イタリアン

R0012441 - コピー (2)
本日2つめのレシピご紹介でございます。
買っておいて忘れていたモッツァレラチーズの1種である「ブッファラ」。
見たら賞味期限が迫っていたので、
イタリアの生ハムと合わせてご馳走サラダにしてみました。
R0012447 - コピー (2)
で、ささっと作ったわりにとっても美味しかったのです。
これはブッファラが美味しかったことが大きい。
なのでフランスなど欧米にお住まいでしたら、
今、比較的買いやすくなったブッファラで。日本にお住まいの方でしたら、
ちょっと奮発して良いモッツァレラチーズを使っていただくとよいと思います。
クリーミィーで淡泊なモッツレラに生ハムの塩気やフレッシュな野菜、
松の実の食感が合います。
松の実がなければアーモンドやカシューナッツでもOK。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・モッツァレラチーズ1個(今回はブッファラ使用) 生ハム4~5枚 ・レタス軽くひとつかみ ・ピューラーで薄く縦に切ったズッキーニ4~5枚 ・半分に切ったプチトマト5個分くらい ・薄切りにしたラディッシュ2個分 ・松の実大さじ2 ・フレッシュなバジルの葉6枚くらい ★EXVオリーブオイル大さじ4 ★白バルサミコ酢大さじ1(または白ワインヴィネガーとお砂糖2つまみ) ★レモン汁大さじ1 ★ナチュラルヨーグルト大さじ1 ★玉ねぎのすりおろし小さじ1 ★にんにくのすりおろし小さじ1/2 ★塩胡椒適量

作り方
★を合わせておく。
お皿にレタスを盛り、真ん中にモッツァレラチーズを置く。
周りに生ハム、ズッキーニ、プチトマト、ラディッシュを並べる、
松の実とバジルを千切りながら散らす。
いただく時に★のドレッシングをかけて召し上がってください。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0012403 - コピー

イタリアやスペイン料理も大好きで、
パスタやパエリアなどポピュラーなものは自己流で作りますが、
住んでいる方だから作る郷土料理はやはり知りません。
そんな時はその国在住の方のレシピを参考にさせていただきます。
今回の残りのパンを使った
「パンツァネッラ(イタリア風パンサラダ)」は、
こちらのブログで初めて知りました。
それでもイタリアなワケNEW!inトスカーナ・夏の1品
で、バゲットの残りを冷凍したものがたくさんあるので、
消費出来るしこれ作ってみよう!とすぐ挑戦。
でもそのまんま作ったのではオリジナルの工夫が何もないので、
冷蔵庫にあった青唐辛子を投入。
これがちょっとメキシカン風味になってさっぱりピりッで良い良い。
なので調理ポイントは、生の青唐辛子を入れること。
我が家は少し辛いくらいで十分なので辛さの元の種は全部取りましたが、
辛いのがお好きな方は種もそのままお使いください。
もう1つ大事なのはフレッシュなバジル。
これがい~いお仕事してくれます。
それではほんのちょっぴっとだけオリジナルな1品ですが、
材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・バゲット70gくらい ・トマト250g ・キュウリ80g ・白玉ねぎ80g ・青唐辛子6~7本 ★ワインヴィネガー大さじ2と1/2 ★レモン汁大さじ1 ★レモンの皮のすりおろし小さじ1/2 ★塩胡椒適量 ・EXVオリーブオイル大さじ3 ・フレッシュなバジルの葉7~8枚

作り方

トマトは湯むきしてヘタを取り、食べやすく切る。
キュウリは縦に切り、輪切りにする。
海外の中の水分が多いキュウリはその部分を取りぬいて輪切りにする。
白玉ねぎは薄切りにする。
普通玉ねぎなら水にさらして辛みをとって水気をよくとる。
青唐辛子は縦に切って種をとり、輪切りにする。
ボールに野菜を全部入れ、★を混ぜ、冷蔵庫で1時間くらいマリネする。
その間に食べやすく千切ったバゲットを浸るくらいの水につけしばらく置く。
バゲットの水気を軽くぎゅっと絞って、②の中に入れる。
EXVオリーブオイルを混ぜ、味をみながら塩胡椒をする。
バジルの葉を手で千切って入れ、さっと混ぜる。
冷蔵庫で1時間くらい冷やして出来上がりです。

本日はまた2つめレシピご紹介がありまして、
超簡単で手軽なランチにぴったりなレシピです。
また後ほどのぞいていただけると嬉しいです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0012409 - コピー
パリとレシピと。
どっちが主か自分でも??なわたくしです。
でもパリのビストロ再現レシピもときどきあるので、
トータル的にはパリ、フランスブログと言っても大丈夫でしょうか?!
ということで、本日はレシピご紹介デーとなりまして、
「ズッキーニとリコッタチーズのパイピッツァ&タルティーヌ」でございます。
もう先に言っちまいますね。かなり美味です!
くどさがまったくなくてあっさりクリーミィ-で優しいお味。
お店で出てきてもおかしくないです。
でも実はこれ、雑誌に出ていたレシピを家にあるもので作ったもの。
雑誌レシピでは生地から作るピッツアだったのですが、
生地作りは面倒なので冷凍しておいた市販パイ生地使い。
そして組み合わせだけ頭に入れておいて、
あとは量&焼き時間を様子見い見い作ってみました。
でもこれが新鮮美味でびっくり!しかも超~~簡単!
リコッタチーズなんてよくわからないぜ!な場合でも、
わざわざ買ってきていただいて作っていただいても、
たぶん満足していただけるかな、と思います。
イタリアンレストランだったら結構なお値段に設定されてしまうかもですが、
それを考えれば半額以下(1/3以下かも?)で作れると思うのでおすすめです。
ただし、この組み合わせピッツアは日本のネット検索では一切出てきません。
調理ポイントは今回市販パイ生地だったので、
先にちょっと焼いてから具材をのせて焼きましたが、
生地によって焼き方を変えてください。
市販ピッツア生地でも手作りでももちろん素敵。
春巻きの皮や餃子の皮で作ってもいいかも。
また、リコッタ千チーズをモッツァレラチーズに変えても
美味しいと思います。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・市販の冷凍パイ生地1枚 ・スライサーで薄い輪切りにしたズッキーニ200g ・リコッタチーズ200g ・溶けるチーズラぺお好み量(今回我が家ではコンテチーズのラぺ使用) ・お塩適量

作り方
オーブンを220度で予熱開始。
パイ生地にフォークで数か所穴を開け、オーブンシートにのせ、
220度のオーブンで4~5分くらい、軽くぱりっとなるまで焼く。
焼き時間はそれぞれのオーブンで調節してください。
取り出し、生地にリコッタチーズを均等に塗る。
その上にズッキーニを少しずつ重ねながら並べる。
いいお塩を適量振りかける。
チーズラぺをたっぷりめに均等に振りかける。
220度のオーブンで12~15分、焼く。
仕上げに焼き色をつけるために高温にして数10秒~1分くらい焼いて、
いい色に焼けたら出来上がりです。

&パイピッツアで美味しいのだから、
残りバゲットを使ってタルティーヌにもしてみました。
R0012436 - コピー
大丈夫。ぜんぜん美味しいです。
作り方はパンにリコッタチーズをたっぷりめに塗って、
薄切りズッキーニを並べて塩をしてチーズラぺを散らして焼くだけ。
パンは予め焼いておく必要がないのでその分ラクです。
なので生地はほんとあるものをご利用ください。
ということで、この後また簡単レシピをご紹介させていただきますので、
後程またのぞいていただけると嬉しいです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0011999 - コピー
ご近所さんが庭採れの完熟トマトをくださいました。
でもすごい量!で、サラダでいただくにも限界があると思い、
レンジで生トマトのソースを作りました。
調味料は塩胡椒と少しのお醤油だけですが、
これがとても美味しく出来ました。
これはまずトマトが完熟で甘かったのが大きかった。
なのでこのトマトソースを作る時は、
ぜひ食べ頃の甘い完熟トマトを使ってください。
熟し過ぎて柔らかくなり始めてるくらいが特におすすめ。
写真のようによりソースっぽく仕上がります。
で、このトマトソースを使っていろいろレシピに挑戦しております。
なのでこの後はそのレシピを順にご紹介。
手間のかかるものはありません。
まずはこのソースのレシピと簡単パスタ1種をご紹介。
活用したいので基本ソースはシンプル味に仕上げております。
それではまずはソースちゃん行きます!
…………………………………………………………………

材料
・完熟生トマトの粗みじん切り350g(汁と種も含めて) ・玉ねぎのみじん切り100g ・にんにくのすりおろし1個分 ・オリーブオイル大さじ4 ・醤油大さじ1/2 ・塩2つまみ+塩3つまみ ・胡椒適量

作り方
耐熱容器に玉ねぎ、にんにく、オリーブオイル、塩2つまみを入れ、さっと混ぜる。
ふわっとラップをしてレンジで4分加熱。
一度取り出し、ラップを外して、トマト、醤油、塩3つまみを混ぜる。
ラップをしないでレンジで10分、途中何度か止めて、混ぜて加熱。
10分加熱で透明な汁が多いようだったらあと3、4分、
様子の見ながら加熱してください。
加熱が終わったら味を見て塩胡椒で軽く味を調えて出来上がり。

で、このトマトソースを使って
「鶏肉入りトマトレモンパスタ」を作ってみました。
R0012017 - コピー
パスタは火を使っておりますが、
鶏肉入りトマトレモンソースはまたまたレンチン。
でもあっさりイケます!
調理ポイントは粗みじんにした鶏肉は
ところどころかたまりが残ってるままでレンジ加熱。
ごろっと感が出て食べ応えが出ます。
そしてどのパスタでもOKですが、
おすすめはきしめんのようなタリアテッレ。
このあっさりトマトレモン味によく合います。
ということで
それでは材料と作り方ですが、
本日この後またこのソースを使ったレシピをご紹介させていただきますので、
お時間があればのぞいてみてくださいませ。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・レンジで作る完熟生トマトソースお玉に2杯くらい ・鶏むね肉またはもも肉の粗みじんまたは鶏ひき肉50g~80gくらい(塩胡椒少々、薄力粉大さじ1) ★醤油小さじ1と1/2~ ★塩胡椒適量~ ★レモン汁大さじ2~ ・お好みのパスタ120g ・あればハーブのみじん切り少々

作り方
耐熱容器に完熟生トマトソースを入れる。
鶏肉に()のものを順にもみこみ、トマトソースの上に
ところどころかたまりが残ってるまま散らすようにのせる。
ふわっとラップをして、1分30秒くらいレンジで加熱する。
鶏肉に火が通っていればOK。
味をみながら★を混ぜる。
パスタを茹で、しっかり湯を切り①のソースを混ぜる。
もう一度味をみて足らなければ★で調節する。
お皿に盛りあればハーブを散らして出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0008812 - コピー
本日のレシピパート②のご紹介でございまして、
「千切りキャベツだけの醤油ブラックペッパーペペロン」です。
我が家は毎週、キャベツ、人参、ブロッコリー、玉ねぎを、
たっぷり消費いたします。
で、今日ご紹介レシピは、残っていたキャベツで
とにかく超簡単なのが出来ないかな、と思って作った1品。
普通のできだったら、ま、いっか、と思って作ってみたのですが、
大丈夫。千切りキャベツだけのわりにはイケます。
調理ポイントは生のキャベツに熱々のペペロン風オイルを混ぜること。
キャベツを炒めるのではなく、あえて和えています。
これで炒め物でもなく、サラダ風でもなく、
とにかくまた一味違う1品となっております。
ちょっとレモンを絞っても美味しいので、
お好みでチョイスしてくださいませ。
それと、今回はなるべく手軽な材料でと思って使ってないのですが、
ペペロン風オイルにアンチョビのみじん切りを足しても美味しいと思います。
あれば足してみてくださいね。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・千切りキャベツ200g ・オリーブオイル大5 ・包丁の背でつぶしたニンニク1個 ・赤唐辛子の輪切りお好み量 ★醤油大さじ1と1/2くらい ★和風だし小さじ1/2 ★塩適量 ★粗びき黒胡椒たっぷりめ

作り方
ボールに千切りキャベツを入れておく。
小鍋にオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れ、
中火で香りがしっかり出るまで炒める。
香りが出たら、①のキャベツの中に入れ、混ぜる。
★を味みながらお好み量混ぜる。
お皿に盛って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ