ラディッシュとクリームチーズとわさびのタルティーヌ
わさびクリームチーズをはさんだ生ハムとラディッシュの一口アペリティフ
で、早速ラディッシュでもささっとお試し。これもイケます。
調理ポイントは切って混ぜるだけなのでありませんが、
1つだけアボガド版と違うのが、
今回は醤油も少し使っております。
と言いますのも、ラディッシュが淡泊なので、
醤油で少しだけ風味を足しました。
オイルはオリーブオイルでもゴマ油でもお好きな方で。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・ラディッシュ50g ・クリームチーズ50g ★細ネギまたはシブレットの輪切り大2~3 ★EXVオリーブオイルまたはゴマ油大1 ★ワサビお好み量 ★醤油小1/2くらい ・焼き海苔2枚を四つ切に切ったもの

作り方
ラディッシュを輪切りにする。クリームチーズを小さく切る。
この2つと★をさっと混ぜ、器に盛る。
スプーンと海苔を添えて出来上がりです。
海苔にのせてくるっと巻いて召し上がってください。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ