オリジナルレシピ

RIMG40847 - Copie


今日もサクッとまいります。しばらくお菓子を作っていなかったので久し振りに作ったけれど、もうそろそろ旬が終わるので焦ってご紹介の「イチジクのアーモンドタルト」です。でも私は甘いものをほとんど食べないので味見一口だけしてあとは全部旦那に。というのもタルトほぼ一枚分で多過ぎなので、お隣りパトリスさん家にもおすそわけ。数日後庭ごしにシャンパンを御馳走してくださったのでたぶん美味しかったのかな?なんて思ってるのですが。ちなみに自分味見では甘さ控えめでなかなかの美味しさだったのでさし上げたのですが、いまいちの場合はもちろんおすそわけは出来ません。ってか昔々中坊だった時とかお菓子を作って学校に持ってきておすそ分けしてくれる女子を、男の子みたいだった私とは正反対のタイプ、と思って憧れの眼差しで眺めていたのですが、今じゃお菓子を作ってふるまう女子に見事に?変貌を遂げたわたくしです~。やれば出来るエッヘン。で、作り方ポイントとしては粉砂糖使いなこと。アーモンドフィリングがしっとりします。やはりアーモンドフィリングのガレット・デ・ロワも私は必ず粉砂糖を使っています。それとイチジクのかわりに林檎や洋梨などにしていただいても美味しくいただけますので旬の合いそうな果物でお試しください(実は果物なしでもイケます)。それでは材料と作り方です。エッヘン言ったわりにはとても簡単です~。


材料(タルト皿一枚分)
・イチヂク5個 ・メープルシロップ大3 ・室温に戻したバター90g ・粉砂糖85g ・薄力粉15g ・アーモンドパウダー90g ・溶き卵70g マロンリキュール又はラム酒などのリキュール大1と1/2
 ・チルドパイ生地一枚

作り方
①オーブンを200°で予熱開始。
②タルト皿にパイ生地を広げ、はみ出た部分は切りとり、フォークで数か所穴を開け、オーブンシートを上にのせ、重しをし(私はサンチームコイン使用)、200°のオーブンで7~8分焼いたら取り出し、重しとシートを取り、そのままおいておく。オーブンは180°で再度予熱開始。
③イチヂクを縦に2/3までの切込みを十字に入れ(下1/3は切らないでついている状態)、メープルシロップをかけておく。
④ボールに室温に戻したバターを入れ(レンジで数十秒チンして少し柔らかくしてもいい)、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、粉砂糖を入れ、さらによく混ぜる。ふるった薄力粉、溶き卵、アーモンドパウダー、リキュールの順に混ぜ、②のタルト皿に全部入れ、その上にイチヂク全体にもう一度たれてるメープルシロップを馴染ませながらおく。
⑤180°のオーブンで30分くらい焼く。焼けたら取り出し、そのまま置き、冷めたらタルト皿から外し、いただく時切り分けてどうぞ。



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG40935 - Copie

今回はお庭のハーブを使った「ハーブと黒オリーブとパルメザンチーズのケークサレ」のご紹介です。
ケークサレ、日本にいた時は作ったことも食べたことも、いや食べたことはもしかしたらあるかな。フレンチレストランとかの突き出しみたいので。とにかくとにかく、ほとんど自分にゃあ馴染みのないものでした。でもフランスに来て旦那の嫁になってから作るようになりまして、今は結構あるものでぱぱっと作るようになりました。と言ってもこれ、めちゃくちゃ簡単なんですねぇ。作るようになるまで知らなかったです。パウンドケーキもですけど。
そして慣れてくると家にあるものでオリジナルに挑戦したくなる、っつうわけで、今回はお庭のちょっと固くなってしまったハーブを大量消費だ、とばかりにたっぷり入れて、プラス黒オリーブとパルメザン。そして大事ポイントは1日以上置いてからいただくこと。しっとり味が馴染んで美味しさが格段に違います。この1日以上置くというのはケークサレとそしてパウンドケーキも確実にこの方が美味しいということ、作るようになって知ったことなのです。
で、コレ、イタリアンレストランで美味しいパンと共にいいEXVオリーブオイルが出されることがある、あの感じで、ちょっとEXVオリーブオイルをつけていただいてもイケます。数日置いておけるので、ワインのおつまみに生ハムやチーズ感覚でちょっと切って添えていただいたりも素敵かと思います。
それでは材料と作り方行きま~す。


材料(パウンド型1本分)
・ハーブ(今回はローズマリー、セージ、エストラゴン、イタリアンパセリ、ミントなど)の粗みじん切り30g分 ・黒オリーブの粗みじん切り50g分 ・トッピング用黒オリーブ8個 ・パルメザンチーズ60g ・オリーブオイル50ml ・生クリーム100ml ・卵2個 ・合わせてふるった薄力粉120gとベーキングパウダー5g  ・塩と粗挽き黒胡椒適量

作り方
①オーブンを180°で予熱開始。
②ボールに卵を溶きほぐし、オリーブオイル、生クリームの順で泡だて器で混ぜたら、ヘラにかえ、ふるった薄力粉+ベーキングパウダーを入れ、粉が見えなくなるまでさっくり混ぜ、黒オリーブ粗みじん、ハーブ、パルメザンをさっと混ぜ、塩と粗挽き黒胡椒をし、パウンド型に流し(今回はテフロン加工使用)上からトントンと何度か落とし空気を抜く。
 ③これを180°で10分焼き、途中で黒オリーブを上にトッピングし、再び20~30分くらい焼く。
④焼けたら取り出しそのまま冷まし、冷めたらラップで二重に包み、1日以上置いて出来上がりです。いただく時、切り分け、そのまま、又はいいEXVオリーブオイルを少し添えていただいて。
※焼き時間はそれぞれのオーブンによって調節してください。パウンド型がテフロンではない場合は薄くオリーブオイルを塗ってください。


そして、ハーブそんなにないな、なことあります。ってかそんな場合の方が多いかな。そんな時はコチラのケークサレたちはいかがでしょうか。
Cpicon ツナと黒オリーブとアンチョビのケークサレ by milketmoi
Cpicon スモークサーモンとクリチのケークサレ by milketmoi
Cpicon ほうれん草とリコッタチーズのケークサレ by milketmoi
Cpicon 粒胡椒とイチジクとクルミのパウンドケーキ by milketmoi
ツナ&黒オリーブはラ・ロシェルの小さなお店で出て来た前菜を再現したもの。軽い仕上がりのハーブ&黒オリーブとは違ってコチラはズッシリ食べ応えがあるのでこれだけで立派な1皿になります。
スモークサーモンとクリチはちょっとやるな、な味わいかなぁ、なんてなんて自分で言うのずずしいですが。ケッパーの酸味がまたいいお仕事アクセントなのです。
ほうれん草&リコッタは優しい口当たりでおつまみはもちろん朝食や軽食にもぴったり。
そして粒胡椒とイチヂクとクルミはほんのりな甘さの中に粒胡椒がピリっとちょいとスペシャル。他にはないようなパウンドケーキ(ケークサレ扱いでもいい感じケーキです)。これもワインに合いますよ~。あ、そしてやっぱり全部1日以上置いていただくのがベストです!


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

さて、今回からブログカテゴリーのオリジナル料理の中にもう1つ「身体に優しいレシピ」という部門を加えさせていただくことにいたしました。
と言うのもここ最近自分とそして家族の健康というものをよく考えるようになり、それから私の亡くなった母が食事療法をしていた時、私は今ほどには料理をしていなくて、たいした美味しいものを作ってあげれなかったことを、今も、と言うか、オリジナルもいろいろ作るようになった今だからこそしょっちゅう思うことがありまして。それにこうしてヘルシーだけど美味しいオリジナルレシピに挑戦してみるのもかなり面白いこともあり、わかりやすく見つけやすい部門を1つ作ってやってみようかなと。
で、一応レシピを作るにあたって思っているのが、市販のだしの素(和風、中華、洋風だしなど全部)、バター、加工肉類(ハム、ベーコン、ソーセージなど)、それからマヨネーズやソースなどの添加物が多く使われた調味料は使わないということ。油は使ったとしても控えめで、肉は使うとすれば白身や赤身を程よい量で。そして和食はもちろんフレンチやイタリアンレシピにも挑戦思っとります。あ、でももちろん今まで通り、生クリームやバターやチーズを使ったザ・フレンチレシピやイタリアンや大好きなアラブ料理やアジアン料理レシピもご紹介させていただきたいと思っております。ま、程よくね。偏らずヴァラエティ豊かに作っていければ、と。
で、第一回め今回は今流行りの「豆腐クリーム」を作ってみました~。

RIMG41079 - Copie

豆腐クリーム、たぶんどなたか一番最初に作った方がいらっしゃると思うのですが、ちょっとそれはわからなくて。なのでそのレシピ作者さんに心の中でお礼を申し上げつつ挑戦。豆腐に味噌を混ぜるとコクが出るのはわかっていたのでプラスお醤油とそしてそしてにんにくのすりおろしを少々。これでだしの素なしでももの足りなさ感解消です。
それでは早速ですが材料と作り方行きま~す!

材料(豆腐一丁分280g)
・今回は絹豆腐一丁 ・豆乳大2 ・味噌小1と1/2 ・醤油小1 ・にんにくのすりおろし1片分 ・塩胡椒少々  
 
作り方
①ボールに豆腐を入れ、泡だて器でよ~く混ぜ程よく滑らかになったら他の材料を入れ、よく混ぜて出来上がりです。全部の材料をミキサーに入れて混ぜてもOKです。

そして、この豆腐クリームを使って作ったのが、
RIMG41087 - Copie
「豆腐クリームで海老と干し椎茸と根菜のノンオイル和風美味グラタン」です。
これがと~っても美味しく出来たのです♪
これはですね、そんなにはヘルシーレシピにこだわってないわ、な方にも喜んでいただけるかなぁ、と思います。ちょっと茶碗蒸しの食べ応えある版て感じでしょうか。
そして具材はこの自分レシピキッシュ
1枚のパイ生地で作るハーフ&ハーフな豆腐のキッシュ
の干し椎茸やレンコンの和風組み合わせがとても好きなので今回はそれに大好きな海老もプラス。海老を鶏のささみにしていただいても美味しいかと思います。またはどっちも入れてもリッチですねぇ。
それでは材料と作り方で~す。

材料(2~3人分)
・上記の豆腐クリーム記載量 ・頭と殻と背ワタをとって食べやすく切った茹で海老50g(今回はサラダ用茹で海老使用) ・皮をむいて輪切りにし酢水にさらし茹でたレンコンの角切り100g分 ・水で戻した干ししいたけの薄切り4枚分 ・皮をむいて千切りにしさっと茹でたにんじん50g分 ・塩少々 ★溶き卵1個分 ★薄力粉大1 ★干ししいたけの戻し汁50ml

作り方
①オーブンを180°で予熱開始。
②豆腐クリームに★をよく混ぜる。
③海老と野菜類を合わせ軽く塩をまぶしておく。
④耐熱容器に③の具材を半量しき、②の豆腐クリームの半量をかけ、これをもう一回繰り返す。
⑤これを180°のオーブンで20分くらい焼き、最後高温に上げて好みの焼き色がついたら出来上がりです。



ご訪問ありがとうございます。
増えちゃってお手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG40929 - Copie
今回は私レシピとしては珍しく定番ナポリタンの我が家風のご紹介です。
ナポリタン、フランスに来てからも日本にいた時も実はそれほど自分では作らなくて、ごくたま~に外で食べるくらいでした。自分で作るとなるとほんとイタリアンなのか和風が多かったのです。でも、ある日冷蔵庫の中がスカスカで中途半端に残っていたピーマンとソーセージを発見。で、たまにはナポリタンもいいかな、と思い作ってみたら久しぶりに美味しくて、ちょっと我が家風のを決めてみようかしら、思い、何度か作ってみて旦那にも食べてもらってだいたい落ち着いたのが今回のこれでございます。
ポイントは濃縮トマトペーストを使っていること、それに粒マスタードと醤油を混ぜていること。食べてみるとそれほど味はわかりませんが、全体的に甘み抑えめあっさりめになります。我が家は旦那も私もケチャップは決して嫌いではないけれど、ケチャップだと場合によっては甘さが強過ぎることもあるので、あえて濃縮トマトペースト使い。ただし、トマトケチャップも足して作ってみたのも美味しかったので、あるものでお試しいただけたらと思います。あ、それからもう1つポイントあったあった~。それは最後にバターを入れること。これでトマトの酸味の角がとれてまろやかな風味になります。
それでは材料と作り方行きま~す!

材料(2人分)
・にんにく1個分のみじん切り ・玉ねぎの薄切り150g ・生マッシュルームの薄切り120g ・ソーセージ又はウインナソーセージの斜め切り100g ・ピーマンの細切り120g ・オリーブオイル大3 ★濃縮トマトペースト(Double Concentré de Tomates)大3(又はトマトペースト+トマトケチャップで代用OK) ★白ワイン又は日本酒大2 ★粒マスタード小2 ★醤油小2 ★砂糖ふたつまみ ・塩胡椒少々 ・バター15g ・パルメザンチーズ適量 ・スパゲティー200g

作り方
①スパゲティーをゆで始める。★を合わせておく。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れしっかり炒め、十分甘みを引き出す。マッシュルームを加え、さらに炒め、マッシュルームから水分が出て、その水分が飛ぶくらいまで炒め、マッシュルームのうまみを引き出す。ソーセージを加え、こんがり炒め、ピーマンを加え、歯触りが程よく残るくらいにさっと炒め合わせ、軽く塩胡椒をする。
③ スパゲティーが茹で上がったら、よく湯を切り、②へ入れ、さっと混ぜたら、合わせた★を入れ、よく馴染ませ、味を見て足らなければ塩胡椒をし、最後にバターを入れ溶けて混ざったら、皿に盛り、パルメザンを振って出来上がりです。

※濃縮トマトペーストの代わりにトマトペースト+トマトケチャップをお使いになる場合は味を見ながらお好み量に調節してください。その場合ケチャップが結構甘いので隠し味的なお砂糖もお好みに加減してください。仕上げに粗挽き黒胡椒をガリガリしてもピリッとイケます。



そしてフランスでは超お手軽でいろんなお料理によく使われるDouble Concentré de Tomates(私はブログではいつも濃縮トマトペーストと言っております)がコチラ。

RIMG41073
我が家も必ず4個パックのが2セットくらい常にあります。
濃縮なのでとにかく味がぎゅっとなってて自然な甘さがあって余計なものが入っていなくて、ちょっとなめてみても美味しいくらい。なのでケチャップ代わりにしょっちゅう使っています。
フランス家庭料理の大定番ブッフ・ブルギニョンなどのお肉の煮込みに入れるとコクと甘みとうまみが出るし、パスタのソースに使ってももちろん美味しいです。
フランス在住の方でまだお使いになったことがない方にはおすすめです!


ご訪問ありがとうございます。
増えちゃってお手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


旦那のとこにお嫁に来て、フランス苗字がついてまさかの洋名に自分の名がなってることや、フランス人の家族スタイルがとにかく夫婦やパートナーが一番で親や兄弟との関係がいい意味で本当にさっぱりしていることがちょっとびっくりするくらいだったりが、なんだかニッポン人の私にはいろいろ変化が楽しいのですが、日本にいた時は知らなかったアンディーブのグラタンやカスレなどの本当のフランス家庭料理というものを作るようになったこともその楽しいことの1つなのです。
そんな中でとびきり簡単でしかも超お手軽材料なのに美味しいものの1つがグラタン・ドフィノワ。フランス風のじゃがいもグラタンです。
これはビストロでもよ~く付け合わせにもなっていて、もちろんそれぞれまったく味が違ってて。
そんで私も自分流を決めたい、と思って出来たベストがこのレシピでです。
Cpicon 【家ビストロごはん】グラタン・ドフィノワ by milketmoi

RIMG40858 - Copie
そして今回ご紹介の1品はそんな自分的レシピをカリフラワーに変えて海老もプラスした「カリフラワーと海老のグラタン・ドフィノワ」です。
グラタン・ドフィノワがあまりにも美味しいので、別のお野菜でも作りたいな、と思っていての思いつきカリフラワー。で、定番じゃがいもとは食感がだいぶ違うのがミソなまたまったく別のグラタン・ドフィノワが出来ました。これも大丈夫イケます!で、これも何度か具材を変えて作ってみたのですが、海老をハムにしても美味しいですし、カリフラワーだけでも美味しいです。なのでお手軽お気軽にお試しいただけたらと思います。
それでは作り方行きま~す!

材料(2人分)
・小さめに切ったカリフラワー300g ・にんにくのすりおろし2片分 ・塩と粗挽き黒胡椒適量  ・殻と頭がとってある茹で海老100g(今回はサラダ用使用) ★生クリーム250ml ★溶き卵1個 ★塩と粗挽き黒胡椒適量  

作り方
①オーブンを230°で予熱開始。カリフラワーとにんにくのすりおろしと塩とブラックペッパーを混ぜて15分くらいおく。★をよく合わせておく。
②少し深めの耐熱容器にカリフラワーの半量をしき、軽く塩と粗挽き黒胡椒をし、★の半量をかけ、その上に海老の半量を散らし、これをもう
一回繰り返す。
③230°のオーブンで15~20分くらい焼き、いい焦げ目がついていなかったら高温にして少し焼き、焦げ目がついたら出来上がりです。

※海老は生であれな、殻と頭、背ワタを取り、軽く塩を振ってもみこみ、水洗いしてよく水気をふいて使ってください。オーブンの焼き時間はそれぞれで調節してください。焦げ目のために高温にした時は焦げ過ぎないようよく見ていてください。

で、カリフラワーと海老がまだあったので、翌日作ったのがコチラ。

RIMG40882 - Copie

神田神保町エチオピア風カリー」の私流作り方
のカリフラワーと海老版です。
このカリー、久し振りに作ったのですが、いやいややっぱりものすご~く美味しかったのです!
作り方は貼り付けた上レシピが基本で、具材がさっとソテーしたカリフラワーと海老となっています。
このカリー、スパイスを揃えるのはちょっと手間かもですが、一度作っていただくと、たぶん、たぶ~ん、かなりよかったと思っていただけるかなぁ、と。それにスパイスっていろいろな効用があってしかも手作りなので添加物もゼロ。市販のカレールーカレーも、自分大好きなんですが、やっぱり安心出来る方がよりいいかな、とここ最近私的に思っています。そんなわけで、自分レシピなくせにあれですが、これからもっとどしどし作ろう!なんて思ってるんでございます。
それにしても思いましたよ。カレーってのはやっぱりものすご~~く美味しいですね~。

ご訪問ありがとうございます!
増えちゃってお手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ