オリジナルレシピ

FotoJet (439)
前回のレシピコーナーでご紹介させていただいたこの卵とじ。
→「お揚げとほうれん草の卵とじ
この後、実は親子丼もレンジで美味しいのが作りたくて、
旦那が大好きな干し椎茸も使ってすぐやってみました。
そしたらこれがまた美味しく出来たんです♪
旦那なんか軽くうなってましたよ。そしてスプーンで早食いしてました~。
フランス人、甘みのある味つけ好きですからねぇ。
sushiもフランス独特?の甘い醤油で食べる人がいるくらいなんです。
でも、それはどうなの~、とジャポネのわたくし密かに思っておるんですが。
ということで、定番親子丼てだけでも美味しいのに、
ほんのり甘いだしがしみた干し椎茸がいいお仕事で親子丼によく合います!
自分も、レンジでこれが作れるなら今後レンジで十分だなぁ、と思いました。
調理ポイントは今回もやはり卵の火の通り。
前回卵とじと一緒で、2回にわけて入れますが、程よい半熟を意識して、
記載の加熱時間を参考にしていただきながら
お使いのレンジで様子を見ながら時間調節なさってください。
そして卵は途中で一度も混ぜないことも大事。
混ぜるとどうしても卵と汁が混ざリ過ぎていまいち。
混ぜない代わりに2回に分けて入れると思っていただくとよいです。
もう1つポイントは鶏肉に薄力粉を薄くまぶしておくこと。
これでたとえ胸肉でも固くなりませんし、汁にもきもちとろみがついて、
仕上がりに水っぽさを感じません。ごはんにものせやすいです。
干し椎茸を旬のきのこ類にしていただいてももちろん美味しいはず。
シメジとか舞茸とか生椎茸でももちろん…ああ、いいですねぇ。

あ~んど。
今回は干し椎茸の戻し汁で簡単なスープも一緒に作りました。
FotoJet (440)
煮るだけのわりにイケます♪具材は他のお野菜でもOK。
でも人参は自然な甘みが出て美味しいのでおすすめです。
もし2つとも作る場合は先にスープを作っておいた方がよいと思います。
で、親子丼出来立ての時に温めるって感じで。
それでは時短で簡単ですが材料と作り方です。
………………………………………………………………………

《親子丼用》材料(2人分)
・鶏肉を小さめに切ったもの80g(今回は胸肉を使っています) ・玉ねぎの薄切り40g ・6gの干し椎茸を水300mlで戻して軸を少し切って薄切りにしたもの(戻し汁も全部使います) ・薄力粉小1 ・卵2個(醤油小1/2、みりん小1/2) ★醤油大1と2/3 ★みりん大2 ★きび砂糖または砂糖大2/3 ★干し椎茸の戻し汁大2  ・温かいごはんお茶碗2杯分 ・お好みで七味唐辛子、海苔、三つ葉など(でもフランスには三つ葉ないんです…)

作り方
鶏肉に塩を少し振り薄力粉をまぶしておく。
★を合わせておく。卵に()のものを入れさっと混ぜる。
黄身と白身を混ぜ過ぎない程度の方が美味しいです。
小さ過ぎない耐熱容器に、玉ねぎ、干し椎茸、鶏肉を均等に入れ、
★を均等にかけ、ふわっとラップをし、2分15秒加熱する。
取り出し、鶏肉全部に火が通っていればOK。
通っていないのがあればあと10~20秒くらい様子を見ながら加熱して火を通す。
卵液の半量を均等に流し、ふわっとラップをかけ、
様子を見ながら50秒~1分15秒くらい、半熟が残っている程度に加熱する。
取り出し、残りの卵液も全部入れ、ラップをし、
様子をみながら50秒~1分15秒くらい、半熟が残っている程度に加熱する。
丼に温かいごはんを盛り、その上に②の半量をヘラで切って取り出しのせる。
もう1人分も作って、お好みで七味唐辛子や海苔、三つ葉をのせ、出来上がりです。
1人分で小さい耐熱容器で作る場合は加熱時間を少なめに調節してください。

《スープ用》材料(2人分)
・残りの干し椎茸の戻し汁 ・人参の千切り40g ・筋を取って食べやすい長さに切ったインゲン40g ・チキンブイヨン1/2個 ・和風だし小1/2 ☆酒大1 ☆醤油大1/2 ☆塩と胡椒少々 

作り方
小鍋に干し椎茸の戻し汁を入れ火にかけ
沸騰してあくが出たらさっと取り、
チキンブイヨン、和風だし、酒、人参、インゲンを入れ、蓋をし、
中火くらいにして野菜が柔らかくなるまで煮る。
味を見ながら醤油と塩胡椒をして出来上がりです。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (399)
本日はザ・日本の家庭の味な1品でして、
レンジで簡単に作る「お揚げとほうれん草の卵とじ」のご紹介でございます。
我が家は週末は旦那に合わせフレンチ中心洋風メニューが多いのですが、
平日は身体のために「和」が多くなります。
しかもほぼ肉なし魚はときどき。冷凍庫にはあるのですが、
解凍しないでも、あるものでどうしようか、と考えるのもちょっと面白いんです。
冷蔵庫がさごそして、でもあんまり開けておくと温度下がるから、
いったん閉めて思案してみたりなんかして。
今回のレシピもまさにそんな感じで出来た1品でして、
安かったほうれん草の大袋の残り、冷凍しておいた油揚げ、常備の人参と卵、
と、超お手軽材料。なので作るのもお手軽にレンジ使い。
で、いつも通り味見係の旦那に出して、キッチンからそっと様子を見ていたら、
「セ・ボン♪」と言って、あっちゅう間に完食。
ほんのり甘いだしと振りかけた七味のぴりっ、がかなり好みだったみたいです。
味覚がなんかめっちゃ日本人化していて、変なフランス人です~。
でも日本の家庭のお惣菜で、しかも派手じゃないけどほっとする味を、
外国人に喜んでもらえるっていうのは日本人として嬉しいものです。
地味な見ためでも味はいいでしょ、奥が深いでしょ、みたいなね。へへ。
さて、調理ポイントですが、やはり卵の火の通りでしょうか。
2回にわけて入れますが、程よい半熟を意識して、
記載の加熱時間を参考にしていただきながら
お使いのレンジで様子を見ながら時間調節なさってください。
この時のもう1つポイントは卵は途中で一度も混ぜないこと。
実は混ぜる版混ぜない版をやってみたのですが、
混ぜるとどうしても卵とだしが混ざリ過ぎていまいちなんです。
混ぜない代わりに2回に分けて入れると考えていただければよいかな。
ほうれん草を豆苗や小松菜、ニラにしても美味しいと思いますので、
身近なものを利用なさってください。
薄味ですがいいお仕事七味で物足りないということもないです。
これが美味しかったので、他の具材でも
また卵とじやってみようかな、と思ってるので、
うまくいきましたら、またご紹介させていただきますね。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・熱湯をかけ油を流した油揚げ1枚を一口大に切ったもの ・ほうれん草40gをラップに包んで1分加熱し水気をしぼってざく切りにしたもの ・千切りにした人参40g ・とき卵2個(醤油小1、みりん小1) ★水50ml ★醤油大1 ★みりん大1 ★きび砂糖または砂糖小1 ★和風だし小1/2 ・七味唐辛子お好み量

作り方
★を混ぜておく。さっと溶いた卵に()のものを混ぜておく。
※黄身と白身を混ぜ過ぎない方が仕上がりがよく美味しいです。
耐熱容器に人参を均等に並べ、ふわっとラップをし、2分~3分くらい加熱する。
十分柔らかくなればOK。出てきた水分をキッチンペーパーでしっかりふき取る。
油揚げとほうれん草、★を入れ、さっと混ぜ、ラップをし、1分30秒加熱。
いったん取り出し、溶き卵の半量を均等に回しかける。
ラップをし、1分15秒~1分30秒くらい、半熟が残っている程度に加熱する。
残りの卵を入れ、ラップをし、1分15秒~1分30秒くらい加熱する。
半熟が残っている程度がベストです。
仕上げにお好みで七味唐辛子をかけてどうぞ。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (501)

週末に合わせ、ちょっとおしゃれなかぼちゃレシピのご紹介でして、
「かぼちゃとカマンベールとナッツと蜂蜜のパイピッツア」でございます。
と、おしゃれだとか何とか言いましたが、
実はかぼちゃが冷蔵庫に残っておりまして、どうしようかなぁ、と思案。
と言いますのもフランスのかぼちゃ、水分が多いので煮物は向かないし、
和風でほっくりと美味しくいただくのが難しいので、
料理の幅がちょっとせばまっちゃう。
なので好きなんだけど、あればあるでたびたび調理に迷っちゃうんです。
で、思いついたのがこの簡単パイピッツア。
ちょっと前にご紹介させていただいたこのパイピッツアが、
イチジクとシェーブルのパイピッツァ
簡単で美味しかったので、二番煎じ的なんですけど作ってみたら、
旦那が1人でほぼ完食。
キッチンにいて、隣の部屋のテーブルで
この下のキッチンペーパーをがさがさたたむ音がしたので、
行ってみたら旦那全部食べててびっくりしました~。
美味しいし、軽い味わいなので食べれちゃったそう。
なので、わたくしは最初の小さな1切れ味見だけで終わりました。
味見しておいてよかった…。
調理ポイントはあらかじめかぼちゃをレンジで加熱しておくこと。
そしてフランスのかぼちゃを使う場合は皮が固いことが多く、
すでに書きましたが水っぽいので、レンジ加熱した後、
皮を切り取り、キッチンペーパーで水気をふきとること。
日本のホクホク美味しいかぼちゃは大丈夫だと思います。
ほんのり甘いかぼちゃとカマンベールの塩気とうまみ、
ナッツの歯ごたえ、蜂蜜の甘みが合います♪
もしピンクペッパーが準備出来るようでしたら
かけるとアクセントになってさらにグッドです。でもなければ粗びき胡椒でもOK。
それと、カマンベールをシェーブルチーズにしても美味しいと思いますので、
お好きなものをチョイスなさってください。
この組み合わせは大人さん向けなので、今の時期だと、
ハロウィンの大人パーチィーのおつまみにもよいかな、って思います。
それでは簡単ですが材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・かぼちゃの薄切り130gくらい ・カマンベールの薄切り130gくらい ・市販のチルドのパイ生地1枚 ・ローストスライスアーモンドまたは砕いたアーモンドやクルミなどナッツ適量 ・ピンクペッパー適量なければ粗びき胡椒をたっぷりめ ・あればフレッシュなハーブ少々 ・蜂蜜お好み量

作り方
オーブンを200度でしっかり予熱する。
キッチンペーパーの上にパイ生地をのせ、フォークで数か所穴を開ける。
これを十分に温めたオーブンで10分くらい焼いて取り出しておく。
オーブンはまた200度で温めておく。
かぼちゃを耐熱容器に入れ、ふわっとラップをかけ、
かぼちゃが柔らかくなるまで加熱する。我が家のレンジでは2分30秒くらいでした。
パイ生地の上に、かぼちゃ、カマンベールを均等にのせ、
200度のオーブンでカマンベールが溶けて、パイがいい色になるまで焼く。
焼けたら取り出し、ローストアーモンドまたはクルミなどを散らし、
ピンクペッパーであれば指でつぶしながら散らす。
粗びき胡椒ならがりがりたっぷりめにかける。
あれば彩りにハーブを飾って出来上がりです。
焼きたてに蜂蜜をかけて召し上がってください。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (441)

今日出来立てほやほやのレシピのご紹介でして、
「かぼちゃとねぎのブルーチーズグラタン」でございます。
なぜすぐご紹介かと申しますと、めちゃめちゃ美味だったのです~♪
旦那も、そう簡単に言わない言葉「デリシュー」を言ってくれまして。
でもわたくしも、自分で言うのもずずしいのですが、
美味しいなぁ、と思ったんですよ。
具材はシンプルでかぼちゃとネギだけ。ベーコンとか鶏肉とか入れてません。
でも入れなくて十分美味しいです。
かぼちゃの甘さと炒めてとろ~っとなった甘いネギが
クリームとあいまって何とも言えません。
今回は普通の溶けるチーズがなかったので、上にのせるチーズを
ブルーチーズにしてみたのですが、これがまたほんのりアクセントになってよいです。
でも青カビ系苦手な方もいらっしゃいますし、
普通の溶けるチーズでも十分美味しいと思うので、
身近なチーズをお使いください。
ただし塩分が多めのものは記載の分量より減らしてください。
調理ポイントは、かぼちゃをあらかじめレンジで加熱して柔らかくしておくこと。
そしてネギをしっかり炒めて甘みを十分引き出しておくこと。
もしフランスのかぼちゃを使う場合は皮が固いことが多く、水っぽいので、
レンジ加熱した後、皮を切り取り、キッチンペーパーで水気をふきとってください。
それでは簡単ですが材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・一口大に切ったかぼちゃ260g ・ネギの白いところ120g ・バター25g ・薄力粉大1 ・ブイヨン1個 ・牛乳100ml(我が家は豆乳で代用) ・生クリーム100ml ・塩胡椒適量 ・ブルーチーズ60g(溶けるチーズでもお好みのもので) ・パン粉適量

作り方
耐熱容器にかぼちゃを入れふわっとラップをし柔らかくなるまで加熱する。
我が家のレンジでは5分くらいでした。
ネギは3㎝くらいに切ってそれを縦半分に切る。
オーブンを230度で予熱開始。
鍋を中火にかけバターを入れ、ネギを炒める。
こげないように気をつけながらとろっと柔らかくなるまで炒める。
加熱したかぼちゃを入れさっと炒め合わせたら、
薄力粉を振り入れ、さっと混ぜて馴染ませ、牛乳とブイヨンを入れる。
軽く煮たら生クリームも入れ、味をみながら塩胡椒をする。
グラタン皿2つに②を半分ずつ入れ、ブルーチーズをちぎりながら等分にのせる。
パン粉を振りかけ、230度のオーブンで6~7分焼く。
焼き色が足らなければ最後に温度を上げ
1~2分焦げめがつくまで焼くいて出来上がりです。
オーブントースターでももちろんOKです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1162852 - Copie

我が家の庭の豊作のイチジクをせっせこ食べているここ最近でして、
今回は固くなりはじめた残りバゲットを使った、
「フレンチトースト、イチジクのキャラメリゼ添え」のご紹介です。
このレシピでイチジクのキャラメリゼがとっても美味しかったので。
イチジクとシェーブルのパイピッツァ
これシンプルなフレンチトーストに添えてもいけるだろうな、
とやってみたら思った通り、美味しかったのです。
ふんわりほんのり甘いフレンチトーストに
イチジクのつぶつぶ感がアクセントになります。
ちなみにご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、
フランス語でフレンチトーストは「パン・ペルデュ(pain perdu)」。
フランス人で嫌いな人いるかしら?と思うくらいフランス人は好きでして。
旦那も、私が卵液に浸したパン入りタッパーを冷蔵庫に入れてると、
あ、明日はパン・ペルデュだな♪と、どことなく嬉しそう。
言葉にはしませんけどね。ぷぷ。
さて調理ポイントですが、卵液に十分ひたすこと。
これはホテル・オークラの総料理長さんの
フレンチトーストポイントとしてよく知られております。
わたくしもこれを知ってからはいつも一晩冷蔵庫に入れてしみこませます。
あ、バゲットが残ってる。と言う時に
とにかくまず浸しちゃえばいいのでラクチンです。
我が家はバゲッドばかりですが、もちろん食パンでも美味しいので、
手軽なパンを使ってくださいませ。
お好みでハチミツやメープルシロップをかけて。
またはホイップクリームを添えても美味です。
ということで、話はちょっと逸れますが、
ホテルオークラ、建て替えをしているのを知ってびっくり。
1962年から続いていたというけれど、もったいないなぁ、と思ってしまいます。
フランスだと、歴史ある建物は残すことがほとんどですが、
それが難しかったのでしょうかねぇ。残念です。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・バゲット6~8切れ120gくらい ★卵2個 ★牛乳(我が家は豆乳で代用)200ml ★きび砂糖または砂糖30g ★バニラエッセンス少々 ・サラダ油小1/2 ・バター5g+5g 
・完熟イチジクの上のちょっと固い部分を切り取り縦半分に切ったもの250g ・バター10g ・きび砂糖または砂糖15g ・あれば粉砂糖とミントの葉少々 ・ハチミツ、メープルシロップなど適量

作り方
前日に、タッパーに★をよく混ぜ、バゲッドをひたし、
途中一度ひっくり返して24時間十分にしみこませる。
当日に、イチジクとパンを焼く。
まずは簡単なイチジクのキャラメリゼ作り。
フライパンを中火より強めの火で温め、バターを溶かし、
イチジクを切り口を下にして並べ、柔らかく焼けたら、裏に返し、
両面程よく焼けたら、きび砂糖を振り入れ、
フライパンをゆらしながら全体にからめ、キャラメリゼにし、火を止めておく。
別のフライパンを温めサラダ油とバター5gを入れ、
溶けたら卵液のしみたパンを入れる。
蓋をしてときどき様子を見ながら弱火で
両面合わせて15分~20分くらい、じっくり焼く。
※途中でバター5gを足す。
焼き上がりに焦げ目をもっとつけたければ、火を少し強めてさっと焼き色をつける。
皿にフレンチトーストとイチジクを盛り、
あればミントを飾り、粉砂糖を振りかけて出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ