和食

昨夜は寒くてついに暖房を入れちまった我が家です。まだ9月半ばを過ぎたばかりだというのに早い~。
でも入れると家中が温かくてぬくぬくで今もべべたちが三匹揃って暖房のそばでネンネして幸せそう♡
暖房で思い出すのは、パリに来て一番最初に住んだアパルトマン。部屋は小さいけど7区のエッフェル塔のすぐそばでとても気に入っていたけど、暖房が取り付けの薄い暖房器具で、真冬は最大強にしても毎日毎日寒くて。で、あまりにも寒いもんだから日本人の私、バスタブにちゃんとつかりたくてしょっちゅう入っていたらすんごい電気代&水道代来ちゃったのですよ~。
フランスは電気代がものすごく高いとは聞いていたけど、あれは大ショックだったです…。
でも各部屋に配管が通っていて建物全体にお湯が循環しているシステムの中央暖房システム(セントラルヒーティング)の部屋に住んでいたお友達は、毎月の20ユーロだか30ユーロだかの基本料金しかかからなくて、でも真冬のお部屋あったか~。ときどき暑すぎてTシャツで窓も開けてたくらい。あれ羨ましかったですねぇ。
あの事があってから、次探す時は絶対中央暖房システムのアパルトマンがいい、って思ったものです。ま、結局その後ニースに移って、ニースのアパルトマンも薄型暖房器具だったのだけど、ニースは真冬でもパリほどには寒くないのでね。
だから今でも、またもしアパルトマンに住むならパリでだったら中央暖房なことは外せないなぁ、って思います。想像の世界ですが。
あと思うのが、建物自体の立地とそして日当たり。以前パリで数日泊まらせてもらったことがある子のアパルトマンは、シャンゼリゼから歩いて5分くらいの高級住宅街ではあったのだけど、お部屋が小さいのはぜんぜんいいのだけど、窓の外が隣りの建物の壁で、太陽の光がほとんど入らない状態で。そして大家さんが台湾系の方で、年配なこともあったのか、家具付きのお部屋がまったくパリの感じがなくて、台北のアパートです東京のアパートです、言われても、違うと思わないかも、といった雰囲気で。ニースから戻ったばかりで泊まらせてもらって本当にありがたかったのだけど、ニースで知り合ってとても生き生きしてて社交的でかわいらしかったその子が、パリに来てから生活がまったく楽しくない、何のためにパリに来たのかわからない、とよく言っていて元気がなかった、その要因の1つは部屋にもあるのでは、と思ったのですよねぇ。でも本人には言えませんでした。泊まらせてもらっておいてそんなこととても言えなかったです。
でもだから、便利な場所ももちろんいいけど、周りの環境や窓から見える風景や、光が入るか、そして小さくても部屋の雰囲気というのも大事だなぁ、と。ま、雰囲気は少しは自分でも変えられると思うのだけど。
で、今はパリ郊外で、普通の住宅街で、パリ市内のような趣のあるオスマン様式建物とかはないけれど、木が好きな旦那が植えた緑がいっぱいの風景が見えて、やはり気持ちが落ち着きます。
少しくらい不便でも、パリのように駅が歩いてすぐじゃなくても、緑の見える風景と(あと空も!)光って、大事だなぁ、とつくづく思います。
でも、車がなくちゃ移動できないのは困る~!チャリで動ける範囲希望~!なぜならわたくし運転がと~~っても危険で自分の運転が恐怖なのですよ~。そんなこともあって?チャリンコ大好き娘?(気持ちは)でございます~。

19世紀、ナポレオン三世の下でジョルジュ・ウジェーヌ・オスマン県知事によって行われたパリ改造計画で作られた、一階部分が商店街などになっていてその上が住居。三階部分にはバルコニーが取り付けられ、ブルジョワたちが住み、最上階の屋根裏部屋は使用人が住んでいた石壁の建物のことで、現在のパリ市街の原型にもなったと言われる。パリのオスマン様式建物巡りも面白そうです。近々やろうやろう!



と言うことで、今回もまたまたレシピもご紹介で、只今お庭の大葉使い放題祭り~♪だもんでそんな大葉をたっぷり使った「鶏だし大葉にゅうめん」です。
ポイントは大葉を素麺のように細い千切りにして一緒にさっと煮て大量の大葉も素麺化?させること(これちょっといいアイディアかもと自分で思ってしまいました。へへ)。ほんとに大葉にゅうめんなのです~。って言うか、にゅうめん入りお吸い物という感覚でしょうか。
パリも日本も物憂い秋…なので、残っている素麺でこんな簡単温まる一杯、いかがでしょうか。
それでは材料と作り方で~す!
RIMG40603 - Copie
材料(2人分)
・鶏ささみ50g ・茹で鶏用水400ml ・茹で鶏用酒大2 ・濃縮だしつゆ3倍タイプ大2~(味を見てお好みに調節してください) ・鶏ガラだしの素小1/2 ・大葉20枚~ ・素麺1/2束 ・あれば柚子などのみじん切り又はすったもの少々

作り方
①小鍋に鶏肉と水と酒を入れ火にかけ沸騰したら20秒煮て火を止め、ふたをしてそのまま置く。
②大葉を出来る範囲で細い千切りにする。
③ ①の鶏肉を取り出し、茹で汁を再び火にかけ、濃縮だしつゆと鶏ガラだしの素を入れ、沸騰したら素麺を入れ、素麺がしんなりとしてきたら、大葉を固まらないよう散らしながら入れ、時々さっとかき回し、素麺がちょうどよく茹で上がったら鶏肉を裂きながら入れさっと混ぜ、火を止める。器に盛り、あれば柚子などを散らして出来上がりです。

*今回はちょうどあったドライ柚子をトッピングしましたが、フレッシュなものがあればなお素敵かと思います。大葉は記載量より多くても美味しいです。


……………………………………………………………………………………………

さてそんなもさもさ大葉さんたちは今、こんな状態です。
RIMG40607
これでも去年よりはもさもさではないのです。例年と違って暑かったせいかなぁ、なんて思ってるのですが。
で、こんな大葉ちゃんたち、もう少し使い放題祭りしたら、その後はしば漬け作り開始です。
今年は定番赤紫蘇しば漬けに加え、大葉しば漬けも作ろう、って思ってるんです。わたくし、しば漬けが大好きなのでございます!でもぬか漬けも大好きだわ。きゅうりもだけど人参とカブがまたうまいんだ。ああ、ぬか漬け食べたいなぁ。今夜夢に出てきそう…
ということで、最近upした大葉消費レシピも一応併せてご紹介させておいていただきますね。コチラです。
Cpicon 大葉消費*美味しい和風豚ハンバーグ by milketmoi
Cpicon 大葉消費*レタスと大葉の豚ひき肉ドレがけ by milketmoi
Cpicon 大葉消費*クリームチーズメンチカツ by milketmoi
もし、我が家のようにもさもさ大葉な方は是非参考になさってくださいませ。



ご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加中です。お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです! 

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!


ありがとうございます

RIMG40581 - Copie

昨日お昼ごはんに作ったこの「なめこ海苔おろし柚子胡椒スパゲティー」が旦那に大好評だったので(1人だけにですが)超~~簡単なこともあり、ノンオイルなこともあり、材料と作り方書くのも簡単なこともあり、早速ご紹介です。
ポイントは海苔もスープに混ぜること、そして柚子胡椒風味なのもほんのりアクセント。
実は柚子胡椒、パリでは貴重だし、日本食品屋さんでもとっても高いので柚子胡椒を使ったオリジナルレシピに挑戦する時は、ちょっぴし、えいっ!って感じで、いまいちだと、ふぅ~…ってなるわけですが、これは成功した新レシピさんで、柚子胡椒使った甲斐があったというものです♪
で、作る前、スパゲティーにするか、おうどんにするかちょっと迷いましたが、今回はあえて洋のスパ選択。でもど~考えてもうどんやおそば、素麺でも美味しいと思うので、あるもので、又は気分でチョイスしていただければと思います。それでは材料と作り方で~す!

材料(2人分)
・水400ml ★和風だしの素小1/2 ★酒大2 ★みりん大1 ★醤油大1と1/2 ★砂糖小1/2 ★塩少々 ・なめこ100g ・大根おろし150g ・海苔大判一枚 ・柚子胡椒小1~ ・スパゲティー180g

作り方
①スパゲティーを茹で始める。
②鍋に水を入れ沸かし、沸騰したら★を入れ、軽く水気を切ったなめこ、大根おろしも入れ、ひと煮たちしたら火を止め、柚子胡椒を混ぜ、海苔を小さく千切りながら入れ、スープの出来上がり。
③スパゲティーがアルデンテに茹で上がったらよく湯を切り、器に入れ、②のスープをかけ、トッピングで柚子胡椒を少しのせ、出来上がりです。

*ノンオイルじゃなくてもいい方はお好みで仕上げにEXVオリーブオイルを少し回しかけていただいても美味しいです。



そして最近たびたび我が家の食卓に登場するなめこさんがコチラ。
RIMG40208
我が家の定番スーパーマーケットLIDLでいつもではないけれど置いてる瓶詰なめこさんです。
味は、ま、もともと淡泊な風味ですが普通に満足出来るし、ぬめりもバッチリです。
RIMG40210
値段は旦那がいつも見つけると買ってきてくれるので聞いてみたら、忘れちゃった~、そうなんですが、でもそんな高くないよ、って。うんうん高かったら買ってこないと思うし、私もやめてやめて、そんなするなら要りません、言います~。


それから、今回大根おろしに使ったのはコチラ。
RIMG40573
フランスではかなりポピュラーなお野菜、黒大根です。
切ってからフォト思い立ったのでこんな使いかけですみませんが。
これはフランス料理でもわりとよく使われる食材で、大きめスーパーだとだいたい売ってるかな。
アジア食品屋さんにも買い物に行く時は日本のと同じ白い大根が売ってるのでそちらを買うことが多いのですが、行かないけど大根欲しい時はこの黒大根。今回のはbioのですね。
RIMG40574
中身は白い大根と同じで真っ白ですが、水分は白い大根より少なめ。そして辛みが結構あるので、その辛みも含め美味しくいただくか、又は火を通すと辛みがほとんどなくなるので、今回レシピではさっと煮て辛みのない白い大根のような美味しさになっています。
これはでもやはり色がシブいので今度はこの色を活かしたレシピを考えよう、なんてことも思っております~。


さて今回ご紹介なめこレシピ関係話はだいたいこんな感じです。
あ、でで、もちろんフランスで買ったなめこじゃなくても、日本のなめこで作っていただいてもOKでございます。ってかたぶんそっちの方がいい思います。今旬で新鮮生のもお手軽にご購入で出来るかと思いますので。
そんなかわいいぬんめりぬめぬめなめこちゃん、まだ半分残っているので、と言うか残したので、もう1品何か新しいレシピ挑戦思っております。でも汁物とかは美味しいの、もうたっくさんあるので(お豆腐となめこのお味噌汁どゅあい好きです♡わかめもいいけど。じゃがいもも捨てがたいけど…)何かちょっと違うの考えようかしら、って。ああ、失敗したくないなぁ。
ちなみに自分なめこレシピもう1つはコチラです。ついこの間も久しぶりに作ったけど大丈夫シンプル美味しかったです。
Cpicon なめこと卵のシンプルバター炒め黒胡椒風味 by milketmoi


ご訪問ありがとうございます
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです! 

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!


ありがとうございます

なくなっていた梅干しを買いにオペラの日本食品屋さんへ行って来ました。
さすがに我が家付近のアジア食品屋さんには売ってないのです。
他にも納豆やかつおぶし、薄切り肉(牛と豚)、おでんの具材、柚子胡椒なんかはやはりないので欲しい時はオペラ地区へまいります。
そしてちょびちょび若干ケチ気味に使うわけです。ふふ。
逆に近所のアジア食品屋さんで今もう手軽に買えるものは日本のカレールーや、うどん、そば、ソース類、コンニャクとかかな。よく書いているけど、カレールーとソースはフランス人たち気に入る確率高し。お友達の彼氏は毎日でも日本のカレーライスでいいくらい大好きだそう。
もし日本の女の子がフランス人の彼が出来てごはんを作ってあげよう、ってなったら、カレーライスいいと思うなぁ。簡単だしねぇ。あとですねぇ、お好み焼きと餃子もおすすめです!きっと彼の胃袋をがっちりつかむことでしょう。ま、保証は出来ませんが。後はあなたさまの腕?次第。なんちってなんちって。
と言う事で今回はそんな買ってきたばかりの梅干しを使って、レンジです~ぐ出来ちゃう便利な「梅肉ベーコン葱だれ」のご紹介です。

RIMG39802 - Copie
今の時期、やはりキッチンに長く立つのはきついので、すぐ出来て食欲がない時でも美味しく、と考えてみた1品。な~んて言ったら実はちょっぴし、いや、かなり大袈裟~。ベーコンが残っていたので、そこに葱や買ってきたばかりの梅干しを合わせてみたら、うんうん美味しい、となったのです。
で、とにかく超簡単。レンジで材料を加熱したら梅肉を混ぜて出来上がりです。ベーコンのうまみも程よいコクになってます。でももしお肉系入れたくないわ、とにかくあっさりがいいわ、な方でしたらベーコンなしでも大丈夫かと思います。
じゃ早速ですが材料と作り方行きま~す。


材料(1~2回使い切り分)
・ネギのみじん切り(35g分) ・ベーコンの粗みじん切り(2枚分) ・大葉のみじん切り(5~6枚分) ・日本酒大2 ・酢大1 ・みりん大1 ・和風だしの素小1/2 ・たたいた梅肉(20g分くらい)

作り方
①梅肉以外の材料を耐熱容器に入れ、さっと混ぜ、ふわっとラップをかけ、レンジで1分10秒~1分30秒くらい加熱。取り出して、やけどしないようラップを外し、梅肉を入れ、均等になるよう混ぜて出来上がりです。

※大葉がなければ葱を倍量くらいにしていただいてもOKです。この後ご紹介している②のレンジ茄子にかけたのは大葉なしで葱倍量のものです。梅肉は塩気を見て加減してください。ちなみに私はハチミツ梅使用です。加熱時間はそれぞれのレンジに合わせて調節してください。白炒りゴマを入れていただいても素敵かと思います。


RIMG39799 - Copie
で、これをこんな風にいただきてみました。
さっとゆがいたオクラにかけたり冷奴にかけて。
他の茹で野菜やゆで豚、茹で鶏にもよいかと思います。
RIMG38860 - Copie
これは皮をむいた茄子を耐熱容器に入れてラップして8分チン。水分が出ていたらやけどしないように捨てて、後はこの梅肉ベーコン葱だれをかければ簡単にレンジだけで1品出来上がりです。
RIMG39809 - Copie
たたききゅうりと和えてもグッド♪
RIMG39818 - Copie
そしてそしてごはんにのせて。和風味だけどベーコンでちょっと洋雰囲気。しか~し梅香る、みたいなみたいな。
って感じで、ベーコンがちょっと残った時にでもお試し活用していただければ幸いです。
さ、今日は少し肌寒いくらいのここパリ地方ですが、我が家は二階の改装を始めたので、暑くないの、助かります。がんばって片づけるぞ~。
皆様も引き続き素敵な1日を♪


ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ


レシピランキングの方にも参加しております。美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!


RIMG38607 - Copie

週末ごはんのあとまたお料理が続いてあれなんですが、
ちょっとレシピの方もたまっているので小さな1品をちゃちゃっとご紹介。
「鶏胸肉とオクラの酒炒め、ライムの香り」です。あ、間違えた、ライムの風味です。
ま、どっちでもいいんですが。
ライムなんて洒落たものを使っちまっておりますが何てことない。
レモンがなくてライムがあったからなのです。
でもこれが超あっさり美味しく出来ておつまみにもおかずにもよいです~。
ライムとレモンってやっぱり味も香りも違うんですよねぇ。
でもライムではなくレモンでも美味しく出来ると思います。味が近いですものね。
あれ、なんか言ってることに矛盾が…。ま、いっか。
あ、ライムで思い出してしまいました。
今年まだモヒートを飲んでません。大変!
あれを飲まないとカリブの夏がはじまりません、熱いカリブの夏が!仕込まなければ!
じゃ、材料と作り方で~す。



材料(2人分)
・オクラ7本 ・鶏胸肉の千切り(80g) ・鶏下味用塩胡椒少々 ・鶏下味用酒(小1) ・鶏下味用片栗粉(小2) ・ソテー用ゴマ油(大1) ・酒(50ml) ・かつおだしの素(小1/2) ・塩適量 ・ライム汁なければレモン汁(大1と1/2)

作り方
①オクラはヘタを少し切りとり、塩を軽く振って板ずりし産毛をとってさっと水洗いし、キッチンペーパーでっかり水気を拭きとり、縦半分に切る。鶏に下味用の塩胡椒と酒をもみこみ、片栗粉をまぶす。
②フライパンを中強火にかけ、ゴマ油をしき、オクラを軽く炒める。続いて鶏肉も入れさっと混ぜたら酒を入れ炒める。鶏が白くなって七分通り火が通ったら、かつおだしの素を入れ混ぜ、味を見ながら塩をし、仕上げにライム汁をぎゅっと搾って混ぜすぐ火を止め、皿に盛り、出来上がりです。


……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ