パリから行く小さな旅

RIMG52038
レストランに来てみると、ガーデンテラスに光が降り注ぎテーブルセッティングもすっきり気持ちよく全体的にとても素敵な雰囲気で、しかもお値段もそれほど高くなくて。
で、こりゃ入ってみましょう、ということで大変感じのいいサービスのマダムに案内されて木陰の席へ。
他のもう1人いた男性スタッフもやはりと~っても感じがよくて。
それだけですでに気分が爽やかになったのです。
RIMG52040
で、暑かったので白ワインにしようか、とだけ話し後は旦那にいつも通りおかませしたらこのシャルドネだったのですが、これが美味でびっくり。
わたしはしばしば樽味の風味が強いシャルドネがそれほど好きではなく自分で好んでは選ばないワインなのですが、これは樽の風味をほとんど感じさせず爽やかな深みのある味。
なのでお料理にもちょっと期待~。
RIMG52043
そして前菜の揚げたシェーブルのサラダがやって来たのですが。が。
ん?あれ?なんか上のこのソースとか盛り付けが結構適当?
と思いながら2、3箇所の角度からちょっと眺めてみたのですが、
やっぱり適当で工夫が見られないのは否めなくて。
なのでここで不安が若干過ぎりつつも、
でも食べてみたらたとえばドレッシングが何気に美味しいとかもあり得る、とかすかな期待をしながらいただいたら、普通のサラダにブリックに包まれて揚げたシェーブルがのっているだけで、ドレッシングはほとんどかかっていなくてほんとにただただ普通。
なのでここで不安が大きくなりまして。
RIMG52044
そしてメインの豚肉のソテーがやって来たのです。
で、またまた盛り付けの見ためで決して繊細な味わいではないだろうことは感じたのですが、
いやいやこれがですね、



微妙な変な味でかなりまずかったのです~。




何と言ってもこのソースがあれでして。
たぶんですが、市販の肉汁ソースのキューブみたいのを溶かしてコーンスターチかなんかでとろみをつけてるのかな、と。
だから深みがまったくなく、とにかく安~い味わいで。
いやいやいやいや…。
でも感じのいいマダムと男性サービスの方がまめに来ては声をかけてくださるので私も我慢してしまって…。
ま、結局は、量が多いので、と言ってかなり残したのですが。

RIMG52045
そしてそしてこの苺のデザートが来た時は、この前のお肉のソースの変な後味が消えなくてはすっかり気持ちもお腹も残念な気持ちで満腹で。
でも一応一口だけ食べてみたら、これも微妙に変な味でかなりまずくて。
久々にレストラン選び失敗しちゃった感~。
ちなみに旦那は前菜はメロンと生ハムのサラダ、メインは定番のステーキ&フライドポテト、デザートはチョコレートケーキをチョイスしていたのですが、ごくごく普通の方が当たり外れが激しくなくまだマシだったよう。
ただし、美味しい!ではまったくなかったと。見ためも私のとどっこいどっこいだったのでフォトする気も失せて撮らなかったのですが。
で、ま、こんなこともありますありますしかたないねと。
でも1つだけちょ~っと不思議だったのが、
いらしてるお客さまたちが結構リッチな雰囲気の方々で。
なので、この味で果たして満足するのだろうか、
と、それがほんと不思議で不思議で。
だからその方々のとこにお皿が運ばれてきてそれを食べる時の反応の方にどうしても目が行っちゃったのですが、
私のと同じお料理もごくごく普通にもりもり食べていらっしゃいましたねぇ。
それがまた言っちまうけど、不思議で不思議で…。
RIMG52041
ま、ということで、初パリ郊外セーヌの初レストランはこのようにやっちゃったわけですが、
でもこのセーヌ沿いがまずとっても気に入ったし、
このレストランの雰囲気とお店の方がとにかく感じよかったのと、そしてこのワイン(だけ)はほんと美味だったので、
もちろん残念は残念だったのですが、こんなこともあるね、と意外とさっぱりした気分でお店を後にしたのです。
で、このロワールのシャルドネ、近々探してみたいな、と思っているのでありま~す。


               来週につづく

…………………………………………………………………………


残念レストランでしたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG52009 - Copie

漕ぎ出したセーヌは広々としていてゆったり流れていて
泳げない私だのに不思議と恐さはまったくなかったのです


ま 漕いでるのは旦那ですが。

RIMG52016 - Copie

子供の頃 家に
おじいさんと孫が夜明けの川を小舟で漕ぎ出す場面が印象的な童話があったのだけど
なんだかここはそれを思い起こします
確か 「夜明け」というヨーロッパ人作家の作品だったけど
あの童話 好きだったのに行方がわからないな…

RIMG52017 - Copie

moi「マルヌとぜんぜん違う風景だねぇ」
旦那「うん」
moi「家がどこも大きいねぇ。もしかしてすんごいお金持ちかな?」
旦那「うんうんもちろんもちろん」
moi「はぁ~、だよねぇ」
でも、あんなに広いと掃除が大変だし果たしてそんなに部屋いるかなぁ…
と心ん中で首をかしげるちょっと貧乏性な妻であった。

RIMG52029 - Copie

するとその時、どこからか音楽が聞こえてきたので、
moi「あれ?何々?どこから聞こえてくるの?」
旦那「あそこだね。あの川に浮かんでる家」
moi「え?家なの?川に住んでるの?」
旦那「そうだよ。Maison Flottanteだよ」
moi「な、な、何だって?メゾン、フ、フ、フロタン(ト)?」
旦那「Maison F・lo・ttante」
moi「メゾン・フロタン(ト)。ふ~ん。ず~っとあそこに住んでるの?」
旦那「何か月ごとにボードにつないで場所を移動したりするんだよ」
moi「郵便物とかはどうするの?」
旦那「郵便局に預かってもらっておいて取りに行くんだよ」
moi「へぇ~」
ときどきなら楽しそうだけどいつもは疲れそうだなぁ、でも、やっぱり慣れか…
と思う妻であった。

RIMG52022 - Copie

moi「あ、あそこにレストランがある。素敵じゃない?」
旦那「あそこがいいの?」
moi「う~ん、どうしようっかなぁ…でもメニューとお値段見てみたいな」
旦那「じゃ、後で行ってみよう」
moi「うんうん!」

RIMG52023 - Copie

moi「それにしてもセーヌもほんといいねぇ~」
旦那「うん」
moi「なんか有名人住んでそうだね」
旦那「住んでるよ」
moi「え?誰?」
旦那「〇〇・〇〇って歌手」
moi「誰それ。有名?」
旦那「うん」
moi「超有名?」
旦那「うん」
moi「ふ~ん。でもやっぱ住んでるんだねぇ。いいとこだもんねぇ。」

RIMG52025 - Copie

と言いながら、もし自分がセーヌ沿いに住んでいたら、
と想像してみる妻。
やっぱりチャリンコだなぁ、気持ちいいだろうなぁ。
と思いながら、ああ~、お腹減ってきたなぁ、さっきのレストランどうかなぁ、
と食べることは常に頭にあるんであった。

RIMG52013 - Copie

旦那・moi「ボンジュール!」
ママと娘ちゃん「ボンジュール!」
旦那「釣れてる?」
ママ「ふふふ。ボチボチね」

RIMG52028 - Copie

moi「わわ。なんかこのあたり、水の感じが急に変化した。位置が上がったような。何々?」
旦那「〇〇で〇〇だからこうなんだよ」
説明されても何でもとにかく不安になっていく妻。
moi「ちょっと恐いかも…」
旦那「よし。戻るか」
moi「うんうんうんうん」

RIMG52027 - Copie

こうして初セーヌクルーズは新鮮楽しく最後だけちょっと恐怖気味に終了し、
張り切ってさっきのレストランに向かったのであった…

              つづく

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG51978 - Copie
カニキュールが去ってパリの気温も落ち着いた8月最後の日、
旦那の前々からの提案のパリ郊外(我が家とはパリをはさんで反対側)のセーヌ川沿いに、
「パリから行く小さな旅」に行ってまいりました。
RIMG51986 - Copie
セーヌと言えばパリを思い起こしますが、
全長780㎞とロワール川に続いてフランスで二番目の大きさで、
525㎞のマルヌ川はパリに入る直前のパリ南東部の「Charenton-le-Pont(シャラントン=ル=ポン)」でセーヌとつながっています。
RIMG51990 - Copie
マルヌともつながっていて、華やかなパリの真ん中を流れ(というかセーヌがあって右岸と左岸が発展していきましたが)、そしてフランス北西部のル・アーヴルまで続く、そんなパリ郊外の、
ガイドブックには出てこないようなのどかなあたりセーヌをまずはちょっとお散歩。
RIMG51985 - Copie
で、まず思ったのはやっぱりマルヌの風景とはまたぜんぜん違っていて新鮮。
私の知ってる地元マルヌは木漏れ日が似合うような感じだけれど、
セーヌはもっとゆったりで大きな光が一面に降り注いている感じ。
またそれも心が解放されるようですごく素敵なのです。
RIMG51980 - Copie
そんなんでやってきたとたんにパリ郊外セーヌも大好きになってしまって。
ひたすら静かな町を時間をのんびり歩いていたら、
RIMG51993 - Copie
向こうの方に黒い子発見。
恐がりちゃんもいるので立ち止まってそっと声をかけたら、
RIMG51996 - Copie
あれ、ぜんぜん恐がらず来た来た~。
RIMG51997 - Copie
そして目の前でゴロン。
なんだなんだ、もしかしてちみは…
RIMG51998 - Copie
甘えっ子だよ~ん。も~、なんだよ~。
かまってかまって♡ってか?噂のかまってちゃんか?
RIMG52002 - Copie
なんだよ、ちみは。わんこか!!
とんだ甘ったれちゃんだよ~、可愛すぎる~~。たまらな過ぎ~。
RIMG52003 - Copie
すると私たちの横をファミリーが通り過ぎ、
RIMG52004 - Copie
今度はそっちに行って、また愛想ふりまいてかまわれてる~。
なんだよ、ちみは。マジでわんこか!!
RIMG52005 - Copie
そんでもって付いて行っちゃったよ。
家族か!!
RIMG52006 - Copie
そしてほんとにこのファミリーについて家族気取りで歩き去っていったのでした。
でも絶対このファミリーは通りすがりなファミリーなので、この町に行けばまた会えるはず。
ノラちゃんだったら連れて帰りたいくらいだったわたくしです。
また会いに行くぞ♡と決めております。ふふ。
RIMG51992 - Copie
そしてこの後はお天気もいいしせっかくのセーヌ川なので、
積んできたカヌーを降ろして軽~くお試し出発で~す。


                     つづく

…………………………………………………………………………


初パリ郊外セーヌを読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG49029
そんなブロカント巡りの間に旦那がここにしよう、と言うので入ってみたレストラン。かな~り地味な立地で、だから?お値段も手頃で。こういうとこは当たりか外れか、みたいなことも多いので高くない、ってことを忘れず過度な期待はしないようにしているのですが(高くてもそのお値段と味が合ってないところもたくさんありますが)、このアミューズが出て来て、先ず見た感じでむむむ、と思いまして、いただいてみたら、あんれ美味~♪って。
RIMG49033
もしかしたらここは当たりじゃなかろうか、とほのかな期待を持ちつつ、次に来たフルーツのガスパチョを一口。ややや、スパイスが程よくきいて、お、お、美味すぃ。思わずサービスの方に中身を聞いてしまいました。
RIMG49034
次に来たお魚のムース仕立ての前菜がまためちゃくちゃ美味で、しかも今までにない新鮮な感じのムースでビックリうなったです。
RIMG49037
こちらは旦那のテリーヌ。これも美味しかったけど、でも私は何と言ってもムースが気に入ってしまったのです。
RIMG49039
メインはラムのパイ包み焼き&人参のピュレ。この超~滑らかで独特な人参のピュレは家で再現してみたいと思いました。
RIMG49040
こちらは旦那のメインでお肉のいろんな部位を混ぜて火を入れたミートローフのようなものだったのですが、これがまた美味しくて美味しくて。メインはこっちの旦那の方が勝ちだったかしら。
最初から最後まで旦那といちいちびっくりしながら、そしてニンマリしながらいただいて、ここはお気に入りレストランに決まりだねぇ、などと話したのでした。
旅の楽しさに期待以上の美味しさというのが加わると気分はホント最高最強になるのでございます♪


※このお店については、一部の人の今までのこのブログの使われ方、何よりそのやり方に対して長年納得出来ないものがあるので、店名などの詳しいことは控えさせていただきたいと思います。そういうことなどにまったく関係なく、ただ楽しみに見てくださってる方々には申し訳なく思いますが、どうぞご理解いただければと願います。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


2756817[1]


今回の日帰り旅の大きな、いや小さな、いややっぱ大きな目的であるブロカント巡りの方ご紹介です。

2756819[1]

ま、何にしても好みの風景や雰囲気、お店、ブロカント雑貨エクセテラ…
に出会えればこんな楽しいことはございません。

2756823[1]

でも日帰りだけど(にしては?)ほんとお気軽楽しく充実でバッチグ~でした。
あ、バッチグ~って古いわ~。ってかバッチグ~っていったい何から来たのだろうか覚えてない。後でググってみましょう。←ってこのググるってフレーズ、ちょっと使ってみたかったのですへへ。

※ググった結果…バッチグーとは申し分ないさま、見事なさまを表す「ばっちり」と英語の「good(グッド)」を崩したものから成る合成語で、万事良好なさま、物事が予定通り順調に進むさまを表す。また、そういった状態のときに発する言葉としても使われる。バッチグーは1990年代初め、当事バラドルとして人気のあった森口博子が使ったことから普及。若者のみならず、広い世代に使われたが、2007年現在、会話上ではほとんど使われない死語となっている。

2756827[1]

さてこの小さ旅ではなんも予定せず(ま、いつもだが)、日曜だからきっとどこかでブロカントやってるだろう的に出発したのですが、やっぱあちこちでやっておりました。

2756833[1]

ブロカントって、ほんとフランスでそうなんです。日本にはちょっとない習慣だからあれだけど、街(町)や村の地区のあちこちで、普通に生活してる皆さんが使わないものをお互い安い値段で売ろう、みたいな感覚。けど人間社会なのでガッツリ商売のプロフェッショナルな人もときどき入ってはきてるけど、でもやっぱり基本的には庶民のプチプチ市場なのです。

2756842[1]

このマダムは1人で開いていらっしゃたのですが、どれも50サンチームから高くて2ユーロくらいで、何て言うかがめつさがなくてのんびり可愛らしくて微笑ましくて。でもこのマダムと対照的な人もこの間、うちの近所ブロカントでいましたよ。ブロカントのシチュー専用の器に30ユーロとかブロカントではありえない値段を言ってくるマダムが。で、値段聞いてすぐこの人はそっちタイプだとわかったし、30ユーロなんて話にならないのですぐ行こうとしたら、後ろで今度は、15ユーロ!って言ってきたけど、こういう人のお店では絶対何も買いません。ものより何よりそのやり方が好かんです。しかも15ユーロでもまだまだめっちゃ高いですし。


2756834[1]

というわけで今回も楽しかったブロカント巡りで出会った新入りさんたちもちゃちゃっとご紹介続けちゃいま~す。

RIMG49262

先ずはこの甘い雰囲気のピンク色のミルク入れ?かな。こういった甘いタイプは旦那はあまり好きではないのですが、これはかわいいね、と。お値段は1ユーロでした。

RIMG49265

これは今はなき(と言うかチェコとスロバキアに分かれてしまいましたね)チェコスロバキアのH&Cのもの。そう言えばニースで知り合いだったチェコの人がチェコスロバキア時代はやはりいつも見張られてるみたいで恐かった、と言っていましたっけ。それからパリの語学学校で知り合った、パリの大学院に入る旦那さまについてやって来たという中国の子は、政治の話はパリでも気をつけていたけど、中国にいる時はもっともっと気を遣って家で家族だけの時にだけそっと政治の話(文句?)をする、って、こそ~っと教えてくれましたっけ。

RIMG49263

お次もこれまた甘い雰囲気のバラ柄の小さな花入れでこれも1ユーロ。

RIMG49264

これには刻印がなかったのですが、一目惚れでとても気に入っております。

RIMG49274

そして5枚めフォトでも写っているシチュー専用器でこれも一目惚れ。売り手さんが5ユーロと言いましたが、旦那が3ユーロでは?と言ったら、あっさり3ユーロにしてくれました。

RIMG49276

で、これはディゴワン・サルグミンヌ♪
3ユーロにしていただけちゃって…ラッキーでした!

RIMG49278

そしてこれもシチュー専用器でご覧の通りヒイラギ柄でクリスマス用。これは確か4ユーロだったかしら。今年のノエルに是非使いたいなと思っています。でも、ほんとはず~っと春夏が続くのが希望です。

RIMG49280

そしてお皿さんで青いチェック&花柄の鮮やかな色合いが気に入ったもので50サンチーム。

RIMG49281

これは結構好きなリュネヴィル(Lunéville)というフランス北部ナンシー(Nancy)の南東にある街の窯のものでした。

RIMG49282

これは先週末のごはんですでに使った大きめ皿で1ユーロ。かなり使い勝手がよさげに感じております。刻印はありませんでした。

RIMG49272

それから6枚めフォトののんびり微笑ましいマダムから買わせていただいたリキュール用のガラスボトル。1ユーロだったし良心的だったので好感度大で、

RIMG49271

1本でよかったけど2本買っちゃいました。旦那が2本買おう買おう、って。

RIMG49404 - Copie

最後ご紹介はこの額入りのかなり年季の入ったイラスト?絵?で1ユーロ。ちょっと見づらいので、もしもっとちゃんとご覧になりたい方はフォトを大きくしてくださいませ。
ということで今回の新入りさんたちは以上になります。でも実は先週末もブロカント巡りして、またまた素敵な子たちに出会ったので近々ご紹介させていただきたいと思っております。

…………………………………………………………………………

今は晴れ間が出ているパリですが、昨日も午後に突然大雨で、セーヌやマルヌ大丈夫かしら、と過りました。パリも梅雨がやって来たのでは、とほんとに思います~。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ