イタリアン

またすっかりお伝えするのを忘れてしまったのですが、
先週土曜日5月25日に第28週目となる、
ジレジョーヌのデモが行われました。
政府発表ではフランス全土で動員数15,500人。
パリでは1,600人となっております。
…………………………………………………………………
ツナとキャベツのさっぱり生姜スパゲティー
最近はレシピのほとんどがオリーブオイル&醤油になっちまってるのですが。
ごめんなさい、今日も調味料はほぼそれ~。
でもね、具材の合わせ方でまったく味が違ってくるので、
それがまた面白いんですよねぇ。
で、今回は生姜がたっぷりでまたぜんぜん風味ちゃいます!鼻ふんがっ。
だから思うけど生姜、にんにく、赤唐辛子、スパイスってすごいです。うんうん。
さて、でもこのパスタは自分レシピのコチラ。
Cpicon たっぷりセロリ葉とツナと生姜スパゲティー by ルロワ・モワ
のセロリをた~だキャベツに変えたもの。
他の調味料はほぼ同じです。
セロリを食べやすいキャベツにしても美味しいだろう
というのは誰でも想像つきますね。
なので、やはりとても美味しいです♪
調理ポイントはスパゲティーをアルデンテに茹でること、くらいかな。
パスタはアルデンテじゃなければほぼ失敗ですよね。
なので結構多くのフランスのイタリアンレストランのパスタや、
フランス家庭のパスタは茹で過ぎで失敗と言えるかもしれません。
旦那も子供の頃、やわやわのパスタが当たり前だったので、
私と結婚してもしばらくはパスタはあまり好まなかったのですよね。
が、今は、アルデンテのパスタうま~!って。
でもフランス家庭に入ってわかったのですが
昔からフランスの一般家庭ではパスタって、
安くて調理が簡単なので、美味しいから、というよりは、
パンと並んだお手軽炭水化物の1つとして食べられていたんですよね。
そして今もそれが続いているのです。
なので日本のイタリアンやパスタってほんと美味なものが多いですが、
それぞれの国で食べ方が違ってくるんだなぁ、と気づきました。
ということで、このスパゲティーは体にいい生姜がた~っぷり。
和なようでイタリアンなようで…どちらのよさもあるパスタ。
生姜が苦手じゃなければおすすめです♪
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・千切りキャベツ120g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・赤唐辛子の輪切り適量 ・しょうがの千切り25g ・ノンオイルツナ缶汁ごと50g  ・EXVオリーブオイル大さじ2+大さじ1 ・スパゲティーの茹で汁おたま一杯分 ・醤油大さじ1 ・塩胡椒適量 ・スパゲティー140g

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンにオリーブオイル大さじ2とにんにくを入れ、
中火よりやや強めの火で炒め、香りがたったら赤唐辛子と生姜を入れ軽く炒める。
キャベツも加え炒め、しんなりしたらツナを汁ごと入れ、さっと炒める。
スパゲティーが茹であがっていなければいったん火を止める。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら茹で汁をとってから、
ザルに上げ、しっかり湯を切り②に入れる。
再び火にかけ、茹で汁、醤油大さじ1、オリーブオイル大さじ1を混ぜ、
味を見て足らなければ塩と胡椒をする。
皿に盛り、あれば彩のハーブを飾って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (931)
昨日出来立てほや子さんのレシピのご紹介でして、
「トマトのオリーブオイル醤油スパゲティー」です。
風味だしににんにくを使っておりますが具材はトマトだけ。
でもこれがシンプルにトマトの美味しさが味わえてよいのです。
調理ポイントは醤油を使っていること。
でも和風味を目指したわけではありません。
醤油は今や各国料理のボーダーを超えた調味料。
フランスのキュイジニエさんも塩胡椒感覚でフレンチに普通に使っております。
あとポン酢や米酢、酒なんかも調味料として浸透してきております。
日本料理はかなりリスペクトされてるのを感じます。嬉しい。
今回フォトではプチトマト編ですが、普通の完熟トマトでも美味しい。
そちらも確認済みなので大丈夫です。
お肉系やツナを入れても美味しいと思いますが、
私的にはこのトマトだけのくどさのない味が好み。
トマトだけじゃ寂しい~、という方は何か+なさってくださいませ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・プチトマト25~30個(普通の完熟トマトなら250g~300g) ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・スパゲティー180g ・オリーブオイル大3+大1  ・塩3つまみ  ・日本酒大3 ・スパゲティーの茹で汁大3 ・醤油大2~3 

作り方
スパゲティーを茹で始める。
プチトマトは半分に切る。普通トマトなら小さめのざく切りにする。
フライパンにオリーブオイル大3とにんにくを入れ

中火よりやや強めの火にかけ香りが出るまで炒める。
プチトマトを入れ、塩3つまみも入れ軽く炒める。
酒を振り入れ中火にして蓋をし2分くらいに煮る。
スパゲティーの茹で汁も足し、また蓋をして1分くらい煮る。
スパゲティーが茹で上がっていなければいったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったらしっかり湯を切り③に入れる。
味をみながら醤油をお好み量入れさっと混ぜる。
火を止めEXVオリーブオイル大1をさっと混ぜる。
お皿に盛って出来上がりです。
※彩にルッコラを散らしましたがなくてOKです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (673)
冷蔵庫に数日入れたままだったパプリカ。そろそろ食べないと、と思い、
レンジも使ってあとはスパゲティーを茹でて具材を混ぜるだけの、
とにかく超手間なしのスパゲティーにしてみたんです。
そしたらぜんぜん美味しい♪ 炒めるのとかぜんぜん要りませんでした~。
レンジだけど火を通したパプリカの甘さがクリームとスパゲティーと合います。
お子様にも大人さんにも召し上がっていただけます。
旦那は少し残ったクリームソースも
最後までパンでぬぐって完食しておりましたよ。
調理ポイントは簡単過ぎてありませんが、
あえて言うならスパゲティーは必ずアルデンテに茹でること。
混ぜるだけなので主役のスパゲティーの美味しさ大事です。
今回は具材はほんとパプリカだけですが、
海老やツナ、ハムなどを入れていただいても美味しいと思います。
海老はスパゲティーと一緒に最後にさっと茹でちゃえばいいかもですね。
調理時間はスパゲティーの茹で時間+ちょっと。
でもスパゲティーが細くても太くてもほんとすぐ出来ちゃいます!
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・ヘタと種をとったパプリカ200g(今回は2色使用) ・スパゲティー140g ★生クリーム100ml ★塩胡椒適量

作り方
スパゲティーを茹で始める
パプリカを耐熱容器に入れ、ふわっとラップをして、
柔らかくなるまでレンジで4~5分くらい加熱する。
取り出し、触れるくらいになったら小さめに切る。
煮汁が出ていたらそれもそのまま使うので捨てないでください。
細めのスパゲティーの場合は先にパプリカをレンジ加熱してから、
スパゲティーを茹で始めてください。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら湯を切り、
鍋に戻し、パプリカと★を味をみながら混ぜる。
お皿に盛って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

少し前のフランス人の体臭と口臭についての記事についてちょこっと。
体質の違い?フランス人の口臭と体臭について日ごろ感じること
ウラジミールアスボンさんからいただいたコメントで、
フランス人が口臭がないのは胃が強いからで、
日本人は胃が弱いからでしょう、と。
そうか、と目からウロコでした!
というのも、以前、胃の調子がおかしい時、診察していただいた日本人の先生も、
フランス人は日本人より胃の病気がずっと少ないので、
胃で心配な場合は、胃の医療が進んでいる日本で診てもらった方がいい、
と言われたことがあるのです。ここでも書いたことがありますが。
遥か昔から肉中心の食生活のフランス人、と言うか欧米人は胃液が多く、
長い間、魚と野菜中心の食生活だった日本人は胃液が少なく、
消化能力が違うらしく、そこにストレス系の問題も入ってくるという。
歯の質もあるだろうけど、胃の影響、ものすごくありそうです。
はぁ~、長年のフランス人の無口臭の謎がちょっととけたっぽいです~。
…………………………………………………………………

Foto (175)
はい。ということで、超あっさりした和風なパスタがいただきたくて、
ちょっと残っていた鶏むね肉と常備野菜でさっと作ってみたら、
美味しく出来ましたのでご紹介です。
味付けポイントは柚子胡椒とEXVオリーブオイル。
柚子胡椒は間違いなしの頼りになる調味料ですが、
オリーブオイルもオイルだけど香りと風味が豊かな調味料でもあるのですよね。
で、今回は鶏肉も途中で一緒に茹でるので、
そのだしも生かそうと簡単ワンポットパスタ。
調理ポイントは水からスパゲティーを茹でること。
実はお湯から茹でるのもやってみたのですが、
なぜか水からの方が麺がぷりっとして美味しかったんです。不思議。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・スパゲティー140g ・人参の千切り60g ・キャベツの千切り70g(今回かなり適当な太め千切りですが大丈夫美味しかったです) ・食べやすく切った鶏むね肉80g(塩少々と酒大1、薄力粉大1をまぶしておく) ・水550ml ・コンソメ1個 ・塩小1/3 ・EXVオリーブオイル大3に柚子胡椒小1と1/2を混ぜておく ・味をみて足らなければ塩少々 ・あればハーブのみじん切り少々

作り方
大きめの鍋に水、コンソメ、塩、スパゲティーを入れ、
強火にかけ沸騰したら中火にし、蓋をして煮る。
袋に表示されている茹で時間の半分経ったくらいに、
人参を入れさっと混ぜ、蓋をし1分煮る。
時間差でキャベツと鶏肉も入れ、さっと混ぜる。
もし水分が足らないようだったら少し足し、蓋をして軽く煮る。
表示茹で時間の1分前に、スパゲティーを食べてみて
お好みのアルデンテ加減になったらすぐ火からおろす。
柚子胡椒EXVオリーブオイルを混ぜ、味をみて足らなければ塩で調節する。
お皿に盛り、あればハーブを散らして出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (172)
今週新しく考えてみたレシピが2つほど平凡に終わっていたのですが、
昨日作ったのは大丈夫、美味しく出来ましたのでご紹介です。
思いついたきっかけはこの人参ドレサラダ。
→「ハムのご馳走サラダ、人参ドレッシング
これで、すりおろし人参美味しいなぁ、しかも身体にいいし、と思って、
ちょうど中途半端に残っていた生クリームも使って
たまにはツナも使って、とやってみたら、
野菜の甘さがよく出た美味しいパスタになりました。
調理ポイントは特にありません。
動物性のものを控えたい方は生クリームを豆乳にしていただいてもOKです。
パスタもお好みのものでいいです。
でも今回のペンネもですが大きめショートパスタだと
作ってすぐ食べなくても軽く温めなおせば美味しいし、
スパゲティーのようにつるつるっとではなく、
1つ1つ噛み応えがあるので少なめ量でも満足出来ます。
これも2人でペンネ100gですが決して小食ではない旦那が
2/3くらい食べて大満足だったようです。
ティーンエイジャーのスポーツ少年とか
プロレスラータイプの男性たちの胃袋だとわかりませんが…。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・すりおろした人参70g ・玉ねぎのみじん切り30g ・ツナ40g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・オリーブオイル大2 ・生クリーム70ml(牛乳か豆乳でもOK) ・醤油大1弱 ・味をみて胡椒と足らなければ塩少々 ・ペンネ100g ・あればパセリのみじん切り少々

作り方
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ火にかけ炒め、
香りがたったら玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。
人参のすりおろしとツナを入れさっと炒めたら、
生クリームを入れ軽く煮る。
醤油と味を見ながら塩胡椒をしてソースの出来上がり。
パスタをアルデンテに茹で、しっかり湯を切り①と混ぜる。
お皿に盛りあればパセリを散らして出来上がりです。

※この時は忘れてしまったのですが、仕上げに粗びき黒胡椒を挽くと、
甘さが引き立ってピリッと大人味になるかと思います。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ