フレンチ

FotoJet (126)
今朝も気持ちのよい青空が広がっているこちらパリでございます♪
青空っていうだけでな~んでこんなに清々しい気分になるのでしょうか。
お天気の力、すごい。
さて木曜レシピコーナーでございまして、これからはキノコが美味しい季節。
で、キノコのレシピをちょこちょこ考えてみようかな、と思っておりまして、
まずはフランスでお手軽食材のマッシュルームを使って本日は、
「生マッシュルームとソテーマッシュルームのガーリック風味混ぜごはん」
のご紹介です。
またまず言っちまいますが、超~簡単ですが、そのわりに美味しくて、
そして、仕上げにトリュフのようにスライサーでごはんにかける生マッシュルームが
トリュフと図と重なってまたちょっとスペシャルでリッチな気分。
でも、ま、トリュフじゃないんですけどね。へへ。
調理ポイントは、ソテーマッシュルームを作る時に出て来る水分を飛ばすこと、
そしてこれを混ぜたごはんは薄味気味に仕上げ、
生マッシュルームとパクチーを散らしたあと、最後の仕上げに、
粗びき黒胡椒とお塩をぱらぱらっとかけること。
これで全体の風味と塩気がちょうどよくなって
ソテー&生のマッシュルームの風味も引き立ちます。
あ、それと何気にパクチーとか書いちゃいましたけど、またまたパクチーの登場で~す。
でもパクチー苦手な方はパセリでも青ネギでもぜんぜんOK。
で、お好きな方はどうぞパクチーで召し上がってみてください。
マッシュルームとパクチーって合うんですよ!
あ、それからも1つお伝えしておかなくては。
御存知の方もいらっしゃると思うのですが、
新鮮なマッシュルームは生でも食べれるんです。フランスでは生でもよくいただきます。
火を通したものとまったく違って独特な食感でこれが不思議美味しいんです。
それでは材料と作り方です。
温かいごはんがあれば10分くらいで出来ちゃいます♪
……………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・軸を少し切った新鮮なマッシュルーム120~130gのうち2個を別にして他を全部大きめ粗みじんにしたもの ・ニンニクのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ 
・オリーブオイル大1と1/2 ・パクチーの葉と茎を分けそれぞれを粗みじんにしたもの15gくらい ・塩胡椒適量 ・温かいごはん2杯 ・仕上げ用粗びき黒胡椒といいお塩少々

作り方
フライパンにオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れ、中火にかけ炒め、
香りがたったら粗みじんにしたマッシュルームを入れ、炒め、
水分が出てきたらその水分がなくなるまで炒め、
パクチーの茎を加えさっと炒め、軽く塩胡椒をして、火からおろす。
ボールに温かいごはんを入れ、①の炒めたガーリックマッシュルームを入れ、
さっと混ぜ、味を見ながら軽く塩胡椒をする。
お皿に盛り、とっておいた別マッシュルームをごはんの上にスライサ―でスライスし、
パクチーを散らし、最後にいいお塩と粗びき黒胡椒を軽くふりかけ出来上がりです。
FotoJet (127)
今回はあえて動物性のものはぬいてベジタリアンレシピにしましたが、
温かいごはんにバターをちょっと、またはバターとお醤油をちょっとだけ
入れていただいても美味しく召し上がっていただけるかと思います。
あ、ちょっとサラミか生ハムを散らしても美味しそうですね~。
お好みや体調に合わせてチョイスなさってください。
……………………………………………………………………………………
あ~んど。
マッシュルームとパクチーを使った他のレシピも
併せてご紹介させておいていただきますね。
大好評いただいております→Cpicon 生マッシュルームとコリアンダーのサラダ by milketmoi
パンに合います→Cpicon マッシュルームとコリアンダーのアヒージョ by milketmoi
簡単です→和えるだけ。生マッシュルームとコリアンダーのファルファッレ

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (45) - Copie
今日は水曜日ですが、ネクタリンの旬の時期がギリギリなので、
週末に作ったネクタリンの1品を急いでご紹介でして、
「カニとネクタリンのタルタル」です。
魚介と果物の組み合わせはフランス定番で我が家も大好き。
で、マルシェのムッシューのとこで買ったネクタリンが1個残っていたので、
簡単な前菜の1品にしようと思い、何を合わせようかなとまず缶詰棚を眺めたら、
ツナ缶、サバ缶、イワシ缶、エビ缶、なんかに紛れて1つだけあったカニ缶さん。
で、あ、これにしよう♪って。
もうですね、カニが美味しいので大丈夫です美味しいです。
調理ポイントですが、完熟の甘いネクタリンを使うこと。または桃でもOKです。
そしてその甘さを引きたてるために薄塩ではなくしょっぱめでもなく、
でもちゃんと塩味をつけること。
スイカの甘さを引き立てる塩、とちょっと一緒でしょうか。
それと今ジャポンでは「香り箱」っていう本物のカニみたいなカニカマがあるそうで、
カニ缶高いので、その「香り箱」の細かく切ったものでも美味しいかも、
なんて思っております。でもなんせいただいたことがないので想像なのですが。
普通カニカマだと微妙な味わいになるかもなのでやめておいてくださいね
いいなぁ、食べてみたいなぁ。びっくりしたいなぁ。
フランスでもカニカマは「SURIMI」として超ポピュラーなのですが、
味は安っぽいのでその「香り箱」が販売されたら売れるんじゃないでしょうか?!
それでは切って混ぜるだけですが材料と作り方で~す。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)

・水気を切って軽くほぐしたカニ缶60g ・ネクタリンまたは桃の小さな角切り80g 
・水にさらして辛味をとった玉ねぎのみじん切り大1 ・ケッパー小1 
★EXVオリーブオイル大2 ★レモン汁大1 ★白バルサミコ酢大1/2または白ワインヴィネガー大1/2+きび砂糖ひとつまみ ★塩胡椒適量 ★あればイタリアンパセリやミント、バジルなどのフレッシュハーブのみじん切り小1 
・マヨソース(マヨネーズ+白バリサミコ酢を混ぜたもの。またはマヨネーズに白ワインヴィネガーとハチミツ少々を混ぜたもの) ・あればバルサミコクリーム少々 

作り方
材料を切る、マヨソースを作るなどの準備をしておく。
ボールにカニ、ネクタリン、玉ねぎ、ケッパー、あればハーブ、
味を見ながら★を入れ優しく混ぜる。
平皿を用意し、あればセルクル、なければ小さな器を使って、
皿の真ん中に②のタルタルを置く。
スプーンを使ってタルタルの周りにマヨソースを丸型におき、
あればバルサミコクリームで小さめのマル型も描き、
つまようじの先で適当にさっと2種を混ぜる。
マヨソースだけでしたらスプーンで周りに添えればOKです。
ほんのり甘酸っぱいマヨソースにつけながら召し上がってくださいね。

あ~んど。
他のタルタルレシピも併せてご紹介させておいていただきますね。
すべてあっさりでおいしゅうございます。
Cpicon 2種サーモンのタルタル*薄切りパン添え by milketmoi
ゆで鶏と桃とミントのタルタル 
スモークサーモンとアボガドと青りんごのタルタル
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (13) - Copie

昨日からぐぐんと気温が下がって雰囲気もなのですが、
秋が、ほんと秋がやって来たパリとなっております。
結局今年の夏は、6月に1度カニキュールがやって来たあとはずっと涼しめで、
8月は特にお天気に恵まれなかった夏。
でも14歳になったチワワっ子坊やのことを考えると暑くなくてよかったなぁ、と。
パリの秋(と冬)は正直今はあまり好きじゃないのですが、
坊やは今日もお庭を元気に走り回っていて、
皆でまた1つ新しい季節を迎えられて幸せでございます♡
ベベっ子たちと暮らすようになってから、私の幸せって、
自分に何かいいことがあっての幸せよりも、
べべっ子たちが元気で嬉しそう楽しそうなのが一番になりました。
これって自分の人生にとって大きなプラスだなぁ、
いつまでも自分自分だと気づけないことがたくさんあったなぁ、と思っています。
ということで、昨日木曜にレシピご紹介出来なかったので金曜レシピコーナーでして、
「豆腐とアボガドのオープンオムレツ、ほんのりゴマ油にんにく風味」のご紹介です。
まずもう言わせてくださいませ。これとっても美味しいです♪
なんとなく買っておいたかためアボガドが思っていたよりもすぐ熟していまして、
食べなくちゃ、思い、中途半端に残っていたお豆腐と合せててみたら、
あんら、美味しい!って。
でも思いついたその最初のはオリーブオイルのみ使い。
で、にんにく風味オムレツは我が家の定番なので、
にんにくも足してみてついでにゴマ油も使ってみたら大成功となりました。
で、豆腐のオープンオムレツ、もうあるかな、とネットで検索してみたら、
2つほどありました~。
でも豆腐とアボガドの組み合わせとゴマ油にんにく風味もなかったので、ほっ。
自信を持ってのmoiちゃんオリジナルレシピでございます。
さて調理ポイントですが、
卵ににんにくのすりおろしを入れること、
卵に火を通し過ぎないで少し半熟感を残すこと、
そして仕上げにちょっとたっぷりめに粗びき黒胡椒をガリガリっとすること。
これで、あっさり淡泊豆腐使いで、しかも肉類魚類もなしですが、
物足りなさ感なしのちょっとご馳走的なオムレツになります。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。
 
……………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・木綿豆腐100g ・完熟アボガド1/2個 ・卵3個(豆乳または牛乳大2+塩胡椒少々+にんにくのすりおろし小1/3) ・ゴマ油大1/2+大1/2 ・塩少々 ・オリーブオイル大1と1/2 ・粗びき黒胡椒適量 ・あればハーブ少々

作り方
豆腐はキッチンペーパーで包んで耐熱容器にのせ、1分加熱し水切りして、
2㎝弱くらいの角切りにし、ゴマ油大1/2と塩を混ぜておく。
アボガドも同じくらいの大きさにし、ゴマ油大1/2と塩を混ぜておく。
卵は割りほぐし、()内のものを混ぜておく。
18センチのフライパン(または小さめフライパン)をよく熱し、
オリーブオイルを入れ、全体に馴染ませたら、火を弱めにして、
卵の3/4量を入れ、箸て優しくふんわりかき混ぜ、
その上に豆腐とアボガドをのせ、残りの卵をかけ、
蓋をして2分くらい蒸し焼きにする。
卵に火が通り過ぎないうちに火からおろし、
蓋をしたまま少しおき、好みの卵の状態になったら、
粗びき黒胡椒をたっぷりめにかけ、あればハーブを散らして出来上がりです。
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (19) - Copie

今、激しい雨とカミナリを繰り返しているこちらパリ地方です!
そしたら、いつも使っているフォトの文字入れサイト画面が見れませんで、
今日の記事用のフォトに入れられない状態。
昨夜眠気に負けて明日の朝でいいや、思ったのがいかんかった~。
というわけで、木曜レシピコーナーでと思っていたのを
急遽土曜日変更にさせていただきましての、
「盛り付けでちょっとおしゃれにニース風サラダ」のご紹介です。
よくお邪魔させていただいているブログ「るるる日記」さんで拝見した、
福島県郡山の農家イタリアン「Arigato」というお店のサラダが
盛り付けが素敵で、しかも私も住んだことがあるニースのサラダで。
コチラ→「農家イタリアンArigato
ちょうど庭とれの甘いトマトや新鮮ズッキーニがあったので再現に挑戦。
とは言っても野菜はなるべくそのままの美味しさを生かすのが大事なので、
ドレッシングの方をニース風サラダに必ず入るアンチョビを使って
moiちゃんオリジナルチックで作ってみました。
で、美味しく出来たので今こうしてご紹介出来ております。
調理ポイントですが、野菜はとにかく旬の新鮮なものを使ってください。
この時の具材はプチトマト、生のズッキーニ、生のパプリカ、レタス、さっと茹でたヤングコーンとオクラで、野菜以外ではニース風サラダに必ず入る、ツナ、茹で卵、黒オリーブ、そしてこれは「Arigato」さんオリジナルだと思うのですが焼きベーコン。
この焼きベーコンで食べ応えも十分。
これに美味しいパンでもあれば結構しっかりとしたごはんになるかな、と。
野菜は他でしたら、茹でじゃがいもやさっと茹でたインゲン、アスパラガス、焼いたナスやしし唐も美味しそうですし、あ、ほんのり甘いかぼちゃもいいですね♪
ドレッシングも、手軽に市販の洋風ドレにしていただいても、
それから自分で言うのもずずしいですが大好評いただいているわたくしのこのドレ
Cpicon 醤油とバルサミコ酢の超美味ドレッシング by milketmoi
でも美味しく召し上がっていただけるかと思います。
でもでも、ニース風サラダなのでやっぱりアンチョビドレが雰囲気かな、とは思います。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・新鮮な旬の野菜 ・レタス大きくひとつかみ ・茹で卵1個 ・ツナ水煮缶適量 ・黒オリーブ6~8粒くらい ・フライパンでカリっと焼いた厚切りベーコン2枚 
★EXVオリーブオイル大2と1/2 ★酢大1強 ★醤油大1/2 ★アンチョビのみじん切り2枚分 ★玉ねぎのすりおろし小1/2 ★きび砂糖または砂糖小1/2くらい ★粗びき黒胡椒適量

作り方
材料を切る、茹でる、ベーコンを焼く、など具材の準備をする。
★をよく合わせておく。
ボールにレタス入れ、★を入れ、手で大きくふわっと合わせる。
これを大皿の真ん中に置き、周りに具材を並べ、ベーコンはレタスの上にのせ、
軽く粗びき黒胡椒を全体に振り、出来上がりです。

……………………………………………………………………………………

今、雨もカミナリも去りまして日が差してまいりました~
マルシェ、行けそうです~
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (15) - Copie
ここ数日曇天で、今年の8月はお天気に恵まれなかったねぇ、
なんて話していたのですが、今日はすっきり気持ちのよい青空。
なんかやっぱり秋の気配です…早っ…
さて火曜日ですがレシピコーナーで~す。
と言いますのも先週末は旦那が風邪っぴきでしたので簡単ごはんでしたし、
日曜マルシェも行けなかったので、
思いついててやってみたかったのを昨日作ってみたら、
あら、超簡単なわりに結構美味しいかも♡
となったので、じゃあ早速ご紹介しちゃおう、と。
ということで「レンジ蒸しナスのタルタル、生ハムロール仕立て」です。
これ、ナスはレンチンしてタルタルにして後は生ハムで巻くだけで、
15分くらいで出来ちゃうのですが、生ハム以外は結構お手軽材料で、
そうですねぇ…
料理が苦手な方でもラクに楽しくなる楽うまフレンチオリジナル。
ああがいいかな、こうしてみようかな、とマネっ子なしで、
またはアレンジなんかの場合はそれも相手の方に失礼のないように、
そして自分の中でもクリアになるよう説明を忘れないようにしながら
一生懸命考えてるので、そこのところこれからは宜しくです。
すみません、話がそれましたが、さて、調理ポイントですが、
レンチンナスタルタルがとってもとろ~っとしたタルタルなので生ハムで巻く時に、
ラップで海苔巻きのようにくるっと巻いていただくこと。
ラップなしだと巻きにくいですがラップを使えば大丈夫です。
それから生ハムは、その薄さとタルタルの食感バランス、
そして塩気のバランスがちょうどいいので、一重巻きがベスト。
薄~い生ハムからとろっとタルタルが出るのがいい感じです。
なので塩気も、生ハムとタルタルに入れるアンチョビの塩気を考え、
タルタル自体の塩気はちょっと足らないかな?くらいがちょうどよいと思います。
あとでマヨソースも添えますのでね。このソースも大事です。
あ、それと、レンチン時間ですが、
ナスの大きさやお使いのレンジで加熱時間も変わってくると思うので、
それぞれで調節なさってくださいませ。
ちなみにフランスのナスは大きめなので、今回1つが350gで4分加熱でした。
ということでここまで書いたのですが、ふと、
生ハムのナスタルタル巻きレシピ、あるかしら、と思い今検索してみたら、
目白のイタリアンのシェフさんのレシピでありました~。ガ~ン。
でもほんとまったく見てなかったですし、作り方も味付けもまったく違うので、
そこのところは大丈夫自信を持ってです。
でもシェフさんはグリル焼きナスで丁寧に作ってらっしゃいますねぇ。さすがです~
ま、ま、レンチン簡単よん、ってことで。へへ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………
材料(6個分)
・ナス350g ・EXVオリーブオイル大1 ・アンチョビのみじん切り小1くらい ・完熟プチトマトの粗みじん切り8個分 ・塩胡椒適量 ・あればイタリアンパセリなどのフレッシュハーブのみじん切り小1 ・生ハム3枚(60gくらいだと思います)を真ん中半分に切って6枚にしたもの ・マヨネーズソース適量(マヨネーズを白バルサミコ酢でのばしたもの、または白ワインヴィネガーと少しのハチミツでのばしたもの) ・ルッコラやベビーリーフ、レタスなど軽くひとつかみ ・白バルサミコ酢または白ワインヴィネガー少々 ・あればパルメザンチーズか粉チーズ少々

作り方
ナス以外の材料を切る、マヨネーズソースを作る、など準備をしておく。
ナスの皮をスライサーでむき、ラップで包んで4分くらい加熱し、取り出して(熱いのでやけどに気をつけてください)粗熱がとれたらラップから出して、へたを取って包丁で粗みじんにする。水分が結構出るので、ザルに移し、水分をしっかりめに切る。タッパーに移し、EXVオリーブオイルとアンチョビ、プチトマト、あればハーブみじん、味を見ながら塩胡椒を軽くして混ぜる。※冷めたら冷蔵庫で冷やしてもOKです。
まな板にラップをしき、その上に生ハムをおき、②のナスのタルタルを1/6量くらい、生ハムの上、手前にのせ、海苔巻きを巻くようにラップでくるりと巻き、そっと盛り皿にのせる。これをあと5個作り、同じように皿にのせていく。
空いたところに、ルッコラかベビーリーフを白バルサミコ酢でさっと和えたものを添え、あればパルメザンを散らし、マヨネーズソースも添えて出来上がりです。

FotoJet (16) - Copie
彩りでピンクペッパーなど散らしてみましたが、
これはもうぜんぜんなしなしでOK。
でも持っていると色がなんか足らない時、便利ですよ!

あ~んど。
ナスを使ったレシピ2つも併せてご紹介させておいていただきますね。
あ、今気がつきましたけど、コチラはどちらも野菜だけでヘルすぃです。
ナスのポタージュ・ヴルーテ、クミンの香り
夏野菜の重ね焼き、タイムの香り

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ