フレンチ

RIMG38865 - Copie

早速ですが、今週の「水曜はパリでランチしましょ」でご紹介した7区のエッフェル塔近くの裏通りにある「CAFE DE MARS(カフェ・ド・マルス)」でいただいた前菜の再現サラダのレシピのご紹介です。
お店では実はタコだったのですが、イカでも美味しいだろうな、思い、我が家にいつもある冷凍小イカでお試ししたら、とっても美味しく出来ました。もしかしたらお店より美味しいかも。
な~んてずずしいことを言ったら怒られそうですが、理由があるのです!
先ずは、風味と彩りのためにお店では入っていなかった紫玉ねぎとラディッシュを足したこと。
そしてレタス系のベビーリーフもなのですが、イカとスイカも程よく増やしたこと。
これでボリュームはもちろん、魚介のうまみ、スイカの甘み、玉ねぎとラディッシュの程よい辛みと歯触りが合わさってさらに美味しくなったような気が自分ではしております。
さっぱり爽やかなので、これは我が家の夏の定番になりそうな感じです。
あ、イカは小イカじゃなくて他のイカでもOKですし、もちろんタコさんでも(ってか元はタコでしたし)素敵です。その場合は食べやすく一口大にしたもので。それから普通の玉ねぎなら水にさらして辛みを程よくとってから優しくキッチンペーパーで水気を拭きとって、シャキシャキ感が残るようにしてください。そしてそして一番大事なこと。必ず召し上がる直前に野菜とイカドレッシングを和えてくださいね。時間がたつとべちょっとなって美味しくなくなってしまいますので。
それでは材料と作り方行きま~す。


材料(2人分)
・小イカ(100g) ・種をとったスイカ1、5㎝くらいの角切り(40g分) ・ベビーリーフ大きくひとつかみ ・紫玉ねぎの薄切り(25g) ・ラディッシュの薄切り(2個分) ★EXVオリーブオイル大2 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大1と1/2 ★レモン汁大1 ★砂糖小1/2 ★ハーブソルト適量 ★粗挽き黒胡椒適量

作り方
① ★を合わせておく。イカを熱湯でさっと茹で★と和えておく。
②ボールにベビーリーフ、紫玉ねぎ、ラディッシュ、スイカを入れ、②のイカドレッシングも入れ、ドレッシングが全体にからむよう出来れば手も使って大きくざっくり混ぜて、皿に盛り、出来上がりです。



ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

RIMG38572 - Copie

お庭ズッキーニがものすごくニョキニョキ育ってきたので我が家はいただいたのも合わせて今ズッキーニ祭り~。
で、
またまたズッキーニレシピに挑戦してみました。
ズッキーニのソテー、キヌアトマトドレッシングがけです。
つい最近ご紹介したズッキーニのソテー、豆腐パルメザンドレッシングが美味しかったので、
ズッキーニ、生も美味しいけど火を通したのもやっぱり美味しいなぁ、と改めて思って、
今自分の中ではズッキーニのソテーが何げ流行り中です。
で、これも自分的には大丈夫美味しく出来たと思います。&旦那も美味しいOKサイン。
柔らかズッキにさっぱりノンオイルのプチプチキヌアドレが合います。
なのでまたまたレシピご紹介コーナーです。
ちなみにお皿はエマウスで買ったDigoinのもの。
これからはさらにどんどこ使ってあげようと思っております。
また今週末も行きた~い♪
じゃ、材料と作り方いきま~す。
あ、また言っちまうけど超~簡単です!


材料(2人分)
・緑と黄色ズッキーニの6~7㎝の輪切り(300g) ・ソテー用オリーブオイル大2 ・塩胡椒少々 ・キヌア(30g) ・トマトの粗みじん切りの汁を切ったもの(50g) ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー(大1) ★砂糖一つまみ ★ライム汁又はレモン汁(小1) ★塩胡椒少々 ・あればイタリアンパセリ少々

作り方
①キヌアを表示記載通りに茹でしっかり湯を切り、トマトと★を混ぜておく。
②フライパンを中強火にかけオリーブオイルをしき、ズッキーニを両面色よく焼き、軽く塩胡椒をし、皿に盛る。
➂ ①のキヌアトマトドレッシングをかけ、イタリアンパセリを散らして出来上がりです。

※ズッキーニは1種類でもOKです。




そして、
RIMG38624

またまたいただきものが。
はすお向かいラファエルパパさんがヴァカンスに行っていて、
panier de campagne(パニエ・ド・カンパーニュ=田舎のバスケット)だよ、って。
最近よくアペロしてる旦那とラファエルパパさん。仲良しっぽ~い。




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

RIMG38467 - Copie
日本はお野菜が今とっても高いとネットのニュースなどで見ております。
ってことは旬のお野菜なら少しは買いやすいのだろうと思い、
それから我が家にもいただきもの&お庭夏野菜が今いっぱいあるので、
よし。旬の野菜でフランスでも日本でもお手軽に作れるヘルシーな1品を作ってみよう!思って出来たのが、
この「ズッキーニのソテー、豆腐パルメザンドレッシング」。
ズッキーニのソテーにフェタチーズを散らすのは結構よくあるスタイルですが、そのフェタをもっとずっとお手軽な豆腐にちゃちゃっと180°?変更!
だってフェタそんなにはまだポピュラーじゃないし好き嫌いもあるのでね。私は好きですけど。
で、コクは欲しいのでパルメザンを加えてみたらこれが大成功。ちょっとカッテージチーズっぽいかなかな?ともかくあっさりイケます~。
旦那の反応はどうかしらどうかしら、とまたまた物陰から覗いていたら、
うん、美味しい♪って今じゃ豆腐をわしわし食べる男もOKサイン。
仕上げにちょろっとかけたバルサミコ酢もちょっとした風味アクセントになって大事ポイントです。
それにいつも同じこと言っててあれなんですがこれも超簡単!
じゃ、材料と作り方行きま~す。


材料(2人分)
・あれば緑&黄色のズッキーニなければ1色のズッキーニの6~7ミリの輪切り(250g) ・ソテー用オリーブオイル(大2) ・ソテー用塩胡椒少々 ・木綿豆腐(120g) ★パルメザンチーズ(大2) ★EXVオリーブオイル大2 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー(大1) ★レモン汁(大1) ★塩と粗挽き黒胡椒適量 ★ガーリックパウダー(小1/2) ・イタリアンパセリ又はパセリや他のハーブ少々 ・バルサミコ酢(小1)


作り方
①豆腐はキッチンペーパーに包んで耐熱容器にのせ、レンジで3分加熱し、キッチンペーパーを取り、出た水分はしっかり捨て、冷ましておく。
②フライパンを中強火にかけ、ソテー用オリーブオイルをしき、ズッキーニを入れ両面色よく焼き、軽く塩胡椒をし、皿に盛る。
➂ ①の豆腐を手で細かく崩しながらボールに入れ、★も入れ混ぜる。これを②のズッキーニの上にかけ、イタリアンパセリを散らし、バルサミコ酢をさっとまわしかけ出来上がりです。



さてもう週末。早い~。何作ろうかどこ行こうか、軽~い気分で思案中でございます♪
って言ってもそんなすごいことしないんですけどね。程よいパリ地方暮らしでございます~。





ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

RIMG38183 - Copie
だいたいいつも(日本のは特に)、
世間で人気なものとかから遅れている自分ですが、
でも最近はもう少しいろいろ知っておこう、と思い始めております。
ま、これもまた遅過ぎかもなんですけど。
で、やっぱりそんなちょいとした情報が簡単に手に入るのが日本のネット。
スキレットも太眉もパクチードレッシングもカルディもネットで知りました。
だからすぐどうのはないけど知ると面白いものです。
たとえば、オサレな女優さんの眉が最近太いのもす~ぐ納得。
で、今更ながらネットはもちろんパソコンが使いこなせるのは便利なことだなぁ、と。
あ、でもそう言えばお友達痰壺Y子ちゃんは、
パソコン系がめっちゃ詳しくて、
職場では他の部署の人までが何かわからない時しょっちゅう聞きに来るらしいのですが、
家にはパソコンがないのです。
家でまで必要ないんだよね、携帯で済んじゃうんだよね、って。
で、そっか、それもまたカッチョイイなぁ、って。
出来るのに、なのに。
私なんぞぁ、元々機器音痴がかなりひどくて、
仕事でも簡単入力でしか使ってなかったこともあり、
ほぼフランスに来て格闘が始まったようなもの。
でも今では家にパソコンがないともう困っちゃう。
こうしてブログで自分の毎日や感じたことを綴るのが楽しいし、
ネットで大好きな日本の番組も見るのも楽しいし、
(マツコ&有吉の怒り新党、アメトーク、孤独のグルメ←パート5を待っている)
それから今はお料理が面白くてしかたないので、
お料理情報や今の時期のキーワード的なものがわかるのも楽しい。
そうするとですね、今のそんなキーワードがやっぱり夏野菜っぽい。
特にナスとズッキーニな印象です。
で、そんなナスを使ってポタージュ・ヴルーテを作ってみました~。←こじつけっぽいか?
ヴルーテ=veloutéとはビロードのような、なめらかな、という意味。
ミキサーでなめらかにしたポタージュにはときどきこのveloutéと言う形容詞がついているのですよね。
さてさて肝心のお味ですが、
これがとても美味しくて出来て自分でもビックリ。
ナスだけだと味がぼやけるかもと思い、クミンでほんのりアクセントをつけたのもよかったよう。
で、何のスープかわからず飲んだ(飲まされた?)旦那を物陰?から見ていたら、
案の定何々これ?美味しい~、って。
私、すました顔で、ナスだよ、って教えたら、
へぇ~、って。ほんとにへぇ~、って。
こうして何スープか言わずに出して、
物陰?から様子を見て、何これ?的表情を見るのもちょっと楽しいのです。
じゃ、材料と作り方で~す。とっても簡単で牛乳も生クリームもなしです!


材料(2人分)

・ナス400g(へたを取り皮をむいてざく切りにしたもの) ・にんにく1辺のみじん切り ・オリーブオイル大2 ・水200ml ・クミンパウダー小1/2 ・塩胡椒少々 ・コリアンダーの粗みじん切りまたはパセリの粗みじん切り適量 ・EXVオリーブオイル少々


作り方

①鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらナスを入れ中火よりやや強めの火にして焦げないようよく混ぜながら炒める。火が通ってきてしんなりし水分が出てきたら、その水分を飛ばすように炒め、1/3くらいの量になったら、水を入れ強火にし、沸騰したら軽く灰汁をとり、蓋をして、中火で5分くらい煮る。
②これをミキサーでなめらかなピュレにし、鍋に戻し、また中火にかけながら、クミンと塩胡椒を入れ混ぜ、火からおろす。冷やしていただく場合は冷めてから冷蔵庫へ。いただく時は器に注いだら、EXVオリーブオイルを少しかけ、コリアンダーをのせ、クミンパウダー(分量外)を少しかけてどうぞ。


*冷やしていただく時は少し固まるので、ピュレにして鍋に戻した後、水を少し足して予めゆるめにしておいてください。その際はクミンパウダーと塩胡椒もほんの少し足してください。




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!






RIMG38041 - Copie

お庭の家庭菜園でとれた今年初のズッキーニを使って、
これまたお庭タイムを散らして重ね焼きを作りました。
お肉系お魚系はなし。ズッキーニ、ナス、そしてトマトだけ。
我が家の肉食星人も最近では野菜だけメニューにすっかり慣れ、
大丈夫文句言いません、いや、言わせませんか。はは。
で、お味は?
野菜のシンプルな美味しさが味わえて私は十分と思ったのだけど、
うちの肉食はもの足りんかも、思ったら、
意外や意外、肉食も十分だって。他に何も足さなくていい、って。
で、私ちょっとビックリ。
いや~、肉系入ってないと、これ何?つまみ?
みたいに言ってた星人が変われば変わるもんだ。
うん、よいことだよいことだ、家計にも身体にも。ふむふむ。
だって以前はほぼ毎日ステーキ食ってたですと。
ありえへん。
そりゃ肉うまいけど毎日ステーキはそりゃどうかなぁ。
体臭もやばいんじゃないかなぁ。
だってほら外人やし。
ま、あたしがここでは外人だけどさ。
じゃ、材料と作り方で~す。めっちゃ簡単です!


材料
・ナス1㎝くらいの輪切り(350g) ・ズッキーニ1㎝くらいの輪切り(350g) ・完熟生トマト1㎝くらいの輪切り(350g) ・生のタイム枝4~5本(なければ乾燥でも) ・いいお塩適量 ・粗挽き黒胡椒適量 ・オリーブオイル適量


作り方(2~3人分)
①ナス、ズッキーニをオリーブオイルをしいたフライパンで強めの火で両面に焼き色をつけ、軽く塩と粗挽き黒胡椒をする。
②オーブンを180°で予熱開始。
➂耐熱容器にナス、ズッキーニ、トマトの順に繰り返し全部重ね、塩と粗挽き黒胡椒とタイムの葉を均等に散らし、オリーブオイルを回しかけ、180°のオーブンで30~40分くらい焼いて出来上がりです。


※炊き時間はそれぞれのオーブンで加減してください。またタイムは少し多いかな、と思うくらい散らすと焼き上がりにタイムの香りが感じられて美味しいです。もし肉食星人さんがいらっしゃるお宅でしたら薄切り肉やベーコンなどを入れていただいても美味しいかと思います。付け合わせにもどうぞ。


↑このページのトップヘ