我が家の日常

RIMG45335
夕暮れになってやって来たのは再びマルシェ近くの街のセントラル。
せっかくの日曜ヴァレンタインデーなのでディナー行こうか、と旦那が、去年の年末同僚たちと来て美味しかった、というイタリア人オーナーで料理人さんたちも皆イタリア人だというイタリアンレストランを予約してくれました。私もたまには気軽に来れる地元のレストランってのもいいな、って。
RIMG45336
15分早く着いたのですぐ近くのバーでアペロを一杯。
ここはTVで競馬放映されてて、皆さん、馬券片手に真剣に見ていたのですが、注目レースが終わると、溜息つくムッシューもいれば黙ってニンマリするムッシューもいて。どうやら当たったらしく私たちと目が合って、しぃー、っと人差し指でしながらウィンク。3人でクスクスしちゃいました。
RIMG45339
地元のおしゃれでも何でもないお店でのこんな小さなひと時大好きです好みです。
RIMG45333
そして予約時間の19時となったのでレストランへGO!
ところでこのフォトたちを見て思ったのですが、日がだいぶ長くなりました。ついこの間まで17時近くには暗くなっていたのですが。嬉すぃな。
RIMG45348
フランスでの19時ディナー始まりはちょいと早め。20時くらいが多いと思います。スペインなんかだともっと遅くて21時とかですけれど。なので店内はこのようにガラガラ。私たちは2組目でした。
RIMG45340
さてこのお店もですがフランスの多くのレストランは日曜日はお休みが多いのですが、ヴァレンタインデーと重なったこの日曜日は夜だけ特別にオープン。
そのためメニューもヴァレンタインの特別コースメニュー。普段は夜は40ユーロからのようですがこの日は特別コースで50ユーロとなっていて、テーブルの上には持ち帰り用の赤いバラもセットされていました。
RIMG45342
で、先ずは旦那にチョイスをおまかせしたアペリティフのイタリアのスピリッツがやって来ました。ほんのり苦味があってそれが美味しい。量もたっぷり。ふふふ。
RIMG45344
アミューズはシュー生地っぽいものに包まれた白身魚の小さなムース。なかなか美味しかったし、自分でも作れそうかな、と。これはそのうちTRYです。こういうアイディアやヒントをいただけるのもまた外食は楽しいのです。
RIMG45352
そして前菜はアーティーチョークとリコッタチーズをねりこんだ揚げラビオリとイタリアの生ハムの盛り合わせ。これまた美味しかった!やっぱりちゃんとイタリア人シェフだ、って思ったです。フランスのイタリアンレストランは日本でも今じゃよく知られたことですが、パスタさえもアルデンテすら存在しない?ような残念なとこも少なくなく、お隣りの国同士だというのにどうしてかとほんと不思議でしかたないのですが、このお店は厨房でもイタリア語が飛び交っているらしく、イタリア系フランス人とかじゃなく、しっかりイタリア人なのかもしれません。ま、想像ですが。あ、で、生ハムもとても美味でした。イタリアの美味しい生ハムっていうのはどうしてこんなに美味なのかなぁ、といつも思いますねぇ。
RIMG45360
そして気が付けば店内は満席状態。しかも見事に全員カップルです。ヴァレンタインの威力結構すごい。中にはずいぶんお若く、しかも何て言うか、ちょっとまだお互い慣れてない雰囲気のカップルもちらほら見受けられたのですが、ここフランスでは男性の方が女性にプレゼントすると書きましたが、このヴァレンタインデーのディナーを誘うことで、そしてそれを受けることでお付き合いを始める、というパターンもとても多いのですって(旦那の話)。それでお互いまだ慣れてない感ありカップルもいるのか、と納得。ここで1つ疑問点が私の頭をかすめました。それは支払いはどうするんだろう、と。と言うのも以前書いたことがありますが、
→「GLADINES(グラディヌ)&フランス人男性たちについて ~パリのビストロ 5区~

フランス人男性は割り勘割り勘言う人もとても多い。で、こんなヴァレンタインデーでもなのかしら、との疑問も浮かび、すぐ旦那に聞くと、さすがにこんなヴァレンタインデーディナーは男性が全部払うそうです。よかった~。このディナーでも割り勘言ってきたらそれはねぇ、ちょ~っとどケチ過ぎだもの。よかった~。
ところでそんなお若いカップルの中には50ユーロのコースをいただきながら2人してコーラを飲んでいたりするカップルもいて、それを見た旦那、ありえないな、ジェネレーションだな、と。でも日本でもお酒が苦手だったりコーラが好きだったりでいつでもコーラ飲んで人いるいますからね。でも、ま、私は絶対お酒チョイスですが。へへ。
RIMG45357
メインは私はタイム風味のカレダニョー(ラムの背肉)をチョイス。うちは旦那がラムちゃんだめなので、家ではラムをいただくことはほぼないので、メニューにあるとつい食べたくなります。大定番な味で新鮮感はありませんがふつうに美味しく、付け合わせのフェンネルのグラタンも気に入りました。このグラタンは近々作ってみようと思っています。
RIMG45358
旦那はラビオリに白身魚がのったもの。盛り付けがちょ~っと大ざっぱ気味ですが、魚の火加減もちょうどよくサフランがほんのり香るソースもクリーム系ですがくどくなくあっさりで、これも味はよかったのです。ラムじゃなくこっちのラビオリでも私よかったな、と。で、久しぶりにラビオリ自分で作ろうかしら、って思いました。あ、生地からじゃなくね。はは。
RIMG45367
デザートは定番ティラミスです。これも甘さが控えめでとっても美味しかった。
ニースのお友達伝授のイタリアンマンマの美味大事ティラミスレシピが私もあるので、ティラミスも久しぶりに作りたくなりました。コーヒー風味のお菓子は甘いものそれほどな私でも美味しく最後の一口までいただけます。
RIMG45364
そしてデザートにはグラスのシャンパンがつきます~♪ ヴァレンタインディナーはこうしてシャンパンがつくのがスタイルなのですって。フランスのヴァレンタインディナー初めてなのでもう知らなかったことばかり~。ちなみにフランスではこんなふうにデザートの時にシャンパンを合わせることもとても多いのです。人様のお宅にお茶のお呼ばれみたいに、シャンパンのお呼ばれしていただき、ガトーをいただきながら楽しむこともあります。そんな時はわたくしはガトーはあまり食べずひたすらシャンパンをいただいてしまいます。粋なフランス流ができないわたくしでございます。そう言えばニースでお隣りさんだったサルディーニャ島出身のピナもシャンパンはもちろんスパークリングワインにもパネトーネを必ず合わせておりました。ワインがあってパネトーネがない時は、パネトーネを買いにイタリアン食品店にわざわざ急いで買いに行っておりました。ピナは決してリッチとかじゃないけど、シュワシュワワインと甘いもの組み合わせのヨーロピアン的気分なんだかリッチ感覚、素敵だなぁ、とその時も思ったものです。なのに未だに粋なフランス流ができないわたくしです~。
RIMG45369

このようにして我が家のヴァレンタインデーは地元でちょっと新鮮でとても楽しく過ごすことができ大満足の1日なのでした。旦那さまに心から感謝感謝でございます。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG45318
日曜日だった昨日のヴァレンタインデーは先ずはマルシェにシュワシュワしに行きました。
ちょっと分かりづらいかもですが左の赤いキャップの男性の手には赤いバラの花束。
この方のように女性にプレゼントするために花束を買ってる男性をたくさん見かけました。そしてダントツにこんな赤いバラの花束が多かったです。
つい最近も書きましたが、フランスではヴァレンタインデーは男性が女性に何かプレゼントするのが習慣。日本と反対なのです。
RIMG45319
さて2月中旬マルシェ。チーズ屋さん、お肉屋さん、お魚屋さん、八百屋さん、フランスお惣菜屋さんからアフリカお惣菜屋さん、ローストチキン専門屋さんまでどこも相変わらずの賑わいです。ローストチキンは先週末いただいたので大丈夫この日はそれほどにはそそられませんでした。いつもはいい匂いに刺激されまくっております。
RIMG45322
さてシュワシュワポルトガルバーに到着。ここもまた朝から賑わってます~。
そして皆さん、朝から飲んでいらっしゃいます~。
RIMG45316
で、わたくしたちもバラ色シュワシュワタイム~。2ユーロよ~ん♡
すると一杯飲み終えたくらいに旦那の知り合いさんも一杯しに立ち寄って、二杯めごちそうしてくださったので、次の三杯めの時に今度は旦那がその方にごちそう。結局三杯も飲んじゃいました。でも実は飲みながら、ここでときどき会うめっちゃかわいい女の子チワワちゃんとパパさんを何気に待っていたのです。でもこの日は結局会えませんでした。少し時間が遅かったかもなぁ。ちょっぴし残念。
RIMG45320
そんなんですきっ腹だったこともありほろ酔い気分になって、お昼用にバゲットとトマトを買ってぶらぶらおうちに帰宅。
RIMG45324
そして我が家の定番のコチラ、
Cpicon ヴィジソワーズ*ローズマリー風味 by しじみごはん
をいただき、
RIMG45325
そして簡単バゲットサンド(前日の残り豚バラをカリッと焼いてブルーチーズとお野菜たっぷり)&少し厚切りにして揚げたポテトチップスで~す。美味しかった~♡ちょっとフォトぶれちゃったけど気にしないでね~。このPart②ありま~す。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

RIMG45195 - Copie
2月に入ってパリは曇りと雨を行ったり来たり
RIMG45199 - Copie
でも
RIMG45201 - Copie
行ったり来たりしながら時間たちは確実に4つの季節を旅するのです
RIMG45206 - Copie
もうすぐprintemps
RIMG45207 - Copie
その次はété
RIMG45212 - Copie
そしてautomne そしてまた…





あ でも南の島は違うかな




ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村

2686023[1]

着替えも髪を整えるのも(整えるって言ってもめちゃ適当ですが)化粧水パタパタはたくのもメイクも(朝軽くね)、ぜ~んぶバスルームだったのですが、ある日エマウスの家具部門店で、旦那がこれどお?って。コーヒーも置けるよ、欲しい?って。で、それほどドレッサー必要じゃなかったけど寝室に置いたらかわいいかな、思い、そうして我が家に来ていただいたのがこのこのune coiffeuse(コワッフーズ)。ドレッサーさんです。
1950年代か40年代かもう少し古いかも、って旦那。作りで(特に内部の)わかるようなのです。

2686053[1]

で、お気に入りのブロカント雑貨と私の家族とべべたちフォトを飾って、2、3日に一回両親の好きだったコーヒーをご先祖さま、旦那の亡くなった前の奥さん、そしてデデさんにも併せてここにお供えし、ご挨拶とお礼とお祈りをします。今お墓参りにもぜんぜん行けてないのでそのかわりと言うかなんと言うか。でも本当は毎日がいいのですけど朝忙しいと忘れちゃうのです。すみましぇ~ん、な感じなのですが。

2686043[1]

いろいろ自分なりにきっつい山や谷を越えて、エイッ!っと海を渡ってフランスにやってまいりましたが、今が一番幸せかもと思っているので、コーヒーたまに忘れてもちゃんとご先祖さまたち見守ってくれているな、と。明日コーヒー淹れなくちゃ。

2686040[1]

ちなみに三段引き出しがあるのですが、
・一段目…日本から持ってきた写真やメモリカード、キャメラなど
・二段目…ブラジャーやパンツなどの下着類と肌着
・三段目…靴下やスパッツいやレギンス、タイツ
などが入っております。そして相変わらず着替えも髪も全部バスルームでしております。
あ、で、エマウスで80ユーロのお値段がついていたのですが、値切ってもなんにもしてないんですけど50ユーロにしてくださいました。50ユーロなんてわたくし大満足過ぎでございます♪



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村

RIMG44791
お天気は薄曇りだったのですが旦那が行く?言うから来ましたよ、日曜マルシェ。
昨日の夜はだ~れも、な~にもありませんでしたがあれから数時間後、こうして大賑わい。
なんだかちょいと人生のようであります。
RIMG44795
日本はお肉とお魚、どちらも食卓の主力かな、と思うのですが、フランスではやっぱし肉、肉、肉。すんげぇ肉が主力でございます。パリでも商店街にはお肉屋さんが何軒も目と鼻の先にあるのも普通で、日本人の私としてはそれがちょ~と疑問なのですが、肉食星人であるフランス人には何も疑問なし。マルシェでもそことあそことあっちと向こうに何軒もお肉屋さんがあってどこも列が出来ております。それを見ると改めてこの国の肉食星人の多さを感じずにはいられないのです。
RIMG44796
ここのマルシェに関して言えばお肉屋さん5に対してお魚屋さん2、くらいの比率でしょうか。でもこれはマルシェだからで、街の商店街ではお肉屋さんは何軒かあってもお魚屋さんはない場合もとても多いのです。だからかな、マルシェのお魚屋さんもいつも列が出来ております。それでも郊外には大型スーパーがすごい勢いでどんどこ出来ているので、お魚屋さんはもちろんお肉さんなどの小売店もやはり減っています。大手の力にはやはりここフランスも太刀打ちできないのが現状です。でもマルシェはこうしてマルシェ。新鮮なものがあるのはもちろん、マルシェの雰囲気も皆さんどこかで求めに来ているのかな、と思います。
RIMG44786
さてさて日曜マルシェのポルトガル朝一バー。
今日はわんこべべたちと一緒に来たので立ち飲みカウンターではなくテーブル席にてシュワシュワグラスワイン。
テーブル席ははじめてだったのですが、いつも見ていたお店の光景が変わるのでちょっと新鮮。
RIMG44789
私たちもいつもあの中に紛れております。ま、たまの日曜のほんの数十分だけですが。
で、今日は以前もここで何度もお会いしたことがあるお2人に再会。
RIMG44798 - Copie
超かわいくてうちの坊やによく似ているチワワべべちゃんとパパさんムッシューがたまたまお隣り席だったのです。またこの子がおとなしくてちょっと恐がり屋さんで、でもうちのべべちゃんたちに興味はとてもあるらしくず~と見つめてて、それがかわいくてねぇ。しかもパパムッシューもこの子ちゃんもうちの子たちも優しい眼差しでずっと見つめてて。ああ、ムッシューはほんとわんこたちが好きなんだなぁ、と感じました。ときどき、子供もなんだけど、自分の子だけかわいい、みたいな感じの人いるのよね。あれはわからんわ。子供もわんこも大人人間たちにはないその愛らしさを知ると、うちの子だけ、じゃなくかわいいなぁ、と思うもの、と私は思います。もちろんうちの子がそりゃ一番愛おしいのはそうなのですが。ムッシューの優しい眼差しは、自分の子だけじゃない感じのそんな眼差しな感じがしました。それにしてもほんとかわいくて抱っこしたかったな、このべべちゃん。でもいつかきっと…。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


↑このページのトップヘ