オリジナルレシピ

RIMG48996 - Copie
昨日は力入れて挑戦した新レシピが、まあ、見事に失敗しちゃったです~。で、よく練ったから成功するもなぁ、な~んてずずしく思っていてそれを今回の記事にしようとまで思ってたもんだから、あちゃ~、日帰り旅もまだやってないし次回記事どうしよう、思った時、このレシピを思い出したのです!ほんとはですね、ごはんが進むおかず系なこともあり、しかもレンジ加熱4分だけで出来ちゃうのでやることいっぱいのお母さんやバリバリ働いててお忙しい方にいいかな、思ってクックパッドの方でレシピupしようかなぁ、と考えていたのですが、もうこうなったらこっちでご紹介しちゃいます!
ということで少し前にご紹介したこのレシピ
もやしのチーズカレーポタージュ
の時に350gあったもやしのうち200gをポタージュで使い、その残った150gでその日の今度は夕方作ったのがこれです~。で、味付けはこのレシピの
→「鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め
レモンコチジャン酢醤油たれの分量を少し変えたもの使い。このたれ、結構いろいろ合いそうだな、思ったのですが、しっかりめ味なので、簡単蒸しでも味がぼやけず大丈夫。美味しく出来ました♪
ポイントは私も旦那も生ネギ好きなので、あえて時間差でネギをあとのせにして、半生な感じに仕上げたこと。辛みとシャキシャキが程よく味わえます。それとお肉ですが、今回はちょっと残っていた鶏胸肉を使いましたが、豚の薄切りでも美味しいかと思うので、あるもの利用していただければと思います。それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・もやし150g ・鶏胸肉150g(塩胡椒少々+酒小1+薄力粉大1) ・ネギ50g ★コチジャン小1強 ★レモン汁大1と1/2 ★酢大1と1/2 ★醤油小1/2 ★酒大1 ★きび砂糖小1と1/3 ★白炒りゴマ大3 ★粗挽き黒胡椒適量  
 
作り方
RIMG48984
①鶏胸肉は小さめそぎ切りにし、塩胡椒、酒を振り軽く揉み込んで薄力粉はまぶしておく。
RIMG48985
ネギは千切りにする。
RIMG48983
★の材料をすべてよく混ぜ合わせておく。
RIMG48982
②洗ってよく水気を切ったもやしをレンジ対応皿か耐熱容器に均等に広げる。
RIMG48986
合わせた★の1/3量を全体にかける。
RIMG48987
その上に鶏胸肉を均等にのせ、★のたれをまた1/3量全体にかける。
RIMG48988
ふわっとラップをかぶせ、3分加熱し、取り出してラップを一度取り(熱いのでやけどしないように気をつけてください)、
RIMG48992
ネギを全体にかけ、残りの★をすべてかけ、
RIMG48994
再びラップをふわっとかぶせ、1分加熱する。
RIMG48996 - Copie - Copie
取り出してラップをとり、あれば色どりもかねシブレットか青ネギなどを飾り、出来上がりです。
レモン好きの方はここにさらにぎゅっとレモンを絞っていただいても美味。ごはんにもビールのおつまみにも合いますよ~♪

……………………………………………………………………

おまけ
RIMG49196 - Copie
今日は用事でこれから旦那地元ピカルディーの小さ町まで行くのですが、そんな時、いつもは朝食用に簡単なサンドイッチを作ることが多いのだけど、今回は試しに買ってみたこのパンとそしてコーヒーを持ってまたまた小さな旅気分。商品のご紹介とお味の感想はまた改めてお知らせいたしますね。それではまた。


……………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG48965 - Copie

今朝はすっかり寝坊をしてしまいました!!なのでいつもはレシピ部分はだいたい前日までに仕上げて、この前置き部分は当日書くことが多いのですが、今回は早速レシピご紹介の方行きますね!
昨日冷蔵庫にあったもやしで作ったほっかほかレシピ「もやしのチーズカレーポタージュ」です。
はじめはアジアか和なものを作ってみようと思ってたのだけど350gもあったので2品出来るな、思い、だったら1つは洋にしようと。しかも完全な洋。で、思いついたポタージュに挑戦。でも作る前に一応検索してみたら、もやしのポタージュ結構出て来たですよ。だからこりゃもやしのポタージュはポタージュでもしっかりオリジナル感出さんとぜんぜんおもしろくないな(自分が)、思い、とにかくビストロ(下町の良心的な感じの)で出てきてもおかしくない完全なフレンチ味にしようと挑戦。で、大丈夫、成功でけたかな、と思います。
ポイントはやっぱりチーズとカレーの風味をつけたことでしょうか。もやしだけだとやはりもやし風味感強くてフレンチではないな、と私は思ったので言われなきゃもやしとわからない味にしました。でも言われたら、ああそうだ、みたいな。で、味見係りの旦那に何も言わず出したら、美味しい♪ と。白アスパラのポタージュ?かなんか言いましたよ。んだから、違います!な、な、なんともやしちゃんです~、って若干鼻を膨らましながら自慢げに言ったのでありました~♪
あ、それとこのポタージュの素敵なポイントもう1つ。それは、トッピング用にハーブみじんをかけることを抜けば、まな板と包丁は使わず、お鍋とミキサーだけで出来ちゃうこと。簡単手間なしで経済的だけどフレンチ味。こんなのもなかなか悪くないかしら、って。へへ。
じゃ、材料と作り方です。


……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・もやし200g ・溶けるチーズ(今回はエメンタールの溶けるタイプ使用) ・水250ml ・豆乳又は牛乳300ml ★チキンブイヨン1個 ★塩胡椒少々 ★カレー粉小1 ★あれば生クリーム大2~3 ★バター15g ・コーンスターチ大1+水大1 ・あればお好みでクルトン適量やシブレットやパセリ、青ネギなどのみじん切り少々 ・カレー粉少々 

作り方 
RIMG48952
①よく洗って水けをしっかり切ったもやしを鍋に水、豆乳と共に入れ、火にかけ、煮立ったら火を弱め、2分くらい煮る。
RIMG48954
これをミキサーに入れ回し滑らかにする。
RIMG48955
鍋に戻し、再び火にかけながら、
RIMG48957
溶けるチーズを入れ混ぜ、だいたい溶けたら、
RIMG48959
★を味を見ながら入れお好みの味加減になったら、最後に水で溶かしたコーンスターチを入れ混ぜ、
RIMG48960
程よくとろみがついたらOK。
RIMG48965 - Copie - Copie
お皿に盛り、お好みでクルトン、ハーブ(今回はシブレット)のみじん切りをのせ、カレー粉を軽く振って出来上がりです。

……………………………………………………………………


おまけのご紹介のおまけ

RIMG48075
前回の「ポケットにブロカントの忘れ物」の中で貼り付けた「サロン・エマウス」記事の中で書いてる、エマウスでもらったおまけのご紹介をこれまた忘れていたので唐突ですが、また忘れちゃいそうなのでご紹介です。
じゃん!このシュガーポット?又はもの入れ?です。かわいくないですか。これね、エマウスで代金払ったその直後に旦那と見つけて、すぐ代金決めの担当の方に持っていったら、いいいいあげるよ、って。で、ただでもらっちゃったのです♡うひひひひひひ。
RIMG48076
で、なんとディゴワン・サルグミンヌなのです~。いやいやいやいやラッキーでした。こんなこともたまにエマウスあるのです。ありがたやありがたや


……………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



RIMG48928 - Copie

きょ~も本格的雨のパリです。やっぱりパリもほんと気象が変化してるのかな。だって日本にいた頃、パリの雨はさっと降っては止んで降り続くことは少ない、ってよく聞いていて、来てみたらほんとその通りで降ってもほとんど小雨で。私なんか日本に帰国するお友達にもらうまで傘を半年間持っていなかったくらい。その半年間は降りだしでもどうせパリ雨小雨なのでそのまま軽く濡れながら歩いちゃったり、店先でちょっと待ったりカフェで雨やどりして。そうすればすぐ止んでいたものです。結構そんな人多くて結構あのパリの街の小雨感嫌いじゃなかったのだけどなぁ。あ、なんだかちょっと小雨のパリ、歩きたくなってきました(郊外じゃなくねふふふ)。16区あたりが小雨、似合うかなぁ…。
さてさて今回の「鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め」のご紹介です。
これ、ほんとは人様レシピの塩昆布を使ったズッキーニレシピを試してみようと思っていたら、肝心の塩昆布が見つからなくて(どっかにあるはずなんだけど)しかたなく変更して、冷蔵庫にあった鶏胸肉と合わせてお手軽に作ってみた1品。でもこれが意外にとっても美味しく出来てびっくり!で、その時分量も量っていなければフォトもしていなかったので、改めてもう一度作ったというものです。ポイントはやっぱり味付けでしょうか。酢のしっかりした酸味とレモンの爽やかな酸味にコチジャンの辛みが結構きいてて、ちょいすっぱ甘辛が食欲増進です♪ この味付け、豚肉や他のお野菜やお魚でも合いそうだな、思うのでまた時間を見てやってみようかな、とも思ってます。それでは材料と作り方です。


…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏胸肉100g(塩胡椒少々+酒小1+薄力粉大1) ・ズッキーニ320g(今回は緑と黄合わせて使用) ★コチジャン小1と1/2 ★酢大1 ★醤油小1 ★酒大1 ★きび砂糖(又は砂糖)小1と1/2 ★レモン汁大1と1/2 ★白炒りゴマ大3 ・あればパクチー粗みじん切り又は青ネギの小口切りなど適量

作り方
RIMG48909
ズッキーニは4~5センチの長さに切り、それをこのように縦に5ミリくらいの薄切りにし、
RIMG48911
それを千切りに。
RIMG48912
今回は2色のズッキーニを使ったのでこんな感じに全部切る。
RIMG48914
鶏胸肉は食べやすく小さめの斜め切りにし、塩胡椒、酒をふり、軽くもみ込み、
RIMG48915
薄力粉は全体にまぶしておく。
RIMG48917
★の材料を全部合わせよく混ぜておく。
RIMG48918
フライパンをやや強めの中火にかけゴマ油をしき、
RIMG48919
ズッキーニを入れ炒め、軽くしんなりしたら、
RIMG48922
鶏肉を入れ、炒め合わせる。
RIMG48923
鶏肉が白くなって8分通り火が通ったら、
RIMG48924
合わせておいた★を入れ、
RIMG48926
さっと炒め合わせ、
RIMG48928 - Copie - Copie
お皿に盛り、あればパクチーか青ネギを散らして出来上がりです。
作り置きにしても味が馴染んで美味しいし、にんにくが入っていないのでお弁当のおかずにも大丈夫ですよ~。その時はちょっと汁だけ気をつけてくださいね♡

…………………………………………………………………………

そして、

RIMG48902

作り置き中心で美味しかった平日ごはんもちょこっとご紹介。
フレンチもイタリアンもメキシカンもクスクスも大好きなんだけど、今こうした何気惣菜おかずにはまり中で、人様レシピをお借りし、自分でも冷蔵庫にあるもので気軽に新レシピに挑戦中です。やっぱり穏やかな平日のお腹にな~んか落ち着きます~。

上1段目左から
今年花粉症が悪化しない原因の1つ?→ルッコラと人参とオレンジとバナナと洋ナシのスムージー
美味しかったので分量を量って近々ご紹介したい→コールラビと人参の浅漬け

2段目左から
前日作ったかき揚げで母の思い出味→かき揚げの卵とじ
玉ねぎが甘くてオクラの食感と彩りもよい→Cpicon 簡単お味噌汁☆彡【オクラと玉ねぎ】 by マイポ☆

3段目左から
今回ご紹介したズッキレシピの最初に作ったもの→鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め
生姜の風味と香りが効いてる~→Cpicon ベビーホタテの炊き込みご飯♪ by お魚キッチン

4段目左から
定番うまし→Cpicon ヘルシーなもやしの和え物 by にっくぅ~
スペシャルうまみのきいたかわりきんぴら→Cpicon 人参のきんぴら、ほんのりアンチョビ風味 by milketmoi


……………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG47607 - Copie
いつも更新は基本フランス時間で午前中だったのが日曜、月曜と午後にズレてしまいましたので、今日は調整もかねてまた午前に更新させていただきます。で、今回はこれまたちょ~っと時期がズレましたが「筍とお肉と葱のタリアテッレ、オイスター醤油バター風味」のご紹介です。日本ではこの春も新鮮な筍がたくさん出回っていたようですねぇ。いろんな方のブログで、いただいたの食べきれない~、との悲鳴を羨ましく思いながら拝見しておりました。こちらでは筍は缶詰1本!あ、瓶詰もあるか。でもわりとポピュラーでカルフールなんかでもだいたい置いています。で、もちろん我が家も残念ですが缶詰筍ちゃん。それでもいただけるだけでありがたい思っているんです。なので新鮮な筍は筍ごはんとかお吸い物とかだしを使ったものが先ずは素敵と思うのですが、それでも何度もいただいて飽きたわ、とか、冷凍がまだまだあるわ、的な時にでも作っていただければ嬉しいです。それとお肉ですが今回はちょうど冷蔵庫にあった牛肉を使いましたが、豚肉でも鶏肉でもひき肉でも美味しいかと思うのであるものを使っていただければと思います。あ、ウィンナーやベーコンでもいいかも。
それでは作り方です。とっても簡単です♪

…………………………………………………………………………


材料(2人分)
・茹で筍150g ・お肉(今回は牛肉使用)100g+酒小1、醤油小1、胡椒少々、薄力粉大1 ・ネギ40g ・にんにく1片 ・赤唐辛子1/2~ ・オリーブオイル大1 ・ゴマ油大1/2 ★オイスターソース大1と1/2くらい ★醤油大1/2~2/3くらい ★砂糖3つまみ ★タリアテッレの茹で汁おたま一杯分 ★味を見て足らなければ塩少々 ・バター15g ・タリアテッレ160g ・粗挽き黒胡椒適量   

作り方
①筍はタリアテッレくらいの幅で薄さの食べやすい長さの短冊切りにする。お肉も食べやすく切り、酒、醤油、胡椒を振って軽くもんでから薄力粉を混ぜておく。ネギは太目の千切り、にんにくはみじん切り、赤唐辛子は輪切りにする。

②タリアテッレを茹で始める。 

RIMG47588
➂フライパンにオリーブオイルとゴマ油、にんにく、赤唐辛子を入れ、中火にかけ炒める。
RIMG47590
香りがたったら筍を入れさっと炒める。
RIMG47593
続いてお肉を入れ、炒め合せる。お肉にだいたい火が通ったら(豚肉の場合はここで完全に火を通してください)、
RIMG47596
ネギを入れ、軽くしんなりするくらいに炒め合わせる。
ここでタリアテッレを加えますが、もしまだ茹で上がっていなかったら一度火を止めておき、タリアテッレがアルデンテに茹で上がった頃を見計らってまた火をつけてください。
RIMG47598
タリアテッレの茹で汁をとってからよく湯を切ったタリアテッレを具材のフライパンに入れ、さっと炒め合わせる。
RIMG47599
味を見ながら★で調味し、
RIMG47600
最後にバターを入れさっと混ぜる。
RIMG47607 - Copie - Copie
お皿に盛り、粗挽き黒胡椒をお好み量かけ、出来上がりです。


…………………………………………………………………………


今日も雨のパリ。これはマジで梅雨じゃなかろうか?


…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG48528 - Copie
今回は今がとっても美味しいアスパラガスを使った「アスパラガスとチョリソーのスパゲティー、ポーチドエッグのせ」のご紹介です。
空豆もですが、アスパラも今ほぼ毎日いただいていて、これはちょっと前に残り物チョリソーと合わせてちゃちゃっと作ってみたら、材料少なで簡単なのですが、チョリソーのうまみと辛みがジワッとしみ出てとても美味しかったので、改めて分量を量りながら、フォトしながら作った1品。ポーチドエッグが若干手間っちゃ手間かもなのですが、半熟とろりがあると一層美味しいので是非添えていただければと思います。で、今回ご紹介してるポーチドエッグの作り方は定番の方法で私もいつも作っているやり方なのですが、今はキッチンペーパーで包んで作る方法やサランラップで包んで作る方法もあるようなのでお好みの作り方チョイスになさってください。もしあれでしたらレンジで簡単温玉に変えていただいてもいいし、半熟目玉焼きにしていただいてもぜんぜんいいかな、思います。

…………………………………………………………………………


材料(2人分)
・アスパラガス4本 ・チョリソー50g ・にんにく1片 ・オリーブオイル大1と1/2くらい ・塩適量 ・スパゲティー140g ・スパゲティーの茹で汁おたま半分くらい ・パルメザンチーズと粗挽き黒胡椒適量 ・卵2個 ・酢大3くらい

作り方
①アスパラガスは根元を少し切り、根本に近い固い皮の部分をスライサーで軽くむき、熱湯でさっと茹で、食べやすく切っておく。チョリソーは粗みじんにする。にんにくはみじん切りにする。
RIMG48514
②ポーチドエッグを作ります。
卵を小さめの器に割り入れておく。小鍋にたっぷりめに湯をわかし、酢を入れ、沸騰したら少し火を抑えめにし、箸で湯をくるくるかき回し(卵が底につかないように)、その中に卵をそっと入れる。広がった白身を箸で卵の方にそっと寄せながら、ときどき箸で卵の周りの湯をそっとかき回しながら、白身が全体的に白く火が通って黄身にも軽く火が通ったらおたま(もし穴あきタイプがあれば便利です)でそっと卵をすくい上げ、器にとる。
※黄身の柔らかさはお好み加減で。私はほぼ生に近い半熟にしています。
RIMG48517
こんな感じに。お好みで白身を切って綺麗に整えても。あともう1つの卵も同じように作っておく。
このあたりでスパゲティーを茹で始める。
RIMG48518
③フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、中火にかけ炒め、香りがたったら、
RIMG48521
チョリソーを入れ、炒める。
RIMG48522
アスパラを入れさっと炒め合わせる。
この時点でスパゲティーの方が茹で上がっていなければ、フライパンの火はいったん消しておく。
RIMG48527
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら、茹で汁をとってから、よく湯を切り、フライパンに入れ、さっと混ぜ、水分と味を見ながら茹で汁、塩をする。
RIMG48528 - Copie - Copie
お皿に盛り、ポーチドエッグをのせ、たっぷりのパルメザンチーズと粗挽き黒胡椒をかけて出来上がりです。卵を崩しながら召し上がってくださいませ。

…………………………………………………………………………

そして、
RIMG48627 - Copie

最近は夕方、旦那が帰ってくる時間に合わせて、おつまみ&平日ごはんのための簡単作り置きをちゃちゃっと作るのが小さな習慣になっております。
で、ある日のおかずたちが全部と~っても美味しかったので、たまにはと平日ごはんもご紹介。

一番上左から
→オレンジとセロリのスムージー
オイスターソースのほんのりうまみ→Cpicon 新じゃがとセロリのオイソ炒め by モコリンママ
パルメザンとカレー粉がいい→Cpicon 水菜と茹で卵の☆たっぷりサラダ by しじみごはん

二段目左から
ほくほくです→Cpicon ブロッコリー茎のほくほくマヨ黒胡椒炒め by milketmoi
→厚切りハムとマッシュルームのソテー(残りもので作成)
優しい味わい→Cpicon 残った干し椎茸戻し汁で簡単スープ by milketmoi

三段目左から
コールラビって煮物もめっちゃ美味しい→Cpicon コールラビのオイスターソース煮 by ぜーね
酢の加減が優しく新玉の甘さがいい→Cpicon 新玉ねぎとセロリのポン酢和え(*^^*) by さとっちにゃん
→黒米と麦入りごはん&自家製しば漬け

ほぼ野菜の作り置きおかずだったのですが、やっぱり何と言っても野菜美味しいなと改めて実感。
そして今作り置きおかずって流行っているみたいだけど、確かにささっとすぐ出せるものが冷蔵庫にいくつかあると便利で超ラクチン。今まで塩レモンとかジャーサラダとかおにぎらずとかぎゅうぎゅう焼きとかスプーンコロッケ(スコップコロッケも同じく)とかとか、料理も流行るのと忘れられるのが早いけど、作り置き(常備菜)おかず流行は残るんじゃないかな、って思いました。ってかこれ、結局昔からある日本の食事からつながっているものなので流行とか関係ないのかな、って。
ということで私もしばらくは作り置きおかずにもはまりそうです♪

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


↑このページのトップヘ