和食

RIMG49613 - Copie
今日はわたくし時間があまりないのでレシピもレンジで2分でちゃちゃっと出来る「オクラとエノキダケと海苔の梅和え」のご紹介にいたしました。めっちゃ簡単なので作り方手順も今回はなしになっております申しわけないですなんせレンチン2分なので手間なしですがごはんにも合うしおつまみにもよいし、作り置きにもよいです。でも日本の今のジメジメの時期だと気が抜けませんねぇ。ま、簡単なのでちゃちゃっと作ってちゃちゃっと食べちゃっていただければ一番です。それでは材料と作り方です。


……………………………………………………………………

材料(2人分)
・オクラ8本 ・酒小1 ・エノキダケ1袋  ・焼き海苔適量(たっぷりめが美味しいです) ★たたいた梅肉15g(はちみつ梅使用しました) ★酒小1 ★みりん大1 ★醤油小1/2 

作り方
★を合わせておく。

オクラはヘタを切り取りななめ切りにする。
エノキダケは根本を少し切り、半分に切ってほぐしておく。

耐熱容器にオクラを入れ、酒小1を振り、ラップをふわっとかけレンジで1分加熱する。
いったん取り出し、ラップを外し、エノキダケを均等にのせ、★をまんべんなくかけ、またラップをふんわりかけ、レンジで1分加熱する。

取り出し、ラップを外し、よく混ぜたら海苔を小さくちぎりながら混ぜ、器に盛って出来上がりです。


……………………………………………………………………

今日時間がないのは一日外出だからなのですが、
そのために、
RIMG49623 - Copie
サンドイッチと簡単タコスの準備をし、
RIMG49621 - Copie
ガムテープやセロテープやペンやハサミも準備。
詳しいことは追ってご報告させていただきま~す。
ちょっとだけ離れ地区なのでもう出発しなくては。
それでは行って来ま~す!


……………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG49565 - Copie
レシピをしばら~くご紹介していなかったので、昨日は新メニュー作りに挑戦してみました~。
のでほやほやレシピでございます。
昨日はですね、素麺食べたいなぁ、思って、あとパリも梅雨?でジメジメ気味で昨日なんか日本ほどではなくても湿気結構ありまして、なのでさっぱり梅も使おう、ということで出来上がったのがこの「梅パクチーナンプラー冷やし素麺」でございます。イメージは冷やし中華の梅入りほんのりアジアン版といったところでしょうか。ほんとは錦糸卵も入れよかなぁ、とも思っていたのですが、手間がかかるものはちょっとやめておいて、とにかく簡単仕上げにしてみました。錦糸卵残りである、とか、私のような無精者さんじゃないお方は作って添えていただいても美味しいかな、と思います。それでは材料と作り方です。とても簡単ですぐ作れます♪

……………………………………………………………………

材料(2人分)
・素麺2束 ・きゅうり70g ・ハム70g(カニカマでも美味しそうです) ・紫玉ねぎ70g(又は普通の玉ネギでもOK) ・パクチー20gくらい ★水150ml ★ナンプラー大1と1/2 ★醤油大1と1/2 ★酒大1 ★レモン汁大1と1/3くらい ★きび砂糖又は砂糖大1/2 ★赤唐辛子の輪切り1/2本分 ★塩少々(味を見ながらお好みで) ・たたいた梅肉20gくらい(私はハチミツ梅を使用しましたが塩気がそれぞれ違うのでお好み量に加減してください) 

作り方
RIMG49559
★の材料を小鍋に入れ火にかけ煮立ったら火を止め、梅肉を入れさっと混ぜる。
パクチーの茎と葉をわけ、茎をみじん切りにして小鍋の中に入れ、そのまま冷ます。
完全に冷めたら冷蔵庫で冷やしても。
RIMG49560
紫玉ねぎは薄切りにし、軽く水にさらし辛みをある程度とり抜き、ザルにあげ水気を切り、さらにキッチンペーパーで水気をしっかり、でもシャキシャキが残るように優しく拭く。
RIMG49557
ハムは千切りにする。
RIMG49556
きゅうりも千切りに。
RIMG49562
パクチーの葉は軽く手でちぎっておく。
後はソーメンを茹でて水にさらし冷たくしてよく水気を切る。
RIMG49565 - Copie - Copie
皿に素麺を盛り、具材をそれぞれ半量ずつのせのたれをかけて出来上がりです。
超あっさりさっぱり仕上げでつるつるっといただけますよ♪

……………………………………………………………………



ただいまフランスでEuro2016が開催されているので我が家のご近所風景をちょろっとご紹介。
RIMG49489
こちらのお宅はポルトガルのご夫婦&ティーンエイジャーの息子くん3人ご家族。
息子くんたちはフランス生まれなのでポルトガル系フランス人となります。
ということで、ポルトガルとフランスどちらも応援なのかしら、と想像。
RIMG49488
こちらはポルトガル系ご夫婦&お子さんはまだ生まれたばかりのべべちゃん。
こうして旗を見ながらご歩いてみると他のお宅でもポルトガルの旗割合が多くて改めてビックリ。
でもスペイン系、ブラジル系、ドイツ系、中国やヴェトナムやラオス系、モロッコやアルジェリア系、南アフリカやコンゴなどアフリカ系、インド、パキスタン系の方もいらっしゃって国際色豊かです。
でもここはフランスパリ郊外。自然なことでございます。こういうの大好きです♪
RIMG49490
こちらはフランス国旗。ここのお宅はサッカー大会の時は必ずこの国旗が掲げられているので、相当のサッカー好きと思われます。

てなわけで今回のEuro2016を歌ったおふざけの曲も併せて軽~くご紹介。
シャキーラもカヴァーしているフランスの代表的シンガーのフランシス・カブレルの超有名な曲
「je l'aime à mourir(死ぬほど愛している)」をパロディーにしたもので「Je préfére te prévenir 」。
きみに知らせておきたい、みたいな意味で、ま、くだらないっちゃくだらないけど、これくらいフランス人このEuro2016楽しみなんだよ~、みたいな。




今日は久しぶりに朝から晴天のパリ。でも突然雲行き怪しくなって雨ザーザー来たりするのでわからないのです。実はこのご近所フォトの時も途中から激しい雨が降ってきてあわてて戻ったのです。昨日6月21日は年に一度のフェット・ドュ・ラ・ミュージックの日でもありましたが、やっぱり雨が降ったり止んだりだったので私たちもお出かけ予定を中止。いやあ、もう6月も後半だけどどうなるんでしょうか…

……………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

RIMG49250 - Copie
さてさて今回は早速レシピのご紹介をさせていただきますね。なぜならやっぱり「空豆のさやのかき揚げ」はちょ~っと珍しいかな、と思うので。
つい先日TVの情報番組を観ていたら、あるフランス人ムッシューシェフさんが空豆メニューをいくつか紹介なさっていたんです。そしたら、その中の1つが、空豆のさやを使ったもので、シェフさん、さやも食べれますよ、って。これには私もびっくりしまして。で、ネットで調べてみたら、新鮮な空豆ならさやも食べれますよ、さやは食物繊維がとても豊富ですよ、っていうの出て来て。でで、このかき揚げレシピにつながった、というわけなのです。でもかき揚げはかき揚げでも何がいいかな、思って実はベーコンと合わせて作ってみたり(その際に処理や切り方はこうした方がいいなと思ったり)、空豆だから相性のいい海老もいいかな、とも思ったけど、いや、でも今まで捨ててたさやを使うんだからちょっぴりお高め食材の海老はやめておいて、もっと節約レシピにしようということで定番の人参と玉ねぎにしてみたら、人参玉ねぎ甘み出るしさやもモロッコインゲンみたいになって、これシンプルで超お手軽でいいな、となり今回無事この記事に出来ることとなったのです~。
というわけでこのかき揚げ、普通にと~っても美味しいです。言われなきゃ空豆のさやってわかりません。あ、でも言われても、そう言えば空豆の味だ、っていうのもほとんどないかなぁ。なので、まあ、もったいないからやってみようかしら、な時にでもお試しいただければと思います。で、他にもさやで思いついた節約レシピがあるので今日これから挑戦してみようかな、と。なのでもしうまくいったらご紹介したいですし、失敗したらご紹介でけないと思うので、その時は、あら失敗したんだわ、ってお察しくださいませね。へへ。それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(8~10個分)
・新鮮な空豆(気になる方はBIOか低農薬のものをお使いください)のさや8本分 ・玉ねぎ80g ・人参80g ・薄力粉大3 ★薄力粉80g ★新鮮な炭酸水(冷えたものだとなおよいです)125ml ・お好みで天つゆや塩など ・揚げ油

作り方
RIMG49224
①先ずは空豆のさやの準備を。
空豆をよく洗い、しっかり水気をふき、両端を少し切り落とす。
RIMG49228
端の切り口から包丁を入れ、固い筋をこちらと向こう、二ヶ所取り抜く。
RIMG49226
筋を取り抜いたどちらかの部分を包丁の先を使って切り開き、
RIMG49227
空豆を取り出す。全部の空豆をこのようにする。
※取り出した空豆は他の料理にどうぞ。って普通は逆だぞ~、みたいな。
RIMG49231
さやを全部斜めに切る。
RIMG49233
②さやと人参の千切り、玉ねぎの薄切りを合わせ、
RIMG49234
さっと混ぜ、
RIMG49236
ここに薄力粉大3を振り、手で混ぜで全体に行き渡らせる。
RIMG49239
③衣を作る。
★の薄力粉をボール又は深めの器に入れ、★の炭酸水を入れ、粉が見えなくなり、だいたいダマがない程度にさっくり混ぜる。
RIMG49237
④小さい器に1個分の具材を入れ、
RIMG49240
ここに衣を大1と1/2くらいかけ、さっと混ぜる。
RIMG49242
揚げ焼き出来るくらいの多めの油を入れ中火よりやや強い火で熱くしたフライパンに、衣と合わせた④を1つ1つ作って落とし、簡単に形を整えて、最初は触らず、下の面が固くサクッとなったら裏返しにし、火加減を多少調節しながら両面サクッとなったらOKです。
RIMG49250 - Copie - Copie
油を切って、お皿に盛り、天つゆや塩などお好みのものを添えて出来上がりです。

……………………………………………………………………


そして平日ごはんもちょこっとご紹介。
RIMG48816
実は今回の「空豆のさやのかき揚げ」ご紹介と合わせた理由もあるのです~。さや料理を調べてみたら、少し出て来たさやレシピの中のいくつかの作者さんがやはりヨーロッパ在住の方だったのです。で、その1つをお試ししたのがこの日ごはんで、さやレシピも含めほんと美味しくて大満足だったので、もうこれはド~ンとご紹介出来るな、と。ま、ド~ンというより結構質素気味かもですが。ふふ。
ということで一番上左の我が家スムージーの下から今回は時計と逆まわりでこのレシピさんたちです。

そのさやレシピでスペイン在住の作者さんレシピ→Cpicon サヤも活用♪そら豆と生ハムの煮込み by Spain
大人気レシピのサラダさんで簡単だし人気納得→Cpicon さつまいもとベーコンのクリチマヨサラダ by オレンジリング
これも大人気レシピのカレーでこれまた美味すぃ~→Cpicon ひよこ豆のドライカレー by せつみか
→そして1つ残ってたコールラビで作ったスープでシンプルで美味しかったので近々レシピご紹介したいです。

さやも入れた煮込み、お酢のさっぱり感がいいし、卵でとじるのでふわっとやわらかにもなって、パンはもちろん、今回はドライカレーでしたが、普通に白いごはんでもいけるな、と私は思いました。
さや食べてみようかしら、な方におすすめです! あ、でもかき揚げも美味しいですよ~ん♪


……………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG48251 - Copie

新しゃがの次はやはり今が旬なアスパラのレシピさんです。
アスパラさん、やはり今めちゃ美味しくて、実はここのところほぼ毎日のようにいただいているのです。で、定番ベーコン巻きにしたり簡単にただ茹でたりしながらも、オリジナルレシピにも「たま~に」挑戦。っつうのは、やっぱいつもオリジナルに挑戦は正直しんどいです。分量計ってフォトもして、さあ味はどうか?となって美味しかったら嬉しいけど、イマイチだった時、結構残念。しかもイマイチな時、結構あります。うんうん。ま、そりゃしかたないのだけど。だから程よく無理なく楽しみながら挑戦がいいです。
そんな程よく挑戦で美味しかった「アスパラガスと生ハムの天ぷら」のご紹介です。
んが、実は二番煎じ的でありまして、これが美味しかったので思いついたのであります。
Cpicon オクラと生ハムの天ぷら by milketmoi
で、やっぱりアスパラでも美味しかった~、って。へへ。
この天ぷらさんたちのいいところは、生ハムに塩気とうまみがあるので、天つゆも塩もつけずそのままで十分美味しいこと。これ、結構便利だと思うんです。天ぷらって、それごとに、または好みで、塩がよかったり天つゆがよかったりするからどちらも添えなくちゃな感じもあるのですが、これどっちもいらなくて十分美味しい。なので手間かけません。残ったらお弁当にしていただいてもいいかと思います。それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………………


材料(12個分)
・グリーンアスパラガス6本 ・生ハム10gくらい×12枚(120gくらい) ・薄力粉60g ・新鮮な炭酸水100ml(冷えているとなおよい) ・揚げ油適量

作り方
①生ハムは10gくらいが12枚出来るように、そして巻きやすいよう縦長に切る。
RIMG48175
②アスパラは洗ったらしっかり水気をふいて、根本の固い部分を切り落とし、
RIMG48176
その根本に近い固い皮をピューラーで少しむいてから、半分に切る。
半分に切ったアスパラそれぞれに生ハム10gを一枚ずつ巻く。
RIMG48244
➂深めの容器に薄力粉、炭酸水を入れ、粉が見えなくなるくらいにさっと混ぜ衣を作り、
生ハムを巻いたアスパラガスを入れ、衣をさっとつける。
RIMG48246
④中温よりやや高めで熱した揚げ油で、焦らず、カラッとなるよう揚げる。

※すぐにはカラッとならないので、しばらく触らずそのままにし、箸で触ってみて固くカラッとなっていたらOKです。

RIMG48251 - Copie - Copie

そしてお皿に盛れば出来上がり。
ごはんにはもちろん、おつまみにも合います♪

…………………………………………………………………………

昨日は小さな楽しいことが、いや、楽しい、っていっちゃっちゃあれだけど、ありました。
午後、誰かがピンポーンって来たんです。
で、玄関から顔を出したら、一人のムッシューが立っていて。そして、
「僕の車の車輪が突然ここで2つ壊れてしまったんだ。しかたないからあなたの家の前のここに一週間置かせてください」って。なので、
「私は車のことはよくわからないし、なんてお答えしていいのかわからないので夫に伝えます。この近所にお住まいですか」って聞いたら、
「いや、僕、ちょっと遠くてルクセンブルグから来てるんだよ」とさらりと。
ル、ル、ルクセンブルグ?…ってあーた。そりゃここフランスだけど、そうは言ったってパリ市内じゃないし、言ってみれば、東京で言うところの、狛江市とかな感覚で。狛江でルクセンブルグの人が、さらりと、車輪壊れたから一週間停めさせて、って来たら、そりゃ新鮮面白いわ~。
で、とりあえず、携帯の番号だけ教えておいてください、って言ったら、こんな紙を渡してくれまして。
RIMG48305 - Copie
んで、帰ってきた旦那に、ちょっと楽しい気持ちでウキウキ説明したら、ら、旦那、ま~~ったく興味なさそうで、何が面白いの?って。この温度差に私、ちょっとつまんなかったのです。でもしかたない。日本から遥々来て、今こうして慣れた感を多少醸し出していたってしょせんこっちは異国人感覚なのよ、ヨーロピアンじゃないのよ、って。でもこの面白さ、楽しめないってちょっと残念ねぇ、って、思うことにしたのでした。もしあのムッシューが車とりに来る時また寄ってくれたら、2、3、ルクサンブルグ質問しちゃおうかしら…

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



RIMG47576 - Copie
前回書きました「TOP CHEF」のことで1つとても印象的だったことを書き忘れてしまったのでちょっと書かせてくださいませ。
審査員である女性シェフのエレン・ダローズ(Hélène Darroze)さんが、デザートの時に言っていたことなのですが、デザートははじめはスペクタクルを感じさせること。そして食べたあとは繊細さが残ること。っておしゃってて、それがなるほどなぁ、ってめっちゃ感心してしまったのです。自分は甘いものは嫌いじゃないけれどなくても大丈夫な方なのですが、でも、デザートは別腹っていうくらい甘いものも好きな人には大事で楽しみなことはわかっているつもりです。だから楽しい食事の一番最後にふさわしく、見て、甘く美しくわくわくさせる高揚があり、そして楽しみながらいただいた高揚の後、繊細さが残る、と言う感じなのかな、と。だからデザートと言うのもまたすご~く大事なんだと改めて思ったのです。甘いものをあんまり食べないせいでよく考えたことがなかったけど、ちょっと目からウロコ的でしたねぇ。私ももう少しデザート頑張らなくちゃ、って思いました。
ということで、今回の「豚肉とクレソンの春雨ヌードルスープ」のご紹介です。クレソンは基本的には生でいただくのが好きなのですが、たまには火を通したものを、と思い、ふとクレソンのしゃぶしゃぶが思い浮び作ったのがこのレシピさん。そうしたらクレソンのしゃきしゃき歯ごたえと豚肉のやわらかい味わいがよい1品が出来ました。味のポイントは鶏ガラスープだし+和風だし+豚から出るだしの3種の合わせだし+ナンプラーのほんのりなうまみ。 これがあっさりなんだけどうまみのあるスープになるのです。ノンオイルだけどかなり満腹感もあるのでダイエット中の方にもおすすめです。しかも超~~簡単。10分くらいで出来ちゃうかと思います。お野菜はクレソンがなければシャキシャキ感のある水菜やセリにしていただいてもよいかと思います。まだまだ気温差があって寒い日もあるのでこんな温かい1杯いかがでしょうか。

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・食べやすく切った豚薄切り肉180g ・ざく切りにしたクレソン100g ・春雨100g ・レモンの半月切り2切れ ★水1000ml ★鶏がらスープの素小1/2 ★和風だしの素小1/2 ★ナンプラー大2と1/2 ★醤油大1/2 ★赤唐辛子1/2本~ ★塩胡椒少々 

作り方

RIMG47564
①鍋に★をすべて入れ、火にかけ煮立ったら、
RIMG47565
豚肉を入れる。
RIMG47568
白っぽくなって煮えたら、灰汁をしっかりとって、
RIMG47572
クレソンを入れ、10秒くらいさっと煮たら味を見て足らなけれな塩と胡椒をし、スープと具の出来上がり。
②あとは春雨を茹でてよく湯を切って、
RIMG47576 - Copie - Copie
器に春雨を入れ、クレソンと豚肉をのせ、熱いスープを注ぎ、レモンを添えて出来上がりです。いただく時、お好みでレモンを絞ってどうぞ。絞っても絞らなくてもどっちも美味しいです。


◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇


熊本地震でのパリの日本大使館での募金ですが今回は受付をしないと決まったそうです。
赤十字とかでやってください、ということでした。
海外にいるものは日本のように手軽にというわけにもなかなかいかないのでちょっと残念です。


◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


↑このページのトップヘ