オリジナルレシピ

RIMG3157 - Copie
さてさてパリ散歩記事がまだ出来上がらなかったのでレシピの方のご紹介でして今回は、
旦那の大好物でもある「うちの和中華丼」でございます。
なんか和中華とかつけてオリジナル感だしてっぽいですが、要は中華風味に和風だしとみりんを+してほんのり和の風味も感じる味わいになっているだけのことなのですが、この中華&和だしを合わせるのはちょっとあっさり気味になってわたくしよくやるんです。ちなみにこのスープもそんな1つ。
Cpicon 残った干し椎茸戻し汁で簡単スープ by milketmoi
で、そんなうち風の和中華丼、具材もその時々のあるものを使ってまして、お肉を海老やイカにする時も冷凍ミックス魚介にする時もあるし、青梗菜を白菜にする時もあるのであるものを利用していただければと思います。フランスでは魚介、お高めなので私はちょっとケチってついつい少なめにしがちですが、
それでも味がちゃんと出て美味しいです♪ あ、何ならカニカマでもいいかもですねぇ。
それでは材料と作り方です!

……………………………………………………………………

材料(2人分)
RIMG3154 - Copie
主な具材
・水煮タケノコの千切り50g ・人参の千切り50g ・青梗菜の茎と葉を食べやすく切ったもの180g
・一口大の豚肉80g ・戻した干し椎茸薄切り2枚分 ・キクラゲ3gを戻した千切り ・うずら茹で卵8個
・生姜の千切り小1/2 

調味料類
・豚肉もみこみ用の酒小1+塩胡椒少々+片栗粉
★干し椎茸戻し汁300ml ★酒大1 ★オイスターソース大1 ★醤油大2 ★みりん大2強 ★和風だしのもと小1/2 ★鶏がらだしのもと小1/2 ★塩胡椒少々 
・ゴマ油大1と1/2 ・水溶き片栗粉(片栗粉大2+水大2) 

・温かいごはん2人分

作り方
先ずは上の具材の準備をする。★を合わせておく。豚肉に酒、塩胡椒、片栗粉をもみこんでおく。
中華鍋かフライパンをやや強めの火で熱し、ゴマ油と生姜を入れ香りがたつまでさっと炒めたら、
人参、青梗菜の固い部分の方を入れ、さっと炒める。つづいて干し椎茸、水煮タケノコ、キクラゲを入れさっと炒め合わせたら、合わせた★を入れ煮立ったら豚肉、うずらの卵を入れ、豚肉に8分通り火が通ったら、青梗菜の葉を入れ軽く火が通ったら、水溶き片栗粉を固まらないよう少しずつ混ぜながら入れ、ほどよいとろみがついたら、最後に味を見て足らなければ塩胡椒をお好み加減に足してあんは出来上がり。
野菜のしゃきしゃき感が残るよう手早くどんどこ炒めていっちゃってくださいませ。

RIMG3156 - Copie
温かいごはんにたっぷりかけてどうぞ~。美味しいですよ~ん。

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3146 - Copie
以前はアジア系スーパーに行かないと買えなかった青梗菜も、最近はご近所スーパーでもいつもではないんですが置くようになったので便利になりました。
RIMG3145 - Copie - Copie - Copie
呼び名は「プリマフロー パクショイ」だそうでスペイン産。
フランスは農業国だし、ヨーロッパ全体やはたまたアフリカからもいろいろな野菜や果物が一年中入ってくるので、今、日本は野菜がかなり高くなってるそうですが、そのてんではお値段が安定していて助かります。やっぱりお野菜食べれないと困っちゃいますもんねぇ。
クリスマスとお正月に向けて日本でもお野菜のお値段が何とか下がってくれればいいな、と思います。
少し前はキャベツ半玉400円とか聞いてほんとびっくりしましたもん。ありえへん…
ということで昨日の天気予報通り、今朝はどうやら-2度らしく霜が降りておりました。
こちらは真冬でございま~す!でも青空で気持ちよいで~す!シャッキリ。

……………………………………………………………………


珍しく中華レシピでございましたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG3474 - Copie
今日は昨日の午後作りたてほやほやレシピのご紹介でございます。
先週の週末ごはんのこの時、
→「週末フレンチイタリアンコースごはん」 
に作った、ブログにコメくださったミドリさんの、ジェイミー・オリヴァーのレシピも美味しかったですよ、でお試ししてみてと~っても気に入ったパネ(パースニップ)のパスタを、日本ではパネがまだお手軽じゃないので、人参で作ってみよう思い、そして似たような味付けじゃただの二番煎じなので、ジャポンアレンジしてみての「人参入り2色のタリアテッレ、チーズバター醤油風味」でございます。
ということでこうしてレシピアップが無事出来るので大丈夫、美味しく出来ました♪
ポイントはピューラー人参と似たタリアテッレを使うこと。あとはそうですねぇ。お醤油でしょうか。
とは言ってもチーズとバターとあいまってほんのり風味があるくらいでザ・和風味でもなくて、
結構万人受けする味かしら、って思います。
それに人参にしたらたまたま?2色にもなって彩りもたまたま綺麗だし、
パスタの量もたまたま少なめになって、あらよかったわ、って。レシピ名はなので後付けで~す。
それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(程よい量の2人分)
・タリアテッレ(またはフェットチーネなどピューラーで切るにんじんと形が似て馴染むパスタ)100g ・ピューラーで薄く切った人参70g ・包丁の背でつぶしたにんにく1片 ・オリーブオイル大1と1/2 
・パスタの茹で汁大2~3 ・醤油大1強くらい ・細かく切った溶けるチーズ45gくらい ・バター8~10gくらい ・塩胡椒少々 ・あればハーブのみじん切り少々

作り方
タリアテッレを茹で始める。
RIMG3459
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、中火よりやや強めの火にかけ、
香りがたつまで炒める。
RIMG3460
にんじんを入れ、炒める。
RIMG3464
しんなりとして火が通ったら、タリアテッレがアルデンテに茹であがるまでいったん火を止めておく。
RIMG3466
タリアテッレが茹であがったら、ゆで汁をとってから、よく湯を切りフライパンに入れ、再び火にかけ、水分の感じなどを見ながらゆで汁と醤油を入れ、さっと混ぜる。
RIMG3469
チーズを入れ、さっと混ぜる。
RIMG3471
バターを入れ混ぜ、溶けたら最後に味を見ながら塩と胡椒でお好み加減に調節する。
RIMG3476 - Copie
お皿に持って、あればハーブを散らして出来上がりです。
にんにくが気になる方やこの後デートがある方は抜いていただてもぜんぜんOKです!

……………………………………………………………………

最後にちょっぴし一言。
このレシピはほんとミドリさんがコメをくださったおかげで考えついたレシピです。
それがなかったら自分ではまったく思いつきませんでした。
なので大感謝でございます。
ミドリさん、ありがとうございます!

……………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG3296 - Copie - Copie
昨日作ったばかりのほかほかレシピ「魚介のスパゲティー、オイスターレモン風味」のご紹介です。
でもほかほかと言っても実は我が家の超定番の味でして、昨日はスパゲティーでしたが、焼きそば麺の時もあればビーフンやうどんの時もありまして毎回その時ある麺使い。というのも何と言っても具材である魚介の風味+オイスターレモンのこの味付けがいけるのですよん。
なのでお好きな麺またはその時ある麺で作っていただければと思います。
でもでも今回のスパゲティー編は私的にはかなりおすすめかしら、って。
我が家はパスタ率がかなり高く(手軽なので)しょっちゅう食べる旦那はパスタの味にかな~り厳しくて、美味しくても平凡だと感じるとこのようなレシピアップには首をひねるのですが、そんな中でこのスパゲティー編はかな~りお気に入りで毎回うまい!って言ってるくらいなのです。でも、ま、旦那の味覚も時々怪しいと思うこともわたくしはあるのですがねぇ…。だってめっちゃ甘い着色料たっぷりのフランスの変な?お菓子美味しい、言うて夜中に食べたりしてますからねぇ。そんな時はこっちが首ひねらせていただいてますがねぇ…。
で、今回はスパゲティーだったのでオリーブオイルを使いましたが麺に合わせ、またはお好みでゴマ油にしていただいてもいいですし、マッシュルームも他のきのこにしていただいても美味しいです。
それでは材料と作り方で~す。


……………………………………………………………………

材料(2人分)
・解凍した冷凍ミックス魚介(もちろんフレッシュなものでも!)100g ・薄切りにしたマッシュルーム60g ・玉ねぎの薄切り40g ・オリーブオイル大2 ・にんにくと生姜のみじん切り1かけずつ(少し多め) ・赤唐辛子の輪切り1/2本分 ・酒大2 ★オイスターソース大1と1/2 ★醤油大1/2 ★スパゲティーの茹で汁大2 ★粗びき黒胡椒&塩少々 ・櫛形レモン2切れ ・あればハーブのみじん切り少々 ・スパゲティー160g


作り方

先ずはスパゲティーを茹で始める、 
RIMG3273
フライパンにオリーブオイル、にんにくと生姜、赤唐辛子を入れ、中火よりやや強めの火にかけ、
香りが出るまで炒める。
RIMG3276
玉ねぎを加え、しんなりして色が少し変わるくらいまで炒める。
RIMG3279
マッシュルームも加え、炒める。
RIMG3283
魚介を加え、さっと混ぜ炒めしたら、酒を入れ、軽く炒める。
ここでスパゲティーがまだアルデンテに茹であがっていなければいったん火を止めておく。
スパゲティーを入れた時、再び火にかけるようにする。
RIMG3286
スパゲティーが茹であがったらゆで汁をとってから、よく湯を切り、魚介具材のフライパンに入れ、
軽く混ぜたら、味を見ながら★も入れ、お好み加減にしながらさっと混ぜればOK。
RIMG3291 - Copie - Copie
皿に盛り、あればハーブを散らし、櫛形レモンを添えて、いただく時、ぎゅっと絞って召し上がれ♪

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3306 - Copie
先週スーパーマーケット「LIDL」で買った私的ウキウキ品のご紹介です。
お料理の盛り付けに使うセルクル6個入りの丸型と四角型でそれぞれ5ユーロ!
普通だと1個2~3ユーロくらいするのでかな~りお安かったのです♪
めっけた時はすぐ2箱腕の中に抱え、無言で旦那に訴えさせていただきましたよ。ふふ。
RIMG3312 - Copie
この2種型がそれぞれ6個(も)!入っております。
丸型は小中大を1個ずつ持ってはいるのですが、冷蔵にもオーブンにも使えるし、
例えばこれで小さなグラタン・ドフィノワを人数分作ってもいいので揃ったものが欲しいとずっと思っていたのですが、まとめて買うとなると躊躇してしまっていて…。
ちなみに我が家のグラタン・ドフィノワのレシピはこちらです。これほんと美味しいんですよん。
Cpicon 【家ビストロごはん】グラタン・ドフィノワ by milketmoi
で、やっぱり「LIDL」、こんなお買い得があるし、やっぱり一番好きスーパーだな、と思いましたねぇ。
ということで今からちゃちゃっと旦那のお昼ごはん作ってきま~す。もう今ごはん炊いてま~す。

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG3137 - Copie
今日はレシピのご紹介でして、数週間前にある情報番組の中でインゲン特集をやっておりまして、
その中で女性料理家さんが日本の干し椎茸も使って「インゲンと干し椎茸とカシューナッツの炒め物」
を紹介なさっていたのです。
で、美味しそう!思って同じ週に早速作ってみたら美味しいんだけど何かが足らないかな?
と、ちょっと思い、今度は少し変えて作ってみよう、と思って。それが今回の、
「インゲンと干し椎茸とピーナッツの甘辛オイスターソース炒め」でございます。
少し変えたところは、料理家さんは味付けにお酒と醤油だったのですが、これにオイスターソースの旨みとお砂糖で甘味を足したことと、フランス人の苦手気味な赤唐辛子の辛味もプラス。それとカシューナッツよりもお手軽で安いピーナッツにしちゃいました。なのでカシューナッツの方がよい方はカシューちゃんにしていただいても美味しいかと思います。
それにしても干し椎茸「SHIITAKE SEC 」もフランスの番組の料理コーナーで出てくるなんて嬉しくなっちまいます。
他にも「YUZU」はこちらの料理人さん(フレンチの)ほんと最近よ~く使ってらっしゃるし、あとは「SAKE」や「MISO」、それから「MAKI」や「UMAMI」なんて言葉も料理番組を観ていると出てくるのです。
「MAKI」という言葉なんて料理人さんたちの中でどれだけ浸透していることか。
フランスでも料理に携わる人たちの中ですっかり料理の手法の1つとして定着してる感なのです。
そこにはフランスの料理人さんたちの和食と、そして日本の文化への尊敬の気持ちも感じられて、
日本人の1人として私も本当に嬉しいのです!
ところでですね、話はちょっと変わるのですがちょっと聞いてくださいよ~。
番組のインゲン特集の時、ちょうど旦那がお昼を食べに自宅から歩いて5分の職場から帰ってきていて、途中まで一緒に観ていたのです。で、旦那が行ったあと「インゲンと干し椎茸とカシューナッツの炒め物」が紹介されていたんです。で、その時ちょうど新鮮インゲンちゃんはあったのですが、干し椎茸の方がすぐ戻せないと思い、これを作ったのです。
→「いんげんとパクチーのナンプラーレモンドレ和え
そしてその夜、これを夕食の時旦那に出して、
私「どう?美味しい?私のオリジナルなんだけど」
旦那「うん、美味しい♪ でもこれ、お昼にやってたやつじゃないの?」って。
ぎゃ~~、わたくし旦那に、



疑われたのです~!!
ひどい~!!





なので鼻を若干膨らませながらむきになってわたくし言いましたよ。
「ちゃうよちゃうよ~!お昼は干し椎茸使っててこれは私考えたんだよ~!」って。
すると旦那超~お気軽に「あ、そうなの?ふふふ」ですって。
も~、妻を疑うなんてひどいですよ。ったく…。
ということで愚痴をお聞かせしてしまいました。申訳けございません。
それでは材料と作り方で~す。


……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・インゲン150g ・戻した干し椎茸4枚 ・ローストピーナッツ60g ・にんにくと生姜のみじん切り1かけより多め分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本~ ・ごま油大1と1/2 ・合わせ調味料(干し椎茸の戻し汁50ml、酒大1、オイスターソース大1と1/2、醤油小1、てんさい糖又は砂糖小1、塩胡椒少々)

作り方
インゲンは端を切り、筋もとって、ちょっと多めに塩を入れた熱湯で2~3分くらい茹でる(太さに合わせてください)。
干し椎茸は薄切り、ローストピーナッツはビニール袋に入れて綿棒などで叩いて、粗く砕いておく。
合わせ調味料の材料を合わせておく。

フライパンににんにく、生姜、赤唐辛子、ゴマ油を入れ、中火よりやや強めの火にかけ炒め、香りがたったらインゲンを入れ、さっと炒め、干し椎茸も加え軽く炒め合わせる。
合わせ調味料を入れ、混ぜ炒め、馴染んだら、最後にピーナッツを入れさっと混ぜて出来上がりです。

RIMG3139 - Copie
あ、大事なことお伝えするのを忘れておりました。
ごはんによく合うし、作り置きにしても味が馴染んで美味しいです♪

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3005
またまた今週のスーパーマーケット「LIDL」のチラシもご紹介。
やはりご馳走品が今週も出てます~。
RIMG3008
1、2ページはお買い得品で3ページめはアペリティフ。
左上の「LIDL」と「Deluxe」の間に「Meilleure de chîane de Magasins FRANCE 2016‐2017」
は、チューン店スーパーで2016年~2017年の一番いいスーパーマーケットに与えられるシルシ。
「LIDL」はこれを確か3年?連続でいただいているのです。いや、もっとかもしれないのですが。
RIMG3007
さってさて商品に戻らせていただきまして、これは何とフォアグラのマカロンの冷凍!
今の時期にしか出ないものなのでノエルに向けて買い置きしておこうと思っております。
今年のノエルはちょっと手を抜くとこは抜こうかなぁ~、って思ってるんです。
だってアペリティフからデザートまでを12月24日と25日の2日間作るってほんと~~に疲れるのですもの。
旦那は座ってるだけだからいいですけどねぇ…
RIMG3009 - Copie
そしてこれはトリュフとほたて入りの白ブーダン。わたくしの大好物でございます。
とは言ってもブーダンをご存知ない方の方が多いかと思うのですが、
ブーダンには黒ブーダン(boudin noir)と白ブーダン(boudin blanc )がございまして、
黒は主に豚の血と脂で作られた腸詰。そして白は主に白身のお肉とたまご、牛乳で作られた腸詰。
黒と白しか名前では違わないのですが中身はまったく違うものなのです。
で、ご想像のつく方もいらっしゃると思うのですが、黒ブーダンはやはりくせがあって苦手な方も多いです。
そして白は優しい味わいで食べやすいのです。
わたくしも黒の方はあまり得意ではありません、やはり。
ただし質のよいものはほんと食べやすくて美味しくてですね、
以前行ったこちらの黒ブーダンは、
→「Le Comptoir Tempero(ル・コントワール・タンペロ) ~パリのビストロ 13区~
お店のお客さんのほとんどが注文していたくらいでしてほんと美味でしたねぇ。
ランチのお値段も良心的で、もし黒ブーダン試してみたいわ、な方にはおすすめでございます!
それではまたちょっと長くなっちまいましたがここで終わりにさせていただきますね。
週末まであともう少し。寒くなってまいりましたのでお風邪にもどうぞ気をつけてくださいませ。
ではでは~

……………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG1047 - Copie
さてさてレシピのご紹介でして今回はこの「シェーブルとマッシュルームの春巻き」です。
最近、火を通していただくシェーブルチーズの美味しさにはまっていて新レシピにちょこちょこ挑戦中なのですが、これはそんな中でめっちゃ簡単で材料少なで、そしてそのわりにかな~り美味しいのでレシピが完成後も3回作っちゃった1品。ま、こちらのアジア食品屋さんで買う春巻きの皮が冷凍50枚入りなので、一度解凍するとどんどこ春巻き作らなくちゃ、ってこともあったのですが。
で、今回はそんな春巻きの皮があったのでチョイスしましたが、フランスでは春巻きの皮よりブリックの生地の方がスーパーでお安くお手軽に買えますので、お住まいの地域で包む生地をチョイスしていただければと思います。ただ、ブリック生地はかなり薄くて繊細さんでしかも形が円形なので、具材の巻き方を変えるのと、そして揚げる時に穴が開かないように気をつけてくださいませ。
それを考えると春巻きの皮の方がやはりラクチンでしょうかねぇ。
それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(6個分)
・粗みじんに切ったマッシュルーム130g 粗みじんに切ったシェーブルチーズ85g 
・オリーブオイル大1 ・塩胡椒少々 ・パセリのみじん切り3g ・春巻きの皮6枚 
・水溶き小麦粉適量 ・揚げ油

作り方
RIMG1034
フライパンにオリーブオイルをしき、中火よりやや強めの火でマッシュルームを炒める。
水分が出てくるのでその水分がほぼなくなるまでよく炒める。
RIMG1035
こんな感じになったら軽く塩胡椒をする。
RIMG1036
ボールに炒めたマッシュルームを入れ、シェーブルチーズ、パセリを入れる。
RIMG1037
よく混ぜて中の具の出来上がりです。
RIMG1042
まな板の上に春巻きの皮をひし形に置き、
具材の1/6量を手前の縦長に置く。
RIMG1043
一度巻いたら、両端を綺麗に折り込み、また巻いて、
RIMG1044
巻き終わりを水溶き小麦粉でのりづけする。これを6個作る。
熱した揚げ油でからっと揚げて出来上がりです。
ワインのおつまみにしてもとても美味しいですよん♪

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG2973
先週末の買い物でもらってきたスーパー「LIDL」のちらしをちょこっとご紹介。
というのもノエルが近付いてきた感のちらしだったので、いよいよだな、と。
チラシの左上についている「Deluxe」シリーズマークは「LIDL」オリジナル商品で、
いつものよりちょっとワンラック上の美味しいもの的商品マーク。
でもこのシリーズで以前買ったステーキソースは美味しくなかったのでもう買いません。
RIMG2974
まず1ページ目を開いてみると「cerf」、雄鹿さんのお肉。
我が家はここ数年ノエルはこの「cerf」をメインにいただいています。RIMG2977 - Copie
それからやっぱり「fois gras 」、フォアグラです。
カルフールで上質のものはもっとずっとお高いので、量の違いもあるかもですがお手頃です。
RIMG2978
それから「œuf de saumon」、イクラで~す!
これは絶対買っておきたい、と少し鼻を膨らませながら旦那に伝えておきました。
RIMG2980
冷凍マカロンもあります。12個入りで3ユーロ29サンチーム。
ピエール・エルメやラデュレよりず~~っとお安いです~。ふふ。
でもやはりあちらは美味でございます。特に私的にはピエール・エルメが。
なのでお値段と味と家計を考えて無理のないように買いましょう♡
RIMG2982 - Copie
そしてこれは我が家の郵便受けに入っていた「ユニクロ」のチラシです。
どうやら新しい店舗が近々オープンするもよう。
RIMG2983
「ユニクロ」、パリではほんとかな~り浸透しました。
しばらく行っていないので新店舗がオープンしたら行ってみましょう。
これからどんどこ寒くなるのであったかいのが欲しいですねぇ。うんうん。

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



↑このページのトップヘ