フレンチ

RIMG5785 - Copie
今週日曜日のマルシェで元気でキュートなムッシューから3パック5ユーロで買った苺さん、
毎日スムージーにたっぷり入れて美味しくいただいておりますが、
新しいレシピもちょっと考えてみまして、昨日作ってみたばかりですが早速ご紹介で、
「帆立と苺とトマトのタルタル」でございます。
帆立はフルーツと相性がよく、そして苺がトマトと相性がよいのは、
以前行ったレストランのガスパチョで知っていたので、この3つで何か出来そうと思ったのです。
ちなみにガスパチョの再現レシピはコチラです。
Cpicon トマトと苺のガスパチョ♡ヴェリーヌ仕立て by milketmoi
で、フランスではお高い帆立で新レシピ挑戦は失敗したらちょっとショックだな、
でも海老やイカではまた違ってきちゃうからやっぱり甘い帆立だな、とやってみたら、
大丈夫!美味しく出来まして、旦那にも二重丸いただけました♪
料理ポイントは、帆立と苺とトマト、とはなっていますが、それぞれの分量の違いでしょうか。
一番少なめ量トマトは風味を加えるというよりは、苺とは別の酸味と軽い風味を加えるためで、 
帆立と苺を引き立てるものと思っていただいてよいかと思います。
それから爽やかなフルーティさもさらに出るオレンジのしぼり汁も大事なのでぜひ使っていただきたいのですが、オレンジがなければみかんでもOKですよん!
もうすぐヴァレンタインもあることですし、おうちビストロの前菜なんかにしていただいてもよいかな、
とも思います。お刺身もよいですがたまにはこんなのもね(と言いつつ帆立のお刺身大好物)。
それでは切って混ぜるだけで超~簡単ですが材料と作り方で~す。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・生食用帆立の小さめ角切り75g ・苺の小さめ角切り60g ・汁と種を抜いて小さめ角切りにしたトマト40g ・エシャロット(又は水にさらして辛味をとった玉ねぎ)みじん切り小1と1/2 ・ハーブのみじん切り(今回はディルとイタリアンパセリ)小1と1/2 ・飾り用ハーブ少々 ・あれば飾り用ピンクペッパー少々
 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー小1と1/2 ★EXVオリーブオイル小3 ★オレンジのしぼり汁小3 ★塩胡椒少々 ★きび砂糖軽く2つまみ(フランスの苺は甘みが少ないので少し足しましたが苺の甘さによって加減してください) 

作り方
ボールに帆立、苺、トマト、エシャロット、ハーブみじんと★を味を見ながら入れさっと混ぜる。
グラスに入れ(グラスじゃなくてもいいんですがおしゃれっぽくなって映えます)、
ハーブとピンクペッパーを飾って出来上がりです。
1、2時間なら冷蔵庫で保存しておいていただいても大丈夫です。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG5811
フランス苺ちゃんをちょっとご紹介。
見るからに日本のお高い苺のような繊細さがなくて自然児タイプ。
甘さも日本のものとは比べものにならないくらい甘くないので、
こちらに来た当初は慣れなかったのですが今は慣れて。
逆に今日本の苺食べたらびっくりするかもです。
でも苺は早めに食べないとですね。これも今日明日で食べきらなくてはです~。
RIMG5814
そして日曜のボルシチに使った生ビーツもまだ1個あるのでご紹介。
外観は土色のような感じですが中はあのビーツの鮮やかな色。
包丁で切ると手まで鮮やか色になります。
で、今回はじめて生ビーツをいただいたのですが、やはり生の方断然美味しかったですねぇ。
なのでこれからは生ビーツもどんどん使おうかな、と思っております。
いつか自分レシピも出来たらいいのですが。

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!




RIMG4698 - Copie

さてさて久しぶりになってしまいましたがレシピのご紹介です!
元旦のお寿司に使ったスモークサーモンがまだ結構残っていたのでこれで1品を、と思い、
でも和食でいただいたから今度は洋風チックに、と考え、
「スモークサーモンとクリームチーズとパルメザンのサラダ混ぜごはん」です。
で、実はこれ2回めで成功しました。というのも、今回成功レシピの方はごはんにクリームチーズを混ぜてあとは味付けなしなのですが、1回めは酢飯にし、クリームチーズは上にかけスタイルにしてみたのですが、それだとままあ美味しいけど、けどな~んかが足らない、そしてちょっとありきたりかな、と。
で、ちょっと考えて、酢飯自体をやめ、大好きなクリームチーズ入りごはんにしてみたらこれがうまくいった、と、まあこういうわけなんです。
でもですね、両方食べた旦那に、ちょっと変えたから違うんだけど、どお?って聞いたら、たら、
え?そう?でも…そんな大きな違いないでしょ?って。
どうやら旦那にはその違いがあまりわからなかったよう。残念。でも違います。ほんとに。
それでは材料と作り方です。と~っても簡単です♪
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ごはん300g ・クリームチーズの小さめ角切り50g ・一口大に切ったスモークサーモン70g ・食べやすく切った豆苗40g(EXVオリーブオイル小1+白ワインヴィネガー小1+砂糖2つまみ) ・種と汁をとって角切りにしたトマト40g ・水にさらして辛味をとった玉ねぎの薄切り30g ・ケッパー大1 
・粗削りのパルメザンチーズ適量(なければ粉チーズでも入れなくても大丈夫美味しいです) ・ベビーリーフ少々 ・粗びき黒胡椒少々 ・EXVオリーブオイル少々

作り方
ごはんはレンジで軽く温め、クリームチーズをさっと均等に混ぜておく。豆苗とカッコ内の調味料をさっと和えておく。
皿にごはん、豆苗、スモークサーモンの順にのせ、玉ねぎ、トマト、ケッパー、パルメザンを散らし、周りにベビーリーフを飾り、粗びき黒胡椒とEXVオリーブオイルを少しかけて出来上がりです。 
いただく時、軽く混ぜながら召し上がってください。

あ~んど。
これまた自分レシピであれなのですが大好きなクリームチーズ&ごはん組み合わせのレシピもご紹介させておいていただきますね。納豆のほうは納豆好きな方は騙されたと思ってぜひ一度クリチ入れてみちゃってください。まったりで何とも言えない美味しさです。そして、塩昆布&クリチはお子さんも大好き味かなと思います。どちらもちょっとクセになるかなぁ、と思うのですが。
Cpicon 納豆とクリームチーズのごはん by milketmoi
Cpicon 塩昆布とおかかクリームチーズのおにぎり by milketmoi

…………………………………………………………………………

あ~んど②
多くの日本人の方がラーメンが本当に大好きと思うのですが私ももちろんその1人でして。
日本にいた時から(今も家でいただいております)ほんとしょっちゅう食べていたのですが、
その中でもよく行って「ワンタンラーメン」をいただいていたのが大宮の高島屋(今もあるみたいでびっくり…)裏の「多万里(たまり)」さんだったのですが。
そうしたらブログを通して交流のあるkiyo1115’sさんがなんと「多万里」を紹介してくださったのです!もうびっくり!それがコチラの記事。
→「『多万里』・・・昭和21年(終戦の翌年)営業開始、古き良き昭和の雰囲気を感じさせる銘店
今はいろんな工夫があって美味しいラーメンがたくさんあると思うのですが、ここのは本当にごく普通の定番あっさり中華そば。どのメニューも奇を衒ったことはまったくありません。ここはそれがいいんです。そしてまた雰囲気もおしゃれ度ゼロで(失礼!)昔ながらでい~いんです。でも昭和21年の終戦後営業開始はわたくし知らなかったのですよ。だからびっくり!古いわ~~。
今「多万里」からうんと遠いパリに住んでいるのでなかなか行けないのですが、この記事で大宮のあの裏の地味な通りに行き、そしてあの昭和のにおいプンプンの雰囲気を思い出しながらほんとに嬉しく楽しく拝見させていただきました。
この場をお借りしましてkiyo1115’sさんにお礼を言わせてくださいませ。ありがとうございます!
まいまいつぶろはなくなってしまったけど多万里はあってくれてよかった…ル・バロン・ルージュもあるし…
…………………………………………………………………………

長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG1047 - Copie
さてさてレシピのご紹介でして今回はこの「シェーブルとマッシュルームの春巻き」です。
最近、火を通していただくシェーブルチーズの美味しさにはまっていて新レシピにちょこちょこ挑戦中なのですが、これはそんな中でめっちゃ簡単で材料少なで、そしてそのわりにかな~り美味しいのでレシピが完成後も3回作っちゃった1品。ま、こちらのアジア食品屋さんで買う春巻きの皮が冷凍50枚入りなので、一度解凍するとどんどこ春巻き作らなくちゃ、ってこともあったのですが。
で、今回はそんな春巻きの皮があったのでチョイスしましたが、フランスでは春巻きの皮よりブリックの生地の方がスーパーでお安くお手軽に買えますので、お住まいの地域で包む生地をチョイスしていただければと思います。ただ、ブリック生地はかなり薄くて繊細さんでしかも形が円形なので、具材の巻き方を変えるのと、そして揚げる時に穴が開かないように気をつけてくださいませ。
それを考えると春巻きの皮の方がやはりラクチンでしょうかねぇ。
それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(6個分)
・粗みじんに切ったマッシュルーム130g 粗みじんに切ったシェーブルチーズ85g 
・オリーブオイル大1 ・塩胡椒少々 ・パセリのみじん切り3g ・春巻きの皮6枚 
・水溶き小麦粉適量 ・揚げ油

作り方
RIMG1034
フライパンにオリーブオイルをしき、中火よりやや強めの火でマッシュルームを炒める。
水分が出てくるのでその水分がほぼなくなるまでよく炒める。
RIMG1035
こんな感じになったら軽く塩胡椒をする。
RIMG1036
ボールに炒めたマッシュルームを入れ、シェーブルチーズ、パセリを入れる。
RIMG1037
よく混ぜて中の具の出来上がりです。
RIMG1042
まな板の上に春巻きの皮をひし形に置き、
具材の1/6量を手前の縦長に置く。
RIMG1043
一度巻いたら、両端を綺麗に折り込み、また巻いて、
RIMG1044
巻き終わりを水溶き小麦粉でのりづけする。これを6個作る。
熱した揚げ油でからっと揚げて出来上がりです。
ワインのおつまみにしてもとても美味しいですよん♪

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG2973
先週末の買い物でもらってきたスーパー「LIDL」のちらしをちょこっとご紹介。
というのもノエルが近付いてきた感のちらしだったので、いよいよだな、と。
チラシの左上についている「Deluxe」シリーズマークは「LIDL」オリジナル商品で、
いつものよりちょっとワンラック上の美味しいもの的商品マーク。
でもこのシリーズで以前買ったステーキソースは美味しくなかったのでもう買いません。
RIMG2974
まず1ページ目を開いてみると「cerf」、雄鹿さんのお肉。
我が家はここ数年ノエルはこの「cerf」をメインにいただいています。RIMG2977 - Copie
それからやっぱり「fois gras 」、フォアグラです。
カルフールで上質のものはもっとずっとお高いので、量の違いもあるかもですがお手頃です。
RIMG2978
それから「œuf de saumon」、イクラで~す!
これは絶対買っておきたい、と少し鼻を膨らませながら旦那に伝えておきました。
RIMG2980
冷凍マカロンもあります。12個入りで3ユーロ29サンチーム。
ピエール・エルメやラデュレよりず~~っとお安いです~。ふふ。
でもやはりあちらは美味でございます。特に私的にはピエール・エルメが。
なのでお値段と味と家計を考えて無理のないように買いましょう♡
RIMG2982 - Copie
そしてこれは我が家の郵便受けに入っていた「ユニクロ」のチラシです。
どうやら新しい店舗が近々オープンするもよう。
RIMG2983
「ユニクロ」、パリではほんとかな~り浸透しました。
しばらく行っていないので新店舗がオープンしたら行ってみましょう。
これからどんどこ寒くなるのであったかいのが欲しいですねぇ。うんうん。

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG1205
少し前の週末ごはんで作って美味しかったハロウィンにもぴったりな、
「かぼちゃといんげんの2色ポタージュ」を少々焦り気味にご紹介です。
2色なのはこうして見ためも少しおしゃれチックな雰囲気になることもあるのですが、
味わいも違ってくるのです。
かぼちゃとインゲン、合わせて1色ポタージュにしても美味しいと思うのですが、
こうして別々にすると、スプーンですくってお口に入れた時に口の中で味わいが混ざるのですが、
そこがやはり違ってその瞬間微妙にアクセントが感じられる、と私は思うので、
時間に少し余裕があればたとえばポタージュによさげなお野菜が2つあったとしたら合わせずあえて分けて作って、そしてこうしてお皿で合わせるようにしています。
そんなに味に大差はないよ、って感じる方もいらっしゃると思ういますし、
目から入る思い込みもあるかもですが、さらに美味しく感じるのです。
そしてそして、このかぼちゃを人参に変えても美味しくいただけますのであるものをご利用ください。
ということで、簡単ですが材料と作り方を早速ご紹介いたしますね。
野菜の風味をいかしたいと思い、コンソメは使わず身体にも優しい素材の味をいかした味わいになっておりま~す。

……………………………………………………………………


材料(2~3人分)

・皮をむいて一口大に切ったかぼちゃ260gくらい ・玉ねぎの薄切り30g ・バター15g ・かぼちゃ用の水300ml ・ハチミツ小1/2 ・いいお塩と胡椒少々 ・筋をとったインゲン50g ・ポロネギの青い部分(又はネギの青い部分)の輪切り15g ・バター10g ・インゲン用の水100ml ・いいお塩と胡椒少々
※完全にベジタリアンになさりたい場合はバターをオリーブオイルにしてください。


作り方

鍋にバター10gを入れ中火にかけ、ネギを炒めしんなりしたら、水を入れ強火にし、インゲンも入れ、沸騰したら火を弱め蓋をして、インゲンが柔らかくなるまで煮る。これをミキサーにかけピュレにし、鍋に戻し火にかけながら、塩胡椒で調味し、OKです。

別の鍋にバター15gを入れ、中火にかけ玉ねぎを入れしんなりするまで炒める。
ここに水を入れ、かぼちゃも入れ、強火にして沸騰したら火を弱め蓋をし、かぼちゃが柔らかくなるまで煮て、これもミキサーにかけピュレにし、鍋に戻し火にかける。もし水分量が足らなければここで少~しお水を足してください。そして塩胡椒で調味し、OKです。
2色のポタージュが出来ました。

RIMG1201
そして今回はこの、エマウスでめっけた「Digoin Sarreguemines(ディゴワン・サルグミンヌ))」にしてはちょっと珍しい柄のお気に入りのお皿に盛り付けようと思います。真ん中柄だけでシンプルなので結構何でも大丈夫です。かわいい柄が見えなくなってしまいますが…。
RIMG1202
先ずはこのように盛り付けてみました。
はじめにかぼちゃのポタージュを注ぎ、小さなスプーンでインゲンのポタージュを小さな円になるようそっとたらし、ハーブを飾り、ついでにEXオリーブオイルもたらしてみたのですが、
しつこくなって失敗しました~。
ので、これはダメだわと思い、そしてやり直したのが、
RIMG1206
最初のフォトでもご紹介したコチラ。
小さなスプーンですくったインゲンのポタージュをぽちっと落としたらそのままスプーンで輪になるようにすっと伸ばし、それを何か所か均等気味にやってみました。
簡単だしすっきりでこちらの方がずっといいと思ったのですが、いかがでしょうか。

……………………………………………………………………

おまけ
RIMG1725
フランスのかぼちゃです。
RIMG1727
見ためは皮の色以外は変わらない(緑の皮のもあります)し、風味もほぼ同じといってよいかと思うのですが、1つとても大きな違いがあります。
それは水分量。フランスのかぼちゃはかなり水っぽいのです。
ですから煮物にしてもホクホク感がでず美味しくないし、天ぷらもいまいち。いやかなり残念。
日本のかぼちゃでもときどき水っぽくて残念なのありますがいつもあんな感じ。
なのでこうしてポタージュにしたりピュレとして使うのが向いているかな、と。
作った方には申訳けないのですがかぼちゃに関しては断然日本の方が美味しいです。
日本のホクホクかぼちゃ煮物、食べたい!

……………………………………………………………………

なかなかレシピご紹介が出来ていませんが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG50344 - Copie
ヴァカンス中はなかなか新レシピ作りの時間がなかったので超お久しぶりのレシピご紹介コーナーです。
ということで、フランスでは一年中お手頃気軽に買えるズッキーニを使った簡単1品ですが、
日本ではやっぱりズッキーニは夏!なので少々焦っての今回です。
少し前にただ今ギリシャの羊のチーズ、フェタにはまり気味なことを書いたことがあるのですが、
山羊のチーズであるシェーブルもやはり今大好きでして。
シェーブルというとフランスでは先ず思い浮かぶポピュラーなメニューが、
シェーブルをパンにのせて焼いてその温かいチーズトーストを生サラダに添えた
「salade de chèvre chaud」かな、と思うのですが、
そのパンをズッキーニにしアクセントにシェーブルとの間に生ハムを挟んで焼いてみたら、
柔らかくなったズッキーニに熱々シェーブルの酸味がよく合って、
生ハムの塩気もちょいアクセントになっててなかなか美味だったのでご紹介となりました。
そのままだと苦手な方も結構いらっしゃるちょっとクセのあるシェーブルですが、
火を通すとそのクセがうまみになって何とも言えない味わいになるのですよね。
それでは10分もかからず超簡単ですが材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(2人分)
・ズッキーニ120g ・生ハム30g ・シェーブルチーズ90g ・生のタイム(なければ乾燥タイムでもパセリなどでもOK)2~3枝 ・EXVオリーブオイル適量 ・粗挽き黒胡椒

作り方
①オーブンを200°で予熱開始。
RIMG50332
②ズッキーニのヘタを切りとり、6等分の輪切りにする。
輪切り1枚につき20gくらいです。
シェーブルと生ハムも6等分に切り分けておく。
RIMG50337
③これを天板にのせ、オリーブオイルを少しずつたらし、粗挽き黒胡椒も振り、
200°のオーブンで8分くらい焼きます。
RIMG50333
※ちなみにこんな時に使っているオリーブオイルはこのようなスプレー式のもの。
RIMG50335
スプーンも要らないし、簡単に片手で適量のオイルがかけられます。
RIMG50340
④焼いたらこの上に生ハムとシェーブルをのせ、オリーブオイルを少しずつ振り、タイムを均等にのせ、270°くらいの高温で5~6分前後焼きます。
RIMG50342
⑤焼き具合はお好みに合わせて調節してください。
RIMG50344 - Copie - Copie
お皿に盛って出来上がりです。
熱々が美味しいですよ♪
ということでヴァカンスも終わってしまいましたので気持ちを切り替えて、
家事の合間時間を見つけながら(家のことってちゃんとやろうと思うとやることが毎日いっぱい)
また新しい&美味しいレシピ作りに挑戦していきたいと思っておりますので、
レシピコーナーの方もどうぞ宜しくお願いいたします!

……………………………………………………………………

あ~んど。
数日前、アジア系スーパーで「Gril Teppan-Yaki(日本ではホットプレートともいう)」
に続く新しいものに出会ったと書いたのですが、それを今日はごご紹介。
RIMG52205
ジャ~ン。コチラです~。ってこれは裏面で、ただのフライパンの裏面っぽいのですが、
返しますと、
RIMG52207
タコ焼き器~。ついにパリでたこ焼き器まで買えるようになりました~。
ま、でもアジア系スーパー限定ではありますが。
RIMG52202
お値段は18ユーロで台湾からの輸入もの。
旦那が見つけまして「takotako」言うので(旦那はtako好き)なんだなんだ、
と思ったらこれだったのです。
で、「Gril Teppan-Yaki(日本ではホットプレートともいう)」が大変重宝しているし、
たぶんいつもあるものではなく数が限定かもなのでお買い上げさせていただいたというわけなのです。
電気式ではなくこの焼き器部分だけなので作る時はカセットコンロでになりますが、
これだけで外国暮らしの私には十分嬉しい。
とは言うものの関東出身のわたくしタコ焼き作ったことがないので、これからちょっと皆さんの(やっぱり関西の方々レシピかしら♡)いろいろなレシピで勉強させていただいてからお試しかな、と。
はぁ~、めっちゃ楽しみです~♪
でもなんか私以上に楽しみにしてる例のtako好き外国人男が1人…。
ちなみにtakoはポルトガル系スーパーにいつでもあるので買いに行くと言っております~。


……………………………………………………………………


長めになりましたが最後まで読んでくださってありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ