フレンチ

_LhJrSGQJuSVppF1525283228_1525283310[1]

今日もレシピコーナーとなっております。
と言いますのも、前回ご紹介させていたコチラ、
じゃがいもとラディッシュのオリーブオイルレモン和え」を
付け合わせにした1皿を作っていたので、
続けてご紹介の方がいいかな、と思ってです。ということで
「サーモンのムニエル、グリンピースソース」でございまして、
フランスでも今が旬の生のグリンピースを使ってソースにして
超簡単にお魚フレンチ仕立てにしてみました。
でもこのソースはレンジで温めた生クリームに
茹でたグリンピースとお塩を混ぜただけ。
新鮮なグリンピースはそれだけでも美味しいので
凝った味ではなくシンプル気味にしました。
で、実は旦那はグリンピースがあまり得意ではないのですが、
これは「oishii!」の一言がすぐ出たので大丈夫だと思います!
調理ポイントですが、まずはグリンピースちゃんを、
美味しく色よく茹でるのが大事なので、
今回はコチラのレシピを参考にさせていただきました。
Cpicon グリーンピースのキレイなゆで方と保存法 by はやみちゃん
綺麗な緑色で程よい歯応えも残って美味しく茹で上がりました。
あとはサーモンを焼き過ぎないこと。
焼きながら中の身に火が入ったのを色で見てわかった時点で、
すぐにお皿にとってください。
お魚の焼き過ぎはパサパサで残念になっちゃいますからね。
付け合わせにしたじゃが&ラディッシュさんも控えめなお味なので
メインの邪魔をしませんので組み合わせとして悪くないと思います。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………

材料(2人分)
・サーモンの切り身2枚 ・薄力粉小1くらい ・オリーブオイル大1くらい ・生のグリンピース50gを茹でたもの ・生クリーム50ml ・塩胡椒適量  

作り方
サーモンに軽く塩胡椒をし、薄力粉を薄くまんばんなくつける。
フライパンを十分に温め、オリーブオイルを馴染ませ、
サーモンを中も程よく火が入るくらいに焼いて皿に盛る。
耐熱容器に生クリームを入れ、レンジで温め、
茹でグリンピースと味を見ながら塩をする。
このソースを②のサーモンにかけお好みで粗びき黒胡椒を振る。
可能でしたら前もって作っておいた、
じゃがいもとラディッシュのオリーブオイルレモン和えを添えて
出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

3_dAcpvi4bID_2L1525282770_1525282846[1]

ちょびっとバタバタしておりまして今日もレシピコーナーで~す。
あ、でも、私のバタバタなんてぜんぜんたいしたもんじゃありましぇん。
ということで超~簡単だけどシンプルで美味しい
「じゃがいもとラディッシュのオリーブオイルレモン和え」のご紹介です。
じゃがいもとラディッシュ組み合わせはフランスでは、まあまあな定番。
パリのお高め惣菜屋さんでもこの組み合わせサラダをたま~に見ます。
でも自分で作っちゃった方がいいかな、思ってて。
で、少し前に「じゃがいもとラディッシュのクリームマヨマスタード和え
をご紹介させていただいたのですが、今回はもっとシンプルに、
味付けはEXVオリーブオイルとレモンと塩だけ。胡椒はあえてなしです。
でもこれが凝ってなくてかえってじゃがいもとラディッシュの
美味しさが引き立ってなかなかいいんですよ~。
味見したらあっさり美味しいのでちょっと新鮮びっくりしちゃったです。
あ、でもぜんぜんパクリはしておりません。自分で思いつきでやった味付けです。
調理ポイントですが、う~ん、なので胡椒は使わないこと、でしょうか。
胡椒を使わないことで思い起こすのがポルトガルのサラダとかいくつかのお料理で、
EXVオリーブオイルと塩だけが結構ありまして、それがまたいいんですが、
これはそんなポルトガル料理の素朴な味わいと
ちょっと共通するところがあるかもしれません。
いろいろ調味料を合わせて使うのも面白いですが、
こんなふうに調味料に頼らず素材の組み合わせが主なのも面白いな、
と、今回改めて感じたんですよねぇ。
がっつり濃い味がお好きな方にはウケないレシピかもですが、
お野菜がお好きな方とか素朴な味わいがお好きな方には
気に入ってもらえそうかもです。あ、でもほんと、かもですけど。
ということで、それでは材料と作り方です。めちゃくちゃ簡単です♪

※コメントの返信が遅れていてごめんなさい。
明日か明後日には返信させていただきます!
……………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいて乱切りにしたじゃがいも300g ・ヘタを切り取って乱切りにしたラディッシュ8~9個分 ★EXVオリーブオイル大2 ★レモン汁大1 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★味を見ながらいいお塩適量 ・あればフレッシュなハーブのみじん切り少々(今回はシブレット使用)

作り方
鍋に湯を沸かし、塩を少々入れ、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
煮えたらザルに上げ湯を切り、また鍋に戻し火にかけ水気を飛ばして、
火からおろし、そのまま置いて少し冷ます。
じゃがいもに★を混ぜ、ラディッシュも加え、さっと混ぜる。
お皿に盛り、あればハーブを飾って出来上がりです。

……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

kVn4bYDCCTswmrC1524835101_1524835189[1]

フェイントの月曜レシピコーナーでございます~。
ちょっとばかし忙しいので、
材料と作り方だけすでに書いてある記事を持ってきた次第です~。
って言い訳はどうでもいいですね。ということで
「アボガドと海老のタルタル、ほんのりレモンマヨカレー風味」でございます。
アボガドとマヨネーズは大定番。私も大好き。
そこにほんのりカレー風味をプラス&レモン汁を結構をきかせております。
このレモン+マヨネーズ+砂糖+カレー粉のオリジナル味付けは
少し前にこのレシピ「レンジで速攻おつまみ!じゃがいものレモンマヨカレー和え
で美味しかったので他の食材でもやってみよう、と思ってまして。
ちょうど食べ頃になっていた完熟アボガドを見て思いつきました。
アボガドのタルタルなので大丈夫王道美味しいです♡
旦那は一口めで「oishii♡」言ってま~たあっちゅう間に完食しておりました。
すぐに「oishii♡」が出る時は文句なく美味しい時。
結構厳しいんですよ。自分ポトフしか作らないくせに…。
で、今回はこれまた王道の海老を合わせましたが
カニにかえていただいてもスモークサーモンにかえていただいてもOK。
GW、外は混むのでおうち飲みしようか、な時でもよいかと思います。
ビールにもワインにも合います。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・完熟アボガド1個の角切り(レモン汁大2と1/2) ・アボガドと同じくらいの大きさに切った茹で海老60g ★EXVオリーブオイル小1/2 ★マヨネーズ大1 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★カレー粉小1 ★きび砂糖または砂糖小1/5 ★いいお塩少々 ★胡椒少々 ★パクチーのみじん切り小1(又はパセリやシブレット、あさつきなどのハーブ) ・ラディッシュのみじん切り2個分 ・トマトの薄切り適量(あれば2色) ・EXVオリーブオイル少々 ・カレー粉少々 ・パクチーの葉少々 ・あればピンクペッパー少々

作り方
材料を切る。アボガドに()内のレモン汁を混ぜておく。
アボガドと茹で海老をさっと混ぜ、★を混ぜる。
皿にセルクルを置き、②のアボガドのタルタルを半量詰め、セルクルを抜く。
※セルクルがなければ小さな器にタルタルを詰めてお皿にひっくり返してください。
周りにトマトとラディッシュを置き、EXVオリーブオイルとカレー粉を少々かけ、
タルタルの上にパクチーとあればピンクペッパーを飾る。
同じようにもう1皿作って出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

J3eW9R9zktaGJI31524229429_1524229558[1]

1日遅れになりましたが木曜レシピコーナーでございます。
ラディッシュが特売だったからと2店舗のスーパーで
旦那が2袋買ってきてしまって以来、
ラディッシュレシピがちょっと面白くなっている今日この頃。
先週もマルシェで買ってきちゃいましたし…。
ということで今回はラディッシュの色も生かした
「ピンク色のラディッシュのポタージュ」のご紹介です。
かわいい見た目で優しいお味。食材もかなりシンプルです。
でも見た目的にも味のアクセント的にも、
仕上げのピンクペッパーを出来ればトッピングしていただきたいです。
日本でも最近レシピサイトでピンクペッパープレゼント、
な~んてお知らせも見かけるので浸透してきてるのだと思うのですが
1瓶あると色味が足らない時にもおしゃれに仕上げたい時にもかなり使えます。
風味もブラックペッパーやホワイトペッパーとはやはり違って、
どこか女性らしい香りと辛味があるような「気」がします。
色からそんな気がしているのかもだけど、
やっぱりお料理って見た目もご馳走になるんですよね。
で、旦那は、色だけ見て、何のスープ?って言って、
飲んでも、美味しいけど何のスープ?ってまた言ってまして、
ラディッシュと玉ねぎだよ、って教えたら、
ああ、言われればちょっとそんな味がする~、って。
ポタージュスープって食材を知らないとわからない時ありますね。
ラディッシュの味はそれほどには感じませんが見た目からかわいくて、
そしてあっさりいただけるスープです♡
おもてなしで作っていただいても新鮮な反応があるかもです。
それでは材料と作り方で~す。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ヘタを少し切り取って輪切りにしたラディッシュ150g ・玉ねぎの薄切り30g 
・オリーブオイル大1 ・水200ml ・野菜ブイヨン1個 ・生クリーム50ml ・いいお塩適量 ・ピンクペッパー適量

作り方
小鍋を中火にかけ、オリーブオイルと玉ねぎを入れ、
玉ねぎがしんなりするまで焦げないようにしながら炒める。
水と野菜ブイヨンを入れ強火にし、沸騰したらラディッシュを加え1分くらい煮る。
これをミキサーにかけ、ポタージュ状にする。
鍋に戻し、再び火にかけながら生クリームを加え、
最後に味をみながらお塩で調味する。
器に入れ、ピンクペッパーをトッピングして出来上がりです。
…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


7rSLxVM9itRdnp31524056768_1524056920[1]
今日もムッシューのお店で買ったアスパラのレシピご紹介でして、
「生ハムとアスパラガスと苺とピスタチオのカルパッチョ」でございます。
少し前にご紹介させていただいたコチラ
生ハムとラディッシュとクリームチーズのカルパッチョ、わさびドレッシング
が美味しかったのでトッピングに苺とアスパラとピスタチオを足し、
ドレッシングも苺で作ってみた二番煎じでございます~。
でもこれでかなりお味が変わりましてフルーティあっさりで美味しいです♡
(でも旦那は大きな違いには気づかなかったのは内緒)
ポイントはハチミツを加えた苺のマリネと苺ドレッシング。
少し甘めが生ハムの塩気と合います。
でもフランス苺は甘みが少なめなので日本の苺の場合は、
ハチミツの量を少し加減してもよいかと思います。
それからクリームチーズをパルメザンチーズにかえても、
ピスタチオをローストのスライスアーモンドか胡桃でもOK。
ナッツのカリカリ歯応えがアクセントになっててこれまたいいんです♪
だのでナッツは多めがおすすめです!
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(1人分)
・生ハム30g ・茹でたグリーンアスパラの斜め切り2本分(根元を切って少し皮をむき塩を入れた熱湯で50秒くらい茹でる) ・スライサーで薄切りにしたラディッシュ1個分 ・クリームチーズの角切り10g ・苺の小さな角切り50g(レモン汁小1、ハチミツ小2) ・スプーンでよくつぶしてソース状にした苺25g(EXVオリーブオイル大1、白バルサミコ酢または白ワインヴィネガー大2/3、ハチミツ小2/3、胡椒少々) ・水にさらして辛味をとった玉ねぎのみじん切り小1(または新玉ねぎかエシャロット)  ・砕いたピスタチ大1くらい ・あればピンクペッパー少々(なければ粗びき黒胡椒適量)

作り方
材料の準備をする。苺はそれぞれ()内のものを混ぜておく。
平皿に生ハムをおき、玉ねぎ、苺の角切りマリネ、アスパラ、苺のソース、
ラディッシュ、クリームチーズ、ピスタチオを均等にのせ、
あればピンクペッパーを振って出来上がりです。
…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ