パリから行く小さな旅

FotoJet (387)
パリ郊外の我が家からノルマンディーあたりまでは、
場所にもよりますが車でミニマムで2時間30分くらい。
でも混んでいるともちろんもっとかかりまして。
一昨年の夏のノルマンディー日帰り旅行では
その日、8月の最終土曜日で天気予報でめちゃくちゃ晴れ予想。
そうしたらも~大渋滞にはまりまして。
みんな考えることは一緒。
「ヴァカンス最終土曜日の晴天、よし。海行こうぜ!」
だったんですね~。
で、朝出てノルマンディーのハイソな避暑地「ドーヴィル」に着いたのが
午後の2時だったか3時だったか。
あんな大渋滞にはまったのは東京生活以来でして、
フランスもこんなんあるんやなぁ、と勉強になったものです。
だからもう絶対、8月の最終の週末はどんなに晴天でも
海には向かわないと決めているんですよ。うんうん。さてさて。
ノルマンディーに向かう際、休憩所では、
こんなっかっちょいいムッシューに遭遇。
どう見てもカーキチよね?
FotoJet (389)
でもでも、この日はパリ市内を抜ける時はちょっと渋滞ありましたが、
抜けちゃえばスイスイと行けまして(って話戻っちゃったけど)
途中ではひっそりとした見知らぬ町を少し散歩したりもしました。
FotoJet (399)
この古い館は昔、活気のあるレストランだったけど閉店して、
今はこんな朽ちてしまったんだ、
とは通りかかったジモティのムッシューのご説明。
壁の向こうに見え隠れする窓は錆びてガラスも割れ、
その向こうには広いサロンなども見えていたのですが、
遠い昔は美しく華やかだったんだろうな、というのが感じられて…
しばしちょっと不思議で美しい空虚感。(実はそんな感じ大好物…)
FotoJet (403)
それにしても、館のこと教えてくれたムッシュー以外は誰も通りません。
皆さん、家の中にいるの?
FotoJet (400)
遠くに海が見える高台には400年以上前の古い小さな教会もありました。
FotoJet (401)
近づいて見てみると
FotoJet (402)
壁には貝がびっしりはめ込まれています。
ノルマンディー地方の海が近い場所では、
こんなふうに貝をはめ込んだ建物が多いのだそう。
この教会だけじゃなく、この町のたくさんの家々が貝の家だったんですよ。
FotoJet (404)
そんな町で、この教会は人々の暮らしの中にいつもさりげなくあり、
たぶん多くの人の心の支えにもなってきたのでしょう。
FotoJet (405)
世界の変化は激し過ぎて疲れるけど、ここでは、
これからもずっとこの暮らしが続くように感じました。
FotoJet (388)
ということで、我が家の夏の想い出、これにて終了で~す。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (390)
日帰り旅行の目的は、夏だから海を見たい、があったのですが、
ノルマンディーの海辺にあるこのお気に入りレストランにも来たかったから。
数年前にたまたま見つけて入ってみたら、
すっきりシンプルな店内と素晴らしい料理と良心的お値段に感動。
私たちの大事隠れ家的レストランなのです。
FotoJet (391)
まずはアミューズブーシュ(突き出し)でして
手前からフロマージュブランのクリーム、トースト添え、
シャルキョトリー入りのパイ、小さなケークサレ(甘くないケーキ)
となっております。
もうぜ~んぶ美味で洗練された味。
FotoJet (393)
そして1品めは海の幸の盛り合わせで、
生牡蠣や海老、貝、カニさんなど。
昔は生牡蠣にはレモンだけギュッ!が好きでしたが、
今は赤ワインヴィネガーのソースが大好きで、
家でも生牡蠣の時に作ります。
ちなみにフランスではクリスマスと新年の食卓に生牡蠣がよく並びまして、
他には、この間もブログで書きましたが、ファグラ、帆立、スモークサーモンなど。
我が家も生牡蠣を買いますが、旦那は食べないのでいつも1人占めです♡
あたったことは買ってきたのではありませんが、外食で1度あります。
もちろんここのは大丈夫!
FotoJet (394)
2皿めは鯛のローストにじゃがいものピュレと野菜添え。
お魚の火の通りもバッチリで美味しく、そして見ての通り美しい~。
FotoJet (395)
3皿めはノルマンディーの特産であるカマンベールとリンゴを使った
甘くない焼き菓子で、たっぷりめに盛られたベビーリーフと共に
サクサク崩しながらいただきます。
フレンチではメインのあと、フロマージュ、デザートになるので、
これはフロマージュの1皿になります。FotoJet (396)
そしてデザートは、私はリンゴを使ったフランスの伝統的お菓子、タルトタタンで、
FotoJet (397)
旦那はベリーたっぷりのシャルロット。
FotoJet (398)
カフェに添えられた焼き菓子もどれをとっても美味で
最後までいつも通り大満足。
で、この頃には店内はお客様でいっぱいになっていたのですが、
私たちのお隣りの1人で来ていたイケメンムッシューが、
食べながら何やらメモをとっていて。で、旦那とコソッと、
もしかしてミシュランかゴーミヨの人かな?
だってここに1人でわざわざ来て、あんな細かくメモとって。
う~ん、かもねぇ~。むふふ、って。
それにしてもなかなかのイケメンだね、って。
でも、ま、わかりません。ただそうやって楽しみました♡
ということで、今までのこともあり(ブログトップ右、最新記事の下に書かせていただいております)、このとっておき店は名前等を控えさせていただきますが、
でも思うのです。
本や雑誌、ネット情報ばかりに頼らず、
好きなように街を歩いてみたり、お店に入ってみたりすることが
とっておきの場所を見つけることにつながっているな、と。
これからもまたこうしてなんかちょこちょこ見つけていきたいです。

                つづく

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (386)
8月の終わりに行ったノルマンディーの日帰り旅がご紹介できていませんでした。
で、今、すっかり秋と冬の間になって、懐かしむ感じもいいかなぁ、って。
ということでフォトと共にちょっとお付き合いくださったら嬉しいです。
そうですねぇ、3分くらい。
FotoJet (381)
ここはわたしたちのお気に入りの、真夏でも静かめなジモティ・プラージュ。
いつも旅は、リュック背負って1人で旅していた昔からそうだったのですが、
有名観光地もちょっと通ってみながらも、ガイドブックには出ていないような、
ジモティたちの普段の暮らしが感じられて、そして何か魅力がある場所やお店探し派。
そしたらたまたま旦那も同じ旅スタイル。そこは(だけ?)一致~。
でも旅って同じスタイルじゃないときついから、これ大事なんですよね。
FotoJet (385)
この日はお天気がくるくる変わってグレイな空模様。
FotoJet (383)
南仏のひたすら明るいキラキラとは違う、
ちょっといぶし銀のようなキラキラ。
FotoJet (384)
そんな浜辺にわたしたちも座って、
ただ海の風景を眺めて、たわいもない話をして。
FotoJet (382)
久しぶりに2人だけで海辺の時間をゆっくり過ごしました。
でも、家でお留守番してるベベっ子たちをしょっちゅう思い出したのは否めない…
ということで今回の最後はフランス人人気女性シンガー、
ジェニファーのこの曲でしめさせていただきたいと思います。
結構この記事に悪くない思うのですが、どうかしら…


           つづく

※あ、なので水曜レシピコーナーになりました。あ、この曲入れたら6分くらいだ…

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

RIMG9338 - Copie
少しあいてしまいましたがコチラの続きで、
→「6月の日曜日、モネの庭
今回は「モネの家」のご紹介で最終回となりま~す。
RIMG9437 - Copie
花々が美しく咲く広大な庭の中に建っているこの家は
ピンクと緑の鮮やかな配色が印象的。
モネは写真にも興味を持っていたので彼が残した写真がこの家や、
庭の再現にも大いに役にたっているそうです。
で、ここは入り口ですが、
RIMG9384 - Copie
同じ場所で撮られた写真も残っています。
でもどれがモネかな。ちょ~っとわかんない。真ん中の方かしら…
RIMG9435 - Copie
こんな色合いはいつも明るく感じられてよいなと思います。
以前住んでいたパリ19区のアパートの部屋の壁は明るい黄色だったのですが、
お天気が悪くても部屋がいつも明るい雰囲気で、
小さな小さなお部屋だったけどチワワっ子坊やと2人(ぴき)で楽しい日々でした。
(話脱線しちゃった)
RIMG9350 - Copie
さて、一歩入るとまず青の間という小部屋がありまして、
日本画が部屋中飾られております。
モネがどれだけ日本に憧れていたのかがわかりますね。
日本人としては…嬉しい!!
そしてこの奥には、
RIMG9359 - Copie
大きな窓が印象的なアトリエ兼サロンです。
これらの調度品は80%が当時のままのものだそう。
もちろん扇風機は違ってて
この日あちかったのですよね。でも冷房はありません。
RIMG9376 - Copie
これは当時のこのサロンでのモネの一枚。ここに、
RIMG9362 - Copie
2017年の6月のある日曜日は人がい~っぱい。
RIMG9414 - Copie
今度は食堂へとまいりましょう。
ここは壁も家具などもほとんどがレモンイエロー。
これは当時としてはとてもモダンだったそうですが、う~ん、かわいい♡
RIMG9417 - Copie
そしてこちらは当時のこの食堂でのモネ。
優秀な女性コックさんがいて、庭に菜園もあり、
しょっちゅう友人たち(セザンヌ、ルノワール、カイユボットなどなど)を呼んで
テーブルを囲み食事を楽しんだそう。
きっと食いしん坊だったのね…
RIMG9425 - Copie
ここにも日本画がいっぱい。
RIMG9426 - Copie
これは「HIROSHIGE」の作品。
RIMG9412 - Copie
窓からは「クロ・ノルマン」、花の庭の風景。
明るい黄色に窓の向こうの緑が映えます。
RIMG9429 - Copie
今度はガラッと変わって台所です。
RIMG9430 - Copie
ここは壁一面に青のタイルが貼り付けられ、青で統一されています。
RIMG9431 - Copie
うちの台所は狭いので広くて羨ますぃ。
なんて、モネさん家の台所と比べるなんてずずしいですね。
RIMG9387 - Copie
そして上の階に上がると、
モネ、次女のブランシュ・オシュデ=モネ、妻のアリスの
それぞれの寝室となっております。
ブランシュは、アリスの亡くなった旦那さんでモネのパトロンでもあった
エルネスト・オシュデとの間に生まれた子供で、
後に、病気で亡くなったモネの前の奥さんカミーユとの間に生まれた
長男、ジャンと結婚しています。
RIMG9398 - Copie
パリからそう遠くない場所だけど、
ここでの暮らしを家族で楽しみ、愛したのでしょう。
RIMG9447 - Copie
RIMG9448 - Copie
1840年にパリで生まれ、
1883年からの43年間、1926年に86歳で亡くなるまで、
ここで暮らし続けたモネ。
RIMG9438 - Copie
そして91年後の窓辺では少年たちが何やらアンニュイ気味におしゃべり中。
まだそれほど興味をうんと持てる年頃じゃないかな?
でももっと大きくなると、
このモネの暮らした場所の空気感と時間の流れとそこにいれることの不思議な素敵さが
ふ~っと感じられるんですよね。と、moiちゃんは思うな♡

日本語のHPです→「クロード・モネ財団
これならわかりやすいです。

            おわり

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG9331 - Copie
ここからの続きで→6月の日曜日のモネの家と庭、裏入口
モネの庭へご案内です。
RIMG9324 - Copie
面積9175㎡のこの大きな庭は家の前に広がる花の庭「クロ・ノルマン」と
中央を仕切るように通る道路をはさんだ「水の庭」からできていいます。
RIMG9336 - Copie
こちらが「クロ・ノルマン」。
で、「水の庭」へ行くには専用の地下通路を通っていくのですが、
RIMG9313 - Copie
表入口の行列を考えれば当たり前なのですが、
実は庭も専用通路も人がとても多かったのです~。
まるでエッフェル塔のチケット売り場かシャンゼリゼのクリスマス市のよう。
ま、しかたありません。すぐ入れただけでありがたいです。
RIMG9314 - Copie
ところでモネが生きていた頃はこの地下通路はなく、
人のめったに通らない村の道だったのでモネも気軽に横切っていたそうですが、
モネが亡くなった後、多くの車が通るようになり危険だということで、
お金持ちさんからの寄付でこの地下通路が出来たそう。
RIMG9316 - Copie
そして、通路を抜ければ「水の庭」。
竹林が日本情緒をうかがわせますが、このモネの庭と言えば、
やはり日本を思い起こす緑の太鼓橋もよく知られていますが、
橋がまたものすんごい人でフォトできなかったのです~。残念。
でも今思えば、せっかくのモネの庭と橋に人人人!で逆に面白かったかな、と。
撮っとけばよかったなぁ、なんて後で思った次第です。
きっとモネが見たら驚くことでしょう。
一生かけて庭を改良し続けるくらいで自慢の庭だったようですから喜ぶかもですね…
RIMG9322 - Copie
モネが1883年43歳でここに移り住み、1926年86歳で亡くなるまで
生涯をかけて描き続けた睡蓮も美しく咲いておりました。
そんな描いた睡蓮たちもモネが自分で育てたものだったそう。
RIMG9327 - Copie
RIMG9326 - Copie
水を引いて作られた人工池の周りも花で溢れかえっています。
でも実はこの周りも人がぞろぞろぞろぞろ歩いていたのですが、
それでもやっぱり今の時期に来てよかったね、と、
私たちもぞろぞろの中歩きながら話しました。
RIMG9333 - Copie
でも今度また来る時は6月か7月の平日がいいですね…
RIMG9334 - Copie
「クロ・ノルマン」のアーチ(例の奥さんの反対を押し切って据えたもの)に戻ると、
ポーズをとって写真撮影を楽し外国人女性の姿が。しかも確か素足になっていましたよ。
そうですね、素足の方が雰囲気かもですもんね。
かわいいドレスだし思い出になっていいですね♪
RIMG9338 - Copie
ということで今度はピンクとグリーンの外観がかわいらしいモネの家へとまいります。

              つづく 

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ