和食

ジレジョーヌの12週目のデモが2月2日、
パリではレピュブリックを中心に行われました。
エマニュエル・マクロン大統領は討論会を続けており、
ジレジョーヌは警察から受けた暴力を全面に押し出し中。
フランス国民はもうこの状況に慣れた感じ?
でもマクロンにとっては山は完全に超えた感じで、
まだ若い&だから?終えたくない、というのがあるのか、
思った以上にしぶとかったです。
Foto (262)
ということで、簡単な炒めもののご紹介でして
「レタスとベーコンの黒胡椒炒め」でございます。
サラダに使って残っていた、少し固めのレタスの内側があったので、
手っ取り早くささっと炒めたら、意外に美味しく出来た1品です。
旦那も一口食べて「oishii!」と即お気に入り。
旦那が好きな黒胡椒をたっぷり使ったのが良かったらしい。
ほんとたっぷり使ってるんです。粒をつぶしたやつと仕上げにもガリガリっと。
でも、これが美味しさポイント♪
胡椒は消化や、血行促進、抗菌、高血圧の改善にも
効果があるということなのでたまには多めもよいと思います。
お子様は召し上がれませんが大人さんには、おつまみにもおかずにもピッタリ。
でもお酒のおつまみにしちゃったら、高血圧にはあれかなぁ。
ま、そこのところは体調や気分に合わせてくださいませ。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・芯もそのままで大きめのざく切りにしたレタス240g ・包丁の背でつぶしたにんにく2個 ・短冊切りにしたベーコン50g ・ビニール袋に入れて瓶底などでつぶした黒胡椒小1 ・オリーブオイル大3 ・酒大3 ・醤油大1くらい ・みりん大1・ 味をみて足らなけれな塩少々  ・仕上げに粗びき黒胡椒適量

作り方
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れやや強めの火にかけ炒める。
香りがたったらベーコンを入れさっと炒め合わせる。
レタスを入れさっと炒め、油がまわったら酒を振り入れる。
蓋をして中火で2分くらい蒸し煮にする。蓋をとって
つぶした黒胡椒を入れさっと混ぜ、醤油とみりんも入れて混ぜ、火からおろす。
皿に盛りさらに粗びき黒胡椒をガリガリして出来上がりです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (803)

クリスマスだというのにおうどんレシピのご紹介で~す。
と言いますのも、クリスマスはフランスでは一年で一番大事な日。
わたくしも今日明日の2日間ご馳走作りがんばんなくちゃなんです。
なので、すでにレシピを書いておいたこのおうどんさんを持ってきたというわけです。
でもぜんぜん面倒くさくないですよ。旦那はぜんぜん手伝ってくれないけど、
ぜんぜん面倒くさくない。2時間かけて作っても旦那の胃にあっちゅう間に入るけど、
ぜんぜん面倒くさくないです。ええええ。それに他のフランス家庭のお宅では、
普段離れて暮らしている家族もクリスマスは集合!が多いので大移動があったりも。
でも、うちの旦那家族は仲はほどよく良いけど、そういうのなしファミリー。
なので移動がないだけでもありがたいと思わなくちゃです。
ま、旦那パパさんが恋人と暮らしていて
子供子供孫ちゃん孫ちゃんということがないのも大きいと思いますが。
さすがアムールの国のお人でございます。
ということで、調理ポイントです。そうですねぇ。簡単だしないかも。
でもわかめ、美味しいのでぜひ入れてください♪
わかめってクリーム系にも合うんです。
あと、豆乳じゃなくて牛乳でももちろんOKです。
それから鶏肉をしゃぶしゃぶ用の豚肉にしても美味しいと思います。
旦那も美味しい、とつるつるっと食べて汁も全部飲み干しました。
結婚当初は日本の麺類は音をたてずに食べておりましたが、
日本の麺は音をたてていただくスタイルよ、と言ったので
今ではつるつるっと、ラーメンはずずずっと食べております。
でもスパゲティーもそれやったので、それはアカン!と注意しました。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ネギのざく切り150g(白いとこ青いとこも) ・乾燥わかめ大2~3を水で戻してざく切りにしたもの ・鶏のささ身または胸肉のそぎ切り100g(塩少々、酒小1、薄力粉小1をまぶしておく) ・ゴマ油大3  ・薄力粉大2 ・水400ml ・和風だし小2(またはめんつゆでもOK) ・赤唐辛子の輪切りお好み量 ★豆乳300ml ★味噌大1 ★醤油大1 ★みりん大1 ★塩適量 ・ゆでうどん2人分 ・白炒りゴマ少々 ・ラー油お好み量

作り方
鍋にゴマ油をしき中火にかけ、ネギをしんなりするまで炒める。
薄力粉を振り入れさっと炒め合わせ、水と和風だし、赤唐辛子を入れ火を強め、
沸騰したら★とわかめを入れ、沸騰させないように火を調節しながら軽く煮る、
鶏肉をほぐしながら入れ、さっと火を通したらうどんも加え、うどんが温まればOK。
器に盛り、お好みで白炒りゴマとラー油をかけて出来上がりです。

おうどんレシピでぜんぜんクリスマスっぽくないですが、
よいクリスマスを🎄
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (884)

今日は年末におすすめの「鶏肉と干し椎茸の南蛮つけそば」のご紹介です。
実は少し前に作っていて、すごく美味しかったので、
これは年越しそばにおすすめだな、と思って、
ちょっとレシピを寝かせておきました~。
鴨南蛮はもちろん、鶏南蛮そばもいろんな方のレシピがありますが、
今回は旦那も私も大好きで、フランス人たちも美味しいという確率が高い、
干し椎茸を戻し汁ごとたっぷり使っています。
この風味のある甘辛つけ汁が美味しいんです♪
調理ポイントは鶏肉に薄力粉を少しまぶしていること。
これで汁にほんのりだけとろみがついておそばにからみます。
でもほんとほんのりです。
自分はおかず系の甘い味付けがそれほど好きじゃないのですが、
これはほどよい「甘辛」なとこが美味しいです!
赤唐辛子を抜けばお子さまにも喜んでいただけると思います。
それと鶏肉は今回は胸肉を使っておりますが、もも肉でももちろんOK。
胸肉だとあっさりめ、もも肉だとコク感がぐぐんと増えると思います。
我が家も年越しそばはこれにする予定。あとは鍋かなぁ。豚しゃぶ?
うわ、最高!ってかそれじゃ肉×肉じゃないか!
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・そぎ切りにした鶏肉120g(今回は胸肉仕用) ・干し椎茸15gを450mlの水で戻して薄切りにしたもの(戻し汁も全部使います) ・ネギ120gを3㎝くらいに切ったもの ・酒大1と薄力粉大1 ・サラダ油大1+大1 ★チキンブイヨン1個 ★醤油大3 ★みりん大2 ★きび砂糖または砂糖大1 ★お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・そば2人分 ・海苔適量

作り方
鶏肉に酒大1をもみこみ薄力粉大1もまぶしておく。
鍋を中火にかけサラダ油大1をしきネギを入れてこんがり焼き、一度取り出しておく。
同じ鍋にサラダ油大1を足し、鶏肉を入れ両面焼く。
干し椎茸の戻し汁と干し椎茸を入れ強火にして、
アクが出たらさっと取り★とネギを入れ2~3分煮る。これでつけ汁はOK。
そばを表示通りゆで流水で洗い水気をしっかり切る。皿に盛り海苔をかける。
②を(冷でも温でも)器に入れおそばを添えて出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (882)

今日ご紹介は「レンジで簡単さつまいもと卵の味噌マヨサラダ」でございます。
さつまいもと玉ねぎのお味噌汁が大好きでよく作ってるんです。
で、この組み合わせをサラダにアレンジしてもいけるのではないか、
と思いつき作ってみたら、とても美味しく出来まして、
旦那も気に入って、また食べたいと自分でさつまいもを買ってきたくらい。
なので2週続けて作って2人ですぐ食べちゃいました。
調理ポイントは、今回レンジで作ったのですが、
切ったさつまいもはさっと水にくぐらせて
そのままふわっとラップして加熱すること。
水にくぐらせないとぱさぱさになっちゃいますのでね。
あとは辛みをとった玉ねぎとゆで卵と(これは予め作っておいてください)
調味料を混ぜるだけ。そして仕上げに七味唐辛子!
さつまいものお味噌汁も七味をかけるとぐぐんと美味しくなるので、
これもかけた方がイケます♪しかもちょっとたっぷりめに♡
今じゃ辛いのぜんぜん大丈夫な旦那もたっぷりめがお好みのよう。
我が家の七味は大袋なのですがそれも旦那が買ってきたものなんですよ。
フランス人も訓練?すれば辛いのが食べれるようになる、という例でございます。
材料少なでしっかりおかずにもおつまみにもなるし
多めに作って常備菜にしてもよいと思います。
今が一番美味しいさつまいも。ちゃちゃっとお試しいただけたら嬉しいです。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・皮をむいて小さな一口大に切ったさつまいも300g ・ゆで卵のみじん切り2個分 ・水にさらして辛みをとった玉ねぎの薄切り70g ★マヨネーズ大4くらい ★味噌小2くらい ★醤油小1/2 ★きび砂糖か砂糖小2/3 ★レモン汁1/2個分 ・七味唐辛子お好み量

作り方
さつまいもは一度さっと水にくぐらせ、濡れたまま耐熱容器に入れ、
ふわっとラップをかけ4~5分加熱する。
柔らかくなったらOK。少し置いて冷ます。
①にゆで卵、玉ねぎ、★を味を見ながらお好み量入れ混ぜる。
器に盛り、七味唐辛子をかけ、あれば彩のハーブを飾って出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (867)

フランスでも連日カルロス・ゴーン会長のニュースが流れております。
想像もつかない金額のお給料ですが、欲張りが過ぎてます~。
ということで残念なお話はあっちに置いて、今日は超簡単和食レシピで、
「シンプルなカブのとろり柚子胡椒煮」でございます。
カブは生でいただくことが多いのですが、
なんか優しい味わいでシンプルな煮物を食べたくてちゃちゃっと作ってみたら、
いやあ、煮たかぶもうまし。煮物があまり好きじゃない旦那も、oishii~って。
旦那はほっこりという言葉は知らないのですが、
顔からしてほっこりしていましたよ。
最近パリもぐぐんと寒くなってきましたしね。
調理ポイントはあえて醤油は使わないこと。
調味料は酒、みりん、そして柚子胡椒の3つだけ。
なのでだしはしっかりめの美味しいのがおすすめです。
我が家は茅乃舎のだしパック使い。
ちょうど1パックにつき400mlでぴったりでした。
そのしっかりだしで30分くらいゆっくり煮ることもポイント。
柔らかいカブに片栗粉でとろみをつけた
ほんのり柚子胡椒風味のだしがとろりとからみます。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいてくし型に切ったカブ350gくらい ・だし汁400ml ★酒大1 ★みりん大1 ・片栗粉小2 ・柚子胡椒小1~(お好み量)+仕上げ用に少々 

作り方
鍋にだし汁、かぶ、★を入れ、火にかけ、
煮立ったら中火にして蓋をし30分くらいゆっくり煮る。
十分柔らかく煮えたら火からおろして冷まし、味をふくませる。
片栗粉を混ぜてまた火にかけ、とろみがついたら、
味をみながら柚子胡椒をお好み量混ぜる。
器に盛り、彩もかねお好みで柚子胡椒をほんの少しのせて出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ