オリジナルレシピ

IMG_0142 - コピー
前回記事のお庭平日ディナーで
→「9月の庭で旬のジロール茸とミラベルの簡単ディナー
ご紹介させていただいた「ジロール茸とじゃがいものソテー」でございます。
いつもはジロールは簡単にパスタにすることが多かったのですが、
何か違うものをと思い、ネットで検索。
それで簡単で美味しそうだったこのレシピをお試ししてみました。
思った通り、美味しいです♪じゃがいもと合います~。
調理ポイントは、タイトルにも書かせていただいておりますが、
ジロール茸の処理。
基本的にジロールは洗わず、小さなナイフか布でゴミや砂を優しく丁寧にとります。
ただし、砂が多いものは、さっと洗った方がいい場合があります。
絶対洗っちゃだめ、と思いこんで、時間をかけて丁寧に取っても、
調理したら砂が結構残っていて結局食べれない、
ということがあるんですよね。
特に小さめのジロールは砂が残りやすいな、と、
今までの経験で感じます。
でも長く水につけないでください。とにかくさっと洗って砂だけとったら、
キッチンペーパーなどで優しくしっかり水気をとってください。
ちなみに、今回マルシェで買ったジロールは小さくなく砂も少なかったので、
布で丁寧にとっただけで砂がちゃんととれておりました。
それでは材料と作り方です。

………………………………………………………………

材料(2人分)
・じゃがいも200g(オリーブオイル大さじ2、塩胡椒少々) ・ジロール茸150g ・エシャロットのみじん切り30g(または玉ねぎ) ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・オリーブオイル大さじ1 ・バター10g ・塩胡椒適量 ・パセリの粗みじん大さじ2~3くらい

作り方
オーブンを220度で予熱開始。
じゃがいもの皮をむいて小さめの角切りにする。
耐熱容器にじゃがいもを入れ、()のものを混ぜる。
オーブンに入れ、220度で30分くらい焼く。
※それぞれのオーブンで時間を調節してください。
その間に。ジロール茸のゴミや砂を小さなナイフなどで、
優しく丁寧に取りぬく。
これを大きなものは食べやすく切る。小さなものはそのままで使う。
フライパンを中火よりやや強めの火で温め、
オリーブオイル、バター、にんにくを入れ炒め、香りがたったら、
エシャロットを入れ、しんなりするまで炒める。
ジロール茸を加え、火加減に注意してこげないよう気をつけながら、
12~3分炒め、塩胡椒で味付けする。
火を止め、パセリを加え、さっと混ぜる。
じゃがいもが焼けたらオーブンから出す。
容器の底にじゃがいもくっついていたら、ヘラなどでとる。
このじゃがいもに炒めたジロール茸をさっと混ぜる。
もう一度味をみて足らなければ塩胡椒をする。
お皿に盛って出来上がりです。

………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0012962 - コピー
本日2つめの記事となります。
超シンプルな醤油味の炒め物が食べたくて作ってみたら、
思った以上に美味しくて旦那にも大好評。
それがこの「豚バラとピーマンと人参の醤油だけ炒め」です。
生姜とにんにく、お酒で風味を出しておりますが、
味付けは醤油だけ。
でもこれが素材の風味を引き出してくれていいんです~。
調理ポイントは豚バラに薄力粉をつけてカリっと焼いたら、
一度取り出しておくこと。
その後、同じフライパンで野菜を炒め、豚バラを合わせます。
これで豚のカリカリがしっかり残って美味しい。
いつも私のレシピはあっさりめが多いですが、
これは少しガッツリ系。食べ盛りの男たちも喜んでくれると思います。
日本のピーマンはフランスにはないので、
緑のパプリカで代用しておりますが、
ピーマンがあればピーマンの方が美味しいと思います。
逆にピーマンが苦手な方は緑パプリカで。
どうぞあるもの、お好みのものを使ってくださいませ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………


材料(2人分)
・一口大に切った厚めの豚バラソテー用150g(塩胡椒少々、薄力粉大さじ1) ・一口大に切ったピーマンか緑パプリカ100g ・薄切りにした人参60g ・生姜の細切り10g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・サラダ油大さじ1+大さじ1 ・酒大さじ2 ・醤油大さじ1と1/2~

作り方
豚肉に()のものを順にまぶす。
フライパンを熱し、サラダ油大さじ1をなじませ、
中火より強めの火で豚バラを両面カリっと焼き、皿にいったん取る。
同じフライパンにサラダ油大さじ1を足し、
中火よりやや強めの火で生姜、にんにく、赤唐辛子を炒める。
香りが出たら、人参を入れ、軽く火が通るまで炒める。
ピーマンを加え、炒め合わせたら、酒を振り入れる。
豚肉を加え、醤油を味をみながら振り入れ、さっと炒め合わせればOK。
お皿に盛って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0012576 - コピー
本日2つめの記事となります。
最近はパリ郊外我が家の近所のごく普通のスーパーでも、
豆腐が売っている時代でございます。しかもBIOの。
柚子胡椒も買えるようになって。
→「ついにパリ郊外スーパーで買えるようになった日本の特別な調味料
私が渡仏してきた10年前とはかなり変わって便利になっております。
ということで、そんなBIOのお豆腐を使って、
「レンジ30秒美味ソースで。豆腐とアボカドのカルパッチョ」のご紹介です。
料理名通り、ソースはレンジで簡単チン。ですがイケます!
調理ポイントはアボカドは完熟を使うこと。
そしてトマトはレンジ加熱せず生を後で混ぜることです。
このソースは我が家の定番ガーリックアンチョビ生トマトソースを、
レンジで作れるよう簡単アレンジしたものですが
ぜんぜん美味しいので、他にもいろいろ使えそう。
また何か出来ましたらご紹介させていただきますね。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………


材料(2人分)
・食べやすく切った木綿豆腐200g ・食べやすく切った完熟アボカド1個分(レモン汁大さじ1) ・いいお塩と粗びき黒胡椒適量 ・トマトの粗みじん切り30g ★オリーブオイル大さじ1 ★にんにくのみじん切り小さじ1/2 ★アンチョビオイル小さじ1 ★アンチョビのみじん切り3枚分 ★お好みで赤唐辛子の輪切り適量  

作り方
アボカドに()のものをかけておく。
耐熱容器に★を入れ、さっと混ぜ、
ふわっとラップしてレンジで30秒くらい加熱する。
トマトを入れ、さっと混ぜる。
皿に豆腐を並べ、軽く塩と粗びき黒胡椒をかける。
その上にアボカドをのせる。
①のソースをかけて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0012794 - コピー
本日2つめ記事となります。
簡単にお庭でバーベキューごはんが多かった我が家の8月バカンス。
で、気に入ってよく作ったのが今回ご紹介の、
「我が家のハチミツ醤油スパイスマリネのポークソテー」です。
マリネ液は何度か試行錯誤して出来たmoiちゃんオリジナルの合わせ調味料。
玉ねぎすりおろし醤油ハチミツにカレー粉やパプリカパウダーも入れますが、
これは隠し味的なもの。
全部が合わさって、ほんのり甘辛の美味しいポークソテーになります。
あ、バーベキューって言いましたけど、
フライパンで焼いても美味しくいただけます。
調理ポイントはとにかく記載の分量の調味料で一晩マリネすること。
そしてフライパンソテーだったらたれもほどよくからめながら焼くこと。
バーベキューだったら焼いてる間に何度かたれにくぐらせること。
これでお肉が柔らかくなってたれがしっかりしみこみます。
ごはんにもパンにも合いますし、お弁当のおかずにもグッド。
つけだれに漬けたままバーベキューに持っていってもOK。
ジャポンだとこれからがバーベキュー本番ですね。
ぜひお試しくださ~い。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・豚ロース肉またはソテー用バラ肉100g×4枚 ★白ワインまたは酒大さじ3 ★玉ねぎのすりおろし大さじ4 ★にんにくのすりおろし1個分 ★醤油大さじ大さじ2と1/2 ★ハチミツ大さじ3 ★カレー粉大さじ2 ★パプリカパウダー大さじ2 ★粗びき黒胡椒適量

作り方
タッパーに豚肉と★を全部入れ、手でもみ込む。
冷蔵庫で一晩マリネして、油をしいたフライパンで両面色よく焼く。
またはバーベキューで焼く。
サラダなどを合わせてどうぞ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0012791 - コピー
前回ご紹介させていただいたタイ旅で再現のmoiちゃんガパオ。
オイスターソースなしが美味な我が家ガパオごはん
人数が2~3人分になっておりまして、
よっぽどの大食いじゃない限り2人で食べると1人分くらい残ります。
その残ったのを利用してもう1品作ってみまして、
「レンジ蒸し茄子のエスニック風」のご紹介です。
茄子が残っていたので合えばいいな、くらいな気持ちで、
ささっと作ってみたのですが、あっさりとしたレンジ蒸し茄子に
程よくパンチのあるエスニックな風味がイケます。
調理ポイントは茄子の皮をむいていること。
トマトもなのですが、皮があるのとないのとでは
口あたりも風味もぜんぜん違うんですよね。
他にポイントはございません。
ガパオの具もですがレンジだけで作れます。
それでは超簡単ですが材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・オイスターソースなしが美味な我が家ガパオごはんの具の1/3量 ・皮をむいて1㎝くらいの輪切りにした茄子250g(サラダオイル大さじ2、塩少々) ・粗くきざんだピーナッツ大さじ4くらい

作り方
茄子を耐熱容器に入れ()のものをまぶす。
ふわっとラップをして4分加熱する。
取り出し、出てきた水分をしっかりめに捨てる。
皿に茄子を並べ、軽く塩をする。
ガパオの具をのせ、ピーナッツを散らして出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ