中東

RIMG3157 - Copie
さてさてパリ散歩記事がまだ出来上がらなかったのでレシピの方のご紹介でして今回は、
旦那の大好物でもある「うちの和中華丼」でございます。
なんか和中華とかつけてオリジナル感だしてっぽいですが、要は中華風味に和風だしとみりんを+してほんのり和の風味も感じる味わいになっているだけのことなのですが、この中華&和だしを合わせるのはちょっとあっさり気味になってわたくしよくやるんです。ちなみにこのスープもそんな1つ。
Cpicon 残った干し椎茸戻し汁で簡単スープ by milketmoi
で、そんなうち風の和中華丼、具材もその時々のあるものを使ってまして、お肉を海老やイカにする時も冷凍ミックス魚介にする時もあるし、青梗菜を白菜にする時もあるのであるものを利用していただければと思います。フランスでは魚介、お高めなので私はちょっとケチってついつい少なめにしがちですが、
それでも味がちゃんと出て美味しいです♪ あ、何ならカニカマでもいいかもですねぇ。
それでは材料と作り方です!

……………………………………………………………………

材料(2人分)
RIMG3154 - Copie
主な具材
・水煮タケノコの千切り50g ・人参の千切り50g ・青梗菜の茎と葉を食べやすく切ったもの180g
・一口大の豚肉80g ・戻した干し椎茸薄切り2枚分 ・キクラゲ3gを戻した千切り ・うずら茹で卵8個
・生姜の千切り小1/2 

調味料類
・豚肉もみこみ用の酒小1+塩胡椒少々+片栗粉
★干し椎茸戻し汁300ml ★酒大1 ★オイスターソース大1 ★醤油大2 ★みりん大2強 ★和風だしのもと小1/2 ★鶏がらだしのもと小1/2 ★塩胡椒少々 
・ゴマ油大1と1/2 ・水溶き片栗粉(片栗粉大2+水大2) 

・温かいごはん2人分

作り方
先ずは上の具材の準備をする。★を合わせておく。豚肉に酒、塩胡椒、片栗粉をもみこんでおく。
中華鍋かフライパンをやや強めの火で熱し、ゴマ油と生姜を入れ香りがたつまでさっと炒めたら、
人参、青梗菜の固い部分の方を入れ、さっと炒める。つづいて干し椎茸、水煮タケノコ、キクラゲを入れさっと炒め合わせたら、合わせた★を入れ煮立ったら豚肉、うずらの卵を入れ、豚肉に8分通り火が通ったら、青梗菜の葉を入れ軽く火が通ったら、水溶き片栗粉を固まらないよう少しずつ混ぜながら入れ、ほどよいとろみがついたら、最後に味を見て足らなければ塩胡椒をお好み加減に足してあんは出来上がり。
野菜のしゃきしゃき感が残るよう手早くどんどこ炒めていっちゃってくださいませ。

RIMG3156 - Copie
温かいごはんにたっぷりかけてどうぞ~。美味しいですよ~ん。

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3146 - Copie
以前はアジア系スーパーに行かないと買えなかった青梗菜も、最近はご近所スーパーでもいつもではないんですが置くようになったので便利になりました。
RIMG3145 - Copie - Copie - Copie
呼び名は「プリマフロー パクショイ」だそうでスペイン産。
フランスは農業国だし、ヨーロッパ全体やはたまたアフリカからもいろいろな野菜や果物が一年中入ってくるので、今、日本は野菜がかなり高くなってるそうですが、そのてんではお値段が安定していて助かります。やっぱりお野菜食べれないと困っちゃいますもんねぇ。
クリスマスとお正月に向けて日本でもお野菜のお値段が何とか下がってくれればいいな、と思います。
少し前はキャベツ半玉400円とか聞いてほんとびっくりしましたもん。ありえへん…
ということで昨日の天気予報通り、今朝はどうやら-2度らしく霜が降りておりました。
こちらは真冬でございま~す!でも青空で気持ちよいで~す!シャッキリ。

……………………………………………………………………


珍しく中華レシピでございましたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG1749 - Copie
さてさて、週末ごはんでもちょいとご紹介させていただいた、
「ひよこ豆と野菜とコリアンダーのマグレブ風スープ」のご紹介です。
とは言うものの、実はマグレブ料理によく使われるクミンやコリアンダーなどのスパイス類を一切使っておりません。でもどことなくマグレブ風味になるのは生のコリアンダー(パクチー)のおかげ。コリアンダーの茎を一緒に煮込むことで何とも言えない味わいが出たのです。
って残っていたお野菜&コリアンダー使っちゃえ的に作ってみたら(まずくはないだろうと思いつつ)、あれ、美味しい~、と計算外でうまくいったのですが。エヘ。
あ、でもそれともう1つポイントがありまして玉ねぎを完全飴色とまではいかなくてもかなりよく炒めたこと。カレーもそうなのですが、玉ねぎをしっかり炒め甘みを十分に引き出すというのはググンと美味しくなる秘訣かな、と思います。
ただしあの時間がかかるじっくり飴色玉ねぎは大変なので強火で短時間で炒めたので早いです。
そしてこれ、完全ベジタリアンレシピとなっております。
あ、でもわたくしベジタリアンではなくて、この残り物お試し作りの時、お肉類が一切冷蔵庫になかったものだから(と言うか冷凍庫にはあるが基本平日は解凍しない)、入れなくていいや、だったらコンソメ系もいいや、って。でもどちらも入れなくて大正解。
人参じゃがいも玉ねぎのお手軽野菜たちの美味しさが十分引き出ていてもの足りなさなしでベジタリアンじゃない方にも喜んでいただけるかな、とたぶんですが思います。ほんとたぶんなのですが。
それでは簡単ですが材料と作り方ご説明いたしますね~。

……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・茹でひよこ豆120g ・薄切り玉ねぎ150g ・お豆と同じくらいの大きさにした角切り人参120g(bioだったので皮ごと使用しました) ・皮をむいてお豆と同じくらいの大きさに切ったじゃがいも150g ・湯剥きトマトのざく切り300g ・にんにくと生姜のすりおろし1かけずつ ・コリアンダーの茎のみじん切りにしたものと粗みじんにした葉合わせて30g ・オリーブオイル大2 ・水400ml ・いいお塩と胡椒適量
 
作り方
RIMG1731
鍋にオリーブオイルを入れ強めの火にかけ、玉ねぎを炒めます。
焦げないようよく混ぜながら炒めてください。
RIMG1734
強火なのでそれほど時間がかからず飴色気味になり、1/3量くらいになります。
ここににんにくとしょうがを入れさっと炒め合わせたら、
RIMG1735
ざく切り湯剥きトマトを汁ごと入れ、炒め、水分が出て、それが少しとろっとなるくらいまで炒めます。
RIMG1736
こんな感じです。
RIMG1737
そうしたらお水と人参を入れ、
RIMG1738
コリアンダーの茎も入れ、沸騰したら中火くらいにし、蓋をして、
人参が柔らかくなるまで15分くらい煮ます。
RIMG1739
煮えたらじゃがいもを加え、また蓋をして、
じゃがいもが柔らかくなるまで7~8分くらい煮ます(じゃがいもの種類などにもよります)。
そしてひよこ豆を入れ、2~3分煮て、最後に味をみながら塩胡椒で味付けして、
器に盛り、コリアンダーの葉を散らして出来上がりです。

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG1752 - Copie - Copie - Copie
今回のスープに添えたブルグル=挽き割り小麦もご併せてご紹介させてください。
一見クスクスに添えられるスムールに似ているのですが、もっと弾力があって噛み応えがあってスムールとはまた違う美味しさなのが、このブルグル。
パスタの原料と同じデュラム小麦が使われた穀物で、パスタは粉にして作られていますがブルグルは粒状に挽き割りにされたもの。白米に比べて食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが多く含まれ、栄養価が高く、フランスでは自然食品屋さんやスーパーのナチュラフードコーナーで、たとえばブルグルを使ったベジタリアンステーキなるものもあるくらいなのです。
RIMG1754 - Copie - Copie
そんなブルグルちゃん、今回はコチラを使いました。
すぐ火が通るスムールと違ってブルグルはごはん感覚で炊くので普通時間がもっとかかるのですが、このフランスでポピュラーな「Tipiak」社のものは10分で茹であがる早や茹でタイプ。かなり便利。
RIMG1755 - Copie (2)
中身のブルグルちゃんはこんな感じ。ほんと挽き割りって感じです。
で、今回はこんなブルグルを添えましたが、このスープ、マグレブ風と名前をつけましたが、とても優しい味わいで洋にも和に合わせても問題なしの味わい。なのでこのブルグルでもそれからスムールでもパンでもごはんでも大丈夫かと思いますので、材料もお手軽気味ですし、これからの季節にもぴったりなので気軽にお試しいただければと思います。
じゃ、わたくしこれから、お昼を食べに家から歩いて5分の職場から帰ってくる旦那のお昼ごはんの準備をちゃちゃっとしちゃいたいと思いま~す。
ではでは。

……………………………………………………………………


少し長めとなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG49736 - Copie

とても久しぶりのレシピご紹介コーナーとなりましたが、今回は週末ごはんの前菜でもほんのちょこっとご紹介いたしましたディップソースで、フランスのどこのスーパーでも必ずと言っていいほど売っているヨーグルトと胡瓜を使ったギリシャの「ザジキ(Tzatziki)」です。でも実は自分はそんなザジキと一緒に並んで売られているやっぱりギリシャのディップソースのタラコ(細かくいうとタラコの仲間のようです)から作られた「TARAMA(タラマ)」か中東のヒヨコ豆のディップ「Houmus(フムス)」の方が好きで買うとしたらフムスは自分で作れることもあってタラマを選ぶことが多かったのです。が、ある時このディップソースたちのドキュメンタリーを観ていたら、かなりの添加物で特にタラマなんてものにもよりますがほとんどタラコ系入っていなくてびっくりだったのです。以来、タラマもあまり買わなくなってしまっていたのですが、先週旦那がデカい胡瓜を(こっちの胡瓜はそれでなくてもデカい)4本も買って来てしまい、いやいやとにかく食べなくちゃ思い、今必ず我が家冷蔵庫にあるギリシャのヨーグルトと胡瓜っちが冷蔵庫に寄り添って?いる姿を見て、こりゃザジキかな、と。で、いろんな方のレシピも参考にしつつ、ハーブは今お庭にあるもので、味を見ながら自分好みで作ってみたら、スーパーのザジキよりず~っと美味しくてびっくり!ただバゲットに塗っても美味しいし、サンドイッチにしたらこれまたやばっうまっ!だったのですよ。そんなんでさっぱりしてて夏にもいいし胡瓜も旬なので早速ご紹介させていただくことにいたしました。
で、ハーブですが、ディルを入れたいところでしたがなかったので今回はミントとイタリアンパセリなのですが、これでも十分美味しいし、結構ハーブは何入れてもいいのではと思いました。そして数種類入れるとさらにいいかな、と。そして私は酸味を抑えめにしたかったのではちみつを少し入れて調節しました。酸っぱいのがそれほど得意じゃない方は記載量より増やしてもいいかな、とも思います。

……………………………………………………………………
材料(2~3回分)
・無糖ヨーグルト(手に入るようでしたらギリシャのヨーグルト)500g ・胡瓜100g ・エシャロット(玉ねぎでもOK)15g ・フレッシュなハーブ合わせて2gくらい ・にんにくのすりおろし1片分 ★レモン汁大2 ★白バルサミコ酢(白ワインヴィネガーでもOK)大2/3 ★塩と粗びき黒胡椒適量 ★ハチミツ小1/2 ★EXVオリーブオイル大1~

作り方

RIMG49727
ヨーグルトはザルにあげ、鍋などにのせ一晩冷蔵庫に入れ水切りをしっかりする。鍋に出た乳清は私はスムージーに入れました。
そして一晩水切りしたヨーグルトがコチラ。
RIMG49717
胡瓜はみじん切りにし、塩を軽く振って10分ほどおき、出てきた水分をぎゅっとしっかり絞っておく。
※外国の大きな胡瓜は中の種の部分は取りぬいてから量って100gにしてください。
RIMG49726
ハーブ、エシャロットもそれぞれみじん切りにする。
RIMG49729
にんにくはすりおろす。
RIMG49730
水切りヨーグルトに胡瓜を混ぜる。
RIMG49731
ハーブとエシャロット、にんにくも混ぜる。
RIMG49732
味を見ながら★を混ぜ、お好みの味加減にする。
RIMG49736 - Copie - Copie
皿に盛ったらさらにEXVをさっとかけ、バゲットなどを添えてどうぞ。

そして、
RIMG49745 - Copie - Copie
このザジキを使って作ったサンドイッチの作り方も簡単ご紹介。
今回は豚バラを使い、味が馴染みやすいよう予め細切りにしてから、このスパイスと
Cpicon 手作り簡単♪モロッコ風ミックススパイス by milketmoi
オリーブオイル、レモン汁、塩、粗びき黒胡椒で2時間マリネし、焼き、後はバゲットにEXVオリーブオイルをさっと塗り、たっぷりレタス、焼いた豚肉、そしてたっぷりのザジキをのせました。これがちょっとファラフェルみたいでほんと美味しくてはまるのです。なので今度はピタパンでやろう♪って思いましたよん。

……………………………………………………………………

さてさて今夜はEURO2016はポルトガル×ウェールズ戦。
試合も準決勝と決勝を残すのみで、もう1つの準決勝フランス×ドイツ戦も楽しみなのです。
で、ここ数週間かかりまくっている今回EUROのテーマソングをご紹介。
パリ出身で今や世界的DJで音楽プロデューサーのデヴィッド・ゲッタ(フランス語の発音ではダヴィッド)が最近人気急上昇のスェーデンの若いシンガーZara Larssonをftしております。
デヴィッド・ゲッタらしいのびのびとしたノリのいいダンスミュージックでZaraちゃんのパワフルな歌声も気持ちよくて、こりゃ盛り上がります~。さすがデヴィッドさんうまい!

 

&デヴィッドさんが世界的に知られるようになった懐かしいあの曲も併せてご紹介。
ニースに住んでいた2009年の春夏によ~くかかっていて私にとってもとても思い出深い曲。
やっとこさ見つけて移り住んだアパートの部屋でミルク坊やと2人暮していた頃、ラジオからしょっちゅう流れていたのです(TVはなかったのです)。まだだ~れも知ってる人がいなくて、話し相手はほんと坊やだけ。でも寂しくはなくて、これから何があるのかな、とワクワクの気持ちの方が強かったのです。



は~、久しぶりにニース行きたくなっちゃったです…

……………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG45848 - Copie

さてさて久し振りにオリジナルレシピのご紹介コーナーで~す。
週末ごはんに解凍していただいた豚肉の残りがあったので、オリジナルでしかも簡単なのがいい思い、久し振りにモロッコ風ミックススパイスをちゃちゃっと混ぜて、あとは先ずとにかく豚肉と冷蔵庫にあった残り野菜やら黒オリーブやらとマリネして冷蔵庫入れちゃえ、って。そうして翌日、ココット鍋に移して水だけ足して炒めもなしで煮込んだだけ~、な、めちゃくちゃ簡単な1品です。そのかわりじっくり1時間半煮込んだのですが、お肉柔らかになって野菜の甘みにほどよいスパイス感。スープがこれまた何ともうまみいっぱいで、旦那、バゲットで最後の汁までぬぐって食べ切りました。でもこれ、クスクスや普通のごはんも合うと思うのでシチュー感覚で召し上がっていただけたらと思います。あ、あとも1つ大事ポイントがレーズン。煮込んだレーズンの甘さと酸味がこれまた素敵何げアクセントになっております。だから、ま、オリジナルではあるけどタジンやクスクスシチューから大幅感化は否めませんね。じゃ、材料と作り方です~。

………………………………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・豚肉200g ・人参50g ・セロリの茎50g ・プチトマト10個又は完熟トマト1個 ・黒オリーブ10粒 ・コリアンダー15g~ ・白レーズン(なければ普通のレーズンでOKです)60gくらい ・白ワイン100ml ・水100ml  ★オリーブオイル25ml ★レモン汁1/2個分 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★モロッコ風ミックススパイス→Cpicon 手作り簡単♪モロッコ風ミックススパイス by milketmoi(市販のモロッコ風ミックススパイスでも)小2 ★あればお好みでハリッサ(アラブの唐辛子ペースト)か唐辛子ペーストなど小1~ ★塩少々 ★粗びき黒胡椒適量 

作り方
①豚肉は食べやすい大きさ切っておく。人参は皮をむき輪切り、セロリは筋をとりこれも輪切りにする。プチトマトは半分に切る。完熟トマトであれば小さめの乱切りにする。コリアンダーは茎と葉を分け、茎はみじん切り、葉はざく切りにする。このコリアンダーの葉と水以外の材料をレーズンと共にすべて密封容器に入れ、★もすべて入れ、軽く揉みこみ、1日冷蔵庫に入れマリネする。コリアンダーの葉は仕上げにかけるので容器にとりわけ、冷蔵庫で保存する。

②1日マリネしたお肉と野菜をココット鍋に移し、水を入れ、火にかける。煮立ってアクが出たらさっと取り、中火にして蓋をして1時間半煮込む。その間ときどき見てみて水分が足らないよう
であれば水を少し足す。
③煮えたら、味を見て足らなければ塩で調節し、皿に盛り、コリアンダーの葉を散らして出来上がりです。

※豚肉を鶏肉やラム肉にしても美味しくいただけるかと思います。


………………………………………………………………………………………………………

そして、このお料理に大事なモロッコ風ミックススパイスですが、張り付けさせていただいたた上のレシピで作っていただいても、それからもしフランス在住の方だったり旅行で来る予定のある方でしたら市販のこんな感じの
モロッコのミックススパイスと一人旅
を使っていただいてもぜんぜん素敵です。なかなか便利だし小さいし価格もお手頃なのでお土産にもおすすめですよ。
そしてこのスパイス使いのレシピたちはこのブログのカテゴリー「中東」とコチラを
→「モロッコ風ミックススパイス料理
参考にしていただけたらと思います。

………………………………………………………………………………………………………
赤矢印したこの時の一人台湾旅の続き話を。

台湾でもいつも通りわりとすぐ首都(台北)を離れ、長距離バスに乗って田舎町へ行ったんだけど、夜の9時近くに辿り着いて、まず泊まるところを探すと宿泊施設が2軒ほどで、小奇麗な中規模ホテルと半分朽ちかけたやばい民宿みたいのとで。
で、眠るとこは狭くてもちゃんとしてないとだめな自分、どちらかしかないわけだから選ぶ余地はないなと思い、小奇麗な方へ行ったのだ。そして部屋を見せてください、という余地もないと思い見ずに宿泊を決めた。
さ~て部屋に入った。そしたらあれ、なんか蚊がいる?ん?結構いるぞ~!って。でももう別のどこかに移れる時間でもないし疲れているしで。
そしてその夜中です。ベッドに入って静かにしたら白い壁のあちこち、っていうか、無数までとは行かなくても、いや、でもあれは無数に近いかな。とにかくすごい数の蚊が壁に張り付いとる!
で、わたくし、そのへんの雑誌を丸めて壁を叩く叩く叩く叩く叩く!でも叩いても叩いても叩いても減らない~!そして叩きながら壁をよく見れば、他の誰かも叩きまくったのであろう蚊の血痕の、それをお掃除の方が?拭いて消したけどうっすら赤いのは消えてないのがあちこちに残ってる~。だから私の前の宿泊者たちもこのように叩いたのであろうと予想しながら、私も叩く叩く叩く!!もう汗だく状態で!
しか~し、それは無駄な抵抗でありました。夜中の1時2時近くまで叩いても叩いても次から次へとうようよ出てくるのです。とうとう諦めました。そしてベッドでとにかく刺されないように、あと、ん~、っていうあのいやな飛ぶ音も聞こえないように掛布団をすっぽりかぶって、でも眠れなくてただただじ~っとうずくまっておりました。
そして長~い長~い夜がや~っと明けて、外が明るくなりだした頃、一睡も眠れなかった私、素早く身支度をして、部屋を出て光いっぱいの朝の町をやっとすがすがしい気持ちで歩き出すと、市場のあるくねくねした路地に入り込んで。その市場の何とも庶民的で活気があって素敵で楽しいこと!それで一夜のことが全部すっとんでしまったのです~。あの台湾でのたった一夜というのはこじんまりと不思議鮮やかで今も忘れられない一夜なのです。
じゃ、もう一度あそこへ行きたいか、言われたら…行きたいです~。でもその時はマスクと殺虫剤をしっかり準備して、先ずは部屋の中の蚊を退治しまくりますね。いや、でも別の宿泊所をもう一度あたるかなぁ…



                 ご訪問ありがとうございます。
            お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



RIMG45269 - Copie

パリではじめて住んだカルティエ7区
→「雨パリ一週間だった頃、サン・ドミニク通り&クレール通りにて ~パリ 7区~」 
→「WAKABAのあとの帰り道、アパート、CAFE DE MARS、中華総菜屋さんエトセトラ ~7区~
にある中華レストラン&惣菜屋さんで一番のお気に入りだったこのポテト。
Cpicon パリの中華総菜屋さん再現ガーリックポテト by milketmoi
お店の前を通ると食べたくなって、週に最低でも一度は買っていたもの。語学学校の終了パーチィーでもえいっ、っとちょっと多めに買って持っていったら日本人にはもちろん各国の子たちにも大好評で、どこで買ったの?聞かれたものです。それもかれこれ7年以上前のこと。で、たまたま旦那と寄った時に、いつも親切にいていただいたマダムに、揚げてからソテーしてるのよ、って教えていただき、家ですぐ作ってみたらこれが超簡単だったんですねぇ。あの頃知ったら結構な節約になったかもかも。なんちって。
そんなガーリックポテトさんなのですが、今回はモロッコスパイス使いにしてみたらこれもエキゾチック美味しかったので早速ご紹介です。
なので料理ポイントはそんな揚げる&軽くソテー、そのソテーの際に調味料を馴染ませること。この小さひと手間で風味がしっかりついてついつい食べちゃう(過ぎちゃう?)おつまみになるのです。
これとビールやワインのひと時を、カロリーのことはしばし忘れてやっちゃってくださいませ。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・じゃがいも400g ・揚げ油 ・ガーリックパウダー小1と1/2くらい ・モロッコ風ミックススパイス小1と1/2 ・塩適量 ・パセリのみじん切り適量 
スパイスはコチラ→
Cpicon 手作り簡単♪モロッコ風ミックススパイス by milketmoi
またはフランス在住などでスーパーで市販のモロッコスパイスが手軽手に入る状況の方はそちらを使っていただいてももちろん素敵です。

作り方
①じゃがいもは皮をむき、1㎝角くらいの角切りにする。これを揚げ油でこんがり揚げる。高めの温度で焦らずゆっくりめに揚げればかりっと揚がります。キッチンペーパーをしいた皿に一度とる。
③フライパンを温め、②のじゃがいもを入れ炒めながら、ガーリックパウダーとモロッコ風スパイスを均等に振り入れ、味を見ながら塩をお好み加減で入れ混ぜる。パセリも入れ軽く炒めたら出来上がりです。

………………………………………………………………………………………………………

そしてこのモロッコ風スパイスを使った他のレシピいくつかも併せてご紹介させていただきますね。
あ~んど、上記レシピの中に張り付けた「モロッコ風スパイス」のとこをクリックしていただくとそちらの中にもいくつかレシピが貼り付けてありますのでどうぞ参考になさってください。このスパイス、一度試すとクセになりますよん。
悲しい髪の思い出話&「お手軽に熱湯でスパイシークスクス」
→「魚介のクスクス
→「モロッコ風スパイシー豆野菜カリー

………………………………………………………………………………………………………
の「悲しい髪の思い出話」のラスト物語をちょうどいい機会なので書かせていただきます。

その後もクラスにさゆりちゃんのいる恐怖政治、いや恐怖体制は変わらず続き、だいたい一週間ごとくらいにいじめのターゲットが変わったのです。私の時もひどかった。
ある時は雨の日、学校の近くの歩道の真ん中でいきなりさゆりちゃんの子分吉野さんと共に傘で叩かれまくってねぇ。傘の先でも突かれて。ちょうど通りかかったやはり同じクラスの水越さんのお母さんに助けられたので大事には至らなかったのですが。そんな風に女子たちには順番に恐ろしい期間がめぐってきていたのです。さゆりちゃんに睨まれて今回のターゲットは自分だ、とわかった時のあの恐ろしさ…。
そしてある時、私は大決心したのです。あまりにもひど過ぎると思って。許せないと思って。体育の授業の時からです。誰にも相談せず自分ひとりでさゆりちゃんを無視することに。もうとにかく話さない近寄らない目を合わせない。あの時のさゆりちゃんの大きな目のびっくりしたこと。すると、他の女子たちも一人また一人と私と同じように自発的にさゆりちゃんを無視し始めたのです。結局さゆりちゃんと吉野さん以外全員が。あれにはびっくりしたわ~。
そしたら、体育の授業が終わった休み時間、さゆりちゃん、泣き出したんですねぇ。あれにもびっくりしたぁ。でも皆無視をやめませんでした。それまでが本当にひどかったから。
その夜、私が家にいると電話が鳴りました。お母さんがとると、私のところへ来て
「さゆりちゃんのお母さんからよ」って。私が出るとさゆりちゃんのお母さんは、
「ごめんなさいね。あの子わがままで。でも仲良くしてあげてちょうだい」と。少し涙声にも感じました。
その時、私なんと答えたのかはちょっとよく覚えてないんですがびっくりしたのは覚えています。
でもその日をきっかけに、さゆりちゃんは別人のようにおとなしくなり他の女子たちとも私ともお互いに距離を置くようになりました。
それから一週間もたたないくらいのこと。さゆりちゃんは引っ越して行ったのです。理由は私たちとのことではなく、両親の離婚でした。お母さんがさゆりちゃんの年の離れたお兄さんの家庭教師と恋愛関係になってしまったそう。それは、ま、後から知ったのですが。
さゆりちゃんの尋常じゃないイライラやいじめはたぶんそこから来ていたのでしょう。
結局、さよならも言わないままさゆりちゃんとのお別れになったのでした。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ