オリジナルレシピ

Foto (416)

少し前の週末に作ったこのリヨン風サラダ。
Cpicon 【家ビストロごはん】カリカリパンのサラダ by ルロワ・モワ
この中のガーリックバター風味のカリカリパンが美味しくて、
実は作りながら結構つまんじゃったのです。
で、それだったら単品でレシピにしようと思い
ラスク仕立てが思いついたのですが、検索してみたら
すでにたくさんのガーリックバターラスクがあったのです。
だいぶ遅れていたようです。はは。
で、同じの出してもあれなので、カレー粉をプラス。
そんなんで出来上がったら、ガーリックバターで美味しいので
+カレー風味もやっぱり美味しかったです。ま、そうですよね。
調理ポイントは、オーブンで作るラスクのレシピを見てみたら、
ほとんどがあらかじめパンを150度で15分焼いていたので、
たぶん最初に思いついた方がいらっしゃるんだと思うのですが、
私もそのポイントを使わせていただきました。
これでほんとサクサクになるんですよね。
どなたかわからないけどありがた工夫でございます。
で、これはもう何と言ってもアペロのおつまみにぴったり♪
アペロっていうのは食事前にアペリティフとおつまみを楽しむ
フランス流スタイルのことでアペリティフを略して通称アペロ。
このアペロ、カフェやバーだったらサクっと終わりますが、
フランス家庭にお呼ばれの時は2時間あるのもざらで、
私なんかはじめての時は、このアペロタイムはいつまで続くの?
ごはんはまだ?とそればっか考えてました。
でも今はフランス流の交流時間なのだな、と慣れて長くても楽しめるようになりました。
と言うことでこのラスク、旦那に出したらあっちゅう間に食べておりました。
でも添加物なしなのでお子さんのスナックがわりのおやつにもよいです。
ガーリックはパウダー使いなので後で人様にご迷惑もかけないので、
安心してサクサク召し上がっていただけます。
2、3日は日持ちしますので多めに作っておいてもOK。
残りパンなどで簡単お試ししてみてくださいませ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・1㎝くらいの輪切りにしたバゲット90g分 ★室温で戻したバター25g(今回は無塩使用) ★ガーリックパウダー小1 ★カレー粉小1と1/2 ★ドライパセリ小1 ★塩小1/3

作り方
オーブンを150度で予熱開始。★をよく混ぜておく。
天板にクッキングシートをしき、バゲットを並べ、
150度のオーブンで15分焼き、取り出す。
★を均等に塗り、再び150度のオーブンで10分焼く。
取り出し冷めたらOK。
作ってすぐより少し置いた方がカレーの風味が感じられて美味しいです。

他にもこんな簡単おつまみございます。
パリのカフェ・フーケのナッツのおつまみを10秒で作る方法
黒大根とタラマのカナッペ
わさびクリームチーズをはさんだ生ハムとラディッシュの一口アペリティフ

そろそろ日も長くなってまいりますので、
フレンチ気分でアペロにいかがでしょうか。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (417)
今日は最近作ったアペロのおつまみの中でも一番のヒット作、
「パリ風タパス。くるみを詰めたマッシュルームのアヒージョ仕立て」
のご紹介でございます。
お買い得だったと旦那が買ってきたマッシュルーム。
突然だといつも何を作っていいのか迷うんです。
で、マッシュルームそのまま使ってオーブンで簡単なの~、と思い、
浮かんだのがスペインのタパス、アヒージョ。
でも王道なのはオリジナルにならないので、
最近身体のためによく食べてるくるみを詰めてみたんです。
そしたら想像以上に美味しかったんです~♪
あえてハムとか動物性のものを入れなかったのも◎
くどさがないけどくるみのおかげで程よいコクはあります。
一応ネットで確認してみたらマッシュルームに
くるみ等ナッツを詰めたレシピはなかったのでホッ。
でもマッシュルームとくるみのサラダは自分レシピなのですがあるんですよ。
Cpicon 【家ビストロごはん】ブルーチーズのサラダ by ルロワ・モワ
このサラダもとても美味しいです。パリのビストロの再現ですけどね。
あ、でも今日はサラダじゃなくこっちこっちアヒージョ仕立て。
調理ポイントは、みじん切りニンニクだと風味が強過ぎて
くるみが負けちゃいそうだったので、つぶしたもので香りづけ程度にしたこと。
これがやはりくるみの風味が引き立ってよかったんですよね。
パリ風とつけたのは、マッシュルームはフランス語では
シャンピニオン・ド・パリっていうことと、
書きましたようにニンニクをあまりきかせていないから。
スペインのあのガッツリニンニクアヒージョとはちょっと違うので、
しゃれっ気だしてパリ風とつけてみました。うひ。
ま、私はなんちゃってパリジェンヌですけどね。ジェンヌでもないですけどね。
食事制限のある方も召し上がっていただきやすいので、
たまにのワインなんかと合わせて楽しんでいただけると嬉しいです♪
それでは材料と作り方で~す。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・マッシュールーム10個 ・玉ねぎのみじん切り大2 ・くるみの粗みじん20g ・包丁の背でつぶしたニンニク1個 ・オリーブオイル大3+大2 ・ドライパセリ大1 ・塩胡椒適量

作り方
マッシュールームの軸を全部切り取る。軸を粗みじんにする。
オーブンを220度で予熱開始する。
フライパンにオリーブオイル大3とニンニクを入れ、中火にかけ炒める。
香りがたったら玉ねぎを入れ炒め、しんなりしたらマッシュールームの軸を入れ炒める。
くるみとパセリも入れさっと炒めたら味をみながら塩胡椒する。ニンニクは取りぬく。
耐熱容器にマッシュルームを並べ②を均等に詰める。
オリーブオイル大2をさっとかける。
220度のオーブンで10分くらい焼いて出来上がりです。
※彩りのためベビーリーフとピンクペッパーを散らしましたが、
なくてぜんぜん大丈夫です。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (329)
炊飯器におまかせの簡単甘辛コクウマ煮物、
「鶏手羽先の味噌コチュジャン煮」のご紹介でございます。
煮物がいまいち好きじゃないフランス人旦那が食べてくれそうな味は、と思い、
浮かんだのが味噌とコチュジャンの甘辛ガッツリめ味。
やっぱりフランス人も(特に男?)甘辛味大好きなんですよねぇ。
それを火加減気にせず簡単にと炊飯器で作っております。
あらかじめ鶏に焼きめをつけ、一緒に煮る大根も下茹で、ゆで卵も作っておりますが、
あとはこれらの具材と調味料を炊飯器に入れてスイッチオン!
これで放っておけば出来上がっちゃいます。
薄味が基本の私の料理ですが、これは珍しくごはんが進む少し濃いめのお味。
で、思った通り旦那がかな~り気に入ってくれまして、
いつもは鶏皮はあまり好きじゃないのでとりぬくのですが、
これは全部oishiiと食べておりました。
味がしみた大根も美味しかったようでとにかく骨以外綺麗に完食。
でも、相変わらずおかずはおかず、ごはんはごはんだけを
黙々と食べておりましたよ。ま、いいんですけどね…。
調理ポイントは鶏に薄力粉をまぶして焼き付けること。
これで煮上がった時に煮汁に程よいとろみがついて具にからみやすいです。
フォトでもとろっとしてるのが伝わると思うのですがいかがでしょうか。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏手羽先4本 ・薄力粉大1 ・皮をむいて2㎝くらいの輪切りにした大根200g ・ゆで卵2個 ・ゴマ油大1 ★水180ml ★鶏ガラだし小1/2 ★味噌大1と1/2 ★コチュジャン大1と1/2 ★醤油大1/2 ★みりん大1と1/2 ★きび砂糖または砂糖大1 ★酢大1 ★酒大2 ★しょうがのすりおろし1片分 ★にんにくのすりおろし1個分 ★辛いものがお好きな方はお好みで赤唐辛子の輪切りお好み量

作り方
大根はあらかじめ熱湯で3分ほど茹でて湯を切っておく。
鶏手羽先の骨にそって切れめを入れ、全体に薄力粉をまぶす。
これをゴマ油をしいたフライパンで焼き、焼き目をつけておく。
炊飯器の内窯に★をすべて入れよく混ぜておく。
この中に大根、鶏手羽先、茹で卵を入れる。
お米の炊飯の普通モードのスイッチを入れ、炊き上がったら優しく混ぜる。
少しむらがあっても下にある煮汁をなじませれば均一になります。
そのまま保温モードでしばらく置く。
器に盛り、お好みで千切りのしょうがを添えてお召し上がりください。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (277)
最近人気急上昇中だというフランス・アルザス地方のベックオフ(Baeckeoffe)。
実は我が家も適当材料で2回ほど作ったことがあって、
簡単なんだけど美味しかったことを思い出したので、
お手軽材料で久しぶりに作ってみました。
本場アルザスではストラスブールの北東の村、
スフレンアイムのかわいい陶器の容器を使うのですが、
我が家はないので年季の入ったココット鍋で。でも十分美味しく出来上がります。
材料をただ重ねて煮るだけなのですが、
白ワインで煮込んだお肉と野菜の優しい美味しにほっこり。
お肉はあれば牛肉、豚肉、ラム肉の3種を使いますが、
うちは旦那がラムが苦手なので牛肉と豚は厚切りベーコン代用で。
前回作った時、ベーコンしかなかったのでベーコンにしたら、
うまみが出て美味しかったんです。
でも豚バラ肉でももちろん美味しいと思うので、
お手軽なものをお使いください。
ちなみに、ベックオフ(Baeckeoffe)はベッコフとも言いますが、
これはドイツとの国境に近いアルザスの言葉で、
アルザス出身以外のフランス人も読み方がいまいちわからないよう。
旦那もバッコフ?と思っていたらしいです。
アルザスと言えはシュークルートと、そしてタルトフランベも有名。
タルトフランベもアルザス語ではフラムクーシュ(Flammekueche)。
発音がやはりドイツっぽですよね。
タルトフランベはお手軽に作れるレシピをご紹介しておりましてコチラ。
Cpicon 食パンとヨーグルトで簡単タルト・フランベ by ルロワ・モワ
食パンを薄いピザ生地にしていただくと本格的になります。
それではベックオフの材料と作り方で~す。
………………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・骨付き牛肉400g(ほほ肉など煮込むと美味しい部分であればOK) ・ベーコンの塊300gを大きめに切ったもの ・皮をむいて厚切りにしたメークイン400g ・皮をむいて輪切りにした人参200g ・玉ねぎの輪切り300g ・辛口白ワイン500ml ・ローリエ2~3枚 ・タイム1枝(乾燥でもOK) ・ローズマリー1枝 ・黒粒胡椒10粒 ・クローブ粒6粒 ・いいお塩小1/2

作り方
ココット鍋にメークイン半量、人参半量、玉ねぎ半量を重ねる。
その上に牛肉とベーコンをのせる。
その上に残りのメークイン、人参、玉ねぎをのせ、
ローリエ、タイム、ローズマリー、黒粒胡椒、クローブ、塩を散らし、白ワインを注ぐ。
蓋をして強火にかけ、煮立ったら中火にし、ときどき火加減を調節しながら
1時間~1時間半くらいじっくり煮込んでお肉がほろっとなれば出来上がり。
取り分けてお好みでマスタードを添えてどうぞ。
でも何もつけないでも美味しいです♪

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ジレジョーヌの12週目のデモが2月2日、
パリではレピュブリックを中心に行われました。
エマニュエル・マクロン大統領は討論会を続けており、
ジレジョーヌは警察から受けた暴力を全面に押し出し中。
フランス国民はもうこの状況に慣れた感じ?
でもマクロンにとっては山は完全に超えた感じで、
まだ若い&だから?終えたくない、というのがあるのか、
思った以上にしぶとかったです。
Foto (262)
ということで、簡単な炒めもののご紹介でして
「レタスとベーコンの黒胡椒炒め」でございます。
サラダに使って残っていた、少し固めのレタスの内側があったので、
手っ取り早くささっと炒めたら、意外に美味しく出来た1品です。
旦那も一口食べて「oishii!」と即お気に入り。
旦那が好きな黒胡椒をたっぷり使ったのが良かったらしい。
ほんとたっぷり使ってるんです。粒をつぶしたやつと仕上げにもガリガリっと。
でも、これが美味しさポイント♪
胡椒は消化や、血行促進、抗菌、高血圧の改善にも
効果があるということなのでたまには多めもよいと思います。
お子様は召し上がれませんが大人さんには、おつまみにもおかずにもピッタリ。
でもお酒のおつまみにしちゃったら、高血圧にはあれかなぁ。
ま、そこのところは体調や気分に合わせてくださいませ。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・芯もそのままで大きめのざく切りにしたレタス240g ・包丁の背でつぶしたにんにく2個 ・短冊切りにしたベーコン50g ・ビニール袋に入れて瓶底などでつぶした黒胡椒小1 ・オリーブオイル大3 ・酒大3 ・醤油大1くらい ・みりん大1・ 味をみて足らなけれな塩少々  ・仕上げに粗びき黒胡椒適量

作り方
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れやや強めの火にかけ炒める。
香りがたったらベーコンを入れさっと炒め合わせる。
レタスを入れさっと炒め、油がまわったら酒を振り入れる。
蓋をして中火で2分くらい蒸し煮にする。蓋をとって
つぶした黒胡椒を入れさっと混ぜ、醤油とみりんも入れて混ぜ、火からおろす。
皿に盛りさらに粗びき黒胡椒をガリガリして出来上がりです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ