オリジナルレシピ

Foto (742)
フランスに来てから牛丼&牛めし系を一度も食べていなくて、
なんだかふと食べたくなり、でもフランスは牛薄切り肉が売っていないので、
(パリ市内のアジア系スーパー数店には売っています)
代わりに牛ひき肉で作ってみました。
なのでそぼろ丼風な牛丼って感じなのですが。で、旦那も牛丼系は初めて。
日本人男性は好きな人が多い牛丼ですが、
さてさてフランス男は気に入ってくれるかな?
はい。甘辛牛肉が何とも美味しかったようで、
普段は白いごはんにつゆが多めにかかったものは好きじゃなく、
親子丼も汁は少なめにしないとなのですが、
これは、残っていたつゆを、もう少しかけて、ってお願いされましたよ。珍すぃ。
やはり外国人男性も甘辛系、好きなんですねぇ。
なので日本の方はもちろん、パートナーが異国の方もおすすめです♪
私もいつか他のフランス人にも出して反応を見たいと思っております。へへ。
調理ポイントは、あらかじめ牛ひき肉に下味をつけること。
これでさっと炒め煮するだけでも牛ひき肉にしっかり味がつきます。
そして、たっぷりめに入れる千切り生姜は炒めず火を止めてから混ぜること。
これで甘辛味に生姜の風味がしっかりアクセントになります。
牛ひき肉を鶏や豚にしても美味しいと思いますので、
あるものをご利用なさってくださいませ。
温かいごはんさえあれば材料を切って作るのに10分もかかりません。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・牛ひき肉100g(酒小2、醤油小1、、みりん小1) ・玉ねぎの薄切り80g ・生姜の千切り10~12gくらい(なるべく細~く) ・サラダ油大1と1/2 ★水50ml ★醤油大2弱 ★みりん大3 ★きび砂糖または砂糖小1/2 ・温かいごはん2人分

作り方
牛ひき肉に()のものをもみこんでおく。
フライパンを中火より強めの火にかけサラダ油と玉ねぎを入れ炒め、
玉ねぎがしんなりしたら、牛ひき肉を入れよくほぐしながら炒める。
★を入れ蓋をし、中火にして2分くらい煮る。
火を止め、しょうがをさっと混ぜる。
温かいごはんを器に盛り、その上に
①の牛そぼろを汁ごとかけて出来上がりです。 
お好みで七味唐辛子を振っても美味しいです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

Foto (702)
週末ごはんでご紹介させていただいた1品で
「チーズとマスタードとクミンのタルティーヌ」のレシピでございます。
日本でも最近キッチンに揃えている方がとても増えたスパイスのクミン。
エスビーさんやユウキ食品さんでも商品が出ているようですが、
エキゾチックな香りが何とも言えないんですよね。
人参と相性が良いのはよく知られておりますが、
フランスではチーズとの相性の良さも知られていて、
クミン入りチーズもいろいろと種類があるんです。
だったらということで家で簡単にタルティーヌにしてみました。
タルティーヌとは日本でいうところの
何か塗ったり、のせたり、またはのせて焼いたパン。
今回のは、チーズトーストと思っていただいてOKです。
でもそれだけじゃありきたりなのでネットで検索しても出てこなかった組み合わせの
マスタードをプラス。粒マスタード&マスタード、両方やってみました。
(なのでチーズ、マスタード、クミン組み合わせはmoiオリジナルです)
そしたらどちらもよく合って美味しくてびっくり!
マスタードの辛みにクミンの香りが何とも絶妙なんです。
旦那は一口食べて、ちょっと唸りましたよ。ええ。
今回は大好きなチェダーチーズにしましたが、
普通の溶けるチーズでも美味しいです。
でももしチェダーが買えるようだったらチェダーがおすすめ。
ワンランク上のチーズトーストになります。
週末のブランチやアペロのおつまみにも最高です♪
それでは超簡単ですが、材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・バゲッド1/2 ・チェダーチーズ80g ・粒マスタードまたはマスタード小2/3×4 ・クミンシード適量

作り方
バゲットを半分に切り、それぞれ2枚に切って計4枚にする。
マスタードをそれぞれに小2/3ずつ塗る。
チェダーチーズを20gずつのせ、クミンを振りかける。
オーブンかオーブントースターでチーズが溶けるまで焼いて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

第20週目となるジレジョーヌのデモが3月30日土曜日に行われ、
フランス全土で33,700人、パリで4,000人の動員数でした。
今回は少しおとなしめデモでございました。
…………………………………………………………………
Foto (698)
我が街の美味しいアジアンレストランで日々勉強になっているこの頃。
本日ご紹介のレシピもお店で美味しかった組み合わせから出来た1品。
お店では鶏肉、パイナップル、ピーナッツのサラダだったのですが、
フライパン1つで出来るあっさりとした炒め物にしてみました。
日本の街中の中華のがっつりメニューと対照的かもしれません。
あれもあれで大好きで白飯をがっついちゃっておりましたが、
このアジアンはとにかくお腹に優しいです。
そして、ごはんでもパンでも合うような感じ。
調理ポイントは鶏肉に下味と薄力粉をまぶしておいて、
香味野菜とパイナップルを炒めた後、最後の方で加えること。
これで鶏肉が柔らかく仕上がります。
今回は鶏むね肉を使っていますがもも肉でも豚肉でもOK。
ああ、豚バラでもコクが出てよいかも。
で、実はこれを作った後、材料がそれぞれ残ったので、翌日、
同じ鶏肉、パイナップル、ピーナッツで違う味わい1品を作ったので、
それも近々ご紹介させていただきます。
生のパイナップルは1品でそんな使いきれませんもんね。
そのまま食べても美味しいですけどね。
それでは簡単ですが材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・1口大に切った鶏むね肉180g ★塩胡椒少々、酒大1、薄力粉大1と1/2 ・1口大に切った生のパイナップル140g ・生姜の千切り2かけ分 ・包丁の背でつぶしたニンニク1個分 ・お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・サラダ油大1と1/2 ☆水80ml ☆チキンブイヨン1個 ☆スイートチリソース大3~4 ・塩胡椒適量 ・粗くきざんだピーナッツ20g 

作り方
鶏肉に★を順番にまぶしておく。
フライパンにサラダ油と生姜、ニンニク、赤唐辛子を入れ
中火よりやや強めの火で炒める。
香りがたったらパイナップルを入れ軽く炒める。
☆を入れ火を強め煮立ったら、鶏肉を均等に入れる。
蓋をして中火より少しだけ強めの火で2~3分くらい蒸し焼きにする。
蓋を取り、鶏に火が通っていればOK。
最後に味をみながら塩胡椒をする。
皿に盛りピーナッツをたっぷりかけて出来上がりです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (700)
今日は自分レシピのコチラ。
Cpicon 醤油とバルサミコ酢の超美味ドレッシング by ルロワ・モワ
の二番煎じレシピでして、さらにもっとお手軽材料にしてみよう、と
バルサミコ酢なしにして、そしてちょっと和風の味わいにした
「新玉ねぎdeオニオン和風醤油ドレッシング」のご紹介です。
実は自分レシピのこのドレッシング
Cpicon 和食屋さん風美味ノンオイル・ドレッシング by ルロワ・モワ
とちょっとだけ合体させたもの。
作り方は、めちゃめちゃ簡単で、
新玉ねぎをすりおろし、あとは調味料と合わせるだけ。
和風だしとみりんを+したことでどこかほっとする味わいになっていて美味しいです♪
サラダ以外にも、豚しゃぶ、焼いたお肉やお魚につけてもイケます!
とにかくかなりの万能調味料で~す。
ちなみに我が家ではわかめサラダにたっぷりかけていただきました。
いろいろ活用してみてくださいませ。
それでは簡単ですが材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(お2人で2回分くらい)
・新玉ねぎのすりおろし小1(普通玉ねぎでも海外でしたら白玉ねぎでもOK) ・EXVオリーブオイル大3 ・醤油大2/3 ・レモン汁大2/3 ・酢大2/3 ・みりん大1 ・きび砂糖または砂糖小1 ・和風だしの素小1/2 ・胡椒少々

作り方
上の材料をすべてよく混ぜて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (674)

週末ごはんで思いついて作って大成功だった
「スモークサーモンとキーウィのカルパッチョ」のご紹介でございます。
魚介系と果物はフランスに来て大好きになった組み合わせ。
果物の甘さや酸味がいいお仕事してくれます。
ちょっとドレッシング的要素もあるんですね。
で、今までサーモンにリンゴとかマンゴーとかは合わせてきたけど、
今回初キーウィさん。合わないことはないだろうと思っていたけど、
いやいやこんなに合うとは思ってもみませんでした!美味です♪
しかも切って重ねるだけと超簡単。
どなたにも作っていただけると思います。
調理ポイントはキーウィは完熟を使うこと。
甘みとスモークサーモンの塩気がボンマリアージュです。
そしてスモークサーモンをお刺身用生ホタテにしてただいても美味しいはず。
薄切りにしてお皿にしいて後は具材を彩りよくのせてください。
これがおうちで出てきたら結構嬉しいかも。
彼や彼女、旦那さま、奥さま、ご家族、お友達を喜ばせてあげてくださいませ。
1人ワインパーチィーでもちょっと贅沢な気分になると思います。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・スモークサーモン50g×2 ・皮をむいて薄い輪切りにした完熟のキーウィ1個分 ・プチトマトの粗みじん2個分 ・エシャロットまたは玉ねぎのみじん切り小2(玉ねぎの場合は水にさらして辛みをとっておく) ・ラディッシュの薄切り1~2個分 ・ベビーリーフ適量  ★EXVオリーブオイル大4 ★白バルサミコ酢(又は白ワインヴィネガー)大1と1/2 ★レモン汁大1/2 ★無糖ヨーグルト大1 ★ハチミツ小2くらい(味を見てお好みの甘さに加減してください) ★塩胡椒少々
 
作り方
★をよく混ぜハチミツレモンヨーグルトドレッシングを作っておく。
皿にスモークサーモンをおき、その上に
キーウィ、トマト、エシャロット、ラディッシュ、ベビーリーフの順でのせてゆく。
ドレッシングをスプーンでところどころにかける。
もう1皿作って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ