イタリアン

RIMG8949 - Copie
昨日の記事でご紹介した2本めCFで書いておこうと思ったけど
忘れてしまったことをちょっと書いておきますね。
英語ではお母さんのことを子供が「マミー(mummy、mommy)」と呼びますが、
フランスでは「マミー(mamie)」はおばあちゃんのことになるんです。
そして孫ちゃんのことは男の子なら「プティ・フィス(petit-fils)」
女の子なら「プティット・フィユ(petite-fille)」なので、
昨日のCFは「マミーとプティ・フィス」の可笑しなストーリーということになります。
ま、主に活躍したのはマミーではありましたが。
ちなみにおじいちゃんは「パピー(papie)」、
そしてご存知の方も多いかと思いますがおかあさんのことは「マモン(maman)」、
(発音的にはマモンですがカタカナで書く時はママンの方が雰囲気ですね♡)
おとうさんのことは日本と同じで「パパ(papa)」となっております。
ということで木曜レシピコーナーでして、少し前にサバ缶パスタご紹介と書いた通り、
「サバ缶とプチ・トマトとパクチーのスパゲティー」です。
「パクチー」と聞いて、ああ無理!と思った方、大丈夫です!
パクチーが苦手でしたらパセリやバジルなんかの他のハーブにしていただいても、
美味しく召し上がっていただるかと思います。
(一応イタリアンパセリでも作ったみたらばっちりでした)
ただしパクチーがお好きな方はぜひパクチーで作っていただけたらと。
煮たパクチーってのもまた何ともいい味わいが出るんです。
他に調理ポイントとしてはプチ・トマトは切らずに使うこと、
そして多めの白ワインで煮ることでしょうか。
魚介と白ワインは王道組み合わせですし、プチ・トマトがプチっとはじけるのもグ~。
で、今回はお手軽に作っていただけるよう
我が家でパスタによく使うドライトマトはあえて省きました。
でも十分美味しいです!
それでは材料と作り方です。簡単ですよ♪
……………………………………………………………………

材料(2人分)
・ほぐしたサバの水煮100g ・プチトマト20個くらい ・にんにくと生姜のみじん切り小1ずつくらい ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・パクチー30gと葉の粗みじん切り少々(我が家は残っていたパクチーの茎を多めに使いました) ・オリーブオイル大2~3 ・辛口白ワイン150ml ・塩胡椒適量 ・スパゲティー180g

作り方
スパゲティーをアルデンテになるよう気をつけて茹で始める。
フライパンにオリーブオイル、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ、中火にかけ炒め、
香りがたったらサバとプチトマトを入れ、さっと炒め、白ワインとパクチーの茎を入れ、
強火にし煮立ったら中火くらいにして蓋をし、10~15分くらい煮て、味を見て軽く塩胡椒をし、スパゲティーが茹であがっていなければいったん火からおろしておく。
スパゲティーが茹であがったらよく湯を切り、②に入れ再び火にかけ、
さっと混ぜ、味を見ながらお好みの塩加減にする。
お皿に盛り、パクチーの葉をかけて出来上がりです。
RIMG8952 - Copie
今回は2色のプチ・トマト使いでしたが1色だけでももちろん大丈夫。
お気軽にお試しいただけると嬉しいです。
あ~んど、
これからの季節にいいパスタレシピも併せてご紹介させていただいておきますね。
好評いただいております→Cpicon ピーマンとウインナーの醤油ぺペロンチーノ by milketmoi
だし醤油にチーズがポイント→Cpicon ピーマンとチーズのだし醤油スパゲティー by milketmoi
梅とバターが合います♪→Cpicon 鶏肉と葱のあっさり梅バタースパゲティー by milketmoi
爽やかあっさりミートソース→Cpicon トマトとレモンのミートソーススパゲティー by milketmoi

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG8400 - Copie
木曜レシピのコーナーでして、週末に作って肝心の魚介を入れ忘れた
魚介(なし)とトマトのパスタの名を改めまして
「2種のトマトと黒オリーブとアンチョビーのスパゲティー」です。
レシピのために土曜日に続いて昨日早速また作りました。
で、また旦那に出したのですが、美味しい美味しい、とあっちゅうまに完食。
続け気味に同じものを食べるのが好きじゃないタイプなのですが大丈夫でした。
ま、パスタって結構飽きませんしね。
調理ポイントはドライトマトと生のプチトマトの2種を使うこと。
それぞれの酸味と甘さが引き出てぐぐんと美味しくなります。
それからパスタは土曜日の魚介を入れ忘れた時のはタリアテッレで
今回はお手軽スパゲティーにしてみましたが
どちらも美味しかったのでお好みでチョイスしていただければと思います。
で、これに魚介をプラスしていただければそれもそれでリッチな美味しさ、
「魚介とトマトのパスタ」が出来上がるのですがあさりなんか入れちゃうとこれがまた♡
それでは材料と作り方です!
……………………………………………………………………

材料(2人分)
・18個分くらいのプチトマトを半分に切ったもの ・オイル漬けドライトマトの細切り20g ・黒オリーブ10粒くらい ・アンチョビーの粗みじん切り10g ・包丁の背でつぶしたニンニク1片 ・赤唐辛子1/2本~ ・オリーブオイル大2 ・辛口白ワイン25ml 
・スパゲティー180g ・パルメザンチーズ適量 ・あればパセリのみじん切り適量

作り方
スパゲティーをアルデンテに向けて茹で始める。
フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、
中火にかけ炒め、香りがたったら、アンチョビーを加え炒める。
プチトマトも入れ炒め、軽くしんなりしたら、ドライトマトを加え、軽く炒め合わせ、
黒オリーブ、白ワインを入れ、軽く煮たら、いったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹であがったら、よく湯を切り、
②に入れ、再び火にかけ、さっと混ぜ、味を見て塩を足す。
皿に盛り、パルメザンとパセリを散らして出来上がりです。
RIMG8401 - Copie
今回は2色のプチトマトを使ったので彩りも綺麗になりました。
あ~んど。
いくつかの味タイプの違うパスタレシピも併せてご紹介させておいていただきますね。
好評いただいております→Cpicon オクラとベーコンのバター醤油スパゲティー by milketmoi
オイスターソース使いがミソ→Cpicon きのこベーコンのオイバタ醤油スパゲティー by milketmoi
マッシュルームの切り方がミソ→Cpicon ガーリックマッシュルームスパゲティー by milketmoi
超簡単でちょっと新鮮→Cpicon 和えるだけ♪カニカマとパクチーのパスタ by milketmoi
パリのビストロ再現パスタ→Cpicon コンビーフとミントのスパゲティー by milketmoi
ちなみにそのビストロはコチラです→「RINO(リノ) ~パリのビストロ 11区~

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG7633 - Copie
今日は木曜レシピデーですので(いつ決まった?)先週作って美味しかった、
「ほうれん草とベーコンとクルミのペンネ、半熟目玉焼き添え」のご紹介です。
主な材料全部料理名に入れちまったぜ感ですが、
王道マリアージュのほうれん草と半熟卵にベーコンの塩気とうまみ、クルミのカリカリ食感、パルメザンの風味、あ~んど、食べ応えのあるペンネの食感と大きさもポイント。
それぞれが合わさることで美味しいので、ぜひパスタはペンネでお願いします。
調理ポイントは特にありません。特別凝った具材もありません。簡単です。
あ、それと前回の「ウフ・アン・ムーレット」も近いうち再現に挑戦したいので、
美味しく出来ましたら(家ビストロとしては)ぜひご紹介させていただきたいです。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・よく洗って水けをよく切ったほうれん草のざく切り150g ・1㎝幅に切った厚切りベーコン(なければ薄切りベーコンでも)80g ・粗くくだいたクルミ30g ・にんにくみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・オリーブオイル大2 ・ペンネのゆで汁大2~3くらい ・塩胡椒適量 ・ペンネ120g ・半熟目玉焼き(又はポーチドエッグや温玉でも)2個 ・パルメザンまたは粉チーズたっぷりめ ・EXVオリーブオイル少々 ・粗びき黒胡椒少々

作り方
ペンネを茹で始める。半熟目玉焼きを作っておく。
フライパンにオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、
香りがたったらベーコンを入れ、少し火を強めて少し焦げ目がつくくらいに焼く。
ほうれん草を加え、手早くさっと炒め、軽く塩胡椒をし、いったん火を止める。
ペンネがアルデンテに茹であがったら、ゆで汁をとってからよく湯を切り②に入れる。
再び火にかけ、さっと混ぜ、味を見ながら茹で汁と塩胡椒でお好みに調味する。
火を止めて、最後にクルミを入れさっと混ぜる。
皿に盛り、目玉焼きを添え、EXVオリーブオイルをさっと回しかけ、
たっぷりめにパルメザンをかけ、粗びき黒胡椒をガリガリして出来上がりです。

………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG7636
今日もどうしちゃったのさ春まっさかり中パリでございます。
お隣り家パトリックさん家のさくらんぼの花も大満開中。
毎年すんごい量のさくらんぼが出来過ぎて収穫だけでも大変なよう。
お裾分けしていただける我が家は嬉しいのですが。
RIMG7640
我が家は杏やマグノリアの花が散ってしまい、植えた花の種が早く育たないかな、
と待ち遠しいのですが、べべっ子たちがずかずか上を走りまわり、ときどき掘ってるぞ!
「大丈夫か、お花ちゃん、負けんなよ~~!」
と思っているのですが、Non!って言った時のベベたちの、やべっ!って顔はかわゆし♡
次回はパリ散歩ご紹介となります。
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG6340 - Copie
今日は私としては珍しく昨日に引き続いてのレシピご紹介です。
いつもはレシピは連日はしないように一応しているのですが、昨日まだたっぷりあったほうれん草で1品を作ってみたら、それが美味しかったので早速紹介しちゃおう、って。
というわけで「ほうれん草とスクランブルエッグのペペロンチーノ」です。
ペペロンチーノと言っても、にんにくはオイルで炒めず、すりおろしたものをスクランブルエッグの中に入れます。これが大大ポイント!卵とにんにくってすごく合うのですよ。なので実はこの手はわたくしよくやっておりまして、シンプルオムレツににんにくのすりおろし入れたり、スクランブルエッグのサンドイッチもこの手で。
で、このスパゲティーでもスクランブルエッグが柔らかい歯応え&味わいでありながらもにんにく風味がアクセントで実にいいお仕事してるんです。あ~んど、卵と相性のいいほうれん草ですからバッチリ美味しいです♪
調理ポイントは、そのにんにく入り卵に火を通し過ぎずとろっと柔らかい半熟仕上げですぐ皿にいったんとること。あとはスパゲティーは必ずアルデンテ仕上げで。あ、あとほうれん草は結構砂が残っているのでよ~く洗ってそしてよく水気をとること。私はサラダ用水切りボールでぐるぐる回してしっかり水気をとっています。
それでは材料と作り方で~す。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ほうれん草のざく切り200g ・たまご2個(にんにくのすりおろし1片分、生クリーム又は牛乳か豆乳大1、塩胡椒少々) ・オリーブオイル大1 ・バター10g&5g ・塩胡椒適量 ・醤油小1 ・スパゲティー180g

作り方
スパゲティーをゆで始める。卵は割りほぐし()内のものを入れよく混ぜておく。
フライパンを熱し、オリーブオイルとバター10gを入れ、バターがとけたら卵を入れ、箸で混ぜ半熟のスクランブルエッグにして、すぐに皿にとる。(5秒くらいです)同じフライパンにほうれん草を入れ、やや強めの火で炒め、火が通ったら、塩胡椒で味付けし、いったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹であがったら、よく湯を切る。②のフライパンに先ずスクランブルエッグを入れ、再び火にかけさっと混ぜ合わせ、スパゲティーも入れ、さっと混ぜ合わせたら味を見ながら醤油と塩胡椒をし、最後にバター5gを入れて混ぜ、お皿に盛って出来上がりです。
これでムッシューのほうれん草、全部美味しく使い切りました~。イェイ!

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!





RIMG6174
今回は、更新記事にちょっと困り昨日焦って作った我が家の定番「ブルグルのリゾット」のご紹介です。
ブルグルとは乾燥の挽き割り小麦のことでアラブ地域、特にトルコでよく食べられる食材です。
一見アラブ料理のクスクスのスムール粒に似ているのですが、食感はかなり違いまして、
ブルグルのプチプチモチモチ感はちょっと独特特別。それが何とも言えず美味しいんです。
で、最近は日本でもこのブルグル、わりと手に入りやすくなってきているようなのですが、
一度火がつくと広がるのが早いジャポン(消えるのも早いけど)これもそのうち来るんじゃないの~、
ってわたくし思ってるんです。
でももしブルグルじゃなくてもリゾット食べたいわ、な場合でしたら、
下記の材料のところのブルグルをそのままお米にしていただいてもお米のリゾット出来ちゃいますので、
出来る範囲チョイスしていただければと思います。お米でしたらアルデンテ仕上げでお願いします。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(お上品な2人分)
・ブルグル70g ・エシャロットみじん切り(又は玉ねぎ)15g ・オリーブオイル大3 ・バター5g 
・塩少々 ・パルメザンチーズ適量 ・パセリのみじん切り適量 ・ブイヨンスープ450ml~500ml(ブルグルによって若干量が変わる)

作り方
鍋にブイヨンスープを入れ、コンロで温め、そのまま弱火にかけておく。
隣のコンロに別の鍋を中火にかけ、オリーブオイルとエシャロットを入れ炒め、エシャロットがしんなりしたら、ブルグルを入れさっと炒め、油が全体に回ったら、隣りで温めているブイヨンスープをお玉一杯入れる。火を中火よりやや強めにして(我が家は電気で1~10のうちの7の火力)炒め煮にする。だんだん水分がなくなってくるので、そうしたらまたブイヨンスープをお玉で一杯加える。これを繰り返す。
途中で味見を何度かしてちょうどよく火が通ったら、バターと味を見ながら塩を入れ、火からおろす。
(今回のブルグルはだいたい15分くらいでちょうどよく火が通りました。)
お皿に盛り、たっぷりめのパルメザンチーズとパセリをかけ、あれば彩りにピンクペッパーなどを飾り出来上がりです。
RIMG6176 - Copie
今回は型抜きのセルクルを使いましたがそのまま盛ってもリゾットらしいと思います。
…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG6177 - Copie
今我が家にあるブルグルもご紹介。左(ちょっと光ってしまって見づらいのですが)と
右のはトルコので真ん中のは「Tipiak」というフランスでポピュラーな食品会社のもの。
「Tipiak」と右のは早や茹でタイプとなっております。
こうして早や茹でタイプのも多いのですよね。で、今回使ったのは真ん中「Tipiak」。
RIMG6182 - Copie
ブルグル粒はこんな感じ。挽き割った感、ありますね。
RIMG6185 - Copie
そしてブイヨンに使ったのはこのジョエル・ロブションの自然派ブイヨン。
ではなく、もっとお手軽な固形のキューブをお湯に溶かして使いました。
こちらのブイヨンはカルフールで3パック入りで4ユーロちょっととなかなかのお値段。
気軽には使えません。しかもカルフールで最近、置かなくなったのです。
あんまり売れてなさそうだったんですよねぇ。やっぱりお値段がネックかしら…

…………………………………………………………………………

も1つ、あ~んど。
RIMG6192 - Copie
後ろ脚の関節が悪くなっていてここ3週間ほどまた病院通いした日本生まれの13歳ミルク坊やです。
またというのは、赤ちゃんの頃から虚弱体質で日本でもフランスでもしょっちゅう病院通いなのです。
今回の治療では先生が坊やの歩き方を見て、飲んだお薬がもし効かなかったらアルツハイマーが始まっているかも、と言っていたのですが、お薬が無事効いて、脚の関節だけの問題とわかり、これからまた、ずっと飲んでいる心臓のお薬に加え、関節のお薬もずっと飲むことになりました。
目もあまり見えなくなっていて耳もかなり遠くなっているのですが、でもまた元気になりました。
今年の夏が迎えられれば14歳。こんなに生きてくれるとは思ってもみなかったので、
これだけで十分神様プレゼントだな、一緒にいらえるだけで幸せだな、と思う毎日なのです。
でも今になってよく思うことがあって。この弱さは無理な繁殖で作られた子だったのかな、と。
日本のペット産業は異常な面があります。一部の企業はお金のためなら何でもやる、生まれてくる命をもの扱いで、命のことなんてな~んにも考えちゃいない。そしてそれは結局大人もですが子供たちの思考にも大きく影響してくると私は思っています。この異常さは法律できちんと規制してほしい。
弱い坊やと暮らしてきて本当にそう思います。でも無理かな。なんせお金お金お金の人たちだから。
多くの政治家たちもですが…。フランスの大統領選有力候補のフランソワ・フィヨンも
家族ぐるみの不正受給発覚で二コラ・サルコジとま~ったく変わらなかったのですよね…なんだかねぇ…
ということでブルグルさんから話がなんか変わってしまいましたが、
ブルグルはプチプチモチモチで美味しいですよ!坊やが元気になって嬉しかったです!
っていう記事でございました。きゃっ、今日は更新12時を過ぎてしまった~

…………………………………………………………………………

長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ブログランキングの登録カテゴリーをパリ→フランスに変更しました。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



↑このページのトップヘ