フレンチ

R0010976 - コピー
本日のレシピパート①のご紹介で、
「海老とアボカドとフルーツのご馳走サラダ」です。
先週パリのパラスホテル(5つ星の最高級ホテル)に行っ…いや、行ってないのですが、
ある方のブログで、パリの某パラスホテルのサラダの写真を見たら、
めちゃくちゃ綺麗で美味しそうだったんです。
しかも、わたくしの大好きな海老入り。
で、これ食べたい!と思い、家で作ってみたのです。
なので再現は実は見ためだけなんですよねぇ~。
あちゃ~、思った方、申し訳ないっス。でもでも美味しく出来ました!
具材は写真で見たらだいたいわかるのだけどドレッシングが分からなかったので、
ここはmoiちゃんオリジナルの、ヨーグルトレモンハチミツドレッシングを。
これが海老の風味やまったりとしたアボカド、桃やキーウィの甘さに合います。
調理ポイントは切って盛り付けてドレッシングをかけるだけなのでありません。
海老をスモークサーモンやお刺身用の鯛、生ハムなんかにしても美味しいと思います。
それと桃とキーウィをメロンやオレンジ、苺に変えていただいてもOK。
(実はお店のはメロンだったのですがメロンが苦手なので変更しました)
おしゃれで華やかなのでおもてなしにもよいかと思います。
仕上げに彩りを兼ねてお店ではかかっていないピンクペッパーをかけましたが、
なくてもぜんぜんOK。でももしあったら少しかけると風味のアクセントになります。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・レタスのざく切り2つかみ ・完熟アボカド1個(レモン汁大さじ1) ・完熟の桃1個 ・完熟キーウィ1個 ・プチトマト6個くらい ・ラディッシュ2個 ・殻をむいて背ワタをとった茹で海老7~8尾 ★EXVオリーブオイル大さじ4 ★白ワインヴィネガー大さじ1と1/2 ★レモン汁大さじ1 ★プレーンヨーグルト大さじ1 ★玉ねぎのすりおろし小さじ1 ★ハチミツ小さじ1/2 ★塩と胡椒適量 ・もしあればピンクペッパー少々

作り方
アボカドは皮と種をとり、くし形に切り、レモン汁を振りかけておく。
桃は皮が気になる場合はむき、種をとり、一口大に切る。
(皮と実の間が一番甘いので気にならない方はそのまま使ってください)
キーウィは皮をむき、薄切りにする。
プチトマトは半分に切る。ラディッシュは薄切りにする。
★をよく混ぜ合わせておく。
大きめの皿にレタスをこんもりと盛る。
その上にアボカド、桃、キーウィ、プチトマト、ラディッシュ、海老を綺麗に散らす。
もしあればピンクペッパーをつぶしながらかける。
いただく直前にヨーグルトレモンハチミツドレッシングをかけて召し上がれ~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0008801 - コピー
この時にご紹介させていただいた、
週末ごはん夏のお魚コース
TVでシェフさんが紹介なさっていたレシピを、
簡単に近い1品が出来るよう挑戦してみました。
「魚のラタトゥイユ添え、レモンバターヴィネガーソース」です。
シェフさんは魚、ラタトゥイユ、ソースの3つを別々で作っていらっしゃったのですが、
材料を手軽なもののみにし、フライパン1つとレンジで超簡単にしてみました。
大丈夫。家でいただく1品としてはなかなか美味しいと思います!
調理ポイントは、魚&ラタトィユは定番ですが、ここに、
レンジ加熱だけの超簡単な酸味の効いたソースをプラスすること。
これがほんのりとアクセントになるのです。
この、白ワインヴィネガー、レモン汁、バターの3つだけソースは
シェフさんソースとは違いまして、一応わたくしのオリジナルです。
それと、魚に切れ目を入れてニンニクをはさむのですが、
超薄切りを使うこと。香りが少し出るくらいで十分なんです。
なので薄い紙くらいに切って、ちょっとだけはさんでくださいませ。
シェフさんレシピではお魚は赤ヒメジだったので、
もちろん赤ヒメジでもいいですし、他の白身のお魚でも、
どうぞあるものを利用なさってください。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・新鮮なタラ2切れ200g ・極薄切りのニンニク6枚 ・オリーブオイル大さじ2+大さじ2 ・トマトの粗みじん100g ・小さな角切りにしたパプリカ50g ・小さな角切りにしたズッキーニ50g ・玉ねぎの粗みじん50g ・塩胡椒適量 ・白ワインまたは酒25ml ★白ワインヴィネガー大さじ1/2 ★レモン汁大さじ1/2 ★バター7g ★塩少々

作り方
タラに塩を振り15分おき、出てきた水分をキッチンペーパーで優しくとる。
包丁で三か所、小さな切れ目を入れ、その間にニンニクをはさむ。軽く塩胡椒する。
フライパンを中火よりやや強めの火で温め、
オリーブオイル大さじ2をなじませ、タラを両面こんがり焼き、いったん皿にとる。
(後で軽く蒸し煮にするので焼き色だけでつけばOK) 
同じフライパンをキッチンペーパーで軽くふき、オリーブオイル大さじ2をなじませる。
玉ねぎを入れ、中火よりやや強めの火で、甘味が出るまでしっかり炒める。
パプリカとズッキーニを入れ、しんなりするまで炒める。
トマトを入れ炒め、トマトが軽く崩れてきたら、軽く塩胡椒をして、
ふたをし、中火にして4、5分蒸し煮にする。
野菜が十分柔らかくなったら、もう一度味を見て塩胡椒をする。
野菜を横に寄せて、空いたところにタラを入れる。
白ワインを振り、火を少し強めにしてふたをし、
1分から1分半くらい、タラに火が通るまで蒸し煮にする。
火が通ればタラとラタトィユは出来上がり。
すぐ火を止めておく。
※魚によって火の通りが違ってくるので蒸し時間を調節してください。
耐熱OKの器に★を入れ、20秒くらいレンジで加熱する。
バターが溶ければOK。レモンバターヴィネガーソースの出来上がり。
皿にラタトィユをしき、その上にタラをのせる。
レモンバターヴィネガーソースを少しかけて出来上がりです。

はじめからたくさんかけず召し上がってみてお好みで加減してください。
彩にまわりに野菜を飾りましたがなくてもぜんぜんいいです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009530 - コピー
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
今週、フランスはカニキュール(三日以上続く猛暑)が来ていて、
きついことになっております。
パリは秋冬はもちろん、春夏でも涼しいことの方が多いので、
とにかく暑さは人間動物もわんこたちも身体に堪えます。
私も日本の暑さを知っていたはずなのに、
やはり住んでる地域の風土に慣れるというのがあるんですねぇ。
今週はとたんに食欲をなくし、料理もとにかく
なるべく超簡単なものになっております。
ということで火を使わず、旬のキュウリを使ってサンドイッチを作りました。
もう書きましたけど、本当に食欲がなくて、
でも自分レシピなので味見だけはしっかり、と、
一切れ食べたのですが。
美味しくて結局3切れ食べてしまいました~。
食欲ない、言ってて恥ずかすぃ。ぷぷ。
旦那も一口食べて、す~ぐ、美味しい♪って出ました!
調理ポイントは、ネギを入れること。
実は少し前にご紹介させていただいたこのレシピで。
アボガドとクリームチーズとネギのわさび和え、海苔添え
クリームチーズ&ネギ、合うなぁ、って思ったので、
このサンドイッチが思いついたのです。
キュウリのサンドイッチは超ポピュラーですが、
キュウリ&クリームチーズ&ネギの組み合わせは
検索してもなかったのでちゃんとオリジナルです。
パンはお好きなもの、あるものを利用なさっていただいていいのですが、
この具には柔らかめのパンが合うかな、と思います。
それと、日本のキュウリよりも水分がずっと多い
フランスのキュウリも今回はそのまま使っております。
ただし塩胡椒して置いた後、キッチンペーパーではさんで、
しっかり水分を吸い取ってあります。
これ、かなり大事ポイントです。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………

材料(2人分)
・キュウリ100g ・クリームチーズ40g ・細ネギまたはわけぎ、シブレットの輪切り大さじ4くらい ・バター15g ・サンドイッチ用食パン4枚(お好きなパンでどうぞ) ・塩胡椒少々

作り方
キュウリはスライサーで薄い輪切りにする。
塩胡椒を軽く振って10分くらい置き、
出てきた水分をキッチンペーパーではさんでしっかりとる。
キュウリを置いている間に、
クリームチーズとネギを混ぜておく。
パン4枚の片面にバターを薄く塗る。
2枚にキュウリを均等に並べる。
残りの2枚にネギ入りクリームチーズを均等に塗る。
キュウリを並べたパンにクリームチーズを塗ったパンをかぶせ、
サンドイッチを2つ作る。
お好きな大きさに切っていただいて、
お皿に盛って出来上がりです。

………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!
旧炉

R0008808 - コピー
夏らしい簡単サラダのご紹介で、
「海老とキャベツとコーンのアボガドマヨソース和え」です。
タイトルにも書いておりますが、かなり美味しいです♪
海老好きアボガド好きはたまらんと思います。
でも実ははじめはまずアボガドをゴロっと使うのではない、
アボガドを細かくしてソースにする、が思いつきまして、
とりあえず野菜だけで作ったのですが。
これは海老を入れた方が断然いいだろう、思い、
海老プラスで再チャレンジ。
そうしたらやっぱり海老のうまみが
アボガドマヨソース&野菜にからんでうまっ!
成功だ~!と。そして念のため、
アボガドマヨソース&茹で海老のレシピを検索したら、
揚げた海老使いレシピと、焼いた海老使いレシピは2つありましたが、
野菜もたっぷり入れるサラダ仕立てはなかったので大丈夫。ほっ。
調理ポイントはアボガドは必ず完熟を使うこと。
あとは混ぜるだけなのでありません。
あ!欧米でしたらキャベツは柔らかいちりめんキャベツをお使いください。
普通のキャベツは煮込みに向いていて硬いのでね。
私もパリに来た当初はあんな硬いと思わなくて、
キャベツ料理の失敗がありました~。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・千切りキャベツ150g ・水にさらして辛みをとった赤玉ねぎのみじん切り50g(普通玉ねぎでも新玉ねぎでも白玉ねぎでもOK) ・プチトマト10個を半分に切ったもの ・殻と背ワタをとった茹で海老8尾くらい  ・コーン1/2カップくらい ・完熟のアボガド(小使用) ・EXVオリーブオイル大さじ1 ★マヨネーズ大さじ2 ★レモン汁大さじ1と1/2 ★きび砂糖または砂糖ひとつまみ ・塩と粗びき黒胡椒適量 ・仕上げのレモン汁大さじ1

作り方
アボガドの皮と種をとり、包丁で粗みじんにする。
ボール等に入れて、★を混ぜ、アボガドマヨソースを作っておく。
ボールにキャベツを入れ、EXVオリーブオイルを入れなじませる。
玉ねぎのみじん切り、プチトマト、コーン、海老を入れ、
①のアボガドマヨソースを入れ混ぜる。
味を見て足らなければ塩をし、粗びき黒胡椒をお好み量入れる。
仕上げにレモン汁をさっと混ぜ、出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

鶏肉とズッキーニのトロトロ炒め煮
さてさて、このお店でいただいた、
アットホームな雰囲気で美味しい13区の隠れ家ワインビストロ
鶏肉にズッキーニの付け合わせの1皿を両方合わせちゃって、
フライパン1つでお手軽な炒め煮の1品にしてみまして、
「鶏肉とズッキーニと玉ねぎのトロトロ炒め煮」のご紹介です。
もう先に言っちまいますね。地味な見た目ですが
め~ちゃ美味しいです!箸が止まりません!
特別な調味料はなんも使っておりませんし、
ただ具材を順に炒めて煮るだけなのですけどねぇ。
あっさりとした野菜と鶏肉の美味しさがぐぐぐぐぐ~んと出ておりまして、
昔は珍しいお野菜だったけど、今はすっかり庶民派になった
ズッキーニの美味しさを改めて感じる1品。
調理ポイントは具材を順に炒めては煮ること。
この料理のポイントはとろとろっとしたズッキーニ。
これが甘くなった炒め玉ねぎと薄力粉をはたいて
柔らかく火が通った鶏肉と合うんです。
なのでとにかく炒めて煮てね♡
あ、玉ねぎなのですが、ビストロでは甘みが強い赤玉ねぎだったので
私も赤玉ねぎを使いましたが、もちろん普通玉ねぎでも大丈夫です。
新玉ねぎも甘いのでグッド。
欧米にお住まいの方でしたら白玉ねぎも美味しいです。
玉ねぎ、身体にいいからどんどん食べちまいましょう♪
それでは簡単ですが材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・そぎ切りにした鶏むね肉100g(塩胡椒少々、酒大さじ1、薄力粉大さじ1) ・赤玉ねぎの角切り130g ・ズッキーニの乱切り260g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・オリーブオイル大さじ3 ・酒または辛口白ワイン50ml ・水25ml ・鶏のブイヨン1個 ・塩胡椒適量 ・醤油大さじ2/3

作り方
鶏肉に()のものを混ぜておく。
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、中火よりやや強めの火にかけ、
炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ、こげないようよく混ぜながら、
4分くらい炒め、十分に甘味を引き出す。
ズッキーニを加え、3分くらい炒めたら、酒と水、崩した鶏ブイヨン、塩胡椒を軽くし、
さっと混ぜてふたをし、10分くらい蒸し煮にする。
いったんふたを取り、醤油を混ぜ、またふたをし、5分くらい煮る。
ふたを取り、鶏肉を均等にのせ、またふたをし、3分くらい、
鶏に火が通るまで蒸し煮にする。
ふたを取り、味を見て足らなければ塩胡椒を足す。
お皿に盛って出来上がりです。
あまりにも地味なので彩にピンクペッパーを散らしましたがなくてOK。
でもかけるとアクセントになってこれもイケます。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ