和食

FotoJet (671)

今日はレンジ料理ではない1品でして、
「カレー粉で簡単に!豆腐とオクラとトマトのキーマカレー風あんかけ丼」
のご紹介です。
豆腐を使ってキーマカレー風を作りたいな、と思って、
合わせるものは、と冷蔵庫を見るとオクラが。
一応ネットで検索してみたら、あるんですねぇ。オクラと豆腐のカレー。
でも、ま、我が家流のカレーの作り方でやってみよう、と。
それは玉ねぎを簡単飴色に炒める。
トマトを必ず入れる。そしてカレー粉を使う。なのですが。
出来上がったらカレーとはちょっと違うもの。
カレー風味のあんかけになったんです。
ところがこれが超~あっさりで優しい味わいでうまっ。びっくり!
豆腐の淡泊あっさりな風味&250gと結構な量を入れたので、
カレーの味わいが弱まって、あんかけ風になったんですねぇ。
ということである意味失敗?でもある意味成功?な1品。
ほんと美味しいです!(いや、好みもあると思いますが)身体にも優しいです。
調理ポイントは、なので、簡単飴色玉ねぎとトマトとカレー粉です。
ひき肉を入れても美味しいと思いますので、
肉欲しいぜ!な方は足してくださいませ。鶏か豚があっさりで合うかなぁ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・オリーブオイル大2 ・玉ねぎのみじん切り130g ・包丁の背でつぶしたにんにく1片 ・生姜のすりおろし2片分(にんにくの倍量くらい) ・赤唐辛子の輪切り1本分~(お好み量) ・カレー粉大1 ・薄力粉大1 ・完熟トマトの種と汁ごとの粗みじん150g ・水75ml ・チキンブイヨン1個 ・和風だし小1 ・木綿豆腐250g ・オクラの輪切り80g ・醤油小2/3くらい ・塩胡椒適量 ・温かいごはん2人分

作り方
厚手の鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れ、強めの火にかけ炒める。
焦げつく前に水を少し入れ、焦げを防ぐ。
これを何度か繰り返し、6、7分炒め、茶色っぽくなって半量くらいになったら、
にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ炒め、香りがたったら、
カレー粉と薄力粉を入れさっと炒め合わせる。
トマトも入れ、もったりするくらいまで炒め煮にする。
水、チキンブイヨン、和風だしを入れ、煮立ったら、
豆腐を手で細かく崩しながら入れ、オクラも入れ、軽く煮る。
最後に味をみながら、醤油、塩胡椒で整える。
皿にごはんを盛り、豆腐とオクラのあんかけを添えて出来上がりです。
※今回ごはんは黒米入りごはんになっております。

…………………………………………………………………………

※このレシピ記事投稿後3日後に、似たような作り方で、
「カレー粉使用で手軽に!キーマカレー」というのをプロの?料理家レシピサイトというので出した
野菜、発酵の時短料理が得意?な料理アーティストさんなる方がいらっしゃいますが、
同じ方々で同じようなことが何度も何度もあるのでいやでも気づきます。
プロの料理家とおっしゃるのならばご自分の本当のオリジナルで新鮮なレシピで、
皆をあっと楽しませてください。たまには二番煎料理レシピじゃなく。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (696)
今週末は旦那がバカンス休みに入ることからきた予定外の流れになりまして、
少々バタバタしております~。
というのも、も、お仕事最終日、旦那は職場でお昼から
仕事納め的バーベキューだったのですが、
大酔っ払いして帰ってきたんですよ~。
なので週末買い物も翌日にずれ込み、いろいろとほんと予定外。
いや、予定外はいいのですが、飲み過ぎは妻、怒りました。
日本だと飲み過ぎご主人、結構いらっしゃるかと思うのですが、
いや、いらっしゃるっていうのもあれですが、
フランス人は結構多くないんです。
お酒の飲み方スタイルが違うとも言えるのですが。
だから私も飲み過ぎるって今まったくと言っていいほどないんです。
ところがフランス男の旦那がそれやらかしまして。
いつも定時の5時45分過ぎには帰ってくるのに夜9時過ぎても帰ってこなくて心配で。
やっとこさ帰ってきた時はめっちゃ千鳥足ですよ。
しかも、家の鍵も携帯電話も財布も職場に忘れちゃった、とかいってさ。
moi開けて~、ときたもんだ。あきれながら開けましたよ。
やっぱり飲み過ぎはよくありません。身体にもです。
なのでこのバカンスはお酒に厳しくするかんね、と妻。
でもたまになんだからいいじゃん、と肩をすくめて言う旦那。
アメリカンか。と心の中で突っ込みましたよ。
ということで旦那、1ヶ月のバカンス休みに入りました~。
毎年思うのですがフランスのバカンス休み1ヶ月ってやっぱりすごい。
日本ももうちょっとお休み取りやすくなってほしいです。
特に夏。40度って危険ですもん。みんながせめて
2週間きっちりとれるようになればいいのにな、とほんと思います。
さて、そんなんでバタバタなもんで
本日も超簡単レシピコーナーとさせてくださいませ。
オクラとベーコンが合うのはこのレシピでめっけ済み。
ちなみにオクラとバター醤油も合います。
Cpicon オクラとベーコンのバター醤油スパゲティー by ルロワ・モワ
で、ハンパに残っていたオクラとベーコンでおつまみ~、
と思って思いついたのがこれ。なのですが、
ネット検索したらめっちゃ出てきた~。
ので同じの出してもあれなので海苔とわさびを足してみました。
そしたら大丈夫。なかなかいい塩梅になりました。
これはお弁当のおかずとか副菜というよりもやっぱりおつまみかなぁ。
ビールや日本酒に合うと思います。
白ワインにもなかなか悪くなかったよ。とは旦那談。
調理時間12、3分ですが作業は2、3分で後はオーブンにおまかせ。
あ、オーブントースターでもOKで~す。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(9個分)
・へたを少し切り取ったオクラ9本 ・ベーコン2枚 ・海苔1/2枚 ・わさびお好み量

作り方
オーブンを220度くらいで予熱開始。
ベーコンは1枚を3等分に切る。
海苔は9等分に切る。
ベーコンに海苔をのせ、オクラをくるっと巻き、
巻き終わりにつまようじを差す。
これを9個全部やる。
220度のオーブンで10分くらい焼く。
皿に盛り、わさびを添えて出来上がりです。
FotoJet (697)
少し置いて冷めて少ししっとりしたのも美味しいです。
私はわさびのみでしたがお醤油を少~したらしてもよさげですね。

………………………………………………………………………

あ~んど。
昨日夜9時48分の空。
FotoJet (698)
今年のパリの夏はほぼ毎日お天気に恵まれております。
そして気温もジャポンまではいきませんが36度、37度の日もあります。
あ、そうそうポルトガルも数日前、40度まで上がったそう。
世界的におかしいようですね。
でもこれから今年の夏はおかしい、
が増えていくのでしょう。
しっかりとした対策考えないとやばいぞ地球。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (652)

日曜日ですがレンジで出来て超簡単だけどとっても美味しい、
「レタスのレモン醤油黒胡椒びたし(麺つゆでもOK)」のご紹介です。
食べきれないでいたレタスがありまして、
これをいっぺんに食べきるのだったら火を通すのがいいと思い、
でも面倒なのはなしですぐ出来るもの、と。そうするとやっぱりレンチン~。
で、ネットで見てみたら、ゴマ油&醤油とかオイスターソース味はすでにあったので、
それじゃないやつと思い最近好きなレモン醤油黒胡椒味に。
そうしたら美味しくてびっくり!やってみるもんですねぇ~。
調理ポイントはレンジ加熱時間。
レンジと耐熱容器の重さで違ってくるので、
それぞれのお宅で使用しているもので様子を見ながら加熱してくださいませ。
醤油、和風だしを麺つゆに代えてもぜんぜんOKですし、
オリーブオイルをゴマ油にしてもOK。あるものを利用なさってください。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・ざく切りにしたレタス400g ★酒25ml ★オリーブオイル大3(またはゴマ油でも) ★醤油大1 ★和風だし小1/2 ☆レモン汁1個分 ☆味をみて足らなければ塩少々 ☆粗びき黒胡椒適量

作り方
大きめの耐熱容器にレタスを入れ、★をさっと手で混ぜる。
ラップをふわっとかけてレンジで数回に分けて様子を見ながら加熱する。
ほどよくしんなりすればOK。
☆を混ぜ出来上がりです。
すぐよりも、しばらくおいた方が味がなじんで美味しいです。
作り置きにしても簡単副菜として使えます!
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (405)

最近は野菜だけ料理が続いていたので、
たまにはお肉も、ということで、でも豆腐も入っておりますが、
「豆腐と鶏肉の海苔巻きつくね醤油七味風味」のご紹介でございます。
これを作るきっかけは、ある料理サイトを見ていたら
似たような照り焼き系鶏のつくねばかりレシピアップされていたので、
なんで照り焼き系ばかりなんだろう、と不思議だったこと。
甘辛も美味しいけどあっさり塩系醤油系も美味しいですからね。
それでちょっと別味のあっさりつくねを考えてみようかな、と。
で、何度も試作して出来た味噌とマヨネーズとチーズを混ぜた
しそ入り豚つくねはクックパッドで以前ご紹介させていただいていたので。
Cpicon しそ入り味噌マヨチーズ入り和風豚つくね by ルロワ・モワ
それとはまったく違う味のもの、と思いついたのが、
海苔巻きにして醤油七味風味にしたちょっとおせんべいチックな豆腐つくね。
でも最初の試作では、中に七味を混ぜたら七味の味が弱くなっちゃったのです。
なので二度目試作ではつくねはシンプルな薄い塩味だけにして、
焼き上がりの最後に少~しだけ醤油をたらして焦がし醤油風。
あ~んど、出来上がりに七味をかけてみたら、
こっちの方が七味がしっかりきいて美味しかったんです。
これでも結構細々いろいろとやってみているんですよ。へへへ。
で、これはおかずにもいいけどおつまみにもイケます♪
日本酒にも合いそうです~。ああ、ポンシュ飲みたい!
久しぶりにオペラのアジア食品屋さんで冷酒買ってこようかな。
うん。そうしようそうしよう。
調理ポイントは柔らかめのつくねたねなので、
手で丸めずスプーンですくって海苔の上にのせて巻いて、
どんどんフライパンに入れて焼いちゃうこと。これ丸めより簡単なくらいです。
ということで、この海苔巻きつくねシリーズ、鶏でも豚でも、
いろいろ味のアレンジできそうなので美味しいのできたら、
またご紹介させていただこうと思っております。
それとちょびっとレシピがたまっているので、
この後続けてレシピコーナーパート2を更新したいと思います。
あ、フランス対ウルグアイ戦ですけど大丈夫。
しっかり観るために昨夜記事書きがんばりやした!
予約投稿です!キリッ。しかしちょっと鼻ふがっ。
どっちかなぁ。どっちも応援したいなぁ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(8個分くらい)
★木綿豆腐100g ★鶏ひき肉100g ★酒小1 ★ネギのみじん切り10g ★しょうがのすりおろし1かけ分 ★塩小1/4 ★胡椒少々 ★片栗粉大1 ・焼き海苔を8等分に切ったもの ・サラダ油小1(ゴマ油でも美味しいです) ・醤油小1弱 ・七味唐辛子適量 

作り方
★をよく混ぜスプーンで8等分に分けておく。
フライパンを中火よりやや強めで温め、サラダ油をしく。
タネをスプーンですくって海苔にのっけるように巻き、
フライパンにどんどん入れていく。
両面色よく焼けたら鍋肌から醤油を回しかけ、ゆすってつくね全体になじませる。
皿に盛り、七味を振りかけて出来上がりです。
…………………………………………………………………………
それではわたくし応援準備態勢に入らせていただきたいと存じます。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (441)
現在フランス対アルゼンチン戦を観ながら更新しようとしております。
アルゼンチンも入れたから同点ですよ!
どうなるどうなる?(ま、グリーズマンしか知らないスーパーにわかだけど)
でも今は休憩タイムでちょうどCFでグリーズマンがおとぼけモードで主演中。
外は人っ子一人通りませんで、皆さん、家で試合を観戦している模様。
日本対ベルギー戦は月曜日なんですよね。
その前に家事と仕事一通り終わらせて準備しておかなくちゃだわ!
さてさて、金曜日に作った素麺がと~っても美味しかったので、
なんか日本もう梅雨が明けたとのことで、
一気に暑くなったらさっぱり素麺よいかも、と思い、
日曜なのですが急遽レシピコーナーでして、
「辛しうまし!ピーマンと青唐辛子麺つゆの素麺」のご紹介です。
これを作るきっかけは少し前にご紹介させていただいたコチラ。
辛しうまし!ピーマンと青唐辛子の醤油だけ炒め&冷奴」
のちょっと残ったのを素麺にのせて食べてみたら美味しかったので、
一応、のっけスタイルとつけ麺スタイル両方やってみたら、
つけ麺スタイルの方がずっと美味しかったのでこの形でのご紹介となりました。
ここのところあっさりさっぱりレシピご紹介が多かったのですが、
これは素麺なのでさっぱりしながらもピーマンと青唐辛子麺つゆに
ほどよいコクと辛みがあるので、野菜だけでも物足りなさ感はないと思います。
美味しくてすぐ完食しちゃうかもしれません。私と旦那はそうでした♪
旦那は最近ますます辛いの大丈夫になってきて、
私の方が、辛いねぇ、って言ってるくらいです~。
FotoJet (442)
調理ポイントは、麺つゆは少し濃いめにすること。
それと生姜、紫蘇、かつお節の香味、風味をプラスしたらさらに美味しかったので、
お好みでトッピングしていただけるとよいと思います。
生青唐辛子がなければ乾燥赤唐辛子を使っていただいてもOK。
でもでも生青唐辛子うましです♪旬ですしね。
(今回は買った生青唐辛子に生赤唐辛子も混じっていたので使用してみました)
それでは材料と作り方です。
ってか、ジャポン梅雨明けめっちゃ早っ!!
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ピーマンの千切り150g ・青唐辛子の千切り4本分~(または赤唐辛子をお好み量) ・ゴマ油大1 ・少し濃いめの麺つゆ100ml×2 ・素麺2人分 ・生姜のすりおろし適量 ・紫蘇の千切り適量 ・かつおぶし適量
※フランスの青唐辛子は小さめです。量はお好みで加減してください。

作り方
フライパンを中火よりやや強めの火で温め、
ゴマ油をなじませピーマンと青唐辛子を炒める。しんなりしたらOK。
素麺を茹で、水洗いし、しっかりぬめりをとる。
麺つゆを器に100mlずつ入れ、
①のピーマンと青唐辛子炒めを半量ずつ入れ、生姜をのせる。
別皿に素麺を盛り、紫蘇を散らし、かつおぶしをのせて出来上がり。
つゆにつけながらいただいてください。美味しいよ~!
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ