イタリアン

FotoJet (753)

ほんとはもっと早めにと思っていたオクラレシピでございまして、
「オクラの梅バタースパゲティー」を焦ってご紹介です。
バカンス中にとも思っていたけど、なんかタイミングがありませんでした。
ということでこの組み合わせ、ふと思いついたものですが、
いつも通り一応ネットで見てみたら、
1つだけクックパッドのレシピであったんですよ。それがこちらです。
Cpicon オクラの梅バターパスタ by Heart様
でも自分で考えていたものと若干違うものだったのでいいかな、と。
(醤油系は使わずシンプルな味付けで考えていたのです)
で、自分味付けで挑戦。大丈夫。美味しくできました!
梅&バターパスタが美味しいのは6年前のこのレシピでわかっていまして。
Cpicon 鶏肉と葱のあっさり梅バタースパゲティー by ルロワ・モワ
ちなみにささ身と梅とオリーブオイルと麺が合うというのもレシピでご紹介済みです。
ささ身とネギと梅のオリーブオイル和え鶏だし麺
で、オクラ梅バターよくも合いました♪
しかも少ない材料で簡単で後の洗い物も少ないです。
実を言うとワンポットパスタでも作ったのですが、
これはなにもワンポットじゃなくても混ぜるだけなので普通でいいな、
と茹でて和えるやり方でもう一度作り直しました。
具材との兼ね合いでワンポットの方が簡単な場合も、
茹でて和えるだけの方が簡単な場合もあるんですよね。
そう言えばしょっちゅうお邪魔させていただいているブログ
「ラムネとキャッツな日常」で
具沢山のお鍋パスタというのがとっても美味しそうだったので、
ちょっとご紹介貼り付けさせておいていただきますね。
簡単鍋焼きパスタ
ということで、梅バターパスタに話を戻しまして。
調理ポイントは和えるだけなのでこれといってないんですが、
スパゲティーをアルデンテに茹でていただくことくらいでしょうか。
あとは今回はシンプルにしましたが、
紫蘇や海苔をトッピングしていただいても美味しいはず。
ってか間違いないはず。お好みで好きにのせちまってください。
大人さんはわさびを足していただいてもイケます。それも味見しておきました。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分) 
・へたを切り取って斜めに切ったオクラ100g ・バター25g ・たたいた梅肉20g ・和風だし小1/2くらい ・塩胡椒適量 ・スパゲティー150g ・スパゲティーのゆで汁おたま半分くらい 

作り方
バターと梅肉を混ぜておく。
スパゲティーを茹ではじめる。その間に材料を切るなど準備しておく。
スパゲティーが茹で上がる少し前にオクラ入れる。
アルデンテに茹で上がったら、茹で汁をとってから、
オクラごとしっかり湯を切り、鍋に戻し、
和風だし、バターと梅肉、様子を見ながら茹で汁を入れ、手早く混ぜる。
最後に味をみて、塩胡椒で整える。
皿に盛り、出来上がりです。

&和風だしを塩昆布に変えたものも別の日に作ってみました。
なので上のフォトと色合いが違っております。
FotoJet (956)
これも美味しいです♪
塩昆布ってうまみたっぷりなのでだしがわりに使えるんですよね。
なので、お好みでチョイスなさってください。
もう1つ、超簡単オクラレシピが出来ておりますので近々ご紹介予定です。
でも次回はいったんブルターニュご紹介に戻りま~す。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (362)
ちょびっと忙しくしているので本日もレシピコーナーでございまして、
「ズッキーニとわかめのレモン醤油黒胡椒スパゲティー」のご紹介でございます。
少し前にズッキーニとわかめのナムルをご紹介させていただきましたが。
オリーブオイルでズッキーニとわかめのナムル
今度は洋風にしたいな、と思ってパスタに。
でも味付けはレモン醤油黒胡椒で和風です。
いつも作りながら味付けを考えまして、これもなのですが、
今回は特に最後の黒胡椒を味見しつつガリガリしながら、
あ、もっと入れても美味しいな、と、かなりたっぷり。
でもこれがあっさり具材&味付けのアクセントになってるんですよ。
ピリッとしたのがお好きな方によいかも。
でも実は、レシピご紹介するかしないかちょっと迷いました。
レモン醤油黒胡椒っていうのがちょっとスペシャル味付けで美味しいからです。
でもでも、黒胡椒の量を加減していただければ、
食事制限の方にも制限ない方にも召し上がっていただけそうなのでね。うん。
そう言えば昨日はニュースで、フランスで海藻の養殖をする方が紹介されていて、
フランス流のいただき方も紹介されていて興味深かったです。
海藻を使うフレンチのシェフさんも今たくさんいらっしゃいますし、
「wakame」なんて言葉も少しずつ浸透してきてますからねぇ。
そのきっかけはやはりヘルシーなイメージの日本食のよう。
あと数年したら近所のスーパーで塩蔵わかめとか買えるようになるかも、かも、
しれませんね。そしたら納豆も置いてほしいな…。
あ、話がめっちゃ逸れております。
それでは材料と作り方で~す。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・ズッキーニの薄切り150g ・乾燥わかめ大2~3を水で戻して食べやすく切ったもの ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・赤唐辛子の輪切り1本分~ ・オリーブオイル大2 ★スパゲティーのゆで汁おたま1/2杯 ★醤油大1と1/2~(麺つゆでもOK) ★レモン汁大2~3 ★たっぷりの粗びき黒胡椒 ・スパゲティー160g

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、
中火よりやや強めの火で炒め、香りがたったら、
ズッキーニを入れ炒め、軽くしんなりしたらわかめも入れ、さっと炒め合わせる。
スパゲティーが茹で上がっていなかったらいったん火を止める。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら、
ゆで汁をとってから、よく湯を切り、②に入れる。
★を味を見ながらお好み量入れて、出来上がりです。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (306)
今週はちょっと肌寒いパリなのですが、そしたらジャポンもそうみたいで、
一緒だなぁ、やっぱりつながっているのかな、
と思ったのですが、いや、偶然ですね。
なんせ飛行機で12時間くらいかかるし、地図見てもめっちゃ離れてますもんね。
せめて6時間くらいだったらいいのになぁ。
あと100年くらいしたら速い飛行機出来てるんだろうなぁ。
うん、あきらめましょう。
さてレシピコーナーでして、夏野菜が美味しい季節ですね。
ということでそんななっちゃんお野菜を使って
「カラフル夏野菜のスパゲティー、アンチョビ醤油風味(麺つゆでもOK)」
のご紹介でございます。で、もう言っちゃわせていただきますが、
主な具材は夏野菜と調味料も兼ねているアンチョビで、
お肉系はなしですが大丈夫。美味しいです!ぜんっぜん物足りなくありません!
アンチョビ醤油風味ともうしましても醤油の方はほんと隠し味程度で少し。
でもそれくらいが野菜の甘さの邪魔にならなくていいんです。
調理ポイントはなのでお醤油少しってことと、
(お醤油を少しの麺つゆにしてもOKです)
あとはスパゲティーをアルデンテに茹でることくらいです。
それでは材料と作り方です。
あ、それから次回も夏野菜を使った超~簡単なおつまみをご紹介します。
レシピの材料と作り方書かなくてもいいくらいなんですが美味しいんです♪
はい、じゃ、材料&作り方です~。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・根本を切ってそこから少し皮をむき斜めに切ったアスパラガス2本分(ズッキーニでも美味しいです) ・食べやすい大きさの千切りにした赤と黄のパプリカ150g ・へたをとって粗みじんにしたトマト120g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・アンチョビのみじん切り6~7gくらい ・お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・オリーブオイル大2 ・酒大2 ★スパゲティーのゆで汁おたま半分くらい ★塩適量 ★醤油小1くらい ・スパゲティー180g  ・お好みでレモン半月切り適量

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンにオリーブオイルとにんにく、アンチョビ、赤唐辛子を入れ
中火よりやや強めの火にかけ炒め、香りがたったら、
アスパラガス、パプリカ、トマトを入れ、酒を振り、蓋をして、
中火で5分くらい蒸し焼きにする。
スパゲティーがまだ茹で上がっていなかったらいったん火を止める。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら
ゆで汁をとってからよく湯を切り、②に入れ、
味をみながら★で調味して、出来上がりです。
いただく時、途中でレモン汁をしぼっても
少し風味が変わりそれもさっぱり美味しいです。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (151)

日曜日には珍しいのですがレシピコーナーでございまして、
「トマトのスパゲティー、おかかバター醤油風味」
のご紹介でございます。
去年の夏から我が家の定番になったこのスパゲティー、
きっかけはトマトを定番のイタリアンじゃなく
あっさり和風でいただきたいな、と思ったから。
でも、レシピとしてご紹介するならオリジナルにしたいなと思い、
いろいろとちょっと調味料や加減をかえていたのですが、
ふと大好評いただいているこの自分のレシピを思い出し、
Cpicon もやしえのきのレンジ蒸しおかかバター醤油 by milketmoi
一応トマトのおかかバター醤油パスタとトマトの和風パスタ、
うどんやそうめんも検索してみたら
この組み合わせは一切なかったので、やってみたら、
あ、これが一番美味しいかも♪と、無事味が落ち着いたのです。
さて、調理ポイントですがやっぱりパスタはアルデンテに茹でる、がとにかく大事。
茹でが少しでも多いと美味しいスープをパスタが全部吸っちゃって
びっくりするくらい美味しくなくなっちゃうんですよねぇ。
私もときどきやっちまいます~。
それから、おかかバター醤油ですが、醤油は少し風味を感じる程度の方が
トマトの酸味と風味、バターの風味を活かせるので控えめにしてあります。
でも、もし動物性のものを控えたい方はバターを入れなくても美味しいので大丈夫。
食事療法など取り入れている方はどうぞ参考になさってくださいませ。
自分も週末は肉食星人のためにドンとお肉料理を作りますが、
普段は体のためになるべく動物性のものを少なめにしております。
これからも動物性のものなしのレシピもどんどんご紹介したいと思っております。
それでは簡単ですが材料と作り方です。
……………………………………………………………

材料(2人分)
・ヘタをとって粗みじん切りにしたトマト250g ・玉ねぎの粗みじん切り50g ・包丁の背でつぶしたにんにく1つ分 ・オリーブオイル大2 ・酒大2 ★和風だし小1/2 ★醤油大2/3 ★味をみながら塩少々 ・バター10g ・おかか適量 ・スパゲティー180g

作り方
材料を切るなど準備する。スパゲティーを茹で始める。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、
中火より強めの火で香りが十分たつまでしっかりめに、でも焦げないように炒め、
玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。
トマトを汁ごと入れ、酒も入れ、軽く煮詰める。
スパゲティーが茹で上がっていなければいったん火を止める。
スパゲティーが茹で上がったら、よく湯を切り③へ入れる。
★を味をみながら入れ、さっと混ぜる。
仕上げにバターを入れ溶けたらOK。
お皿に盛り、おかかをかけて出来上がり。
召し上がる時にさっと混ぜてくださいませ。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (87)

昨日もレシピコーナーでしたが、本日は正式?木曜レシピコーナーでして、
「タケノコとキクラゲと葱のスパゲティー、中華レモン醤油風味」のご紹介です。
キクラゲ、大好きでよくいただいているのですが、
どうしても炒め物とかラーメンの具材になりがち。
なので今回はスパゲティーにしてみました。
とは言うものの味つけは中華だし、醤油、レモン汁のアジアより。
よりだけど、スパゲティーなのでほどよく融合になりまして…
大丈夫。あっさりでかなり美味しかったんです♪
調理ポイントですが、今回は、具材をさっと炒め合わせ、
あとはアルデンテにゆでたスパゲティーを入れるだけなのでないっちゃない。
でもあえて言うならレモン汁かしら。レモンの風味と酸味がいいお仕事してくれます。
レモン使わないと、たぶんいまいち何かが足らない味わいかもしれません。
ま、わたくし昔からほんとレモン好きで家にいつも常備家だったので
自分の中でレモン重要、い~いお仕事、何でもさっぱり等
の思いがあるんですけどねぇ。
そう言えばうちのお母さんはよく顔にレモン汁をパタパタはたいていたけど、
それはどうかな、しみるんじゃないかな、ってよく思っておりましたっけ。
でもお母さん、ぜんぜん大丈夫、って。あれは慣れなのかしら…。
と話がそれましたが、そんなレモンちゃん、たとえば、
プロの料理家のレシピサイトだという「ナディア’」という料理サイトでは、
レモスコという商品を使っての料理研究家さんレシピがいくつか紹介されていて、
このスパゲティーのレモンをレモスコを代えても美味しそうだな、と思いました。
他のレモンを使ったレシピもぜ~~んぶ同じことが言えるかもしれませんね。
ってか、レモスコって超美味しそうで自分好きと思います~。
なんか広島発のものみたいですね。いいないいな♡
さて、このレシピの私的おすすめ点ですが、
それは野菜系だけの具材で動物性のもは一切使っていないこと。
たぶんお肉入れてもハム入れてもツナ入れても美味しいと思うのですが、
なくても美味しいならなくてぜんぜんいい派なのでこれもあえてなしなしちゃん。
でももしがっつりお肉とか大好き系な方であれば
足していただいてもぜ~んぜんOKさんで~す。
どうぞお好みでやっちゃってくださいませ。
それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………

材料(2人分)
・ゆでタケノコの太めの千切り100g ・6gのキクラゲを水で戻してざくっと切ったもの ・ネギの太めの千切り25g ・にんにくのみじん切り1個分 ・赤唐辛子の輪切り1~2本分 ・オリーブオイル大1と1/2 ・酒大2 ★スパゲティーの茹で汁大2くらい ★中華だしのもと軽く小1 ★醤油大1 ★レモン汁大1 ★味を見て足らなければ塩少々 ・白炒りごま適量 ・スパゲティー160g

作り方
スパゲティーをゆで始める。
フライパンにオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、
香りがたったらタケノコときくらげを入れ1、2分炒めたら酒を振り、
軽く炒め合わせ、ネギも加え、さっと炒めたらいったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら、
ゆで汁をとってから湯を切り、②に入れる。
再び火にかけ、味を見ながら手早く★を混ぜればOK。
皿に盛り、白炒りゴマを振って出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ