オリジナルレシピ

R1132766 - Copie
今日金曜日もまたレシピをご紹介させてください。
と言いますのも、試作を何度かやっていたものがや~っと、
これでいいだろう完成しまして、
そして日本がすんごく暑いということで食欲が落ちてる方も結構いらっしゃるかな、
じゃ、さっぱりあっさりめのこのツルツルを早めご紹介だ!と、
ま、こう思ったのでございます~。
で、もう言っちゃいますが、結構かなり美味しいと思います!
同じものを続けて食べるのは好きじゃない旦那も、
試作を何度も食べさせられ?ても飽きずにツルツルしておりました。
あ、以前は音を立ててツルツルっと麺を食べる妻に注意していたのですが、
本場のジャポンではラーメンとそばとうどんは音を出して食べるんだ、
と主張する妻の意見を取り入れ、今じゃ自分も音を出して食べております。
(あ、でもこれはパスタのカッペリーニ…ま、いっか)
さて、調理ポイントですが、特に大きいのはないのですが、
トマト味噌味にパクチ―を入れること&野菜にカレー醤油風味をつけること、
でしょうか。
トマト&味噌は大好きな組み合わせでときどきやっていて
このつゆもいけるからレシピにしようかな思い、一応ネットで検索してみたら、
トマト味噌組み合わせのつゆがいくつか出て来たので同じようなの出してもなと思い、
冷蔵庫にたっぷりあったパクチーが目に入ったので入れてみたら、いける!と。
なのでトマト&味噌&パクチ―組み合わせは他にはないと思います。
でもでもパクチー苦手だよ~ん、って方は
青ネギとか紫蘇とかにしていただいてもぜんぜんOKでございます。
R1132767 - Copie
そしてお野菜(&麺)の方ですが、
はじめは茹で野菜にしてみたのですが物足らなかった。
今度は塩胡椒味の焼き野菜にしてみたけどこれも何か物足りなかった。
で、カレー醤油にしてみたら、これならいいな、と。
カッペリーニをつゆにつけていただき、交互に野菜はそのまま食べていただくと、
なかなか悪くない組み合わせいただき方かなと思います。
あともう1つ、小さポイントが。忘れてた。
それはつゆにもカレー粉を隠し味的にちょっとだけ入れてること。
いただいていくうちに奥の方でちょ~っとだけカレーの香りがするような、
そんな程よい感じな感じでございます。
麺はですね、素麺でも食べてみたのですが、それも美味しいんですが、
やはりカッペリーニが一番合うかなと思います。
トマトの入ったつゆだからでしょうかねぇ。
これで書き忘れたことはないっぽいかしら。
(長いね長いねごめんなさい)
それでは材料と作り方です。わりかしお手軽材料で簡単です♪
……………………………………………………………………
材料(2人分)
・にんにくと生姜のみじん切り1かけずつ ・玉ねぎのみじん切り60g ・オリーブオイル大2+1((出来ればEXVオリーブオイル) ・水250ml ・トマトピュレ200ml ・青唐辛子の輪切り1本分~、または赤唐辛子1/2本分~(お好み量に加減してください) ・パクチーの粗みじん切り20g~(もっと入れても!) ★味噌大2強くらい ★ナンプラー大1/2強 ★醤油大1/2 ★カレー粉小1/2 ★和風だし小1/2 ★中華だし小1/2 ★きび砂糖または砂糖3~4つまみ ★粗びき黒胡椒適量 ・カッペリーニ180g 
・野菜(ナス、ズッキーニ、ピーマン、オクラ、ヤングコーンなど合いそうなお好みのもの)適量 ・野菜ソテー用オリーブオイル適量 ・カレー粉&醤油適量

作り方
材料を切るなどの準備をしておく。
小鍋にオリーブオイル大2、にんにく、生姜を入れ、中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ、炒め、しんなりしたら、水とトマトピュレを入れ、火を少し強めて、味を見ながら★をすべて入れ、ひと煮立ちさせたら火からおろし、そのまま冷ます。冷めたら青唐辛子とパクチーとオリーブオイル大1を混ぜ、容器を移し替え、冷蔵庫で冷やす。
野菜を食べやすく切り、オリーブオイルをしいたフライパンで焼き、
最後に醤油とカレー粉をしっかりめにふって味をなじませ、皿にとっておく。
カッペリーニをアルデンテに茹で、ザルにあげ水でしめ、
よく水気を切ってオリーブオイル少々を混ぜておく。
お皿にカッペリーニと野菜を盛り、別の器にトマト味噌パクチーつゆを入れ、
カッペリーニのお皿に添えて出来上がりです。

そしてこのつゆですが、
R1132777 - Copie
少し水で薄めて和風のガスパチョ仕立てにしてもなかなか悪くないです。
旦那がこのままでも飲みたがるんですよねぇ。

あ~んど。
今の時期にいいあっさりめアジアンヌードルと
旬のナスを使った甘辛丼も併せてご紹介させておいていただきますね。
全部結構おすすめです♪
Cpicon 手軽で簡単に*アジア風汁なし麺 by milketmoi
Cpicon 牛肉とビーフンのアジアンスープヌードル by milketmoi
Cpicon 揚げナスと豚ひき肉のスイチリソテー丼 by milketmoi

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


R1132758 - Copie
また木曜レシピコーナーがやってまいりました。早いです~。
日本はあちこちで梅雨明けもしてあっちぃようですね。
以前8月に一時帰国した際は、日本の久しぶりの強烈な夏にやられて、
あれも食べたいこれも食べたい、という夢が破れ、
結局ほぼ毎日ごはんと納豆とスーパーのお刺身を食べておりました。
ラーメンも食べまくりたかったのですが一度も食べれなかったですねぇ…
でも…ごはんと納豆とお刺身を毎日って…それまた夢ごはんでした♡
日本の皆さま、どうぞ水分をまめに摂って熱中症にお気をつけください。
私もパリの冷房のないメトロで一度経験ありですが、
あれほんっと死にそうなくらい辛いですからね。
さて、今回はブカティーニというパスタを使った夏パスタ
「魚介と夏野菜とベーコンのブカティーニ」のご紹介です。
ブカティーニ、あまり聞き慣れないパスタかと思うのですが、
スパゲティーより太めで中に穴があいていて、
これがちょっとコシのあるうどんみたいで美味しいんです!
(ってことはうどんでも美味しいかも…)
今回はこの食べ応えのあるパスタに旬の夏野菜と魚介とベーコンの組み合わせ。
魚介とベーコンって合うの?って思う方もいらっしゃるかもですが、
例えばポルトガル料理でも豚とあさりのアレンテージョ風なんていう
ポピュラーな1品があるくらいでして、これがなかなか悪くない。
たっぷりめの具材が存在感のあるブカティーニにからんでうましですよ~。
でももしブカティーニなんてないわ、な場合でしたら(その方が多いですね)
リングイネやタリアテッレ、スパゲティーでもOKです。
ボリューミィーですがあっさりとした美味しさなのであっちぃ日でも、
わりとするするっと食べれちゃうかな、って思います。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………
材料(2人分)
・半解凍した冷凍ミックス魚介(今回はムール貝、イカ、エビ)120g ・厚切りベーコンを食べやすく切ったもの(又は普通ベーコンでも)50g ・ズッキーニの角切り100g ・赤ピーマンの角切り70g ・トマトの角切り70g ・あればオイル漬けドライトマトの千切り20g ・黒オリーブ10粒くらい ・包丁の背でつぶしたにんにく1片 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ゜アンチョビー2枚の粗みじん切り ・オリーブオイル大2 ・辛口白ワイン50ml ・パスタの茹で汁お玉1/2~ ・塩胡椒適量 ・ブカティーニ180g 
・あればイタパセリなどのハーブのみじん切り少々

作り方
材料を切るなど下準備をしておく。ブカティーニを茹ではじめる。
フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、アンチョビーを入れ、
中火にかけ炒め、香りがたったら、少し火を強めにして、
ズッキーニ→赤パプリカ→ベーコン→トマト&ドライトマト→黒オリーブ→魚介
の順で手早く炒め、魚介に軽く火が通ったら、
白ワインを入れ、軽く煮て、いったん火からおろしておく。
ブカティーニがアルデンテに茹であがったら、ゆで汁をとってからよく湯を切り、
②に入れ、再び火にかけながら手早くさっと混ぜ、
ゆで汁で水分調節を少しして、味を見ながら塩と胡椒をし混ぜる。
皿に盛り、あればハーブを散らして出来上がりです。
……………………………………………………………………
あ~んど。
旬の夏野菜を使った他のいくつかのパスタレシピも
併せてご紹介させておいていただきますね。

ズッキーニが美味しい野菜だけのシンプルパスタ
Cpicon ズッキーニとマッシュルームのオレキエッテ by milketmoi
ゴーヤとバター醤油が意外にいけます。
Cpicon ゴーヤとツナのバター醤油スパゲティー by milketmoi
チーズとお醤油が合うんです!
Cpicon ピーマンとチーズのだし醤油スパゲティー by milketmoi
暑い夏でも食べやすい超あっさりミートソース
Cpicon トマトとレモンのミートソーススパゲティー by milketmoi
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


R1132630 - Copie

さて昨日に引き続き今日もレシピご紹介です。
というのも予定していた記事が書き終わらなかったので、
すでにできていたこちら記事を先に更新させていただくことにしました。
なので金曜レシピコーナーですね。
ということで今回は旬のズッキーニを使ってレンジで2分加熱の、
総調理時間5分くらいで出来る和食系1品
「ズッキーニの生姜豆板醤レモン醤油和え」です。
これ、我が家では定番でよく作っているものの1つ。
淡泊なズッキーニにピリ辛酸味のさっぱりあっさりたれがほどよく絡んで
超簡単なわりになかなかイケるんですよ。
よく書いておりますが、フランス人は辛いのが苦手な人が多く、
ちょっと辛いのでも、辛い辛い!となりまして、
あたしたち日本人からしたら、も~大袈裟なんだから~、って思うくらい。
旦那もそんな1人だったのですが今では辛いのをかなり克服してきていて、
これも結構辛めですがいつも、美味しい♪とすぐ完食。
でも言ったってジャポンの辛いのに比べたらそ~んなたいしたことないんですけどね。
なので辛いのがお好きな方は豆板醤の量をもっと増やしていただいてもぜんぜんOK。
お好みに加減してくださいませ。
それとこれ、作り置きも出来ますが、冷蔵庫に入れて冷やしちゃうと、
せっかくのズッキーニの柔らかな美味しさが冷たさに負けちゃうので、
出来れば冷やさないで召し上がって欲しいのです。
出来立てのほんのり温かいのも、冷めても冷蔵庫で冷やさなければ美味しいです。
それでは早速材料と作り方です。
……………………………………………………………………
材料(2人分)
・ズッキーニ1本(220gくらい) ・ゴマ油大1と1/2 ★醤油大1 ★レモン汁大1 ★レモンの皮のすりおろし1/4個分 ★米酢大1/2 ★豆板醤小1~ 生姜のすりおろし1片分~ ★きび砂糖小1/3 ★塩少々と粗びき黒胡椒適量

作り方
★をよく混ぜ合わせておく。
ズッキーニを包丁で薄~く切る。(スライサーでは薄過ぎてしまいます)
これを耐熱容器に入れラップをふわっとかけ、1分加熱し、
一度ラップを開け、火の通りが均等になるよう混ぜ、またラップをかけ、また1分加熱。
②にまずゴマ油を絡め、その後★も混ぜたらOK。
器に盛ったらたれもたっぷりかけていただいてください。


あ~んど。
ご好評いただいているレンジで出来るもの&簡単に出来る副菜も、
併せてちょっとご紹介させておいていただきますね。
ほんのりバターの香りもポイント→Cpicon 梅ツナきのこのレンジで簡単混ぜご飯 by milketmoi
超簡単でしかもノンオイル→Cpicon 豚もやしのノンオイル梅風味レンジ蒸し by milketmoi
おつまみにぴったり→Cpicon じゃがいもとクリームチーズの塩昆布和え by milketmoi
我が家定番のだし醤油使いです→Cpicon オクラのかつおだし醤油浸し by milketmoi
……………………………………………………………………

あ~んど②
本日7月14日、こちらフランスは革命記念日で祝日となっております。
シャンゼリゼではただいま軍事パレードの真最中でTVで放映中。

R1132634
ドナルド・トランプさんも奥様と出席されてますよ。
数日前にはこのパレードの練習のために、
フランス軍の飛行機が我が家の上空を通過したのですが、
その速さにちょっとびっくりしました!
普通飛行機もよく通過するのですが、それより2倍くらい速いように感じました。
あれだったらジャポンにも6、7時間くらいで行けるのかもなぁ、
な~んて思いました。
あ、なんか派手な戦車が出てきましたよ。
こういうの、男どもは興味あるんだろうなぁ…
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


R1132621 - Copie
今週の木曜レシピコーナーは、日曜マルシェのフランスお惣菜屋さんの
おすすめメニューの中にあった、
「Salade de Riz nicoise(サラダ・ド・リ・ニソワーズ)」で
「ニース風お米のサラダ」です。
日本ではあまりなじみのないお米のサラダですが、
フランスではお惣菜屋さんはもちろん、
スーパーにもキャロット・ラぺ(千切り人参のサラダ)やタッブーレ(中東のブルグルとパセリたっぷりのサラダ)と共によくおいてある定番の1品。
フランス人にとってお米は野菜感覚なので、それで出来たサラダかな、
なんて私は予想しているのですがどうなんでしょ…
ちなみに旦那も野菜と思っていて、お米は穀物で炭水化物だよ、
と教えたら、へ、そうなの?とびっくりしてて、それからは、
お米のことを「tansuikabutsu」とよく呼んでおります。
それもあり旦那は今ではごはんをパンのかわりにお茶碗に一杯は食べますが、
たとえば和食屋さんの定食のごはんを半分以上残すフランス人、結構多いですよ。
食事はスープ、メイン、サラダ、デザートなど順番で食べるのが基本スタイルなので、
おかずと汁とごはんを交互に食べるのが苦手、というか馴染まないようですし、
白米の美味しさもいまいちわからないのかな、と。
炊きたてのごはんの美味しさっていったらないんですけどねぇ。
さて調理ポイントですが、かために炊いたごはんを使うことくらいで、
あとは特になくてただ材料を混ぜるだけです。
材料も、今回はニース風なのでアンチョビーや黒オリーブ、ツナなんかの、
ニース風サラダの具材を使いましたが、
コーンやピーマン、ハムなんかを入れていただいても美味しいかと思います。
それとこれ、冷蔵庫に入れておくとさらに味が馴染んで美味しいので、
作り置きにしていただいても便利なんです。
ピクニックやちょっとした持ち寄りにもよいですよ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・かために炊いたごはん250g(今回は麦入りごはんを使いました) ・ほぐしたツナ缶35g ・水にさらして辛味をとって水気をよくふいた玉ねぎみじん切り20g ・歯応えが残るよう茹でて小さな輪切りにしたインゲン50g ・茹で卵3個(2個は粗みじん、1個は縦の四つ切り) ・プチトマト10個を半分に切ったもの ・赤パプリカの小さめ角切り50g ・黒オリーブ10粒の輪切り ・アンチョビーのみじん切り2枚分 ・あればドライトマトの千切り35g ・生バジルの葉の千切り6~7g分(イタリアンパセリなどでもOK) ★EXVオリーブオイル大2 ★白バルサミコ酢(又は白ワインヴィネガー大2と1/2 ★レモン汁大1 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★味を見ながらきび砂糖小1くらい(又は砂糖) ★にんにくのすりおろしほんの少々 ★味を見ながら塩胡椒

作り方
ごはんを水洗いしてぬめりをとりザルにあげ、よ~く水気を切り、
さらにキッチンペーパーで包み、さらに優しく水気をとる。★を混ぜ合わせておく。
四つ切りのゆで卵とバジルの葉以外の材料を全部ボールに入れ
①のドレッシングと一緒に全部さっと混ぜる。
器に盛り、とっておいたゆで卵をのせ、バジルを散らして出来上がり。
できれば冷蔵庫で2時間以上おいてくださいね。

あ~んど。
ニース風の定番サラダと麦やキヌアを使ったサラダも
併せてご紹介させておいていただきますね。
食べ応え十分美味しいですよ!→Cpicon 【家ビストロごはん】サラダ・二ソワーズ by milketmoi
れぽは少ないですがかなり美味です♡→Cpicon 麦と海老とりんごの爽やかなサラダ by milketmoi
パリの美味しいお惣菜屋さんの再現→Cpicon キヌアと麦とクランベリーのサラダ by milketmoi
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


R1132453 - Copie
昨夜は少しバタバタしました。
というのもチワワっ子坊やがお庭を歩いた直後、突然左足を痛がりまして、
痛いよ痛いよ、とクンクン鳴きまくって、見てみたら、
ミツバチの小さな針が刺さっていたのです。
で、すぐ抜き、すぐに救急で動物病院の先生に来てもらい手当。
呼吸などが落ち着いたので大丈夫とは言われたのですが、
その後、下痢をし嘔吐し、ただただ辛そうにクンクン鳴くばかり。
ちょっとしたことだけでもショックを受けやすい子なので
身体にはもちろん精神的にも相当こたえたよう。
今朝もまだ元気がなくて尻尾も下がったままでして
元に戻るのに2、3日はかかりそうです。
普段は猫ちゃんみたいに気まぐれ甘えん坊で気も強いのですけどねぇ。
ということで、安静にしてる坊やをちょくちょく見ながら
(あ、今大きなお目目でこっちをキョトンと見てます…)
木曜レシピコーナーの更新にまいります!
週末ごはんの時に作った、カンヌの星シェフのレシピをアレンジしたレシピ、
「桃と生ハムとインゲンのサラダ、はちみつレモンヨーグルトドレッシング」
のご紹介でございますす。
シェフのレシピはもっとシンプルだったのですが、
生ハムのうまみと塩気を足してリッチに、
そしてドレッシングを、我が家の果物を入れる時サラダの定番の
はちみつレモンヨーグルトドレッシングに変更してみました。
で、こっちの私風もとても美味しく出来たと思います。(かなり♪)
調理ポイントは新鮮な桃を使うことと、
インゲンを歯応えが残るよう茹でること、
くらいでしょうか。
それと、シェフさんが桃の皮もそのまま一緒に使っていたので、
私もよ~く洗ってそのまま使いです。
でも気になるようでしたらむいていただくか、BIOのものを使ってくださいませ。
それから生ハムのかわりにシンプル味の茹で鶏や茹で豚なんかにしていただいても
美味しいかと思うのでそれもお好みチョイスなさってください。
それでは材料と作り方です。簡単です♪
……………………………………………………………………

材料(2人分)
・桃小1個(100g) ・インゲン20g ・一口大に切った生ハム20g ・ローストスライスアーモンド(フライパンで乾煎りしたもの)10g ・玉ねぎの薄切り(水にさらして辛味をぬき水気をよくとったもの) ・べビーリーフ軽くひとつかみ ・パルメザンチーズ適量 ★EXVオリーブオイル大4 ★白バルサミコ酢(又は白ワインヴィネガー)大1と1/2 ★レモン汁大1/2 ★無糖ヨーグルト大1 ★ハチミツ小2くらい(味を見てお好みの甘さに加減してください) ★塩少々 ・粗びき黒胡椒適量

作り方
インゲンは塩を入れた熱湯で歯触りが残るよう1分30秒くらい茹で、
すぐ冷水にとって色留めし、水気をしっかりふき、食べやすい大きさに切る。
生ハム、玉ねぎ、スライスアーモンドもそれぞれ準備しておく。
桃はよく切れる包丁で2つに割り種をとり、皮のまま薄切りにする。
★のドレッシング材料をよく混ぜておく。
皿にベビーリーフをしき、玉ねぎを散らし、桃を左右に置く。
インゲン、生ハム、アーモンド、パルメザンを散らし、
最後に粗びき黒胡椒をガリガリしてサラダは出来上がり。
いただく直前にドレッシングをかけていただいてください。
彩りでピンクペッパーも散らしましたがなくて大丈夫です。
R1132458 - Copie
このほんのり甘いはちみつレモンヨーグルトドレッシングも美味しさポイント。
桃以外にも、ネクタリン、メロン、イチジク、スイカ、マンゴー、キーウィ、柿、苺などいろいろと合うので、旬のものやお好きな果物でお試しください。
ま、私はメロンは苦手なのですけどね…

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


↑このページのトップヘ