オリジナルレシピ

RIMG42969

旦那が先週突然お腹をこわしまして(同じものを食べていた私はぴんぴんです)、食欲もない、って柄にもないこと言うもんだから、お腹に優しいもの、と思って作ったらあっさり美味しくて、私もパクパク食べちゃった~、という1品「長いもと昆布のリゾット」のご紹介です。
実はこの長いもさん、アジア食品屋さんで買ってきて、毎朝4㎝くらいずつすりおろしてワサビとお醤油ちょろっと入れて私一人素敵秘密とろろかけ朝ごはんしていたのですが、こうなったら旦那にも(しぁ~ない?)食べさせましょう、ということで、そしたらせっかくならオリジナルに挑戦しよう、それなら失敗したくない、だって長いも、そのへんのスーパーでは売ってませんから結構貴重なんですよ。ってことで納豆は食べれるけど、決して、納豆好きだぜベイべ♡な旦那じゃないので、同じねばねばな長いもさん、100パー和だとちょっとどうかなぁ、と思い、リゾットに。でもだしは旦那も大好きな昆布だしにお醤油もちょろり。でもバターとパルメザンで洋も取り入れて。んでも焼海苔でやっぱりシメは和仕上げ~、みたいな。なので味ポイントとしては和と洋の風味コラボだけどかなりさりげなくで、そして最後に入れるほぼ生の長いもののシャキシャキ感と先ほどもお伝えしました海苔でしょうか。冷ご飯でも簡単に出来ますので気軽にお試しいただけたらと思います。あ、それから旦那のお腹ですが、私の作ったものが何かいけなかったかなぁ、と作ってる方としてはそりゃ考えちゃったんですが、ちょっと聞いてみたらあ~た、夜中にちょっと暑くて毛布はいでたら朝方寒かったんだぁ、たぶんあれだなぁ、ってさらって言いまして。それ最初言ってほしいんですけど~、ってあたし思いましたですよはい~。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・昆布だし500~550mlくらい ・その戻しただし昆布の千切り(乾燥したもの3×8㎝を2枚分くらい) ・エシャロット又は玉ねぎのみじん切り20g ・オリーブオイル大1 ・米100g  ★醤油小1 ★塩胡椒少々 ★皮をむいて角切りにした長いも120g ★バター12g ★パルメザンチーズ大3 焼き海苔適量

作り方
①昆布は前の晩に水550mlに入れ戻しておく。戻した昆布を細切りにする。
②小鍋にオリーブオイルとエシャロットを入れ中火よりやや強い火で炒め、香りがたったらお米と昆布を入れ炒める。油がよくなじんだら昆布だしを少し入れ炒める。水分がなくなってきたら昆布だしをまた数回に分け何度も少しずつ入れ、炒める、を繰り返す。お米がアルデンテ気味に程よく柔らかく煮えたら、★を入れ、さっと混ぜたらすぐ火からおろす。
③器に盛り、ちぎった海苔、またはもみ海苔をたっぷりかけ出来上がりです。
………………………………………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG42854 - Copie

スーパーでもマルシェでもいろんなきのこが売られている今の時期、我が家も買い物のたびに日本では見かけないような新顔きのこさんたちが登場します。今回はそんなきのこさんの1つジロール茸によく似たシャントレル・ジュヌ=Chanterelle jauneとアジア食品屋さんでかったしめじと、そしてフランスでは一年中新鮮なものがお手頃で売っているマッシュルーム(フランスではシャンピニオン・ド・パリと言います)を使った、焼いたペンネの歯応えもたまらない「きのことゴルゴンゾーラクリームのペンネグラタン」のご紹介です。

RIMG42859 - Copie

ペンネグラタン、大好きで人様の美味しいのも、自分でもオリジナルでときどき作っているのですが、今回のこれは自分オリジナルで作ったものの中では一番美味しく出来たかなぁ、と自分的に大満足で、旦那と2人で、美味しいねぇ、とちょっと止まらなくてあっちゅうまに完食しちまった1品。具材もあえて肉類などは使わずきのこと玉ねぎだけにしたのもきのこのうまみとゴルゴンゾーラの風味がシンプルにひきたってよかったかな、と思います。調理ポイントはきのこをしっかり炒めて水分を飛ばしてうまみを引き出すこと。きのこはお好きなもの、あるものを使っていただければと思います。椎茸を入れていただいてもきっと美味しい。椎茸、フランスで今結構人気ものなんですよ~。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・きのこ数種類150g(今回はマッシュルーム、しめじ、ジロール茸に似たシャントレル・ジュヌ=Chanterelle jauneを使用) ・にんにくのみじん切り2個分 ・玉ねぎの薄切り120g ・オリーブオイル大2と1/2 ・生クリーム300ml~ ・粗く切ったゴルゴンゾーラチーズ70g~(ロックフォールやブルーチーズでも) ・粗挽き黒胡椒適量 ・パン粉15gくらい ・パルメザンチーズ15gくらい ・ペンネ80g

作り方
①ペンネを茹で始める。きのこは軸があるものは少し切り、しめじのようなものは小分けにし、大きめのものは食べやすく切る。オーブンを230°で予熱開始。
②フライパンににんにくとオリーブオイルを入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れしんなりするまで炒め、きのこを加え炒め、水分が出てその水分がなくなるまでしっかり炒め、きのこのうまみを引き出す。生クリームとゴルゴンゾーラを入れ、混ぜながらゆっくり溶かし、溶けたらいったん火を止める。
③ペンネが茹で上がったらよく湯を切り、②のきのこソースの中に入れ混ぜ、とろみが足らなければここで少し生クリーム(牛乳でも)を足し伸ばし、味を見て足らなければ塩と、粗挽き胡椒をする。胡椒はちょっと多めがおすすめです。これを耐熱容器に入れ、パルメザンとパン粉を振りかける。
④230°のオーブンで20分くらい焼いて香ばしい焼き色がついたら出来上がりです。

※ゴルゴンゾーラの量もそれぞれで塩気が違うのでお好みに調節してください。またオーブンの焼き時間もそれぞれ違うので調節してください。

………………………………………………………………………………………………………

おまけ
RIMG41177
今回のグラタンにはどこのスーパーでもだいたい置いている左のパン粉「Fine Chapelure de Pain」を使いましたが、日本の粗めのパン粉でもサクサクして美味しいと思います。残りパンをミキサーでガ~ッ、していただいてももちろん素敵です。私も旦那にしょっちゅう、もったいないもったいない、言ってます~。でもこの説明がほんと難しいのですよねぇ。外国人ご家族がいらっしゃる方々、どんな風に説明してるのかなぁ…


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG42956 - Copie

今週末はハロウィンですね~。しか~し、ここフランスでは盛り上がることはほとんどなく、ま、お子さんがいるご家庭ではこじんまりとパーチィーもあるようだけど、うちの周りでは子供たちが(ほとんどの子が仮装なし)ただピンポーン来て、お菓子頂戴~、ってそれぐらい。で、そんな時くらいは小さなボンボンとかだけじゃなく結構ちゃんとしたお菓子をあげるようにしている我が家です。なので子供たち、そんなお菓子もらうとラッキー!(シメシメ、か?)ってニンマリ顔したりして。あ、でもそのお菓子十分あるかな。後でちょっと見ておかなくちゃ。と言うことでその話から無理くりつなげて~の、今回レシピはちょうどきのことかぼちゃの秋の美味しい味覚があったのでお手軽だけどちょっとご馳走感覚があって楽しめるような1品を作ってみました。
1つで2種類の味を楽しむハーフ&ハーフな秋の「きのことかぼちゃのオープンオムレツ」です。
ハーフ&ハーフのアイディアはこのキッシュの時のもの。
1枚のパイ生地で作るハーフ&ハーフな豆腐のキッシュ
で、もっと軽い感じで作れていただけるハーフ&ハーフも欲しいな、思って思いついたのがこのオープンオムレツ。でも微妙な卵焼きっぽくなるかも的不安も過らせつつ作ってみたのですが、これが美味しく出来て、あんれっ、やった~、って。ソテーしてうまみがしっかり出たきのこと、甘みのあるほくっとしたかぼちゃの風味コントラストもよかったみたいです。で、これは冬味バージョンも春や夏バージョンも作りたいなぁ、と思っているところなのです。それでは早速材料と作り方行きま~す。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・卵4個 ・生クリーム大2(豆乳か牛乳でも) ・塩胡椒少々 ・オムレツ用オリーブオイル大1 ・オムレツ用バター10g ・きのこ120g(今回はマッシュルーム、しめじ、ジロール茸に似たシャントレル・ジュヌ=Chanterelle jauneなど3種使用) ・にんにくのみじん切り1片分 ・きのこソテー用オリーブオひイル大1/2 ・きのこソテー用バター5g ・塩胡椒少々 ・皮をむいて小さめに切ったかぼちゃ100g ・小さく切ったベーコン20g ・溶けるチーズ40g ・パルメザンチーズ大3 ・粗挽き黒胡椒少々

作り方
①ボールに卵をわりほぐし、生クリーム、塩胡椒を混ぜておく。
②きのこは軸があるものは少し切りとり、房のものは小分けにする。かぼちゃはラップで包んでレンジで1分20秒くらい加熱して、熱いのでやけどしないよう気をつけながら取り出す。
③フライパンににんにく、きのこソテー用オリーブオイルとバターを入れ中火に
かけ炒め、香りがたったらきのこを入れ、水分が出てその水分が飛ぶまでしっかり炒め、うまみを引き出し、軽く塩胡椒して皿にとっておく。同じフライパンにベーコンを入れ、軽く炒めたらかぼちゃを入れ、1、2分炒め、軽く塩胡椒して皿にとる。
 ④別のフライパンか又は洗った③のフライパン(我が家はテフロンではないので)を火にかけ程よく熱したら、オムレツ用オリーブオイルとバターを入れ、バターが溶けきる前に卵液を入れ、箸で優しく大きく何度か混ぜたら、火を弱火にし、溶けるチーズを均等に散らし、きのこソテーとかぼちゃソテーを半々にのせ、パルメザンチーズも均等に振りかけ、蓋をし、1分~1分30秒くらい蒸し焼きにする。蓋を取り、火からすぐおろし、お好みで大人さんは粗挽き黒胡椒を振る。フライパンのまま又はお皿に移して取り分けてどうぞ。

※かぼちゃの加熱時間はそれぞれのレンジによって調節してください。。
  
………………………………………………………………………………………………………

そしてハロウィンのためのレシピも貼り付けさせておいていただきますね。
かわいくて優しい味わいの前菜です→ハロウィン・パーチィーに🎃 かぼちゃのウフ・ミモザ
1つのカレーで子供と大人みんなで楽しめる→かぼちゃポタージュカレー🎃1種類のカレーでほんのり甘い子供仕上げ&ピリリな大人仕上げ
皆さまのハロウィンが楽しいお時間になりますように。


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG41221 - Copie

お料理の方がちょっとたまっているのでレシピご紹介続けさせてくださいませ。
今回は超お手軽「もやしの酢醤油ナンプラー和え」です。
えらい庶民的で日本の台所のお助け食材な感じもやしさんですが、こちらでもスーパーで超お気軽に買える食材なのです。袋詰めされたものもあるけれど、大箱がどかん置かれてて、ビニール袋に好きな量を詰めて買うスタイルが多いかな。で、結構こっちの人買ってますよ。でもいったいどんな風にして食べてるのかしら、ってちょっと思います。こっちでもやしの入ったお料理と出会うとしたら、たくさんあるアジア惣菜屋さんやレストランでの炒め物やフォーなど。これらをフランス家庭でまめに作っているとは想像出来ないので、バターソテーなんかにでもしてるのかなぁ。それとも私なんぞが思うよりおうちアジアン浸透しているのだろうか?今度ご近所マダムに聞いてみよう。うんうん。けどもやしのバターソテーも美味しくてわたくし大好きです~。粗挽き黒胡椒をガリガリっときかせてね。あ、でもそじゃないそじゃない。今回はレシピカテゴリの「身体に優しいレシピ」に入るバターなしついでに肉もなしの1品。実は「身体に優しいレシピ」カテゴリを作ってから我が家は平日はほぼベジタリアン。そして週末はお肉や魚介やバターやチーズ、生クリームなんかも使ったものをいただく食スタイルになっているのです。でも無理してとかじゃなく、野菜が美味しい!ってことを改めて感じるここ最近でして。ちゃんと美味しければベジタリアン食生活でもしっかり満足できるんだなぁ、と。また言っちまうけど昔肉ばかり食べてた我が家のフランス男もこのスタイルでまったく大丈夫って。昆布たっぷりの煮物もだしがうまいなぁ、って言っております。というわけで、とにかくレシピご紹介です。ポイントはもやしの歯触りがしっかりシャキっと残るようさっと炒めて、火を止めてから玉ねぎを混ぜること。これで玉ねぎもシャキっなんです。材料も調味料も少ないけれど酸っぱ美味しくてごはんがすすみますよ~。


………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・にんにくのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/3本分 ・オリーブオイル大1と1/2 ・もやし300g ・紫玉ねぎの薄切り130g分 ★米酢大2 ★ナンプラー大2/3 ・醤油大1弱 ★粗挽き黒胡椒少々 ・パクチーのざく切り15gくらい

作り方
①フライパンににんにく、赤唐辛子、オリーブオイルを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらもやしを入れ、火を強くして15~20秒くらいさっと炒め、火を止める。紫玉ねぎを入れ軽く混ぜたら★を入れさっくり混ぜて馴染ませ、最後にパクチーも混ぜ、お皿に盛り出来上がりです。

※辛いのが苦手な方は赤唐辛子を抜いてください。なくても美味しいです。普通玉ねぎの場合は辛みが強いので、少し水にさらしてほどよく辛みを抜いてからお使いください。最後に味を見て足らなければ塩で調節してください。でもお酢をきかせることで結構しっかり味になっているので、なくて十分かなぁ、と思うのですが。
………………………………………………………………………………………………………


おまけ

RIMG40518
そんなベジタリアンな平日食生活の中で、ときどき無性に食べたくなって、朝とお昼の間にたまに(ここフランスじゃ貴重ですから)いただいているのが永谷園のお茶漬け~。ほんっとに美味しい~。でも旦那はこのお茶漬けの、ごはんが水気にしっかりつかってる感じが納得いかないようで、なんか変~苦手~、って。なんやかんや言ったって、まだまだな男です。
RIMG40520
でも私だけで1人占めできるし、1人で立ったままさらさらっと食べるのがまた日本の台所チックで味わいがあっていいんです。他社のお茶漬けもいただいたけれど永谷園がな~んかやっぱり美味しいんですよねぇ。どうしてかなぁ…


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG41284 - Copie

火を通していただくイメージが強いけど実は生でも美味しい意外なお野菜、で私が思い浮ぶのはカリフラワーとそしてマッシュルーム。この2つの生の美味しさはちょっと目からウロコなのです。で、今回はそんな生マッシュルームさんの方を使った「生マッシュルームのカルパッチョ」のご紹介です。もう言っちまいますがめっちゃ美味しくできました!いやいや生マッシュルームの美味しさたまりません。私なんぞぁ、新鮮な生マッシュがあると火を通していただく前に先ず生でいただかないともったいないな、と思っちゃうくらい好きなのです。なもんだから、生マッシュまだ未体験の方も生マッシュお好きな方も7分か8分か、かかっても10分くらいで作れますので是非一度ちゃちゃっといかがでしょうか、って思っておすすめさせていただきます。それでは材料と作り方行きま~す!

………………………………………………………………………………………………………
材料(1人1皿ずつ分で2人分)
・新鮮な生マッシュルーム100g(今回はブラウン使用) ・サラミを小さく切ったもの20g分(生ハムでも) ・ロックフォールチーズを小さく切ったもの30g分(ブルーチーズやゴルゴンゾーラでも) ・エシャロットのみじん切り15g分(玉ねぎでもOKです) ・粗挽き胡椒少々 ・いいお塩少々 ・EXVオリーブオイル適量 ・バルサミコクリーム適量(バルサミコ酢+少しのハチミツを混ぜたものでもOKです) ・ルッコラ適量

作り方
①マッシュルームをスライサーで薄く切る。
②お皿にお塩を軽く散らし、その上にマッシュルームを並べ、サラミ、ロックフォール、エシャロットをのせ、粗挽き胡椒を振り、EXVオリーブオイルとバルサミコクリームをさっとかけ、ルッコラをのせて出来上がりです。

※普通玉ねぎの場合は水に少しさらして辛みを取り抜いてからお使いください。
バルサミコクリームはこの時にも使っているものを使用していますが
5分でできる「イチジクのカルパッチョ」
バルサミコ酢+ハチミツでも十分です。
………………………………………………………………………………………………………


そして生マッシュルーム使いのわたくしのレシピもいくつか貼らせていただいておきますね~。
生マッシュ&パクチーがびっくりかもですが美味→Cpicon 生マッシュルームとコリアンダーのサラダ by milketmoi
超シンプルでうまし!→Cpicon 生マッシュルームのレモン黒胡椒和え by milketmoi
下町ビストロの再現です→Cpicon 【家ビストロごはん】ブルーチーズのサラダ by milketmoi
その再現ビストロはコチラです→「l’encrier(ランクリエ) ~パリ12区~


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ