オリジナルレシピ

FotoJet (246)
今日は朝から秋の光に溢れ気持ちのよいこちらパリ郊外から、
木曜レシピコーナーでございます。
本日は超ヘルシーなわりに美味しい
「豆腐とアボガドとアルファルファと海苔のカプレーゼ、アンチョビ醤油ドレッシング」
のご紹介です。
ってかカプレーゼなんてオサレっぽい名前にしてみましたが、
簡単に言うと豆腐とアボガドのサラダですね。
アルファルファ、今我が家では種から育てては食べてるんですが、
あっちゅう間に育って、そして美味しいのでお気に入り♡
しかも栄養もすごくあるらしくて、ビタミンAやら酵素やらミネラルやらあとは…
とにかくいろいろあるらしい。
でも実は最初はこの豆腐とアボガド組み合わせにアルファルファじゃなく、
いつものパターンのパクチーをのせたんです。
でもなんかしっくりこなくて、今度はアルファルファに変えてみたら、
これがぐぐんと美味しくなりまして。
パクチー大好きだけど、何でもパクチーのせりゃあいいってもんじゃない、
って学んだんですよね。
ということで調理ポイントですが、簡単なので特にないのですが、
お豆腐は水分が多いし、アボガドは色が変わりやすいので、
作ったらすぐ召し上がっていただくのがよいということくらいでしょうか。
アンチョビ醤油ドレッシングの塩気とうまみもまたアクセントになってていいです。
あ、アルファルファがぐぐんと美味しくなると書きましたが、
他のスプラウト野菜でも美味しいかと思いますのでお好みチョイスなさってください。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・木綿豆腐250g ・完熟アボガド1個(+レモン汁大1) 
・アルファルファ ・海苔適量 ・粗びき黒胡椒
★EXVオリーブオイル大3と1/2くらい ★白ワインヴィネガー大1 ★レモン汁大1 
★アンチョビのみじん切り6~7gくらい ★玉ねぎのすりおろし小1/2くらい 
★きび砂糖又は砂糖小1/2~ ★醤油大2/3~ 

作り方

豆腐はキッチンペーパー2枚で包んで耐熱皿にのせ、レンジで2分加熱し、キッチンペーパーを取り(熱いのでやけどに注意してください)、7~8ミリの薄切りにする。
アボガドは皮をむき、種を取り、豆腐と同じj数になるよう半月の薄切りにし、
レモン汁をかけておく。味を見ながら★をお好み加減に合わせておく。
平皿にアボガドと豆腐を交互に並べ、、アルファルファをのせ、★のドレッシングをかけ、海苔をのせ、粗びき黒胡椒をガリガリして出来上がりです。
FotoJet (245)
豆腐やアボガドが見えやすいようにフォトでは海苔は少なめですが、
これより多めがおすすめです。
アンチョビがそれほど得意じゃない旦那も、美味しい美味しい♪
と気に入ってわしわし気味に食べてくれました。
ホント結構美味しいんですよ、これが。
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (244)
週末は何やかんやと時間がなくなり、記事の準備が出来ませんでしたので、
今日は月曜日ですが、レンジで超簡単に出来る
「白ゴマえのき梅バターの混ぜごはん」をささっとご紹介でございます。
レシピはフォトが少ないので、だいたいすぐに材料&作り方と一緒に記事にしておき、
あとはこの部分を書くのみにしてあるので、早く出来るのですよね。
ってなんで言い訳してるのでしょうあたし…
さて、パリに住み始めた当初、ほんとよく、
無造作に片手にバゲッド持ってスタスタ歩くフランス人たちを見て、
日本に住んでいた時に思い浮かべていたフランス人&バゲッドの図、
と一緒で、面白いなぁ、ほんとにバゲッドの国なんだなぁ、と思ったものです。
で、確かに美味しいお店の焼きたてパリッ、中もっちりのバゲッドはほんと美味しい♡
しか~し、わたくしはおコメの国ジャポンで生まれた生粋のジャポネーズ。
やっぱり一番には何と言ってもコメが好きなんです!
ちなみに1番好きな食べ物だってお寿司ですもん。
(2番は豚しゃぶで3番めはおでんです)
という理由がありますので、我が家はおコメ、ほんとよく食べておりまして、
そんな中で、この間オペラ地区の京子食品で買った梅干しも使って、
フランスのバターも使っての今回の日仏コラボレシピでございます。
えのきだけを切ってレンジでさっと加熱してあとは調味料とごはんを混ぜるだけ、と、
とにかくめっちゃ簡単ですが、
えのきだけの優しいうまみと、そこにボン・マリアージュな梅&バター、
そして白炒りゴマの香ばしさで、イケます♪
冷めても美味しいので、お弁当にしたり、おにぎりにしていただくのもよいですし、
それからキノコが美味しい季節ですので、シメジや舞茸なんかにしていただいたり、
何種類かのキノコを使っていただいても美味しいと思います。
今、フランスもいろんなキノコがたくさん並んでおりますよ。
それでは材料と作り方で~す。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・えのきだけ1袋 ★バター15g ★たたいて細かくした梅肉15~20gくらい ★和風だし小1/2 ★白炒りゴマ大1 ・温かいごはんお茶碗2杯 ・味を見ながら塩 ・あれば青ネギの輪切り少々(海苔でも美味しいと思います) ・白炒りゴマ少々 ・梅肉少々 

作り方
えのきだけの石突を少しだけ切り取り、食べやすく切り、ほぐして
耐熱容器に入れ、ふわっとラップをして1分30秒加熱し、取り出し
ラップを外し(熱いのでやけどに気をつけて)★を混ぜ、
温かいごはんも入れさっと混ぜ、味を見て足らなければ塩をお好み量足す。
お茶碗に盛り、青ネギ、白炒りゴマ、梅肉を飾って出来上がりです。

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (233)
3日連続でレシピが続きますが正式?木曜レシピコーナーでございまして、
今回は、今年のプロの料理人たちのコンペティション番組「TOP CHEF」で
いいところまでいった、ベルギー出身の若くナルシストな、
でもおしゃべりで憎めない感じお坊ちゃんシェフ、
「Maximilien Dienst」くんが先週TV番組で紹介していたものの再現をしてみまして、
(彼にもしご興味ある方は検索してみてください。)
「生マッシュルームとキノコソテーのタルティーヌ、アンチョビガーリックバターで」
でございます。
タルティーヌ?何それ?どうせおしゃれな面倒なやつでしょ?
と思ったそこのあなた様!
実はタルティーヌとはパンに好きな具をのっけただけのやつでして、
バターやジャムを塗っただけでもタルティーヌとフランスでは呼ぶんです~。
で、今回のタルティーヌは旬のキノコを生も火を通したものも使ったもの。
シェフさんレシピですが、超簡単です♪
ただしバターはわたくし流にアレンジさせていただきました。
と言いますのもシェフさんはジロール茸の粉末をバターに混ぜて使っていたのですが、
そんなものぁございませんので、風味の出るアンチョビと
そのアンチョビともキノコとも相性のいいガーリックも使ってみました。
ジロール茸にはそりゃ負けるでしょうが、大丈夫。十分これでイケます!
ということで材料と作り方で~す。
……………………………………………………………………………………

材料(4枚分)
・ざく切りにしたキノコ2種(今回はマッシュルームとシメジのようなキノコ使用)200gと新鮮生マッシュルーム2個 ・お好きなパン(今回はカンパーニュ)の薄切り4枚 ・オリーブオイル大1と1/2 ・塩と粗びき黒胡椒少々 
★バター40g ★アンチョビ5gのみじん切り ★パセリのみじん切り大1とトッピング用パセリ少々 ★ニンニクのすりおろしまたはガーリックパウダー少々 ★味を見ながら塩と粗びき黒胡椒

作り方
材料を切る、★を混ぜ合わせるなどの準備をしておく。
オーブンかトースターでパンを軽くさくっと焼く。
フライパンにオリーブオイルを入れ中火よりやや強めの火にかけ、
キノコを入れ軽くさっと炒め、全体に火が通ったら、
塩と粗びき黒胡椒で軽く味を整え、すぐ火からおろす。
パンに★のアンチョビガーリックバターを塗り、その上に③のキノコのソテーをのせ、
その上にスライサーで薄切りにしたマッシュルームをのせ、
パセリを飾って出来上がりです。
※彩りでピンクペッパーを散らしましたがなしでぜんぜんOKです。
FotoJet (232)
少し前に自分レシピでも生マッシュルーム&ソテーマッシュルームの1品を
ご紹介させていただいたのですが、
アイディアがちょっと一緒で嬉しかったのです。
やっぱりマッシュルーム、生も火を通したのもどちらも美味しいですからねぇ。
まだ生のマッシュルーム召し上がったことない方は
ぜひ一度、お試しいかがでしょうか。
生マッシュルームとソテーマッシュルームのガーリック風味混ぜごはん

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (202)
昨日はアジア食材ニラを使ったジャポンな簡単副菜をご紹介させていただいたのですが、
ニラで今度は洋風なのを作ってみたいな、と思い、ふと、
先週ご紹介させていただいたフランス定番家庭料理ウフ・ココットのキノコ版
キノコとベーコンのウフ・ココット
を思い出し、相性のいいニラと卵で出来るぞこれだ!
と早速昨日作ってみましたら、これも美味しかったので、
今日はお月見ということもあり(後付けだけど)ご紹介でございます。
さて、ウフ・ココット、フランスにはもちろんいろんな種類がありますが、
ニラのウフ・ココットはこのレシピがたぶん世界初(超大袈裟です~)かなぁ、と。
で、ニラ、クリームとの相性もなかなかです♪
ほんとはですね、一番最初はニラのカルボナーラが浮かんだのですが、
検索したらすでに美味しそうなのがあったので、
ま、それでもオリジナル味を考えればよかったのですが、
そこで例?のキノコのウフ・ココットが浮かんだのですよね。
ということで調理ポイントですが、卵黄トロリが美味しいのでやはり焼き加減が大事。
我が家では今回予熱が長めになったので210°で11分でしたが、
ぞれぞれのオーブンと予熱時間を考えて焼いていただければと思います。
10分ちょっとでほどよく火が通りますので、
そばでときどきのぞいてもらうのが一番いいですかねぇ。
それでは超簡単ですが材料と作り方で~す。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・2㎝くらいに切ったニラ80g ・短冊切りベーコン40g ・バター20g ・塩胡椒少々 ・生クリーム100ml ・卵2個 ・粗びき黒胡椒適量

作り方
材料を切るなどの準備をする。オーブンを210°で予熱開始。
フライパンにバターを入れ中火にかけ溶けたらニラを入れ、
さっと炒めたらベーコンも加え軽く炒め合わせ、塩胡椒で調味する。
小さめココット2個に②のニラとベーコンを半量ずつと生クリームを入れ、
真ん中にくぼみを作り、くぼみに卵をそっと割り入れる。
210°のオーブンで10~13分くらい焼き、卵黄が半熟くらいにかたまったらOK。
取り出して仕上げに粗挽き黒胡椒をガリガリして出来上がりです。
……………………………………………………………………………………

あ~んど。
昨日のお昼ごはんもご紹介。
FotoJet (201)
よく拝見させていただいている、るるるさんブログで素敵な盛りつけの1皿を見て、
→「るるる日記・HIKARI SHOKUDO
このココットを作るし、土曜日の残りムール貝で作ったスープもあったので、
ちょっとがんばって盛り合わせランチを作ってみました~。
まず真ん中のごはんはやはりよく拝見させていただいている29Qloveさんのブログ、
ラムネときなこのキャッツな日常・セロリ&最近のお気に入り♡
で見て、セロリの混ぜご飯は食べたことないな、と新鮮でお試しだったのですが、
これがセロリのしゃきしゃき食感と風味とそこにジャコからのいいおだしがしみて
すご~く美味しくて超気に入ってしまったのです♪
そして、周りは上から時計回りに、
・ウフ・ココット、
・シンプル塩茹でインゲン(時間なかった)、
Cpicon フランスのシンプル人参サラダ*ムタール編 by milketmoi
・焼きスモーク鯖(大好きなのでしょっちゅう我が家ターブルに出ます)
・残りムールとじゃがいも、ブロッコリーのスープ
・レタス、黒大根、ラディッシュ、白玉ねぎ、ワカメのサラダで、ドレがコチラ。
Cpicon 醤油とバルサミコ酢の超美味ドレッシング by milketmoi
となっております。
盛り付けはお店みたいに美しく出来ませんでしたが、
でもこういうの、目からも楽しみがあっていいし、
お味も、旦那が1つ1つ食べるたびに、美味しい♪を連発で大成功!
気負わないごはんにお客さまをご招待する時にもいいな、と思いました。
わが家のお気に入りスタイルになりそうです♡

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (179)

火曜日ですがレシピのご紹介でして、レンジで超簡単に出来る、
「ニラとえのきと海苔の魚三風ニラ玉」のご紹介です。
ということで、もう名前にもなっておりますが、この組み合わせ、もともとは、
私が日本にいた時によく行っていた門前仲町、通称「門仲」の酒場
「魚三」でいただいていた「ニラ玉」がはじまり。
ニラ玉というと、火を通した玉子と合わせるのがイメージですが、
「魚三」のニラ玉は、さっと茹でたニラ&卵黄で、
これに自分で醤油を好み量ちょっとかけるだけ。
でもこれがなかなかイケまして。
ただ茹でただけのニラってのもまた美味しいんですよねぇ。
で、自分も家で簡単に魚三風ニラ玉を作るようになったというわけなのです。
でも今回のはちょっとだけアレンジ編でえのきだけと白炒りゴマ、そして海苔もプラス。
これもまた何気にあっさりうましでほんのちょっとリッチで~す♪
でも茹でを省いてレンジ加熱1分30秒か40秒くらいにしちゃいましたし、
あとは卵黄ちゃんゴマちゃん海苔さんをのせるだけ。
あ、フォトでは卵黄が見えなくなっちまうので海苔さん少なめですが、
もうちょっと多めがおすすめです!
それでは材料と作り方です。作り方って言っても簡単過ぎてあれですが…
…………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ニラを3㎝幅に切ったもの80g ・えのきだけの石づきを少し切って3㎝幅に切ってほぐしたもの80g ・卵黄2個 ・白炒りゴマ少々 ・海苔適量だけど多めがおすすめ 
・醤油又はだし醤油適量

作り方
材料を切るなどの準備をする。
ニラとえのきだけを耐熱容器に分けて入れ、
ふわっとラップをし、1分30秒~40秒くらい加熱する。
※ぞれぞれのレンジで加熱時間は調節してください。
取り出しラップを外し(熱いのでやけどしないように気をつけてください)
別々にまたは順番にザルにあげ、水分を切り、さらにキッチンペーパーで包み、
優しく、でもしっかりめに水分をとる。
器にニラ→えのきだけの順で入れ、真ん中にくぼみを作り、
卵黄を入れ、白炒りゴマと海苔をかけ、
いただく時に醤油又はだし醤油をお好み量かけて混ぜていただく。
……………………………………………………………………………………

あ~んど。
今日は海苔もポイントの1品ですが、
実は海苔の会社「前田屋」さんでわたくしのレシピを紹介してくださっておりますので、
そちらも併せてご紹介させてくださいませ。
海苔を楽しむレシピ・レンジで簡単!ズッキーニと海苔のゴマ塩和え
他にも海苔を使った簡単美味しそレシピがいっぱいでして、
私は特にアボガドと納豆とネギのが食べたいなぁ、思っております。
日曜日の自転車パリツアーでパリ市内の日本食品屋さんにもよって、
切れてた鰹節と梅干とそして納豆をちょうど買ってきたばかりなのです。
納豆ないとやっぱり寂しいですねぇ。
納豆とクリームチーズのごはんも最高ですし…
大好評です→Cpicon 納豆とクリームチーズのごはん by milketmoi
納豆用ヨーグルトメーカーも買ってあるし、
やっぱり家で作ろうかなぁ、なんてことも思っております。
ではではまた。
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ