イタリアン

FotoJet (306)
今週はちょっと肌寒いパリなのですが、そしたらジャポンもそうみたいで、
一緒だなぁ、やっぱりつながっているのかな、
と思ったのですが、いや、偶然ですね。
なんせ飛行機で12時間くらいかかるし、地図見てもめっちゃ離れてますもんね。
せめて6時間くらいだったらいいのになぁ。
あと100年くらいしたら速い飛行機出来てるんだろうなぁ。
うん、あきらめましょう。
さてレシピコーナーでして、夏野菜が美味しい季節ですね。
ということでそんななっちゃんお野菜を使って
「カラフル夏野菜のスパゲティー、アンチョビ醤油風味(麺つゆでもOK)」
のご紹介でございます。で、もう言っちゃわせていただきますが、
主な具材は夏野菜と調味料も兼ねているアンチョビで、
お肉系はなしですが大丈夫。美味しいです!ぜんっぜん物足りなくありません!
アンチョビ醤油風味ともうしましても醤油の方はほんと隠し味程度で少し。
でもそれくらいが野菜の甘さの邪魔にならなくていいんです。
調理ポイントはなのでお醤油少しってことと、
(お醤油を少しの麺つゆにしてもOKです)
あとはスパゲティーをアルデンテに茹でることくらいです。
それでは材料と作り方です。
あ、それから次回も夏野菜を使った超~簡単なおつまみをご紹介します。
レシピの材料と作り方書かなくてもいいくらいなんですが美味しいんです♪
はい、じゃ、材料&作り方です~。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・根本を切ってそこから少し皮をむき斜めに切ったアスパラガス2本分(ズッキーニでも美味しいです) ・食べやすい大きさの千切りにした赤と黄のパプリカ150g ・へたをとって粗みじんにしたトマト120g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・アンチョビのみじん切り6~7gくらい ・お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・オリーブオイル大2 ・酒大2 ★スパゲティーのゆで汁おたま半分くらい ★塩適量 ★醤油小1くらい ・スパゲティー180g  ・お好みでレモン半月切り適量

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンにオリーブオイルとにんにく、アンチョビ、赤唐辛子を入れ
中火よりやや強めの火にかけ炒め、香りがたったら、
アスパラガス、パプリカ、トマトを入れ、酒を振り、蓋をして、
中火で5分くらい蒸し焼きにする。
スパゲティーがまだ茹で上がっていなかったらいったん火を止める。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら
ゆで汁をとってからよく湯を切り、②に入れ、
味をみながら★で調味して、出来上がりです。
いただく時、途中でレモン汁をしぼっても
少し風味が変わりそれもさっぱり美味しいです。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (151)

日曜日には珍しいのですがレシピコーナーでございまして、
「トマトのスパゲティー、おかかバター醤油風味」
のご紹介でございます。
去年の夏から我が家の定番になったこのスパゲティー、
きっかけはトマトを定番のイタリアンじゃなく
あっさり和風でいただきたいな、と思ったから。
でも、レシピとしてご紹介するならオリジナルにしたいなと思い、
いろいろとちょっと調味料や加減をかえていたのですが、
ふと大好評いただいているこの自分のレシピを思い出し、
Cpicon もやしえのきのレンジ蒸しおかかバター醤油 by milketmoi
一応トマトのおかかバター醤油パスタとトマトの和風パスタ、
うどんやそうめんも検索してみたら
この組み合わせは一切なかったので、やってみたら、
あ、これが一番美味しいかも♪と、無事味が落ち着いたのです。
さて、調理ポイントですがやっぱりパスタはアルデンテに茹でる、がとにかく大事。
茹でが少しでも多いと美味しいスープをパスタが全部吸っちゃって
びっくりするくらい美味しくなくなっちゃうんですよねぇ。
私もときどきやっちまいます~。
それから、おかかバター醤油ですが、醤油は少し風味を感じる程度の方が
トマトの酸味と風味、バターの風味を活かせるので控えめにしてあります。
でも、もし動物性のものを控えたい方はバターを入れなくても美味しいので大丈夫。
食事療法など取り入れている方はどうぞ参考になさってくださいませ。
自分も週末は肉食星人のためにドンとお肉料理を作りますが、
普段は体のためになるべく動物性のものを少なめにしております。
これからも動物性のものなしのレシピもどんどんご紹介したいと思っております。
それでは簡単ですが材料と作り方です。
……………………………………………………………

材料(2人分)
・ヘタをとって粗みじん切りにしたトマト250g ・玉ねぎの粗みじん切り50g ・包丁の背でつぶしたにんにく1つ分 ・オリーブオイル大2 ・酒大2 ★和風だし小1/2 ★醤油大2/3 ★味をみながら塩少々 ・バター10g ・おかか適量 ・スパゲティー180g

作り方
材料を切るなど準備する。スパゲティーを茹で始める。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、
中火より強めの火で香りが十分たつまでしっかりめに、でも焦げないように炒め、
玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。
トマトを汁ごと入れ、酒も入れ、軽く煮詰める。
スパゲティーが茹で上がっていなければいったん火を止める。
スパゲティーが茹で上がったら、よく湯を切り③へ入れる。
★を味をみながら入れ、さっと混ぜる。
仕上げにバターを入れ溶けたらOK。
お皿に盛り、おかかをかけて出来上がり。
召し上がる時にさっと混ぜてくださいませ。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (87)

昨日もレシピコーナーでしたが、本日は正式?木曜レシピコーナーでして、
「タケノコとキクラゲと葱のスパゲティー、中華レモン醤油風味」のご紹介です。
キクラゲ、大好きでよくいただいているのですが、
どうしても炒め物とかラーメンの具材になりがち。
なので今回はスパゲティーにしてみました。
とは言うものの味つけは中華だし、醤油、レモン汁のアジアより。
よりだけど、スパゲティーなのでほどよく融合になりまして…
大丈夫。あっさりでかなり美味しかったんです♪
調理ポイントですが、今回は、具材をさっと炒め合わせ、
あとはアルデンテにゆでたスパゲティーを入れるだけなのでないっちゃない。
でもあえて言うならレモン汁かしら。レモンの風味と酸味がいいお仕事してくれます。
レモン使わないと、たぶんいまいち何かが足らない味わいかもしれません。
ま、わたくし昔からほんとレモン好きで家にいつも常備家だったので
自分の中でレモン重要、い~いお仕事、何でもさっぱり等
の思いがあるんですけどねぇ。
そう言えばうちのお母さんはよく顔にレモン汁をパタパタはたいていたけど、
それはどうかな、しみるんじゃないかな、ってよく思っておりましたっけ。
でもお母さん、ぜんぜん大丈夫、って。あれは慣れなのかしら…。
と話がそれましたが、そんなレモンちゃん、たとえば、
プロの料理家のレシピサイトだという「ナディア’」という料理サイトでは、
レモスコという商品を使っての料理研究家さんレシピがいくつか紹介されていて、
このスパゲティーのレモンをレモスコを代えても美味しそうだな、と思いました。
他のレモンを使ったレシピもぜ~~んぶ同じことが言えるかもしれませんね。
ってか、レモスコって超美味しそうで自分好きと思います~。
なんか広島発のものみたいですね。いいないいな♡
さて、このレシピの私的おすすめ点ですが、
それは野菜系だけの具材で動物性のもは一切使っていないこと。
たぶんお肉入れてもハム入れてもツナ入れても美味しいと思うのですが、
なくても美味しいならなくてぜんぜんいい派なのでこれもあえてなしなしちゃん。
でももしがっつりお肉とか大好き系な方であれば
足していただいてもぜ~んぜんOKさんで~す。
どうぞお好みでやっちゃってくださいませ。
それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………

材料(2人分)
・ゆでタケノコの太めの千切り100g ・6gのキクラゲを水で戻してざくっと切ったもの ・ネギの太めの千切り25g ・にんにくのみじん切り1個分 ・赤唐辛子の輪切り1~2本分 ・オリーブオイル大1と1/2 ・酒大2 ★スパゲティーの茹で汁大2くらい ★中華だしのもと軽く小1 ★醤油大1 ★レモン汁大1 ★味を見て足らなければ塩少々 ・白炒りごま適量 ・スパゲティー160g

作り方
スパゲティーをゆで始める。
フライパンにオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、
香りがたったらタケノコときくらげを入れ1、2分炒めたら酒を振り、
軽く炒め合わせ、ネギも加え、さっと炒めたらいったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら、
ゆで汁をとってから湯を切り、②に入れる。
再び火にかけ、味を見ながら手早く★を混ぜればOK。
皿に盛り、白炒りゴマを振って出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

rkTuIcJFHaOQbU71524229625_1524229685[1]

今が美味しいタケノコを使って簡単な1品を作りましたので、
今日もレシピコーナーとさせていただきまして、
「タケノコとわかめの和風だしバター醤油スパゲティー」
でございます。とは言いましてもここはフランス。
生のタケノコは手に入りませんので、
アジア食品屋さんで買った茹でタケノコを使っております。
で、美味しんですけど、この組み合わせパスタありそうだな、
と思い検索してみたら結構出てきまして、
しかもその中にこの2つ+絹さやも入れた自分レシピもあったという…。
4年前に作っていてすっかり忘れておりました~。
Cpicon 筍とわかめと絹さやのペペロンチーノ by milketmoi
でも、ほんと美味しいし、味付けがまた微妙に違うのでいいかな、と。
調理ポイントは醤油バター風味に和風だしも+すること。
これでぐぐんと美味しくなるし、あっさりとしたうまみも出ます。
野菜と海藻なので身体にも優しいです。
きっとベーコンとかひき肉を入れても美味しいと思うのですが、
入れないでも美味しいなら、とヘルシー選択でございます。
簡単にささっと作れますので手抜きランチにもおすすめですし、
ほんのりバター風味がお子様も食べてくれそうですし、
和食材なとこが年配の方にも喜んでいただけそうかな、と。
ちなみうちの異国人旦那も、美味しい美味しいと
あっちゅう間に完食しておりました~。
でもほんと美味しかったみたいであまり噛んでいなかったので、
wakameはよく噛まないとダメだよ、と言ったけど、
やっぱりあんまりよく噛んでなかったです~。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・茹でタケノコの短冊切り100g ・乾燥わかめ4gを水で戻して食べやすく切ったもの ・包丁の背でつぶしたニンニク1かけ ・赤唐辛子の輪切り1本分~ ・オリーブオイル大2 ・酒大2 ★和風だしのもと小1 ★醤油大1 ★スパゲティーのゆで汁お玉半分くらい ★塩適量 ・バター10g ・白炒りゴマ適量 ・スパゲティー160g

作り方
材料を切るなど準備する。スパゲティーを茹ではじめる。
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ中火にかけ炒め、
香りがたったら赤唐辛子も入れさっと炒める。
タケノコ、わかめの順で加え、酒を振ってさっと炒め合わせる。
スパゲティーが茹で上がっていなければいったん火を止める。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったらゆで汁をとってから、
よく湯を切り、②のフライパンに入れ、再び火にかけ味を見ながら
手早く★で調味する。仕上げにバターを入れ混ぜたらOK。
皿に盛り、白炒りゴマを振って出来上がりです。

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

QVDCZsZIvHhpb7D1522148547_1522148642[1]
新玉ねぎの美味しい季節ですね~。
というわけで新玉ねぎレシピを考えてみたのが先週のこと。
炒めた玉ねぎとベーコンを使って後は作りながら
途中で味付けで何か一工夫しようかな、と思いながら
適当薄切りにした玉ねぎを炒めはじめたんです。
あ、フランスはまだ新玉ねぎが出てきていないので、
新玉によく似て甘みが強くて美味しい白玉ねぎを使っております。
で、炒めていたんです。が、ちょっと強火にしたまま目を離したすきに、
軽く焦げがつきましてキャラメリゼ状態になっちまって。
あちゃ~、やっちゃった、こりゃ失敗かな、と。
なので味付けの工夫はやめにして残っていた生クリームで簡単味付け。
そして食べてみましたら美味しくてびっくり!
と、このように、失敗と思いきや成功しちゃった♡
という流れで出来たのが本日ご紹介のレシピ
「焦がし新玉ねぎとベーコンのスパゲティー」でございます~。
で、先週は途中で分量量るのやめちゃったので昨日量りながら作りました。
調理ポイントは、ですので玉ねぎを若干焦がす感じで炒めること。
このキャラメリゼ玉ねぎの甘みとほんのりな香ばしさに
ベーコンのうまみと少なめの生クリームがからんで美味しくなります。
超お手軽な材料なので日本でもお気軽に作っていただけますし
唐辛子、ニンニクを使っていないのでお子さんから大人さんまで
幅広く召し上がっていただけるかと思います。
玉ねぎの甘みがとにかく美味しいスパゲティーです♪
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・新玉ねぎの適当な薄切り200g ・ベーコンの短冊切り60gくらい ・生クリーム100ml ・オリーブオイル大1 ・バター10g ・塩適量 ・スパゲティー160g ・大人さん向けに粗びき黒胡椒適量 ・あればハーブ少々

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンを温め、オリーブオイルとバターを入れ、
バターが溶けたら新玉ねぎを入れ、強めの火にし、
玉ねぎがしんなりして全体に茶色っぽく軽い焦げ目がつくよう炒める。
ベーコンも加え、さっと炒め合わせたら、
スパゲティーが茹で上がるまでいったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったらよく湯を切り、
②に入れ、再び火にかけ、生クリームと、味を見ながら塩をする。
皿に盛り、大人の方はお好みで粗びき黒胡椒をガリガリし、
あればハーブを飾って出来上がりです。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ