我が家の日常

IMG_1522 - コピー
土曜日は旦那の古い自転車愛好会のお友達ローランさんの、
お兄さんのディディエ&リディアさん夫婦宅に
お呼ばれパーティーに行ってまいりました。
何と私の憧れのジャルダン・ディヴェールでのパーティー。
ジャルダン・ディヴェールとは、冬の庭という意味で、
ガラス張りのお部屋で冬でも明るく温かいんです。
いつかジャルダン・ディヴェールのある場所に住むのが
私の叶わないだろう夢なのですが、素敵過ぎる~。
IMG_1510 - コピー
まずはフランスのパーティー恒例、長めのアペリティフタイムです。
私がいただいたのは綺麗な色の手作りポンチ。
アルコール弱めで飲みやすい。
IMG_1513 - コピー
おつまみはパテ・アン・クルート(paté en croûte)。
お肉のテリーヌをさくっとした生地で包んだもの。
フランスの伝統的な料理の1つです。
これは小さめタイプで軽くつまむのにぴったり。
IMG_1514 - コピー
ソーシッソン(saucisson)。日本でいうサラミのようなもの。
こう言っちゃあれだけど、いいものは風味が違います。
これはとてもいいものと感じました。
IMG_1515 - コピー
ハムでニンニク風味のブルサン(ノルマンディーのフレッシュチーズ)を巻いたもの。
これ簡単で美味しくてよいよい。マネしましょ。
IMG_1526 - コピー
そして1時間半くらいのアペリティフの後はお食事で、
キッシュ・ロレーヌ(Quishe Lorraine)です。
アルザス地方を代表する有名な郷土料理ですね。
タルト生地も手作りでとっても美味しい♪
細みのリディアさんですがこの夏、我が家にお招きした時に、
餃子、チジミ、お好み焼きが超気に入っておかわりしてくれたくらいなのです。
その時に、食べるのが好きで美味しいものを知ってるんだな、
と思ったのですが、やはりでした。このキッシュですぐ確信しました。
IMG_1528 - コピー
メインは鶏のアルザス風煮込みと。
IMG_1530 - コピー
アルザスのパスタ「スパッゾル(spätzles)」です。
IMG_1532 - コピー
これがまたと~~っても美味でびっくり!
煮込みにはアルザスの白ワインを使い、スパッゾルは生のものを買ってきたそう。
全員大絶賛で、私もおかわりしちゃいました。
スパッゾル、大注目!生のものを探して作ってみようと思います。
こういうのがあるから、人様料理、新鮮さもあって大好きなんです。
IMG_1536 - コピー
この後はフランスのお食事にかかせないチーズタイム。
IMG_1538 - コピー
手作りのミラベルのコンフィチュール(ジャム)もあります。
フランス人はチーズにコンフィチュールを合わせるのが好きなんですよね。
IMG_1539 - コピー
デザートはミルティーユ(myrtilles)のタルトとルバーブ(rubarbe)のタルトの2種。
ミルティーユはブルーベリーに似ているけど、もっと小粒。
ルバーブは最近は日本でも知られてきているようですが、
お菓子に使うことが多いけど野菜の1種。
私はミルティーユをチョイス。甘さが超抑えめでプチプチ美味しい。
飲み物はシャンパンです。
フランスはデザートの時にシャンパンを合わせることが多いんです。
IMG_1543 - コピー
シメのカフェには手作りのノワゼット入りクッキー。
(私はカフェインに弱いのでずっとシャンパン)
これがまたですねぇ、超美味しかったんです~。
これも全員が大絶賛!リディアはほんと~にお料理上手!
しかもとてもさりげなく出して、
トレトレボン♪とかデリシュー♪って伝えると、
ニコッと笑ってメルシだけ言ってさっぱり終わるんです。
なんかいいんです♡
IMG_1534 - コピー
こんなに美味しいものを毎日食べてるほっこり系のディディエさん。
でも腕にはディディエ家のわんこのシベリアンハスキーのタトゥー!
2匹いて2匹とも甘えっ子で綺麗で可愛い。
でも身体ごと預けてくるので小柄な私、しょっちゅうよろけておりました。
もう1匹わんちゃんがいてその子は17歳と半年。
ほとんど見えなくて聞こえなくて歩くのがやっとでおむつをしていて、
しょっちゅうくんくん鳴いて、すぐにリディアがそばに行っておりました。
IMG_1548 - コピー
古いお家はどこもとても綺麗になさっていて雑誌に出てきそう。
お庭にはジャルダン・ディヴェールの他に、空の下のテラス席もありました。
ローランさん一家はパパさんもママさんも、お兄さん夫婦も、
そしてローランさん夫婦も素敵なお住まい。
私もそんなお家に招いていただいて超楽すぃ。
そして何より人様のごはんって自分で作るより…

美味しいのはなぜだ!


…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_1337
毎週日曜日はマルシェデー。
以前は金曜日のまとめ買いの日にスーパーでほとんど買っていた野菜。
でも野菜類は基本マルシェで買うことにしたら、
改めてその安さにびっくり。今日買ったのはコチラ。
IMG_1339
生のプルーン。
IMG_1340
ロマネスコ。
IMG_1341
旦那の大好きなアンディーブ(チコリ)。
IMG_1342
白インゲン豆。IMG_1343
インゲン。これにトマトとマッシュルームと大きなサラダ菜。
全部で14ユーロくらい。インゲンなんて大袋にいっぱいです。
どう考えても安い。
これに改めて気づいたのは、レシピをご紹介する際に、
使う野菜の日本での価格を調べてみたら、
高くてびっくりしたのがきっかっけ。
私が日本にいた時は日本の野菜がここまで高いイメージがなかったし
この10年間で日本の環境がいろいろ変わったこともあるかもですし
そしてフランス生活が長くなったのではっきり覚えていないこともあるのだけど。
とにかくフランスの野菜価格(果物も)やっぱり農業大国だな、と思います。
ただしやはり農家の方は、
外国(スペイン、ポルトガル、イタリア、アフリカ、南米等)から
さらに安い野菜が輸入されてくるので大変みたいです。
それと農薬が日本とは違うのでそこも気になるところ。
コーヒーでもカフェインがかなり強いようで、
カフェインに弱い私は1杯以上飲むと夜眠れなくなってしまうので、
好きだけど1日1杯だけにしております。
日本では午後2時くらいまでなら2杯飲めたんですよ。
ちなみに。契約会社にもよりますが、
フランスは固定電話から海外の固定電話にかけた時、
1時間以内は無料の会社がほとんどです。
通信費、交通費も日本に比べかなり安いんですよね。
しか~し、外食費は日本よりずっと高いです。たいして美味しくないものでも…。
他にもいろいろと違いがあるので今度まとめてご紹介させていただきましょう。
当たり前ですが、国によっていろいろとお値段も特徴も違いますね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_1264
週末日曜日は少し暑いくらいの秋晴れ。
マルシェのポルトガルバーのテラスも大賑わい。
IMG_1266
私たちも日差しを浴びて乾杯です。
IMG_1271
すると手に小さな小さなてんとう虫ちゃんがとまりました。
そんな季節になったのね、と。
というのも寒くなると我が家の家の中にてんとう虫たちが入ってきて、
元気に活動するので、てんとう虫と言えばイメージは秋と冬なんです。
またあの季節がやってくるのですねぇ。
温かい我が家に今年もやっといでやっといで♪
IMG_1272
さてさてこの後はお買い物。
この日は作りたいムール貝の1品があったので、
品質の良いモンサンミッシェルのムール貝を1キロ。
IMG_1276
イタリア総菜屋さんにも寄って。
IMG_1278
八百屋さんにも寄って、お野菜をたっぷりお買い上げ。
ますます野菜の美味しさに目覚めている今日この頃。
炭水化物を控えているので今はお米はちょっとしか食べれないけど、
お野菜はたくさん食べても大丈夫。っていっても限度がありますけど。
IMG_1280
ということでイタリア総菜屋さんで買ったのは、
お気に入りトリュフ入りのソーセージ9ユーロ。
これがしっかりトリュフの香りと風味で美味しいんです。
お土産におすすめしたいくらいだけど、
加工肉類を含めお肉類などは海外に持ち帰れないんですよね。
なので日本からいらっしゃって、もし召し上がりたい場合は、
フランスにいる間に味わってくださいませ。
メゾン・ド・ラ・トリュフなんかでも、
トリュフ入りのシャルキュトリー類があります。
ちょっと高いのですけど…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_0953
先週末になりますが雨の日曜マルシェです。
こんなお天気の日はポルトガルバーのテラスはテントが張られます。
IMG_0954
私たちもテントテラスでシュワシュワタイム。
IMG_0956
これはこのお店のカルトですが全部お手頃お値段なのが嬉しい。
グラスワインは2ユーロだしシャンパンも5ユーロ。
そばには焼き立てピッツァ屋さんの車が止まってるし、
マルシェ内のバーのお向かいのお肉屋さんでは、
おつまみ用にシャルキュトリーの盛り合わせも並ぶようになったしで。
皆さん、ついつい飲んでつまんでほろ酔い日曜日になっちまうわけです。
私たちもですけどね。うひ。
IMG_0947
いい気分の後はお買い物。
このマルシェのパン屋さんのパンは
何を買っても外れがなくて美味しいのです。
IMG_0949
この日のお買い得はブリオッシュでしたが、
我が家はパン・ドュ・カンパーニュを購入。
IMG_0948
マルシェ内に3店舗あるお魚屋さんの1つ。
手前に大きな袋がどさっと置いてありますが、あれはムール貝。
産地名も入っております。
IMG_0951
このお店のこの日のムール貝はあのモンサンミッシェル産。
(別のお店では違う産地でした)
このモンサンミッシェル産のムール貝がとても美味しいんです!
IMG_0950
ムール大好きでよくいただく我が家。
それまで、多少美味しいのの差を感じることはあったけど、
このモンサンミッシェル産をいただいた時はその差が歴然。
2006年にモンサンミッシェルのムール貝は
海産物として初めてAOC(原産地統制名称)を取得しているそう。
AOCはフランスの農業製品やワインなどに与えられる特別な品質保証。
それに納得のお味なんですよねぇ。
フランスに来たばかりの頃はムール貝美味しい、と、
それで満足していたけど、だんだん味の違いがわかってきてしまう。
今はそんな経験も含め、自分なりのおすすめをお伝えしたいと思っております。
モンサンミッシェル産ムール貝、美味です!!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_0784 - コピー
ウッドストックスタイルが合言葉のお呼ばれは、パリ郊外の、
旦那の妹イザベルさんのサプライズのバースデーパーティー!
IMG_0782 - コピー
2人の息子くんが企画してイザベル本人は知りません。
アペロをしながら招待客40人くらいで暗くなってきたお庭で、
イザベルが入ってくるのを見守りました。
その時のフォトは、私はもう1人の妹ベアトリスさんにカメラを預かって、
パシャパシャしてたので、ないのですが。
イザベルの声が門の外で聞こえたきたら、
皆で、しーっ、とか言って、でもクスクスしながら待って。
入ってきたイザベルが一瞬??という顔してる中で、
ハッピーバースデートゥーユーの大合唱!
ほんとサプライズでしたよ。
IMG_0787 - コピー
準備は息子くんたちと息子くんの彼女とでやったよう。
現在フリーのイザベルですが、いい息子さんたちを持っていいな、
と思いました。
IMG_0789 - コピー
旦那のパパ&今のパートナーさんもやって来て、
旦那がブロカントで見つけた古いレコードをプレゼント。
パパさんはパソコンはまったくせず、
音楽はプレーヤーとCDで聴いてるそう。
IMG_0795 - コピー
旦那妹さんベアトリスは美人で華やかで超盛り上げ上手。
いつでも皆の笑いをとっております。
逆に旦那兄弟2人とベアトリスの旦那さまが静かめで、
その対照的な光景がちょっと可笑しかったです。
IMG_0810 - コピー
ポルトガル系家族もいれば、アラブ&フランス系カップルもいたり
メティス(混血)の子もいたり、アジア人もいたり(私)。
さすがフランス、人種も様々です。
これが今のフランスなのですよねぇ。面白い。
IMG_0797 - コピー
旦那の家族は付き合いがドライなので、
私も久しぶりに皆と会ったのですが、
やっぱりたまに会うのは大事。縁があってつながったのですもの。
いつか美味しい手作り日本食をご馳走したいのですが、
なんせあまり会わないので機会がありません。はは。
IMG_0822 - コピー
イザベルが息子くんに贈られた「ミス50歳」のたすきをかけ、
招待客のおちびちゃんとダンスしております。
フランスでは成人年齢である18歳、その後は30歳、40歳…と、
こうして盛大なお祝いをすることが多いのですが、
50歳は特別感があるよう。
IMG_0838 - コピー
イザベルと息子くん(長男)。
この2人も場を華やかに盛り上げるのがとっても上手。
イントロの曲当てでは、あたしが先よ!俺が先だ!と皆で大盛り上がり。
IMG_0915 - コピー
ふと見れば一角ではTVゲームをする現代っ子たち。
おちびちゃんのパパもこの時は画面に見入っていました。
IMG_0939 - コピー
お食事の最後はお誕生日ケーキ登場。
他にも別のケーキが用意されていました。
フランス人は大人も子供も甘いもの、大好きですからねぇ。
この後はもちろん、一晩中ダンスダンスダンス!
ほんっとに皆さん、パワーがあって圧倒されたけど、
とっても楽しい一夜なのでした♪
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ