私のちょび日常

昨夜なんだかバタバタしましてヴィクトル・ユゴーの家の記事作成が
ま~ったく出来ませんでしたので、すみません、
急遽変更で今お気に入りのCFのご紹介とさせていただきます。
でもこれも来週くらいにご紹介させていただこうと思っていたんですよ。
っつうことで、王道なんだけどなな~んか甘酸っぱい物語CFです。
そして出てくる男の子も仲間も流れる曲も含めとてもフランスっぽいです。
ちなみに「INTER MARCHE」は結構ポピュラーなスーパーマーケット。
それではカットなしCF、ごゆるりと御覧くださいませ~。



いかがでしたでしょうか。
最初に書きましたが、曲がまたなんともフランスチックで、
ノスタルジックなのがまたいい味出してるな、と思うのです。
で、旦那にこの曲知ってる?って聞いたら知らないと。
まさかこのCFのために作ったのかしら、とも思ったのですが、
「Marcel Mououdji」さんという方の昔の曲で、
曲名は「L’amour,l’amour,l’amour」、愛、愛、愛、なのです。
こちらがその曲となっております。

「Marcel Mououdji」さんは歌手としても俳優としても活躍なさってた方。
「Mououdji」って読みにくいのですが「ムルジィ」で、
お父さまがアルジェリア系の方だそうです。
それにしてもフランスのCM制作会社も素敵な曲をチョイスするなぁ、と。
以前ご紹介させていただいたこのフランスの国鉄「SFCF」も素敵な曲でした。
最近フランスで印象的なコマーシャルとその曲、そしてダニエル・ジョンストン

今回のはまた、愛、愛、愛、なのがいいなぁ、と。
さっすがアムールの国フランスなのであります!
じゃ、ヴィクトル・ユゴーさんの家記事がんばりま~す。ごはんも作らなきゃだしできるかな…
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6774
先週のぽかぽか陽気からお天気は少し下降気味ではありますが、
花曇りのマルシェへタムちゃんの新鮮パセリなどを買いに行ってまいりました。
ところで花曇りと書いたけれど、春に何となく使うのはわかっていたけどちゃんと調べてみたら、桜が咲く頃の曇天だそう。よかった。意味合ってました。
RIMG6780
さてさてマルシェ。
RIMG6781
日本ではまだ珍しいアーティーチョークやアンディーブもフランスでは超お手頃価格。
アーティーチョークは特売で2個で2ユーロでしたよ。
でもアーティーチョークは安いからといってすぐとびつかない方がよくて、
開き気味のは新鮮ではないのでとにかくきゅっとまるくしまったものがいいのです。
そうだ。今度新鮮なのをゲットした時、それをブログでご紹介もいいですね。
こうして、この八百屋さんでのお買い特品を見ていたら旦那がちょっとどこかへ行って、
そして戻ってきたら…
RIMG6782
ジョンキーユ(jonquille)=黄水仙の花束を買ってきてくれました。
フランスではミモザが春の訪れ第一弾的なお花だとしたら、
ジョンキーユは春の訪れ第二弾的なお花。
今の時期はよくこうして花束が売られているのです。
ロマ人の売り子さんなことも多いのですが、パリのメトロや有名観光地のスリやたちの悪いロマ人とは別なので、我が家では今の時期、よく買わせていただきます。
1束2ユーロ。高くないです。これが出てくるとほんと春だなぁ、と感じます。
RIMG6785
そんなかわいい花束と一緒にまずはシュワシュワタイムです。
もうお願いしなくてもいつものお姉さんがボンジュール!って言って作ってくれます。
嬉すぃ。
RIMG6787
このシュワシュワをいただいている時すぐ近くでとても興味深いことが。
お店の若い男の子店員さんが軽食で出しているクロックムッシューを作っていて(ちゃんと簡易手袋をしていらっしゃいました)、どうやって作ってるのかな、と見ていたら、ちょっと新鮮びっくり!これは近々まったく同じ作り方で作ってみようと思っておりますのでこうご期待。なんちって。でもほんとやってみますよ!
RIMG6788
2杯さっと飲んでポルトガルバーを後にし、行列の人気アジア惣菜屋さんの前を通って、
RIMG6791
元気イタリア系ムッシューの元気なお姿をやっぱり確認。
大きな声で、お~また来たかい、って。いつも写真撮ってるね、ってそれも大きな声で。
めっちゃ受けるお客さんたちと、そして旦那とあたし。
で、ビズ(挨拶がわりの頬と頬のキス)していいかい、って。
昨日はビズしましたよ。でも超あっさりビズ。
RIMG6793
カメラを向けるとさらに張り切るムッシュー、おしゃべりもさらにリズミカルになって。
RIMG6794
ここはムッシューの小さな楽しいテアトルなんだなぁ、って。
RIMG6792
こうしてキュートなムッシューにいつものご挨拶して、
ハーブを何種類か買って家に帰ったのでありました。

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6382
昨日からとうとうパリにも春がやって来ました♪
いきなり青空広がって暖かくなってブロカント市もいよいよはじまって。
先週の降りしきる雨の中でまだ半分も咲いていなかった桜も八分咲きくらいかな。
我が家のお隣り家パトリスさんはパリ市内の公園で植物の管理をするお仕事をなさっているのですが、昨日お庭ごしにお話したら、今咲いてる桜は早咲きのもので、この我が街セントラルのも桜だそう。春の中でこうして桜が見れるというのは本当に幸せなのです。
RIMG6401
さてさて春の光がいっぱいのマルシェで~す。もう気分はルンルンや~
RIMG6386
先ずはいつものポルトガルバーへ。
RIMG6391
皆さんそれぞれバラ色シュワシュワやカフェやビールやお好きなもので朝からリラックスタイム。
RIMG6384
ということで私たちも今日は珍しくバラ色シュワ子さんをチョイスです。
はい。嘘です。毎週です。
RIMG6388
いよいよ春だね、ってあたし。
うんうん頷く旦那。
家族皆で迎えられて、ああ、嬉しいなぁ、としみじみでございます。
RIMG6393
ところでこの時ひと際目を引いたのがあのムッシュー。
朝からスーツで髪型から足元までびしっと決めていたのですよ。
はじめてここで会った方で注目度ナンバーワン。
これからパーチィーにGO!かしらなどと思ったり。
ま、余計なお世話ですね。すみません。
RIMG6399 - Copie
坊や2人は携帯に夢中で、何かな、思ったら、ポケモンGO!でした~。
なんかまた新しいバージョンが出たみたいなのでそれでしょうかね。
撮ってもいい?って聞いたらパパさんも来て…そ、そ、そっくりや~。
そしてそして、
RIMG6403
イタリアンムッシューの声も響き渡ります~。
今回のお買い得はポルトガルのオレンジ。
RIMG6406
ムッシュー!って呼んだら、
おお!ビズ(挨拶がわりの頬と頬のキス)してもいいいかい?っていきなり。
でも実際にはしないで言うだけなんですよ。それがまたいいんです。
ニースあたりの軽~いイタリア人の場合は老いも若きもほんとにしてきますからね。
さて、この後は近くで行われていたブロカント市へ。
今年初でございま~す。

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


さて今日はフランスの美人キャスターたちをちょっとご紹介です。
私がフランスに来た頃のフランスのテレビ局のキャスターたちのイメージは、
どちらかと言うと容姿より力量重視、なのかな、という感じだったのですが、
ここ数年、それが変わってきたかな、という印象がありまして。
特に主要局の中の私がよく観るTF1とM6は綺麗であるということもちょっと競ってる感?もなんだか若干ありまして。
それではご紹介いたしましょう。
L-amour-est-222
先ずはM6の顔とも言えるこの方「Karine Le marchand」。
1968年、ナンシーでフランス人の母親とアフリカ系の父親のもとで生まれましたが、幼い時に父親は家庭を離れ、母親のもとで育ちました。初めは父親の故郷のテレビ局でレポーターを始め、国営放送のディレクターだった父親と再会。でも父親はその2年後、エイズで亡くなっております。その後、主要局の1つのFrance3で仕事をし、現在はM6の番組に司会者として頻繁に登場。今年行われる大統領選の各候補たちへのリラックスしながらのインタビュー番組でも大役を果たしておりました。
メティス(métisse=混血)の美しさ大全開で、またスタイルもものすご~くいいのです。170㎝以上あるのではないでしょうか。
ophelie_meunier[1] - Copie
同じくM6に去年の夏から登場したのがこの方「Ophélie Meunie」。
我が家では夜のニュースはM6の「Le 19:45」を観ることが多いのですが、去年の7月18日の初登場の際は、あまりにも綺麗で我が家で、え?誰誰この人は?となったのです。
1987年、ヴェルサイユ生まれ。以前モデルの仕事もしていたそうですが現在はキャスターでジャーナリスト。モデルをしていたくらいですから彼女もスタイルがものすご~くよくて、服も素敵で、彼女が画面に出てくる時は着ているものや髪形も全てに見とれてしまいます。
image[1] - Copie
この方はTF1のニュースキャスター「Anne-claire Coudray」。
去年、長年TF1の主要キャスターだった「Claire Chazal」がTF1の社長とひと悶着あり、その日に降ろされ(早かった!)、その空いたキャスター席をゲットしたのが彼女です。
1977年、レンヌ生まれ。この方も綺麗なのですが、ちょっと年配ムッシュー受けな感じかな、と。服もかなり落ち着いた感じでおしゃれ度の高さではM6のお2人かなぁ、と。ま、私が勝手に思ってるんですけどね。
aaa
この方も同じくTF1で「Anne-claire Coudray」さんがお休みの際に登場する「Audrey Crespo-Mara」。1976年、セーヌ=マルヌ県生まれのジャーナリストでキャスター。TF1の他にもトゥールーズのラジオ局や、主要局France2でも司会をなさっています。
こうして見てみると、TF1のお2人の雰囲気が少し似てるんですよね。M6の方のお2人もモデルタイプの八頭身美人なのが共通点。これらはもしかしたらそれぞれの社長か局の好みかな、な~んて思わないこともないような…
jpeg_north_780x_white[1] - Copie
そして最後はTF1で長年主要キャスターだったけど降ろされてしまったこの方「Claire Chazal」。去年の1月のある日旦那が「Claire Chazal、TF1クビになっちゃったって」とあっさり言うので、え?どういうこと?となり、社長とひと悶着あって、その日に降ろされその日にTF1を去った、と。あの早さにはとてもびっくりしました!ひどいけどなんか体裁を考えない大ざっぱなフランスっぽいやり方だなぁ、と。
1956年、オーベルニュ生まれで、去年1月のその出来事後は主要局France5で新しく番組の司会をなさっております。
ということで今回なぜにこの記事を書こうと思ったかと言いますと、
M6が今年開局30周年でして先週は特別番組も放送されM6の番組の人気司会者やキャスターたちも勢ぞろいして、私の大好きな料理人のコンペティション番組「TOP CHEF」の審査員シェフさんも皆登場してきて。ま、番組は歌ったりトークしたりでたいして面白くなかったのですが、この30周年のM6のCFがパリやフランスの美しい夜景がたくさん出てきてなかなかよいのです。それをご紹介したいな、と思い、だったら綺麗どころも併せてちょいとご紹介しようかしら、と。あ、で、肝心のそのCFはコチラになります。

→「Depuis 30ans. Votre quotidien M6」 

そしてCFで使われているエド・シーランの曲もまたいいんですよねぇ。
もしCFで聴いてみてお気に召したらどうぞ下のヴィデオクリップもチェックなさってみてくださいね。

それでは今日の記事は以上となります。
ああ、やっとここまで辿り着きました~。何とかまとめとぞ、みたいな。へへへ
………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG6212 - Copie
先週末、土曜日のお呼ばれディナーは我が家から歩いて10分くらいのVさんのお宅。
我が家にお招きしたことはあったのですがこちらからお伺いするのははじめて。
去年奥さまを病気で亡くされて今はセリバ。セリバとは「célibat=独身」という意味なのですが、でもアパルトマンの広めのお部屋はすっきり綺麗に片付いていてびっくり!うちのが散らかってる!で、私たちも親しくさせていただいてるあとお2人も招かれていて、
先についた私たちはリビングでアペリティフで乾杯。
そうしているうちにあとのお2人も到着してみんなでアペリティフタイム~。
これが結構長いんですよ。1時間か1時間半くらい?
このアペリティフタイム、フランス人のお招きの時は必ずあると思っていいのです。
最近のお互いの近況を話したり、趣味の話をしたり。仕事の話はかな~り少なめです。
仕事が終わった後、同僚で飲みに行くというのも年末とかの特別な時じゃない限りないんですよね。だからよく外国の人が、日本人が仕事の後も仕事関係の人と飲みに行き、仕事の話をする、というのを不思議と言うんですね。でも私は日本にいる時は結構楽しんでおりました。みんな仕事の時とちょっと変わるのも面白かったし、日本は食べ物もいろいろで美味しいし。やっぱりそれぞれ文化が違いますね。それもまた面白いものです。
ところでこの時旦那はビールとその後ウィスキーを飲み過ぎたのであります。
ウィスキーはこちらではアペリティフでも飲まれるのですがすきっ腹に気をつけなくちゃなのに…。
そしてこの後は場所を変えてテーブル席へ。
RIMG6218 - Copie
こちらもちゃんとテーブルセットしてくださってます。
こうして場所があればアペリティフの時と食事の時の場所を変えるのも一般的。
このお部屋は壁の半分近くがガラス張りで外の景色が見えてなかなか素敵なお部屋。
まだ冬景色だったけど春夏は光がいっぱい入りそうでした。
奥さまも存じ上げていたので、ここでもっともっと暮らしていたかっただろうな、とも。
奥さまのお写真とマリアさま像がリビングの一角に飾られていたのが印象的でした。
さてさて楽しみお食事はアフリカ系の主催者さんなのでアフリカ料理?と思っていたら、
RIMG6216 - Copie
サラダがやってきました。
かわいいブロカントのアルミの取ってつき器に入っております。
RIMG6219 - Copie
さてさてどんなお味?これがと~っても美味しかったのです!
根セロリとたっぷりの海老のサラダなのですが、味付け加減が絶妙!びっくり!
作り方を聞いてみたら、実はこの時出掛けていた娘さんが朝全部準備していったそう。
だから、ごめんね、自分は料理についてはまったくわからないんだ、って。
娘さん料理うまい。ということはたぶんお母さんが上手だったのかな、と。
なのでアフリカ料理かはわからないのだけど、とても気に入ったので出来れば再現したいな、と思っております。うまく出来たらレシピご紹介したいです。
RIMG6223 - Copie
そしてメインは大きな丸鶏のローストにラルドン(ベーコンのようなもの)や
黒オリーブのソースがたっぷりかかったもの。
RIMG6221 - Copie
付け合わせはごはんで~す。ここがアフリカンですね。
でも話を聞くとお米割合はフランス人よりは多いけど日本人ほどではないそう。
こういうのも知るのが楽しいのです。
RIMG6224 - Copie
これもと~っても美味しかった。
娘さん、お料理うまいわ~、お母さん上手だったんだろうな、と思わず呟いたら、
そうだよって。すごくうまかったんだよって。
娘さんにしっかり受け継がれて素敵だな、としみじみ感じました。
RIMG6230 - Copie
この後はデザートです。でもこれは買ってきたよ、って。
見た目感フランスの普通のお菓子屋さんのケーキって感じでこれまたらしくてよいよい。
しかもこれもクリームがあまり甘くなくて美味しかったのですよ!
V(主催者さん)は美味しいの知ってらっしゃるな、グルメだな、と思いましたねぇ。
そしてゆっくりいただきながら、何がきっかけだったか、人種についても真面目に話しをしましたよ。実は今までこうしていろんな人種が集まるというのにこの話はしたことがなかったのです。で、はじめて話をして、やはりVは普段言わないだけでデリケートにいろいろ感じて、そして考えていると感じました。
私もフランスでは移民の1人で、テロというものも経験して、自分なりに思うことがあるけれど、かなり率直に話し合って皆の意見が一致したのは、生まれた場所が違うのでお互いの文化を理解しなくちゃ、ってことでした。
でもはじめてその話をする素敵な機会だったのに、旦那は酔っぱらって眠りこくっていたのです~。ま、それもご愛敬ということで。

……………………………………………………………………

長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ブログランキングの登録カテゴリーをパリ→フランスに変更しました。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



↑このページのトップヘ