パリから行く小さな旅

RIMG52096 - Copie - Copie
今度はモレの街中をぷらぷらとお散歩です。
ロワン川付近には気持ちのよい夏日だったこともあって結構な人の姿があったのですが、
住居が並ぶ街中へ一歩入ると人気が少なくとても静か。
RIMG52103 - Copie - Copie
あちこちに古い佇まいが残っていて小道に入りこんでみるのも楽しいのです。
RIMG52088 - Copie - Copie
趣きのある階段通りにはネコちゃんたちが。
この日出会うネコちゃんたちは皆人懐こくて逃げようとはまったくせず、かまってほしそう。
きっとここの住民の方たちに悲しいことをされていないのでしょうね。
RIMG52089 - Copie - Copie
子供の頃はネコが大好きで犬は超苦手でどんなにちっこい犬でも悲鳴を上げて逃げていたわたくしは、
今もネコちゃんも大好き。
旦那がしょっちゅうネットで新しいパパかママを探しているネコちゃんを見つけては(つまりまた誰かがきみ要らないよ、って言ってる子)私に見せてきて、ほら、かわいいよ、って。
もちろん私も、ああ、かわいい~♡となるのですが、
我が家は焼もちっ子ジョアンナがいるので難しいね、
といつも話している、っつのに、見せてくるのです~。
だから、
どうして見せるの?欲しくなるのにどうして見せるの?
と少し(ほんとはかなり)鼻をおっぴろげて言うのですが(訴える的に)何度言ってもやる男…。
きっと自分が一番欲しいんだと思います。
RIMG52084 - Copie - Copie
さてノートル・ダム教会の前のこの通りをぷらぷら少しだけ歩いてくると、
赤いドアが印象的な家があります。
RIMG52085 - Copie - Copie
あのノートル・ダム教会もたくさん描いているシスレーが移り住んで亡くなるまで住んだアトリエ兼住居「Maison de Sisley」です。
RIMG52083 - Copie - Copie
残念ながら一般公開はされていないのですが、
RIMG52093 - Copie - Copie
赤いドアだけじゃ寂しいので回り込んで少しだけでもフォトを試みてみました。
旦那が言うには、左上に写っている「une verrière(ガラス張りの部屋)」が光が一番入るからたぶんアトリエじゃないか、と。
シスレーはこの住居に1880年に移り住み、1899年にフランス人の奥さん、ウジェニーが癌で亡くなり、
その数か月後、後を追うようにシスレーも癌で亡くなり、ここでの暮らしは約20年間。
まだ59歳でこの時代の印象派画家として唯一生前評価されず貧しいままこの世を去ったそうですが、
翌年1900年の競売で彼の作品「ポート・マルリの洪水」が最高値をつけるという、
あと一年生きていたら、という何とも言えないその後の展開があって…。
そして今ではシスレーの絵を好きな人が世界中にたくさんいて、
彼の住んだ、描いたこのモレを訪れる人も世界中からで。
で、35歳の若さで悲しい最期を遂げたモジリアニもですが、
死んでからじゃやっぱり遅いよな、しょうがないよな、悲しいよな、
と子供の頃からずっと私は思っていたのですが、
今年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイが、
人知れず葬られたい、自分の作品だけが残ればいい、
と言っていたというのを知って考えが少し変わったのです。
自分の作品に誇りを持ち、大事にし、真摯な気持ちで作品と向き合っているアーティストというのは、
そんな思いでいるんだな、と。
自分の名を残したいのではなく、自分の作品を残したいのだな、と。
だからきっとシスレーも自分の作品がこうしてその時代時代の中でしっかり生き続け、
新しいものへとつながっていることを天国でj誇りに思っているのではないかしら、と…
それにしてもデヴィッド・ボウイの静かで質素な最期のフェードアウトというのがまた、
本当に本当にかっこよく潔くて、知的な美学を感じずにはいられません。
RIMG52109 - Copie - Copie
ここはシスレーの家からすぐのタネリー通り。
知らなければ通り過ぎてしまいそうな場所ですが、
20160214184142d59[1] - Copie - Copie - Copie
ここも描いておりまして、建物がほとんど変わってないのにちょっと驚かされます。
ということは110何年以上前のものばかりなんですね。
地震が多い日本ではこうして残すのは難しいですが、フランスではごくごく普通のこと。
1932年に建てられた我が家はまだまだひよっ子?メゾンでございます。
RIMG52111 - Copie - Copie
するとまた別のネコちゃん登場。
でも実はタネリー通りフォトの中ですでに向こ~うの方でこっちを見ているのです。
ってか待っていた?
RIMG52112 - Copie - Copie
またこの子も懐っこくて盛んにアプローチ。
RIMG52113 - Copie - Copie
この何とも言えないとぼけたかわいいお顔は何か求めてますねぇ。
ちょっと来て来て、みたいな。
で、なんだなんだ、と思ってついて行ったならば。
RIMG52116 - Copie - Copie
自分の住処の愛するご家族をご紹介されたと、ま、こういうわけなんです。
なんだかわいいやつめ。
RIMG52117 - Copie - Copie
窓辺にはちっこいべべネコちゃんたち。
ああ、たまりません♡


               おわります

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!



RIMG52047 - Copie - Copie
少し間があいてしまいましたが、パリ郊外セーヌ川散歩の続きとなります。
ということでセーヌ川とロワン川がつながるあたり、ここモレ・シュル・ロワンへ。
フランスには「〇〇・シュル・〇〇」という名前がついている場所がたびたびあるのですが、
シュル=surは~の上にという意味でこの「モレ・シュル・ロワン」はロワン川の上にあるモレ(それぞれの街や地域などの名がつく)。
他にも例えば私の住むマルヌ川沿いにも「〇〇・シュル・マルヌ」とつく場所がたくさんありますし、
パリ郊外セーヌ川沿いにも「〇〇・シュル・セーヌ」がいくつもあるのです。
なのでこの小さな日帰り旅でもいくつもの「〇〇・シュル・セーヌ」を通り過ぎ、
この「モレ・シュル・ロワン」にやって来たというわけなのです。
RIMG52048 - Copie - Copie
さてここはフランス生まれのイギリス人印象派画家である、
シスレーが移り住み亡くなった場所。
この橋もたくさん描いているのですが、
その絵とあまり変わらないくらいそのままの風景が残っています。
Sisley-le_pont_de_moret-1893_huile_toile-orsay
シスレーが描いたその中の1枚。
RIMG52066 - Copie - Copie
こんな昔のモノクロフォトともそれほど変わらない印象です。
そしてあの左奥に写っている橋の場所が、
RIMG52067 - Copie - Copie
ちょうどこのあたり。
RIMG52068 - Copie - Copie
でも2016年の夏の橋のたもとではモレの娘たちが同じ年代の男の子たちにナンパされておりまして。
可笑しかったのがそのかけ方。
ボク、きみにアイスクリーム奢れるよ、って盛んに言ってましたよ。
思わず笑っちゃいました~。
RIMG52072 - Copie - Copie
この日は暑かったので川で水遊びしてる人もたくさん。
浅いので泳げない私でも水遊び出来そう…
RIMG52074 - Copie - Copie
と思ったらこんな場所もあるのでやっぱり危ない危ない。
RIMG52051 - Copie - Copie
川を過ぎ街の中心の大通りを歩いていると小道を入ってすぐのところにある市役所のそばに、
ルネッサンス期のフランス王、フランソワ1世(1494ー1547)の時代に造られた回廊
「La Façade François 」も残っています。
RIMG52053 - Copie - Copie
これもかなりそのままの姿で残っているので眺めていると、
500何年か前の時と今との時空の中でちょっとだけ立ち止まったたような気分になります。
ここに来るのは2度目ですがやはり今回もそんな気持ちになりました。
そんな風に感じながらここを歩いていたら、ちょっと回り込んだところに、アジア人女性が座って熱心に絵を描いていらっしゃいまして。
旦那が私をツンツンしまして、絶対日本人だよ、と。
そのツンツンは話しかけてみなよ的ツンツンでありまして。
で、確かに日本人ぽかったし、ここで絵を書いてるなんて素敵だな、と思い、恥ずかしかったのですが
「Bo、Bo、Bonjour!Vous êtes Japonaise?(日本の方ですか?)」と声をかけてみたら、
「Japonaise」です、と。
で、「私も日本人なんです。旦那がきっとそうだよ、って言うのでお声をかけさせていただきました」
と言ったら、
「あら~そう~」と。
それから少しお話させていただいたら、
毎年お仲間数人と絵を書きにフランスに京都から来ていらっしゃるのだそう。
それからこっちに住んでるの?と聞かれたので、
パリを挟んでマルヌ川沿いに住んでることや、
その方の泊まってるホテルの部屋のすぐ前がロワン川で、素敵なのよ♡とかとか短い時間でしたがお話しさせていただいて。
そして後ろでは旦那がニコニコ見守っていたので、いい旦那さまねぇ、と言われて。
あ、そのこと伝えてない。喜ぶから言っておきましょふふ。
そんなんでちょっとだけ温かジャポンタイムなのでした。
RIMG52079 - Copie - Copie
さてここは15世紀のコロンバージュの建物。
コロンバージュとは木材で柱や梁を骨組みし、石材やレンガなどで壁を作る、
中世ヨーロッパ(ドイツ、フランス、オランダなど)で盛んに造られたスタイル建物。
RIMG52080 - Copie - Copie
今は「Maison de Sucre d’Orge」とう大麦キャンディー屋さん。
1630年代に修道女たちが作った大麦キャンディー「Sucre d’Orge」が始まりだそう。
RIMG52081 - Copie - Copie
他に、街の大通りに面した広場にもコロンバージュの建物のラコレ邸「Maison Racollet」があって、
そちらはカフェとなっています。
RIMG52058 - Copie - Copie
パリ市内からもそう遠くなくシスレーの暮らした街としてよく知られている場所ですが、
そのわりにゆったりとした時間が流れ「パリから行く小さな旅」にぴったりな場所なのです。
ということで次回は後編となります。

                 つづく

…………………………………………………………………………


長めとなりましたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


RIMG52038
レストランに来てみると、ガーデンテラスに光が降り注ぎテーブルセッティングもすっきり気持ちよく全体的にとても素敵な雰囲気で、しかもお値段もそれほど高くなくて。
で、こりゃ入ってみましょう、ということで大変感じのいいサービスのマダムに案内されて木陰の席へ。
他のもう1人いた男性スタッフもやはりと~っても感じがよくて。
それだけですでに気分が爽やかになったのです。
RIMG52040
で、暑かったので白ワインにしようか、とだけ話し後は旦那にいつも通りおかませしたらこのシャルドネだったのですが、これが美味でびっくり。
わたしはしばしば樽味の風味が強いシャルドネがそれほど好きではなく自分で好んでは選ばないワインなのですが、これは樽の風味をほとんど感じさせず爽やかな深みのある味。
なのでお料理にもちょっと期待~。
RIMG52043
そして前菜の揚げたシェーブルのサラダがやって来たのですが。が。
ん?あれ?なんか上のこのソースとか盛り付けが結構適当?
と思いながら2、3箇所の角度からちょっと眺めてみたのですが、
やっぱり適当で工夫が見られないのは否めなくて。
なのでここで不安が若干過ぎりつつも、
でも食べてみたらたとえばドレッシングが何気に美味しいとかもあり得る、とかすかな期待をしながらいただいたら、普通のサラダにブリックに包まれて揚げたシェーブルがのっているだけで、ドレッシングはほとんどかかっていなくてほんとにただただ普通。
なのでここで不安が大きくなりまして。
RIMG52044
そしてメインの豚肉のソテーがやって来たのです。
で、またまた盛り付けの見ためで決して繊細な味わいではないだろうことは感じたのですが、
いやいやこれがですね、



微妙な変な味でかなりまずかったのです~。




何と言ってもこのソースがあれでして。
たぶんですが、市販の肉汁ソースのキューブみたいのを溶かしてコーンスターチかなんかでとろみをつけてるのかな、と。
だから深みがまったくなく、とにかく安~い味わいで。
いやいやいやいや…。
でも感じのいいマダムと男性サービスの方がまめに来ては声をかけてくださるので私も我慢してしまって…。
ま、結局は、量が多いので、と言ってかなり残したのですが。

RIMG52045
そしてそしてこの苺のデザートが来た時は、この前のお肉のソースの変な後味が消えなくてはすっかり気持ちもお腹も残念な気持ちで満腹で。
でも一応一口だけ食べてみたら、これも微妙に変な味でかなりまずくて。
久々にレストラン選び失敗しちゃった感~。
ちなみに旦那は前菜はメロンと生ハムのサラダ、メインは定番のステーキ&フライドポテト、デザートはチョコレートケーキをチョイスしていたのですが、ごくごく普通の方が当たり外れが激しくなくまだマシだったよう。
ただし、美味しい!ではまったくなかったと。見ためも私のとどっこいどっこいだったのでフォトする気も失せて撮らなかったのですが。
で、ま、こんなこともありますありますしかたないねと。
でも1つだけちょ~っと不思議だったのが、
いらしてるお客さまたちが結構リッチな雰囲気の方々で。
なので、この味で果たして満足するのだろうか、
と、それがほんと不思議で不思議で。
だからその方々のとこにお皿が運ばれてきてそれを食べる時の反応の方にどうしても目が行っちゃったのですが、
私のと同じお料理もごくごく普通にもりもり食べていらっしゃいましたねぇ。
それがまた言っちまうけど、不思議で不思議で…。
RIMG52041
ま、ということで、初パリ郊外セーヌの初レストランはこのようにやっちゃったわけですが、
でもこのセーヌ沿いがまずとっても気に入ったし、
このレストランの雰囲気とお店の方がとにかく感じよかったのと、そしてこのワイン(だけ)はほんと美味だったので、
もちろん残念は残念だったのですが、こんなこともあるね、と意外とさっぱりした気分でお店を後にしたのです。
で、このロワールのシャルドネ、近々探してみたいな、と思っているのでありま~す。


               来週につづく

…………………………………………………………………………


残念レストランでしたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG52009 - Copie

漕ぎ出したセーヌは広々としていてゆったり流れていて
泳げない私だのに不思議と恐さはまったくなかったのです


ま 漕いでるのは旦那ですが。

RIMG52016 - Copie

子供の頃 家に
おじいさんと孫が夜明けの川を小舟で漕ぎ出す場面が印象的な童話があったのだけど
なんだかここはそれを思い起こします
確か 「夜明け」というヨーロッパ人作家の作品だったけど
あの童話 好きだったのに行方がわからないな…

RIMG52017 - Copie

moi「マルヌとぜんぜん違う風景だねぇ」
旦那「うん」
moi「家がどこも大きいねぇ。もしかしてすんごいお金持ちかな?」
旦那「うんうんもちろんもちろん」
moi「はぁ~、だよねぇ」
でも、あんなに広いと掃除が大変だし果たしてそんなに部屋いるかなぁ…
と心ん中で首をかしげるちょっと貧乏性な妻であった。

RIMG52029 - Copie

するとその時、どこからか音楽が聞こえてきたので、
moi「あれ?何々?どこから聞こえてくるの?」
旦那「あそこだね。あの川に浮かんでる家」
moi「え?家なの?川に住んでるの?」
旦那「そうだよ。Maison Flottanteだよ」
moi「な、な、何だって?メゾン、フ、フ、フロタン(ト)?」
旦那「Maison F・lo・ttante」
moi「メゾン・フロタン(ト)。ふ~ん。ず~っとあそこに住んでるの?」
旦那「何か月ごとにボードにつないで場所を移動したりするんだよ」
moi「郵便物とかはどうするの?」
旦那「郵便局に預かってもらっておいて取りに行くんだよ」
moi「へぇ~」
ときどきなら楽しそうだけどいつもは疲れそうだなぁ、でも、やっぱり慣れか…
と思う妻であった。

RIMG52022 - Copie

moi「あ、あそこにレストランがある。素敵じゃない?」
旦那「あそこがいいの?」
moi「う~ん、どうしようっかなぁ…でもメニューとお値段見てみたいな」
旦那「じゃ、後で行ってみよう」
moi「うんうん!」

RIMG52023 - Copie

moi「それにしてもセーヌもほんといいねぇ~」
旦那「うん」
moi「なんか有名人住んでそうだね」
旦那「住んでるよ」
moi「え?誰?」
旦那「〇〇・〇〇って歌手」
moi「誰それ。有名?」
旦那「うん」
moi「超有名?」
旦那「うん」
moi「ふ~ん。でもやっぱ住んでるんだねぇ。いいとこだもんねぇ。」

RIMG52025 - Copie

と言いながら、もし自分がセーヌ沿いに住んでいたら、
と想像してみる妻。
やっぱりチャリンコだなぁ、気持ちいいだろうなぁ。
と思いながら、ああ~、お腹減ってきたなぁ、さっきのレストランどうかなぁ、
と食べることは常に頭にあるんであった。

RIMG52013 - Copie

旦那・moi「ボンジュール!」
ママと娘ちゃん「ボンジュール!」
旦那「釣れてる?」
ママ「ふふふ。ボチボチね」

RIMG52028 - Copie

moi「わわ。なんかこのあたり、水の感じが急に変化した。位置が上がったような。何々?」
旦那「〇〇で〇〇だからこうなんだよ」
説明されても何でもとにかく不安になっていく妻。
moi「ちょっと恐いかも…」
旦那「よし。戻るか」
moi「うんうんうんうん」

RIMG52027 - Copie

こうして初セーヌクルーズは新鮮楽しく最後だけちょっと恐怖気味に終了し、
張り切ってさっきのレストランに向かったのであった…

              つづく

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG51978 - Copie
カニキュールが去ってパリの気温も落ち着いた8月最後の日、
旦那の前々からの提案のパリ郊外(我が家とはパリをはさんで反対側)のセーヌ川沿いに、
「パリから行く小さな旅」に行ってまいりました。
RIMG51986 - Copie
セーヌと言えばパリを思い起こしますが、
全長780㎞とロワール川に続いてフランスで二番目の大きさで、
525㎞のマルヌ川はパリに入る直前のパリ南東部の「Charenton-le-Pont(シャラントン=ル=ポン)」でセーヌとつながっています。
RIMG51990 - Copie
マルヌともつながっていて、華やかなパリの真ん中を流れ(というかセーヌがあって右岸と左岸が発展していきましたが)、そしてフランス北西部のル・アーヴルまで続く、そんなパリ郊外の、
ガイドブックには出てこないようなのどかなあたりセーヌをまずはちょっとお散歩。
RIMG51985 - Copie
で、まず思ったのはやっぱりマルヌの風景とはまたぜんぜん違っていて新鮮。
私の知ってる地元マルヌは木漏れ日が似合うような感じだけれど、
セーヌはもっとゆったりで大きな光が一面に降り注いている感じ。
またそれも心が解放されるようですごく素敵なのです。
RIMG51980 - Copie
そんなんでやってきたとたんにパリ郊外セーヌも大好きになってしまって。
ひたすら静かな町を時間をのんびり歩いていたら、
RIMG51993 - Copie
向こうの方に黒い子発見。
恐がりちゃんもいるので立ち止まってそっと声をかけたら、
RIMG51996 - Copie
あれ、ぜんぜん恐がらず来た来た~。
RIMG51997 - Copie
そして目の前でゴロン。
なんだなんだ、もしかしてちみは…
RIMG51998 - Copie
甘えっ子だよ~ん。も~、なんだよ~。
かまってかまって♡ってか?噂のかまってちゃんか?
RIMG52002 - Copie
なんだよ、ちみは。わんこか!!
とんだ甘ったれちゃんだよ~、可愛すぎる~~。たまらな過ぎ~。
RIMG52003 - Copie
すると私たちの横をファミリーが通り過ぎ、
RIMG52004 - Copie
今度はそっちに行って、また愛想ふりまいてかまわれてる~。
なんだよ、ちみは。マジでわんこか!!
RIMG52005 - Copie
そんでもって付いて行っちゃったよ。
家族か!!
RIMG52006 - Copie
そしてほんとにこのファミリーについて家族気取りで歩き去っていったのでした。
でも絶対このファミリーは通りすがりなファミリーなので、この町に行けばまた会えるはず。
ノラちゃんだったら連れて帰りたいくらいだったわたくしです。
また会いに行くぞ♡と決めております。ふふ。
RIMG51992 - Copie
そしてこの後はお天気もいいしせっかくのセーヌ川なので、
積んできたカヌーを降ろして軽~くお試し出発で~す。


                     つづく

…………………………………………………………………………


初パリ郊外セーヌを読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ