オリジナルレシピ


RIMG40900 - Copie
今回は、オンフルールのお店の悲しい思い出とは対照的に良心的で素敵思い出のここ、
Le Bistro du Perigord(ル・ビストロ・ドュ・ペリゴール) ~パリのビストロ 5区~
でいただいた、ものすごく手がこんでるわけではないけれど美味しかったvolaille(鳥系のお肉たち全般)のフリカッセの、再現レシピのご紹介です。
材料も手軽なものばかりでしかも調理時間、そうですねぇ、15分くらいかな?とにかく出来るだけ超~簡単仕上がりを目指しました。調理ポイントは、炒めたマッシュルームから出る水分を飛ばしてうまみを引き出すことと、そしてカレー味にするためではなくほんのり香りづけのために使うカレー粉。色も一段明るくなって彩りにもグ~です。お店ではもしかしたらサフランだったかな、とも思うのですが、サフランは気軽ではないのでお気軽カレー粉に変更です。
それでは早速材料と作り方行きま~す!

材料(2人分)
・にんにく1/2片分のみじん切り ・生姜小さなひとかけのみじん切り ・オリーブオイル大1と1/2 ・バター8g ・縦8等分くらいに切った生マッシュルーム150g ・玉ねぎのみじん切り60g ・一口大に切った鶏むね肉150g ・薄力粉小1 ・白ワイン50ml ・生クリーム150ml~200ml ・カレー粉小1/2 ・塩胡椒適量 ・あればパセリの粗みじん切り少々 ・2人分のごはんとバターと塩胡椒少々

作り方
①鶏肉は軽く塩胡椒をし薄力粉をまぶしておく。
②フライパンにオリーブオイルとバター、にんにく、生姜を入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ、炒め、しんなりしたら、マッシュルームを加え、炒め、マッシュルームから水分が出てきて、その水分が飛ぶくらいにしっかり炒める。鶏肉を加え、軽く炒めたら、白ワインを入れ、蓋をして1分くらい蒸し煮し、蓋を取り、生クリームをお好みのとろみ加減になるよう入れ、カレー粉と味を見ながら塩胡椒する。
③皿にバターと塩胡椒を混ぜた温かいごはんを盛り、②のフリカッセを添え、あればパセリを散らして出来上がりです。
 

で、実はお店に行ったあと、わりとすぐに再現に挑戦していたのですが、ど~もフォトがいまいちで、で、もう一度フォトも兼ねて、しかも簡単なので作ったのが上の1品。そしていまいちだったのが下のコチラ↓
RIMG38065 - Copie
フリカッセはビストロ的メニューなのでビストロチックな赤白チェッククロスにしたのですが、クロスにしわも入っちゃっててやっぱりいまいちです~。ちなみにお皿は上フォトも下フォトもどちらもエマウスで見つけたもの。あ、それと下フォトの時のごはんは白米に赤米と黒米を混ぜたものでした。お店でも3種類のお米が使ってあったのです。きっと五穀米でも美味しいかなぁ、と思います。
そして、これで十分美味しいのですが、一枚目フォトの再度作成の時ふと思いついて仕上げにちょろりかけてみたのがコチラ

RIMG40904 - Copie
お気に入りの、我が家では珍しく高級調味料である「MAISON de la TRUFFE」のトリュフオイルです。これがまたよく合ったのです♪
そして、ごはんに混ぜたお塩がコチラ

RIMG40907 - Copie
これまた「MAISON de la TRUFFE」のトリュフ塩。
以前もご紹介させていただいたのですが、
→「MAISON de la TRUFFEのトリュフ塩

ごはんとこのお塩は相性が最高なのです!でもトリュフオイルもトリュフ塩も「MAISON de la TRUFFE」のものじゃなくても十分美味しいかと思うので、たとえばお土産にいただいたけど結構使い方に困って残っているわ、なものがあったらどうぞこんな風にちょろりかけてみていただければと思います。でもでも、トリュフオイルをかけなくてもトリュフ塩を使わなくても美味しいフリカッセです。おうちでビストロ気分でたまにこんな1皿、いかがでしょうか。


増えちゃってお手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG40804 - Copie
よくよくよ~く思い出してみると、私が子供の頃は今ほどにはブロッコリーが超お気軽な感じではなくカリフラワーとどっこいどっこい…まではいかなくても、とにかくもう少しカリフラワーに存在感があったように思うのですが、いつの間にかブロッコリーにすっかり追い抜かされてしまったカリフラワーさんなのです。
で、私も日本にいた時はブロッコリーをいただくことが断然多かったのですが、フランスに来て、旦那の妹さん主催パーチィーでアペロのおつまみに生人参や生胡瓜と共に生カリフラワーが出てきて、ちょっとマヨつけていただいたら、コリコリカリカリ新鮮びっくり止まらな~い!となって、生でいただくカリフラワーの美味しさを知り、それから結構買う機会が増えたのです。
で、今回はそんな生カリフラワーを使った「生カリフラワーのアンチョビベーコントマトドレッシング和え」のご紹介です。
これ、ずずしく言っちゃいますが、かな~り美味しく出来た私的にちょっと自信作です♪
アンチョビベーコンはこれだけでも美味しい組み合わせですが、それに自分の好きな生トマト、ドライトマト、ケッパーも加え、うまみの五重秦♪
これはですね、このドレッシングがまた自分的ヒットだな、と思うので、生カリだけじゃなく、例えば芽キャベツや、アスパラガスなんかでも美味しいかな、と思っているのでいつかお試しと思っております。
それでは材料と作り方で~す。


材料(2人分)
・スライサーで薄切りにした新鮮な生のカリフラワー(200g) ・オリーブオイル大2 ・にんにくのみじん切り1片分 ・アンチョビーの粗みじん切り2枚分 ・短冊切りベーコン2枚分 ・オリーブオイル漬けドライトマト大2枚の細切り ・ケッパー大1と1/2 ・生トマトの粗みじん切り(60g分) ・白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大1 ・パセリの粗みじん切り適量

作り方
①小鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらアンチョビーも加え炒める。さらにベーコンも加え、さっと炒め火が通ったら、ドライトマトとケッパーを入れ、さっと炒めたら、生トマトと白バルサミコ酢を入れ、混ぜ、すぐ火を止める。最後にパセリを混ぜ、ドレッシングの出来上がり。
②ボールに生カリフラワー(大きければ食べやすく切って)と①のドレッシングを入れさっと混ぜ、皿に盛り、出来上
がりです。



そして今までにご紹介させていただいた生カリフラワーのレシピがこちらになります。
フランス在住の方はもちろん、日本の未体験の方々にもちょっと目からウロコなので是非一度お試しになってみていただけたらと思います。

Cpicon 10秒調理止まらないカリフラワーディップ by milketmoi
Cpicon 生カリフラワーのカレーマヨサラダ by milketmoi
Cpicon カリフラワーのカリカリ豆乳ポタージュ by milketmoi

ご訪問ありがとうございます
増えちゃって恐縮ですが応援していただけるととても嬉しく励みになります! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

RIMG40793 - Copie
いいお天気に恵まれた週末は、お庭越しに旦那とお隣家パトリスさんが、
近々ある市長選挙について話し合っておりました。
この選挙では1回目の投票で立候補者の誰かが51%以上を取るともうその人で決まり~。
でも誰も51%以上取れなかったら、
2回目投票が行われ、それで一番票を取った人が新市長。
で、旦那とパトリスさん、在職期間の長い現市長の
職権乱用がひどいなどとちょびっと興奮しながら話し合っていたのですが、
私は選挙権もないし、よくわからないので2人にノータッチ。
日本にいた時はそれなりにわかりたいと新聞をよく読んでみたり、
ニュースはかかさず見ていたけれど、悲しいかな、
どんどこどんどこ、結局誰がなっても何も、な~んにも変わらない、
と思うようになってしまいました。
そしてそれは政治だけじゃなくいろんな事がそうだなぁ、
とも最近思ってるかな。
だから旦那とパトリスさんの会話を背中越しにしながら、
誰でも一緒だよ、って思ってしまったのです。でもこれはやっぱりよくないことか…。
あ、だけど、安保理のはさすがにちょっとそうは思えなくて、
何年か先の大きなことにつながってしまうような不安が過ります。
そしてこうして重大なことが問題になる時、いつも思っちゃうんですが、
率先している人たちは自分の家族を戦いの先頭に立たせられるのかな、と。
私は想像するだけで絶対無理です。いつかそういう事が起こらないといいのですが。


さて、今回は旬のイチヂクを使った
「アーモンドチーズボールとイチヂクのサラダ」のご紹介です。
とは言うものの、実はこのレシピは2回目成功の方で、
最初はイチヂクではなくりんごを使ってみたのですが
な~んかもうひとつぴんと来なくて、
それに色もぱっとしなかったんですよね。
で、鮮やかな赤色で、それにチーズやアーモンドとも
イチヂクちゃん相性いいだろう、と思いついて
思いついたらす~ぐ第2回目レシピ作り挑戦(2日後)。
そしてバッチシうまくいったというわけなのです。
そんなこのレシピのチャームポイントは、
イチヂクもそうなのですが、御覧になっていただく通り、
ローストスライスアーモンドをまとったクリームチーズボール。
シェーブルチーズにするか迷いましたが
今回はお手軽なクリチにしました。ですがシェーブルでも美味しいだろうと思います。
それでは材料と作り方です。


材料(2人分)
・クリームチーズ60g ・フライパンで乾煎りしたローストスライスアーモンド20g ・イチヂク1個 ・ベビーリーフ大きくひとつかみ ・ドレッシング(EXVオリーブオイル大3、白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大1、マスタード小1/2、ハチミツ小2/3、塩胡椒少々) ・粗びき黒胡椒適量

作り方
①クリームチーズは6当分にして丸め、ローストスライスアーモンドをまわりにまぶしつける。イチヂクも縦に6当分に切る。ドレッシングの材料をよく合わせておく。
②皿にベビーリーフをこんもり盛り、アーモンドチーズボールとイチヂクをのせ、いただく直前にドレッシングをかけ、粗びき黒胡椒を振って、召し上がってください。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

RIMG40642 - Copie

フランスでも大定番のベルギーが発祥と言われるムール・フリット(ムール貝とフライドポテトのセット)。フランスの海沿いの街のレストランに行くと、だいたい置いていると言っても過言ではないメニューです。
そして、お魚屋さんはもちろん、どこのスーパーでもたいていどどんと大きなプラスチックの箱に入ってお手頃価格で売られているので、我が家でも、あ、ムール食べたい!思った時はそれを買ってきてどどんとムール・フリットを作ります。
味は定番のものから各地方の味までいろいろなのですが、そんな中でもよく知られているのが、
・ムール貝の白ワイン蒸し(白ワインとハーブ類)
・ムール貝のノルマンディー風(生クリーム入り)
・ムール貝のプロバンス風(トマトとハーブ類)
などなどで、我が家は白ワイン蒸し(たまに白ワインをシェリー酒にしてみたり)が多いのですが、最近気に入っているのが、今回ご紹介の、白ワインとにんにくとトマトと生クリームを使ったムール・フリット。元々はあるTV番組で紹介していた作り方で、トマトはスペシャルなものを使っていたのですが、あるもので試しにマネして作ってみたらあっさりまろやかでとても気に入ったものです。トマトも入りますが、決してトマト味ではなく、あくまでもほんのり酸味づけ程度なのが良いのです。ムールの殻のトングでどんどん食べちゃいますよ~。
それでは材料と作り方で~す。


材料(2人分)
・洗ったムール貝(1、4㎏) ・くし型に切った完熟トマト2個分 ・にんにくの薄切り2片分 ・オリーブオイル大2 ・白ワイン200ml ・バター25g ・塩胡椒少々  ・生クリーム200ml ・フライドポテトお好み量

  
作り方
①大きめの鍋ににんにくとオリーブオイルを入れ中火にかけ炒め、香りが
たったらトマトを入れ、さっと炒めたらムール貝を入れ混ぜ、オイルが全体にまわったら、白ワイン、続いてバターを入れ、火を少し強くし、ひと混ぜしたら蓋をして、3、4分、ムール貝の口が開くまで蒸す。口が開いたら、軽く塩胡椒をし、生クリームを入れ、ひと混ぜして出来上がり。
②深めの器に豪快に盛り、フライドポテトを添えて出来上がりです。


そして、どどんと作ったら、2/3を2人でいただき(十分な量です~)、1/3を残して、翌日もう1品。たっぷり残った美味しいスープに殻から外したムール貝の身とカリフラワーを入れてクリームスープに。
RIMG40776 - Copie
カリフラワーはあまり煮過ぎず、さっと火を通してカリカリ食感を楽しむのが私的にはおすすめ。
そして、
RIMG40792 - Copie
ショートパスタでスープパスタにしてもうまし。
お野菜もカリフラワーじゃなくてもあるもので十分美味しいです。


さてさてそんなムール・フリット、ここフランスで外食でいただくとなると一番よく知られているのがベルギーが本店の「Léon(レオン)」ですが、なんとレオン全店、日曜日の夜はムール貝の白ワイン蒸し(Moules Marinières)とフライドポテトが17、50ユーロで食べ放題(Moules à Volonté)なのです。しかも+選べるデザートもついて。
私もそのうち一度は日曜日に行きたいな、思いながらも家でもいただけるのでまだ行ってみていないのですが、食べ放題って私のような食いしん坊(かわいい言い方にしてみましたが)何だかやっぱりそそられちゃう。シャンゼリゼやオペラなど便利な場所にも店舗があるし、日曜は閉まるお店も多いので、このレオンのことちょっと覚えておくとなかなか便利かもですね。
そして、今回ムール・フリットご紹介にあたり、情報を少し見ていたら、三軒茶屋にもムール・フリット専門店が9月19日にオープンしたらしく、ビックリ!
コチラ→Pinze Loca(ピンゼロカ)
で、とうとうか、と。でも、やっぱりか、と。さっすがだわ。いろいろいろいろ新しいの持ってくるわ、トーキョー、って。見てみたらお値段はやっぱり若干割高ですが、量はどれくらいなのでしょうかねぇ。こっちだとほんとどど~ん、って運ばれてくるのですが、それまたムール・フリットをいただく醍醐味なのであんまりケチケチしていてほしくないけれど。それにしても三茶ってのがオサレや~。よくお笑いの人が好むとこですよねぇ(日本のお笑い大好きなもので)。


ご訪問ありがとうございます
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです! 

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!


ありがとうございます

昨夜は寒くてついに暖房を入れちまった我が家です。まだ9月半ばを過ぎたばかりだというのに早い~。
でも入れると家中が温かくてぬくぬくで今もべべたちが三匹揃って暖房のそばでネンネして幸せそう♡
暖房で思い出すのは、パリに来て一番最初に住んだアパルトマン。部屋は小さいけど7区のエッフェル塔のすぐそばでとても気に入っていたけど、暖房が取り付けの薄い暖房器具で、真冬は最大強にしても毎日毎日寒くて。で、あまりにも寒いもんだから日本人の私、バスタブにちゃんとつかりたくてしょっちゅう入っていたらすんごい電気代&水道代来ちゃったのですよ~。
フランスは電気代がものすごく高いとは聞いていたけど、あれは大ショックだったです…。
でも各部屋に配管が通っていて建物全体にお湯が循環しているシステムの中央暖房システム(セントラルヒーティング)の部屋に住んでいたお友達は、毎月の20ユーロだか30ユーロだかの基本料金しかかからなくて、でも真冬のお部屋あったか~。ときどき暑すぎてTシャツで窓も開けてたくらい。あれ羨ましかったですねぇ。
あの事があってから、次探す時は絶対中央暖房システムのアパルトマンがいい、って思ったものです。ま、結局その後ニースに移って、ニースのアパルトマンも薄型暖房器具だったのだけど、ニースは真冬でもパリほどには寒くないのでね。
だから今でも、またもしアパルトマンに住むならパリでだったら中央暖房なことは外せないなぁ、って思います。想像の世界ですが。
あと思うのが、建物自体の立地とそして日当たり。以前パリで数日泊まらせてもらったことがある子のアパルトマンは、シャンゼリゼから歩いて5分くらいの高級住宅街ではあったのだけど、お部屋が小さいのはぜんぜんいいのだけど、窓の外が隣りの建物の壁で、太陽の光がほとんど入らない状態で。そして大家さんが台湾系の方で、年配なこともあったのか、家具付きのお部屋がまったくパリの感じがなくて、台北のアパートです東京のアパートです、言われても、違うと思わないかも、といった雰囲気で。ニースから戻ったばかりで泊まらせてもらって本当にありがたかったのだけど、ニースで知り合ってとても生き生きしてて社交的でかわいらしかったその子が、パリに来てから生活がまったく楽しくない、何のためにパリに来たのかわからない、とよく言っていて元気がなかった、その要因の1つは部屋にもあるのでは、と思ったのですよねぇ。でも本人には言えませんでした。泊まらせてもらっておいてそんなこととても言えなかったです。
でもだから、便利な場所ももちろんいいけど、周りの環境や窓から見える風景や、光が入るか、そして小さくても部屋の雰囲気というのも大事だなぁ、と。ま、雰囲気は少しは自分でも変えられると思うのだけど。
で、今はパリ郊外で、普通の住宅街で、パリ市内のような趣のあるオスマン様式建物とかはないけれど、木が好きな旦那が植えた緑がいっぱいの風景が見えて、やはり気持ちが落ち着きます。
少しくらい不便でも、パリのように駅が歩いてすぐじゃなくても、緑の見える風景と(あと空も!)光って、大事だなぁ、とつくづく思います。
でも、車がなくちゃ移動できないのは困る~!チャリで動ける範囲希望~!なぜならわたくし運転がと~~っても危険で自分の運転が恐怖なのですよ~。そんなこともあって?チャリンコ大好き娘?(気持ちは)でございます~。

19世紀、ナポレオン三世の下でジョルジュ・ウジェーヌ・オスマン県知事によって行われたパリ改造計画で作られた、一階部分が商店街などになっていてその上が住居。三階部分にはバルコニーが取り付けられ、ブルジョワたちが住み、最上階の屋根裏部屋は使用人が住んでいた石壁の建物のことで、現在のパリ市街の原型にもなったと言われる。パリのオスマン様式建物巡りも面白そうです。近々やろうやろう!



と言うことで、今回もまたまたレシピもご紹介で、只今お庭の大葉使い放題祭り~♪だもんでそんな大葉をたっぷり使った「鶏だし大葉にゅうめん」です。
ポイントは大葉を素麺のように細い千切りにして一緒にさっと煮て大量の大葉も素麺化?させること(これちょっといいアイディアかもと自分で思ってしまいました。へへ)。ほんとに大葉にゅうめんなのです~。って言うか、にゅうめん入りお吸い物という感覚でしょうか。
パリも日本も物憂い秋…なので、残っている素麺でこんな簡単温まる一杯、いかがでしょうか。
それでは材料と作り方で~す!
RIMG40603 - Copie
材料(2人分)
・鶏ささみ50g ・茹で鶏用水400ml ・茹で鶏用酒大2 ・濃縮だしつゆ3倍タイプ大2~(味を見てお好みに調節してください) ・鶏ガラだしの素小1/2 ・大葉20枚~ ・素麺1/2束 ・あれば柚子などのみじん切り又はすったもの少々

作り方
①小鍋に鶏肉と水と酒を入れ火にかけ沸騰したら20秒煮て火を止め、ふたをしてそのまま置く。
②大葉を出来る範囲で細い千切りにする。
③ ①の鶏肉を取り出し、茹で汁を再び火にかけ、濃縮だしつゆと鶏ガラだしの素を入れ、沸騰したら素麺を入れ、素麺がしんなりとしてきたら、大葉を固まらないよう散らしながら入れ、時々さっとかき回し、素麺がちょうどよく茹で上がったら鶏肉を裂きながら入れさっと混ぜ、火を止める。器に盛り、あれば柚子などを散らして出来上がりです。

*今回はちょうどあったドライ柚子をトッピングしましたが、フレッシュなものがあればなお素敵かと思います。大葉は記載量より多くても美味しいです。


……………………………………………………………………………………………

さてそんなもさもさ大葉さんたちは今、こんな状態です。
RIMG40607
これでも去年よりはもさもさではないのです。例年と違って暑かったせいかなぁ、なんて思ってるのですが。
で、こんな大葉ちゃんたち、もう少し使い放題祭りしたら、その後はしば漬け作り開始です。
今年は定番赤紫蘇しば漬けに加え、大葉しば漬けも作ろう、って思ってるんです。わたくし、しば漬けが大好きなのでございます!でもぬか漬けも大好きだわ。きゅうりもだけど人参とカブがまたうまいんだ。ああ、ぬか漬け食べたいなぁ。今夜夢に出てきそう…
ということで、最近upした大葉消費レシピも一応併せてご紹介させておいていただきますね。コチラです。
Cpicon 大葉消費*美味しい和風豚ハンバーグ by milketmoi
Cpicon 大葉消費*レタスと大葉の豚ひき肉ドレがけ by milketmoi
Cpicon 大葉消費*クリームチーズメンチカツ by milketmoi
もし、我が家のようにもさもさ大葉な方は是非参考になさってくださいませ。



ご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加中です。お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです! 

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!


ありがとうございます

↑このページのトップヘ