我が家の日常

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について
IMG_4377
ずっと家にこもる日々なので、
あるもので久しぶりにお菓子を作りました。
ガトー・ショコラです。
お菓子は作ってないと感覚が鈍りますねぇ。
IMG_4386
冷めたら表面が割れてしまいました~。
ショコラ生地とメレンゲの混ぜ方が足らなかったかな。
そういうコツもすっかり抜けております。
また思い出しながらやりましょう。
IMG_4393
合わせたのは、我が家の庭採れフランボワーズと
大事にしてるバラのシロップで作って保存しておいたソース。
これがめちゃくちゃ合うんです。
表面は割れたけど中は超しっとり濃厚で美味。
製菓用ショコラがこれでなくなったので、
今度はパリ2区ニル通りのお店で板チョコ買ってきて作りたいです。
超おすすめ。南米カカオ使用ショコラティエ
ここでお試し買いしたガトー・ショコラの、
南アメリカ産カカオの風味が素晴らしかったので、
ここのを使えば間違いないだろう。むふふ。
IMG_4397
そしてそしてバラのシロップは、
去年初夏のはじめに行ったバラの街としても知られる
世界遺産の街プロヴァンで買ってきたもの。
ベリー系のフルーツとボン・マリアージュなんです。
このプロヴァンの小さ旅は、
担当サイトでご紹介させていただきましたが、
今思えばほんと夢のような時間でした。
また今年も行きたいな、秋になってしまうかな、
それとも来年になってしまうかな…
なんて過ぎりながら思い出しながら、読み返してしまいました。
お時間がありましたら楽しんでみてください。
パリから日帰りできる中世の街プロヴァンへ!現地編
パリから日帰りできる中世の街プロヴァンへ!プチ・シャトー・ホテル編
パリから日帰りできる中世の街プロヴァンへ!フランス最古レストラン編
ではでは元気にまた次回!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4117
フランスはこの週末でコロナ感染者がさらに増え130人となりました。
そんな中、週末のパリ郊外我が街マルシェへ
いつも通り行ってみました。
そうしたらお客さんの数が半分近くに減っていてびっくり。
IMG_4118
多くの感染者が出ている北部オワーズ県と南部オートサヴォワ県では、
人が集まるマルシェが普段より人が少ないのはニュースで見ていたけど、
我が街マルシェもとうとうコロナの影響がでてきたようです。
で、マルシェバーもいつもよりお客さんが少なかったのですが、
年配の方も含めお馴染みさんたちの姿は結構あって、
いつも通り飲みながら楽しそうに語らっておりました。
そう言えばニュースのインタビューでも、
商店街のお肉屋さんの行列に並んでいた70代くらいのムッシューが、
コロナウィルス?みんな騒ぎ過ぎだよ~、
と明るく答えておりました。
振り回されない煽られないこんな大らかなムッシューみたいな人も
必要だな、と感じました。
IMG_4119
とは言うものの、今は外出の際はいつもコートのポケットに
消毒用リキッドを入れて歩いておりまして。
念のため一杯している間に一度旦那と消毒しときました。
IMG_4123
この後はお買い物をしたのですが、
この日一番行列が出来ていたのが何とイタリア総菜屋さん。
イタリアでたくさんの感染者が出ていますが、
それは関係ないようです。
IMG_4129
で、私たちもイタリア総菜屋さんで、
オリーブ、ルッコラ、赤唐辛子入りのペッコリーノチーズを購入。
想像よりも赤唐辛子がぴりっと効いていて美味しかったです。
ということでいつも通り、ではなかった我が街マルシェ。
ルーブル美術館も職員たちが感染を恐れ就労を拒否し、
3月1日から休館となっております。
パリも今週はこういった異変が他でもありそうです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3980 - コピー
先々週末のマルシェは旦那に1人で行ってもらったんです。
というのも、私がちょっと風邪気味で咳が出ていたから。
理由はお風呂上りにわんこたちをピピ&カカ(おしっこ&うんち)のために、
お庭に出したら、こっちを見つめながらカカする姿が超可愛過ぎて、
寒い中しばらく見守っちゃったんですよね。
そしたら翌日すぐ喉の調子が悪くなっちゃったので、
外に出て咳してどなたかにコロナ不安を与えても申し訳ないので、
しばらく家で安静にしたんです。
で、先週はほぼ治ったので、コロナ観察も兼ねて行ってまいりました。
IMG_3981 - コピー
我が街マルシェも大丈夫。
私も含めアジア人もいつも通りいましたし、
ご近所さんにお会いしたら、私は遠慮して握手にしようと思ったけど、
向こうからいつも通りビズ(フランス式頬と頬をつける挨拶)してくれました。
IMG_3982 - コピー
アジア総菜屋さんはどんな様子かな、と見てみたら、
コロナ騒動が始まった時はさすがにお客さんがいなかったけど、
今回はフランス人のお客さんたちもたくさんいらっしゃいました。
気にし過ぎないフランス人もたくさんってことですね。
ただしわたくし咳が出そうになってもがんばっておさえました。
やはりマスクと咳は厳禁と思います。
IMG_3987
で、マルシェで買ってきたのはこれこれ。
IMG_4016
つい最近ご紹介させていただいた
ブリー地方のクセが少なく濃厚な白カビチーズのブリーを、
時間をかけて水分を飛ばし熟成させた、
ブリー・セック・ノワールです。
うまみがスペシャルなチーズ「ブリー・ノワール」
今回のはかなり熟成されていてカッチカチ。
お値段は4、60ユーロくらい。高くないんですよね。
カラスミみたいに薄く切って赤ワインと一緒にいただきました。
で、今回のカッチカチを食べてみて、
少し中に柔らかさが残ってる熟成し過ぎていない
ブリー・セック・ノワールが、風味がほんのり二層で一番かね、
と話しました。好みもあると思いますけどね。
チーズ好きな方はぜひお試しあれ♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3244 - コピー
タイトル通りです。
クリスマスから年末にかけて青空デーが結構あったのですが。
新年に入って、ほぼ、毎日雨曇りほんの一瞬だけ青空。
IMG_3256 - コピー
家の中では昼間でもどこかに灯りが必要です。
IMG_3254 - コピー
慣れたけど…慣れない。
これは多くのパリっ子たちが思うことだと思います。
IMG_3258 - コピー
いつ雨が降ってくるかわからないのでお散歩にもなかなか行けません。
道もぬかるんでて、すっころんだトラウマがあるので恐い。
本物パリ生まれっ子は生まれて毎年ずっとこの冬かと思うとすごい。
IMG_3260 - コピー
でもそのおかげで温かいお部屋で音楽を聴きながら、
空にいる子も皆でゆっくり過ごす穏やかな時間です。
IMG_3241 - コピー
散歩になかなか行けなくて、
最近ちょびっとぽっちゃりのアンちゃん。ダイエット中です。
2、3日前、近所のカフェに行ったら、
すぐそばの空き地でアンちゃんが何と一匹で
自由にはちゃめちゃに走り回っていてびっくり!
で、あまりにも自由でのびのびしてたので黙ってその場を去り、
カフェでお茶だけ飲んで家に帰ったら、
アンちゃん何もなかったようにすっとぼけて家にいたんです。
で、私がいない間こうしていつも外行って遊んでたんだな、
で、帰ってきて何もなかったようにすましてたんだな、と思ったんです。
という夢を見ました。
現実のアンちゃんは夢の中のアンちゃんそのままの女の子です。
IMG_3251 - コピー
あたしあたしのアンちゃんも一目置いてた
犬嫌いの孤高の犬、ミルク坊やも一緒です。
14歳と半年の犬生で10年近くがフランス暮らしになりました。
冬の長いパリですが今のこの家に思い出がいっぱい。
IMG_3248 - コピー
IMG_3263 - コピー
ミュミュは白い毛が増えてきたけどいくつになっても甘えっ子。
3歳で我が家にやって来た日の夜、
何のためらいもなくパパとママと一緒にこてんと寝た子。
でも今年9歳。早過ぎる…。
ちょこんと顔半分見えてるのは控えめジェンちゃん。
ミョミュとジェンちゃんはよくくっついております。
アンちゃんとジェンちゃんが姉妹なんですけどね。
アンちゃんがわたしわたしだから2ぴきは若干引き気味。
IMG_3282 - コピー
最近先輩わんこ3ぴきの中に入って
女子プロレスに参加するようになったメメリリです。
超ビビりで我が家に来た時はごはんを食べてくれなくて苦労したけど、
今は「ごはん!」と言うと嬉しくて部屋の中を何度も走り回り、
しかし最後はなぜか棚の奥に入り込んで抱っこ待ち待機。
毎回棚の下からそっと出して抱っこにひと苦労。
お散歩も大好きですが絶対歩かなくて抱っこ散歩のみ。
でも外が楽しいらしくて大きな瞳できょろきょろ好奇心いっぱい。
いろいろ不思議なのですがそこが超面白くて可愛い。
皆、それぞれ性格が違って、
毎日一緒にいてまったく飽きません。
愛おしい子がいるってこんな素敵で幸せなことないです。
IMG_3284 - コピー
そんなこんなで気が付くと一瞬太陽が顔を出してくれました。
久しぶり過ぎて眩しい。
ということで最近心地よいと感じた曲もご紹介。
フランス人シンガーのアロイズ・ソバージュの
「ア・ロイゾンタル」。
ベッドやソファで身体を休ませてリラックスしようという歌です。
化粧っけのない少年みたいな女の子で可愛いです。



コアラやカンガルーやたくさんの動物を苦しめてる、
オーストラリアの火災に胸が痛くて涙が出てきます。
今は何より早くおさまってくれることを心から祈っております。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3162 - コピー先週末は旦那の古い自転車愛好会仲間のローラン家に、
クリスマス&新年のパーティーに行ってまいりました。
想像はしていたけど、家の中が超素敵なクリスマスの飾りつけ。
奥さまのクリステルが美しく飾りつけするのが大好きなのです。
IMG_3168 - コピー
私も子供の頃は、
こんな欧米のクリスマスのデコレーションに憧れたものです。
でもフランスに来てここ数年は片づけるのが面倒で、
小さなツリーを飾っておしまい。だめですねぇ。
来年はもう少し夢のあるクリスマスの飾りつけにしたいと思います。

IMG_3181 - コピー

ご招待いただいた時間は夜8時。
旦那に8時ぴったりは失礼だから15分くらい遅れて行きましょう、
とお願いして無事8時20分に到着。
そしたら他のお客様全員もう揃っていた!あちゃ~。
ということですぐにアペリティフタイムです。通称アペロ。
おつまみにいろんな味のプチパイが出てきました。
全部美味しかったですよ~。
たくさん食べちゃった。えへ。

IMG_3178 - コピー

2時間近くのアペロの後はお待ちかねディナータイム。
テーブルも素敵でしょう。
私はここまでやる余裕がいつもありません。
でもフランスではこれが正式なテーブルセッティング。
IMG_3174 - コピー
それぞれの席にお皿が置いてあって、
この上に前菜のお皿やメインのお皿が置かれます。
グラスもワイン用とお水用が並んでいます。
いつか私もちゃんとこのスタイルでお食事出したいな。
IMG_3196
ということでまずは天然のスモークサーモンです。
クリステル流はこれに生クリームとシブレットを添えて、
シンプルにいただきます。
すんごく美味しい!
実は我が家も新年用に天然ものを買っておいたのだけど、
食べきれなくてまだ冷凍庫にあるのです。
ローラン家でいただいて気に入ったので、
我が家のを食べるのも楽しみ。
養殖と天然もの、色も味もぜんぜん違うんですよねぇ。
IMG_3194 - コピー
そして生牡蠣、なのですが、
このままレモンを絞っていただいてももちろんいいのですが。
IMG_3190 - コピー
それぞれお好みで牡蠣の上に野菜のソースをかけて、
その上に溶けるチーズをのせて。
IMG_3191 - コピー
何とラクレット専用機で焼くのです。
IMG_3200 - コピー
数分でほら、こんがり焼けました。
これがものすご~く美味でびっくり!
生牡蠣が苦手な旦那も食べれたんです。
で、すぐにクリステルにレシピを教えてもらいました。
これ、絶対家でやります!
IMG_3205
メインはウズラのローストです。
これも柔らかくて美味しかったなぁ。
IMG_3170 - コピー
この後はチーズとフルーツが出てきて、そしてデザート。
でも私はお腹いっぱいでとてもじゃないけど、
食べれませんでした。
私もチーズ大好きだけど、
フランス人はチーズとデザートは別腹なんですね。
IMG_3186 - コピー
こんな可愛らしい手作りお菓子のプレゼントも準備してくれて。
こまやかで素敵だな、と感じました。
ところでクリステルは、
冬のパリは光がなくて本当に苦手、
カナダが大好きだからカナダに移り住みたい、
カナダの冬は寒さが違うけど、
光があって冬も美しい、と言っておりました。
確かに冬のパリは青空が少な過ぎる…。
でもあと2ヶ月すればあの素晴らしいパリの春。頑張ろ!!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ