パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

オリジナルレシピ

RIMG38205 - Copie
お向かいのラファエルパパさんからモロッコ人お友達が作ったという美味しいクスクスをいただいて、
またクスクス熱が高まり、作りましたよ~。
魚介のクスクス。
魚介のいいところは煮込み時間が必要ないこと。
火が通り過ぎるとかえってかたくなって美味しくないですからね。
で、これも自分で言うのもずずしい話ですが、
めちゃくちゃ美味しかった~!
以前一度作った時も思ったけど、
お肉のクスクスにまったく負けておりません。
魚介のうまみスープのしみたスムールも何とも言えません。
でも自慢にならないくらい簡単。
やっぱり簡単はいいですね。
これでもわたくし結構忙しいものですから、主に片付けに。ぷぷっ。
さて今回のポイントですが、
スムールをアラブの赤唐辛子ペースト「ハリッサ」入り熱湯で蒸したこと。
これラファエルパパさんお友達さんクスクスがそうだったのです。
で、それがとってもよかったのです。
普通はいただく時にお好みでそれぞれでハリッサを入れるのですが、
スムールに入ってると辛さが均等だしほんのりなのだけど均等なおかげでわりとしっかり感じられるのです。ほんといいアイディア。
これはこれからの我が家のクスクス作りの時の定番になりそうです。
じゃ、材料と作り方いきま~す。


材料(2人分)
・にんにくと生姜のみじん切り(2gずつ) ・玉ねぎみじん切り(20g) ・皮をむいたにんじん小3~4本のたて切り(150g) ・あまり太くないズッキーニ4㎝くらいのぶつ切り(220g) ・頭と背ワタをとった殻付海老(100g) ・殻付あさり180g ・食べ易く切ったイカ(100g) ・水300ml ・濃縮トマトペースト(小3)なければトマトペースト(小4~5) ・モロッコ風ミックススパイス→
Cpicon 手作り簡単♪モロッコ風ミックススパイス by milketmoi 小2と1/2 ・塩胡椒少々 ・炒め用EXVオリーブオイル(大1) ・コリアンダーの粗みじん切り(お好み量) ・レモン(お好み量) ・クスクス極小粒(100g) ・クスクス用熱湯(120ml) ・ハリッサなければ唐辛子ペースト(小1~) ・クスクス用EXVオリーブオイル(大1) ・クスクス用塩少々 


作り方
①沸騰した熱湯にハリッサとEXVオリーブオイル、塩を混ぜ、深めの器に入れたクスクスに注ぎ、すぐ蓋をし、1分30秒くらい置き、蓋を取り、ふんわり混ぜる。手で触れるようなら、手も使って空気を入れながらふんわり混ぜるとよい。これでクスクスはOKです。

②鍋にオリーブオイルと生姜、にんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎも加え炒める。玉ねぎがしんなりしたら、にんじんとズッキーニを入れ炒め、油がまわったら、水とトマトペースト、モロッコ風ミックススパイスを入れ強火にし、沸騰したら中火にし15分くらい煮る。*にんじんにしっかり火が通り、ズッキーニはクタっくらいに柔らかくなっているのが目安です。

➂あさりを入れ、蓋をし、口が開いたら、すぐ海老とイカを入れさっと火を通し、味を見て塩胡椒をする。火を止めて、コリアンダーを飾り用を少し残してさっと混ぜる。

④皿にクスクスを盛り③のシチューを添えるか別皿に入れて添え、コリアンダーを飾ってレモンを添えて出来上がりです。いただく時にレモンをぎゅっと絞っていただくとこれまた風味が変わって美味しいです。


*濃縮トマトペーストは私はフランススーパーで売っているDouble Concentré de Tomatesというものを使っています。日本でも濃縮トマトペーストが出ているようです。トマトの甘みが強くしっかりとしたトマト風味が出ます。カブがなかったので入れませんでしたが、正統派クスクスはカブも入っているのでもしあれば是非入れてくださいませ。白身のお魚やたこを入れても美味しいかと思います。




以前行ったいろいろなガイドブックでもよく紹介されてるクスクスの有名店の記事はコチラです。
→「Chez Omer(シェ・オマール)  ~パリのレストラン 3区~
その後、改めてクスクスについてちょこっと書いた記事はコチラになります。
太陽とクスクスとわんぱくっ子たち




ブログランキングに参加はじめました。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG38183 - Copie
だいたいいつも(日本のは特に)、
世間で人気なものとかから遅れている自分ですが、
でも最近はもう少しいろいろ知っておこう、と思い始めております。
ま、これもまた遅過ぎかもなんですけど。
で、やっぱりそんなちょいとした情報が簡単に手に入るのが日本のネット。
スキレットも太眉もパクチードレッシングもカルディもネットで知りました。
だからすぐどうのはないけど知ると面白いものです。
たとえば、オサレな女優さんの眉が最近太いのもす~ぐ納得。
で、今更ながらネットはもちろんパソコンが使いこなせるのは便利なことだなぁ、と。
あ、でもそう言えばお友達痰壺Y子ちゃんは、
パソコン系がめっちゃ詳しくて、
職場では他の部署の人までが何かわからない時しょっちゅう聞きに来るらしいのですが、
家にはパソコンがないのです。
家でまで必要ないんだよね、携帯で済んじゃうんだよね、って。
で、そっか、それもまたカッチョイイなぁ、って。
出来るのに、なのに。
私なんぞぁ、元々機器音痴がかなりひどくて、
仕事でも簡単入力でしか使ってなかったこともあり、
ほぼフランスに来て格闘が始まったようなもの。
でも今では家にパソコンがないともう困っちゃう。
こうしてブログで自分の毎日や感じたことを綴るのが楽しいし、
ネットで大好きな日本の番組も見るのも楽しいし、
(マツコ&有吉の怒り新党、アメトーク、孤独のグルメ←パート5を待っている)
それから今はお料理が面白くてしかたないので、
お料理情報や今の時期のキーワード的なものがわかるのも楽しい。
そうするとですね、今のそんなキーワードがやっぱり夏野菜っぽい。
特にナスとズッキーニな印象です。
で、そんなナスを使ってポタージュ・ヴルーテを作ってみました~。
ヴルーテ=veloutéとはビロードのような、なめらかな、という意味。
ミキサーでなめらかにしたポタージュにはときどきこのveloutéと言う形容詞がついているのですよね。
さてさて肝心のお味ですが、
これがとても美味しくて出来て自分でもビックリ。
ナスだけだと味がぼやけるかもと思い、クミンでほんのりアクセントをつけたのもよかったよう。
で、何のスープかわからず飲んだ(飲まされた?)旦那を物陰?から見ていたら、
案の定何々これ?美味しい~、って。
私、すました顔で、ナスだよ、って教えたら、
へぇ~、って。ほんとにへぇ~、って。
こうして何スープか言わずに出して、
物陰?から様子を見て、何これ?的表情を見るのもちょっと楽しいのです。
じゃ、材料と作り方で~す。とっても簡単で牛乳も生クリームもなしです!


材料(2人分)

・ナス400g(へたを取り皮をむいてざく切りにしたもの) ・にんにく1辺のみじん切り ・オリーブオイル大2 ・水200ml ・クミンパウダー小1/2 ・塩胡椒少々 ・コリアンダーの粗みじん切りまたはパセリの粗みじん切り適量 ・EXVオリーブオイル少々


作り方

①鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらナスを入れ中火よりやや強めの火にして焦げないようよく混ぜながら炒める。火が通ってきてしんなりし水分が出てきたら、その水分を飛ばすように炒め、1/3くらいの量になったら、水を入れ強火にし、沸騰したら軽く灰汁をとり、蓋をして、中火で5分くらい煮る。
②これをミキサーでなめらかなピュレにし、鍋に戻し、また中火にかけながら、クミンと塩胡椒を入れ混ぜ、火からおろす。冷やしていただく場合は冷めてから冷蔵庫へ。いただく時は器に注いだら、EXVオリーブオイルを少しかけ、コリアンダーをのせ、クミンパウダー(分量外)を少しかけてどうぞ。


*冷やしていただく時は少し固まるので、ピュレにして鍋に戻した後、水を少し足して予めゆるめにしておいてください。その際はクミンパウダーと塩胡椒もほんの少し足してください。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加


RIMG38022
今年豊作のお庭の黄色さくらんぼで、
レアチーズケーキを作りました。
下にしいたのはフランスではチーズケーキと合わせるのが超定番なスペキュロスビスケット。
その上にさっと煮た黄色さくらんぼをのせてマスカルポーネの生地を流して、
あとは冷蔵庫に入れて冷やせば出来上がり。
どちらかと言うとベークドの方が好きなのですが、
と言っても甘いものはなくても大丈夫なのでベークドもそんなには食べないのですが。
でも今の季節はレアもひんやりするっといただけていいな、とこのケーキで思いました。
で、
ホールで作って我が家だけではとても食べきれないのでお向かいのラファエル坊や家におすそ分けしたのですが。
そしたらそしたら夕方ピンポーン誰か来て、
出た旦那がニヤニヤしながら両手に何か持って戻ってきて。
その意味ありげな笑いにあたしなになに~、思ったら、
RIMG38000
ラファエルパパからクスクスもらっちゃった~♡♡♡
私は本当にクスクスが大好きなのです!
もうこれくらい→夢見るクスクス
なんかラファエルパパさんのモロッコ人お友達が遊びに来て、
クスクス作ってくれたんですって。
で、このクスクスがめっちゃ美味しかったのです~!
さすがモロッコの方です。
それに今まで食べたのとはちょっと違う新鮮発見もあって。
私の中のクスクス挑戦がまたむくむく湧いてきた~鼻もちょびっとふがっ。なりました~。
ので、
近々お肉か魚介のクスクスを作ろうと思ってます!
ちゃんと分量も量ろうと思うので成功したら是非レシピをご紹介させていただきたいです!
いやいやしかしクスクスもねぇ、
日本にいた時は食べたことがなかったけど、こんなに好きになるとはねぇ。
もし痰壺Y子ちゃんに、
カレーかクスクスどちらか選ばないと死んじゃうとしたらどっち選ぶ?
言われたら今だと迷うわ~




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!




このエントリーをはてなブックマークに追加


RIMG38041 - Copie

お庭の家庭菜園でとれた今年初のズッキーニを使って、
これまたお庭タイムを散らして重ね焼きを作りました。
お肉系お魚系はなし。ズッキーニ、ナス、そしてトマトだけ。
我が家の肉食星人も最近では野菜だけメニューにすっかり慣れ、
大丈夫文句言いません、いや、言わせませんか。はは。
で、お味は?
野菜のシンプルな美味しさが味わえて私は十分と思ったのだけど、
うちの肉食はもの足りんかも、思ったら、
意外や意外、肉食も十分だって。他に何も足さなくていい、って。
で、私ちょっとビックリ。
肉系入ってないと、これ何?つまみ?
みたいに言ってた星人が変われば変わるもんでございます~。
それでは材料と作り方で~す。めっちゃ簡単です!


材料
・ナス1㎝くらいの輪切り(350g) ・ズッキーニ1㎝くらいの輪切り(350g) ・完熟生トマト1㎝くらいの輪切り(350g) ・生のタイム枝4~5本(なければ乾燥でも) ・いいお塩適量 ・粗挽き黒胡椒適量 ・オリーブオイル適量


作り方(2~3人分)
①ナス、ズッキーニをオリーブオイルをしいたフライパンで強めの火で両面に焼き色をつけ、軽く塩と粗挽き黒胡椒をする。
②オーブンを180°で予熱開始。
➂耐熱容器にナス、ズッキーニ、トマトの順に繰り返し全部重ね、塩と粗挽き黒胡椒とタイムの葉を均等に散らし、オリーブオイルを回しかけ、180°のオーブンで30~40分くらい焼いて出来上がりです。


※炊き時間はそれぞれのオーブンで加減してください。またタイムは少し多いかな、と思うくらい散らすと焼き上がりにタイムの香りが感じられて美味しいです。もし肉食星人さんがいらっしゃるお宅でしたら薄切り肉やベーコンなどを入れていただいても美味しいかと思います。付け合わせにもどうぞ。
…………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG38049 - Copie

日本のネットを見ていたら「カレー」の文字がたくさん飛び込んでくるので、
そっか。日本は夏はカレーだったか、と思い出しました。
私もご紹介させていただいてるコチラ、
→「神田エチオピアカリーの私流作り方
→「今回はカレールーとクローブで手軽に神田神保町エチオピア風カリー&痰壺Y子ちゃん
も多くの方々に見ていただいているのですが、
そう言えば特にこの夏に入ってまた見てくださる方が多くなったのはそのためか、
と気付くのがいつも遅れているわたくしです~。
で、思いついて今度はコチラ、
Cpicon 手作り簡単♪モロッコ風ミックススパイス by milketmoi
を使って、ひよこ豆と夏野菜のカリーを作りました。
神田エチオピアカリーの味ポイントは何と言ってもクローブですが、
今回はクローブ使いなし。そのかわりモロッコ風ミックススパイス使い。
なので飴色玉ねぎ&湯むき生トマト使いは同じなのですが味がまったく違います。
で、こちらもあっさりスパイシーでとても美味しく出来ましたのでご紹介です。
それでは材料と作り方で~す。

材料(2人分)

・にんにく1片と生姜10gのすりおろし ・赤唐辛子の輪切り1/2本~ ・Aオリーブオイル大2 ・玉ねぎ薄切り180g ・湯むきした完熟生トマトのざく切り250g ・鶏がらスープ(なければ水+鶏ガラスープの素)200ml ・茹でひよこ豆120g ・モロッコ風ミックススパイス(市販のものでももちろんOK)小2と1/2 ・カレー粉小2と1/2 ・塩お好みの量 ・赤と黄のパプリカの乱切り合わせて120g ・ズッキーニの乱切り120g(今回は家庭菜園の白ズッキーニ使用) ・Bオリーブオイル大1 ・塩胡椒少々 ・お好みでコリアンダーのざく切り適量 ・温かいごはん2人分

作り方

① 厚手の鍋にオリーブオイルとにんにく、しょうが、赤唐辛子を入れ中火にかけ、香りがたったら玉ねぎを入れ、やや強い火にして炒める。だいぶしんなりして底に焦げがうっすら出来てきたら、水50ml(分量外)を入れ、炒め続ける。だんだんとまた水分がなくなってきて、底に焦げがうっすらできてきたらまた水50ml(分量外)を入れ、炒める。玉ねぎが飴色気味になって量も半分くらいになったら、トマトのざく切りを入れ、水分を飛ばしながら炒め、もったりしてきたら鶏がらスープを入れ、煮立ったらアクを取り、ひよこ豆を加え、中火で蓋をして7~8分煮る。

② その間にフライパンを強火にかけ温まったらオリーブオイルを入れ、ズッキーニ、パプリカの順に入れ、少し焦げ目がつくように、でも歯ごたえがしっかりめに残るように短時間で炒め、塩胡椒をし、火からおろしておく。

③ ①の鍋が煮えたら、②の炒めた野菜を加え、さっとひと煮立ちしたら、味を見て塩胡椒を足し、カレーの出きあがり。ごはんに添えて、お好みでコリアンダーをかけてどうぞ。 



※具材は、ナスやカリフラワー、ブロッコリー、きのこや、もちろんお肉や魚介を入れても。またごはんをクスクスにしても美味しくいただけます。コリアンダーがお好きな方は、仕上げにカレーの中にみじん切りを混ぜ、トッピングもして、でも美味しいです。

……………………………………………………………………………

さて、カニキュールはまだまだ続いておりますが、フランスはヴァカンスに突入。
我が家のお隣り家のパトリスさんも例年通りの7月ヴァカンスに入ったようで、今朝はリラックスモードでお庭でバーベキューコンロを綺麗にしております~。
でもうちの旦那はいつも8月ヴァカンス。
で、自分が日本で働いていて夏休みをとる時、いつもちょっとずらして9月にとっていて、
楽しみが早く来てもそのあと糧がなくなるのを避けたい派だったのですが。
でも早めにとるのもまたそれはそれでいいことがあるんだろうな、と経験したことない派は今思います。
そう言えば8月のなんとなく閑散としたオフィスやオフィス街、嫌いじゃなかった。
ってか大好きでしたっけ。
動いてはいるものの、働いてはいるものの、気持ちはどこかリラックス夏モードで。
いつもこうならいいのに、って思ってました。
で、今はそんなオフィスとかスーツとかランチとか飲み会とかま~ったく関係ない生活で。
この間セールでかわいいワンピース旦那に買ってもらったんだけど、
でもこれどこに着て行くんかい?ってふと思い、
着て行くとこねぇ~!ってなんか可笑しくなっちゃった。
そんなよく言えばゆる~い毎日でございますがいつもTシャツとジーンズでも大丈夫。
これにエプロンつければ掃除もお料理もちゃちゃちゃっでございます~。ふふ。
さ、ごはんを作りましょう。
今日はオリジナルレシピに挑戦。成功するか失敗するか、さあどっちかな?
それでは皆様、素敵な週末を!



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ