我が家の日常

びっくりです。フランスでは今度は警察のストが始まりました。
理由は、5週間続いたデモで多くの警察官が
仕事がハードで相当疲労しているのにもかかわらず、
政府が1人につき300ユーロの特別手当しか払わないからだそう。
さすがフランス。警察もストスト。
警官の制服がブルーなので「ジレ・ブルー」
なんていう見出しをつけているニュースもあります。
緊急以外は警察は出動せずとにかくミニマムの仕事しかしないそう。
今週土曜日ももしデモがあるようだったらどうなるのか。
それまでには政府はストをやめさせたいはずですが…。
ということで、今、パリをはじめフランス旅行をなさってる方は、
メトロや観光地などで十分お気をつけください。
普段たくさんいる見回りの警察官がいないはず。
また空港も混乱しているとのことなので、
手続きなどに時間がかかるかもしれません。
また次回状況をご報告させていただきますね。
Foto (54)
わたくしも終わるまで1人でのお出かけは控え家で静かにいたします。
行くのはべべっ子のお散歩くらいでしょうかね。
と思ったら遠くでパトカーのサイレンの音が。
なんでしょう…。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (2)
土曜日、パリ・シャンゼリゼを中心に大規模デモがありましたが、
その頃、私たちは我が街のセントラルにある庶民派バーへ。
想像はしていたけど、ここではフランス系もアジア系もアラブ系も南米系も、
みんな一杯飲みながらいつも通りの光景。
でもさすがにTVではデモの様子が流れている…と思ったのですが、
え?
Foto (1)
競馬中継で~す。ここのお客さんはぶれません。やります。
でもちなみに今回のデモは、
日本のニュースでどのように伝えられていたのかわからないのですが、
小さな暴動はあったけれど、ある程度暴力なしでいけたので、
「本物」のジレジョーヌの方々もよかった、と言っております。
ま、8000人の警官で警備固めもすごかったですしね。
Foto (4)
パリの暴動がほぼ大丈夫だったので、私たちもほっとして地元時間を楽しみました。
そして、外に出ればもうすっかり夕暮れ。
クリスマスのイルミネーションが綺麗だったので、この後は少しお散歩。
12月のフランスはパリの有名観光地だけじゃなくて、
どこの街角も商店街もキラキラなんです。
Foto
そして今夜は夜8時からエマニュエル・マクロン大統領の
緊急TV演説があるのがわかっていたので、辞任かな、
と、どきどき演説を見たのですが、辞任せず、
ジレジョーヌに大幅譲歩する内容を発表しました。
このデモが続いた期間、本人ほとんど姿を見せず、
燃料税増税6か月延期もナンバー2のフィリップ首相が発表。
しかもすぐその後大統領が、いや1年延期だと言ったとかごたつきまして、
それでも本人はほとんど姿を見せなかったという。
まあ~情けなかったんです。大統領の器じゃない…。
で、辞任したくなくて、今回このようになったんですね。
でもジレジョーヌのデモ、これで終わるかはまだわかりません。
彼はまだまだ危険だぞ、と思ってる人がたくさんいるよう。
旦那もそう言っていて、多くの人が辞任を願っております。
それにしてもフランス人、すごい。
さすが警察もストする国です!

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (950)
フランスではこの師走の時期、玄関のチャイムがいつもより多く鳴ります。
そのわけは、年末恒例カレンダー売り!
カレンダー売りと言ってもむやみに買わせるものではなく、
主に、消防士さん(pompiers)、郵便配達さん(facteur)、
そしてゴミ収集(éboueurs)をしている、
普段の暮らしで住民がお世話になっている方々。
売り上げは活動費に使われたり、
フランス語で「エトレンヌ(étrennes)」と言いますが心づけだったり。
はじめてピンポーン来た時は、旦那がいなくて、
いきなり消防士さんにカレンダー見せられて、
はて?ってほんとまったく意味がわからなくて申し訳ないけど、
わからないから買えません、って言ってしまったんですよね。
で、帰ってきた旦那に伝えたら、買ってあげなくちゃ~、って。
いや、日本で消防士さんからカレンダー買うって風習ないし~、って。
でもそれからは3職業さんのは買うようにしております。
(たまにこの3職業と関係ない人が便乗して売りにくる場合あり)
ということで今年の郵便局のカレンダーが
上写真の動物&ちびっ子の数枚綴りので、
その上の一枚のはポストに入っていたどこかの会社の無料カレンダー。
まだ消防士さんとゴミ収集の方は来ていないんですよね。
お金の準備してあるんですけど。
ちなみに我が家は1つ8ユーロで買っておりますが、
パリ7区16区あたりの高級住宅街では
50ユーロ出す、なんてこともあるらしいです。
FotoJet (951)
郵便局のカレンダーは毎年動物もの。
実際使うのはポストに入ってた一枚で全部わかる
ぺらぺらの方だったりするのですが。
動物好きとしてはときどき眺めて、可愛いね、なんてやっております。(最初だけ)
消防士さんのはコチラのサイトで、
フランス年末の風物詩♪消防士カレンダーでマッチョな男に萌える
マッチョな消防士さんの肉体美見せつけカレンダーになっていると知りました。
フランスの消防士さんてイケメンがすご~く多いんです!ほんとに!
でもですね、あれ、私これ見たことないぞ、
だってこんなカレンダー見たら絶対忘れないもの、と。
さてはお腹が出てきて筋肉が落ちてきた旦那、隠したか?
ということで、まだ3種揃ってないし、
一番注目の消防士さんのゲットしてないしで。
これから年末まで待ちますよ~。なんちってね。へへ。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (849)
お天気が最高によかった日曜日、
旦那が入っている古い自転車愛好会?の中の3人のフランス男が、
ポタリング&ピクニックツアーをするというので、
ピクニックだけ私も合流してまいりました。
午前中に3区10区11区に面したレピュブリック広場で待ち合わせし、
ここから3人は愛用の自転車で出発。私は1人きままに徒歩でお散歩へ。
そして、お昼にピクニック場所に集合。
ノートルダム大聖堂やアンヴァリッド、シャンゼリゼなどをポタリングしたようで、
気持ちよかったよ~、と元気にやって来ました~。
FotoJet (844)
フランス人は本当にピクニックが大好き。
お天気のいい日の食事スタイルの1つとして昔から馴染んでいるんですね。
で、古い自転車を見て興味を持った人たちに声をかけられ、
すぐに気軽に会話が始まります。
おつまみに持ってきたケーク・サレ(しょっぱいケーキ)を、
1つどお?なんて差し出して、
あら、感じいいわ♡なんて会話中ですよ。
FotoJet (846)
そのケーク・サレにソーシッソン(サラミなどの加工肉類)。
手作りケーク・サレはフランス男①のローランさんの奥様の手作り。
ワインのおつまみに合います♪
ソーシッソンはフランス男②のクリストフさんが
お肉屋さんで買ってきてくださったもの。
やっぱりお肉屋さんのは一味違います。
しかも薄~く切ってあってそれがまたいい♪
FotoJet (845)
フランス男③の旦那はマレンヌ=オレロン産の生牡蠣持参。
せっせこ開けて並べ、妻が作った赤ワインヴィネガーソースを添えます。
すると2人が、お!ヴィネグレットもついてるの?いいねぇ、って。
そして3人(生牡蠣得意じゃない旦那以外)でつるっと次々にたいらげて、
うまいなぁ~、ソースありもナチュラルもいいねぇ、って完食。
やっぱり今の時期の生牡蠣は美味しいです!
FotoJet (848)
チーズは②のクリストフさん持参。
バスク地方の羊のチーズ「ブレビ(Brebis)」です。
これも大人気で(って4人だけですが)完食。
この時はなかったけれどブレビはさくらんぼのジャムもよく合うんです。
FotoJet (847)
他にも3人でシャルキュトリー(豚加工肉類)やらリエットやら
カマンベールやらを持ってきていたけど、食べきれませんでした~。
でも最後に①のローランさん奥様手作りのリンゴのプチマドレーヌが出てきたら、
それは入るとこが違うようで、デリシューだと皆何個も食べておりました。
そのケーキ、ほんとに美味だったんですよ。
でも私は1個だけでお腹いっぱい。
というのも実はこのお昼集合の前にあまりにもお腹が減って、
1人でちょっとプチ・ランチしちゃってたんです。でもそれはシミツ。
FotoJet (843)
秋もそろそろ終盤で気温もだいぶ下がってきたパリですが、フランス男たちは、
いい天気だねぇ、ピクニック最高だねぇ、今日にしてよかったねぇ、
って皆で話していて。
で、ジャポネーズのわたくしは、
秋はもちろん冬でも天気がよけれなピクニックするフランス人たちを、
面白いなぁ、ほんと太陽大好きなんだなぁ、と。
改めてフランス人たちのお気軽ピクニック感覚を目のあたりにし、
興味深く感じていたのでした。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (826)
先週末のマルシェは雨降りデー。
傘をさしてお散歩がてらとことこ向かいました。
パリの紅葉は金色中心。
地面が一面金色の濃淡に埋め尽くされてる時は、
はっとするほど美しいんです。
FotoJet (827)
この日は雨だったけど、今年のパリの11月はお天気に結構恵まれているので、
まだ当分秋晴れを満喫できそう。これ、珍しいんですよ。嬉しい。
FotoJet (830)
さて、マルシェのポルトガルバーに到着。
いつものテラス席には雨よけのビニールテントが。

FotoJet (828)
主にタバコを吸うお客さん中心となっております。
フランスでは今年タバコは1箱7ユーロから8ユーロに引き上げられ、
さらに2020年には何と10ユーロまで引き上げられる法案が出ております。
日本円で1300円!びっくり!
喫煙者を減らすためだそうですが確かに1300円出して購入はきついだろうな…。
旦那も昔は喫煙者だったそうですがどんどん高くなるので止めたそう。
一度目は挫折したけど二度目はすぐ止めれたんだそう。
ジベルニーのモネの家の写真ではモネの手によくタバコがあったのが印象的で、
でもモネは86歳まで生きたので、
ああ、この時代は環境も違うし化学物質が今ほどあふれていないし、
このゆったりとしたジベルニーの暮らしだったので、
タバコは楽しめるものだったんだな、と思ったものです。
今は地球の変化も含め環境と化学物質と心とストレスと…。
なんだか悪化の一途をたどっているように感じます。
FotoJet (829)
ということで私たちは店内へ。
FotoJet (831)
シュワシュワ一杯2ユーロです。
10ユーロだと気軽じゃないけど2ユーロだとついつい飲んじゃいます~。
で、はぁ~、美味しい♡とくつろいでいると、
このマルシェバーでいつも会うムッシューが。
FotoJet (832)
バーで働いているスタッフのパパさんなんですよ。
ムッシューは口のお鬚の上下の色が違いますね。
実はこれと関係することについてずっと聞いてみたいことがあったので、
この日はじめて質問してみました。
それは髪の色は以前何色だったのかということ。
そしたら、ストロベリーブロンド=苺色がかった金髪だったんだそう。
なるほど。口の上の髭とあと眉毛と同じ色だったんですねぇ。
ちなみにフランス語では「ブロン・ヴェ二シアン(blond vénitien)」
と言ってフランスでも稀なスペシャル金髪なんです。
苺金髪も今は髪と眉毛とお鬚の色が違うのも、あと瞳が綺麗なブルーなのも、
アジア人の私には不思議な世界で魅力的。
旦那は茶褐色の髪&明るいマロン色の瞳ですしね。
ちなみに質問した時、めっちゃウケてぷっとワイン吹き出しそうになっておりました。
FotoJet (833)
毛の色の謎が解けてすっきりとした後はお買い物。
が、気がつけばマルシェの終了時間になっていたのです~。
FotoJet (834)
ここまで片付けられていると、もう何も買うことはできません。
FotoJet (835)
人気フランス惣菜屋さんもすっかり片付け終了。お疲れ様です!
FotoJet (836)
イタリアンムッシューの八百屋さんも終わりになっていて。
次回は早めにバーを引き上げ、お買い物しなくちゃで~す。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ