オリジナルレシピ

FotoJet (477)

フランスが勝ちましたね~。
フランスチームは華があるけど、
実は地味ながらベルギーの方がすごいんでないの~、
な~んてちょっと思っていたものだから、フランスほんと強いんだ、ってびっくり!
で、試合が終わった途端静まり返っていた外の通りが、
クラクションだの何やら騒ぎ声だので騒々しくなりましたよ。
フランス各地も盛り上がったよう。シャンぜリゼもすごかったみたいです。
それはまたこの後ちょっとご紹介させていただきますね。
ということでまずは木曜レシピコーナーでして(覚えてる方少ないと思いますが)
冬の終わりくらいだったかしら。
超シンプル材料で作ってみたポルトガルのスープ
「カルド・ヴェルデ」風のじゃがいもとキャベツのスープが美味しかったので、
今の時期に合わせ冷製にしてみたら、これも美味だったのでご紹介です。
じゃがいもの冷たいスープと言えばヴィシソワーズが思い浮かびますが、
このスープは生クリームも牛乳もコンソメも〇〇だしも使っておりません。
でも、じゃがいもの優しい風味ととろみ、
そしてサボイキャベツのシャキシャキ食感がアクセントになってていいんです。
調理ポイントはなのでやはりサボイキャベツ。
これが入らないともの足りない味になっちゃうと思います。
サボイキャベツがなければ普通キャベツの千切りでもOK。
それとあえて胡椒は使わず優しい風味を大事にしております。
ポルトガル料理ってそれほど何でもかんでも胡椒は入れないんですよね。
で、これはお子様も大丈夫なのでご家族皆さんで召し上がっていただけます。
ガラスの器やかわいいグラスに入れればちょっとしたおしゃれな夏の1品になります。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・サボイキャベツの千切り70g(普通キャベツでもOK) ・水600ml ・塩小1/4) ・玉ねぎの薄切り50g ・皮をむいて薄切りにしたじゃがいも200g ・塩適量 ・EXVオリーブオイル大1+少々

作り方
小鍋に水を入れ、沸かし、沸騰したらキャベツと塩を入れ、
蓋をして中火で柔らかくなるまで15分くらい煮て火を止めておく。
別鍋を中火よりやや強めの火にかけ、オリーブオイルと玉ねぎを入れ炒める。
しんなりしたら①の煮汁だけ加える。
※キャベツは後で加えるので入れない。
ここにじゃがいもを入れ、蓋をして柔らかくなるまで煮る。
これをミキサーにかけ、ポタージュ状にし、鍋に戻す。
残しておいた煮キャベツを加え味をみながら塩をする。
この時とろみがあり過ぎだったら水と塩で少し調節する。
温かいのも美味しいのですが、今は暑いので、
冷ましてから容器を入れ替え、冷蔵庫で冷やす。
あればガラスの器かグラスに入れ、
EXVオリーブオイルを少したらして出来上がりです。
………………………………………………………………………

あ~んど。
昨夜、試合終了直後のシャンぜリゼの様子がTVで放送されました。
FotoJet (517)
左にはインタビューに答えているオリヴィエ・ジルー選手の映像。
イケメンだしプレーしてる姿はかっちょいいしで、
一見セクシーやんちゃ系に見えますが、
話をする様子は落ち着いていてちょっと控えめにも感じました。
意外です。ちょっと好感度大♡
グリーズマンは見た感じのまんまでやんちゃっぽくてかわいかったです。
FotoJet (518)
それにしてもシャンゼリゼはまるで年末のカウントダウンのよう。
フランスの勝利を喜んだ人々が繰り出して大騒ぎになっていましたよ。
FotoJet (519)
でもこんな時はスリも多発!そしてメトロは大混雑!
FotoJet (520)
日曜日の決勝戦の時はどうなることやら。
エッフェル塔も大画面が設置されるとかで、もしフランス勝ったら、
パリのあちこちですごいことになりそうです~。
でもとりあえずは今夜のイギリス対クロアチア戦観戦。
ってかクロアチアの選手の名前ってほとんど〇〇ッチだから頭がこんがらがっちゃう~。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (476)

スーパーにわかなくせしてサッカー観戦に夢中なものですから
今回もレシピコーナーとさせてくださいませ。
んですが、美味しいです♪
しょっちゅうお邪魔させていただいているコチラのブログで、
→「Music Arena
紹介されていた横浜伊勢佐木町のイタリアンレストラン、
→「CHIKI CHIKI&TAN TANO@吉田町
のスパゲティーが美味しそうだったし食べたことない味っぽいし、
しかも自分海老好きだし、ということでマネして作ってみたんです。
そしたらこれが美味しかったんですよ~。
なので、ブログ作者さんprimex64さんに了解をいただきましてレシピをご紹介。
って自分実際にお店でいただいてないのでえらそなことは言えないのですが。
味ポイントは最後にたらすゴマ油もですが、
最初からゴマ油使うんじゃなくオリーブオイルでペペロンチーノスタイルで作っていく、
ってことと、海老、サボイキャベツ、生トマトという具材組み合わせも、
これまたいいんだと思います。総合で美味仕上がりになってると思います。
アンチョビとお酒使いはうまみも出そうと思ってmoiちゃん流で、
言われなくても言われてもわからない程度ですが、
うまみ出しの手助けになってると思います。
海老も入りますしお家パスタと言うよりお店パスタな感じで、
ちょっとスペシャル感があります。特別な時用でもいいかも。
たとえば、パスタ好きの彼氏に週末作ってあげるとか、
パスタ好きの彼女に作ってあげるとか、
自宅にママ友を招いてサラダをつけたパスタランチとか、
あとは…義理のお姉さまが、今日ちょっとお昼に寄らせていただくわ、ってな時に、
簡単なのに、お姉さんに、むむむ、やるわね、と思わせちゃいたい時とかね。
なんちってなんちって、ぷぷ。
っつかお店の味知らないのに再現とかずずしいかも。
よし、タイトルにイメージをつけておこう!
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・サボイキャベツのざく切り60g(普通キャベツでもOKですがサボイの食感が◎) ・ブラックタイガーなどの海老10尾くらい(頭と殻と背ワタをとって塩でもみ洗いし水気をよくふいたもの)または小エビでもOK ・生トマトの角切り100g ・オリーブオイル大2 ・包丁の背でつぶしたニンニク1個 ・アンチョビのみじん切り2枚 ・赤唐辛子の輪切り1本分~(お好み量) ・酒または白ワイン大2 ・スパゲティーのゆで汁お玉1/3くらい ・塩適量 ・仕上げ用ゴマ油小2 ・あればパセリのみじん切り適量 ・スパゲティー180g 

作り方
スパゲティーを茹で始め、2、3分経った頃にキャベツも入れる。
フライパンを中火よりやや強めの火にかけ、
オリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、アンチョビを入れ、香りがたつまで炒める。
海老も加えさっと炒めたら酒を振り入れる。
スパゲティーが茹で上がっていなければいったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったらゆで汁をとってから、
よく湯を切り、②にキャベツごと入れる。
再び火にかけ、ここで手早くトマトも加えさっと混ぜる。
味をみながら手早くゆで汁と塩でお好みに調味する。
仕上げにゴマ油を入れさっと混ぜる。
皿に盛り、あればパセリを散らして出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (396)
FotoJet (397)
続きましてパート2は巻くだけ春巻きです。
オクラ&生ハム天ぷらはすでにレシピをご紹介済みでして。
Cpicon オクラと生ハムの天ぷら by ルロワ・モワ
この組み合わせ揚げが美味しいのはわかっていたので、
残り春巻きでもやってみたんです。
ちょうどヤングコーンもあったので両方。
そしたらどちらもとても美味しかったのです!しかも天ぷらより簡単!
簡単過ぎなので材料と作り方もざっくりご説明。
少し前にご紹介させていただいたこのレシピの作り方に生ハム+しただけなのですが。
→「パプリカだけ春巻き
四つ切りにした春巻きの皮かまたはワンタンの皮で、
5gくらいにした生ハムとオクラ、またはヤングコーンをくるくるっと巻いて、
水でといた薄力粉ののりで巻き終わりを止めて、あとはさっと揚げるだけ。
ちなみに上フォトがオクラと生ハム春巻きで
下のが+ヤングコーンと生ハム春巻きも混ぜたもの。
春巻きの皮からちょっと出てる部分は揚げると少し変色しますが、
中は綺麗色だし味もなんも問題なしです。
生ハムの量は多いと生ハムの味の方が強くなって、
せっかく旬で美味しいオクラとヤングコーンの味が負けちゃうので5gくらいがベスト。
ちょっとだけいいお塩をつけていただくと美味しいです。
おつまみにはもう最高ですよ~。ビールがいいかなぁ、これは。
(っつうことは生ハムとヤングコーンの天ぷらも美味しいってことね。やってみましょ)
ということでパート2レシピは以上となりま~す。
ではでは良い週末を。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (405)

最近は野菜だけ料理が続いていたので、
たまにはお肉も、ということで、でも豆腐も入っておりますが、
「豆腐と鶏肉の海苔巻きつくね醤油七味風味」のご紹介でございます。
これを作るきっかけは、ある料理サイトを見ていたら
似たような照り焼き系鶏のつくねばかりレシピアップされていたので、
なんで照り焼き系ばかりなんだろう、と不思議だったこと。
甘辛も美味しいけどあっさり塩系醤油系も美味しいですからね。
それでちょっと別味のあっさりつくねを考えてみようかな、と。
で、何度も試作して出来た味噌とマヨネーズとチーズを混ぜた
しそ入り豚つくねはクックパッドで以前ご紹介させていただいていたので。
Cpicon しそ入り味噌マヨチーズ入り和風豚つくね by ルロワ・モワ
それとはまったく違う味のもの、と思いついたのが、
海苔巻きにして醤油七味風味にしたちょっとおせんべいチックな豆腐つくね。
でも最初の試作では、中に七味を混ぜたら七味の味が弱くなっちゃったのです。
なので二度目試作ではつくねはシンプルな薄い塩味だけにして、
焼き上がりの最後に少~しだけ醤油をたらして焦がし醤油風。
あ~んど、出来上がりに七味をかけてみたら、
こっちの方が七味がしっかりきいて美味しかったんです。
これでも結構細々いろいろとやってみているんですよ。へへへ。
で、これはおかずにもいいけどおつまみにもイケます♪
日本酒にも合いそうです~。ああ、ポンシュ飲みたい!
久しぶりにオペラのアジア食品屋さんで冷酒買ってこようかな。
うん。そうしようそうしよう。
調理ポイントは柔らかめのつくねたねなので、
手で丸めずスプーンですくって海苔の上にのせて巻いて、
どんどんフライパンに入れて焼いちゃうこと。これ丸めより簡単なくらいです。
ということで、この海苔巻きつくねシリーズ、鶏でも豚でも、
いろいろ味のアレンジできそうなので美味しいのできたら、
またご紹介させていただこうと思っております。
それとちょびっとレシピがたまっているので、
この後続けてレシピコーナーパート2を更新したいと思います。
あ、フランス対ウルグアイ戦ですけど大丈夫。
しっかり観るために昨夜記事書きがんばりやした!
予約投稿です!キリッ。しかしちょっと鼻ふがっ。
どっちかなぁ。どっちも応援したいなぁ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(8個分くらい)
★木綿豆腐100g ★鶏ひき肉100g ★酒小1 ★ネギのみじん切り10g ★しょうがのすりおろし1かけ分 ★塩小1/4 ★胡椒少々 ★片栗粉大1 ・焼き海苔を8等分に切ったもの ・サラダ油小1(ゴマ油でも美味しいです) ・醤油小1弱 ・七味唐辛子適量 

作り方
★をよく混ぜスプーンで8等分に分けておく。
フライパンを中火よりやや強めで温め、サラダ油をしく。
タネをスプーンですくって海苔にのっけるように巻き、
フライパンにどんどん入れていく。
両面色よく焼けたら鍋肌から醤油を回しかけ、ゆすってつくね全体になじませる。
皿に盛り、七味を振りかけて出来上がりです。
…………………………………………………………………………
それではわたくし応援準備態勢に入らせていただきたいと存じます。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1160476 - Copie

日曜日は何と気温が35度まで上がったパリでございます。
ここ数年で以前より湿度も上がってきていると感じるので、
日本を含めアジア圏の夏と少し近くなってるなぁ、と思います。
でも冷房はありませんで、なくても今はまだ乗り切れる感じです。
ただしパリの古いアパルトマンの最上階の屋根裏部屋なんかは、
かな~り暑くて冷房ないとキツイと思います。
我が家も小さな屋根裏部屋があって、旦那のブロカント&アンティークコレクションルームになっているのですが、夏の暑い日はまあ暑い。しかも踏み場もない感じでして。
なのでほとんどその部屋には入りませんが、カビは恐い。
あ、これ更新したらちょっと窓開けて換気してきましょう!
さて、前回週末ごはんの時の冷たいスープのレシピを早速ご紹介でして、
「青唐辛子入り!トマトジュースでガスパチョ風スープ」です。
ガスパチョはスペインの夏の代表的スープで
私も初めていただいたのはスペインのアンダルシアを旅した時だったのですが、
さっぱりしてるけどにんにくの風味がガツンときいて新鮮びっくりしたものです。
スペインではマクドナルドでもガスパチョがありましたよ。
で、日本に帰ってきて自分で作るようになりました。
切ってミキサーでガーッ!するだけなので難しいことは何もないんですよね。
でも今回のはミキサーも使いませんで、トマトジュース使い&切って混ぜるだけ。
超簡単です!が、美味しいです!
調理ポイントは味ポイントにもなるのですが、青唐辛子を入れたこと。
これが味を引き締めてくれていいんです。
いや、私もガスパチョに青唐辛子入れたの初めてで、
冷蔵庫にあったので入れてみたのですが、やってみるものです。
このレシピでは入れた方が断然美味しいです。
でも辛いので大人さん向けですね。
ちなみにほんと思いつきで入れたのですが、ネットで検索してみたら、
青唐辛子入りガスパチョ、結構ありました。
やっぱ皆さんわかってらっしゃる~。
夏野菜は数種類使ってますがそれぞれ量は少なめなので、
何か作った時の残りで十分です。
あ、カッペリーニか素麺入れても美味しいかも。
それもちょっとやってみるみることにしましょう。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・トマトジュース200ml ・トマトの角切り25g ・キュウリの小さな角切り25g ・赤黄色のパプリカの小さな角切り合わせて25g(1種類でもOK) ・ズッキーニの角切り25g ・玉ねぎのみじん切り20g ・パクチーまたはパセリなどハーブのみじん切り大2プラス飾り用少々 ・青唐辛子のみじん切り2本分くらい(お好み量で) ・にんにくのすりおろし1かけ分 ・EXVオリーブオイル30ml ・レモン汁大3と1/2くらい ・レモンの皮のすりおろし小1くらい ・白ワインヴィネガー大1 ・きび砂糖2つまみくらい ・味をみながら塩適量
※フランスもですが中に種と水分の多いキュウリの場合は
その部分を取りぬいてから角切りにしてください。

作り方
全部を混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やして出来上がり。
ガラスの器に入れてハーブを飾ると涼し気で見た目も素敵です♪
………………………………………………………………………

あと3時間で日本対ベルギー戦が始まります~。
今回の試合は有料放送契約なしのわが家でも観戦できるので家で応援♪
嬉しいぞ!それにしても日曜の2試合すごかった!
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ