オリジナルレシピ

RIMG5785 - Copie
今週日曜日のマルシェで元気でキュートなムッシューから3パック5ユーロで買った苺さん、
毎日スムージーにたっぷり入れて美味しくいただいておりますが、
新しいレシピもちょっと考えてみまして、昨日作ってみたばかりですが早速ご紹介で、
「帆立と苺とトマトのタルタル」でございます。
帆立はフルーツと相性がよく、そして苺がトマトと相性がよいのは、
以前行ったレストランのガスパチョで知っていたので、この3つで何か出来そうと思ったのです。
ちなみにガスパチョの再現レシピはコチラです。
Cpicon トマトと苺のガスパチョ♡ヴェリーヌ仕立て by milketmoi
で、フランスではお高い帆立で新レシピ挑戦は失敗したらちょっとショックだな、
でも海老やイカではまた違ってきちゃうからやっぱり甘い帆立だな、とやってみたら、
大丈夫!美味しく出来まして、旦那にも二重丸いただけました♪
料理ポイントは、帆立と苺とトマト、とはなっていますが、それぞれの分量の違いでしょうか。
一番少なめ量トマトは風味を加えるというよりは、苺とは別の酸味と軽い風味を加えるためで、 
帆立と苺を引き立てるものと思っていただいてよいかと思います。
それから爽やかなフルーティさもさらに出るオレンジのしぼり汁も大事なのでぜひ使っていただきたいのですが、オレンジがなければみかんでもOKですよん!
もうすぐヴァレンタインもあることですし、おうちビストロの前菜なんかにしていただいてもよいかな、
とも思います。お刺身もよいですがたまにはこんなのもね(と言いつつ帆立のお刺身大好物)。
それでは切って混ぜるだけで超~簡単ですが材料と作り方で~す。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・生食用帆立の小さめ角切り75g ・苺の小さめ角切り60g ・汁と種を抜いて小さめ角切りにしたトマト40g ・エシャロット(又は水にさらして辛味をとった玉ねぎ)みじん切り小1と1/2 ・ハーブのみじん切り(今回はディルとイタリアンパセリ)小1と1/2 ・飾り用ハーブ少々 ・あれば飾り用ピンクペッパー少々
 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー小1と1/2 ★EXVオリーブオイル小3 ★オレンジのしぼり汁小3 ★塩胡椒少々 ★きび砂糖軽く2つまみ(フランスの苺は甘みが少ないので少し足しましたが苺の甘さによって加減してください) 

作り方
ボールに帆立、苺、トマト、エシャロット、ハーブみじんと★を味を見ながら入れさっと混ぜる。
グラスに入れ(グラスじゃなくてもいいんですがおしゃれっぽくなって映えます)、
ハーブとピンクペッパーを飾って出来上がりです。
1、2時間なら冷蔵庫で保存しておいていただいても大丈夫です。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG5811
フランス苺ちゃんをちょっとご紹介。
見るからに日本のお高い苺のような繊細さがなくて自然児タイプ。
甘さも日本のものとは比べものにならないくらい甘くないので、
こちらに来た当初は慣れなかったのですが今は慣れて。
逆に今日本の苺食べたらびっくりするかもです。
でも苺は早めに食べないとですね。これも今日明日で食べきらなくてはです~。
RIMG5814
そして日曜のボルシチに使った生ビーツもまだ1個あるのでご紹介。
外観は土色のような感じですが中はあのビーツの鮮やかな色。
包丁で切ると手まで鮮やか色になります。
で、今回はじめて生ビーツをいただいたのですが、やはり生の方断然美味しかったですねぇ。
なのでこれからは生ビーツもどんどん使おうかな、と思っております。
いつか自分レシピも出来たらいいのですが。

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!




RIMG5695 - Copie
今日は今1週間に1度くらいの割合になっているレシピのご紹介でございます。
無理せずこれくらいの頻度が自分にはいいようです。でもたまに思った通りの味に仕上がらなくて、
今週のレシピないぞ、と焦って一晩レシピを考え直して翌日作り直す、もあるんですよ。
1人内輪話でございます。へへへ。
ということで超~簡単な「レンコン海苔チーズ春巻き」です。
具材はレンコン、チーズ、海苔の3つだけ。具材を炒める、とかとろみをつける、とか一切ありません。
具材と調味料を混ぜて、あとは皮で巻いて揚げるだけとなっておりま~す。が、
あっさりめでイケます!おつまみにもおかずにもなります!
でも実はこれも作り直して2度めでよくなったもの。
1度めは長イモを使い、調味料のゴマ油をオリーブオイルでやってみたのですが、
長イモが揚げるとせっかくのシャキシャキがだいぶなくなって私的にはもったいないと思ったし、
味付けもちょっとぼやけていたので、もっと歯触り残りそうなレンコン&香りの強いゴマ油に変え、
翌日にすぐ再挑戦してみたと、ま、こういうわけなんです。
ちなみに長イモもレンコンもアジア食品屋さんでわりとお手軽に買えるんです。銀杏もね♪
それでは材料と作り方で~す。

…………………………………………………………………………

材料(4個分)
・皮をむいて小さめ角切りにしたレンコン120g ・溶けるチーズ50g ・小さくちぎった焼き海苔1枚分 ・春巻きの皮4枚 ☆薄力粉大1/2と水大1/2と混ぜたもの ・揚げ油適量  
★ゴマ油小2 ★醤油小1 ★和風だしのもと小1/2 ★酒大1 ★塩胡椒少々 ★片栗粉大1 

作り方
ボールにレンコン、チーズを入れ、さっと混ぜたら★で味付けし、海苔を混ぜる。
春巻きの皮で①を1/4ずつ包み、巻き終わりを☆でのりにしてくっつける。
揚げ油を熱し、春巻きを色よく揚げる。
皿に盛り、レタスなどを添えてどうぞ。何もつけずそのままで美味しいです。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
topchef8[1]
昨日の水曜日の夜は私の一番好きなTV番組「TOP CHEF」の日でした。
今年は1月25日から始まったのですが、この番組のために水曜日は夜9時始まりまでに家のこと全部終わらせ、そしてリビングのTVの前にビールとお水をそばに置いて座ります。
2010年から始まったこの料理人たちのコンペティション番組、もともとはアメリカで2006年から放送されたものを、フランスとベルギーの会社が共同で制作を始め、今年でシーズン8。
以前はクリスチャン・コンスタン(7区のサン・ドミニク通りの日本人にも人気のカフェ・コンスタンなどのオーナー兼シェフ)や、フランスの人気料理家シリル・シニャック(なんとあのソフィー・マルソーとお付き合いしていましたが去年破局したようです)なんかも出ていましたが、現在の主要審査委員は、左からミシェル・サラン、エレーヌ・ダローズ、フィリップ・エチュベスト、はじめからずっと出ているジャン=フランソワ・ピエージュ、そして人気司会者のステファン・ローテンバーグの顔ぶれ。
で、フランス各地から集まった料理人(今回はなんと北京でレストランを開いてる方もいる)たちが毎週1人ずつ落ちてしまうのですが、昨日は私が応援していたピエールさんが落ちてしまったのです~。
27歳のピエールさんはプレタポルテのお店で販売のお仕事をなさっている方なのですが、料理に情熱を長年持っていて、この「TOP CHEF」の前にある、料理を勉強中の学生さんや料理に情熱を持っているアマチュアの人が参加できる「TOP CHEF OBJECTIF」という番組に2度めの挑戦で今年やっと最後まで勝ち抜いてきて、そしてこちらのプロの料理人たちコンペティション「TOP CHEF」への参加権をたった1人得た方だったのです。奥さまと可愛らしいお子さん2人もいらっしゃって。
プロの下で料理を勉強してる人の中で勝ち抜くことって(しかも素晴らしい若い料理人さんがたくさんいた)ものすごいことなので、料理が好きな1人として(ピエールさんの足元まで1万キロ以上及びませんが)ほんと応援していたのですが残念。実は今日もまだちょ~っとだけ引きずっております。
でもしかたありませんね。来週から新しく応援する人を見つけます~。
でもですね、何より料理たちが素晴らしくドレッサージュも芸術的で、
そして私でもちょっとだけマネできそうなアイディアや組み合わせもあって面白いんです!
ご興味のある方は「M6 TOP CHEF」で検索なさってみてくださいませ。
それでは今日はちょっと更新時間がいつもより遅くなってしまいましたが、また明日~

…………………………………………………………………………

長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG5524 - Copie
先週の真冬のパリ散歩の時にビストロでいただいた1品の週末ごはんの再現挑戦の、そのまた再挑戦で、何とか納得の「ポーチドエッグのスモークサーモン添え」が出来たのでレシピのご紹介でございます。
週末ごはんの挑戦ではソースのとろみが足らないので60%の出来とお伝えしたのですが、なぜかと言いますとこの1皿は崩した黄身がソースにほどよく流れて、そのまろやかなものを塩気のあるサーモンと一緒にいただくのが美味しいのです。なのでソースがさらっとしていると黄身が流れ出し過ぎでせっかくの黄身の良さが半減。この差がと~っても大きいのです。で、今回はそのとろみが程よく出来たのでよかった~。でもやはり、やはり、お店には当たり前ですが負けております。と言うのも、このお料理のポイントはそのとろみ、スモークサーモンの塩気、そしてソースに使ってるだしでして。お店で1口このソースをいただいた時、とても美味しくて、でもうまみが何かわからなくてお店の方に聞いてみたら、魚のだしを使ってるよ、と教えてくださったのですが、たぶんお店ではちゃんと作ってるんじゃないかなぁ。と思うんです。でも家じゃそこまでは出来ないので、このレシピでは市販の魚のブイヨン使い。この差はやはりありますね~。なので今回の出来は80%くらいかな、と。でも家でいただくには十分かな、と思います。
あ、それともう1つ大事ポイントをお伝えしておかなくては。サーモンに塩気がありますのでソースは塩気が少し足らないくらいでちょうどよいです。
それでは材料と作り方です!
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・スモークサーモン40g×2=80gくらい ・卵2個 ・水と多めの酢(大3~4くらい) ・玉ねぎの薄切り30g ・皮をむいて小さく切ったじゃがいも160g ・オリーブオイル大1 ・水200ml ・フィッシュブイヨン1個 ・生クリーム100ml~ ・塩と胡椒少々(あればホワイトペッパー) ・フレッシュなディル適量 ・EXVオリーブオイル少々 

作り方
小鍋を中火にかけ、オリーブオイルを入れ馴染ませ、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。水を加え強火にし沸騰したらじゃがいもを加え、灰汁が出たらさっととり、フィッシュブイヨンを入れ、火を弱め、蓋をし、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。これをミキサーにかけとろりとしたピュレにし、鍋に戻す。再び火にかけながら生クリーム(ちょうどよいとろみになるよう量は調節してください)を入れ、少しの塩と胡椒で調味しておく。
(わたくし流ポーチドエッグ編)
卵は冷蔵庫から出したてのを一個ずつ小さめの器に割り入れておく。ボールなどに水をはっておく。
中くらいの鍋に半分くらいの湯を沸かし、沸騰したら酢を入れる。再び沸騰したら火を弱火にし、あれば穴開きのおたまなどで、そっと大きく2、3回かき混ぜ、ゆっくり回っていた湯が落ち着きだしたところで、卵をそっと落とし入れる。最初はあまり触らない方がいいのですが、白身がもし散ったら、お玉で少し寄せる感じで優しく優しくまとめる。と同時に下につかないようまわりの湯を何度かゆ~っくり回す。でも少しの白身はどうしても散るので、それは諦める。黄身とそこにうまくよって固まってくれている白身とを綺麗に1つに茹でられるようにする。白身がある程度固まったらすくい上げて見て、黄身の部分を触ってみて、お好みの加減になったら、はっておいた水にとる。
もう1個の卵も同じ湯でこのように作る。
最初はうまく形が出来ないかもですが、何度かやるとコツがわかってきます。またコーヒーフィルターを使った方法もやりやすそうなのでそちらの方がよい方はネットで検索なさってみてください。
少し深さがあって、その深さの面積が広くないお皿にスモークサーモンを、ソースを注いだ時、半分出ているように置き、ポーチドエッグを真ん中に置く。ソースを横から流しいれ、EXVオリーブオイルをスプーンで少したらし、ディルを飾って出来上がりです。

RIMG5533 - Copie
さてさて黄身を割るとこんな感じでして。
RIMG5539 - Copie
ソースがとろなので程よく流れて…。ああ絶対これ大事。
あ、でもお魚と相性のよいディルもい~いお仕事なのです。
私はこの後、もう少しディル、足しちゃいましたよ。
ということで、お家でビストロ気分したい時や、彼氏や彼女との素敵なディナータイム、
または勝負の時の家ごはんなどにいかがでしょうか♡

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG5083 - Copie
今日はレシピご紹介となっております。
ご近所お向かいの中国&ヴェトナム家にこの時ガレット・デ・ロワをおすそ分けしたら
→「昨日1月6日はガレット・デ・ロワをいただく日
そのお礼にヴェトナムの1品料理をいただきまして、それが美味しかったんです。
豚ひき肉が入った手作りのお餅のようなのにもやしとか胡瓜とかたっぷりのミントがのっていて。
で、お皿をお返しする際に料理名を聞いたのですが「ボン何じゃら」だよと。でも発音が難しい~。
なのでそれは今度紙に書いてくださると言ってくださったのですが、それはまあおいておいて、
そのお料理をちょっとアレンジ、というか簡単に少し似た雰囲気のものに出来ないかな、と思って作ったのがこの「豚ひき肉と胡瓜とミントのヴェトナム風サラダ」です。だから正式な名前はホントは
「豚ひき肉と胡瓜とミントのヴェトナムチックサラダ」なのですけどね。へへ。
さてお料理のポイントですが、玉ねぎもなのですが、特に生の胡瓜から水分が出やすいのでしっかりキッチンペーパーを使って水分をとることと、その後オリーブオイルでも和えて水分が出ないようにしておくこと。オリーブオイルにしたのはゴマ油だと中華風になってしまうので避けた&こんなアジア料理でもオリーブオイルぜんぜん合うし、身体にもいいからです。
というわけでそれを気をつければ作り置きして時間がたっても味がぼやけず美味しいし、ビールのおつまみにもごはんにもおかずサラダ感覚で合うので、ミントないわ、があるある的かと思うのですが、このミント使いがアジアチックで何ともいえないので、お菓子用に買ったけどミント余った~、な時にでもお試しいただければ幸いです。本場お餅風ヴェトナム料理の方も皮が売ってるらしいので(でも手作りのがずっと美味しいよ~ってお向かいさんは言っておりましたが)いつか挑戦したいなぁと思っております。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・豚ひき肉150g ・オリーブオイル大1と1/2 ・にんにくのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・ナンプラー又はニョクマム小1 ・レモン汁小1 ・水にさらして辛味をとった玉ねぎの薄切り90g ・胡瓜の千切り90g ・オリーブオイル小1 ・ミントの葉の粗みじん切り6~7g分くらい 
★ナンプラー大1と1/4~ ★レモン汁大1と1/3~ ★きび砂糖小1弱くらい ★醤油小1弱 ★胡椒少々 
・レタス類適量 ・レモンの半月切り

作り方
★を合わせておく。胡瓜の千切りと水にさらした玉ねぎの薄切りはそれぞれキッチンペーパーで包んで水分をよく吸収させる。
フライパンにオリーブオイル大1と1/2とにんにく、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、香りがたったら、豚ひき肉を入れ炒める。白くなって火が通ったら、ナンプラーとレモン汁で軽く味をつけ火を止める。
 ①の胡瓜を別の新しいキッチンペーパーでもう一度包み、ここでもしっかり水分をとってから、ボールに入れ、オリーブオイル小1で和える。玉ねぎも新しいキッチンペーパーで包み、しっかり水分を切ってから入れる。炒めた豚ひき肉も入れ、合わせておいた★も入れよく混ぜる。味をみて足らなければそれぞれの調味料でお好みに調節する。最後にたっぷりのミントを入れさっと混ぜる。
お皿に盛り、レタスとレモンを添え、いただく時お好みでしぼったり、レタスで包んでいただく。

RIMG5085 - Copie
実は一度め作った時は胡瓜の水分をよくとったけどオリーブオイルで和えなかったので後で若干また水分が出て味がぼやけたので、再度作って完成したレシピです。
この再度分は今日の旦那のランチになる予定となっております。
さて、フランスは今週大寒波到来で毎朝マイナス温度で一日中葉っぱも草も霜がついている状態。
でも昨日今日と冬らしい澄んだ青空が広がって気持ちいいです!
ではではまた明日~

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG4942 - Copie

今週は久しぶりにレシピご紹介が2つめとなっております(最近いつも1つ)。
と言いますのも、パリ、今週めちゃくちゃ天候が悪いんです。雨だの風だのジメジメだの。
あ、でも今日は少~しいいかなぁ。そんなわけで外出を控えてしまいがちで、わたくしも昨日出来たてほやほやレシピをす~ぐ焦ってご紹介、みたいな感じです~。はは。でも大丈夫。お手軽材料の今回の
「和風醤油クリームのワカメと玉ねぎのスパゲティー」
地味~な見ためですが、ですが、あっさりめで美味しいです!
料理のポイントは醤油と和風だしの素と昆布茶で和のうまみをつけるけど最後に生クリームを入れること。でもあくまでも調味料の1つとして和風でもクリーミーな和風味にするためのものなので少なめ分量なのです。ワカメと和風醤油と生クリーム、合うの?と思う方もいらっしゃると思うのですが、これがなかなかなんです!今は海藻入りバターなんかがボルディエやベイユヴェールなんかでも出ておりますが、あれとちょ~っとだけ近いものがあるかもです。
生クリームがちょっと余った時なんかに、他は超お手軽材料なのでお試しいただければと思います。
それでは材料と作り方で~す。とても簡単です!

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・乾燥ワカメ4gを水で戻し食べやすく切ったもの ・玉ねぎの薄切り100g ・にんにくみじん切り1片分 ・スパゲティー180g ・オリーブオイル大3 ★スパゲティーの茹で汁大4くらい ★醤油大1と1/3くらい ★和風だしの素小1/2 ★昆布茶小1/2 ★塩胡椒適量 ・生クリーム大3

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、中火にかけ、香りがたつまで炒める。
玉ねぎを加え、しんなりとするまでしっかり炒める。ワカメも加え、さっと炒める。ここでスパゲティーの方がまだアルデンテに茹であがっていなかったら、いったん火を止めておく。
スパゲティーが茹であがったら、茹で汁を取ってから、よく湯を切り、フライパンの方に入れる。
火にかけながら★を味を見ながらお好み加減になるよう入れ最後に生クリームを入れ、さっと混ぜる。
お皿に盛って出来上がりです。作りたてが一番なのですぐ召し上がってくださいませ♪

…………………………………………………………………………

あ~んど。
ワカメのスパゲティーはわたくし結構好きで他レシピもご紹介させていただいておりますので、
もし宜しければ参考になさってみてください。
Cpicon ワカメと炒り卵のスパゲティー by milketmoi
Cpicon キャベツなスパゲティー*にんにくワカメ編 by milketmoi

…………………………………………………………………………

またちょっと地味ちゃんレシピでしたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


↑このページのトップヘ