オリジナルレシピ

RIMG41221 - Copie

お料理の方がちょっとたまっているのでレシピご紹介続けさせてくださいませ。
今回は超お手軽「もやしの酢醤油ナンプラー和え」です。
えらい庶民的で日本の台所のお助け食材な感じもやしさんですが、こちらでもスーパーで超お気軽に買える食材なのです。袋詰めされたものもあるけれど、大箱がどかん置かれてて、ビニール袋に好きな量を詰めて買うスタイルが多いかな。で、結構こっちの人買ってますよ。でもいったいどんな風にして食べてるのかしら、ってちょっと思います。こっちでもやしの入ったお料理と出会うとしたら、たくさんあるアジア惣菜屋さんやレストランでの炒め物やフォーなど。これらをフランス家庭でまめに作っているとは想像出来ないので、バターソテーなんかにでもしてるのかなぁ。それとも私なんぞが思うよりおうちアジアン浸透しているのだろうか?今度ご近所マダムに聞いてみよう。うんうん。けどもやしのバターソテーも美味しくてわたくし大好きです~。粗挽き黒胡椒をガリガリっときかせてね。あ、でもそじゃないそじゃない。今回はレシピカテゴリの「身体に優しいレシピ」に入るバターなしついでに肉もなしの1品。実は「身体に優しいレシピ」カテゴリを作ってから我が家は平日はほぼベジタリアン。そして週末はお肉や魚介やバターやチーズ、生クリームなんかも使ったものをいただく食スタイルになっているのです。でも無理してとかじゃなく、野菜が美味しい!ってことを改めて感じるここ最近でして。ちゃんと美味しければベジタリアン食生活でもしっかり満足できるんだなぁ、と。また言っちまうけど昔肉ばかり食べてた我が家のフランス男もこのスタイルでまったく大丈夫って。昆布たっぷりの煮物もだしがうまいなぁ、って言っております。というわけで、とにかくレシピご紹介です。ポイントはもやしの歯触りがしっかりシャキっと残るようさっと炒めて、火を止めてから玉ねぎを混ぜること。これで玉ねぎもシャキっなんです。材料も調味料も少ないけれど酸っぱ美味しくてごはんがすすみますよ~。


………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・にんにくのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/3本分 ・オリーブオイル大1と1/2 ・もやし300g ・紫玉ねぎの薄切り130g分 ★米酢大2 ★ナンプラー大2/3 ・醤油大1弱 ★粗挽き黒胡椒少々 ・パクチーのざく切り15gくらい

作り方
①フライパンににんにく、赤唐辛子、オリーブオイルを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらもやしを入れ、火を強くして15~20秒くらいさっと炒め、火を止める。紫玉ねぎを入れ軽く混ぜたら★を入れさっくり混ぜて馴染ませ、最後にパクチーも混ぜ、お皿に盛り出来上がりです。

※辛いのが苦手な方は赤唐辛子を抜いてください。なくても美味しいです。普通玉ねぎの場合は辛みが強いので、少し水にさらしてほどよく辛みを抜いてからお使いください。最後に味を見て足らなければ塩で調節してください。でもお酢をきかせることで結構しっかり味になっているので、なくて十分かなぁ、と思うのですが。
………………………………………………………………………………………………………


おまけ

RIMG40518
そんなベジタリアンな平日食生活の中で、ときどき無性に食べたくなって、朝とお昼の間にたまに(ここフランスじゃ貴重ですから)いただいているのが永谷園のお茶漬け~。ほんっとに美味しい~。でも旦那はこのお茶漬けの、ごはんが水気にしっかりつかってる感じが納得いかないようで、なんか変~苦手~、って。なんやかんや言ったって、まだまだな男です。
RIMG40520
でも私だけで1人占めできるし、1人で立ったままさらさらっと食べるのがまた日本の台所チックで味わいがあっていいんです。他社のお茶漬けもいただいたけれど永谷園がな~んかやっぱり美味しいんですよねぇ。どうしてかなぁ…


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG41284 - Copie

火を通していただくイメージが強いけど実は生でも美味しい意外なお野菜、で私が思い浮ぶのはカリフラワーとそしてマッシュルーム。この2つの生の美味しさはちょっと目からウロコなのです。で、今回はそんな生マッシュルームさんの方を使った「生マッシュルームのカルパッチョ」のご紹介です。もう言っちまいますがめっちゃ美味しくできました!いやいや生マッシュルームの美味しさたまりません。私なんぞぁ、新鮮な生マッシュがあると火を通していただく前に先ず生でいただかないともったいないな、と思っちゃうくらい好きなのです。なもんだから、生マッシュまだ未体験の方も生マッシュお好きな方も7分か8分か、かかっても10分くらいで作れますので是非一度ちゃちゃっといかがでしょうか、って思っておすすめさせていただきます。それでは材料と作り方行きま~す!

………………………………………………………………………………………………………
材料(1人1皿ずつ分で2人分)
・新鮮な生マッシュルーム100g(今回はブラウン使用) ・サラミを小さく切ったもの20g分(生ハムでも) ・ロックフォールチーズを小さく切ったもの30g分(ブルーチーズやゴルゴンゾーラでも) ・エシャロットのみじん切り15g分(玉ねぎでもOKです) ・粗挽き胡椒少々 ・いいお塩少々 ・EXVオリーブオイル適量 ・バルサミコクリーム適量(バルサミコ酢+少しのハチミツを混ぜたものでもOKです) ・ルッコラ適量

作り方
①マッシュルームをスライサーで薄く切る。
②お皿にお塩を軽く散らし、その上にマッシュルームを並べ、サラミ、ロックフォール、エシャロットをのせ、粗挽き胡椒を振り、EXVオリーブオイルとバルサミコクリームをさっとかけ、ルッコラをのせて出来上がりです。

※普通玉ねぎの場合は水に少しさらして辛みを取り抜いてからお使いください。
バルサミコクリームはこの時にも使っているものを使用していますが
5分でできる「イチジクのカルパッチョ」
バルサミコ酢+ハチミツでも十分です。
………………………………………………………………………………………………………


そして生マッシュルーム使いのわたくしのレシピもいくつか貼らせていただいておきますね~。
生マッシュ&パクチーがびっくりかもですが美味→Cpicon 生マッシュルームとコリアンダーのサラダ by milketmoi
超シンプルでうまし!→Cpicon 生マッシュルームのレモン黒胡椒和え by milketmoi
下町ビストロの再現です→Cpicon 【家ビストロごはん】ブルーチーズのサラダ by milketmoi
その再現ビストロはコチラです→「l’encrier(ランクリエ) ~パリ12区~


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG41239 - Copie
昔毎日肉ばっかり食べてたといううちのフランス男は、何度か書いておりますが、はじめてお豆腐を食べた時は奇妙な表情しまして、俺これ苦手~。って。しか~し、今じゃあ~た、葱や生姜をたっぷりのせた冷奴が大好きでして1人で一丁食べる勢いなくらい。でも私も大好きなので食卓に冷奴が置かれた時は1つの皿の上で4本の箸の小さな戦い(諍い?)がはじまるっつうわけなんです。ちなみに旦那は箸を使うのがとってもうまい。慣れると外国人でも箸の方が使いやすいのかも。だってTVの料理のコンペティション番組なんかを観ていても、日本料理も大好きな有名シェフとかは味見にナイフやフォークじゃなく箸を使っている人もいるくらい(確かティエリー・マークスさんはいつも箸)。そんな豆腐好き我が家で今2人して気に入ってるのがワカメと野菜たっぷりのこの豆腐サラダ。
Cpicon パクチーたっぷし♪豆腐のアジアンサラダ by milketmoi
で、今回はこのサラダを梅ドレッシング仕上げにした、
「パクチーたっぷり梅ドレッシングの豆腐サラダ」のご紹介です。
梅とパクチーが合うのはご紹介させていただいているこのおにぎりで発見済み。
Cpicon 梅とコリアンダーのおにぎり by milketmoi
やっぱり梅とパクチー、よく合います!パクチー好きな方にたまらんと思います。
 しかもノンオイルのシンプル調味料&ローフード&食べ応えありで、1人でこれだけ食べてもお腹いっぱい。これはもう私としてはヘルシーおいしー満足感いっぱいで三拍子揃った健康レシピとしておすすめしないわけにはいきません!な~んてちょっと大袈裟ですが。と言うことで前置きはこれくらいにして早速材料と作り方行きま~す。超簡単で7分か8分、かかっても10分くらいで出来ます♪


材料(2人でお豆腐一丁分)
・絹豆腐一丁 ・乾燥ワカメ大3 ・人参30g ・赤玉ねぎ30g(普通玉ねぎでもOKです) ・パクチー15~20g ★たたいた梅肉20g(ハチミツ梅使用) ★昆布だし大3(和風だしの素を溶かした出しでも可) ★米酢大1と1/2 ★ハチミツ小1/2 

作り方
①ワカメを水につけ戻し、よく水気を切り食べやすく切る。人参は皮をむき、スライサーで千切りにする。赤玉ねぎは薄切りにする。普通玉ねぎの場合は薄切りにしてから水にさらし辛みをほどよく抜いてからキッチンペーパーで優しく水気をよく拭きとる。パクチーはざく切りにする。★をよく混ぜておく。
②皿に豆腐を盛り、ワカメ、玉ねぎ、人参、パクチーをのせ★の梅ドレッシングをかけて出来上がりです。

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG40847 - Copie


今日もサクッとまいります。しばらくお菓子を作っていなかったので久し振りに作ったけれど、もうそろそろ旬が終わるので焦ってご紹介の「イチジクのアーモンドタルト」です。でも私は甘いものをほとんど食べないので味見一口だけしてあとは全部旦那に。というのもタルトほぼ一枚分で多過ぎなので、お隣りパトリスさん家にもおすそわけ。数日後庭ごしにシャンパンを御馳走してくださったのでたぶん美味しかったのかな?なんて思ってるのですが。ちなみに自分味見では甘さ控えめでなかなかの美味しさだったのでさし上げたのですが、いまいちの場合はもちろんおすそわけは出来ません。ってか昔々中坊だった時とかお菓子を作って学校に持ってきておすそ分けしてくれる女子を、男の子みたいだった私とは正反対のタイプ、と思って憧れの眼差しで眺めていたのですが、今じゃお菓子を作ってふるまう女子に見事に?変貌を遂げたわたくしです~。やれば出来るエッヘン。で、作り方ポイントとしては粉砂糖使いなこと。アーモンドフィリングがしっとりします。やはりアーモンドフィリングのガレット・デ・ロワも私は必ず粉砂糖を使っています。それとイチジクのかわりに林檎や洋梨などにしていただいても美味しくいただけますので旬の合いそうな果物でお試しください(実は果物なしでもイケます)。それでは材料と作り方です。エッヘン言ったわりにはとても簡単です~。


材料(タルト皿一枚分)
・イチヂク5個 ・メープルシロップ大3 ・室温に戻したバター90g ・粉砂糖85g ・薄力粉15g ・アーモンドパウダー90g ・溶き卵70g マロンリキュール又はラム酒などのリキュール大1と1/2
 ・チルドパイ生地一枚

作り方
①オーブンを200°で予熱開始。
②タルト皿にパイ生地を広げ、はみ出た部分は切りとり、フォークで数か所穴を開け、オーブンシートを上にのせ、重しをし(私はサンチームコイン使用)、200°のオーブンで7~8分焼いたら取り出し、重しとシートを取り、そのままおいておく。オーブンは180°で再度予熱開始。
③イチヂクを縦に2/3までの切込みを十字に入れ(下1/3は切らないでついている状態)、メープルシロップをかけておく。
④ボールに室温に戻したバターを入れ(レンジで数十秒チンして少し柔らかくしてもいい)、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、粉砂糖を入れ、さらによく混ぜる。ふるった薄力粉、溶き卵、アーモンドパウダー、リキュールの順に混ぜ、②のタルト皿に全部入れ、その上にイチヂク全体にもう一度たれてるメープルシロップを馴染ませながらおく。
⑤180°のオーブンで30分くらい焼く。焼けたら取り出し、そのまま置き、冷めたらタルト皿から外し、いただく時切り分けてどうぞ。



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG40935 - Copie

今回はお庭のハーブを使った「ハーブと黒オリーブとパルメザンチーズのケークサレ」のご紹介です。
ケークサレ、日本にいた時は作ったことも食べたことも、いや食べたことはもしかしたらあるかな。フレンチレストランとかの突き出しみたいので。とにかくとにかく、ほとんど自分にゃあ馴染みのないものでした。でもフランスに来て旦那の嫁になってから作るようになりまして、今は結構あるものでぱぱっと作るようになりました。と言ってもこれ、めちゃくちゃ簡単なんですねぇ。作るようになるまで知らなかったです。パウンドケーキもですけど。
そして慣れてくると家にあるものでオリジナルに挑戦したくなる、っつうわけで、今回はお庭のちょっと固くなってしまったハーブを大量消費だ、とばかりにたっぷり入れて、プラス黒オリーブとパルメザン。そして大事ポイントは1日以上置いてからいただくこと。しっとり味が馴染んで美味しさが格段に違います。この1日以上置くというのはケークサレとそしてパウンドケーキも確実にこの方が美味しいということ、作るようになって知ったことなのです。
で、コレ、イタリアンレストランで美味しいパンと共にいいEXVオリーブオイルが出されることがある、あの感じで、ちょっとEXVオリーブオイルをつけていただいてもイケます。数日置いておけるので、ワインのおつまみに生ハムやチーズ感覚でちょっと切って添えていただいたりも素敵かと思います。
それでは材料と作り方行きま~す。


材料(パウンド型1本分)
・ハーブ(今回はローズマリー、セージ、エストラゴン、イタリアンパセリ、ミントなど)の粗みじん切り30g分 ・黒オリーブの粗みじん切り50g分 ・トッピング用黒オリーブ8個 ・パルメザンチーズ60g ・オリーブオイル50ml ・生クリーム100ml ・卵2個 ・合わせてふるった薄力粉120gとベーキングパウダー5g  ・塩と粗挽き黒胡椒適量

作り方
①オーブンを180°で予熱開始。
②ボールに卵を溶きほぐし、オリーブオイル、生クリームの順で泡だて器で混ぜたら、ヘラにかえ、ふるった薄力粉+ベーキングパウダーを入れ、粉が見えなくなるまでさっくり混ぜ、黒オリーブ粗みじん、ハーブ、パルメザンをさっと混ぜ、塩と粗挽き黒胡椒をし、パウンド型に流し(今回はテフロン加工使用)上からトントンと何度か落とし空気を抜く。
 ③これを180°で10分焼き、途中で黒オリーブを上にトッピングし、再び20~30分くらい焼く。
④焼けたら取り出しそのまま冷まし、冷めたらラップで二重に包み、1日以上置いて出来上がりです。いただく時、切り分け、そのまま、又はいいEXVオリーブオイルを少し添えていただいて。
※焼き時間はそれぞれのオーブンによって調節してください。パウンド型がテフロンではない場合は薄くオリーブオイルを塗ってください。


そして、ハーブそんなにないな、なことあります。ってかそんな場合の方が多いかな。そんな時はコチラのケークサレたちはいかがでしょうか。
Cpicon ツナと黒オリーブとアンチョビのケークサレ by milketmoi
Cpicon スモークサーモンとクリチのケークサレ by milketmoi
Cpicon ほうれん草とリコッタチーズのケークサレ by milketmoi
Cpicon 粒胡椒とイチジクとクルミのパウンドケーキ by milketmoi
ツナ&黒オリーブはラ・ロシェルの小さなお店で出て来た前菜を再現したもの。軽い仕上がりのハーブ&黒オリーブとは違ってコチラはズッシリ食べ応えがあるのでこれだけで立派な1皿になります。
スモークサーモンとクリチはちょっとやるな、な味わいかなぁ、なんてなんて自分で言うのずずしいですが。ケッパーの酸味がまたいいお仕事アクセントなのです。
ほうれん草&リコッタは優しい口当たりでおつまみはもちろん朝食や軽食にもぴったり。
そして粒胡椒とイチヂクとクルミはほんのりな甘さの中に粒胡椒がピリっとちょいとスペシャル。他にはないようなパウンドケーキ(ケークサレ扱いでもいい感じケーキです)。これもワインに合いますよ~。あ、そしてやっぱり全部1日以上置いていただくのがベストです!


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ