中華

FotoJet (396)
FotoJet (397)
続きましてパート2は巻くだけ春巻きです。
オクラ&生ハム天ぷらはすでにレシピをご紹介済みでして。
Cpicon オクラと生ハムの天ぷら by ルロワ・モワ
この組み合わせ揚げが美味しいのはわかっていたので、
残り春巻きでもやってみたんです。
ちょうどヤングコーンもあったので両方。
そしたらどちらもとても美味しかったのです!しかも天ぷらより簡単!
簡単過ぎなので材料と作り方もざっくりご説明。
少し前にご紹介させていただいたこのレシピの作り方に生ハム+しただけなのですが。
→「パプリカだけ春巻き
四つ切りにした春巻きの皮かまたはワンタンの皮で、
5gくらいにした生ハムとオクラ、またはヤングコーンをくるくるっと巻いて、
水でといた薄力粉ののりで巻き終わりを止めて、あとはさっと揚げるだけ。
ちなみに上フォトがオクラと生ハム春巻きで
下のが+ヤングコーンと生ハム春巻きも混ぜたもの。
春巻きの皮からちょっと出てる部分は揚げると少し変色しますが、
中は綺麗色だし味もなんも問題なしです。
生ハムの量は多いと生ハムの味の方が強くなって、
せっかく旬で美味しいオクラとヤングコーンの味が負けちゃうので5gくらいがベスト。
ちょっとだけいいお塩をつけていただくと美味しいです。
おつまみにはもう最高ですよ~。ビールがいいかなぁ、これは。
(っつうことは生ハムとヤングコーンの天ぷらも美味しいってことね。やってみましょ)
ということでパート2レシピは以上となりま~す。
ではでは良い週末を。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (307)

昨日お伝えさせていただきましたが夏野菜を使った超簡単な1品で、
「パプリカだけ春巻き」のご紹介でございます。
ほんっとに簡単で四つ切りにした春巻きの皮かまたはワンタンの皮で、
縦に細めに切ったパプリカをくるくるっと巻いて、
水でといた薄力粉ののりで巻き終わりを止めて、あとはさっと揚げるだけ。
これにほんのちょっと塩をつけていただくと
これが美味しいんです!パプリカのほんのりな甘さがグッドです♪
なので必要なのは皮とパプリカと揚げ油と添えるお塩だけ。
実は春巻きの皮もパプリカも中途半端に残っていたものでして、
たとえばアスパラガスを皮で巻いて揚げるだけのが定番美味しいので、
パプリカはどうかな、と。一応ネットで検索したら、
パプリカだけ春巻きはなかったので、ないね、じゃ、やってみようと。
そしたらアスパラに負けないくらい美味しかったと、ま、こういうことなんです。
で、今回は残りもの使いだったのでパプリカだけですが、
「夏野菜の簡単巻くだけ春巻き」的に、
このパプリカだけ春巻き、アスパラだけ春巻き、ズッキーニだけ春巻き
(ズッキーニだけ春巻きは検索ですでに作ってらっしゃる方がいらっしゃいました)
なんかの夏野菜盛り合わせにしてもいいな、と。
野菜だけだけどちょっとリッチな感じになると思います。美味しいし。
あと、カロリーが気になる方は揚げないで、
オーブンかオーブントースターで焼いていただいてもよいですね。
ということで今回は材料と作り方はないんです~。
お子様も喜んで食べてくださるかな、と思いますし、おつまみにも最高です!
残ったので十分なので機会がありましたらどうぞお試しください。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (150)

木曜レシピコーナーでございます!
今日は木曜に更新出来たからきっぱり。むふふ。
ということで久しぶりにちゃんとメインになるおかずでして
「鶏胸肉とアスパラと赤パプリカの甘辛オイスター醤油バター炒め」
のご紹介でございます。
もうですね、めっちゃごはんに合います~。
鶏胸肉もアスパラも赤パプリカもちょうど冷蔵庫にあったもので、
中途半端に残すのもあれだから、と、あった量をそのまま使ったので、
作ってる最中、旦那と私の2人分にしては量多いかなぁ、
と思ったのですが、が、出来上がったらあーた、
くどくはないうま味なので2人で全部食べれちゃいました~。
なので小食の方は記載量を半分とかにしていただいた方がいいかもです。
あ、でも冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも使えます!
オイスターソース+醤油+砂糖+バターのオリジナル合わせだれが
甘辛でごはんがすすむくんです。
お弁当に入れる場合は炒めたにんにくをよけて入れていただければ大丈夫。
今夜はデートがあるのよん、な時もにんにくよけて入れてくださいませ。うんうん。
調理ポイントは、お野菜の後に入れる薄力粉をまぶした鶏胸肉は、
炒めるというより、お野菜の上にのせて蓋をして軽い蒸し焼きにすること。
これで薄力粉の効果もあって柔らか仕上がりになるし、
同時にたれに程よいとろみもつきます。
残ったたれをごはんにかけても美味しそうでした。
でも旦那がいたのでやめときました…。
で、具材ですが、他のお野菜でもお肉でも美味しいかと思います。
例えば、ピーマンとか人参とかシイタケとか。それから豚ちゃんとかひき肉牛肉でも。
この合わせだれが美味しいので活用度大です♪
あ、でも家庭料理研究家さんだとか管理栄養士さんは
プロだという本物のプライドをちゃんと持っていらっしゃるのなら、
ちょこっと変えたのを自分レシピとして出すのはご遠慮ください。
そこんとこどうぞよろしくお願いいたします。ペコリ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………

材料(2~3人分)
・根本を少し切り根本近くから皮を少しむいたアスパラガスのななめに切ったもの130g分 ・ヘタと種とワタを取って千切りにした赤パプリカ130g分 ・一口大のそぎ切りにした鶏胸肉240g(酒大2、塩胡椒少々、薄力粉大1と1/2) ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・生姜のみじん切り1かけ分 ・オリーブオイル大2 ・水50ml. ・酒大2 ★オイスターソース大1 ★醤油大1と2/3 ★きび砂糖小1/2 ・バター15g ・粗挽き黒胡椒適量

作り方
鶏胸肉に()の酒、塩胡椒を軽くもみこみ、薄力粉をまぶしておく。
★の合わせだれを混ぜておく。
フライパンにオリーブオイル、にんにく、生姜を入れ中火よりやや強めの火で炒め、
にんにくに火がしっかり通り十分香りがたったらアスパラガスを入れ、
1分半くらい炒めたら、赤パプリカも加え、30秒くらい炒める。
この上に鶏胸肉を均等にのせ、水と酒を入れ、蓋をし、2分くらい蒸し焼きにする。
蓋を取り、さっと混ぜたら★を入れ軽く炒め合わせる。
仕上げに粗挽き黒胡椒とバターを入れ混ぜ、
バターが溶けたらお皿にたれごと盛って出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1150450 - Copie

昨日日本ブログ村フランス情報ランキングを見てみたら、
あんら~、最新更新情報が反映されていませんでした~。
ときどきありますね、これ。忙しくて見るの遅くなったけど、
やっぱり見なくちゃ、と、思いました。が、別にいいのかな。1日くらいねぇ。
ということでこのブログはいつもだいたい今まで通りでございますので、
もしランキングで反映されていなくてもたぶん更新しておりますので、
ちょっとのぞいてみていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。
さて、今日もレシピコーナーです!ブログ作成時間がちょっとありませんでした~。
と言いますのも、フォトの大きさを変えてマークを入れて…が
結構時間が必要なのですよ。フォトが多ければ多いほど。
なのでそんな時はフォト1枚でいいレシピさんが早いんですよねぇ。
しかもこのレシピ、昨日の夕方10分くらいでがんばって作りやしたよ~。
ネタネタ、レシピレシピ、簡単なの簡単なの、と思いながら。ぷぷ。
あ、でも大丈夫です。そのわりに結構美味しいと思います!
定番で落ち着く辛い副菜系な感じな感じです。常備菜にしてもいいですし、
冷や奴にのっけたり、ラーメンにのっけてもいけるかなぁ。
でもやっぱり白めしでしょうかねぇ。
ま、我が家は基本黒米入りごはんですけどね。
え?よくある定番味かって?う~ん、微妙なとこですかね~。
でも美味しいです。あ、もちろんパクりはまったくしてなくて、
豆板醤、生姜、ニンニク、砂糖、レモン汁、白ゴマ、ゴマ油の味付けは
味をみいみい、自分流で調味しました。
いや、自分流ってちょっと酔ってる感じで恥ずかしいな…。
調理ポイントはネギのシャキシャキ歯ざわりを残したいので
ネギを入れてさっと炒めあわせたらすぐ火からおろすこと。
それと辛いのがとってもお好きな方は豆板醤を増やすとしょっぱくなるので、
赤唐辛子を増やしてお好みの辛さに調節してください。
ちなみに記載分量だと、まあまあ辛いくらいです。
旦那は「ピカン!(piquant)」、辛っ!言ってましたけどねぇ。
でもま~た30秒くらいでぜんぶ食べておりましたよ。
だんだん辛いの慣れてきた我が家の体育会系フランス男。
ってかレシピのタイトルのご紹介が抜けていましたね。
「タケノコとキクラゲと葱の豆板醤白ゴマレモン香味炒め’」で~す。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………

材料(2~3人分)
・太めの千切りにしたゆでタケノコ80g ・7gのキクラゲを水で戻してざく切りにしたもの ・生姜の千切り25g ・ニンニクのみじん切り1個分 ・赤唐辛子の輪切り2本分~ ・ネギの千切り50g ・EXVオリーブオイル大1と1/2  ・酒大2  ★豆板醤小3  ★きび砂糖小1くらい ★レモン汁1/4個分 ★白炒りゴマ大3  ・ゴマ油小1  

作り方
フライパンにEXVオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子を入れ中火で炒め、香りがたったら生姜を入れ軽~く炒める。筍とキクラゲも入れさっと炒め合わせたら、酒を振り、またさっと炒め合わせたら、ネギも入れ、ひと混ぜしたら★を味を見ながら入れ、すぐ火を止める。仕上げにゴマ油を入れ、さっと混ぜればOK。
器に盛って出来上がりです。

……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1138482 - Copie
担々麺は大好きなのですが、日本で好きだった職場近くのお店が閉店し、
その後渡仏したので、もうかれこれ10年以上食べておりません。
ちなみにお店ではいつも大盛りをいただいておりまして、
一緒に行く同僚たちに、よくその量入るねぇ、とからかわれておりました。へへ。
で、家でも作ろう思えば作れるのはわかっていたので思い立ったのですが、
ただ、あのコクとうまみと後引く美味しさはいきなりだとハードル高いな、と思い、
まずは簡単に担々肉味噌と、この肉味噌をのせた担々めしに挑戦。
で、実は第一回目作成はごはんと混ぜるといまいち味が足らなくて不成功。
なので第二回目の今回は調味料をさらに足し、少し濃いめ味にして、
ごはんと混ぜた時にちょうどよくなるようにしてみたら、
大丈夫。美味しく出来ました♪
担々麺は手がこんでいますが、この肉味噌は10分くらいで出来ちゃうので超簡単。
しかも作り置きにもいいし、お弁当のおかずにもなるので便利。
たまごやほうれん草と合せて中華3色そぼろ弁当にもグッドかもかも。
ってかそれ、今度自分でやってみましょ。うんうん。
調理ポイントは特にないのですが、赤唐辛子、豆板醤、粉花椒が
記載分量だとちょっと辛いくらいなので、辛いのがお好きな方は、
もっとばしばし入れちまってください!
それではまずは担々肉味噌の材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(食べ切り分)
・豚挽肉150g ・にんにくのみじん切り1個分 ・しょうがのすりおろし1かけ分 ・ネギのみじん切り大1 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・ゴマ油大2 ★担々たれの材料を混ぜておく(酒大1、白ねり胡麻大1と1/2、味噌小1、醤油大1、オイスターソース小1、豆板醤小2/3~、砂糖小2/3くらい、粉の花椒大1~、胡椒少々) 

作り方
フライパンにゴマ油、にんにく、しょうが、赤唐辛子を入れ中火で炒め、
香りがたったらネギも入れさっと炒め、豚挽肉を加え、豚に火が通るまで炒める。
★を入れ、さっと炒め合わせ、担々肉味噌の出来上がりです。

そして、この担々肉味噌を使っての。
fFEXLRa_9isSFTr1518784953_1518785022[1]

「担々めし」です。
白めしの上にのせたのは担々肉味噌、ザーサイ、ネギ、そして粗く刻んだピーナッツ。
実はザーサイとピーナッツのアイディアはよくお邪魔させていただいている
まこといろさんのブログで紹介されていたみなとみらいの「香家」の具材。
→「香家@みなとみらい 痺れる辛さの麻辣汁なし担々麺
のせるだけだしこれいい♪と思ってマネさせていただきました。
担々麺風らしさを醸し出すため、ちょうどあったチンゲンサイと、
彩りに半熟たまごも添えました。
がっつり担々麺とは違いますが、家でお手軽にさっと作っていただくのだったら、
悪かないな、と思います。フライパン1つで作れますし美味しいです♡
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・チンゲンサイ1束をたて半分に切ったもの ★ゴマ油大1 ★中華だし小1/2 ★塩胡椒少々 ・ザーサイの粗みじん切り30g ・粗く刻んだピーナッツ40g ・ネギのみじん切り40g ・半熟たまご1個 ・上記の担々肉味噌の材料 ・温かいごはんどんぶりに軽く2杯分 ・お好みでラー油適量 

作り方
フライパンにお湯をわかし、★とチンゲンサイを入れ、
チンゲンサイを程よく歯触りが残るくらいに茹で、ザルに上げ水気を自然に切る。
その後さらにたて半分に切っておく。
同じフライパンで、担々肉味噌を作る。
器に温かいごはんを盛り、その上に担々肉味噌大2~3くらいと、
ザーサイ15g、ピーナッツ20g、ネギ20gをのせ、チンゲンサイと半熟たまごを添え、
お好みで仕上げにラー油を回しかけていただき出来上がりです。
召し上がる時は混ぜ混ぜなさってくださいませ。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ