フレンチ

前回の髪のことについて後でちょっとまた思ったこと。
真に美しい人って(顔の造作だけについてですが)、どんな髪型をしても似合うなぁ、って思うのです。例えば宮沢りえさん。ロングはもちろんベリーショートにしてもボブにしても前髪をひっつめても揃えてもすべてが似合う。黒木瞳さんもそうだなぁ、と思います。
あんな風にどんなヘアスタイルも似合ってしまう、ってなかなかいない。
ちなみに私は日本にいた時、美容室に行って、こんなに変わった、かわいくなった、ってのを今まで一度も経験したことがないのですが。あ、待って待って。青山とか銀座とかの有名なとこも行ったこと、今でこそ自分チョキチョキだけど、これでも一応あるんですよ。で~も、すげぇよくなった、ってのが正直ほんと一度もなかった。
銀座の美容室で思い切って少し短めヘアに挑戦した時はセンスのいい厳しい姉ちゃんに、なんか女ロッカーみた~い。って笑われたこともありましたっけ。その時はショックだったけど、ま、今思うとめっちゃ面白いわ。女ロッカーってねぇ。なかなかなれるもんじゃないもの。ふふ。
ところで3、4年前、東京、ロンドン、パリの有名美容室で働いた経験のある女性とお話したことがあるのだけど、技術もマシーンも結局日本が一番すごい、って言ってましたっけ。ロンドンなんてすごそうだけど、やっぱり日本がすごいんですって。そう言えばニースで住んでいたアパートの近くにあった美容室では、ある時お客さんが鏡見ながらなんと自分でドライヤーかけてたことありましたよ。あれには笑いました~。でもですね、ありえるんだなぁ。だってフランスですからねぇ。
というわけで、もうこの後、髪のことについては思い出さないと思います。思い出したらまた次回書きたくなっちまいますし。



ということで「ヨーグルトジェノベーゼマリネ鶏のオーブン焼き」のご紹介です。
ヨーグルトとスパイス類で漬けて焼くタンドリーチキンがお肉が柔らかくなって味もしみしみでとても美味しいので、タンドリーチキンとはまったく違う、洋風味にしてみようと、ちょうど使いかけであったジェノベーゼソースを混ぜて冷蔵庫で一晩マリネして焼いてみたら、お肉もちろん柔らかく、そしてジェノベーゼの風味も程よくほんのりで、当たり前だけどタンドリーチキンとはまったく違って、これも美味しかったので今回のご紹介となりました~。
市販のジェノベーゼを使ったこともありとにかくめちゃくちゃ簡単です♪
なのでジェノベーゼが残った時、又は少し残らせてお気軽お試しいかがでしょうか。

RIMG40001 - Copie

材料(2人分)
・鶏胸肉2枚(240gくらい) ★無糖ヨーグルト大4 ★ジェノベーゼペースト小3 ★塩少々 ★粗挽き黒胡椒適量 ★砂糖4つまみ

作り方
①鶏胸肉は肉叩きか瓶底などで叩いて均等で程よい厚さにする。これを★と共にビニール袋に入れ、一晩冷蔵庫で置いてマリネする。
②これを耐熱容器に重ならないよう並べ、マリネ液も残らず上に塗り、270°で予熱したオーブンに、10分くらい焼いて出来上がりです。

※焼き加減はそれぞれのオーブンによって調節してください。今回はサラダとフライドポテトを付け合わせにしました。



ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援していただけるととてもありがたいです!

人気ブログランキングへ


レシピランキングにも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらコチラもお願いいたします!

レシピブログに参加中♪

RIMG39317 - Copie

とうとう8月が今日でおしまいですが、パリ地方は先週土曜日からめちゃくちゃいいお天気。イェイ!そんなんで昨日の夕暮れは、過ぎ行く夏を惜しんで、そして旦那は過ぎ行くヴァカンスの日々を惜しんで、お庭で日が暮れるまで冷たい白ワインのアペロでゆっくり過ごしました。
いつのまにか日が落ちるのも9時半近くになっていて(日本に比べればずっと遅いのですが)、夏が過ぎて行っているのを実感なのです。この時、
フェット・ド・ラ・ミュージックは、夏のはじまりのパリの夕べ、ZAZと共に
がついこの間だったのに。この時はまさかこの後2003年以来のものすごいカニキュールが来ることは知らなかったし、それから今年の夏のパリが素晴らしいお天気に恵まれることも知らなくて。あ、そうそう。花粉にもまだちょっと苦しんでたなぁ。
そんなんでとにかく、アペロを飲みながら旦那と、来年の夏はこうしよう、とか、あれしようとか話をして。旦那は主に家庭菜園の農作物について、紫蘇は今度は植える場所を変えるとか、トマトは何じゃらとか話しておりまして。私は毎年思うことですが、来年もまた家族5(2人と3匹)で元気に迎えられればそれが何よりだわ、って。
そんなのんびりゆっくりまったりな昨日夏夕暮時間なのでありました。ま、家の中はまだまだとっちらかっておりますが。ふぅ~。

さてさて、ヴァカンスごはんで一度ご紹介させていただいた「茄子とシェーブルとイチヂクのカナッぺ」のレシピの紹介です。
茄子は引き続き旬ですが、フレッシュなイチジクもこれから美味しい季節。それにシェーブルをプラスするだけで簡単に美味しい1品が出来ちゃいます。な~んて今じゃシェーブルだとか何とか言っておりますが、日本にいた時はシェーブルなんて食べたことあったかな?って感じなのです。はは。
じゃ、材料と作り方行きま~す。


材料(2人分)
・茄子(300g) ・シェーブルチーズを粗く切ったもの(45g分) ・生のイチヂク(2~3個) ・茄子ソテー用オリーブ油大2 ・塩胡椒少々 ・仕上げ用EXVオリーブオイル適量 ・粗びき胡椒適量 ・あればイタリアンパセリとかミントなどのハーブ少々

作り方
①茄子はところどころスライサーで縦に皮をむき、7~8ミリくらいの輪切りにする。これをオリーブオイルをしいたフライパンで中火よりやや強めの火で両面色よく焼き、軽く塩胡椒をし、皿に盛る。
②ナスの上にシェーブルを均等にのせ、ナスの数に合わせて縦に等分に切ったイチヂクをのせ、EXVオリーブオイルをさっと回しかけ、粗びき胡椒を振り、パセリかミントなどをトッピングして出来上がりです。


さ~て、旦那はお仕事に行き、私は今日から地道に1人片付け。でも今日も素敵お天気で風も気持ちいい♪ よし、はじめるとしますか。あ、でももうこんな時間だから(10時35分)お昼ごはん作ってからかなぁ…



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ


レシピランキングにも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらコチラもお願いいたします!

レシピブログに参加中♪

RIMG39271 - Copie

前回のごはんでご紹介した胡瓜ロール、早速ご紹介です。
って、
なんだか更新し過ぎてちょっと恥ずかしいのですが、
旦那はカヌー、私は料理と更新、みたいに今ちょっとなってます。
そのうち二階改装がはじまったら時間なくなって落ち着くと思うので
なにとぞお付き合いくださいませ。
と、むにゃむにゃ言わず今日はとっととレシピレシピ!
今が美味しい胡瓜でミントの香りが爽やかなクリームチーズを巻いて、
冷えたワインにも合う超簡単おつまみにしました。
実はも一つアクセントもあって、それはたっぷりめに入れた粗挽き黒胡椒。
ときどきピリっ来るのがまたいいのです。
それでは材料と作り方行きま~す。

材料(6個分)
・12㎝くらいの長さの胡瓜の中央部分をスライサーで薄く縦にスライスしたもの6枚 ・塩少々 ★クリームチーズ50g ★ミントとパセリのみじん切り(2g分) ★粗挽き黒胡椒たっぷりめ

作り方
①スライス胡瓜に軽く塩をして、しんなりして水分が出たらキッチンペーパーで優しくしっかり水分を拭き取る。
②胡瓜をしんなりさせている間に、★を混ぜ合わせておく。
➂ ①の胡瓜で②のクリームチーズをくるくるっと巻き、爪楊枝で止めてお皿に盛って出来上がりです。


※胡瓜はフランスの太めのものを使っています。日本の胡瓜でしたら★の分量を少し減らしてください。ハーブは今回はミントにパセリをプラスしましたが他にバジルやシブレットなどでもいいのですが、ミントは大事ポイントなので是非入れてください。そして作って時間を置くと胡瓜から若干水分が出てくるので、作ったら早めに召し上がってください。でも5分くらいで出来ま~す。

………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


2557482[1]

明日からいよいよ旦那ヴァカンスがはじまります、1ヶ月間!
で、今日はお仕事最終日で職場でバーベキューだそう。
なのでいつもは職場から歩いて5分の家に帰って来てお昼を食べるのですが、
今日はいらないので私は何もしませ~ん。イェイ!
そんな時は自分ごはんはだいたい朝昼一緒になって、
・黒米入りごはんと納豆とか、
・黒米ごはんとお漬物とお味噌汁とか、
・薬味70%素麺とか、
・野菜たっぷりインスタントラーメンとか、
・揚げ玉、ネギ、わさび多め冷やしたぬきとか。
が、私専用1人定番メニューでしょうか。
案外ヴァリエーション少ないです~。
で、今日の気分は…納豆ですねぇ。
クリームチーズ入れるのもたまにめっちゃ美味しいのですよ。
Cpicon 納豆とクリームチーズのごはん by milketmoi
ということで、今日ご紹介レシピは、
昨日の夕食時、冷蔵庫にあるもので何か軽いもの、思って作った
「生ズッキーニとラディッシュの簡単マリネサラダ」です。
何気に作ったものですが、あら美味しいし彩りもいいな、って。
で、早速ご紹介させていただきましょうと。
ズッキーニは1種類でもまったくかまわないのですが、
2種類だと緑、黄色、赤(ラディッシュ)になって綺麗なので、ま、あれば、で。
ちなみに作り方は①で終わりとなります。
それでは材料と作り方で~す。


材料(2~3人分)
・緑と黄色のズッキーニをスライサーで薄く切ったもの(250g) ・ラディッシュをスライサーで薄く切ったもの(50g) ・イタリアンパセリ少々 ★EXVオリーブオイル大3 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大2 ★レモン汁大1と1/2~大2 ★砂糖小2 ★ハーブソルト適量 ★粗挽き黒胡椒適量

作り方
①★を合わせ、ズッキーニとラディッシュと和え、皿に盛り、イタリアンパセリを散らして出来上がりです。少し置いても味が馴染んで美味しいです。

※レモン汁は大2にすると少しすっぱめに。私はすっぱいのが好きなので大2作成ですが、すっぱいのはあんまり。という方は加減してください。
………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG38865 - Copie

早速ですが、今週の「水曜はパリでランチしましょ」でご紹介した7区のエッフェル塔近くの裏通りにある「CAFE DE MARS(カフェ・ド・マルス)」でいただいた前菜の再現サラダのレシピのご紹介です。
お店では実はタコだったのですが、イカでも美味しいだろうな、思い、我が家にいつもある冷凍小イカでお試ししたら、とっても美味しく出来ました。もしかしたらお店より美味しいかも。
な~んてずずしいことを言ったら怒られそうですが、理由があるのです!
先ずは、風味と彩りのためにお店では入っていなかった紫玉ねぎとラディッシュを足したこと。
そしてレタス系のベビーリーフもなのですが、イカとスイカも程よく増やしたこと。
これでボリュームはもちろん、魚介のうまみ、スイカの甘み、玉ねぎとラディッシュの程よい辛みと歯触りが合わさってさらに美味しくなったような気が自分ではしております。
さっぱり爽やかなので、これは我が家の夏の定番になりそうな感じです。
あ、イカは小イカじゃなくて他のイカでもOKですし、もちろんタコさんでも(ってか元はタコでしたし)素敵です。その場合は食べやすく一口大にしたもので。それから普通の玉ねぎなら水にさらして辛みを程よくとってから優しくキッチンペーパーで水気を拭きとって、シャキシャキ感が残るようにしてください。そしてそして一番大事なこと。必ず召し上がる直前に野菜とイカドレッシングを和えてくださいね。時間がたつとべちょっとなって美味しくなくなってしまいますので。
それでは材料と作り方行きま~す。


材料(2人分)
・小イカ(100g) ・種をとったスイカ1、5㎝くらいの角切り(40g分) ・ベビーリーフ大きくひとつかみ ・紫玉ねぎの薄切り(25g) ・ラディッシュの薄切り(2個分) ★EXVオリーブオイル大2 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大1と1/2 ★レモン汁大1 ★砂糖小1/2 ★ハーブソルト適量 ★粗挽き黒胡椒適量

作り方
① ★を合わせておく。イカを熱湯でさっと茹で★と和えておく。
②ボールにベビーリーフ、紫玉ねぎ、ラディッシュ、スイカを入れ、②のイカドレッシングも入れ、ドレッシングが全体にからむよう出来れば手も使って大きくざっくり混ぜて、皿に盛り、出来上がりです。

………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


↑このページのトップヘ